[world end.]

世界の果てでこぼれ落ちる、音と言葉たち。
音源reviewに見せかけた日記です。

【探しています】
■TMN「LOVE TRAIN CLUB MIX」
■小沢健二「1997八ヶ岳山麓富士見高原jazz festival ライブ音源収録CD」
■The Flipper's Guitar「CAMERA TALK LIVE」
■The Candy Spooky Theater 「Party Monsters Collection 01 -20050201-」
■VA「電気モノローグ」
■kozi「color me blood red the other side mix」

上記のCDの現物を探しています。もしお譲りいただける方はぜひご連絡ください。
購入もしくは交換していただけるとうれしいです。ご連絡を末永くお待ちしております。
atmos-note★hotmail.co.jp(★→@) 管理人:あるるかん

rentrer_abyss826sだいぶん新しいRENTRER EN SOIにも慣れてきた。あいかわらずよくわからないジャケットだけど今回は結構好きです。2007年発売の4曲入りMaxiです。

収録曲は「THE ABYSS OF DESPAIR」「MURDER INTENT」「RE-BIRTH [re-recording]」「Fenetre 〜into the sky remix〜」という4曲。

なんか聞いたことあるような気がするのだけど、なんとなくX Japanのhideさん曲みたいな雰囲気の1曲目。これドライブ感あってキャッチーだし結構かっこいいなぁ。と思わせておいて真逆に振り切ったシャウトだらけの2曲目。これまたシャウトがだいぶん様になってきていて、これはこれでありだなぁ。新しいスタイルで押していくのかと思えば、3曲目と4曲目は過去曲の再録です。3曲目は1st mini Album「ゆりかご」に収録されていた曲。演奏も音も歌も骨太になってこれまたかっこいい。4曲目はインディーズ時代のオムニバスに収録された最初期曲のリアレンジ曲のremix。この系統こそ待ち望んでいる世界観。真っ白い感じ。もうちょっとこういう曲増やしてほしかったですね。どの曲も間違いなくワンランクアップしていて、新しいRENTRER EN SOIの良さが出ている4曲だと思います。何よりわかりやすいってのがいいなぁ。


いやーまいりました。今日はコミティアもいけず。金曜日めちゃ仕事頑張っていたら悪寒が。これはひさびさに熱出るなぁって思って帰宅後熱をはかったら40.2度。さすがにびっくり。どうにかこうにか昨日は病院に行って、インフルエンザ件さは陰性。胃腸炎かもしれないとのことで抗生物質をもらう。そしたら熱はさがったのですが今朝は下血。人生初のことでかなりびっくり。急きょ昨日の病院に行き、いろいろ検査。とりあえず大きい病気とかではなさそうだけど、来週水曜日にもう1度通院して検査です。早くよくなりますように。今日の音源とのタイトルつながりってわけじゃないけど、最近Amazon prime videoの「メイドインアビス」が楽しみで仕方ない。単行本も買ってみたいけど、もう置き場所が…。

yoru_fusi863s和登というアーティストネーム。プロジェクト名が夜ってことなんでしょうか。いまだによくわかっていない。ex)amber grisのVo.手鞠さんの1年限りのプロジェクト。会場限定2nd CD。紙ジャケット仕様。完全限定生産500枚。今回はまたカラフルなジャケットなんだけど、その実グロい。

収録曲は「the against.」「獣骨の庭」「水彩度」「夜迷言-ヨマイゴト-」「spit saliva」「不自由落花」という6曲。

神秘的なピアノのイントロと意味深な歌詞の1曲目。キャッチーな聞かせる曲。2曲目はさらにキャッチーになった疾走曲。何よりも和登さんの歌がエモくなってる。3曲目もピアノが大活躍。さわやかで広がりのあるメロディが心地いい。タイトルからは想像できない踊れそうなリズムに驚かされた4曲目。90年代歌謡曲ちっく。打って変わってエレクトロっぽいロック曲。「つばを吐く」という意味のタイトルがつけられた5曲目。まるでラルクのようです。最後にやっと和登さんらしい真骨頂の聞かせる優しく切ない曲。やっぱりこいう曲が合うなぁ。1stは挨拶状としてどんなプロジェクトかを見せる作品で、2ndでその世界観を広げてきた感じ。継続的プロジェクトとしてはもっと深く細く世界観をしぼるのもありだったかなぁ。今後の活動がどうなるのか気になりますね。


