2016年06月02日

何かがとても遠くへ離れ去ってしまった

いやー、まさかギルティの新作出ても買わないし、発売したあとに発売したことを知るような日がくるとはね。
人生はわからないもんだ、本当に。

neri3 at 13:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月25日

おもしろいからっていう理由だけで決めるのすごい

去年フィリピン行ったときに学校で出会った日本人の人。
歳は30ちょいくらいで、いろんなところを旅してる人。
刺青三箇所くらい入ってて、口にピアスしてて、なのに性格はめっちゃおとなしいしやさしい、っていう外見と見た目がぜんぜんあってない人。

フィリピンで会った日本人と日本帰ってきてからもちょこちょこ会うんだけど、なぜかこの人と二人きりになることが多い。

そんでこの人と前に会ったときの話。

帰り道二人きりで「いい加減就職したほうがいいよ」っていう話をされながら「まあ…、そうっすよね」なんて話してて「そっちはどうすんですか?また東南アジアのどっかでも行くんですか?」と聞く。

「そうだね、今ちょっと気になる仕事あるからその仕事を半年だけやってから行こうかなと考えてる。もし採用されなかったり半年だけじゃダメだっていうならすぐ行こうかなって考えてるね」

「なんでそんないろんなところ旅するんですか?」っていう質問の答えがおもしろかった。


その人はもともとはオーストラリアにワーキングビザで2年間、自動車整備工として働いてた。
そんでオーストラリアを離れる前に車を買って、オーストラリアを一周した。
そのときに英語喋れなくてもぜんぜんなんとかなんじゃん、あといろんなところ行くのおもろ!と思って、それからいろんなところに行くようになったとのこと。

その人いわく、もしその人が自動車整備工として働いてなかったら車を買って一周しようなんて思わなかったし、
そもそも中学のとき修学旅行でオーストラリアに行ってなかったらオーストラリアにもいってなかった。
だから今いろんな国行くようになった根っこは中学の修学旅行でオーストラリアに行ったからっていう話を聞いて、なんかすごいなと思った。

まったく関係ないどうでもいいような小さい出来事が、15年くらい経ってからその人の生き方みたいのを決めちゃうっていうのがなんか本当にすごい。

あとはいろんなところ行くのおもしろいなからって理由で「よし!いろんな国旅しよ」っていう決断を30超えてできるっていうのもすごいよなー。

neri3 at 08:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月08日

対策バッチリという言葉がもうフラグ

友達とゲーセン行って飯食って、まあ当然ギルティの話になる。
エルフェルトってすごいキャラだよねという話をしてたら友達がいろいろとエルフェルトへのヘイトをぶちまけてた。

「エルフェルト使ってても格ゲーはうまくならない。だってあんなんボタン連打してるだけじゃん」

「○○さんのエルフェルトと戦って筐体に連射機付いてるのかと思ったわ。だってずっとボタン連打してんだもん」

おれはエルフェルトはすごい強いキャラだと思うけど、おれの使ってるミリアはまあいけるほうだからそんなにヘイトはないんで

「おれはエルフェルト得意だよ。最初はキツかったけどちゃんと対策したらいけるようになったわ」

なーんて言ってからの、ゲーセン戻ったらエルフェルトにボロ負けっていうね!
ここでちょっと思ったよね。
あれおれの対策違うのか?って。

そんでその後に他の人のサブのエルフェルトと対戦。
8:2くらいつけられるボロ負け。

ただ言い訳じゃないけど、サブとはいえそのエルフェルトすごい強かったし、見たことない連携もあったからまあしょうがないかなと思ったんだよ。
そんで対戦終わって相手の人と話して、見たことない連携について聞いた。

「あの2HSでガトリングとめてもっかい遠Sやるやつ強いですね。初めて見たんですけどあれってみんなやらない行動ですよね?」

そしたら相手の人の答え。

「いや、それはエルフェルトの鉄板の厨房行動なんでみんなやりますね」


おれのエルフェルト対策とはいったい…。

neri3 at 02:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月11日

ドストエフスキーがどうたらこうたら

夢の中でおれは誰かにドストエフスキーがいかに大罪を犯したかという話をされてた。

「彼は素晴らしい物語を作ることができた。
しかし彼は神についてあまりに知らなかった。
神を知らない人間が作った物語が世に広く浸透した。
そのおかげで神という存在の意義まで変わってしまった。
彼のやったことは大罪だ」

こんな感じで夢の中でおれにこの話をしていた誰かは、ドストエフスキーが素晴らしい作家であった故に不幸を生み出したことを哀れんでいた。


ちなみにドストエフスキーは「白夜」と「罪と罰」の最初の10ページくらいしか読んだことないから、これが本当かどうかは謎。

neri3 at 05:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月21日

今のあんた

母親とできちゃった結婚した弟の話をしてた。

「できちゃった結婚っていきなりその状況になるわけじゃん。だけどあいつすごい頑張ってるよね。まあ頑張るしかないっちゃないんだけど、それにしてもすごい頑張ってて立派だわー」

「今のあんたから見て頑張ってない人がいるの?」


…な〜る。

neri3 at 08:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月19日

ハイキューはある種のホラーマンガ

ジャンプ立ち読みしてるときにチラッとハイキューってマンガが目に入ってなんかおもしろそうだなーと思った。

おれの知ってるハイキュー情報は二つしかない。
ひとつはバレーマンガということ。
もうひとつは腐女子にしゃぶりつくされてるマンガってこと。

おれが知ってるのはこの二点だけなんだけど、実際どんな内容なんだろうと思ってアマゾンのレビューを見てみたら、まあだいたいおれのイメージどおりであってるっぽかった。

レビューがたくさんついてるんだけど腐女子なのかな、いや普通の女子かな、でもそれにしてはちょっとクサいかなーみたいな人のレビューばっかり。
その手の人から見ておもしろいマンガっぽい。
別にそういう人とおれの趣味が絶対合わないというわけじゃなく、例えば弱虫ペダル、このマンガは骨の髄から、お前それってそういう風に食べちゃうの?もう元の味残ってなくない?みたいなところまでしゃぶられちゃってるマンガだけど、おれもけっこう好き。
だから別に腐女子が好きでもおれも好きな可能性もあるしねーとレビュー見てたらとてもいいレビューがあった。


人物描写、作画、ストーリーのテンポ完璧ですね。

1巻の情報量も半端じゃない。
何度も読み返してしまうほど、内容の濃い面白さ。

スポーツものは数あれど、最後に感動したのは某バスケ漫画。
それ以来、佳作はあってもイマイチハマれないなーと思ってたんですが、ハイキューは別格。

バレーに対する登場人物の思い入れの強さが、他の作品の追随を許さない。(ある種のホラー)
主人公2人の熱さは、バレーに対するこだわりを感じさせる。
こだわりがあるから、簡単には譲れない。

これを表現できる作品って、実はあんまり無いと思います。



(ある種のホラー)ってところがほんとに好き。
つうかある種のホラーってどういう感じなんだろう?
思い入れがもうちょっと異常なくらい強いってことだから。
「お前の彼女の嫉妬ヤバくない?お前の英語の先生の60代のおばあちゃんに嫉妬して、英語の先生変えろって迫るのはちょっとおかしいでしょ。そこまでいくとホラー入ってるよ」
的な?
もうそんくらいにバレーが好きってこと?

この人のいう「某バスケ漫画」がスラムダンクだったらおれと同じ好みなんだけどたぶん違うんだろうな。
黒い人のほうなんだろうな、きっと。

neri3 at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月11日

ハースストーン始めたけど一日で終わった話

Heathstoneってゲームがおもしろいってネットでよく見かけるんで、彼女にやらせてみて、それ見てたらすごいおもしろそうだったからちょっとやらせてからの、彼女のスマホずっと使ってやっちゃうくらいにおもしろかったから、自分でも始めてみた。

このゲームは自分でデッキ作って戦うっていうカードゲーム、MTGみたいなやつ。
最初はCPU相手にやってたんだけどおれのデッキつよい、超勝てる、あれおれこのゲームうまいんじゃねえの?まあなんだかんだおれ頭いいからなと気分よくなって、じゃあちょっと対人戦でもやってみますかとやってみたらフルボッコ。
まったく勝てない。

勝てないだけでもつまんないのに、相手がおれが見たことないような強いカードがバンバン出てくる時点で、これはおれの腕云々って話じゃないんじゃねえの?と気づいてさらにつまんなくなった。


そんで何戦かして負けまくってつまんないと思ってたらいきなりフレンド申請がくる。
どうやらさっき対戦した人。
知らない人だけどまあいいやと思って許可したら、そいつがすげえチャットを飛ばしてくる。

naruto
arigato
konnichiwa

日本語知ってるぞアピール?
何を求めてるんだこいつはと思ってたらCan you speak English?って来たのでyesと返す(本当はしゃべれないけど)
以下会話。

「ヘイ、オレはタイ人。お前は何人?」

「日本人」

「お前のプレイ見てたけどヘタすぎ!ひどすぎる!」

「うん。でもおれ今日始めたから」

「オレも今日始めたんだよ。でもオレはお前よりうまいけどな!ハハハハ!Suck!」


そしてチャット終わるっていうね…。
なんなんだよお前は。
何がしてえんだよ。
Suckの意味わかんないけどどうせFuckとかそのへんの意味だろと思って調べたら案の定下手クソって意味だしさ。
マージなんなんだよ。
タイは微笑みの国の国とか言ったやつ絶対ステマ。
一生信じない。


そのあと対戦した韓国人に相手の勝ち確状態から行動時間ギリギリまでずっとアイコンぐるぐるされるという舐めプをされて、おれはそっとハースストーンを閉じた。

neri3 at 02:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年02月09日

今年の目標

mokuteki


今年はみじめな気持ちがなくなるくらいに目標に向かって頑張りたい。

なんかいろいろとキツい。
年齢とか、自分の能力のなさとか、無職なこととか、あと無職なこととか、それと無職なこととか、とにかく無職とか。

思ったんだけど、人は自分が見れる範囲でしか夢を見れない。
極端な例でいえばお腹が空いている人は、食べ物を手に入れるということしか考えられない。
お腹がいっぱいになったらお洒落な格好がしたい。
お洒落な格好ができるようになったらかわいい彼女がほしい。
みたいな感じで欲望は順々に湧き出るもんなんじゃないだろうか。

