ネプスルブログ

ブログでプロレスできる日々が続くことを願う、あきれたプロレス野郎たちに捧ぐ!超劇空間的プロレス&格闘技ブログ!

ノア、5・25大阪大会!潮崎が杉浦を撃破!新GHC王者へ!丸藤&矢野GHCタッグ奪取!邪道&外道がGHCJr.タッグ挑戦へ名乗り!

ばーにんぐKさんより、ノア大阪大会の生観戦メールいただきました。

ばーにんぐKさん、ありがとうございましす。

…………………………………………

GHC4大王座戦に盛り上がりました。観客動員は今一でしたが…。
とにかくメインの杉浦vs潮崎、二人にしかできない攻めと受けの凄みに見入ったり叫んだりしてしまう一戦でした。
30分超の死闘の果てに潮崎が王座奪回。ベンジャミンが次挑戦!
鈴木軍乱入の場面あれど、かつてのノアの熱気が蘇ったメイン。今後、潮崎に懸かるものはでかくなりますが…ノアで戦い抜いて欲しいです!

KC4F0558







KC4F0564






……………………………………………………………………………………………

2016.05.28
「infoNear inc. presents GREAT VOYAGE 2016 in OSAKA」5月28日(土)エディオンアリーナ大阪 第1競技場大会


第1試合
6人タッグマッチ

齋藤彰俊
◯クワイエット・ストーム
モハメド ヨネ
vs
清宮海斗
●友寄志郎
小川良成

6分38秒
50cm腕ラリアット → 片エビ固め


第2試合
鈴木軍vsNOAH 6人タッグマッチ

(鈴木軍)
TAKAみちのく
(鈴木軍)
エル・デスペラード
(鈴木軍)
◯タイチ
vs
キャプテン・ノア
●平柳玄藩
石森太二

8分05秒
タイチ式ラストライド


第3試合
鈴木軍vsNOAH タッグマッチ

(鈴木軍)
飯塚高史
(鈴木軍)
◯鈴木みのる
vs
●マサ北宮
中嶋勝彦

11分01秒
ゴッチ式パイルドライバー → 体固め


第4試合
鈴木軍vsNOAH シングルマッチ

(鈴木軍)
◯シェルトン・X・ベンジャミン
vs
●マイバッハ谷口 

21分53秒
リングアウト

第5試合
GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権試合60分1本勝負

(第27代選手権者)
小峠篤司
(第27代選手権者)
◯原田大輔
vs
(挑戦者)
●大原はじめ
(挑戦者)
拳 王

19分47秒
片山ジャーマンスープレックスホールド
※第27代選手権者 原田&小峠組が2度目の防衛に成功


第6試合
GHCジュニア・ヘビー級選手権試合

(第31代選手権者/鈴木軍)
◯金丸義信 
vs
●熊野 準

14分49秒
タッチアウト → 体固め
※第31代選手権者 金丸義信が3度目の防衛に成功



第7試合
GHCタッグ選手権試合60分1本勝負

(鈴木軍/K.E.S/第33代選手権者)
デイビーボーイ・スミスJr.
(鈴木軍/K.E.S/第33代選手権者)
●ランス・アーチャー
vs
(挑戦者/グローバル・タッグリーグ戦2016優勝者)
矢野 通
(新日本プロレス)
(挑戦者/グローバル・タッグリーグ戦2016優勝者)
◯丸藤正道

17分53秒
虎王 → エビ固め
※丸藤&矢野組が第34代GHCタッグ王者となる


第8試合
GHCヘビー級選手権試合60分1本勝負

(第25代選手権者/鈴木軍)
●杉浦 貴
vs
(挑戦者)
◯潮崎 豪
(フリー)

31分24秒
豪腕ラリアット→片エビ固め
※潮崎豪が第26代選手権者に

(プロレスリング・ノア公式サイトより)

…………………………………………………………………………………………


“出戻り”潮崎が杉浦からGHC王座を奪回=ノア
スポーツナビ:2016年5月29日 0時03分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160529-00000100-spnavi-fight

「矢野丸藤」がKES撃破でGHCタッグ奪取=ノア
スポーツナビ:2016年5月29日 0時04分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160529-00000101-spnavi-fight

邪道&外道のGHCジュニアタッグ名乗りに騒然=ノア
スポーツナビ:2016年5月29日 0時07分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160529-00000102-spnavi-fight

……………………………………………………………………………………………

凄い!GHCヘビー級王座、GHCタッグ王座が共に移動しました。


GHCタッグ王座に関しては実に鈴木軍K.E.Sにベルトを奪われて471日ぶりの奪還になります。


潮崎はフリーだからとはいっても、実質的にノアといってもおかしくないし、新日本の矢野の力を借りたとはいっても、GHCヘビー級王座、GHCタッグのベルトが鈴木軍からノア側に戻ってきたのは大きい!

ノアのファン的には鈴木軍からGHCジュニア王座以外のタイトルが戻って来たということは、昨年末の大田区大会以来ですから、良かったんじゃないかなぁと思います!


