ネプスルブログ

ブログでプロレスできる日々が続くことを願う、あきれたプロレス野郎たちに捧ぐ!超劇空間的プロレス&格闘技ブログ!

DDT、8・27両国大会!"大巨人”石川が竹下撃破でKO-D王座奪取!世界ジュニアは高尾が新王者に!

“大巨人”石川が竹下撃破でKO−D奪取!世界ジュニアは高尾が新王者に
デイリースポーツ:2016/08/29 0:00

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160829-00000000-dal-fight


DDT「両国ピーターパン2016〜世界でいちばん熱い夏〜」
8/28
東京・両国国技館


ダークマッチ〜キング・オブ・ダーク選手権6人タッグマッチ「6時半の男が1時半の親子として登場!」
[王者]●力&百田光雄、島谷常寛
(7分05秒)
逆さ押さえ込み
[挑戦者]○松永智充、星誕期、レッカ
※力が敗れたため2度目の防衛


アンダーマッチ〜東京女子プロレス提供試合
○山下実優、坂崎ユカ、ミウラアカネ
(8分56秒)
アティテュード・アジャストメント→体固め
中島翔子、●ハイパーミサヲ、優宇


第1試合 DNA FIGHTS〜BATTLE OF LAST SUMMER〜
○樋口和貞、下村大樹
(6分56秒)
轟天→体固め
●岩崎孝樹、渡瀬瑞基


アイアンマンヘビーメタル級選手権
[王者]●焼き鳥
19時02分 完食
[挑戦者]◯山里亮太
※焼き鳥が防衛に失敗、山里が第1170王者となる


第3試合 KUDO復帰戦〜YELLOW DRAGON COMES BACK!!〜
○KUDO、高梨将弘
(10分51秒)
ダイビング・ダブルニードロップ→片エビ固め
彰人、●ヤス・ウラノ


第4試合 NωAのDDTフェス2016参加への道〜ササダンゴに学ぶ芸能界を生き抜く術
大石真翔、勝俣瞬馬、○MAO、スーパー・ササダンゴ・マシン
(10分20秒)
キャノンボール450°→片エビ固め
●アントーニオ本多、トランザム★ヒロシ、レディビアード、ゴージャス松野


第5試合 世界ジュニアヘビー級選手権試合
[王者]●佐藤光留
(17分07秒)
ジントニック→エビ固め
[挑戦者]◯高尾蒼馬
※高尾が新王者となる


第6試合 DDT EXTREME級選手権試合〜渡瀬・コントラ・渡瀬マッチ
[王者●]LiLiCo
(10分07秒) 
男色ドライバー→漢固め
[挑戦者]◯男色ディーノ
※ディーノが新王者となる


“帝王”高山がDDTレギュラー参戦発表


第7試合 スペシャル6人タッグマッチ
○高木三四郎、越中詩郎、NOSAWA論外
(11分23秒) 
シットダウンひまわりボム→エビ固め
ザ・グレート・カブキ、坂口征夫、●梅田公太


第8試合 スペシャルタッグマッチ
佐々木大輔、○遠藤哲哉
(21分53秒)
スカイツイスター・プレス→片エビ固め
ディック東郷、●マイク・ベイリー


第9試合 KO-Dタッグ選手権試合
[王者]●大家健、KAI
(13分37秒)
蒼魔刀→体固め
[挑戦者]○HARASHIMA、宮本裕向
※スマイルヤンキーが新王者となる


第10試合 KO-D無差別級選手権試合
[王者]●竹下幸之介
(20分05秒) 
ジャイアントスラム→片エビ固め
[挑戦者]◯石川修司
※石川が新王者となる

………………………………………………………………………………………

LiLiCoさんが男色ディーノに敗れて、EXTREME王座陥落しました。ところがストーリーは終わりませんでしたね(笑)


恋人の渡瀬瑞基が公開プロポーズを行うと、宮武、ベルナール・アッカ、大石真翔、スーパー・ササダンゴ・マシンらが、「LiLiCoと結婚して知名度が欲しい」と、次々とプロポーズ。


ぶっちゃけ、新チャンピオン・ディーノより負けたLiLiCoさんの方がにぎやか(笑)


