堕落人の雑記帳

主にゲームのプレイレビューやアニメの紹介をまったりと綴っています。

備忘録

旧ブログの記事を強引に移行させたため
2011年5月18日以前の記事は一部読みづらい可能性があります。
あらかじめご了承ください。

また、当ブログの方針や注意事項については 下記を参照願います。

当ブログについて

Powered by Ayapon RSS! オススメ 義援金 女性向け求人情報

新Nexus7(2013モデル)買ってみた

IMG_6219


エアコン22度設定で1時間回してもこんな温度…でも何とか生きてます(´・ω・`)

続きを読む

PSPアプスケツール LKV8000 使ってみた

堕落系


アジアが生んだ PSPをHDMIでHDとして出力可能な装置 LKV8000

早速使ってみた

続きを読む

[60GBじゃ] PS3のHDDを換装してみた [足りねぇYO!]

私は60GBモデルのPS3を使用していますが

最近のPS3ゲームはHDDインストール必須な作品が多くなり

HDD容量が足りなくなって、余りやらないゲームのインストールデータを

消したりして調整していましたが、いい加減面倒になったので

大容量のHDDに変更してみました。


以下、備忘録として手順などを記載



先ずはPS3以外に必要な物


・換装用HDD(2,5 SATA 9.5mm厚)

・バックアップ用HDD(※)

・USB端子の付いているPC(※)

 ※PS3のバックアップ/リストアをしなければ不要



ここで注意したいのは、PS3が認識できるファイルシステム形式が

FAT32 であること


WindowsXP以降のマシンだと、大抵NTFSでフォーマットしていると思われるため

FAT32でフォーマットしなおす必要がある。


フォーマットになるため、当然現在のデータは消えてしまうため注意が必要。

また、Windows標準のFAT32は 1パーティション32GBまでの仕様となっているため

今回の用に32GBを越える場合、後述する方法でフォーマットしないとならない。



どうせなら大容量 という事で、換装用HDDは500GBのを7k程で購入。

ついでに、バックアップ用に2.5インチの320GBを5kで購入。



<準備>


先ずはバックアップ用のHDDをPCに差込み、FAT32でフォーマットする。

とはいえ、先述の通りWindows標準では1パーティション32GBの制限が発生する。


そこで、32GB以上のパーティションが作成できるツールを使ってフォーマット

Disk Formatter 」を使ってフォーマットしてみた。



堕落系

フォーマットというと難しく思えるかもしれないが

ツールを起動して、フォーマットしたいHDDを選択して

「FAT32」を指定して「フォーマット」を実行すれば良い


間違えても「物理フォーマット」は選択しないように


尚、画像は換装用の500GBになってますが、バックアップ用の320GBで

フォーマットしました・・・ 間違えたんだよ ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン


堕落系


[ディスクの管理]から FAT32でフォーマットされている事を確認。






<バックアップ>


フォーマットしたバックアップ用HDDをUSBでPS3に接続


堕落系

PS3メニューから「バックアップユーティリティ」を選択


堕落系

「バックアップ」を選択


堕落系

構わず次へ


堕落系

正常に認識されていれば、ここで接続されたHDDが表示される

選択して次へ


堕落系


終わるまで待つ、ひたすら待つ


空き領域が1~2GB程度の状態で約2時間くらいでした。


堕落系


完了




<換装>


HDDの蓋を開いて青いネジを取り外し

HDDを右にスライドさせて引き抜き


HDD用のレールをネジ4本外して取り外し

新しいHDDと入れ替えて、換装と逆の工程で

取り付けて完了


詳しくは こちら を参照



<リストア>


堕落系

新しいHDDに換装した後にPS3を起動すると上記画面が表示される。

「はい」を押下してフォーマットを行う。



堕落系


フォーマットが完了したら

「バックアップユーティリティ」から「リストア」を選択。


堕落系


構わず次へ


堕落系

ウゼェw 無視して次へ


堕落系


リストア中


バックアップより遅く 2時間半程かかった・・



堕落系


完了




堕落系

PS3メニューの「本体情報」より


500GBの場合、PS3から見ると465GBに見えるらしい。




というわけで、換装までの手順を書いてみました。

思ってたより遥かに楽だよなぁ。


なにより市販のHDDでもOKというのが素晴らしい

今だと、2.5の500GB SATA-HDDなんてアキバで7kくらいだぜ?


それに比べてXbox360は・・・

市販のHDDに換装できなくはないが 、かなり面倒だし・・

純正のHDD はメチャ高いし・・・なんとかならんもんかね?


