[world end.]

世界の果てでこぼれ落ちる、音と言葉たち。
音源reviewに見せかけた日記です。

【探しています】
■TMN「LOVE TRAIN CLUB MIX」
■The Candy Spooky Theater 「Party Monsters Collection 01 -20050201-」
■DlociA「Bonjour」「Bonjour特別盤」「カプチーノは天国の味」
■kozi「color me blood red the other side mix」
■Via Fondo「Tar limited edition(7inch+CDR)」
■Kaeru Sisters「It's Body Sounds!」

上記のCDの現物を探しています。もしお譲りいただける方はぜひご連絡ください。
購入もしくは交換していただけるとうれしいです。ご連絡を末永くお待ちしております。
atmos-note★hotmail.co.jp(★→@) 管理人:あるるかん

aoki_lost652sVirgin Babylon Recordsからdownyのギタリスト青木裕さんが初のソロアルバムを発売。ジャケットイラストもご本人の手によるもの。音にも通じる緻密さ。制作期間10年。数千トラックのギターサウンドで構築された作品。朗読・歌でMORRIEさん、ヴァイオリンでSUGIZO(LUNA SEA)さん、ギターで薫(DIR EN GREY)さんが参加。

収録曲は「I am lost」「Open the Gate」「851」「Waltz of the Bugs」「Fury」「Missing」「Witch Hunt」「Im Wald」「Ghosts in the Mist」「Gryphon / Burn the Tree」「Cave」「”B"」「Colling」「Shape of Death」という14曲。

もっとどよーんとしたギターのメロディで作られたインスト集をイメージしていたのですが、全然違った。Virgin Babylon Recordsからの発売ってことを考えてなかった。arai tasukuさんの作品に近い感じ。古い海外の童話を音にしたみたいな感触。そう、音なんだけど感触っていいたくなるような。そんな不思議な音。ほぼギターのみだっていうのに。どの曲も音の密度がすごいですね。このCDのreviewをいくつか読んだんですが、みんな抽象的な文章になっているのが印象的です。










久々に家族で買い物。やはり少しはお出かけしないとね。途中BOOK OFFで宇仁田ゆみさんの「うさぎドロップ 9.5」を購入。映画・アニメ・原作の公式ガイドブックです。読んだことない話がのっていて、買ってよかった。映画もアニメもいつか見てみたいな。帰宅後は過去の音源をPCに読み込んだりしていました。これからまた聞き直してみようと思います。さーて晩御飯食べてお風呂に入るとします。

oomura_haduki653s葉月さんが参加ということで購入したアルバム。男前で技巧派ギタリストの大村孝佳さんの作品。有名な海外のバンドの曲を、いろんなVo.をfeat.してカバー。Live DVDとの2枚組。ちなみにAmazonで購入すると[-The Gathering Of Metal Warriors-]のMCを収録したDVDもついてきます。

CDには「Battery/METALLICA feat.TOKI(C4, Stealth)」「Tornedo Of Souls/MEGADETH feat.Ikepy(Her Name In Blood)」「Bring Me To Life/EVANESCENCE feat.上木彩矢(UROBOROS)」「NEMESIS/Arch Enemy feat.葉月(lynch.)」「Take The Time/Dream Theater feat.久世敦史(Concerto Moon, Screaming Symphony)」「Mr.Scary/Dokken」という6曲収録。

そうそうたるバンド名。どのバンドも名前は存じておりますが曲についてはほとんど知らなくて。無知ですみません。聞く前から曲がいいのはわかっていたんですが、歌もめちゃかっこいい!有名な方々だから当たり前なのかもしれないですけど。1曲目から何も知らないで聞いたら海外のかっこいいバンドさんの曲って感じで。2曲目も同じく。デスボがかっこいいなぁ。3曲目は唯一元曲も知っている曲。これまたいいなぁ。4曲目がお目当てだったんですけど、これまた洋楽にしか聞こえない笑。知らないで聞いたら葉月さんだとわからないなぁ。曲的には間奏にメロディアスなギターがあったりして、lynch.に通じる感じがします。これ聞いてたらlynch.聞きたくなってきた。そして5曲目はプログレの大御所。植松さんとかも影響うけてるんだろうな。歌うのはLiveと同じ方。歌い方の幅が広いなぁ。元曲にも興味ありますね。最後の6曲目はインスト。ギターを弾き倒していますね。爽快。曲数的にもコンパクトにまとまっていてかっこいいうえに聞きやすく。Live DVDもついてるからコスパもすごくいいし。大満足の1枚。ただ誰もが思うことだろうけど、同じ境遇の2つのバンドのVo.が参加してるってのもなんですよね。