ようするにお腹が空いてる人はお腹いっぱいになりたいよーという夢しか見れなく、彼女がほしいなんていうことは思いもしない。
そんで無職っていう状態は最強に心に余裕がないので、なんだか自分がこうしたいなと思うことは、みんなが当たり前に傍受しているものなんじゃね?と気づくと、え?あれ?って思ったり。

なんか何が言いたいのかよくわからなくなっちゃったけどあけましておめでとう!

neri3 at 04:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年12月14日

意味もなく和む

平日午前11時にブックオフいったら、女子高生が真剣にマンガ立ち読みしてた。
11時って絶対に学校始まってる時間だからたぶん朝普通に家出たものの学校だりぃなぁ、ちょっとだけ立ち読みしよっかなー、なんつってブックオフいって立ち読み。
したらそのままこのマンガおもしれえなぁと思って読んじゃったんだろうね、一心不乱に。
だって時すでに11時だもん。
けっこう経ってるでしょ家出てから。

なーんてことを思ってたらすごく和んだ。
そんで何読んでるのかなと思ってチラ見てしたらコナン読んでた。
ちょっと違うんだよな。
おれ的にはウシジマくんあたり読んでてくれてたら100点だったんだけどなー。
なにが100点かわかんないけど。

neri3 at 21:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月10日

なんかイヤ

「日本eスポーツ選手権大会」初開催へ プロゲーマー育成、JOC加盟目指す - ITmedia ニュース http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1510/26/news111.html


上のニュース見たり、友達から話聞いてたりしてなんとなく思ったけど、
この日本eスポーツ協会という団体やらなんやらが国から金引っ張ってきて、
こういうイベントを予算いくらでやりたいからおたくんところで仕切ってと格ゲー団体に金をばら撒く、みたいな流れが出てきそうな気がすると思った。
本当になんとなーく思っただけだけど。

ゲームが好きでもっと広まってほしいという理由でいろんな行動をしてる人は見てて気持ちいいけど、
金になりそうだからという理由でゲームを発展させる行為をしてる人ってなんか嫌い。

neri3 at 17:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年11月20日

いつかは返さないと

今日は人の優しさを感じた一日でした。


ふと立ち止まって、自分の手のひらを見てみると、そこに握っていたのは、わたしのことを思ってくれる人の気持ちでした。
いつかは恩返ししなければいけません。今は自分のことで精一杯だけれど。


neri3 at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

歳を取ったのだ

uuu


昔は何かすごいものを見たあとにうおー!みたいな感じになって行動することが少しながらあったけど、
ここ最近、最近つうか数年くらいすごいの見ても何も感情が湧かないし、何も湧かないから何もしない。
そしてこれの一番悲しいのは、こうなったことを悲しいとすら思えないことが何より悲しい。

これもそれもすべては歳のせいで、歳を取ったのがいけない。
原因はそれだけだと思ってるしそう信じたい。

neri3 at 03:06|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年11月18日

驚いた話

格ゲー関連のサイト見てたら前に働いてた会社の先輩がレジェンドプレイヤーみたいな感じで扱われてる記事が出てきてた!
その人が昔格ゲーやってたのは知ってたけどまさかこんな形で見ることになるとは。
しかもその記事には写真も載ってて着てる服も100回くらいは見た服で、本当に何もかもが懐かしい。

思わぬところで思わぬ人を見た驚きと懐かしさですごい興奮したけどこの感じ伝わらないんだろうなー。

例えばおれの友達が格ゲー関連のサイト見てたらいきなり会社の同僚が載ってる記事見つけるとするじゃん?
そしたら「えーマジで!? え!! えー!?」 ってなるじゃん。
すっごい驚くでしょ。
そんでその友達がその話をおれにしたとするじゃん。
まあ思うよね、どうでもいいって。
だって知らねえもんその人。
お前と違ってこっちは思い入れがゼロだもん。
なんも思わねえわそりゃ。

neri3 at 09:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年11月16日

雑然と考えたこと

英語完全上達マップっていうサイトがあって、そこにはこれができるようになるためにはこの勉強法をこれくらいの時間やってください、そんでこれができるようになったら次はこれやってください、っていう感じのことが書かれてる。
こういうのって便利ーって思ったけど、そもそも全ての学問って体系付けて学ぶための手法っていうのがあるんだよな。
本当便利。

そんで思ったのが格ゲーにもそういう体系付けて学べるっていうか、勝つためにはこういう手順を踏んで練習していけば勝てるようになるよっていうのがあると便利だなーと思った。
もしも初心者向けに何か情報を書くときはこういう書式で書いてくと見る側は便利そう。

と、ここまで考えて思う。
格ゲーがe-sportsとか言われだしてきてるし、じゃあスポーツってどのタイミングで体系付けて教えるみたいなこと始まったんだろう、その手順ってどうやって作られれったんだろうか?
なんて疑問に思って調べてみたけどよくわからない…。
どっかでそういう遊びから競技に変換したポイントがあると思うんだけど。
つうか格ゲーにそういうシステマチックに強くなる手段を必要とする人間が少なからずいるっていうのがなんかすごい。
いや、おれが格ゲーを始めた10年以上前からあったんだけど、なんかそのころと今とではその求める強さが変わっているというか。


対戦ゲームは複雑になったおかげで、勝者と敗者の間には門が立ち、その敷居が我らとそれを隔ててしまった。
勝利は遊びの中にはなく、それを求める人間だけが積極的に選択しなくては届かないものになってしまった。
「複雑」だから「判ってる人間」と「判ってない人間」がもちろん出てきて、区別は差別につながりやすくて、偉そうにふるまう奴らが出てきた。
対戦ゲームを楽しむことには特権的な高みが持ち込まれた。



んで、さらにさらに考える。
将棋はチェスの歴史をおっかけてるから、チェスで起こったことが遅れて将棋でも起こるっていうのをどっかで見た。
例えばチェスの世界ではコンピューターがトッププレイヤーを倒したのが昔起こって、それが最近将棋でも起こったみたいな。
そんな感じのことが格ゲーとスポーツの関係でも起こるんじゃないかなと。
ってその前にLOLやらスタクラやらそっちで起こってることが先にくるのかな。
そう考えると次に格ゲー界隈で起こるのはこういうことでとか際限なく考えるとおもしろい。

neri3 at 08:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年11月11日

英文

自分の英語力ってどんくらいなんだろうとNHKの15分でわかる英語力測定テストってやつやってたんだよ。
だいたい問題ってこんなやつ。

俊介くんと美紀さんが話しています。問題は会話のあとに出されます。まず、俊介くんと美紀さんの会話を聞いてください。

なのにリスニング問題の最後だけこれだった。

大学生の英文(ひでふみ)くんは英語日記をつけています。問題は日記を読み上げたあとに出されますので、まず、英文くんの日記を聞いてください。

かっこでふりがなつけてまで英文って名前を最後の問題でだけ使うその意図はいったい…。

neri3 at 01:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年10月13日

フィリピン行ってきたときのこと

人種の話
フィリピンの語学学校にいるのは台湾人、韓国人、日本人。
なんでおれが接した人種の人は現地のフィリピン人、韓国人、台湾人。
この3種類。




フィリピン人
超レイジー!
超陽気!

歌うの大好き。
服屋で服並べながら歌ったり、コンビニでレジ打ちながら歌ったりしてる。
そんでもって歌うまい人多い。

出前頼んだら30分後に「お前が頼んだスープもうないんだけどどうする?」って電話で聞かれたときは、お前じゃあ30分何やってたんだよと思った。
スープの確認くらいさっさとしろや!

授業中に「ごめん電話来たから5分まって」とか、
教室きてから「ちょっとトイレいってくる」と授業始まってるのに行くのは当たり前。

おれはそういう場面に当たるとイラっとしてた。
でもフィリピン人は客のときはそういうダラっとした対応を受けるけど、
自分が働いてる側のときはそういうダラっとした対応を与えるから「まあ遅いけど、おれも働いてるときはそうだからしょうがないかな」と思えて許せるんじゃないだろうか。
働いてる人みんなゆるーく働いてて日本もこうならいいのになぁと思った。




台湾人
ほぼ女の人しかおれの学校にはいなかったんだけど、みんな見た目がめっちゃ若い。
20代半ばかなと思ってると30越えだったりする。
食ってるもんなのか、そういう体の作りなのか、とにかくみんな見た目が異様に若い。

あと女の人はタバコがみんなすごく嫌いだからか、
台湾人の男の人は飲み会でタバコ吸うときはわざわざ店の外行ってタバコ吸う(台湾人の男の人はひとりだけだったからその人がそうなのか台湾人全体がそうなのかは不明)
飲んでるメンツがみんなタバコ吸うときでも外に行く。
礼儀正しい。




韓国人
女も男も酒が強いし好き。
半端なく強い。
韓国人10人くらいと話したり遊んだりしたけど嫌な韓国人とは出会わなかった(お互いに英語できないので突っ込んだ話はできないから、そのせいかもしれないけど)

お酒の混ぜ方がかっこいい!
鉄の箸を片方手に持ってコップに入れて、もう片方の箸でコップの中に入ってる箸をぶったたく。
そうすると叩かれた箸が振動してお酒が混ざる。


一度だけ韓国人の男の子に「日本て軍隊作るの?」って聞かれた。
おれは日本の政治関連のニュースまったく見ないから本当にわからなくて「わかんないけど、たぶん作らないと思う。あと既に自衛隊っていうのがあるよ」といったら「自衛隊って何?」って聞かれた。
自衛隊知らないのな。

話をしてて思ったけど、日本が自衛隊を作るかもしれないっていうのを韓国の男が気になるのは当然だと思う。
というのも韓国は徴兵制があるから。
その男の子も去年まで軍隊に行ってた。

そんで実際に韓国が日本と戦争になったらその男の子は戦地に行かないといけない。
だから日本が軍隊作るかもってなったら作ってほしくないと思うだろうし、その手のニュースには敏感。

対しておれは日本と韓国が戦争になっても別に戦地はいかないだろうし他人事。
日本が軍隊作るかもしれないなんてニュースは知らないし、興味もない。
作っても作らなくてもどっちでもいい。

戦争って韓国人にとっちゃ当事者だけど、日本人にとっては第三者だよなーと話してて思った。



フィリピンで一番人気な国はたぶん韓国。
韓国ドラマ、K-POP、ファッション。
このへんの人気すごい。

逆に日本はアニメはすごい人気だけど日本のドラマ、音楽はぜんぜん認知度ない。
「日本の有名人誰か知ってる?」と聞くとほとんどの人はひとりも知らない。

何人かが知ってた日本人

・佐藤健→るろうに剣心の主演ってことで知ってる人多かった

・小澤マリア→昔のAV女優。「このあいだフィリピン来たって新聞に書いてあったよ」と言われた。なんか普通の女優してるらしい。ちなみに韓国人、台湾人も小澤マリア知ってた。日本人より認知されてんじゃね?