昨日美味しいもの食べ過ぎたせいか。今日はおなかの調子急降下で大変でした。もうちょっとで手が届くかと思ったCDも手をすり抜けていってしまった。そろそろCD処分しないとかな〜。どこまで取っておいてどこから放出したらいいのか。もうわからないくらいCDに囲まれています。

rentrer_kodoku827s前作と同じCDに新曲1曲+Live DVD付きという形態で発売されたMaxi。今回のジャケット前回よりはいいなぁ。

収録曲は「密室と孤独に毒された憂鬱」1曲。DVDには渋谷CLUB QUATTROでのワンマン公演「回帰せよ 涙の音が風に消される夜に…」のive映像から「太陽の届かない場所」「疑裸偽裸」「Re-birth」「解毒まがいにSuicide」「微熱下で写実した深層は宛先不明の手紙と成る」という5曲を収録。

タイトルからこっちの新曲のが激しいかと思っていたのですが、だいぶんメロディアス。もちろんシャウトもあるけど。かなり骨太なロックになっていてかっこいいです。惜しむらくはCDの収録曲数と価格ですね。


本日は会社の数人で飲み会。社長からのお呼ばれだったんですが、なんか不思議な面子というかいつもの面子というか。このメンバーをつないで何がしたいのだろうか社長は。まあやるだけのこてゃもちろんやりますとも。今週末は行きたいLiveがあるんだけど、仕事とふところの兼ね合い次第だなぁ。欲しいCDはそんなに多くないけど、昔よりCD入手するためにかかる金額が高くなってるからなぁ。がんばって給料あげてもらわなきゃ。

rentrer_hate828sはい、もどってきました。リエントの続きです。ここら辺から初聞きの音源になっていきます。この新曲1曲にDVD付きって販売方法がなんともで当時買わなかったなぁ。あとジャケットがなぁ。

CDには「I hate myself and want to...」1曲を収録。DVDには渋谷CLUB QUATTROでのワンマン公演「回帰せよ 涙の音が風に消される夜に…」から「分裂LE+DD人格」「DEAD believe ME」「JUDE」「神話」「浮遊追想」という5曲のLive映像を収録。

まず曲に驚いた。骨太な音になっていて、結構いままでと違う雰囲気で。デスボイスもかなり様になってきている感じ。サビ聞いて一安心かとおもいきやまたシャウト。なるほど。やはり当時そのまま聞いていたら受け入れられなかったかもなぁ。今聞くとこれはこれでありなんだけど。DVDでは最後の2曲が見れるのはうれしいです。この作品と対になるようにもう1枚同じ形態で発売。そちらは明日ご紹介します。


前の会社で連日徹夜してたころ、唯一の心の癒しは「水曜どうでしょう」でした。疲れて帰ってあの4人の旅を見ると、心の底から笑えて、すごく楽しい気持ちになれました。最近忙しいわけでもないのになんかまた「水曜どうでしょう」を見てしまうのはなんでなんだろう。旅に行きたいなぁ。

gotch_mubyu861s後藤正文さんの初短編小説「YOROZU〜妄想の民俗史〜」についてくる1曲入りのCD。こちらのアーティスト名はもちろんGotchとなっております。この小説を読むときに聞いてほしい書き下ろし曲とのこと。全ての楽器を自ら演奏したアンビエントミュージックを収録。YMOとかBJCの時みたいに本に両面テープでつけられているので、そっとはがすのが大変でした。本は微妙。おもしろいといえばおもしろいけど、Gotchさんのいつもの雰囲気を期待してると肩透かしです。いつもの政治について話している人と同じ人なのだろうか・笑。