oomura_hadukiDVD654sDVDには2016年1月9日に開催された[-The Gathering Of Metal Warriors-]をFULLで収録。2時間越えです。すごいボリューム。なんですけど、1曲音声が事情により収録できなかったみたいで。聞きたい曲だっただけに残念だなぁ。でもちゃんとフォローしてある当たり見ていて楽しめました。さすがです。さらに特典のDisc3。右の画像がそれ。MC集なのに30分くらいあるんですよね。初っ端からすごい展開。こんなことあるんだなぁ。これ見るとLive DVDがさらに楽しめますね。ぜひ購入はAmazonで。といってももうプレミア価格になっちゃってるんですけど…。


今日は風が強いですね。朝歯医者に行ってきて。やっと根治治療が終わりそうです。その後はずっと海外ドラマみたり寝たり。ぐうたらな1日。あかん!何か変えないと。

jupi_topaz645sJupiterのラストシングルだと思っていたけど違いました。写真はDVD付の初回盤。CDのみの通常盤もあります。

収録曲は「TOPAZ」「Iolite」「Rose Quartz」という3曲。初回盤のDVDには2015年4月29日の新宿ReNYで開催された「Temple of Venus」から「The Birth of Venus」「Darkness」「Red Carnation」「Shining」「ARCADIA」「The History of Genesis」という6曲の映像を収録。

1曲目の英詩の発音が聞いててつらくて。きれいな曲なんだけどなぁ。2曲目はちょっとエレクトロっぽい感じが新しい。Vo.の荒々しい歌い方もかっこいい。そして3曲目はなんとインスト。しかもこの3曲の中で一番好きなのがこの3曲目なんですよね。メロディがちょっと和風な感じもあって、速弾きに美メロ。一番彼ららしい曲。DVDのLive映像見たんですけど、Liveでもこのレベルなんだとしたらすごいなぁ。4曲目が異色だけど結構好きで。2nd Album「」に収録されているのかな。そしてこの作品以降活動していないのかと思いきや、知らない間に音源いくつか発売されているんですね。しかも2人脱退して3人体制になっているし。音源どれも会場限定か通販売切れているので入手は難しそうですね。どうしようかな。




会社を定時に出てkoziさんのぽろろんに行って来ました。お目当ての音源は手に入らず。というか完全に個人的な妄想だったなぁ。恥ずかしい!穴が合ったら入りたい…。「color me blood red the other side mix」というCDRなんですけどね。入手は難しいかなぁ。そうそう。SITHAの年末のLive映像が公開されました。めちゃうれしい。テンションあげないと。

elsarem_nene631stokyo babelのメンバーである赤川ねねさんが参加している音源を集めだしました。その1枚はなんと- IX -NINE-のCompose.$aliさんのsolo project「elsalem」の1st full album。紙ジャケット仕様。なんとも不思議な縁。

収録曲は「The Annunciation」「Salvation」「L'Ultima Cena」「30pieces of silver」「Law of causality」「The martyr's crown」「Pseudepigrapha」「Via Dolorosa」「Crucifiction」「El-Mabka」という10曲。

$aliさんはコンポーザーなので、基本的にインスト曲。中東の世界観があるように感じる作品。暑くてけだるい感じとか、蜃気楼のようなイメージとか、乾いている感じとか、教会をイメージするような荘厳な雰囲気とか。そんな中2曲目にねねさん参加。曲としては浮遊感あって、すごく好きなのだけど。他に10曲目もVo.入り。個人的には6曲目屋、9曲目が好きですね。ともあれバンドとはちがってはいても、やはり好みの音世界なので、寝る前とかに聞くことが多いです。現在は廃盤なんだけど1st Maxiがあって。以前- IX -NINE-の通販したときに一緒に届いていた気が。探してみるとします。