あと台湾人に「一青窈知ってる?日本で有名な台湾の歌手なんだけど」と聞いたら「知ってるけど彼女は歌手としては台湾で認識されてないよ。タレントだね」って言われた。

neri3 at 18:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年10月01日

フィリピン行ってきたときのこと

フィリピンに二ヶ月間、語学留学で行ってきたことのいろいろ。


英語のこと
当たり前だけど二ヶ月行ったくらいじゃ英語しゃべれるようにはならない。
ただ行きは空港乗り換えのとき職員にチケット見せながらディス!ディス!しか言えなかったのが、
帰りは最初の空港で「これ成田までダイレクトで荷物ダイレクトで送ってやろうか?」って聞かれたのを理解できて、乗り換えの空港で職員に「おれって本当にここで荷物ピックアップする必要ないの?」って確認ができるくらいにはなった。

けど英語のドラマ見てもまったくわからないし、当然音楽聞いても何ていってるかわからない。
ツイッターで外人のつぶやき見ても半分わかればいいほう。

そんなわけでフィリピン二ヶ月行ったから、何か具体的にこれできるようになったっていうものはいっさいない。
何も変わらず!

唯一のできるようになったことは本当に超簡単な会話。
そんでゲーセンに行ったときにフランス人がいたんでしゃべりかけてみた。

フィリピン行く前なら絶対にしゃべりかけなかったので、ここは唯一の日本帰ってきてから具体的にできるようになったこと。
ただ三分の一くらいしか伝わらないしわからない。

おれ「このあいだフィリピン行ったよ。英語勉強するために」

フランス人「へーそうなんだ」

この会話した5分後に「そういやなんでフィリピン行ったの?バケーション?」って聞かれたからね!
えー、それくらいも伝えられないんだと愕然としたわ…。


英語で喋ってて気まずかったこと

先生「くぁwせdrftgyふじこlp」

おれ(何言ってるかぜんぜんわかんねぇ…。でもなんか先生ノリノリで話しててわかんないって言いづらいから、話の切れ目でどういう意味か聞こう)

先生「アッハハッハ!」

おれ(!? なんで笑いだした?雰囲気から察するとこいつなんか冗談言ってて、ちょうどオチを言ったから「ウケるっしょこれ!?」みたいな意味のやつかな)

「わかるわかる」みたいな感じで聞いてた手前、ノーリアクションはまずいなと思い、とりあえず合わせておれも笑いながら「ウケるねそれっ!」って言ったら、
先生が真顔で「おれの言ってることちゃんと理解できた?」って聞いてきたときのどうしようもない気まずさったらないね!
そりゃ「う、うん」ってなるよね。


英語できるようになりたいと思ったときのこと

おれがフィリピンに行った一番の理由は暇すぎだったからなので、勉強に対する強い目的がない。
そんで強い目的がないとやっぱり勉強って続かなくて、二ヶ月いたうちの後半一ヶ月は授業終わったら一切勉強しないで毎日飲み行ってた。しかも日本人と!もう授業終わったらほぼ英語しゃべらなかった。

おれが帰る前にやめちゃったおばちゃんの先生が、帰る前にもう一度会いたいからって家に招待してくれた。
この先生はお父さんもお母さんもスパニッシュとフィリピーノのハーフ。
それが関係してるんだと思うけど、この人の英語がおれはマジでぜんぜん聞き取れない。
加えてこの前の日に死ぬほど酒飲んだのも加わって、先生も先生の家族が話す英語もこの日はいつも以上に聞き取れなかった。

わざわざ招いてくれてて、ご飯もおれがフィリピンで見た中で一番豪華なのを出してくれて、
その先生も先生の家族もすごくしゃべりかけてきてくれるのに言ってることが本当に何もわからなくて、
何も返答できないのが本当に死にたくなるくらいに申し訳なかった。

この瞬間がフィリピンにいて一番英語がしゃべりたいなと思った瞬間。
まあ三日くらい経ったら消えるくらいの気持ちだったけどな!


写真は学校関連の写真。
つうか見返して思ったけど何の感想も出ないような写真しか持ってない。
写真ヘタだなおれは。


IMG_20150912_075425


IMG_20150723_162746


IMG_20150828_155310


IMG_20150901_180649


IMG_20150901_180654


IMG_20150912_072354



neri3 at 01:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年07月19日

ぼくも もう いかなきゃ!

ikanakya

旅に出てきます。
9月半ばには帰ってくるよ!

なんか本当にいろんなことが実感ないや。

neri3 at 20:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2015年07月16日

動画をあげたよ

いまさらになっちゃうんですけど動画をあげました。

GGXrd FAB対まちゃぼー10先ガチ感想戦
http://www.nicovideo.jp/watch/sm26717641


今回は見せる人が母親と彼女というまったく格ゲー関係ない二人しかいなかった。
意見もらったり、自分であとから思っりしたいろいろと反省点。


・腰下まで写す。手の動きが見れたほうがいい

・ピントがあってない(らしい)壁にあっちゃってるので、今度からは人座らせてからピント合わせる

・インタビュー動画になっちゃってる。対戦動画をメインでインタビューをサブにしないと見ててキツい

・人に協力してもらったらちゃんとお礼をしないといけない(お礼が足りなすぎるってことをキツく言われた)

・事前に対戦動画を見ておいてもらう

・事前に質問内容を送っておく

・事前にいろいろとやるの超大切

・目標を「見たら役に立つ」にして作ったんだけど「ギルティ知らない人が見ても楽しい」を目指したほうがよかったかもしれない

・X−MANIAのコメンタリー動画見てたら思ったhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm6677765

・彼女に聞いたら10先の動画40分くらいずっと見てもらいながらてきとうに思ったことしゃべってもらって、その中からおもしろいことしゃべってるところをピックアップしたほうがよかったんじゃない?と言われた。それでよかった気がするなぁ……。



まあまた作る時があったら次はもっとおもしろく作れるはず。
これで格ゲー関連のやり残してたことは全部終わったぞ!
しばらくは格ゲーできないんで、ちゃんと終わってよかったー。

neri3 at 18:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年06月24日

絶対的な自信

「あの弱キャラを使っていたら君は今頃低段位だよ」

「バカね。私が使っていたら今頃あのキャラが強キャラと呼ばれてたわ」



絶対的な自信というのはそれだけでかっこいいんだなぁと、
ヒラリー・クリントンを見てて思った。

neri3 at 07:03|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年06月20日

時間ができてわかる自分のダメさよ

jia



あれだけ欲しかった時間を手に入れたのに、

いざ手に入れたらどう扱っていいのかわからず、

ただただ時間が腐っていくのを見てるだけ。

腐っていく時間を見るのは、

時間がないことよりも辛い。




予定だと今年いっぱいは無職でいる予定なんだけど、
なんかずっとギルティして終わりそう。
ギルティ楽しいよお。

neri3 at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年06月18日

弱い奴ほどよく眠る

ミカド行ってXrdで小川さんと対戦。
この日はミカドの大会で初めて優勝したんだよ。
しかもしかも!
戦跡も5勝1敗くらい?だし、すげえ強い人にも大会で勝てたしで、これ今日いけんじゃねという中での小川さんとの1戦目…勝つ!

あれ?おれもう小川超えちゃってた?と思ったら次の瞬間10連敗してた…。
なんなんだよあれ…。


10連敗したところで心が折れてギブアップして終了。
小川先生にアドバイスをもらう。

いろいろとありがたいお話を聞かせてもらったあとに、おれもなんかちょっとでも役に立つことを話せればなと思ったけど、なんせ10連敗してるような試合内容なんでなかなかない。

強いていえばバーストを1回ミスってたなと思ってそれを伝える。
使う場所は間違ってないんだけど、バースト出すのが早いとくらっちゃう箇所なんで

「1回端でバーストミスってましたよね。あそこ出すのちょっと遅めにやらないとガードされちゃいますよ」

と言ったら「いや、1回じゃない。3回ミスったね。ちゃんと覚えてるからね俺は」と返される。


これは他の強い人と話してても思うんだけど、強い人って自分が失敗した部分をしっかり覚えてて、そこを失敗しないように意識する。

おれなんかはなんとなーく、あそこがなんとなーく下手だったなーみたいな感じで捉えちゃうんだけど、強い人っていうのは具体的な部分で覚えてるっていうか、なんかそんな感じな気がする。


あとは本当に細かい部分まで詰めてる。
けん制の振り方ひとつでもすげえ考えてる。

例えばギルティに限らずウル4とかでも、相手が前にきたら技を置いとくじゃん?
いわゆる置き技。

それにしても相手が前にきて技を置くのと、相手が前にきたら微妙に前に出てから技を置くのでも読み合いは変わる。
そういうけん制の振り方ひとつにしても細かく詰めてる。


強い人っていうのは他の人よりもいろいろなことをたくさん考えてるんだなぁと思った。
いまさら。

neri3 at 04:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年05月28日

ゴールが遠すぎると一歩目が踏みだせない

今年はじめくらいから英語を勉強しはじめて、無職なってからも継続してやってるんだけど成長した実感がまったくない。
マジで、まったく、ない。
そんなに超頑張ってやってるわけではないけど一応もう半年くらいやってるんだよ?
なのに成長ゼロ。

始めたきっかけは格ゲーの配信で格ゲーの実況が何言ってるかわかったらおもしろいだろうな。
あとYouTubeの外人が投稿してる英語わかったらおもしろそう。
こんな理由なんでゴールとしては外人がしゃべってることがわかるようになること。

だけどいまだにまったくわからない。
1ミリもわからない。
たまーに「あ、この単語知ってる!」って思う瞬間があるくらい。
つまりはやる前と何も変わってない。


今まで何かを新しく始めたときってまあ数ヶ月もやればなんらかのできるようになったっ実感があったんだけど、英語に関しては本当にない。
働いてるときで1日1時間くらい、無職なったここ1ヶ月くらいのあいだは1日3時間くらいはやってるんだけどまったく実感なし。