収録曲は「無謬/Infallibility」という約46分にも及ぶ1曲。

gotch_YOROZU862sでもこれ1回聞いている間には本読み終われないなぁ。ちなみに右の写真がその本です。曲に関しては、なんていうんだろう。うにょうにょしてどよ〜んとした音楽。ちょうどアジカンの再録「ソルファ」でGotchが曲に入れていた細かいギミックの集大成みたいな感じ。ただしギミックだけ。なんとも不穏な雰囲気。和の雰囲気もあって、まるで怪談BGMのよう。この音と小説の文体もあってるとは思えないし…Gotchさん何がしたかったんだろうか。


めっちゃ仕事しちゃったよ。そして帰宅後にはドラクエです。ついに物語中盤へ。先に進めたいけど明日のこと考えて終了。続きが早く見たい!

mucc_sinhomura871sMUCCの再録&リマスタ盤の第2弾。今回は「葬ラ謳」です。写真は3000枚限定の完全限定生産盤。立体感がすごい多角レンチキュラージャケット+撮り下ろし写真入りブックレット仕様。伊藤潤二さんのイラストが立体に!このブックレットがまたかっこいい。これも以前のリマスタみたいな感じで。あの頃のまま続いていたら…みたいな感じ。やはりこのビジュアルが好きだなぁ。まさかこのAlbumをまた買うことになるとは。2CDのみの通常盤もあります。会場盤も買わなくちゃ。

収録曲はDISC1は【新葬ラ謳】として「ホムラウタ」「絶望」「幸せの終着」「君に幸あれ」「僕が本当の僕に耐えきれず造った本当の僕」「ママ」「暗闇に咲く花」「嘘で歪む心臓」「およげ!たいやきくん」「前へ -In its true light-」「黒煙」「スイミン」「帰らぬ人」「ズタズタ」「水槽」という15曲に完全限定生産盤、通常盤のみ収録の「大嫌い 2006」を追加した16曲。DISC2は【葬ラ謳 〜リマスター〜】で「ホムラウタ」「絶望」「幸せの終着」「君に幸あれ」「僕が本当の僕に耐えきれず造った本当の僕」「ママ」「暗闇に咲く花」「嘘で歪む心臓」「およげ!たいやきくん」「前へ」「黒煙」「スイミン」「帰らぬ人」「ズタズタ」「水槽 Sg ver」という15曲。

通絶も葬ラ謳も相当聞いていたのですが、どちらかというとこっちのが耳なじみあることが判明。これ当時は本当に毎日聞いていたと思います。その後もことあるごとに聞いていたから。特に当時の先行Maxiだった「君に幸あれ」と「大嫌い」とか、「ママ」「およげ!たいやきくん」「黒煙」「スイミン」…まあ全部ですね。今回リマスタから聞いたんですが一音一音が磨かれていてこんな音だったんだという発見がまた楽しい。その上で今の解釈で再録音された「新葬ラ謳」。めっちゃLIVE感ある音とアレンジ。やべー。再録ってあんまりいい印象なんですがこれはいいなぁ。当時好きだったものが今の音で蘇る感じ。「ホムラウタ」聞いただけでもそのすごさが感じられます。惜しむらくは「大嫌い2006」じゃなくて「大嫌い2017」が聞きたかったかな。


本日は不健康に1日中ゲーム。もちろん「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」です。カジノにてジャックポットを出したので、強い武器も交換できました。今夜もう少し進めようと思います。

mucc_sintuzetu872s写真は完全限定生産盤。3,000枚限定で多角レンチキュラージャケット+撮り下ろし写真入りブックレット仕様。このジャケット、スキャンでは当然その立体感はでなかったけど、この実物すごし。それにしてもまさかこのAlbum(といっていいのかわからないけど…)をまた買うことになるとは。2CDのみの通常盤もあります。会場盤も買わなくちゃ。

収録曲はDISC1が【新痛絶】で「――――。」「盲目であるが故の疎外感」「五月雨」「廃」「イタイ手紙」「鎮痛剤」「夜」「砂の城」「背徳の人」「娼婦」「断絶」「家路 -2017 飛翔-」「狂った果実 w 〜2017 春〜」「友達(カレ)が死んだ日」という14曲。DISC2は【痛絶 1st】のリマスタで「――――。」「イタイ手紙」「娼婦」「五月雨」「鎮痛剤」「廃」「砂の城」「夜」「背徳の人」「盲目であるが故の疎外感」「断絶」という11曲。