ここにきて突然どうにかして入手したいCDが。どちらも場所とか仕事との兼ね合いで簡単には入手できない。どうにか入手できますように。年末年始ずっと見ていた海外ドラマ「ホワイトカラー」も見終わりました。きちんと最後まで描かれていて楽しかった〜。次は何を見ようかなぁ。

LPU16650s今年もやってきました。LPUの更新。LINKIN PARKのファンクラブ「LPU」の特典CD。毎回のことですが届いたときのドキドキがたまらない。プラケース仕様でなんとジャケットが特殊仕様レンチキュラージャケット。今回もdemo曲なんですが、大好きなあの曲のDemoも収録。

収録曲は「The Catalyst(2010 Demo)」「Can't Hurt Me(2014 Demo)」「Dark Crystal(2015 Demo)」「Air Force One(2015 Demo)」「Bleed It Out(2007 Demo)」「Consequence A(2010 Demo)」「Consequence B(2010 Demo)」「Lies Greed Misery(2010 Demo)」「Burberry(2015 Demo)」「Symphonies Of Light Reprise(2010 Demo)」という10曲。

1曲目からテンション上がりますね。シングルにもなっている曲。Vo.も入っていて、かなり完成形に近い形。2曲目も1曲目よりのデジデジした雰囲気。3曲目もスペーシーでデジデジしてる。4曲目はタイトルからのイメージもあるけど、飛行機で戦闘するゲームのBGMみたいな雰囲気。2014年、2015年あたりはこういった音に寄っていたんだなぁ。5曲目が聞けてうれしい。マイクのdemo Vo.が入ったもの。完成形と比較すると楽しい。



6曲目と7曲目はセットなのかな。どちらも打ち込みみたいなインスト。トランスフォーマーのテーマ曲の断片みたいな雰囲気。8曲目は東洋の呪術みたいな雰囲気のある曲。マイクなのかな。ラップというより呪文みたいなVo.が入っています。これも完成形と聞き比べると楽しい。



9曲目は結構最近のもの。クリスタルの中にいるような音と奥底でなるベースの音の対比がおもしろいインスト。最後の10曲目は弾き語りなんだけど音像がぼやけていて結構好み。新作はいつ聞けるかなぁ。


今日はさすがに寒いですね。何にもする気がおきないどころか布団からでられないです…。

yuki_kupido638s悠木碧さん個人名義の2nd Maxi。今回も初回限定盤は紙スリーブケース仕様。DVD付。CDのみの通常盤もあります。自身が役を務めているキャラクターのキャラソンも収録。

収録曲は「クピドゥレビュー」「twinkAtrick」「クピドゥレビュー(without Aoi)」「twinkAtrick(without Aoi)」「1st Love宣言」という5曲。

1曲目はジャズっぽいサンバっぽいサウンド。どんなアニメか知らないのですが、この曲が合うアニメってどんなアニメなんだろう。アニメ用というより悠木さんワールド。2曲目は管弦楽のおしゃれな曲。こっちのが一般受けしそうだけど。やっぱり悠木さんの世界観は特殊ですね。3曲目と4曲目はカラオケVer.です。そして5曲目はキャラソン。他の曲と様相が違いますね。声優の曲とキャラソンって自分の中で位置づけが難しい。




大阪の親戚が赤ちゃんをつれて遊びに来ました。ひさびさに赤ちゃんだっこしたけど、なんだろうあの高揚感。かわいいなぁ。夜は大家族で中華を食べに行きました。おいしく楽しいひととき。海外ドラマ「ホワイトカラー」も最終シーズン。どんな終わり方するのか。また打ちきりじゃありませんように。

papas_dancingdog623s植松伸夫さんのバンド「EARTHBOUND PAPAS」の2nd CD。出てたなんて知らなかった。初回盤は 豪華特装ブックジャケット仕様。皆葉英夫さんの描き下ろしジャケット。 本のような帯付。通常盤はプラケース仕様。オフィシャルサイトで通販できます。気づいたときには初回盤完売していて、探すのに苦労しました。