そこでなんとなく「英語 習得時間 平均」で調べてみたら出てきた数字、3000時間!
http://www.etn.co.jp/approach/period.html

フリーザに「私の戦闘力は53万です」って言われたときのクリリンと同じくらい衝撃だったわ・・・。
いや普通に無理でしょ。
絶望すぎる。
つうかレベルカンストまでそんくらい必要だったらそりゃこれっぽちじゃ成長の実感もわかねえわ。


上記のページには総合で3000時間だけど、だいたい中高で1500時間くらいはやってるだろうから、あと1500時間はやらないとダメだよって書いてある。

けどたぶんおれは中高に1500時間も英語の勉強やってない。
英語の時間は寝るか小説読んでるかどっちかしかしてなかった。
だからまあ500と仮定して、残りが2500。

1日3時間勉強したとすると800日、2年ちょいくらいで消化。
無理だわ・・・。
「今やってることは2年後くらいに報われますよ」って言われてできるわけないじゃん。
一ヶ月後でも微妙だわ。

あと上記のページに「1回1時間の英会話学校に週2回通った場合、単純に計算すると14年はかかります」って書いてあるんだけど、英会話教室行ってるやつらはもうみんなすぐに英会話教室やめちゃえばいいと思う。



一応英語習得の目標としては弟の子供(1歳)が日本語しゃべれるようになる前に覚えようと思ってたんだよ。
まあさすがに負けないだろと思ってこの目標にしたんだけど、3000時間かかるってなると負ける可能性大だわ。
おれは勉強しないと経験地入らないのに、子供は生きてるだけで常に経験地入るチートアビリティ持ってるし。
ちょっとやりあうにはキツい。

そんな話を彼女にしたら

「じゃあもう間違ったこと教えるしかないね。笑顔でダメだよって言ったり、ご飯食べるときにおはようございますって言ったりして成長をちょっとでも遅らせるしかないんじゃない?」

って言ってたんだけど、その発想はちょっとこわい。

neri3 at 14:46|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年05月22日

ほんわかした話

昔からネット上でのみ付き合いのある人が、ツイッターでXrdの熱帯やってるっぽいことをつぶやいてたんで、誘って対戦。
1時間くらい対戦したんだけどボッコボコにされた。

たぶんボッコボコすぎたからだと思うんだけど「このあと時間あるならスカイプしながらオンライントレモで教えてあげるよー」と言ってくれた。
時間だったら捨てるほどある、つうか実際毎日大量に捨ててるし、っていうことで快諾。
スカイプで話しながらオンライントレモでいろいろと教えてもらってた。

この人とネット上での付き合いはもう8年くらいになる。

もともと8年くらい前にギルティの雑談掲示板みたいなところでミクシーを招待してもらって、そんでミクシー寂れてそこで1回交流が途絶えてる。
そのあとおれがツイッター初めて、しばらくしたらその人がミクシーのときと同じ名前でやってたんでフォローする。
そして今に至る。

西のほうに住んでる人だそうなんだけど、当然会ったこともなければツイッターで関わることもほとんどない。

8年間ずーっとそんな感じで、特に関わるわけでもなくうすーく繋がってただけなんだけど、そんな人とギルティ対戦して、スカイプで話すってするってなんかすごいなと思った。
例えるなら8年間ずっと文通だけしてた人と実際に会うみたいなそういう感じ。


ゲームやってるとこういう良いこともあるんだなと思った。

neri3 at 02:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年05月20日

1回目がうまくいったし、そしてなにより暇すぎるし、またFAB対まちゃぼーみたいなのをやろうと思ってたけどいろいろとうまくいかず、ごたごたしてたら他の人がやるみたいなんで、被るのもアレだなぁということで中止に。
声かけた人には本当に申し訳ないことをしてしまった。

イベント盛り上がってほしい。
ミカドでやってると感じないけどXrdはやっぱりオワティだし。





しかしこれでやることまたひとつ減ったわけだけど本当に何しよう。
時間があるとあるだけギルティやっちゃうんだけど、絶対よくないよねこれ。

コンビニでバイトでもしようかな…。

neri3 at 04:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年05月10日

ヤサシイオトナ

akkenai


ありがたいことにおれの送別会をやってもらったので、お世話になりましたと先輩方に挨拶をする。

おれは会社の中で一番年下で、
そして自分でいうのもあれだけど、本当にクソガキだった。
いろんな先輩と言い合いをたくさんしたし、先輩への態度も同年代の友達と接しかたとほぼ変わらないような接し方だったし。

だからだと思うけど、一部の人にはすごく嫌われたし、逆に一部の人にはすごくかわいがってもらった。
こんな自分のような世間知らずに良くしてくれたのはありがたいことだなと、送別会の最中に思ってた。


「最後にこういうこと言うのもあれだけど、もう何回も言ったけど、いっつも80%くらいの力しか出さないじゃん。あれ本当にもったいないなと思うんだよ。もっともっといい仕事できるはずなのになといつも思ってて。あれだけはもったいないなと思ってたよ」

ひとりの先輩にこんなことを言われて「いやいや、買いかぶりすぎですよ」と答える。

おれは5時間かけて120点の仕事するなら、2時間で80点の仕事をすればいいじゃんて思ってて、そのことを「出たよ効率厨w」とよくからかわれてたりしたんだけど、そういうところからきてる言葉なんだろう。

もうひとりの先輩がこう言う。

「でも100%の力を出すって、その仕事を本人が好きと思わないとできないことじゃん。だからそれって結局はそこまで思わせることができなかった俺らの責任だし、それを俺は申し訳なく思ってるよ」

この言葉を聞いて二人とも本当にやさしくて、おれは子供でこの人たちは大人なんだなぁと思った。


最後に「あーあ。明日からつまんなくなるなー」と先輩が言ってて「何いってんすか。散々いじめてきたくせに」と軽口たたいてたけど、内心ではそれはおれのほうが強く思ってるよと思った。
もしできるんであれば、この人たちとずっと働きたかったな。
たぶんこんな感情を持つのはこのタイミングとこの場所だったからで、この先二度とこんなことは思わないだろう。



しかしそれなりな時間働いたけど、終わってしまえばやけにあっけなく感じるもんだ。

neri3 at 03:37|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2015年05月01日

長い長いゴールデンウィークの始まり

fadjkh


長い連休あってもやることないから、ほとんどの場合は休日出勤してあとで代休もらっててきとうな時に休む、っていうのをやってる。
だからいつもゴールデンウィークなんて名ばかりのゴールドどころかシルバーにも達しない、
「あぁ確かによく見るとここにメッキ貼ってあるんですねぇ。だから気持ち光って見えるんだ」くらいの連休だった。

だ・け・ど!
今年のゴールデンウィークはいいよ!
超輝いてるよ!

まだはっきりとは決まってないんだけど最低でも100連休はあるね。
しかも場合によっては200連休、300連休もぜんぜんある。

つうかつうか!
これもしもゴールデンウィークが365連休まで伸びたらゴールデンウィークからゴールデンウィークがつながるじゃん!
そしたらもう、えぇ!?
ヤバくない?
ずっとゴールデンウィークじゃん!

まぁ、ひとつだけ問題があるとすれば、数日の連休ですらやることないからって休日出勤してたくらいだった奴が、こんだけ長いゴールデンウィーク何すんだっていうね!
・・・いや、本当何しようかね。

neri3 at 19:08|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2015年04月28日

もうすぐ春も終わる

なんだかんだでXrdが楽しくてけっこうやってる。
やってる場合じゃないはずなんだけどね・・・。

しかしミカドいくたびに思うけどおれは弱いなぁ。弱いとダメだなぁ。
知らないことが多すぎるところからつぶしてかないといけない気がする。
いまだにスレイヤーの裏に回る新技がどういう技なのかもわかってないレベルだらかね。
調べれば一瞬で出ることなのに。

Xrdなって初めてミリアつかって強いカイの人と対戦したけど、思ってたよりもヤバくなかった。
動画見てる感じだとメイとカイがヤバそうだなと思ってたけどまあまあ。
意外といけるっぽい。
まあいけるっぽいっていいながら5回に1回くらいしか勝てないわけだけど。

ミカド行ったときに小川さんと話してたら、前にFAB対まちゃぼーの10先ガチのときに撮った小川さんのインタビュー動画をすごい気に入ってくれてるみたいで嬉しかった。

「あれ8000再生もいってるでしょう。本当誰が見てるんだろうね」と言っていたので、再生数をチェックしているみたいだった。
こういうのはとても嬉しい。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm25623339


また6月くらいにでもなんかやれたらやろうかな。
どうせそのころ暇だろうし、動画作りたい欲もたまってきたし。
ただいろいろと考えれば考えるほどギルティプって人気ないゲームだなと実感させられる。



もうすぐ春も終わる。

neri3 at 01:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月17日

ミカドへ行った

なんとなくミカドに行く機会もあんまりなくなっちゃうかもしれないなと思って、FAB対まちゃぼーのやつ以来にミカドへ。


ミカド着いたら小川さんがいてちょっと話してから対戦。
ミリア対ザトーはザトー側がやることものすごく難しくて、またザトーは自分でも使ってたからわかるんだけど、小川さんうますぎ!
たまーに1ラウンド取れるだけで2ラウンド取れることなんてない。

5連敗くらいしたところで大会始まるからってことで対戦終了。
そんでちょっと話をする。

「今回のミリア最強かどうかちょっと怪しいよね」と小川さん。

「すいません、ぜんぜんやってないんでわかんないんですけどそうなんですか?」

「やっぱりDAAが弱くなったのが大きいね。今回のミリアは安定させるのすごく大変だと思う。まあでも大丈夫。今回ザトーとミリアの2強だから」

「エルフェルトは入らないんですか?」

「入らないよ。あのキャラ強くないから」

エルフェルト弱いって嘘でしょと思ったのと、どうでもいいけど「エルフェルト強くないから」と言ったときに小川さんがドヤ顔してた。

「えー、本当ですか?」と疑わしげに小川さんに聞くと「本当だから。他の人に聞いてみなよ」と言われたけど、知り合いなんてほとんどいないおれに気軽に聞ける人がいるはずもなく…。