再録の【新痛絶】では収録曲も増え、それにともない曲順も変更になっています。元の作品のみつしりと詰まった箱のような音から、少し隙間ができて余裕のある音に。今だからこそのギミック満載です。同じ曲ですが雰囲気が違います。初期のアレンジに愛着がある人は違和感感じるかもですが、そういった方はリマスタ盤で楽しむ。1曲を2度楽しめる名盤となっています。「イタイ手紙」と「鎮痛剤」がすごく好きで。じっくり楽しみます。


本日は朝から釣りイベントに参加。予想に反して家族全員釣れて。今まで乗り気じゃなかった下の子が一番釣りあげてテンションマックスでした。家族全員で釣りの楽しさ満喫。15時過ぎには帰宅したのですがぐったり。つい寝てしまいました。明日からゆっくりします。

rentrer_rentrer876sセルフタイトルの1st Full Album。DVD付の初回限定生産盤。ジャケットがなんかよくわからなくて。

収録曲はCDに「廻」「分裂LE+DD人格」「疑裸偽裸」「DEAD bilieve ME」「PROTOPLSM」「解毒まがいにSUICIDE」「Strawberry Oblaat」「見世物小屋」「鴉色の胎児」「精神死13度目」「JUDE」「微熱下で写実した深層は宛先不明の手紙と成る」という12曲。DVDには「PROTOPLASM PV」「鴉色の胎児 PV」「分裂LE+DD人格 PV」を収録。

バンド名が大文字表記になり、2枚の先行Maxi後の1st Full Album。ここらへんで離れちゃった人も多いのではないでしょうか。他の方のreview見たくて探したんですが、見つからなかった…。1曲目から白く始まるかと思いきやイントロだけ。2曲目からはシャウト満載。演奏や歌は格段にレベルアップしてるんだけど、いかんせんあの声とシャウトというとりあわせが微妙なんですよね。先行Maxiだった5曲目やジャジーな6曲目とかは結構好きです。だけど7曲目はいただけないなぁ。タイトルからわかるように「苺オブラート」の再録なんですが…。なんでこういうアレンジになっちゃったんだろう。そう思いながら何度も聞いていると癖になってくるあたり、やっぱり名曲だからか。12曲目は壮大でメロディアスな曲。こういう曲もう1曲くらい欲しかった。先行Maxiを中心に激しかったり、今までにないアレンジに挑戦したりというそんな1枚。これはこれで悪くないけど、今までのファンからすると要望とずれてるんだよなぁ。でもこの路線で海外では人気でたのかな。続けてこの先の音源も聞いていきたいと思います。


また前職の同僚がやめたらしい。もう知ってる人だいぶんいなくなったなぁ。今日は仕事を早めに切り上げセミナーに参加。ちょっと睡魔に襲われちゃったけど、なかなか面白い話でした。帰りにタワレコでCD買って、九井諒子さんの「ダンジョン飯 5巻」を購入。帰宅後ドラクエもちょっとやりました。明日は子どもたちと釣りに行くので早く寝なくては。

boowy_gigs_ykhm868s1987年8月7日に横浜文化体育館で開催されたBOOWYの全曲演奏GIGの2日目。こっちの音源はいままで発表されていない曲が多く収録されています。2日目ってことで少し緊張がほどけたのか、演奏に余裕があってさらにかっこいい。演奏のきれいさは初日の「"GIGS" CASE OF BOOWY at Kobe」の方、でもLiveのかっこよさはこっちのが上ですね。それにしても本当に素敵なジャケットだなぁ。