GHCヘビー級王座にはベンジャミンが、タッグ王座にはK.E.Sがリマッチをな乗り上げています。


邪道&外道が来ましたね!GHCジュニア戦線に入ってきます!外道のセコンドにオカダカズチカが来たりしないのかな?(笑)


鈴木みのるが、このビックマッチの第3試合タッグマッチというポジションを納得しているとは思えないしね。


昨年から今年の上半期の流れが、ここで大きく変わった、この大阪大会はターニングポイントになるかもしれません。

新日本、5・27「BEST OF THE SUPER Jr.XXIII」後楽園大会!オスプレイがリコシェを破りハイフライヤー対決を制す!

オスプレイがリコシェを破りスーパーJr初勝利

注目のハイフライヤー対決に後楽園ホール熱狂
スポーツナビ
2016年5月28日(土) 00:00


................................................................


注目のBEST OF THE SUPER Jr.XXIII後楽園大会!


リコシェvsオスプレイのハイフライヤー対決はオスプレイが勝利しました。


これは、早くワールドプロレスリングでみたいですね!ノーカットで放送してくれないかなぁ?


しかし、Bブロック公式戦、オスプレイこれが初勝利なんですね。


まぁ、まだまだ解らないかな?(笑)

WWE、ナカムラ、次戦のエリーズに勝利すれば、NXT王座挑戦か?!

【WWE】ナカムラ見えてきたNXT王者

東スポWeb 5月27日(金)16時0分配信

......................................................................


6・8「テイクオーバー」オーランド大会でオースチン・エリーズとの対戦が決まったシンスケ・ナカムラ。


勝てば、次戦はNXT王座戦、サモア・ジョーvsフィン・ベイラーの勝者への挑戦となるかもしれないそうです。


物凄いスピードで王座戦へ上り詰めていっているシンスケ・ナカムラ。


タイトル挑戦はさておいても・・・・


サモア・ジョーvsシンスケ・ナカムラ!

フィン・ベイラーvsシンスケ・ナカムラ!


いやぁ、どっちも見たくないですか(笑)

新日本、5・27後楽園大会でリコシェvsオスプレイ激突!

2016-05-26 Topics
【いよいよ本日!“GK”金沢氏が徹底解説!】5月27日(金)後楽園で激突!「リコシェvsオスプレイは、イチ公式戦のワクを超えている」【SJ23】

新日本プロレス公式サイトより

http://www.njpw.co.jp/news/detail.php?nid=16481

……………………………………………………………………………………………

GK金沢克彦さんが『BEST OF SUPER Jr.XX掘戮涼輒椒ードを解説されています。


文句なしで、今大会の最注目カードである、リコシェvsウィル・オスプレイのハイフライヤー世界一決定戦が本日の後楽園大会で行われます。


この大空中戦、海外のインディー団体等では何度か実現しているそうですね。二人とも若いから、これからも世界中でリングで闘っていくライバルになりそうですね。


個人的には、数年前に行われた、プリンス・デヴィッドvsPACの時ぐらいのドキドキ感がある試合だと思います。


オスプレイは来日経験が浅いので、この試合はオスプレイの名を新日本ファンに刻む絶好の機会ですね!


リコシェ、オスプレイ、どちらもWWEにまた、持っていかれないようにガッつり契約しておいてもらいたいですね(笑)

ノア、潮崎豪!ノア復帰から半年間!浦貴とのGHC戦に『運命を感じる』!

【ノア】潮崎豪、ノア復帰から半年間の思い 杉浦貴とのGHC戦に「運命を感じる」
高木裕美
2016年5月25日 11時30分

スポーツナビより

http://rdsig.yahoo.co.jp/media/sports/smartphone/column_module/fight/detail/RV=1/RE=1465453692/RH=cmRzaWcueWFob28uY28uanA-/RB=/RU=aHR0cDovL20uc3BvcnRzLnlhaG9vLmNvLmpwL2NvbHVtbi9kZXRhaWwvMjAxNjA1MjUwMDAxLXNwbmF2aQ--/RS=%5EADA2wOKHigT3DYYSA7fS4WemRjN6v0-


…………………………………………………………………………………………

5・25大阪大会でGHCヘビー級王者・杉浦貴に挑戦する潮崎豪!

フリーとしてノアに復帰したこの半年間を振り替えるインタビューでした。


正直、潮崎って変な話ですがノア→全日本→ノアと戦場を移してきて、三沢光晴最後のパートナーとか、小橋健太の愛弟子とか・・・・◯◯ありきな感じがして、あまり危機感を感じない選手という印象です。

何か試合内容が悪いとかじゃないんですが、ジャンボ鶴田さんじゃないですが、感情が伝わってこないんですよね・・・・。

で、この半年はかつて経験したことのない、出戻りという状況でいかにノアのファンの信頼を勝ち取るかがテーマだったんじゃないでしょうか?

潮崎なりに大きな十字架を背負って杉浦戦にいどむのですが、果たして?杉浦は簡単に渡してくれるかというと、難しいでしょうね。

ただ、どっちが勝ってもイマイチ次の展開が読みづらいので結末は気になるところでありますね!


全日本、5・25後楽園大会!三冠王者・宮原が大日本・関本から防衛!

全日本 3冠王者・宮原が関本撃破でV2!!諏訪魔の7・14復帰宣言も歓迎 青木はV3
デイリースポーツ:2016/05/26 0:00


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160526-00000000-dal-fight

……………………………………………………………………………………………

ばーにんぐKさんから、全日本プロレスの
後楽園大会、生観戦メール第2弾が届きました!