そうこうしてるうちに大会が始まる。
久しぶりに大会出てみたらシンに何もできずボコされてあっというまに終了。
ランダムチーム戦で知らないひと2人と出たんだけど、いい人たちでとても楽しかった。


そのあと野試合で知り合いがソル使ってて、Xrdぜんぜんやってない奴だし、ソル戦だけは数やってるからいけるっしょと対戦。
ソル戦はけっこう対策もしてるし、対戦もしてるし、相手はやってないし、まあ余裕だろうなーと思ったらまさかのまさかの5連敗な。
いやー、びっくりしたね。自分の弱さに。

え、嘘?おれってこいつに勝てないくらい弱いんだと思ったね。
そのあと対戦こなしてったら最終的には勝てるようになって、あれやっぱりいける?おれ強い?と思って、有名人のソルに乱入したら本当に何もできないで負けた。


ミカド勢の知り合いがいたんでキャラランクのことを聞く。

「今回の最強キャラって誰なの?」

「うーん、難しいなー。バランスいいからな今回」

「じゃあ最強じゃなくてもこいつは絶対に上位には入るってキャラを1キャラ教えてよ」

「まあ上位に入るキャラだったら、まあスレイヤーだなー」

マジで?

neri3 at 02:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月07日

そりゃまあ、軽くはなったけど

afaa


マンガ読みながらふと思う。
昔の自分に「小説は年に数冊しか読まなくなったし、格ゲーもほとんどやらなくなったよ。動画はたまーに作るけど、作りたいから作るってよりは必要に応じて作ってるだけだよ」と言ったらどんな顔するんだろう?

neri3 at 00:40|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

2015年04月02日

Xrdまだやってるよ

Xrdを1ヶ月くらいやってみて思ったこといろいろ。


ゲーム性
稼動初期にやったときはずっとつまんないと思ってたのがなんだったのか、けっこう楽しい。
もちろんもっとこういうゲームだったらいいのになーと思うところは多々あるけど、一番はブリッツを起き上がりに出せるのいらないと思う。
ミリア使ってるからかな?


情報が集めにくい
昔はしたらば見れば大抵の情報は得られたんだけど、今は情報があるのがしたらばじゃなくて個人のツイッターになってるのが原因。
したらばのミリアスレは有益かどうかはおいといてもミリアに関する情報しかのってないけど、個人のツイッターは「こんなことをした」、「こんなことを思った」という、ミリアに関係ないつぶやきがあるせいでどうにも情報を集めにくい。

有益なつぶやきだけをまとめたものがあればいいんだけど、残念ながらそんなものもないので困る。
自分で集めればいいんだけどめんどい・・・。



強い人と対戦がしづらい
Xrd自体を始めたのは最近でもギルティシリーズやってた経験のおかげで、普通に熱帯やってると8割くらいの人には勝ててしまう。
しょうがないので強い人を探すんだけどランクマがあまり流行ってないせいで、段位で強いかどうかを判断しづらい。
そういうおれも一度もランクマやってないから段位は初段だし。
それに加えて今はアケと家庭用のバージョンが違うから本当にガチでやってる人はゲーセンでやってるっぽくて、そもそも強い人の数が少ないっぽい。

強い人とツイッターで交流して熱帯で対戦するというのが一番早いんだろうけど、そんなダルいことしてまでやんなくてよくね?と思ってしまう。
知り合いで同じくらいの強さの人がいればいいんだけど仲良かった人ほとんどギルティやめちゃったしね・・・。



たくさん負けて、がんばって強くなるぞ!ってならないと楽しくないな。
負けたときに悔しいと思えるか怪しいけど。
1ヶ月後くらいにはフェードアウトしてそうだなぁ。

neri3 at 01:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月12日

後悔しながら全力パンチ

お互いの意見に行き違えが生まれ、お互いの主張を言い合っているうちはまだいいんだけど、
これがその事柄に関係のない誹謗中傷を言いはじめ、ついには殴り合いにまで達するようなことになるともうダメだな。

誹謗中傷の言葉を言う時に「これを言ったらもう仲直りできないぞ、いいのか?」と心の中で思いながらも罵詈雑言を相手に言う。
殴る時もこれ殴ったらもうあとで仲直りは絶対にできないぞと思っている。

でも一度振り上げた拳を黙っておろす事もできずに相手をぶん殴る。
ぶん殴ればむかつきが晴れるかといえばそういうことでもなく、後悔の念が心に広がる。

と思ってるところに、今度は相手がおれのことをぶん殴る。
相手は相手でむかついてるんだからそりゃ当然だ。

けどぶん殴られたらさらにむかつくからこっちも殴り返す。
殴り返したらまた相手も殴ってきて、また殴られりゃまたムカついて、また殴って、殴られて、殴って、殴られて…。

そうした殴り合ってる最中にもここまでの殴り合いをしたら絶対に関係の修復はできないし、今すぐにでも殴るのを止めたがほうがいいよなと思うも、止めることもできずにまたぶん殴り…。


嫌いな相手だったら別にどうでもいいんだけど、それが好きな相手とちょっとした、どうでもいいことから始まった喧嘩だとこういうのはとても良くない。
一度振り上げた拳を静かに下ろすことが一番両者にとって得というのはわかってるんだよ。
喧嘩してる最中だって殴ってる最中だってわかってる、わかってるんだけどね。


あの後悔しながら殴ったときの感触は本当に後味悪い。

neri3 at 01:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月09日

Xrdはじめた

FAB対まちゃぼーガチがすごいおもしろかったから、って自分で言うのもあれなんだけど本当にそれ見ておもしれーと思った勢いでXrd買った!
つうわけでやってみた感想。

熱帯ラグい。どんくらいラグいか表示されてて、それがだいたい2フレなんだけどなんかすごいラグい。
たぶん2フレはいいほうだと思うんだけどラグい。
もしかしたら熱帯ラグいとかじゃなくてXrdのもっさりをラグいって思ってるのかもしれない。


ミリア使ったからっていうのがあるのかもしれないけど、このゲーム対空できないし対空されなすぎてスマブラやってるみたいになる。
なんか位置取りをうまく取るゲームみたいな。
相手の飛び見てから対空技出して落とすっていうのがこのゲームあんのか?
読みで対空技置いといて落とすしかできないんだけど。


たぶん対空は空投げをメインに使ってくべきなんだと思う。
しかしおれは10年くらいギルティやってたのに空投げが本当にできない・・・。


ラグで一番影響受けるのはファジー。
タイミングがズレてんのか、くらわないはずの技をくらいまくる。


まだなーんもわかんない状態なのでしばらくは先人が開拓してくれた攻略を見ていこう。

neri3 at 02:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月05日

昔はおれもくじらだった気がするけれど

ツイッターのタイムラインでやたら「リトルノア」って言葉が出てくるんで、なんだろうと思ってPVを見てみた。




なんかすごくいい!
3回も見てしまうくらいによかった。
キャラの造形と世界観が好きだ。

ただここまでいいなと思っても、もしやってみてハマっちゃったときにたくさんの時間をこのゲームに費やすことを思うと手が出せない。
おもしろそうだからこそ手が出せない。

今やらないといけないこと、やりたいと思ってることがいくつかあって、例えば勢いでXrd注文しちゃったし、ひと段落したらやろうと思ってた動画のソフトいじりたいし、勉強したいこともあるし。
そう考えるとおもしろそうでも手が出せない。

じっさい家での行動の8割はネットダラーとやってる時間で、なにひとつとしてやってないのに、つうかやってないからだからなのか、新しいことを始めようかなと思うと、「やろうと思って放置してるこれら全部置いといてそれやんの!?」っていう声が聞こえてきて罪悪感を感じて、どうにも始められない。

じゃあ今積んでいるもんをどんどん消化して、新しいもんをどんどん積んでいけばいいじゃんてなるんだろうけど、やったときの大変さを考えるとどうにも行動する気がおきない。

勉強って最初はひたすら作業だからつまらないけど、その基礎があったうえでの応用問題に入ったときから楽しくなる。
時間が経てば経つほど楽しくなっていくことはわかってるんだけど、その最初の部分がどうにも乗り越えられない。

おれも昔はいるかくんみたいな人間だった気がするんだけどなー。



「おもしろそうだけど、むずかしそうだね」
と、くじらがいった。
「むずかしそうだけど、おもしろそうだろ?」
と、いるかがいった。

工藤直子『ともだちは海のにおい』


neri3 at 02:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月28日

FAB対まちゃぼー10先ガチというイベントを行った

思ったこといろいろ雑多に。


海外のこと

海外で毎回EVOの実況してるJames Chenが以下のアドレスでミラーをしてくれたっぽい。
確認できないけどつぶやき見る限りではしてくれたみたい。
https://twitter.com/jchensor

あとはJoseって人も以下のアドレスでミラーをしてくれた。
https://twitter.com/MFBiscuits

joseがミラーしてる配信の映像はようつべにあがってた。
https://www.youtube.com/watch?v=d6fZf7sVvVI


このようつべの動画見ると日本語実況が邪魔だからか、ゲーム音は消してミラーしてるのね。
次やるとき海外向けにtwichでもやるとたら、もしできるんであれば日本語の実況は入らないように配信しよう。

って思ったけど、日本人でもニコニコ追い出されてtwichで見てた人がけっこういたっぽい。
それ考えると

・ニコニコあぶれたようの配信箇所をもう一箇所(実況あり)
・外人用のtwichを一箇所(実況なし)

これがベストなのかな。
まあここまでしといて今回がたまたまうまくいっただけで、次やったらそんなに人来ないし、外人もミラーしてくれないってなったら、これらの気遣いも全部無駄になるんだけどね。

ただこういう「こうしたらもっと良くなるだろう」というのを考えてる時と、その思惑がうまくいったときだけはとても楽しい。



ゲーセンのこと

今回ゲーセンから場所を借りて行ったわけだから、もっとゲーセンにうまみのある仕組みを作っとけばよかったんだと後から気づいた。
配信で見るよりも、ゲーセンにきて生で見たほうが得があるよという仕組みを何か作れればいいんだけど。
なんだろう?
なんも思い浮かばないけどなんかあると思うんだよな。