収録曲は収録曲はDISC1に「INTRODUCTION (Live)」「IMAGE DOWN (Live)」「BABY ACTION (Live)」「RATS (Live)」「MORAL (Live)」「GIVE IT TO ME (Live)」「"16" (Live)」「THIS MOMENT (Live)」「わがままジュリエット (Live)」「BAD FEELING (Live)」「LIKE A CHILD (Live)」「OH! MY JULLY Part I (Live)」「WORKING MAN (Live)」「B・BLUE (Live)」「TEENAGE EMOTION (Live)」「LONDON GAME (Live)」「NO. NEW YORK (Live)」「DANCING IN THE PLEASURE LAND (Live)」「ROUGE OF GRAY (Live)」「RUNAWAY TRAIN (Live)」という20曲。DISC2に「B・E・L・I・E・V・E (Live)」「CLOUDY HEART (Live)」「INSTANT LOVE (Live)」「FUNNY-BOY (Live)」「MY HONEY (Live)」「LET'S THINK (Live)」「1994 -LABEL OF COMPLEX- (Live)」「PLASTIC BOMB (Live)」「MARIONETTE (Live)」「RENDEZ-VOUS (Live)」「SUPER-CALIFRAGILISTIC-EXPIARI-DOCIOUS (Live)」「ハイウェイに乗る前に (Live)」「JUSTY (Live)」「ホンキー・トンキー・クレイジー (Live)」「DREAMIN' (Live)」「BEAT SWEET (Live)」「BLUE VACATION (Live)」「ONLY YOU (Live)」「ON MY BEAT (Live)」という19曲。

かっこいいとはこういうことさ、ってつぶやきたくなる。そんな2枚組。ギターソロや氷室さんのMCがとても新鮮。そして全曲演奏といいながらもう1曲大好きな「JUST A HERO」が演奏されていない…。なんでこれ全曲演奏といわれているんだろうか。次はLAST GIGSの両日音源完全版ですかね。発売されたらもちろん買っちゃいますよ。


仕事慣れてきた分、気持ちがおおきくなっちゃってるかも。いかん。自戒せねば。明日は夜セミナーに。費用は会社が出してくれるんだからありがたいお話で。この年になっても勉強できるって楽ししい。渋谷が会場なので、帰りはタワレコでも寄って来たいなぁ。

boowy_gigs_kobe867sいろんな想いはこの際飲み込んで、せっかくの35周年に発売された蔵出し音源を楽しむ。こちらは1987年7月31日に神戸ポートピア・ワールド記念ホールで開催されたLive。こっちは7月31日に発売して欲しかった。本当は当日ということで、もう一方の「"GIGS" CASE OF BOOWY at Yokohama」を紹介したいのはやまやまですが、やはり日付順に記録を追いたい。円熟期のBOOWYが奏でる全曲演奏GIG初日。

収録曲はDISC1に「INTRODUCTION (Live)」「IMAGE DOWN (Live)」「BABY ACTION (Live)」「RATS (Live)」「MORAL (Live)」「GIVE IT TO ME (Live)」「"16" (Live)」「THIS MOMENT (Live)」「わがままジュリエット (Live)」「BAD FEELING (Live)」「LIKE A CHILD (Live)」「OH! MY JULLY Part I (Live)」「WORKING MAN (Live)」「B・BLUE (Live)」「TEENAGE EMOTION (Live)」「LONDON GAME (Live)」「NO. NEW YORK (Live)」「DANCING IN THE PLEASURE LAND (Live)」「ROUGE OF GRAY (Live)」「RUNAWAY TRAIN (Live)」という20曲。DISC2に「B・E・L・I・E・V・E (Live)」「CLOUDY HEART (Live)」「INSTANT LOVE (Live)」「FUNNY-BOY (Live)」「MY HONEY (Live)」「LET'S THINK (Live)」「1994 -LABEL OF COMPLEX- (Live)」「PLASTIC BOMB (Live)」「MARIONETTE (Live)」「RENDEZ-VOUS (Live)」「SUPER-CALIFRAGILISTIC-EXPIARI-DOCIOUS (Live)」「ハイウェイに乗る前に (Live)」「JUSTY (Live)」「ホンキー・トンキー・クレイジー (Live)」「DREAMIN' (Live)」「BEAT SWEET (Live)」「BLUE VACATION (Live)」「ONLY YOU (Live)」「ON MY BEAT (Live)」という19曲。