20GBモデルなので換装したいんだが・・・


HDD増設とRAID構築 その2

昨日のアクセス履歴を見てみると


データドライブをRAIDボリュームにして増設する


という検索ワードで来られた方が10数人も居たw



少しでも参考になればと、放置してた前回 のHDD構成でベンチを行った結果を記してみる



ベンチ条件

  CrystalDiskMark 3.0 Beta2 1000MB 5回




堕落系


 SEAGATE ST31500541AS (1.5TB SATA300 5900rpm)

適当に買ったヤツだし、システムドライブ用だし、回転数低いし まぁこんなもんだろ




堕落系


WD15EADS-00P8B0×2 RAID0(OS上のSW RAID)
まぁこんなもんかね。

MBでRAID組めば、もっと出ると思うんだが…


書き込み性能が高めなのでキャプチャ用に使ってます。

ちなみに、回転数はメーカー独自技術がどうとかと店員が言ってたけど

実際は5000rpmらしい


堕落系


SSD CSSD-SM128WJ2


SSDなだけあって読み込みは速いな



デモね・・・


メーカーで公開しているベンチマークが・・・↓



堕落系


読み込みはともかく、書き込みは遅すぎじゃね?



と思ったけど、ベンチツールのバージョンが違っていたので

同じバージョン(2.2)で計測してみた↓



堕落系

あんまかわんね・・・

誤差の範囲内ではないかねぇ・・・


これは 初期不良 or ハズレと考えた方が良いのかしら・・


ま~ 読み込みが早ければとりあえず良いけどさ。



以上、参考までに

HDD増設とRAID構築

待ち合わせの時間までアキバを回ってたら

個人的にお気に入りのWD製 1.5TB HDD(WD15EADS)が1万切っていたので

RAID0(スパン)目当てで購入。


500GBプラッタに32MBキャッシュで約9,700円とか、安くなったな~


帰宅後、換装しようとしたところ


SATAの電源が一個足りない


という超初歩的なミスを犯す…orz


明日買うということで、SSDの方を拝借して接続し、OSを起動


さ~て  RAIDツールから新しく入れたHDD×2台でRAID0を…

と思ったら、RAIDツールが起動エラーを起こす


デバイスが見つからないとか・・・



そこで気づく RAID有効にしてないじゃん


再起動して、BIOS画面開いて RAIDを有効にs・・・


…Windows7て、このMBのRAIDドライバ持ってるのか?


いや、普通そんなドライバはOSに入ってないよな…


不安になってマニュアル参照。


やっぱりなかた


ということは


RAID有効→RAIDドライバ入れないとHDDが認識できないのでOS起動しない

→ドライバ適用する=OS再インストール


・・・めんどくせぇ ヽ(;´Д`)ノ


RAIDコントローラ買おうかとも思ったけど、PCIeスロットが埋まってるので断念


リカバリモードで ドライバ格納場所にRAIDドライバコピーすれば起動するかも…

でも、こっちもこっちでメンドイので OS標準のソフトウェアRAID(ストライプ)で構築する事にしました。


この場合、CPUに負担があるし OSがおかしくなったら読めなくなるかもしれないし

と、不安いっぱいな気分ですが、SATA3 HDDが安くなるまでと思い我慢


OSのソフトRAIDを設定したのは初めてなので、自己メモとして手順を記載


※Windows 7 x64版



なお、ストライプは非冗長であるため

単体に比べ速度は速くなりますが、RAID0を組んでいるHDDのどれか1台でも故障すると

保存している全てのデータが飛ぶ、諸刃の剣な仕様です。


また、異なる容量のHDDで構築した場合 出来上がったボリュームの総容量は

容量の小さい方のHDD容量×台数という事になるため、同じ容量のHDDを使用するのを推奨



堕落系


HDD増設時に毎度お世話になる ディスクの管理


まずは左の「初期化されて...」のところで右クリック→「ディスクの初期化」を行う

この辺は一般的な操作なので、詳細は省く



堕落系

2台とも初期化を行うと、それぞれ「ベーシック オンライン」と表示されるので

その状態で「見割当」領域で右クリック



堕落系


「新しいストライプボリューム」を選択


ストライプボリューム作成ウィザードが起動する


堕落系


「ディスクの選択」から ストライプ(RAID0)にしたいHDDを選択。



堕落系

HDDを2台以上選択し、1台あたりの最大容量をMBで入力する

特段なければ最大容量のままで良いだろう



堕落系

後は、HDDのパーティション作成と同じ操作なので割愛



堕落系

不安に駆られるようなメッセージだが、気にせず「はい」を選択


メッセージの内容は、作成したボリュームからはOSの起動はできんよ という事だけど

データ用のドライブなので問題無しという話。



堕落系

画面のような状態になれば完了



作成されたドライブのプロパティを参照してみると



堕落系

3TBになっている。


しかし、3TBだとOSから使用できる領域は2,72TBか…

損した気分になるなw


まぁ、OSによっては 2TBの壁とかGPTとMBRの使い分けとか イロイロあるんだけど

今回はWindows7 x64でスパニングってことで


知ってても余り意味ない情報だと思うけど、業務で必要になるかもしれないのでね…

記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