格ゲープレイヤーの名前

「まちゃぼー」みたいにひらがなだけの名前は、動画で表示するときになんかしまらないのでよくない。
ただエゴサーチしやすい。

FABというアルファベットだけの名前は海外のかっこいいフォントを使えて動画作る上ではとてもいいのだけれども、エゴサーチがしづらい。


つうわけでエゴサーチしやすくて、なおかつ動画映えする名前が最強だと思った。

ちなみに大爆笑コーラという名前は長いため、略されて表記されることが多いからダメ。
「コーラさん」とか書かれるとエゴサーチしても引っかからない。

これからの時代、何かの名前つけるときはエゴサーチしやすくSEOに強い名前にしとくと、後々良かったと思うときがくるかもしれない。


格ゲーイベントを個人がやること

こういうイベントを個人が思いつきでやるっていうのは、もう少し経ったらできなくなる気がする。

FABさんとまちゃぼーさんというのはギルティの中ではかなりトップに位置する二人なんだけど、じゃあ同じようにウル4でトップに位置する人の二人にこういうのやりたいとお願いしたら、絶対にお金を請求されるだろう。
そしてその流れというのはXrdにも、もしかしたらくるかもしれない。

その流れは誰かがXrdのトップ層に「お金を出すんでうちが主催するイベントに出てくれませんか?」と言葉に出した瞬間から始まるのかもしれない。

そう考えるとこのタイミングで、自分ができるのがXrdだったというのは運がよかった。
まあウル4とXrdじゃ人気が何倍も違うからなんともいえないけど。


このイベントで得たもの、失ったもの

失ったもの→お金2万くらい(カメラ代含む) 1ヶ月間の土日休み全部
得たもの→満足

満足とういのはとても高価なのです。


お金のこと

別に格ゲー使って金儲けしたいとは思わないけど、イベント開くたびにそのイベントでかかるお金くらいは回収できないかなと思って調べてたらおもしろいのが出てきた。

OgreLive - 第一回 クラウドファンディング型マッチングプロモート
http://ogarabu.blog.fc2.com/blog-entry-254.html

おもしろい。
これを基準におもしろい仕組みをなんか考えられそう。


格ゲー
今年入ってレバー触ったの4回だけなんだけど、このイベントの日に久しぶりにギルティやったら意外と勝てておもしろかった。

友達におれ今日帰りにこのままXrd買うのぜんぜんあるわ!って言うくらいにおもしろかったんだけど、まあ案の定買わないよね。
やればおもしろいんだろうし、値段もぜんぜん買っていい値段なのに、なんか買わないんだよな。
今年5回目にレバー触るのはいつになるやら。
もしかしたらもう今年は触らなかったりしてね。



しかし終わってみればなんともあっけないもんだ。

neri3 at 01:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月27日

FAB対まちゃぼー10先ガチというイベントを行った

前回の記事の続き

10先ガチのためにインタビュー動画を撮りたいんだけど残り6日の時点でまったく連絡とってない。
とりあえず小川さんに連絡とってみる。
そしたらぜんぜんいいですよーって感じで、火曜日ミカド行くかもしれないからもし行ったらそんとき撮っていいですよとのこと。
ちなみにイベントやるのは土曜日。
まあギリギリアウトだよねー。


火曜日小川さんのツイッター監視しつつ仕事してたら小川さんがミカド行くってつぶやいたんで、おれも仕事てきとうに切り上げてミカドへ。

当然撮る場所なんてないからあんまり人通らなそうな駐車場で撮影。
この日は雨降ってて、しかもけっこう寒いという超悪条件。
そんな中嫌な顔まったくしないでインタビューに付き合ってくれる小川さんマジイケメン。

よっしゃ、さっさと撮るでーと思ったらアクシデント!
なんとカメラにSDカードが入ってない。

小川さんに「すいません、ちょっとミカド戻っててもらっていいですか」と言い、速攻で近くにあったドンキへ。
SDカードとか家に1枚あるから買ってももう使わないし、でも買わないでやっぱ今日は撮影なしで!とかいまさらいえないし・・・、そんでまあ買うよね。当然。

SDカード1枚1200円でした。
やったところで金が入るわけでもないんだから、あんま金使いたくないのになぁ。

そんでもって再び小川さんと駐車場行って撮影。
映像はまあいいとして、音がちゃんと撮れるか怖かったんで小川さんの胸ポケットにおれのスマホを録音アプリ起動させて入れておく。


そんでまあ撮影は5分くらいで終了。
ミカドいっしょに戻ってちょっとXrdやって帰宅。
これで火曜日が終了。
土曜日まであと4日。


水曜日は小川さんのインタビューさらっと編集したろと思ったら、たまたま弟が嫁さんと家に帰ってきてるんで、いっしょにご飯食う。

そんでちょうどいいやと思ってインタビュー撮影。
そのあと昨日こんなん撮ったよと小川さんのインタビュー動画見せたら、10先どっち勝つと思うかって質問に「6:4でFAB」って答えてるところで爆笑してたんで、ここっておもしろいところなんだと気づいた。

そこで編集のときには、「6:4でFAB」の部分は本当はインタビューの最初の部分だったんだけど、最後にしたほうがおもしろいかなと最後にしといた。
人に見せんの大事な。


木曜日。
仕事終わって家帰ったら即効編集終わらせようと思ってたら、なんと風邪をひいて熱が出る。
熱ある状態で残業させられてヘロヘロなって家に帰宅。
土曜日がイベント当日だから今日編集しないとヤバいと思ってパソコンつけるも、つけただけでそのまま死んだように眠る。


金曜日
イベント前日。
午前中は体調悪くてこれどうしようと思ってたら、午後には良くなった一安心。
家帰って即効で編集。
30分もあれば終わるだろうと思ったら意外と時間がかかってできたのは夜11時くらい。
そっからただ公開するだけよりはニコ生してそこで流したほうがいいだろうと、ニコ生して流す。

ニコ生終わらせたあとは、どうしても当日にこのイベントに対するツイッターのつぶやきをまとめた動画が流したかったのでその動画を作る。

だいたいこんな感じだろっていうのが頭ん中にあったからそっこうできると思ったらできたのが土曜日、イベント当日の朝の8時!
そっから寝て12時くらいに起床。
15時には高田馬場つかないといけないんで14時くらいにフラフラなりながら家を出る。


そんでまあいざ行くと配信の準備は全部やってくれてるしで、おれは特にやることもないのでXrdやってたらFABさんとまちゃぼーさんが到着。

そしてここで初めてまちゃぼーさんと会う。
このとき急に、面識まったくない人に随分なお願いをしたもんだなぁと思う。


「ミカドに見にいくよ!」っていうつぶやきちょこちょこ見たし、当日見に来る人結構いんのかなと思ってたら、まあこんなもんかっていうくらいの人しかいなくてちょっとがっかり。

別に配信あるしまあわざわざ見に来る意味もないよねと思ってたら、なぜか16時になったとたん急に人増えてびっくりした。

最終的にはそこそこ、おれ的にはこんなに見にきてくれてありがとうございますってくらいは人が集まってた。

10先内容は本当にすごいおもしろかった。
この世にいる誰よりもおれが一番待ち望んでたのと、それまでたくさんあったやらなきゃいけないことがやっとなくなった状態だったからね。

たぶん初めて格ゲーの対戦をキャーキャー言いながら見た。

neri3 at 01:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月26日

FAB対まちゃぼー10先ガチというイベントを行った 続・動画地獄編

前回の記事の続き

そんなこんなでまったく完成しないまま開催日10日前の2月11日水曜日。
この日は祝日なので朝からガッツリ作業ができる。
さすがに10日前にはあげないとヤバい!

この10先ガチが決まったのが一ヶ月前、そしてそれから開催日10日前までの20日間、おれは参加する両者にまったく連絡をとってない。
そして別にツイッターで告知もしてないので二人からしてみれば「本当にやんの?」状態だろうし、いつ「動画作るって言ってたけどあれいつあがるの?」って連絡がきてもおかしくない。

そこで超焦って作業するも、やっぱり全部作り直しはキツすぎて終わらないで祝日終了。
しょうがないから次の土曜日、本当は仕事あったんだけど有給をとって土日に作業。
土曜日に朝7時くらいまで作業、日曜日は11時くらいに起きて作業。
もう一週間前過ぎてるしこの日曜日にあげないと平日は作業できないからもうあげる時間がない、つうことでもういいよここはこうで、あぁもうここもこれでOK、つうか全部OKと、もうこだわってらんないんでガンガン作っていく。
最後まで決まらなかったこのイベントの名前は「Battle Century」にする。
しかし使おうと思ったフォントが大文字しか入ってなくて全部大文字で「BATTLE CENTURY」となってしまう。
そもそもその選んだフォントだってそんなにお気に入りってわけでもないんだけど、もう新しいフォント探すのもめんどいからそのままで。
けっきょくここで中途半端に決めた名前だからなんか恥ずかしくて、この「BATTLE CENTURY」って名前はほとんど使わなかった。
でも今にして思えば恥ずかしくても使えばよかったなとも思うけど、「FAB対まちゃぼー10先ガチ」のほうがパッと見ただけで内容わかる名前だし、やっぱり使わなくてよかったのかな。
まあ微妙。

そうして6日前の夕方という、ギリギリアウトな時間にやっと完成。


ここでやっとひといきと、なる暇もなく今度はインタビューを撮らないといけない。
もう一応大会のトレイラー?PV?みたいのはあげてるんで、最低限のところはクリアしてるんだけど、インタビューは絶対に撮りたかった。

なぜかというとこのためだけにわざわざカメラを買ったから!
一万も出して!(ちなみに1万というのは超安い。7年前のカメラを中古で買って1万円)

しかし6日前の時点で、まだ誰のインタビュー撮るかも決めてないし、なので当然誰にも連絡も取ってないというかなり詰んだ状況。



作った動画のこと
自分ではいい加減に作ったもんだからビクビクしてあげたんだけど、意外にもかっこいいという意見がチラホラあってよかった。
とはいえ良くないと思った人は「かっこわる!」とはわざわざ書かないだろうから、かっこいいという意見しか出ないんだろうけど、まあそれでもかっこいいと言ってくれる人がいて良かった。
ただ次作るときはもっと違う形のを作れるようにしたいなぁ。
次があるのかわからないけど。

neri3 at 01:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月25日

FAB対まちゃぼー10先ガチというイベントを行った◆‘芦菽蝋編

jiaa



一つ前の記事の続き。

イベントやるにあたって動画作るってことで、公開するのは10日前くらいがいいかなと考えた。
ところがこの動画作りがいくらやって終わらない!

