堕落人の雑記帳

主にゲームのプレイレビューやアニメの紹介をまったりと綴っています。

WWE

旧ブログの記事を強引に移行させたため
2011年5月18日以前の記事は一部読みづらい可能性があります。
あらかじめご了承ください。

また、当ブログの方針や注意事項については 下記を参照願います。

当ブログについて

Powered by Ayapon RSS! オススメ 義援金 女性向け求人情報

Royal Rumble 2003

ニコニコで洋楽を聴いてたら見つけてしまった…。





やばいね…やっぱ ベノさんとカートは名勝負製造カードだなぁ

あらすじの編集も神がかっててるし、やっぱ90年代後半~2004年までが好きだ



あぁ、ベノさん ベノさん・・・・・°・(ノД`)・°・

クリス・ベノワについて語ってみる③

命日も終わりだなぁ。


3月14日
WWEの特番中の特番 レッスルマニア20がスタート。


メインイベントに出場するベノワは
緊張のためか落ち着かずに居た。


堕落人バンザイ

そんなベノワを励ますエディ

エディらしいユーモア溢れた素晴らしいスキット


レッスルマニア後半


堕落人バンザイ

エディのWWE王座戦 が始まる。


相手は


堕落人バンザイ

強敵「カートアングル」



堕落人バンザイ

アンクル・ロックに大苦戦のエディだが


堕落人バンザイ

お得意のズルしてイタダキで王座を防衛w


そして、レッスルマニア メインイベント
ベノワ、HHH、HBKの3WAY WH王座戦が始まる。


堕落人バンザイ

リングへ赴くベノワの顔に迷いは無かった。

堕落人バンザイ

試合は一進一退。

試合中盤に HHH,HBKの二人がかりで
実況席破壊の大技を食らいダウンするベノワ

下馬評ではベノワの優勝は無いと言われていた。
やはり王座には届かないのか?


しかし、ベノワは諦めなかった。

気力を振り絞って立ち上がり 力の限り戦う

堕落人バンザイ

終盤には3人ともグロッキーの混沌状態に

それでも立ち上がるベノワ


堕落人バンザイ

そして、HHHをクロスフェイスで捕える

渾身の力で締め上げるベノワに
遂にHHHがタップ!

ベノワの夢だったWWE頂点に立った瞬間であった。


堕落人バンザイ

嬉しさの余り泣き出すベノワ
感情があふれ出ています。


堕落人バンザイ

そこにエディがリングに入り、ベノワを祝福する


堕落人バンザイ

そして抱き合う二人

新日本時代からの親友同士が
WWE ロウ、スマックダウンの王者となり
リングで抱き合う。

感激もひとしおであろう。


堕落人バンザイ

ベルトを高々と掲げるベノワの雄姿を最後に
感動のレッスルマニア20は幕を閉じた。




この試合は大泣きしました。
プロレスで泣いたのはこれが初めてですよ。
お互いに頂点に立った親友二人が抱き合うのは反則…(´;ω;`)

当時 人生の転機時期で落ち込んでいた私は大いに励まされました。
人生 諦めなければいつか夢は叶う と

WWEの日本放送は現地放送より3週間遅いので
レッスルマニア20が放送されるまで待ち遠しくてたまらなかったなぁ。

ロイヤルランブル2004とレッスルマニア20は 私の宝物の一つになっています。

現在はレンタル以外での入手が難しいかもしれませんが
プロレス好きの方は、機会があれば一度視聴される事をオススメします。



クリス・ベノワ ロイヤルランブル2004→レッスルマニア20までの軌跡



クリス・ベノワについて語ってみる②

2回目である。


2004年1月

堕落人バンザイ

スマックダウン悪のGM ポール・ヘイマンにより
ベノワは今後一切 王座戦に挑戦する事が出来なくなってしまう。

しかし、王座の夢を捨てきれないベノワは
「ロイヤルランブル」への出場を決意し、出場権を獲得する。

--------------------------------------------------------------
[ロイヤルランブル]
 スマックダウン,ロウの合計30人の選手によるバトルロイヤル。
 一般的なバトルロイヤルとは違い、最初は2人で行うが
 一定時間が経過する度に一人ずつ入場するルール。

 当然ながら1,2番手は絶対的に不利。

 優勝すると WWE特番の中でも一番大きい大会「レッスルマニア」の
 メインイベントでヘビー級王座に挑戦する事が出来る。
--------------------------------------------------------------


堕落人バンザイ

しかし、ヘイマンの策略によりロイヤルランブル1番入場となってしまう。

絶望的に不利な状況だが、それでもベノワは優勝以外見えなかった。


堕落人バンザイ

また、優勝候補の筆頭「ゴールドバーグ」が30番に決まった。


そんな状況でも ベノワは堂々と入場し 戦いを始める。



堕落人バンザイ


堕落人バンザイ

時間が経過する度にリング内は混迷の度合いを増していく。

しかし、ベノワは不屈の闘志で残っていた。

試合開始から60分を超え、遂に後一人落とせば勝利となった。

だが、その相手が悪かった。

堕落人バンザイ

213センチ 200キロの大巨人「ビッグショー」との一騎打ち。

疲労困憊のベノワに勝ち目は無いかと思われた。


堕落人バンザイ

しかし、ベノワはロープを巧く使い
ヘッドロックでビッグショーを落とし優勝!