ばーにんぐKさん、ありがとうございます。


KC4F0437







KC4F0442





…………………………………………………………………………………………

大盛り上がりの後楽園ホールでした!

三冠戦、多大な“関本コール”も聞こえていました!王座戴冠の期待渦巻く中、ラリアットもトペもジャーマンもいきました!
されどタフになった宮原。前から後ろから膝!最後は両腕を巻き込むジャーマン!
関本の戴冠が観たくて行ったので…悔しい!

次の挑戦者は真霜!

あと、岡林vsゼウスのごっつい勝負が見れて良かったです!

…………………………………………………………………………………………


チャンピオン・カーニバルを優勝した大日本プロレスのエースである関本を迎え撃った、若き三冠王者の宮原。宮原が防衛しましたか!

強さに説得力がある関本を撃破したことは大きい自信になるのではないでしょうか。

次はK-DOJOの真霜ですか。これも激闘必須ですね!

全日本、諏訪魔j、7・14後楽園大会で復帰決定!

ばーにんぐKさんから、速報メールをいただきました。

ばーにんぐKさん、ありがとうございます!



KC4F0392







KC4F0389









…………………………………………………………………………

超満員!

諏訪魔、7・14後楽園で復帰です!

……………………………………………………………………………

諏訪魔の復帰!キターーーッ!

新日本、柴田、永田にシングル戦“未勝利”は『恥』と永田超え誓う!

柴田シングル戦“未勝利”は「恥」…永田超え誓う
東スポWeb:2016/05/24 16:10

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160524-00000032-tospoweb-fight

……………………………………………………………………………………………

柴田、リングアウトでしか永田に勝ったことなかったの知らなかったなぁ。柴田が第三世代、永田裕志にこだわりたいのは、なんとなく解る。


柴田が永田裕志と決着した時次の闘いがどうなるのか楽しみだ。

柴田が返り咲いたら・・・・また歴代王者との闘いになるのか?石井や真壁?あるいはCHAOS入りしてから、パットしない後藤がくるのか?

永田がもし防衛したら、第三世代と防衛戦か?あるいは、ノアにベルトもっていくとか?

まぁ、いずれにせよ、この闘いはちょっと注目したい(笑)

GACHINOGE LIVE 2016.4.23くれぐれも、酔っ払ってますので・・・・悪しからず!(8)完結編!

042-


『ネプスルブログ』の管理人ネプチューンマンの東京出張で2016年4月23日、都内某所で行われ実現し奇跡の夜会であーーる。


『ネプスルブログ』コメンテーターのトーキョートムさん私、ネプチューンマンが延々6時間に渡りプロレストークを編集したものであーーる。


ネプ:『ネプスルブログ』管理人・ネプチューンマン


トム:『ネプスルブログ』常連コメンテーター・トーキョートム


くれぐれも、酔っ払ってますので・・・・悪しからず!


................................................................

ネプ:「あの、柴田、永田と防衛戦やってその後、どうするんやろね。」(このトークは新日本、5.3レスリングどんたく大会の以前に収録しています)

トム:「小島?」

ネプ:「いや、小島やって、天山やって、永田なんですよ。中西はシングル戦は無いと思うから。」

トム:「ライガー?(笑)」

ネプ:「ライガー、KUSHIDAに挑戦するみたいやしね。まさか、もう1周、第三世代とか(笑)」

トム:「小島?(笑)」

一同:「ガッハッハッハッハ(笑)」

トム:「永田が取って、柴田とリターンマッチ(笑)」

ネプ:「微妙やなぁ・・・・インターコンチも外人同士でやってしまったらなぁ。」

トム:「ケニーがインターコンチ王者?」

ネプ:「エルガンなぁ?」

トム:「ここに来て、中邑がいなくなったんで、ベルト作りすぎたかもしれませんね。」

ネプ:「ヨシタツがいる?・・・。」

トム:「ヨシタツ、両国出てましたけど話題になりませんでしたね。」

ネプ:「ハンタークラブ?バレットクラブをハントするって棚橋とエルガンにやりましょうって言ったら拒否されたの(笑)」

トム:「それでか、週刊プロレスのインタビューの見出し見ていて「俺がハンタークラブだ」って書いてあったのか。」

ネプ:「ヨシタツ復活までのドキュメント動画カッコよかったけどね。」

トム:「ヨシタツ動けるの?」

ネプ:「さぁ、解らない。」

トム:「両国大会前にヨシタツが出るって話題になってた?」

ネプ:「いや、今、わけの解らん6人タッグ王者でしょ。」

トム:「あぁぁ、NEVERの。あんなの、いつできたの?」

ネプ:「知らんまに(笑) NEVERタッグタイトル飛ばして、6人タッグ王座って・・・・本当にタイトル増えましたよね。」

トム:「次の1.4東京ドーム大会が楽しみだね。ガーッハッハッハッハ(笑)全試合タイトルマッチ(笑)」



ネプ:「シングル王座が3つダッグ、6人タッグ、ジュニアのシングル、ジュニアのタッグ・・・・7大タイトルマッチ(笑)」

トム:「いいよ、そんなの(笑) タイトルがどうとかより内容だよ(笑)」

ネプ:「タイトルマッチ喰うぐらいのアンダーカード作ってくれって感じ。」

トム:「全然、面白くないもんね(笑)」

ネプ:「もうね・・・。」

トム:「出尽くしてきてるから、内容で見せるしかないよね。」

ネプ:「もう、例えばWWEの本線でやってるスーパースターを喰っちゃうとか、国内の他団体とやるとかいってもねぇ。例えば大日本の関本が新日本のリングに上がったとしても、絶対チャンピオンにはならせてもらえないもんね。」