まぁ、色恋がらみのストーリーってWWEチックなんですが、落としどころは何処になるのだろう。渡瀬とLiLiCoが結婚するまで行くのか?微妙(笑)


アイアンマン王座戦、回りまわって南海キャンディーズの南海キャンディーズの山里亮太が新チャンピオンに(笑)


ちゅうか、一時的に焼き鳥がチャンピオンになったんですね・・・・プロレスって奥深いよなぁ(笑)


石川修司が竹下幸之助を撃破しKOD王者となりました。もう少し、竹下で行くのかと思いましたが・・・・。


高山善廣のレギュラー参戦が発表されました。石川vs高山なんか見てみたいカードですが、ゆに君・・・小学校3年生がデビューするって事は、そっちとの路線かぁ?


高木大社長ののことですから、いろいろ考えてるんでしょうが(笑)

全日本、8・27名古屋大会!3冠王者・宮原が崔を撃破しV5!世界タッグ王者・関本&岡林組V4達成!

全日本プロレス「2016サマーエクスプロージョン」
8/27

愛知・名古屋国際会議場


第1試合 シングルマッチ
△野村直矢
(15分00秒)
時間切れ引き分け
△ジェイク・リー


第2試合 タッグマッチ
●SUSHI、中島洋平
ラ・マヒストラル
○ウルティモ・ドラゴン、奥田啓介


第3試合 6人タッグ
青木篤志、○佐藤光留、ディアブロ
(9分55秒)
足取り腕ひしぎ逆十字固め
青柳優馬、●高尾蒼馬、岩本煌史


第4試合 タッグマッチ
大森隆男、●田村和宏
(12分05秒)
ジャックハマー→片エビ固め
○ゼウス、ボディガー


第5試合 タッグマッチ
秋山準、●橋本大地
(11分18秒)
ダイビングボディプレス→体固め
○吉江豊、竹田誠志


第6試合 世界タッグ選手権試合
[王者]○関本大介、岡林裕二
(22分25秒)
ジャーマンスープレックスホールド
※関本&岡林組が4度目の防衛に成功
[挑戦者]諏訪魔、●スーパー・タイガー


第7試合 三冠ヘビー級選手権試合
[王者]◯宮原健斗
(22分16秒)
シャットダウン・スープレックス・ホールド
※宮原が5度目の防衛に成功
[挑戦者]●崔領二

…………………………………………………………………………………………

全日本プロレス名古屋大会、三冠王者・宮原健斗がランズエンドの崔領二に勝利し、5度目の防衛に成功しました。


今年2月にゼウスとの決定戦を征して史上最年少・三冠王者となった宮原、大森、関本(大日本)、真霜(K-DOJO)、秋山と防衛ロードを経ての崔(ランズエンド)との防衛戦となりましたが、クリアしました。


次は『第4回 王道トーナメント』となります。1回戦は9・4品川大会で、諏訪魔と対戦します!


当然、王者としての史上初の優勝を狙っていると思いますが、前三冠王者の諏訪魔です。宮原を暫定王者とこき下ろしてくるでしょうね(笑)


優勝戦に近い1回戦といって過言はありません。なんとなく、新日本のG1開幕戦、オカダvs丸藤みたいな展開じゃないのかな?(笑)


トーナメント優勝者と11月の両国で三冠戦とか!


世界タッグ王者・関本&岡林も諏訪魔&スーパー・タイガー組を撃破しV4達成!こちらはタイトルに流出中なんですが、磐石の強さやというか2桁防衛もありそうな勢いですね!


まぁ、全日本にはゼウス&ボディガーぐらいしかタッグ専門の固定チームがいませんからね。次は最強タッグ優勝チームと・・・となると、年内は無しか?あるいは、11月の両国だろうなぁ。


王道トーナメント→両国という流れでしょうね!

ファイヤープロレス、8・26ディファ有明大会・旗揚げ戦!大仁田、因縁のチャボとのタッグではぐれIGF軍に勝利!

