amarec20130225-225342

更新頻度がシーズン毎になりつつある…

これはアカン! ということで久々の更新




amarec20130330-231101

ついにここまできたか~ な 三国無双シリーズ最新作
真・三国無双7 やってみました。

今作のプレイアブルキャラは 前作 6の猛将伝に登場した全キャラクタに加え
以下のキャラが追加された。



gi

左:楽進   右:李典



go

左:魯粛   右:韓当



syoku

左上:関興  右上:張苞  左下:関銀屏  右下:徐庶
※徐庶は Empiresが初出だが、正式なシリーズでは初



shin

左上:賈充  右上:文鴦  左下:張春華


上記10人に


amarec20130330-231734

左慈
※4から復活


を加えた 総勢 77名 となる。多すぎ!


amarec20130330-225613

前作では 呂布や袁紹のような 魏呉蜀晋 以外のキャラクタのストーリーは無かったが
本作は「他伝」として登場、各キャラ1話のみだが、多少なりとも補完されたのは嬉しい。

ちなみに 画像の「導」は チュートリアルである


amarec20130330-225645

他伝 以外の章では、史実に沿ったストーリーが展開されていくが
シナリオによっては特定の条件を満たすことで 新しいステージが追加されたり
更には 完全にオリジナルの展開に分岐される。


amarec20130306-234824

前作のストーリーモードでは シナリオ毎に操作するキャラクターは固定されていたが
今回は複数の武将からの選択式になった。

前述の特定条件を満たした場合、選択できるキャラが増える場合もある。


amarec20130330-234520

武器に「天、地、人」のいずれかの属性が設定されており、それぞれ優劣が異なる。
相手より劣っている属性で戦う場合、相手がひるまなかったり 与えるダメージが低く
受けるダメージは高くなるなど、大きく不利になる。

したがって、前作以上に武器の切り替えが重要になっている。

また、有利な属性で武将を攻撃した場合、体力バーとは別に敵武将の頭上に
ゲージが表示され、攻撃をあたえる事で減っていき、ゼロにすることで



amarec20130309-205401

ストームラッシュ が発動。広範囲を自動で連続攻撃してくれる。
威力もかなり高く、ゲージは相手が防御していても減るため
非常に使い勝手が良い。特に高難易度では頻繁に利用することになる。
※敵も発動するが、近づかなければいいので余り脅威ではない。

また、キャラクター名の左にあるゲージを最大まで溜めた状態でR3を押すことで
覚醒状態となり、攻撃力などが上昇するほかに 無双ゲージを消費することで
強力な覚醒無双乱舞が発動。

覚醒無双乱舞は○ボタンを押し続けることで 無双ゲージが切れるまで乱舞を継続でき
一定のダメージを与えると、更に強力な 真・覚醒乱舞になり、その状態で敵を倒すことで
経験値アップのアイテムが貰える。
多くの武将と兵士を覚醒無双乱舞でなぎ倒し、アイテムが数十個出るのを見るのに
快感を覚える人も多いのではないだろうか。

amarec20130320-200709

覚醒乱舞で多数の兵士を巻き込むことで これくらいのヒット数はザラに出る。


amarec20130304-230730

前作もかなり美麗だったが、今作は更によくなったと思う。
よくみるとジャギがあったりするのだが、よく頑張ってるなぁという印象。


〔良いところ〕

前作と比べ ストームラッシュと覚醒無双乱舞によって、爽快感が段違いに向上している。

カスタムサウンドトラックに対応していたり、if ルートでは 過去シリーズの原曲やアレンジが流れるなど
シリーズファンをニヤリとさせる要素も素晴らしい。



〔悪いところ〕

ストーリーやムービーなどが前作に比べイマイチ

最悪というわけではないのだが、前作に比べると台詞回しや演出が稚拙に思えてしまう。
前作が凄すぎただけだと思うが


関羽の死








劉備崩御








amarec20130331-003802

本作オリジナルの 将星モード 前作でいうクロニクルモードの位置づけ


amarec20130331-003824

とある地方にある寂れた都市に 戦場で戦った敵を仲間として呼び
武器屋や学問所などを建設し 最終的に銅雀台を建設して皇帝を呼べばクリアなのだが

amarec20130331-004344

本作に登場する武将を一般武将含めて全て仲間にしないといけない

また、名声が低いうちは仲間にできる最大数が少なく
一定数を超えると、あぶれた武将は去ってしまう。

名声をあげるためには将星モードの戦場などで手に入る施設素材を使って
施設の建設やレベルをあげていかないといけず。

終盤まで あっちをあげたらこっちが下がるような煩わしい状態になる。
銅雀台建設には、一部施設のレベル、名声、武将数を実質最大にしないといけないので
非常に骨が折れる。


amarec20130331-004324

まぁ やったわけですが(`・ω・´)

また、必須ではないものの 将星モードの戦闘を一定回数連続でクリアすることで
赤兎馬のようなレアな支援獣が手に入るため挑戦せざるを得ない。

ちなみに、100連戦勝利で手に入る支援獣が特定トロフィの取得条件なのだが

amarec20130306-211524

2時間くらいぶっ通しでやったら取れたw


この調子なら、トロフィコンプの障害は 全ステージを難易度「修羅」でクリアくらいかと
思っていたのだが



あまかった。



トロフィWikiより引用


全武器収集(シルバー)
---------------------------- 

各武器につき7種類(ランク1~4+ユニーク2種+秘蔵武器1種)集める必要がある。

ユニーク武器は敵将が落とす、将星モードの5連戦、ギャンブル購入で獲得できるが、いずれも確率は低い。

----------------------------

amarec20130330-225401

ランク1~4は高難度でプレイしていれば自然と揃う、秘蔵武器もストーリー攻略に
あわせてやれば大方取れるのだが、ユニーク武器は高難度でも全然でないし
ギャンブル購入は非常に高額な上に必ず出るとは限らない むしろあんまでない…。




全台詞収集(ブロンズ)
----------------------------
ギャラリーモードの台詞鑑賞を埋める。共通台詞は各武将をLv30まで上げることで解放される。
将星台詞全解放は将星モードで操作武将男女それぞれで(77人×2回)絆を最大&会話イベントを各3回ずつ見る必要がある。
絆は対象を護衛武将に設定して9回戦えば最大になるが、会話イベントを3回見ないといけないため9連戦x2では台詞解放はされないので注意。

----------------------------

amarec20130331-004406

全キャラ 男性/女性とで絆値を最大にしないといけない
単純に1500戦以上やらないといけないことに…。


これでブロンズとかおかしいダロォォォォォ!



他にも 兵器を1000個壊すとか どう考えても作業ゲーにしか思えない項目が多く
トロフィ取得率:74%で挫折・・・ orz


まー  トロフィを気にしなければかなり楽しめると思います。




ちなみに、絆値をあげることで発生するイベントは 一見の価値はあるかもしれない。

amarec20130302-200116
amarec20130302-213508