21日が開催日だったから2週前の8日の土曜日に公開予定だったのに、土曜日一日中作業しても終わらない。
そんで次の日の日曜日も1日作業するもやっぱり終わらない。
しょうがないから次の日に仕事があるのに日曜日の夜もずっとずっとずーっと作業。
そしてやっと終わったのが日曜日の深夜4時。

動画作りは主に以下の4パートを作るという作業だった。

・最初のパート。けっこうどうでもいい箇所。10先やるよーっていうのを伝えるためのパート

・FABさんパート。FABさんてこんなすごいんだよーっていうパート

・まちゃぼーさんパート。まちゃぼーさんてこんなすごいんだよーっていうのを伝えるパート

・最後のパート。見てる人を盛り上げるところ。こんなすごい二人が対戦するんだ!と思わせるためのパート


この4パートは全部独立して個別に作ってて、急いでるせいもあって全部を通して見るというのは一切してなかった。
まあとはいえ個別のパート毎には何度も見直してるし、別に何の心配もしてなかった。
そんでいざ全部のパートを通しで見てみるじゃん。
言葉を失ったよね。
ゴミすぎて。

何回か通しで見直してやっぱりゴミで、寝てた彼女を起こして見てもらう(彼女んちで作業してた)

「正直どう?」

「うーん・・・」

「いや、あの本当正直に言ってほしい。それがおれのためだから」

「・・・まあ、盛り上がるところが、ないよね」


そんでそのあともうちょい詳しくどこが悪いかを聞いて、何が悪いのかを把握する。
・・・これ全部ダメだ。
っていうことはこれ今から全直しすんの?えー、マジで?もう朝4時なんだけど。
寝ないで会社行くとしても作業できるの7時半までだし、というか寝ないで会社行かないといけないの?
つうかあんなに一生懸命に作ったもんがゴミって・・・。
あんなに一生懸命作ったのにゴミって。
そりゃあ頑張ったらいいもんができるわけじゃないけど、ないけどさぁ・・・。


そんなことを思いながら自分の動画を見てたら泣きそうになった。
このときの絶望感は半端なかった。


参加してくれる2人に電王戦みたいのやりたいといった以上、何かしら動画を公開しないといけない。
なんで「電王戦みたいのやりたい」としゃしゃったことを言ってしまったかな過去のおれは。
何度もそう後悔した。

ゴミとはいえ一応形にはなってるからこのまま公開しちゃえば、自分の名というか名誉?っていうか、そういうのが落ちるだけだし公開しちゃおうかなとも思ったけど、それも嫌だし、参加してくれる2人にも申し訳ないし、でもたぶん「お前動画それゴミじゃね?」とはさすがに言わないだろとも思ったけど、でもなー、これをこのまま公開はさすがになーと、なんだかんだで朝の七時半まで結局修正する。
しかし変わらずゴミのまま!

しょうがなくゴミをゴミにしたままで一睡もしないで会社へ行くことに。
この時点で公開予定日すぎてるのに、動画は修正される気配なしという絶望状況。

neri3 at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月24日

FAB対まちゃぼー10先ガチというイベントを行った

以下やってて思ったことを断片的に。


XrdでFAB対まちゃぼー10先ガチしてもらって、それを配信するというイベントを行った。

やろうと思ったきっかけはニコニコでやってる将棋の電王戦がすごいおもしろくて、これ格ゲーでやったらおもしろいんじゃね?というの。

格ゲーのイベントってイベント当日の前後を盛り上げるってことをぜんぜんしてないから、そこのところをしっかりやればすげえ盛り上がるんじゃないかなと思った。
そんで幸いにも動画作るのできるし、これ絶対やったら成功するわ!とずっと思ってて、周りにもこういうのやったら絶対成功するっていう話をしてて、するたびに「じゃあやればいいじゃん」といわれて「うん、まあ・・・、そうなんだけどね」とてきとうに濁してたんだけど、いろいろあって動いてみることに。


今回やるに当たってXrdやってない人が見てくれる内容にしたいなというのがあった。
まちゃぼーさんはスパ4で活躍してたし、FABさんはウル4勢でも知ってる数少ないギルティプレイヤーなので(他に知られてるのは小川さんと、どぐらさんくらいだと思う)
このふたりに声をかけた。

声をかけてみたらすんなりOKしてくれて意外だった。
どちらかといえば人望がないほうだからめんどくさがられるかなと思ったけど、意外とすんなり。

「よくもう格ゲー引退したまちゃぼーさんがOKしてくれたね」と何人かに言われたけど、「いいですよー」とすごい気軽にOKしてくれた。



まちゃぼーさんの天才エピソード1

「参加してもいいけど、今ぜんぜんXrdやってないからちょっと期間が欲しい」というので、
「どれくらい空けたほうがいいですか?」と聞いたら「来週でいいですよー」と帰ってきて笑ったw
早すぎだっつうのwww



この10先のイベントやりたいから出てくれないかと二人にお願いするときに、将棋の電王戦みたいなのやりたいとと思ってるって言ったんだけど、これが本当に失敗だった。

なぜならこれを言っていなければ、最悪動画を作らなくても開催さえすればちゃんとやったということになるから!

そしてこの言葉が動画地獄への幕開けだった。
本当に今回の動画作りは地獄だった。

neri3 at 01:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年01月26日

あの日、あの時、あの言葉

日曜の深夜1時、昼間寝てたせいでぜんぜん寝れないんで次の日仕事だけどまあいいやと近所のコンビニ行ってマンガ雑誌立ち読み。

そしたら読んでたマンガの中で

「普通の人が頑張って稼いだところで、カローラに乗る人生とベンツに乗る人生に差なんてないぞ」

この言葉の意味するのは「お金稼ぎに生きるよりは好きなことやって生きたほうがいいよ」ということだった。

コンビニからの帰り道、日曜深夜で誰もいない寒空の中、この時間とこの場所の影響がすごいあるんだろうなぁっていうのを自覚しながらもなんかすごいグっときて、まあねー、まあたしかにそうなんだろうけどねー、ってなことを思った。

neri3 at 02:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年12月19日

ぬぐぐぐ

fdfda


最近は毎日、内心は「ぬぐぐぐ」ってなりながらも「あー、ぜんぜん焦らなくていいっすよ。あ、なんならそれおれやっておきましょうか?」って言ってる。
とても疲れる・・・。


画像はドリフターズで、敵が立ちなおす前に早く第二射撃ちたいんだけど、玉こめが遅くてぜんぜん第二射が撃てなくて焦りつつも、ここで早くしろって言うと余計に遅くなるのがわかってるから「あせるな!あせらずとも良い!」と叫んでる信長のシーン。

neri3 at 01:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月18日

選挙に行かないからって怒らないでほしい

なんか今回の選挙は過去最低の投票率だったとかなんとか。
選挙終わったあとに2ちゃんまとめで選挙の記事見てたら「選挙行かなかったら罰金っていう制度作ればいい」と書いてあってビビった。
というのもおれは今まで一度も選挙に行ったことがなく、なので今回も行かなかったから、もしもこの罰金制度なんてもんができたら毎回払わないといけなくなる。
まあさすがに罰金制度できたらいくだろうけど(つうか調べたら実際この罰金制度がある国もあるということにびびった)
選挙ってそんな行かないといけないのかな?
別におれが行かなくても誰が傷ついたり、困ったりしないだろうに。
できれば行きたくないんだけどなぁ。めんどいから。



どうでもいいけど選挙は知識ある人だけが行ったほうがいいと思う。

選挙に行かない人がどんな人かというのは選挙に興味がない。
だからもし仮に投票所に行ったところで、立候補者の区別がつかない。
誰がどういう主張してるかとか知らない。

そしてそういう奴は選挙に興味がないようなアホだから投票基準を名前が自分と同じだからとか、名前がかっこいいとか、ポスターの顔が一番いいやつとか、もうそんなんで決めちゃう。
というか、それくらいしか投票基準をもてない。
そうすると本来なら表なんて入らないあほんだらに名前が同じだったからとかいう理由で票が入っちゃったりして、下手したら受かっちゃったりする。


つうわけで選挙のどうしたら投票率をあげるかよりは、どうしたらみんながちゃんと立候補者の主張を聞いてくれるかを考えたほうがいい。
罰金とかつけて知識ないやつが投票行くようになったら混乱しちゃう気がする。
そんなことを今まで選挙に一回も行ったことないけど思った。

neri3 at 01:35|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年12月12日

捨てたとたんに惜しくなる

jiji



ついにxrd出たね!
ただ評判見てると熱帯微妙っぽいから様子見。
一ヶ月たってもまだみんなが熱帯やってたら買う。


でもツイッターで知り合いがxrdのことをつぶやいてるの見るとすごいほしくなる。
xrd自体はそんなに興味ないんだけど、xrdをやると付随してくるものが魅力的。


xrd家庭用出てもぜんぜん買う気が起きなかったときに、そういや昔はすごくギルティが好きだったんだよなぁということを久しぶりに思い出した。


知り合い待つのにゲーセンで時間つぶしてたら、やるゲームなさすぎてゲーセン出て本屋に行って時間潰したあたりが、今思えばおれの格ゲー人生の終わった瞬間だった気がする。


ウル4もなんか、いつのまにか終わった。


パソコンのHDDが壊れたんで交換してからもうけっこう経つんだけど、映像ソフトをいっこもインストールしてないことに気づいてさびしくなる。
そして寂しく思っても入れない。
別に今この文章を書いてる時間でインストールできるのにね。
なんなんだろうな。
映像ソフトいじくってるの、昔はあんなに好きだったのにね。


そういや気づいたら昔はあんなに読んでた小説も今じゃ半年に一冊くらい読むになってた。


しかしこうして書いてみると改めて思うけど、ここ1年くらいで急激にからっぽな人間になってしまった気がするなぁ。

neri3 at 01:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月10日

いるかは毎日いそがしい

毎日が楽しいと「ともだちは海のにおい」って本の一節を思い出す。

こんにちは。
おくりものを、ありがとう。
ぼくはたいせつなひのために、とっておこうとおもいました。
けれども、あさめがさめると、いつも、きょうはたいせつなひだとおもいます。
だから、まいにち、きゃんでーをたべて、まんとをきて、てまりであそんでいます。
ぼくはいま、まいにちたいせつなひです。
どうもありがとう。ではさようなら。

いるかより



このなんだかせわしない感じがとても好き。

neri3 at 01:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月31日

ウル4

ダメだー、勝てない。
ぜんぜん勝てない。
ユンむずかしいよー。


・大K、投げ、絶唱、この3つの技出したときは上を見る癖をつけたい。上しか見なくていいので意識すれば簡単なはず、はずなんだけどできない

・ユンは基本、相手が地上で主にふる技の先端でぴょんぴょんしてればいい気がする

・玉持ち相手にぜんぜん対空が出ないんだけどその理由がわかった!
玉持ってない相手だと中距離で無意識に上しか見てないから出るんだけど、玉持ってる相手だと中距離でも玉意識してるから対空が出ないんだ!
でもわかったからといって解決はしてないし、解決方法もわからないんだ!