収録曲は「Homecoming Again 〜 Opening Fanfare(for Symphonic Odysseys / シンフォニックオデッセイズ)」「Doppelganger」「Fight With Seymour(from FINAL FANTASY X / ファイナルファンタジーXより)」「La petite malice du Kijimunaa」「Toneless(from Anata wo yurusanai / アナタヲユルサナイより)」「Interlude 〜 Anthony's Dream」「Delight of the victors(from Ultra Dimension Neptune V / 神次元ゲイム ネプテューヌVより)」「LORD of VERMILION(from LORD of VERMILION / ロード・オブ・ヴァーミリオンより)」「Dancing Mad (from FINAL FANTASY VI / ファイナルファンタジーVIより)」「Watashi No Mizu To Sora(from BLUE DRAGON / ブルードラゴンより)」という10曲。

植松さんがゲーム用に作曲した曲だけでなくオリジナル曲も収録。ゲーム用ではFFはもちろんブルードラゴンに、ロード・オブ・ヴァーミリオンなど。Vo.の入っている曲もあり、サントラではなくEARTHBOUND PAPASというバンドのAlbumです。タイトルにもなっている「DANCING MAD」はFF6のラストバトルで流れる曲。FFシリーズのバトル曲でも人気の高い1曲だとか。個人的にはFF曲オンリーの黒魔導士が懐かしいなぁ…なんて最初は思ったんだけど。聞けば聞くほど沁みてきました。特にオリジナル曲である2曲目や4曲目がいい味出していて。聞けば聞くほど植松さんらしいメロディでニヤリ。彼らの他の音源も買ってこよう。黒魔導士の時もカバーしている曲がyoutubeにあったので貼っておきます。




本日は会社を18時に出てセミナーへ。デザインに関するセミナーなんだけど、なかなかに楽しかった。セミナー後上司とラーメン食べて帰宅。バタバタした1週間でした。2日ゆっくり休むとしましょう。

mrchild_atorie649sMr.Chilrdrenの二年ぶりのMaxi。紙ジャケット仕様。

収録曲は「ヒカリノアトリエ」「つよがり(Studio Live)」「くるみ(Studio Live)」「CANDY(Studio Live)」「ランニングハイ(虹 Tour 2016.11.7 FUKUI)」「PADDLE(虹 Tour 2016.10.14 KUMAMOTO)」という6曲に驚きのもう1曲シークレットトラックを含めた全7曲。

本作は、Mr.Childrenとしての最新曲だけでなく、、虹Tourで披露していた曲を新たにライブレコーディングした3曲、さらに、 「Hall Tour 2016 虹」福井公演と熊本公演のライブ音源2曲を含む全6曲。今回ツアーのサポートメンバー全員を「ヒカリノアトリエ」と名付けて、そのメンバーでの新曲ということらしい。よほど気に入ったらしく、今回そのメンバーでスタジオ録音した曲が3曲も。まるで最初期の彼らのような甘く温かいはちみつみたいな音色。それだけでも満腹なのに、Live音源2曲も追加。しかもキャッチーで大好きな2曲。さらに詳しくは書けないけど、シークレットトラックが素敵すぎて。夢心地の14分。大好きな曲と曲名を知らなかった大好きな曲がつながるなんて。無性に歌いたくなりました。桜井さんの歌声、ほんとうに脂がのっているというか、熟しているというか。ほれぼれしちゃいます。もっといろいろ書きたいけど、みなさん内緒にしているみたいのなので。ここ数日寝るときも通勤時も聞きまくっています。




もう今週もあと1日。あっという間だなぁ。明日はセミナーに参加。週末は寒いらしいし、また家でゴロゴロかなぁ。それでいいような気もするし、もったいない気もしますね。

shimizu_arai642s横浜人形の家にて開催中の人形作家・清水真理の展覧会「Dolls Fantagic Circus」の会場音楽。当初は12月20日の展覧会開催日から会場限定で発売予定でしたが、制作が遅れて今年に入ってから発売となりました。1月3日よりミュージアムショップにて販売。tasukuさんも会場限定音源多いので入手が難しいですね。でも2月12日までと期間が長いので助かります。ジャケットは印刷されたもの。レコード風盤面のCD-Rです。会場の3ブロックで流れている曲をCD用にリアレンジしたものだとか。

収録曲は「Fantastic circus」「Oriental circus」「Nightmare circus feat. Itaru Baba」という3曲も収録。