ファイヤープロレス旗揚げ戦は超満員札止め!大仁田、チャボにトロフィー殴打されるも激勝
デイリースポーツ:2016年8月26日 23時34分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160826-00000112-dal-fight

…………………………………………………………………………………………

26日、ディファ有明で大仁田厚の新団体『ファイヤープロレス』の旗揚げ戦が行われるました。


『超花火』『FMW』そして今回、新たに旗揚げした『ファイヤープロレス』と大仁田厚は大忙しです。


まさに、バンド掛け持ち状態ですね(笑)


いずれのブランドもセンターに立っているのは大仁田厚でこの日の『ファイヤープロレス』旗揚げ戦も平日開催ですが、ディファ有明を超満員とは立派です!


UWFとの抗争も冷めやらぬ中で、『はぐれIGF軍団』ケンドー・カシンとその仲間たちとの抗争を開始。


また、30年前のトロフィーで大流血させられた因縁のチャボ・ゲレロとのタッグを結成。


大仁田&チャボ・ゲレロ&保坂秀樹&NOSAWA論外vsケンドー・カシン&鈴木秀樹&将軍岡本&黒覆面による、ノーロープ有刺鉄線バリケードマットストリートファイトデスマッチ!


過去と現在が不思議なカード、大仁田厚のプロレス頭はとんでもないカードを産み出していきますね(笑)


まぁ、このはぐれIGF軍団との抗争は電流爆破マッチへとステップアップしていくんでしょうが、『超花火』『FMW』『ファイヤープロレス』どのマットで行われるのでしょうか?


大仁田厚、還暦引退?までに、まだまだドラマを生みそうな予感がします(笑)


ノア、8・25ディファ有明大会!杉浦がマイバッハを完全KOでGHC初防衛!

【ノア】杉浦がマイバッハを完全KOで初防衛 V4の金丸は次期挑戦者に小峠を逆指名
スポーツナビ:2016/08/26 1:00

http://m.sports.yahoo.co.jp/column/detail/201608260001-spnavi

…………………………………………………………………………………………

ディファ有明で行われるました、GHCヘビー級選手権は王者・杉浦がマスクを被り再変身したマイバッハ谷口に勝利し防衛しました。


30分以上の激闘となったようですね。


次の挑戦者にはこの日、前王者・潮崎をタッグマッチで仕止めたマサ北宮が名乗りを挙げました!


北宮、ずっと第一試合で熊野とシングル戦で戦っていた頃からすると大躍進です。でも、どうだろうなぁ、杉浦に勝てるのかですが・・・・?


何か杉浦がチャンピオンになってから、鈴木みのるは飯塚とのタッグでの試合が多く、第一線から引いているかんじですね。


シェルトン・ベンジャミンのWWE復帰話が持ち上がってますし、ランス・アーチャー、デイビーボーイ・スミスJrも姿を見せなくなりましたが、鈴木軍から抜けたのでしょうか?


昨年と鈴木軍の猛威は変わりませんが、何か・・・鈴木みのるが前に出てこないのが気になりますね。

WWE、新王者ベイラー、右肩負傷全治6ヶ月でまさかの王座返上!

【WWE】右肩負傷で全治6か月…ベイラーまさかの王座返上
東スポweb 2016年08月24日 16:30

http://www.tokyo-sports.co.jp/prores/mens_prores/584938/
…………………………………………………………………………………………


現地時間22日にWWEのロウ大会が放送され、前夜に開催された「サマースラム」で初代WWEユニバーサル王者となったフィン・ベイラーが右肩負傷により王座を返上。来週に新王者決定戦が行われることになりました。


NXTから一軍に昇格したばかりで、新設されたWWEユニバーサル王座を獲得とビッグチャンスを掴んだばかり。これから、ベイラーが中心のストーリーが進むところだったのに、残念たなぁ・・・・


全治6か月は痛すぎます。


セス・ロリンズ、ローマン・レインズ、ケビン・オーエンズ、ビッグ・キャスによる4WAY戦で王座決定戦が行われるらしいです。


WWEもロウとスマックダウンの2ブランド制復活。ドラフトで選手が振り分けられたわけですが、新しいストーリーなり流れを作るために、若いスーパースターの起用に積極的な感じがしますね。

WWE、ブロック・レスナーがランディ・オートンを顔面パンチ連打で大流血KO!

