2004年08月13日

御蔵の山も素敵

朝、「今日の東海汽船下り便は欠航です」という村内放送で目が覚める。え?こんな天気いいのに?と思って港を見に行くと、確かに波が桟橋を洗っていた。あらら。今は中国で猛威を振るっている台風13号のうねりが、御蔵島には今頃届いた模様。

朝ごはんを食べて、さて今日はどうすんのかなー、と思っていたら、イルカ船が出るとのこと。マジっすか!?と思ったが、荒れてるのは港の中だけで、外海に出るとたいしたことはなかった。今回はビデオを持って海に入る。ビデオはまだ慣れないなぁ。でも前回よりは意味のある映像が撮れた(2分ぐらいだが)のでまあよし。ちょっと濁りが入ってて暗かったのが難だが。今回は海底をつつきまわして何か(たぶんタコ)を探しているイルカの群れという珍しいものが見れたので、それだけで結構満足。

昼ごはんは島唯一の食堂「やまや」(写真撮るの忘れてた)で盛岡冷麺。ここは田舎村の独占食堂とは思えないぐらいちゃんとした食い物が出るのでいいですな。あんまりご当地感がないのが玉に瑕ですが。

正午に、東海汽船の上り便も欠航が決定。ツアーの中には今日帰京予定の人が結構いて、割合青ざめていたが、私にはこの時点ではまだぜんぜん他人事であった(^^;

午後は外海も荒れてきたということで、イルカ船も欠航。山歩きをすることとなる。ガイド無しでいける黒崎高尾展望台へのツアー。途中まで車で行く。途中絶景ポイント鳥の尾で記念写真を撮ったり、草祀り神社でおまいりしたり(葉っぱを置いていく。山に入っていることを里の人に知らせるため)しつつ、エビネ公園まで登る。そこからは歩きで10分ほどで展望台。柘植の林や島に固有の植物を眺めつつ上っていく。上りきるとそこには展望台とちょっとした公園が。公園の中にも巨樹が一杯。真新しいオオミズナギドリの巣穴などもある。そして展望台からは日本一といわれる480mの海食崖の大パノラマ。霧というか雲が懸かっているので上昇気流が目視できて大層カッコいい。ここでも記念写真をバシバシと撮る。

帰って晩御飯。今日は普通に食堂で取る。その後のんびりとイルカログ付けして就寝。

nerokichi at 23:05│Comments(0)TrackBack(0)日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