1曲目からまるで万華鏡の中にいるかのような。いくつかの音楽があわさって合わなそうで合っているような不思議な音空間から海外の童話にぴったりなメランコリックなメロディ。araiさんの世界健在。2曲目は和風の音が入ってきて驚き。1曲目より浮遊感高め。そして3曲目はさらに霧がかったような音世界に、Vo.として過去にも作品を一緒につくっているItaru Babaさんが参加。幻想的な世界が広がっています。会場限定なので遠方だお入手が難しいのがもったいないです。




午前中に子どもたちをおじいちゃんにお願いして、奥さんとおばあちゃんと買い物に。帰宅後ぐっすり。そんなに疲れてもいないと思うんだけど。昨夜は海外ドラマ以外に「スター・トレック イントゥ・ダークネス」も見て目が疲れていたのかな。明日からまたお仕事がんばれそうです。

nine_named1646s兎だった彼がもどってきました。nina carbuncleという新しい名義。しかも10曲入りの新作を携えて。おかえりなさい。2Pジャケット付のCD-R。歌詞は全曲、花をテーマにした「花の詩」となっています。webで発表されていたのですが、現在は非公開。なので歌詞は全部はわからないのが残念。

収録曲は「葵との平和」「瑠璃唐草が歌う街」「水色桔梗」「七酢漿草と指南」「薄武者の心持ち」「南蛮皀莢と侍」「菊を悼む」「楓拾い」「梔子好きの兄弟へ」「躑躅を口ずさむ」という10曲。

今作ではギターなし。ピアノとドラムと五弦ベース。ギター無くてもかわらずツボな曲書くなぁ。歌はちょっとくせがあるから苦手な人もいるかも。特にツボだったのは1曲目、5曲目、7曲目。ちょっとシンバルの音が多いのが気になるかなぁ。聞いてて思ったんだけどこのシンバルの部分、頭の中でギターが鳴っていたんじゃないだろうか。今後全曲ギターを入れて作り直していく予定らしいから、そちらも楽しみです。いろんな場所で視聴できますし、配信でいろんなところで購入できます。ちなみ視聴ならsound cloudがおすすめです。ギター有りの改良版が公開されています。きちんとした貼り方じゃなくてすみません。あとクロスフェード がyoutubeに。このblog初のyoutubeを貼ってみます。



私のようにフィジカルな盤でほしい方はぜひLiveに。次回Liveは1月17日(火)に下北沢Lagunaであるそうです。お時間ある方はぜひ。


お休み2日目。まだ2日も休みがあるなんてうれしいかぎり。まずは本屋に行って年末買いそびれた本を買ってきたい。売切れてないといいけど。あとは子どもたちの宿題を見ないとなぁ。ゆっくりします。

[追記]
jumpryu_araki買いそびれていた本やっと見つけました。そう「ジャンプ流!」の最終巻。荒木飛呂彦さんの。amazonだともうプレミアになっちゃってるんで。でもさすがに近所の本屋2店回ったけど売り切れで。結局ちょっと遠めの本屋に。見つかってよかった。帰宅と同時に雨が。降られなくてよかった。夕方付属のDVDを見ました。気になるところは何回も。ジョジョリオンの原稿が出来上がっていく様が見れるなんてなんて幸せ。


それとnina carbuncleのHPに掲載された「咲いた杏とほころぶ笑みと」という新曲がsoundcloudにUPされました。歌詞はHPに掲載されています。過去から追いかけている身としては思うこともいろいろあるし、複雑な気持ちでもあるんですが。やはり彼は詩人なんだろうなぁ。いろんな思いや経験を詩と音で描いていく。あの頃出会ったいろんな方々が幸せでありますように、と願ってやみません。

fact_haifu639sまさかFACTのカテゴリを更新できるとは。2014年2月に15周年記念サイトのTwitterにつぶやきがあって。「近くのショップに行くときっと新しい素晴らしいCDに出会えるね(ハート)」というつぶやきだったとか。そして限定店舗でサンプラーがゲリラ配布されたそうです。後に発売された「KTHEAT」からの先行5曲。銀色の盤面にFACTのロゴ。巻帯が真ん中にされていて、デザインが秀逸。

収録曲は「wait」「worm」「swallow」「feel」「stick」という5曲。

Album聞く前にこの音源入手してたらどうだったかなぁ。Album前半に収録されている3曲と後半に主録されている2曲。激しく攻める前半とメロディアスな後半。Albumをコンパクトにまとめた音源といえるかな。改めて聞き直して、やっぱりFACTはかっこいいバンドですね。