トム:「インパクトがあるなら、鈴木軍リターン?」

ネプ:「どうかなぁ?」

トム:「鈴木がまくし立てるのを見たなぁ(笑) ベルト作りすぎだよなぁ・・・・あと、今の柴田と内藤とか見てみたいかなぁ。柴田はやっぱり第三世代とってのは、まだよそ者感があるのかなぁ?」

ネプ:「やっぱ、外様感はあるでしょうね。でも、再入団の時の木谷オーナーのコメントでアミューズと提携してるじゃないですか。」

トム:「アミューズって・・・・」

ネプ:「サザンオールスターズや福山雅治が所属する芸能事務所ですが、柴田はアミューズからの評価高いらしいですよ。」

トム:「ロックなんですかねぇ(笑)」

ネプ:「桜庭はこのままフェードアウトですかね・・・。」

トム:「出てるの?」

ネプ:「どうだろう・・・・出てるか?」

トム:「ケイオス?」

ネプ:「桜庭が藤田和之連れてきたら面白いのにね(笑)」

トム:「ガハッハッハッハ(笑)」

ネプ:「どう、料理するかですけどね!それは興味あるかなぁ(笑)」

トム:「はぐれIGF軍団来たら・・・(笑)」

ネプ:「絶対ないけどね。」

トム:「今の新日本のファンが置いてかれちゃう気がしますね。喜ぶのはオッサンだけ(笑)」

一同:「ガハッハッハッハ(笑)」

トム:「新日本!よくやったって!(笑)」

ネプ:「俺たちが受けてやるぜって結局、第三世代が出てきたりして(笑)」

一同:「ガハッハッハッハ(笑)」

ネプ:「永田vs藤田戦とか絶対やりそうやもんね(笑)」

トム:「はい。」

ネプ:「それぐらいしか対応できないでしょう。」

トム:「あと、柴田ぐらいかな。」

ネプ:「例えば、オカダカズチカと藤田和之が試合して、オカダが藤田を光らせることができるかってのあるじゃないですか。」

トム:「難しいね・・・。」

ネプ:「そういう意味で天龍vsオカダ戦っていうのは大きかったですよね。」

トム:「はい。」

ネプ:「オカダの潜在能力がまだまだあるって認めさせたっていうのはあると。」

トム:「うん。」

................................................................

ネプ:「でも、オカダと内藤のストーリーっていうのは、これからずっと続いていって、オカダ、内藤、棚橋で牽引していくんでしょうね。」

トム:「棚橋なぁ・・・。」

ネプ:「インターコンチは棚橋でみたいな。」

トム:「木谷さんの40代はトップ戦線に入れさせないよみたいな、棚橋も40代に入りますからね。でも、雑誌の表紙だとかコメントやキャンペーンでいろんなメディア露出して宣伝大使ですかね。」

ネプ:「でも、前からやってますけどね。でも、新日本のレスラーで知名度No1は真壁じゃないでしょうね。」

トム:「そうでしょうね。」

ネプ:「凸凹さんも、娘さんの話とか聞くと、棚橋より全然、真壁ですもんね。」

トム:「女の子、スイーツ真壁知ってますよね。」

ネプ:「真壁は、またしばらくシングル王者にはなりそうにないもんね。」

トム:「真壁も悪いけど、あんまり面白くないからね(笑)」

ネプ:「今年のG1優勝って・・・・真壁じゃないかと思ってるんですよ。」

トム:「あぁぁぁ。」

ネプ:「真壁か後藤ね!オカダも棚橋も優勝してるしね!」

トム:「トランキーロも春夏連覇は無理かな。」

ネプ:「オカダがやってるけどね。」

トム:「トランキーロ、俺はチャンピオンだから出ないとかいいそうですよね(笑)」

ネプ:「トランキーロは秋の両国まではチャンピオンじゃないかなぁ?」

一同:「ドームで!!」

ネプ:「ドームでリマッチがいいよなぁ(笑)」

トム:「ドームでオカダvs内藤戦がみたいですよね。」

ネプ:「今度はちゃんとメインでやりますみたいな・・・・」

トム:「で、負けちゃう(笑)」

ネプ:「勝つんちゃうオカダが(笑)」

トム:「ガハッハッハッハ(笑)」

ネプ:「何か、その切ない感じがいいじゃにですか(笑)」

トム:「でトランキーロは言うんだろうなぁ、そんなこと、どーってことないよって(笑)」

一同:「ガハッハッハッハ(笑)」

ネプ:「それは、いい流れだと思う。」

トム:「あぁぁ。」

ネプ:「もうG1すっ飛ばして、来年の東京ドームの話をしている(笑)どこよりも早く!」

トム:「今の流れから、オカダとトランキーロ以外、ドームのメイン考えられないよね!」

ネプ:「もう、棚橋vsオカダも・・・・もうえぇやろうっていう空気になってきているわけじゃないですか。」

トム:「えぇ。」

................................................................