【WWEサマースラム】レスナー凶獣化!大流血V

東スポWeb 8月23日(火)16時47分配信

................................................................


ニューヨーク現地時間21日に開催されました、WWE真夏の祭典「サマースラム」でブロック・レスナーがランディ・オートンを顔面パンチ連打で大流血に追い込んで、衝撃のTKO勝ちを収めました。


まぁ、7月に「UFC」に復帰し、マーク・ハントに勝利しましたが、レスナーのドーピング検査で陽性反応が出たって事で物議をかもしていましているなかでのWWE「サマースラム」出場。


強さを誇示した形ですが、オートンは大流血で10針縫う負傷、とにかくレスナーの暴れん坊将軍ぶりは健在です(笑)


勝ったけど、収まらなかったのかねぇ?大暴れ!ところかまわずスープレックスの雨あられだったとか(笑)


まぁ、オートンもこのままってわけにはいかないでしょうから、リターンマッチやるんでしょうかねぇ?


また初代WWEユニバーサル王座決定戦はフィン・ベイラーがセス・ロリンズを撃破しWWE入団2年目でメジャーの頂点に立ちました。


メジャー昇格から一気にチャンピオンって凄い勢いですね!でも、怪我したみたいですから心配です。


さて、WWEも2ブランド復活で今後どういう展開になっていくのか。中邑真輔がNXT王者になりましたし、景色が変わってきましたね!


新日本、10・10両国大会でオカダvs.丸藤のIWGP王座戦が決定!9・25神戸大会でエルガンvs内藤、9・22広島大会でオメガvsYOSHI-HASHI!

10.10両国でオカダvs.丸藤のIWGP王座戦が決定=新日本
スポーツナビ:2016/08/22 18:58

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160822-00000103-spnavi-fight


9.25神戸でエルガンvs.内藤、9.22広島でオメガvs.YOSHI-HASHI=新日本
スポーツナビ:2016/08/22 19:25

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160822-00000104-spnavi-fight

…………………………………………………………………………………………

新日本、秋のビッグマッチのカードがドドドンと発表されました。ノアの後楽園大会とも連動していますね!

………………………………………………

新日本
『LION'S GATE PROJECT3』
9/1
東京・新宿FACE

⬛新日本vsノア10人タッグマッチ
柴田勝頼&天山広吉&小島聡&永田裕志&中西学
vs
潮崎豪&マイバッハ谷口&中嶋勝彦&マサ北宮&清宮海人

8・14両国大会の延長戦といった感じですね。シリーズ通して?第三世代と柴田がチームになってますね。さて、この乱闘必須的なゴチャゴチャになりそうかカードから次の闘いは生まれるのでしょうか?


新日本
『DESTRUCTION in TOKYO』
9/17
東京・大田区総合体育館


⬛NEVER無差別級選手権試合
柴田勝頼vsボビー・フィッシュ

⬛IWGPジュニアヘビー級選手権試合
KUSHIDA vs BUSHI


柴田のNEVER戦は本間とかEVILではなく、ラスベガスの延長戦となりましたか。

BUSHIも6人タッグ戦でKUSHIDAに勝ったから挑戦できるってのは、ハードル低すぎじゃない?(笑)
まぁ、BUSHIに資格があるのは解りますが。


新日本
『DESTRUCTION in HIROSHIMA』
9/22
広島サンプラザホール


⬛IWGPタッグ選手権試合
マーク・ブリスコ&ジェイ・ブリスコvsニック・ジャクソン&マット・ジャクソン

⬛スペシャルシングルマッチ
オカダ・カズチカvsバッドラック・ファレ

⬛東京ドーム・IWGPヘビー級王座挑戦権利証争奪戦
ケニー・オメガ vs YOSHI-HASHI


IWGP無差別級タッグ選手権?楽しみなカードではあります(笑)

まぁ、仕方ないのかなぁ?ノンタイトル戦って、ちょっと、ファレ可愛そうな感じしますね。

これでYOSHI-HASHIが勝ってドームのメインでオカダと闘うことになったら、プロレス的には面白いかもしれないですが、新日本の営業スタッフは泣くでしょうね(笑)