午前中に歯医者と家族で買い物。午後は懐かしき友人たちと初詣。初めて柴又帝釈天に行って来ました。本当はその後みんなで鍋の予定だったんですが、足の痛みが心配で今回は辞退。次回はちゃんと参加できるように体調管理しなくっちゃ。そして帰宅して気づいたんですが、髭すら剃ってなかった。それだけ甘えている友人たちってことなんですけど・笑。失礼だったかなぁ・汗。

yuuki_vijyu641s悠木碧さんの初のシングル。写真は初回盤で紙スリーブケース仕様。中のジャケットは通常盤と同じですが、初回盤にはDVD付。CDの盤面とDVDの盤面のデザインが違うあたりこだわりだなぁ。

収録曲は「ビジュメニア」「くちひげ泡バルーン」「ビジュメニア(without Aoi)」「くちひげ泡バルーン(without Aoi)」「くちひげ泡バルーン(お出かけVer.)」という5曲。DVDには「ビジュメニア(Music Video)」「ビジュメニア(Making Video)」を収録。

1曲目はMVのshort Ver.をyoutubeで見聞きしていたのでその特異性は十分わかってるつもりだったけど。やっぱりかなり特殊な世界観ですね。おもしろいなぁ。2曲目はiOSアプリ「モンハン いつでもアイルーライフ」のテーマ曲ということで、猫をテーマにした可愛い曲。5曲目は歌詞が全部猫の鳴き声(を演じた悠木碧さんの声)になっているVer.です。ちょっと最新作「トコワカノクニ」を思い出すような声の重なり具合。そして3、4曲目はいわゆるカラオケVer.です。DVDにはMV収録。真っ白い。途中のリピートされる白い猫がいいなぁ。さらにメイキングも。なるほど。こういう感じの方なんですね。


今日はノー残業デー。なのでかなり早く帰れました。こんなに楽していいんだろうか。今週末こそ頼まれていた音源送らなきゃ。お待たせしてすみません!

huldra_bktides635s2014年10月11日にリリースされていたHuldraの新譜。昨年末に知ってすぐに注文したのですが、届いたのは昨年内ギリギリでした。海外から郵便物が届いたときのドキドキがたまらないです。紙ジャケット仕様。きちんとプレスされたCDです。なぜだか過去音源3枚も一緒に届いて驚きました。欲しい方いらっしゃいませんか?

収録曲は「The Eye of the Storm」「Black Tides」「The Sky Split Wide Open」「From Out of the Maelstrom」「He Was Compelled To Turn Westward Out of Some Misplaced Sense of Hope」という5曲。

5曲収録されていますが、4曲は10分越えの大曲。真ん中に配された3曲目は2分台。相変わらずドラマティックな曲展開が素敵。1曲目の中盤越えた後当たりのか。2曲目はタイトルトラック。静かに始まり、轟音とシャウトが基本的なフォーマットですが、メランコリックな音やキャッチーなサビがあったり、女性Vo.がフューチャーされていて新鮮です。この5曲なんですが、なんとつながっていて。一応トラックわけはされていますが、5曲で一つの壮大な叙情詩のような作品。まるで映画を見ているような作品です。


約1週間ぶりの会社。まだなれないなぁ。そして今日は数年ぶりに元兎の彼に会いました。新作も購入したので近いうちに紹介します。最近ずっと見ている海外ドラマ「ホワイトカラー」もシーズン4。春までには見終わっちゃうかな。

sitha_best637s昨年に発売された「SITHAオールタイムスーパーベスト」という仮タイトルで発売。しかしiTuneに読み込むと「back from nsjk galaxy」とタイトルが出ます。こちらが正式タイトルなのかな。過去に発表されたSITHAの2枚の音源の曲+Remix音源を収録したBEST盤。数年ぶりの活動再開時に発売になりました。両面カラープリントされたA4紙を折ったものの中に、盤面にバンド名を書いたCD-Rが入っている仕様です。

収録曲は「Contortion#2」「三行半」「祭壇パンクスいつか殉死」「都市に咆哮」「Twinkle Twinkle Killer Beat Ebb」「行灯のアシッド」「Motorcycle」「New Clear Vision」「祭壇パンクス_KomaRemix」「西新宿Galaxy_demomix」という11曲。