堕落人バンザイ

絶対的に不利な1番入場から60分以上を戦い
見事に優勝したベノワ

悲願のWWEヘビー級チャンピオンに一歩近づいた。


翌日、スマックダウンの王座戦に挑戦できないベノワはロウへ移籍する。



堕落人バンザイ

一方、ロウでは HHH(トリプルエイチ)とHBK(ショーン・マイケルズ)が
因縁の抗争を激化させていた。

二人はロイヤルランブルでの激闘 の末 両者KOによる引き分けとなったため
レッスルマニアのメインイベントで再戦を行おうとするが


堕落人バンザイ

そこへ王座を目指しにロウへ移籍したベノワが登場。

HHHの持つ世界ヘビー級(WH)王座に挑戦すると宣言。



WH王座戦調印式

堕落人バンザイ

ベノワが調印にサインする寸前にHBKが登場
レッスルマニアでのHHHの対戦を望むがベノワが拒否


するとHBKは

堕落人バンザイ

ベノワに襲い掛かりダウンさせている間に
自分の名前を書いてしまった。


堕落人バンザイ

それを見たロウのGM エリック・ビショフは
HHH,HBK,ベノワの3WAYマッチを決定する。


その頃スマックダウンでは

堕落人バンザイ

ベノワの親友 エディ・ゲレロが
特番「ノーウェイアウト」にて「ブロック・レスナー」の持つ
WWE王座にエディが挑戦


堕落人バンザイ

圧倒的に不利な体格差を跳ね返し見事に勝利
念願のWWE王座となる。

そして、舞台は特番の中でも最大のイベント「レッスルマニア」へ

ベノワは挑戦者として エディは王者として歩を進めていく。



私がWWEを見始めたのが2003年の9月頃で
ベノワ自体は地味な選手だと思っていましたが
過去の試合を見るにつれて 惹かれていきました。

ロイヤルランブルでは、優勝して欲しいけどまず無理だろうと思っていましたが
まさかの優勝! それも1番入場で…。

感動の余り泣きそうになった覚えがありますw

それからレッスルマニアまで非常に待ち遠しかったです。
相手がHHHとHBKの2強ですが、もしかして優勝しちゃうんじゃないの? と
期待せずには居られませんでした。

明日は感動の「レッスルマニア20」について書こうと思います。

プロレスの話題ばかりですいませんw

クリス・ベノワについて語ってみる①

トップページに記載している通り
6月24日は 私が一番好きだったレスラー「クリス・ベノワ」の命日です。

このブログを見に来ていて、プロレスが好きな方は余り居ないと思い
ほとんど記事にはしていなかったのですが、この機会にイロイロと語ってみようかと。

先ずはベノワの生涯をかいつまんで紹介したい。

こんな人も居たんだなぁ程度に思ってくれれば幸い。

一部事実と異なっている箇所があるかもしれませんが
そこはご容赦をw


堕落人バンザイ

【クリス・ベノワ】
 カナダ出身

 若い頃に「ダイナマイト・キッド」に憧れ
 プロレスラーを目指す事になる。

 名門「ハート道場」にて修行を積み
 恩師の勧めで新日本に入団。
 

堕落人バンザイ

 そして「ペガサス・キッド」としてデビュー

 

堕落人バンザイ

獣神サンダーライガー

堕落人バンザイ

2代目ブラックタイガー(エディ・ゲレロ)他の有名選手と
激闘を繰り広げ、ジュニアヘビー級としてトップレスラーに上り詰めた。

また、エディとはこの頃から無二の親友となっている。


その後、ポール・ヘイマンに誘われ エディ、ディーン・マレンコらとアメリカのECWへ移る。

ECWでは サブゥ の首を折ってしまった事から「クリップラー(破壊者)」と呼ばれるようになる。

しかし、就労ピザの問題からWCWへ移籍

WCWでは リック・フレア の「フォーホースメン」に参加する傍ら
王座戦線にも名乗りをあげ、多くの王座を獲得している。

だが、WCWの内部問題に嫌気をさし、WCW王座を獲得した翌日に返上し



堕落人バンザイ

悪の会長 ビンス・マクマホン率いる WWE(当時WWF)へ移籍する。


堕落人バンザイ

移籍してからは


堕落人バンザイ

ザ・ロック (現ハリウッドスター)


堕落人バンザイ

カート・アングル(アマレス五輪金メダル受賞選手)ら

トップレスラー達と抗争を繰り広げる。


堕落人バンザイ


しかし、2001年の特番「キング オブ リング」の金網戦 にて
金網の頂上から無謀にもダイビングヘッドバットを敢行したせいで
首を痛めてしまい、遂には折れてしまったため
1年以上の静養を余儀なくされてしまう。


堕落人バンザイ

復帰してからは「スマックダウン」と「ロウ」の2部制となった
WWE内で「スマックダウン」に所属し
カートと毎度の如く魅せる試合を行い
ロウに迫る人気と「ストーリーのロウ」、「試合のスマックダウン」と言わしめた。


堕落人バンザイ

特に2003年の「ロイヤルランブル」での
VSカートアングル@WWE王座戦 は非常に素晴らしい試合で
負けたベノワにスタンディングオベーションが贈られる程であった。

しかし、その後しばらくは中堅レスラーとしてミッドカードの試合を続けていく事になる。

そんなベノワに転機が訪れたのは、2003年の暮れ頃からであった。


続きは後日に。


一部試合や抗争のおさらい(煽り)PVをリンクしています。
PVは非常に良くできているので、プロレスに興味が無い方でも楽しめるかなと。

お暇があれば視聴してみてくださいな。
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