新日本
『DESTRUCTION in KOBE』
9/25
兵庫・神戸ワールド記念ホール


⬛NEVER無差別級6人タッグ選手権試合
小島聡&リコシェ&マット・サイダル
vs
アダム・コール&マット・ジャクソン&ニック・ジャクソン

⬛スペシャルシングルマッチ
マイケル・エルガンvs内藤哲也
※8月27日ROHブルックリン大会でマイケル・エルガン選手が防衛に成功した場合は、IWGPインターコンチネンタル選手権試合として行う


この6人タッグ王座ってどうなんでしょうね?何か必然性に欠けるというか、イマイチどうもピンとこない王座だなぁ?

これは内藤が勝った方が面白くなりそうですね!今回、全くタイトル戦線に絡んでいない棚橋や石井辺りが次に名乗り出そうな感じですね。

年内にはもうひとつ11月の時限爆弾・大阪大会がありますし、両国大会のセミファイナルとかでもやりそうな予感(笑)


ノア
『Autumn Navig. 2016』
10/8
東京・後楽園ホール

⬛IWGPヘビー級選手権試合前哨戦
オカダ・カズチカ&YOSHI-HASHI
vs
丸藤正道&矢野通

⬛GHCジュニアヘビー級タッグ選手権試合
原田大輔&小峠篤司vs邪道&外道


丸藤的にはノアにオカダを引っ張ってこれて、してやったりでしょうが、このタッグ戦で矢野がどういう立ち位置取るかですね。

あと、鈴木軍的にはオカダがノアのリングに上がってくるの気に入らないでしょうね。ここで、何かアクションがあったりして(笑)


新日本
『KING OF PRO-WRESTLING』
10/10
東京・両国国技館


⬛IWGPヘビー級選手権試合
オカダ・カズチカvs丸藤正道


まぁ、G1最終戦の流れからして、このカードが両国だろうなぁとは思いましたね。まぁ、ここでドームのカードが決まるわけですね。もし、丸藤が勝って丸藤vsケニー・オメガなら、それは見たいカードですが、ドームのメインだからなぁ。ぶっちゃけ、オカダが負けることは考えられんでしょうがね(笑)


てなわけで、いよいよ新日本プロレスの秋の陣が始まりますね!

WWE、ナカムラがNXT新王者に!デビュー5か月で初戴冠!

ナカムラがNXT新王者に WWEデビュー5か月で初戴冠
東スポweb 2016年08月21日 15:26

http://www.tokyo-sports.co.jp/prores/mens_prores/583807/


ナカムラWWE初戴冠に飯伏興奮「神ですね」
東スポweb 2016年08月22日 16:30

http://www.tokyo-sports.co.jp/prores/mens_prores/584010/

………………………………………………………………………………………

中邑真輔いやシンスケ・ナカムラが正しいのか(笑)

デビュー5ヶ月無敗でのNXT王者サモア・ジョーから王座戴冠しました!

『カクトウログ』さんでの記事で、バイオリン生演奏の入場シーンを見ました。

…………………………………………………………………………………………

中邑真輔が無敗のままNXT王座戴冠! テーマ曲『The Rising Sun』生演奏で入場ほか動画
2016/08/21 22:45:00

(カクトウログより)

http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/51970/50765/85786967

…………………………………………………………………………………………

何かもう、アーティストの域やね!(笑)

すごいパフォーマンスですね。よく、あれだけの間を持たせれるわ!


英語で試合後のインタビューを受けて答えているのを見て、また最後にポーズを決めているのを見て、本当に向こう(WWE)の選手になったんだなぁと、改めて思いました。

違うか、向こうのチャンピオンになったんですよね!

いゃあ、1軍に昇格するのが楽しみですが、まずはNXT王座をガンガン防衛して中邑色に染めて欲しいな!

SUPER J-CUP、8・21 有明コロシアム大会!KUSHIDAが金丸との王者対決を制し初優勝!IWGPJr.タッグ、GHCJr.タッグは共に防衛!

