2006年10月25日

選択肢メモ1

選択肢メモ

☆−1〜+1
基本はダッシュガード、屈伸、OMP、Pと2Pの使い分け。

ダッシュガード
最速打撃をガードしつつ、BDに対応。
展開が早くなるので屈伸より基本こっち優先。
屈伸
ダッシュガードよりお見合いになったときに楽。
体力リードしてるときや無理する必要がないときはこっち。
お見合いになったときの体内打撃や、発生の遅い打撃用に、
屈伸(ダッシュガード)後に当身抜けやOMを意識すて使用していく。

OMP
相手のP、2P等の細かい打撃、屈伸、BDに対応。
基本的にOMPは相手が細かくなる展開のときに使用するように心がける。
Pと2Pの使い分け
Pは攻めを持続させたいときやBDを意識したとき使用。
基本的にPを狙った行動以外にはリスクが2Pより低い。
2Pは基本的に使用しない。(葵はBDに弱いので狙われやすいから)
2Pを打つときはガードさせるか避けさせたあとの攻防で
ダメージを取りに行くなど、その後の展開を考えて使用。

☆その他
1k
P、様子見、BDに対応。
避けられない限り被ダメージは肘系が最大。
下P食らったらしゃがみ状態で屈伸できる。
両止
1Kとの違いはBDに弱く、カウンターでよろけが奪える。
正位置ではカウンターのよろけでPの回復がムズイ。
壁際では意識して増やしてもよいかと。
64P+K、オウダ
露骨攻め用。
64P+Kは体内系に勝ち、屈伸系に対してとりあえずガードさせて派生を意識させて読み合い。
オウダはBDや体内系に勝ち、と屈伸系に対する寸止めをからめた読み合い。
BD打撃
基本はそでしんと64P+K。
BDそでしんは肘や下Pを刈り取る目的でBDの時点で状況確認して動いてなかったら寸止め。
BD64P+Kは発生が早いので、BDそでしんより相手のBD打撃や体内系に勝てる。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)