Vo.G.のヨリモトサトシさんは千葉市、初期goatbedのメンバーでもあり、石井さんがはじめたレーベルCITYのオムニバス「CITY COLLECTION Vo.1」にもSITHAで参加しています。その後イベントとかにも出つつ。SITHAの活動はその後数年止まっていましたが、昨年くらいに活動を再開。当時Liveに行けず音源が入手できなくて。こうやって全音源聞けるのはとてもうれしい。1曲目は上記オムニバスに収録されていた曲のVer.2といった感じ。カウボーイビバップを思い出しました。ベースとドラムの絡みが相当かっこいいです。2曲目はロックな曲にボサノヴァというかフレンチなメロディが差し込まれている不思議な曲。でもこのカオティックな感じがSITHAのかっこよさだと思う。3曲目は疾走曲と思わせていろいろ展開していく感じがまたかっこいい。3ピースだからかブランキーを彷彿させる感じもありつつ。それでいてエレクトロなギミック満載。4曲目は名曲。はじめて聞いたときもそのせつないメロディにやられた。5曲目はヒステリックでパンキッシュなギターと無駄のないソリッドな演奏がかっこいい。6曲目はエレクトロロックらしい浮遊感のある短い曲。これまたすごいツボ。7曲目はどっしりとしたブルージーなロックチューン。エレクトロロックの可能性を模索しているかのようで、本当にかっこいい。全編歌われる歌が心の叫びのようでかっこいい。8曲目はニューウェイブってやつですかね。妖しく腰降りたくなるようなロック。どの曲もツボでまいります。9曲目はパンキッシュなエレクトロロック。いろいろ早すぎたんだろうな。こうやって活動再開してくださりうれしい限り。そして10曲目はコマさんのremix。まさかここでコマさん登場とは。11曲目は新曲のdemoってことなのかな。まだ歌ものっていない状態。どう完成するのか楽しみです。早くもまたLive見たくなっています。それにしても石井さんとの絡みから、Koziさんとの絡みになってて、やはり同じ音界隈にいるんだなぁとうれしくなりました。もう1枚音源を発売しているので、そちらも入手したら紹介します。


年末からずっとこの音源聞いています。今日は一人でお出かけ。帰宅後は布団にくるまりながら海外ドラマ三昧。本日でお正月もおしまい。明日から日常に復帰です。あとはPCのCDドライブの交換だけ。何時ごろ届くかなぁ。

chabo_tribute617s寺岡呼人さんが同じ世代のアーティストに呼びかけ、仲井戸麗市さんの生誕60年を祝ったリスペクトアルバム。今年の干支にちなんでチャボ=酉ということで、今年の2枚目に選びました。

収録曲は「チャンスは今夜/奥田民生」「ギブソン(CHABO'S BLUES)/ザ・クロマニヨンズ」「うぐいす/斉藤和義」「ポスターカラー/TRICERATOPS」「ティーンエイジャー/寺岡呼人」「月夜のハイウェイドライブ/桜井和寿 (Mr.Children)」「ホームタウン/さだまさよし(岡本定義 from COIL+山崎まさよし)」「唄/宮沢和史」「魔法を信じるかい?-Do You Believe In Magic?-/Leyona」「ガルシアの風/浜崎貴司(FLYING KIDS)」「別人/吉井和哉」「さなえちゃん/曽我部恵一」「慕情/YO-KING」という13曲。

もうずっと前からいつ購入しようかと思っていた1枚なんですが、お目当ては6曲目。ミスチル桜井さんのソロ活動。で、だいたいこういう音源はそれで満足してしまうんだけど、初めて聞く曲ばかりなのにどれも素敵な曲で。特によかったのは2曲目と4曲目、9曲目、12曲目。歌詞もそうだし、メロディと相まってすごく響く。他の曲も素敵なので、機会があればぜひ聞いてみてください。


今日は朝から奥さんの実家へ。奥さんと子どもたちを置いて帰宅。昨日からPCのCDドライブがCDを読み込んでくれなくて。掃除とかしてみたんですがダメでした。明日新品ドライブに交換予定です。今年のお休みは明日まで。明日はお出かけする予定。夜はゆっくりして早く寝なくちゃね。

このページのトップヘ