KUSHIDAが金丸との王者対決を制し初優勝 IWGPJr.タッグ、GHCJr.タッグは共に防衛
高木裕美:2016/08/22 1:00
(スポーツナビより)
http://m.sports.yahoo.co.jp/column/detail/201608220001-spnavi


7年ぶりのスーパーJカップはGHC王者金丸を破りIWGP王者KUSHIDAが優勝!「ジュニアヘビー級の代表としてG1に喧嘩を売りたい」
バトル・ニュース:2016年8月22日 0時10分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160822-00010000-battlen-fight


「SUPER J-CUP 2016」
8/21
東京・有明コロシアム


第1試合 「SUPER J-CUP 2016」オープニングマッチ
Eita、青柳優馬、●デビッド・フィンレー
(7分56秒 MX→片エビ固め)
グルクンマスク、梶トマト、○BUSHI


第2試合 「SUPER J-CUP 2016」トーナメント2回戦
●獣神サンダー・ライガー
(3分01秒 リングアウト)
○タイチ
※タイチが「SUPER J-CUP」準決勝へ進出


第3試合 「SUPER J-CUP 2016」トーナメント2回戦
◯KUSHIDA
(10分24秒 腕ひしぎ十字固め)
●拳王
※KUSHIDAが「SUPER J-CUP」準決勝へ進出


第4試合 「SUPER J-CUP 2016」トーナメント2回戦
●田口隆祐
(9分27秒 タッチアウト→片エビ固め)
○金丸義信
※金丸が「SUPER J-CUP」準決勝へ進出


第5試合 「SUPER J-CUP 2016」トーナメント2回戦
◯マット・サイダル
(12分45秒 エア・サイダル→片エビ固め)
●ウィル・オスプレイ
※サイダルが「SUPER J-CUP」準決勝へ進出


第6試合 「SUPER J-CUP 2016」スペシャル6人タッグマッチ
ティタン、カリスティコ、○ボラドール・ジュニア
(5分21秒 スパニッシュフライ→片エビ固め)
●グラン・ゲレーロ、エウフォリア、ウルティモ・ゲレーロ


第7試合 「SUPER J-CUP 2016」準決勝
●タイチ
(9分52秒 首固め)
○KUSHIDA
※KUSHIDAが「SUPER J-CUP」決勝戦へ進出


第8試合 「SUPER J-CUP 2016」準決勝
◯金丸義信
(9分52秒 タッチアウト→片エビ固め)
●マット・サイダル
※金丸が「SUPER J-CUP」決勝戦へ進出


第9試合 GHCジュニアタッグ選手権試合
[王者]○原田大輔、小峠篤司
(12分27秒 片山ジャーマンスープレックスホールド)
[挑戦者]●石森太二、ACH
※原田&小峠が防衛に成功


第10試合 IWGPジュニアタッグ選手権試合
[王者]○マット・ジャクソン、ニック・ジャクソン
(15分56秒 メルツァードライバー→片エビ固め)
[挑戦者]●クリス・セイビン、アレックス・シェリー
※ヤングバックスが初防衛に成功


第11試合 「SUPER J-CUP 2016」決勝戦
◯KUSHIDA
(19分50秒 ホバーボードロック)
●金丸義信
※KUSHIDAが「SUPER J-CUP 2016」に初優勝

……………………………………………………………………………………

新日本勢とノア勢8人が勝ち上がってきた、SUPER J-CUP。優勝戦はIWGPジュニア王者のKUSHIDAとGHCジュニア王者の金丸義信との対戦となり、KUSHIDAが優勝しました!


まぁ、そう簡単に実現しないチャンピオン同士の対戦となり、KUSHIDAが勝って新日本強しを印象付けた感じはありますね・・・いろんな意味で(笑)


IWGPジュニアタッグ王者のヤングバックスがIWGPタッグ王者のブリスコ・ブラザーズとの対戦を示唆したり、IWGPジュニア王者のKUSHIDAが、来年のG1クライマックス出場を希望したりと、ヘビー級戦線に目が向いてきているということは、IWGPジュニア王者たちは、ジュニアに敵無しという事なのかなぁ?


このSUPER J-CUPから次に繋がる団体を超えた闘いが生まれたのか?生まれなかったのか?