BOOWYって本当に美しいバンドだったなぁ。もう本当に擦り切れるくらい聞いたから、どの曲も歌えるし。大好きな曲も、初期のあの曲も全部収録。すごい。音がすごくきれいで。逆にきれいすぎてLive感少し損なわれてるけど、こんなにいい演奏をいい音で聴ける幸せ。ちょっと走って前のめりに歌ってしまって、照れ笑いするヒムロックとか、本当に素敵な記録です。今更気づいたけど、全曲といいながら「DANCE CRAZE」は演奏されなかったんですね。唯一の布袋寅泰さんボーカル曲。大好きな曲なだけに残念。そしていままで発売された音源はほとんどこの神戸の音源なので、横浜の音源聞くのがすごく楽しみです。


今日は海外からCDRが届きました。本当にうれしい。海外からもCDが買えるこの状況。素敵な音楽は山ほどあるけど、やっぱり自分でみつけてくるってとても楽しい。今週は祝日あるので仕事も忙しめ。無理せずがんばりたいです。

usemono_tereos860s地獄絵、SCISSORS GARDENのRareさんと、Poisonous Baum Recordings主宰SCAさんらによるusemonoの第3作。当初の予定ではVHSで発売というアナウンスでしたが、CDRに。うれしい変更です。mono1とmono2という今までの音源の再ミックス、ステレオ書き出しされた曲に、さらに新曲3曲を収録。ある意味1stにしてLast Albumってやつですかね。毎回ジャケットがいいんですよね。 毎回関西でのLiveで参加できないので通販してくれるのが本当にうれしい。でもあっという間に完売しちゃうので、発売開始をいまかいまかと待っていました。今回ももう完売です。

収録曲は「White World」「Arms」「Scene」「Fruits」「Guest Room」「Haze」「Sallow Skin」「Scary Eyes」「Ending Story Terror」「Lost Tapes」「Androgynous」「Blind Mind」「Farewell The Theatre」「In Autumn」という14曲。

1曲目は元「White Room」という曲名だった曲。ステレオになり「Room」から「World」も納得。この曲に限らずレアさんがおっしゃていたように全然印象が違います。新曲は8〜10曲目。8曲目はニューウェーブらしいキラキラ感のある曲。9曲目は妖しい雰囲気でロックよりの曲。後半の開ける展開とかキャッチーですごく好き。10曲目はインダストリアルでPOPな曲。最後、怒涛のドリーミーでシューゲな3曲がたまらない。脳みそ蕩けます。新曲もよかったしこれで終わりと予告されてるけど、年1回でいいので、また来年もやって欲しいなぁ。


なんとも体調がよろしくない。夏のクーラーってのがね。いろいろつらいですね。明日のためにも今夜は早く寝なくちゃなぁ。

migimimi_loversremix866sいったいいつになったら通販開始されるのかと待ち望んでいたら、いつの間にか通販されてた…。なんでこんなひっそりとなんだろう。2017年5月7日に開催された彼らの主催イベント「Hangout vol.1」でたった1日発売された音源。当日の共演者であるジェッジジョンソンの藤戸じゅにあさんとリムキャットのクマさん、そしてメンバーである涼平さんのremixが収録されています。紙ジャケット仕様。

収録されているのは「ジェッジジョンソンRemix THE LOVERS」「THE LOVERS Deep psychedelia Remix THE LOVERS」「Natsu No Yoru,Umi No Soko Mix THE LOVERS」という3曲。

1曲目は藤戸じゅにあさんremixでジェッジで聴けるようなロックなEDMといった感じ。2曲目はクマさんremixでタイトル通りサイケデリックなデジロックremix。3曲目は涼平さんremix。8bitじゃなかった。タイトルからアンビエントなアレンジかともおもったら違って。最初聞いた印象はLADY GAGA+DE DE MOUSEといった感じ。歌はサビくらいしか残ってなくて。インストっぽいかなぁ。やっぱり3作の中で一番好きですね。まだこの通販ご存じない方もいらっしゃるんじゃないだろうか。ぜひ売り切れる前に!


