ローソンチケット Presents G1 CLIMAX 27


2017年7月17日(月)

北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーる

観衆:6,189人(満員)


第1試合 20分1本勝負
◯小島 聡、天山 広吉、獣神サンダー・ライガー
vs
マイケル・エルガン、ジュース・ロビンソン、●デビッド・フィンレー
7分48秒  
ラリアット→片エビ固め


第2試合 20分1本勝負
◯鈴木 みのる、タイチ、エル・デスペラード
vs
ケニー・オメガ、タマ・トンガ、●チェーズ・オーエンズ
7分04秒  
ゴッチ式パイルドライバー→体固め


第3試合 20分1本勝負
SANADA、●BUSHI
vs
◯“キング・オブ・ダークネス”EVIL、高橋 ヒロム
6分52秒  
Banshee Muzzle


第4試合 20分1本勝負
オカダ・カズチカ、●外道
vs
◯矢野 通、邪道
7分49秒  
横入り式エビ固め


第5試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 27」Aブロック公式戦
●永田 裕志(0勝1敗=0点)
vs
◯YOSHI-HASHI(1勝0敗=2点)
16分29秒  
カルマ→片エビ固め


第6試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 27」Aブロック公式戦
●真壁 刀義(0勝1敗=0点)
vs
◯バッドラック・ファレ
(1勝0敗=2点)
9分25秒  
グラネード→片エビ固め


第7試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 27」Aブロック公式戦
◯後藤 洋央紀(1勝0敗=2点)
vs
●石井 智宏(0勝1敗=0点)
13分43秒  
GTR→片エビ固め


第8試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 27」Aブロック公式戦
●棚橋 弘至(0勝1敗=0点)
vs
◯ザック・セイバーJr.(1勝0敗=2点)
17分18秒  
ジム・ブレイクス・アーム・バー


第9試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 27」Aブロック公式戦
●飯伏 幸太(0勝1敗=0点)
vs
◯内藤 哲也(1勝0敗=2点)
24分41秒  
デスティーノ→片エビ固め

http://sp.njpw.jp/tornament/92067?showResult=1

……………………………………………………………………………………

『新日本プロレスワールド』無料放送で観戦いたしました。



●永田 裕志 vs ◯YOSHI-HASHI

永田の気迫が凄かったですね。最後だからってのもあるだろうし、強いよなぁと感じさせる瞬間が何度もありました。しかし、勝てなかった・・・・去年の天山みたいな感じになっちゃうのかなぁ・・・・と思いました。もう、新日本の中でのニーズはヤングライオンたちの壁になることしかないのかなぁ。

YOSHI-HASHI的には開幕初戦白星発進ですので、これから上を目指して・・・なんですが、僕的には永田裕志の方が印象深いというか、強いなぁと感じました。


●真壁 刀義 vs ◯バッドラック・ファレ

まぁ、新日本の選手でスーパーヘビー級なファレとぶつかり合える選手って、そうそういないと思います。キングコング・ニードロップが決まったときに勝負つくかと思いましたが、ちょと消化不良なかんじでファレの勝利。真壁はG1でここ数年ファレに勝ててないみたいですが、今年も残念でした。


◯後藤 洋央紀 vs ●石井 智宏

まぁ、後藤がCHAOSに入ってからは初のシングル戦ですが、それまでに散々シングルで闘い名勝負を繰り広げてきた二人です。テクニックの欠片もなくゴツゴツとやり合う試合はCHAOSという同じユニットに所属していても、いざ闘うと変わらないゴツゴツとラリアットなり頭突きなりをぶつけ合う試合でした。

去年のG1準優勝だった後藤ですが、だれも優勝候補に挙げてもらえないってのが辛いところですね。


●棚橋 弘至 vs ◯ザック・セイバーJr.

棚橋、右腕完治していないんでしょうね。変幻自在に関節技を仕掛けてくるザックに完全にペースを握られてました、何種類ものドラゴンスクリューでペースを取り戻そうとしますが、ザックの関節技地獄は甘くなかったですね。しかし、棚橋これからの長丁場、あの右腕で切り抜けていけるのでしょうか。凄く心配です。

何となく、IC王座戦でのリマッチがありそうな感じがする棚橋の完敗でした。


●飯伏 幸太 vs ◯内藤 哲也

序盤は飯伏を内藤がいなすような動きでしたが、ロープワークのラリーからの飯伏のフットスタンプが決まってからは飯伏がペースを取っていたように思います。飯伏が中邑戦で見せたロープ越しのジャーマンを見せた時に出しきらないと勝てない相手と感じたのかなぁと思いました。デスティーノを廻った攻防は何度もあり見所がありましたし、雪崩式パイルドライバーもゾッとしました。

結果的に内藤が勝ちましたが・・・・これも次にまたどのシチュエーションで対決するのか解りませんが、もう一度見てみたい対決ですね。本人たちは当分やりたくないでしょうが!