この記事では「練馬区福祉のまちづくりパートナーシップ区民活動支援事業」の助成団体であるねりパパが、栄町児童館の事業である「パパと児童館であそぼう」で活動している様子をご紹介します。


2019年6月15日(土)午前中に、栄町児童館で読み聞かせを行いました。

6月は梅雨の時期ですね。
まだ梅雨入りしてませんが、当日は強い雨が降っていました。

そんななか、お客さんは1組参加してくれました。11ヶ月のお子さんを連れて来てくれました。
雨の中どうもありがとうございます!

ねりパパからはリオ、こたろう、たかちゃんが参加しました。

今回のラインナップはこちら↓


【絵本】たまごさんがね・・
【絵本】このドアだれのドア?
【絵本】ぽんちんぱん
【絵本】やさいさん
【絵本】おふとんかけたら
【絵本】はかせのふしぎなプール
【絵本】まるさんかくぞう
【絵本】MagicBook
【ハンドベル】


1
絵本「このドアだれのドア?」です。
最近はねりパパキッズたちが率先して読み聞かせをしてくれるようになりました。
ねりパパメンバーとしては嬉しい限りです。
楽しそうに読み聞かせしてくれています。


2
絵本「ぽんちんぱん」です。
練馬区では、4か月児健康診査の対象となる乳児に対し絵本をプレゼントをする「ブックスタート事業」という
のがあります。
そのときにこの絵本「ぽんちんぱん」をプレゼントしていたそうです。
ぽんちんぱん、の響きがとってもかわいい絵本です。


3
絵本「やさいさん」です。
野菜の葉っぱからその野菜の名前を当てるクイズ形式の絵本。
都会に住む人にとっては、これがけっこうむずかしぃ。


4
絵本「はかせのふしぎなプール」です。
ふしぎなプールに入ると、あんなものからこんなものまで形があんなことに。
最後には博士まで


5
絵本を使ったマジックです。
ここでもねりパパキッズが大活躍。
みなさん拍手ありがとうございました



そんなこんなで読み聞かせは終了です。

次回は7月20日(土)です。
ねりパパの読み聞かせに参加して、たくさん子どもと触れ合ってくださいね。

皆さまのご来場をお待ちしています!