ネプ:「棚橋・・・・一回ぐらいノア出てあげたらいいのになぁ。」

トム:「頑なに、新日本とノアは関係ありませんみたいなのを通したいんじゃないですか?ガッハッハッハッハ(笑)」

ネプ:「うーーーーん(笑)」

トム:「そろそろと矢野も投入してきたりしてますから。いいタイミングで入れてきていますよね。70年代80年代の新日本プロレスですよね。」

ネプ:「うーーーーん(笑)」

トム:「いいところでドラマを変えていくというか・・・・でも行きたいかっていうと(笑)」

ネプ:「今のねノア見てたら、ドラゴンゲートみたいになってきたなぁって思うのよ。」

トム:「あぁぁ。ユニットシャッフル?」

ネプ:「あの、パッケージで3年ぐらいはやるんちゃうかと思うんですよ。」

トム:「ガーッハッハッハ(笑)また、永田来るかもしれませんよね(笑)」

ネプ:「仮に鈴木軍が今、撤退してしまったらノアどうするのみたいなね。」

トム:「出がらしだね。だって、誰がいるって潮崎か・・・・潮崎ってパッとしないからなぁ(笑)」

ネプ:「どうなんやろうんぁ・・・潮崎とノア側との確執を解くまでのストーリーがあったんやけど、どこまでホンマにそうなんやって(笑)」

トム:「丸藤、辞めるって言ったよね(笑)」

ネプ:「お前が来たら辞めるって(笑)」

トム:「それは、どうなったんだって(笑)」

ネプ:「でも、丸藤も杉浦も相当、我慢してやってるのはあるでしょうね。」

トム:「あぁぁ。」

ネプ:「それしか、仕方がないからやっている感じで、ホンマは元々の試合内容だけで見せる形を創始者の意思を継いで続けて行きたかったのが本音やと思うんですよね。」

トム:「はい。」

ネプ:「それじゃぁ、存続していくのが無理だからという判断だったんじゃないかと。だから、新日本よりになったんじゃないかと。何回もストーリー的に新日本を外していくチャンスあったけど離れていかないじゃないですか。だからそういうことかなぁって思うんですよね。」

トム:「はい。」

ネプ:「ライガー&タイガーが来て、永田裕志が来てGHC王者になって、1年なり半年なりって流れでしょ。全く新日本から離れていかない。テンコジが来て、矢野がたまに来て・・・新日本の真ん中より前半で試合している人たちが来るわけじゃないですか。」

トム:「・・・・タイガー&ライガーもそうだもんね。」

ネプ:「あんまり、こういう状態が続いたら丸藤が新日本の本線のタイトルマッチに絡んでくることは出て来ないですよね。」

トム:「そうですねぇ。」

ネプ:「ノアも人材育成的には谷口の世代にもにもう何人かいないといけないと思う。」

トム:「マイバッハねぇ・・・八街のノア・ファン言ってたなぁノアを裏切って鈴木軍に入るのはマイバッハだって(笑)」

ネプ:「あぁぁぁ。」

トム:「絶対あいつだよって言い張ってて!谷口がマスク脱ぐまでは絶対(笑)」

ネプ:「マスク脱がなかったら、ありだったかもね。飯塚ともう一人暴れるペットが増えました・・・みたいな(笑)」

トム:「そうですよね!喋られくていいしね(笑)時間大丈夫ですか?」

ネプ:「(新幹線最終まで)あと、30分です。ボチボチですね!もう5時間11分録ってます。」

トム:「ガハハハハハ(笑)」

ネプ:「こんなもん、一から5時間11分もう一回、聞かれへんで(笑)」

トム:「今回、わりとまったりした感じで、ハジけてないけどね(笑) 凸凹さん、凄く楽しみにしてたからねぇ。」

ネプ:「次は、秋ですから秋!凸凹さん、秋ですからね(笑)」

................................................................


編集後記

................................................................



皆様、長々と「GACHINOGE LIVE」にお付き合いいただき、ありがとうございました。

まぁ、常識的に飲み会で喋った内容を、録音して振り返るなんて作業は普通、ありえません。

ましてや5時間近くの内容を書式化するのは大変な作業でございます(笑)

実際は、プロレス以外の話、プライベートな話やら、ブログについての話、音楽についての話とかもありましたが、8割方はプロレストークでした(笑)

ぶっちゃけ、もう書き起こすの辞めようかと何度も思いましたし、徹夜になった時も何回かありました。

賞味期限的に、一ヶ月が限度だと思ってコツコツ、限られた時間で作業してきましたが、なんとか完走できました(笑)

正直、内容が支離滅裂で、気を悪くされた方も多かったかもしれませんが、酒の席の戯言ということで、ご勘弁ください(笑)

我々のプロレス愛は感じていただけたと思います。

次の出張は、秋の予定ですのでその際には、トーキョートムさん、凸凹さんと三人でやりたいと思います。

最後に、トーキョートムさん、ありがとうございました。

5時間一本勝負、お疲れ様でした!

またやりましょう!アディオス!



by ネプチューンマン


(完)

GACHINOGE LIVE 2016.4.23くれぐれも、酔っ払ってますので・・・・悪しからず!(7)

042-




『ネプスルブログ』の管理人ネプチューンマンの東京出張で2016年4月23日、都内某所で行われ実現し奇跡の夜会であーーる。


『ネプスルブログ』コメンテーターのトーキョートムさん私、ネプチューンマンが延々6時間に渡りプロレストークを編集したものであーーる。


ネプ:『ネプスルブログ』管理人・ネプチューンマン


トム:『ネプスルブログ』常連コメンテーター・トーキョートム


くれぐれも、酔っ払ってますので・・・・悪しからず!