新日本とノア以外の選手、殆どが1回戦で消えちゃったから、オールスターというより、新日本とノアだけの大会って感じが否めませんでした。


新日本のファン的には盛り上がったのかな?(笑)


なんとなく、新日本1強時代を象徴する大会って感じがしましたね!

全日本、8・20 神戸大会!世界タッグ戦、大地奮闘も関本&岡林がV3!

ばーにんぐKさんより、全日本プロレス神戸大会の生観戦メールをいただきました。

ばーにんぐKさん、ありがとうございます!

……………………………………………………………………………………………

「全日本神戸大会!」


全日本、3大タイトル戦が行われた神戸サンボーホールに行ってきました。

メインの世界タッグ戦に尽きます。次から次へと橋本大地を代わる代わる投げていった関本&岡林の王者チームの力に観てて圧倒される。

それでも蹴りを打ち込む大地。ダメージは隠せないけれど、強く、重い蹴りでした!あの王者の顔を歪ませた…橋本大地は今、破壊王になりかけていると感じさせました。

最後はマットに沈められましたが…世界タッグ戦の価値がある戦いでした。

秋山は、力尽きるまで挑んでいった大地の戦い様を全日本の若手に示そうとしたのかも知れません。

ゼウスとのシングル戦で諏訪魔は腰を痛めて動けない場面も…しかし乗り切りました。鈍重な試合に映るかも知れませんが巨体がぶつかる迫力に満ちた試合でした。

この試合を、会場の端で石川修司が見ていました。今後、どう諏訪魔に勝負をかけるのか?楽しみな所です。

締めのマイクがなくても戦いが凄ければ満足です!


!cid_1472363544324@decomail


KC4F1426


……………………………………………………………………………………………


全日本プロレス「2016サマーエクスプロージョン」
2016年8月20日(土)
兵庫・神戸サンボーホール
観衆:551人(満員)


第1試合
青柳優馬、〇谷嵜なおき
(9分46秒)
野村直矢、●HAYATA
※インプラント→体固め


第2試合 タッグマッチ
ボディガー、がばいじいちゃん
(13分02秒)
大森隆男、SUSHI
※ショートレンジラリアット→体固め


第3試合 GAORA TVチャンピオンシップ
[第11代王者]●中島洋平
(11分58秒)
[挑戦者]〇ビリーケン・キッド
※ファイヤーバードスプラッシュ→片エビ固め
✩中島が初防衛に失敗。ビリーケンが第12第王者となる


第4試合 アジアタッグ選手権試合
[第99代王者組]佐藤光留、〇青木篤志
(16分57秒)
[挑戦者組]●レイパロマ、内田祥一
※テキサスクローバーホールド
✩青木&佐藤が2度目の防衛に成功


第5試合 6人タッグマッチ
〇宮原健斗、ジェイク・リー、石川修司
(15分45秒)
崔領二、高岩竜一、●不動力也
※ブラックアウト→片エビ固め


第6試合
〇諏訪魔
(18分24秒)
●ゼウス
※レフリーストップ(万力スリーパー)


第7試合 世界タッグ選手権試合
[第72代王者組]関本大介、〇岡林裕二
(22分31秒)
[挑戦者組]秋山準、●橋本大地
※ゴーレムスプラッシュ→片エビ固め
✩関本&岡林が3度目の防衛に成功


……………………………………………………………………………………………

三冠ヘビー級王座戦以外のすべてのタイトルマッチが行われていますね。


全日本プロレスがこの神戸大会、そして21日の大阪大会に力を入れているのがよく解るマッチメイクだと思います。


ばーにんぐKさんがブログで記事にされていましたが、確かに魅力的なカードだと思います。


橋本大地がかなり来ているみたいですね!


20代のレスラーたちが各団体で台頭してきています。大地も続かねばってところだと思います。


諏訪魔、復帰後のコンディションはどうなんでしょうか?


石川修司とのシングル対戦は期待されるところですが、何処にピークを持っていくかですね。


11月の両国大会とかでやらないかなぁ?


あまり間延びしない方がいいと思う反面、諏訪魔が完全復活した状態で見たい気がします。

最新記事
プロフィール
人気blogランキング
最新コメント
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Yahooトピックス
記事検索
  • ライブドアブログ