・地上戦めんどくさいよ絶唱はだいたいいいこと起こらない

・地上戦めんどくさいよ雷撃もだいたいいいこと起こらない

・雷撃めりこんだときはバクステする癖をつけたい

・エンドレスやってると「対戦ありがとうございました」メールをもらえることがあってうれしい

・ランクマやってると「死ねよハメカス!さっさと売れ!そんで二度とくんな!」というメールをもらうことがあるので悲しい

・ネット対戦て相手の顔が見えないから、人と対戦している感が薄くて、いろんな種類のCPUと対戦してる気分になるんだけど、
なんとなくメールもらった人のPSIDを検索してみたらその人のツイッターが出てきて、
へーこういう人なんだ、あー○○に住んでるんだというのを見て、ちゃんと人と対戦してるんだなとしみじみ思った

・ガチャ昇竜がコマ投げに化けるのを早くなんとかしないと。じゃないとイライラしすぎてこのゲームをやめてしまう

・ほとんどのユン対誰かの組み合わせっていうのは、ユンのほうがやること簡単で、対戦する側がやることが大変な気がする。リュウのときはほとんどのキャラに対してやることが難しい側だったから、ユン使ってると楽できてうれしい

neri3 at 22:15|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年10月01日

ウル4たのしい

ウル4でユンのPPが2000いった!
超うれしい!

ウル4やってる人からしたら「まだそこ?」ってレベルだろうけど、ここにいたるまでの道のりを考えると本当にうれしい!

つうかユンおもしろい。
ウル4のリュウの変更点が大足当てたときのリターン減って、昇竜セビが弱くなっただけという、まあつまらない調整だったからユンにしたんだけど、変えてよかった。

システム変えたからって、できることなくしただけ調整になるようなことはすんなよな。
ゲームのおもしろいところを増やす調整をぜんぜんしなくて、ゲームの嫌な部分を減らす調整ばっかしておもしろくなると思ってんのか本当に。


そんでユンなんだけど、本当に2000いくまで死ぬほど長かった。

まず最初のころはユンのターゲットコンボ弱P>弱K>中Pができなかった。
どこができないかっていうと最後の中Pがぜんぜん出なかった。

できるようになった今となっては、なんでできなかったのかわからないけど、とにかくでなかった。
このせいで雷撃当たってもコンボにいけなくてもうお話にならなかった。

そのせいもあって使い始めはPP500もいかなかくて、おれスパ4のときリュウで3000超えてたのに、500いかないって、え?え?ってなってた。
ユンはお手軽強キャラってネットに書き込んだやつら全員嘘つきだと思った。
まあこれは今でも思ってるけど。


そんでターゲットコンボができるようになって、基本コンボを徐々に覚え始めて、ダメな雷撃と良い雷撃の区別が微妙につくようになって、と思ったらわかってなくて。

コンボもぜんぜんできなくてコンボミスしたところにフルコンボくらって負けたり、
コマ投げ当ててもそのあとのコンボが8割ミスるからコマ投げ狙えなかったり、
ガチャ昇竜がコマ投げにばけて発狂したり、
でもたまに昇竜がコマ投げにばけて相手投げるんだけど、それでもやっぱりコンボいけないから意味なくて負けたり、負けたり、とにかく負けたりしてた。
とりあえず負けてた。


そんなんこんなでやっと初めてPP2000いって、
こっからPP下げるわけにはいかないからここでトレモしよう!と、
久しぶりにトレモでコンボ練習して、よーし次はPP3000目指すぞー、トレモしてコマ投げからのコンボもできるようになったしいけるっしょと思ったらPP1400まで下がってマジで唖然とした。


ランクマしてるとなんとなくドラクエを思い出す。
こっちのPPが上がってマッチングする対戦相手のPPも高くなると、ドラクエで橋渡ったら新しい強い敵が出てきたときみたいな感じがする。

あの橋渡った瞬間に、知らない強い敵が出てきたときのワクワクする感じに似てる。
ドラクエが後半になると、序盤に出てきた敵の色が違うだけなんだけど強いやつが出てくるっていうのと、
ウル4で低PPと高PPで使ってるキャラがいっしょなのに強さは違うっていうのがなんか似てていい。

neri3 at 02:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年09月17日

だいなし事件

家のマンションのエントランス前で、こっちに向かって歩いてきてた40歳くらいのおばちゃ。
その手に持ってた買い物袋から大きい梨が落ちた。

それをなんとなくボーっと見てたらおばちゃんが「あらぁ、だいなしだわこれ・・・」ってつぶやいた。

この言葉聴いて唖然としたんだけど。
なんなんだよいったい・・・。

neri3 at 03:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月01日

土日のこと

やる気


作っとかないといけない動画を土日かけて作ろうと思ってら、なんと一秒も作業しなかったというね…。
やる気に左右されることなくやれるようになること。
考えてもしょうがないことを考えないようにすること。
この二点ができればもうちょい人生うまくいったろうになぁ。

動画作るのって本当にダルい。
動画作っておもしろいのって作業工程の50%から80%くらいのあいだだけだわ。
作り始めは何をどうすればいいのかがまったくわからなくてダルいし、完成間際は気になるところがうまくいかなくてダルい。
おもしろいのは方向性が見えてきた直後の、何を作業すればいいのかわかるときくらいだ。

ツイッターで格ゲー関係の人のつぶやき見てると、コンボムービー作ってる人のつぶやきで作るの楽しいって書いてあったりするんだけど、それ見ると分かり合えねえなぁと思う。

これで平日仕事終わってから作らないといけないわけだけど、おれはちゃんと作れるんだろうか。


どうでもいいけど日曜日はなぜかヤンキーが外に多くて、道路ではうるさいバイクが多くて、なんか今日嫌だなーと思ってたらふと気づいたけど、これは夏休み最終日だから多かったのか。
それに気づいてからは、そのうるさいバイクも、コンビニにたむろしてる姿も、夏の終わりを悲しんでの行動だと思うと、まあ今日は許してやろうと思えた。


どうでもいいけどこの土日に見たパルプフィクションっていう映画がこれまで見た映画ん中で一番おもしろかった。
本当に本当におもしろかった。
アメリカのヤクザたちの話なんだけど出てくる奴らの会話がとにかくおもしろい。
だからこれが登場人物がもしヤクザじゃなくて銀行員だとしてもおもしろかっただろうし、学生でも、主婦でも、やっぱりおもしろかったと思う。
なんか本当によかった。


日曜日の夜ってなんかどうでもいいことを一生誰かに言いたい気分になるね。

neri3 at 03:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年08月18日

なんであれいいもん

fda


昔よくしていたように、久しぶりに家で弟と格ゲーしながら話してたら、
お互い中身は変わってないのに環境のほうはずいぶん変わったなぁと思った。

neri3 at 22:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年07月26日

信じると楽になれる嘘

正月のこと。
深夜に神社にお参りに行ったらら賽銭箱がなかった。
代わりに木の建物、社? あれに穴が開いてあって「賽銭はここに入れてください」と書いてある。
これはちょっと違うだろと思って結局賽銭もいれず、拝みもせず帰ってしまった。

それから二週間後くらいに友達と酒飲んでるときにこの話したら「今は葬式でお坊さんがアイパッド持ってきて、そのアイパッドから音声が流れるのがあるらしいよ?すごいよね」と話してて、なんかそういうの違うよなっていう話になった。

ネットで電子マネーで支払える賽銭箱なんていうのも見かけたけど、これらは要するに「こうしたら便利じゃん?」っていうものだよね。

「夜中に賽銭箱置いておくと盗まれるかもしれないじゃん?だからこうして賽銭箱は中にしまっておいて、でも賽銭とか君ら払いたいでしょ?だから穴作っといたから。こうしとけば君らは賽銭払えてハッピー、俺らも賽銭箱盗まれる心配なくてハッピー。みんなハッピーイェーイ」

みたいなことでしょ?

「自分で読むよりアイパッドで音声再生したほうらが楽だよねー」

「賽銭払うときに小銭いちいち財布出すのめんどうだと思って、財布を置けば賽銭払えるようにしときました」

こういうのは自分の首絞めてると思うんだ。
参拝客が神社に求めるものっていうのは、神社が便利になればなるほどなくなっていくもので、だから神社とかそういう関係のやつらはアイパッドとか電子マネーで払える賽銭箱だとか賽銭箱中にしまうとかしちゃダメだって。
ダライラマもツイッターとかやっちゃダメ。
食った飯の写真とかあげちゃダメ。いや、あげてないだろうけどさ、それでもツイッターはやっちゃダメだって。

そういうことから考えると、つまりは神っていうか神と呼ばれてるもんが売っているものっていうのはコレで、そんでつまりはそれを人に売っていくと、人から崇められたり、神様って呼ばれたりするんじゃねえの?


話は変わって、明日死んだおばあちゃんの四十九日があるんだけど、おばあちゃん死んでからまだ36日しか経ってないんだよ。
だけどお坊様の都合が合う日がその日しかないらしいから、四十九日経ってないけどやるんだとさ。
もうだったらやんなくていいじゃん。
それってやる意味あんの?
なんつうかせめてお前らが決めた設定くらいきちんと守れよなー。
そんなんじゃお前らが作った物語に入り込めないんだけど。

っていうことを思ったときに正月のことも思い出した。
あしたお寺行ったら神様を心の底から信じることができますようにってお参りしよっと。

fadgi


neri3 at 01:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)