................................................................


トム:「あぁぁ、あれがメインでああいう結末だったらって。」


ネプ:「その分を天龍vsオカダで取り返せましたからね。」


トム:「実質、天龍の引退興行なんですが、あのカードで客一杯はいったでしょうからね。」


ネプ:「そりゃね。」


トム:「行かなきゃ!って思わされましたからね(笑) 秋に全日本が両国大会をやりますが、そのあたりで再戦とか。」


ネプ:「でも、どうでしょうね。」


トム:「皆は、やらないと思ってるだろうけど・・・・賞味期限切れかなぁ。」


ネプ:「皆がそれを見たいかっていう、藤田はねぇプロレス向きじゃないんじゃないかなぁと。」


トム:「藤田って・・・・全然、響かないんですよ。総合格闘家としては知りませんが、プロレスラーとしてアピールが出来ないじゃないですか。」


ネプ:「だからね、藤田はセンスがあるからってフランケンシュタイナーとかするのを見たいかっていう?」

トム:「見たくないですよね。強さを見たいよね(笑)」


ネプ:「僕的には、昔、G1クライマックスで予選ぶっちぎりで勝ち抜いて、決勝で蝶野に負けたことがあったじゃないですか。あの時が藤田がプロレスと接点を持てたギリギリだったかなぁと思いますね。」


トム:「あれで、蝶野が勝っちゃった結末は大どんでん返しなんですが、リアリティは無かった(笑)」


一同:「ガハハハハ(笑)」


ネプ:「WWE的なプロレスでは在りかもしれませんが。」


トム:「あの頃、PRIDEがバリバリの頃だし、プロレスが総合格闘技を倒したぞ!みたいなシチュエーションなんでしょうね(笑)」


ネプ:「中邑が向こう(海外)に行っても「KING OF STLONG STYLE」と呼ばれてるのも、本筋から言ったらおかしいよなぁ。」


トム:「おかしいよね、トレーニングしてるのかなっていう体系ですしね。何なんだろうあの・・・。」


ネプ:「トレーニングはしているけど、プロテインとか使ってないからかなぁ(笑)」


トム:「かねぇ(笑)」


ネプ:「何か、全般的にこれとこれが対戦して、見たいっていうカードが無くなってきた気はしますね。」


トム:「行かなきゃ、みたいなのが・・・・会社、休んでも行かなきゃみたいなのが無いよね。去年のHARASHIMAと棚橋の後楽園は行かなきゃって思ったけど、後、他はないですよね(笑)」


ネプ:「中邑とブロック・レスナーとかなら行きたい光線が出るかもしれませんよ。どういう試合展開になるか解らないけどね。格闘技っぽくないグランドの攻防とか無いかもしれないしね。」


トム:「日本でやるんだったら、あるかもしれない・・・・面白いことやっちゃおうかみたいな(笑) アメリカだったら無いかもしれないけど。」


ネプ:「もう、一巡してしまってる感じはありますよね。例えば今度、オカダとSANADAがやるじゃないですか。いいカードなんですよ。SANADAが新日本の選手とあたるカードはシングルであれタッグであれ、全てフレッシュなんですが、見に行きたいところまで行くかというとね。」


トム:「旬がというか、タイミング外してる感じしますよね。」


ネプ:「全日本を退団してWRESTLE-1に合流するかしないかの頃とか。」


トム:「あぁぁ、TNAに行って凱旋して帰ってきて直ぐとかで新日本だったらね。何か、中途半端ですよね。」


ネプ:「フリーになっていろんな国内の団体に出てっていうのも苦しいですよね。そういえばTNAとWRESTLE-1の提携話もどうなったんでしょうか。」


トム:「TNAよりROHの方が上なのか?TNA自体に誰がいるのかもよく解らないですからね。」


ネプ:「ROHが日本公演みたいなのを新日本と合同で後楽園ホールでやったじゃないですか。あれって、見たいと思った?」


トム:「いやぁ全然(笑)」


ネプ:「それやったら、WWEの日本公演の方がって風になるよね(笑)」 


トム:「マニアックな人たちには受けたかもしれませんが(笑)」


ネプ:「メキシコのヤツ「ファンタジック・マニア」ほど盛り上がらなかった感じはしますね。」


トム:「さらっと、流されてる感じがしますね。今年、内藤が優勝したの何だっけ?」


ネプ:「ニュージャパン・カップ。」


トム:「それもここに来るとき、誰が優勝したんだったっけって考えて(笑) よーく考えてみたら内藤が優勝したから、両国でオカダとやったんだって(笑)」


ネプ:「もっといったら、優勝戦どこでやったかなって感じでしたね。」


トム:「そうですね」


ネプ:「青森かどこか?」


トム:「地方に決勝をもってきてますよね。」


ネプ:「新日本は、地方を埋めていくっていうのに力入れてる。プロモーション力の差は他団体と比べて凄いですよね。」


トム:「先週、銚子に新日本が来て。いつもは千葉なんですよ。近くにやってくるってなると、ちょっとバロメーターが上がりますよね。銚子で2年連続とかってありえないしね。 凸凹さん、WRESTLE-1見に行ってましたね(笑)」