朝から「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」を。両脇に子どもたち。至福の時間。そしてそのまま爆睡。やっぱりくたくたなんです。今起きました。ちょっと散歩にでも行ってこなくては。せっかく「ポケットモンスター サン」も買ったのでセブンイレブンのポケモンスタンプラリー行ってこよう。

guniw_vvfickly865sGUNIW TOOLSのファンクラブ「ぐにゅまに」の2016年度会報が届きました。待ちに待ったかいがありました。前回はCDでしたが、今回はDVDです。前回の「FICKLYBABOON」をもとに過去の権利的に使える音源をミックスした音源に、過去の撮りためていた映像素材をつかって、ひさびさにつくられたVVシリーズ最新作。

収録されているのは「VVFICKLYBABOON」と活動再開時のLiveやネパールツアーからまるまる1曲のLive映像等収録。

まずなによりもダイナさんがとても懐かしくて。ネパールの子どもと踊ったり、歩く象の横で踊りながら歩く姿に胸熱。自分で思っていた以上にダイナさんの存在って大きかったんだなぁ。Fullさん、ASAKIさんの若いお姿も懐かしく。Live映像では現在のお二人が見れて。ほんと長いことFullさんには楽しませてもらってて、感謝です。冬にAlbum出るといいなぁ。


今週はなんだかめっさ疲れた。今週は大人しく部屋の片づけをする予定です。それと帰宅したら奥さんがもらってきたというカブトムシが。カブトムシだけかと思ったらオオクワガタがいて一気にテンションあがってしまいました。

cornelius_40859sコーネリアスの4枚目のCDS。ついにジャケットにホログラム仕様です。バブリーもここに極まれり!今回もカード付。

収録曲は「MOON LIGHT STORY (SINGLE VERSION)」「INTO SOMETHIN' [LIVE]」「MOON LIGHT STORY(Instrumental)」という3曲。

なんて愛くるしくキャッチーでPOPなんだろう。この頃のフリッパーズのその後を引き受けている感がすごい。1曲目はAlbumとは別Ver.です。2曲目は先日紹介した「The First Question Award Tour」に収録されているものと同じ音源。ただ最初と最後の観客の声援数秒と最後にツアーについてのMC部分がカットされています。3曲目は1曲目のインスト。他の3枚にも言えるけどインストになると味わいがかわって2度おいしい。そして気づいたこの一連のアートワーク。信藤三雄さんなんですね。さすが。


なんかいろいろすごいことが起きていて、自分でもびっくり。ある方のイベントに行く予定になったり、海外バンドのVo.さんからメールのお返事いただいたり。ずっと通販まっていたあの音源がもう通販されてたりとか。今月ははじまったばかりだけどもう節約モードにしなくては。疲れもたまってるし、今日こそ早く寝よう。最近寝る前にパズドラしちゃうからいけないんだよな〜。せっかく手に入ったユウナを育てたくて・笑。

cornelius_30858scorneliusの8cm CDSの第3弾。今回はジャケットのロゴがラメ仕様です。すごい。今回もカードがもちろんついてます。

収録曲は「(YOU CAN'T ALWAYS GET) WHAT YOU WANT」「THE FIRST QUESTION AWARD-PREVIEW- 」「(YOU CAN'T ALWAYS GET) WHAT YOU WANT(Instrumental)」という3曲。

Album発売直前の作品ということで1曲目はAlbumと同じVer.で、2曲目にAlbum全曲をサウンドコラージュした曲を収録。こういったところもおしゃれに感じるのははまりすぎかな。こんなの聞かされちゃうとまたAlbum聞きたくなるなぁ。曲の終わりにはいたずらっ子らしい笑い声が入っていて、これ小山田さんなんだろうな。3曲目は1曲目のインストです。


今日は目いっぱい仕事してきましたよー。疲れたのですぐ寝ます。明日は早く帰ります。それにしても3DS版「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」がおもしろい。今ヨッチ族のとこなんですが、まさか過去10作に戻れるなんて。FFRKかい!とつっこみながらも楽しんでおります。

このページのトップヘ