2006年01月20日

IACの宇宙旅行パネルディスカッションの模様

6ebf0416.jpgSF/Jコラムでコリンズ教授の新年挨拶をアップできた。
そして、ようやくIACの動画をアップすることが出来た。
提供してくれたH氏は心から感謝。

http://www.uchumirai.com/news/clumn/collins_newyear2006.htm

改めて動画を見て、同日のことを思い出す。

宇宙旅行ビジネスの最前線に生きる人々と間近に会話し、既に民間の宇宙旅行競争は始まっていると実感した。
世界の波は大きい。
この波に日本から立ち向かうのに、個人や一団体だけの力では無理だろうと感じた。

日本が自国で宇宙船を開発し、米国などに対抗するには日本人が一致団結にも近い形で立ち向かわないと難しいだろう。
日本の特技は技術である。
ロボット技術ではおそらく日本は世界トップレベルだ。
しかし、こと航空宇宙になると気後れして見えるのは何故だろう。
日本の航空技術は決して他国に引けをとるものではないし、宇宙技術も戦後何もないところから自国製のロケットを飛ばした糸川さん始めたとした偉人たちの業績など世界にひけをとるものではない。

現時点で見えるビジネスとしては海外の宇宙機を買ってきたり、海外の代理店をしたりするようなライブドアが提案しているようなやり方の方が理にかなっているようにも見える。

しかし、これからの日本を考えた時、宇宙旅行が当たり前になり、宇宙へのアクセス手段が格段に下がり、さまざまな国のさまざまな種類の宇宙機が飛ぶような、宇宙ビジネスが本格化したときに、日本が民間の有人宇宙機を1つも持っていない、1つも対抗できるものが無いと言うのはあまりも悲しい。

国際感覚の優れたビジネスマンや投資家は、自国のものにこだわらない、一番合理的な方法で儲かればいいという考え方をするとも聞く。
しかし、どれがいいとか悪いとかを言えるほどビジネスの神はないが、自分の国から一団となって世界に対抗するビジネスを展開するという考えは決して国際感覚が無いのではなく、むしろ世界の強力で化け物のような人々息を肌で感じるからこそ、そんな人々に対抗する一つの方法だと思う。

今すぐ利益と結びつかないとしても、いつかはきっとその技術やノウハウが日本の力なるだろう。
好きなことをまずは好きな人たちで思いっきりやってみることが重要だと思う。





この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
やります

http://event.snstv.net/

http://space.snstv.net/
Posted by magicalpowermako at 2006年02月06日 15:38
ええと日本の航空宇宙技術が立ち遅れたのは
アメリカ中国ロシアといった国への配慮ではないですか?
航空宇宙技術はそのまま軍事技術に転用できますからね

それだけではないでしょうけど
日本の宇宙技術が遅れたままのほうが都合が良い人が昔は
多かったってことですよ

国からの予算も他国と比べて格段に低いらしいでしょ
政府もやる気が無いのでしょう

Posted by 流木 at 2006年02月19日 07:26