ネプ:「ポスター張りとか手伝ってね。大和にクルザー級のベルト、見せてもらってたもんね(笑)」


トム:「中々、プロレス会場に見に行けないから、見にいけてよかったですよね。」


ネプ:「でも、大和怪我しちゃって残念ですよね。」


トム:「頚椎損傷? あれ、首にコルセット巻いて写真に写ってましたよね・・・卒業式の(笑)」


ネプ:「あぁぁ学校の(笑)」


トム:「あれ、女子の選手よさそうですよね。木村響子の娘さんとか、よさそうですよね。時間大丈夫ですか?」


ネプ:「まだ、18時代ですから(笑)」


トム:「去年は鈴木軍がノアとやりだして、結構の行かなかったノアの会場に行ったんですが、ノアの純粋なファン排除されちゃった感じしますよね。どこから始まったかっていうと、順番に三沢さんが亡くなって、小橋が引退して、KENTAがWWEに行っちゃって。」


ネプ:「で、決定打は鈴木軍が来たことでしょうね。」


トム:「あぁぁ。」


ネプ:「鈴木が来て・・・・というか鈴木軍が来るってことを丸藤たちが認めたわけじゃないですか。


トム:「あぁぁ。」


ネプ:「その時点で何か・・・旧態の四天王プロレスは終わった感じしますねぇ・・・・って、また、記事にできへんことばっかり喋って(笑)」


一同:「ガーッハッハッハ(笑)」


トム:「いや、今日は意識してませんよ(笑)」


ネプ:「ガーッハッハッハ(笑)」

トム:「でも最近、全日本・ノア系のファンと遭遇する機会が多い。今までっていうか新日本系のファンの方が多いのかなぁってのはあったんですけど、ここ何年かプロレスファンを地元の八街市で開拓していくんで、凸凹さんぐらいであとは全日本系の人が多い。」


ネプ:「へぇぇぇ。」


トム:「八街はノアのファンが多い。ノアが銚子に来る日ってそんなに無いのに。」


ネプ:「毎年来てるの?」


トム:「全然、プロレス来ないから。今年かな、大花火が来たぐらいで。」


ネプ:「あれはFMWも大花火も・・・大仁田が引退したらFMWって続かなくなるのかねぇ(笑)」


トム:「ですよね。」


ネプ:「大仁田が引退したら、ゼロワンもやばいんじゃにかと。」


トム:「うぅぅぅん?ゼロワンは振り幅が広いというか、あの手この手でいくというか、大きいことはできないけれど地味な感じだけどやってますからね。何か新しことが起きるとゼロワンがサポートしてるもんね。」


ネプ:「最近、気になってることがあって。週刊プロレスの表紙の見開きページに新日本プロレスが広告載せてるじゃないですか。時々、真ん中の見開きにDDTが広告を載せていて、FMWが裏表紙の裏ページに広告載せてたんですよ。」


トム:「ありましたね。」


ネプ:「FMWってそんな金あるのかなって。全日本もノアも出してないじゃあいですか。」


トム:「うん、DDTは真ん中の見開きに出してますよね。」


ネプ:「もうひとつね、気になったのが、表紙裏の新日本の広告の左側、帯状にカードゲーム「キング・オブ・プロロレスリングにドラゴン・ゲート参戦」って!」


一同:「ガーッハッハッハッハ!(笑)」


ネプ:「おいおいおいおいって!来たかって!食われるなよって(笑)」


トム:「ベスト・オブ・スーパージュニアにドラゴンゲート入ってるんだなぁってのなら解るけどねぇ(笑)」


ネプ:「吸収するとかは無いと思いますが、ブシロードがスポンサーになるとかから始めて。WWEが3ブランドで興行をしているみたいなのは在りじゃないですか(笑)」


トム:「ですよね。」


ネプ:「全部、ブシロード傘下で子会社にしないでも、ブシロードのホールディングスというかノアはのノアで、ドラゴンゲートはドラゴンゲートで、DDTとはできないかもしれませんが。」


トム:「それか、こないだ飯伏がアメリカに行って出場した怪獣バトルじゃない方の団体みたいな関係ってのはあるかも。」


ネプ:「あぁぁ。WWEの傘下団体みたいな。」


トム:「そうそうそう。ドラゴンゲートで育てた選手を新日本に送り込みますよ・・・みたいな。」


ネプ:「プロレスがブームになっていってるのかを検証するみたいな団体のオーナーにインタビューしたスポーツナビの記事が出ていて、1回目が新日本の木谷オーナー、2回目がDDTの高木社長、3回目はドラゴンゲートの岡村社長だったもんね。」


トム:「ドラゴンゲート、毎月、後楽園ホール満員なんだって。」


ネプ:「こっちのローカルなニュースなんですが、京都で大会をするときに、2日間興行してるのドラゴンゲートだけなんですよ。で、京都にいいスポンサーがいるんですよ。」


トム:「あぁぁ。」


ネプ:「関西ではスポンサーを作る営業させるの有名な話じゃないですか。そのインタビューにも載ってましたが、そのへん徹底してるよなぁって。」




ここで、凸凹さんから、再びメールが届く!


ネプ:「ガハハハハハ、またきましたね凸凹さんメール!読み上げますね(笑)」


................................................


明日やろうは、バカ野郎!

オレの分まで今日はトコトン失禁、廃人になるまで炎上しやがれ!


●スケールの比較は野暮ですが、なかなか面白い今年のチャンピオンカーニバル。
しかし、一向にファンの間で話題にならない。
そんな全日本プロレスは11月に両国国技館大会を発表済み。
このままでホントに大丈夫なのか?
それとも隠し玉、秘策はあるのか?

●飯伏幸太のWWE登場はあるか?
実現したら…ヨシヒコの移籍&WWE参戦は叶うか?


...............................................


一同:「ガーッハッハッハッハハッハッハッハ(笑)」


ネプ:「バカヤロー(笑)」


トム:「全日本のはもう、話したよね(笑)」


ネプ:「DDTはヨシヒコを渡さないでしょう(笑) WWEならマサヒコとか作りそうやけどね(笑)」

トム:「ガーッハッハッハッハ(笑)飯伏のタッグパートナーでね(笑)」

ネプ:「のっけから、問われるんやろうね!「イッツ・ア・ドール?」


トム:「ガーッハッハッハッハ(笑)」


ネプ:「飯伏が「ノー!マサヒコ!」っていって、相手のレスラーにマサヒコを投げつけて、受け取ったレスラーが皆「オォォォ」って、やらっれちゃうの(笑)」


一同:「ガーッハッハッハッハハッハッハッハ(笑)」


トム:「ヨシヒコ出す可能性はありますよね(笑)」


ネプ:「もう1つブランドが必要になるんじゃないですかNXTより、もっと右寄りなマニアックなECWみたいなのを作ったら。」


トム:「あぁぁぁ。ECWだったら、あったかもしれませんね。」


ネプ:「ECWは現役では見ていないし、前に頂いたDVD、2005年の復活版「ECWワン・ナイト・スタンド」で、ECWの過去のハイライト映像がありましたが、凄い!メチャクチャなことしてますよね。」


トム:「ECW今までのストーリーとかをインタビューしたDVDがWWEから出ているんですが、それは本当おもしろいんですよ。(ECWのこと)解らない人には試合映像がないから難しいかもしれませんが(笑)」


ネプ:「ほぉぉぉぉ。」


トム:「サンドマンがトミードリーマーに竹刀で叩かれて、失明してしまうストーリーがあって、その後サンドマンは1ヶ月間、家から出なかったんですって。」


ネプ:「ふぅぅぅん。」


トム:「で、その後のTV番組で引退報告をしにスーツで出てきて、でそこにトミードリーマーが出てきて、バァーってスーツ脱いでトミードリーマーを襲撃する!」

ネプ:「ガハハハハハ(笑)」 


トム:「ざまぁみろって(笑)」

ネプ:「ガハハハハハ(笑) それって、「めちゃイケ」とかの世界ですよね(笑)」


トム:「ガハハハハハ(笑) テレビ中継されてるから、家から出るときにサンドマン平気じゃんって感じなんですが、ラストシーンのどんでん返しを演出したかったからでしょうね。」


ネプ:「WWEもそういう感じの芝居的な演出とかしてるよね。車壊したりとか。」


トム:「98年から2000年初頭ぐらいのWWEをスカパーでよく見ていたんですが、本当か嘘か解らないストーリーがあるんですよ。それが・・・本当か嘘か解らない。」


ネプ:「それが・・・・プロレスの面白いところだっていうところがね。」


トム:「そこが騙されてる感が、心地いいところだったりしますよね。むちゃくちゃやれば、やるほど面白いんだけど(笑)」


ネプ:「だから、あの、レスナーとアンダーテイカーの乱闘なんかでも、やっぱり本物っぽく見えて、この後どうなるんだろうと思わせる。金曜8時の新日本プロレスがそうだったもんね。」


トム:「猪木が拉致されて、どうなるんだろうみたいな(笑)」


ネプ:「控え室に連れて行かれましたにたいな(笑)」


トム:「WWEでロードウォリアーズが出ていた時に、ホーク・ウォリアーがアル中のキャラで本当か嘘か解らないんですよ。」


ネプ:「ほぉぉぉぉ。」


トム:「アニマルともう一人、ドローズっていうのがいて、ホークがアル中なんで二人でウォリアーズをやっていて、嫉妬したホークがアル中なんで最後にハシゴに登っていって、アニマルが「よせ!よせ!」っていってホークを追いかけてハシゴに登って、もう少しでホークに届くところで、ハシゴからホークが落っこちるところで終わるんですよ。」


ネプ:「へぇぇぇぇぇ。」


トム:「そのホークが落っこちたところでCMに入るんですが。」


ネプ:「後、どうなんねん・・・みたいな(笑)」


トム:「それが、ロードウォリアーズのWWE登場のラストシーンなんですよ。」


ネプ:「へぇぇぇぇぇ。何かそれって、切ない終わり方やなぁ(笑)」


トム:「そうなんですよ、ホークのアル中が本物なのか解らないんですよ(笑)」


ネプ:「なるほどなぁ。」


................................................................


と、まだまだ夜会は続くのであった・・・・・・つづく!

最新記事
プロフィール
人気blogランキング
最新コメント
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Yahooトピックス
記事検索
  • ライブドアブログ