サンムーンのレートシーズン2が終わりましたね。僕は花粉が辛いです。
今期使ったパーティはこの6体です
シーズン2が始まった時に流行っていたウインレヒレカミツルギを使っていました。初めはシーズン1と同じパーティを使っていましたが、なかなか対策されてうまくいかなかったのでこの6体にしました。
〜個体の紹介〜
カプ・レヒレ@こだわりメガネ
特性:ミストフィールド
性格:控えめ
努力値:236-×-0-252-0-20
ねっとう
だくりゅう
ムーンフォース
だくりゅう

耐久寄りの種族値のくせにカプで一番の脳筋ポケモン。メガネ濁流は強いけど当たることを祈りましょう。大事な場面で外すと発狂できます。守るが欲しい場面もあったのですがメガネ無しだと火力が足りないので外せません。


ガブリアス@ジメンZ
特性:さめはだ
性格:陽気
努力値:AS
ドラゴンクロー
じしん
いわなだれ
まもる

強いです。最強。


ギガイアス@オボンのみ
特性:すなおこし
性格:ゆうかん
努力値:244-252-0-×-12-0
いわなだれ
ヘビーボンバー
ワイドガード
まもる

今作から特性がすなおこしになり強くなりました。相手の天候パや、トリルに対して選出していきます。終盤に流行ったテテフワライドにもドヤ顔で出していけます。このルールの最強のワイガ使いだと感じました。ガブリアスの地震やレヒレの濁流を誘うのでワイドガードがよく決まります。ワイドガードのおかげで勝てた試合もたくさんありました。持ち物は他のものでもいいと思ったので何かいいのがあったら教えてください。



ウインディ@ホノオZ
特性:いかく
性格:いじっぱり
努力値:AS
フレアドライブ
インファイト
しんそく
まもる

威嚇を撒きながら殴るエースです。Zフレドラは理不尽な火力が出るのでかなり好きです。テッカグヤやカミツルギの対策をウインディに任せているので、大事に扱わないとすぐ負けます。ギガイアスと並ぶと地震や濁流が飛んでくるのでワイガ連打が丸いです。結構柔らかいので耐久に努力値を割いてもいいかなとは思いました。


カミツルギ@きあいのタスキ
特性:ビーストブースト
性格:陽気
努力値:AS
リーフブレード
スマートホーン
せいなるつるぎ
まもる

特防が紙なのですぐタスキが発動する。火力は高いので特に不満はなかったです。相手のカプに対して強気に出していけるので強いと思いました。クサZも考えたけどZが3体はさすがにマズいのでやめました。


フェローチェ@たつじんのおび
特性:ビーストブースト
性格:やんちゃ
努力値:AS
とびひざげり
どくづき
れいとうビーム
まもる

フェローチェは耐久がないのにタスキも無いのですぐやられます。とびひざげりの火力には目を見張るものがありますが、守られたら即死なので慎重にいきましょう。ポリ2と対面したらノータイムで打ちましょう。れいとうビームはガブリアスピンポイントで入れてます。意外と打ちます。


シーズンの終盤に大分増えた印象の追い風にはなかなか弱いパーティなので、火力の無い追い風要因は放置して隣だけガンガン殴るようにして勝ちましょう。


戦績はこんな感じです
全体では大したこと無いけどこの6体に固まってからは7割くらい勝ててたのでなかなかいいパーティが組めたと思います。レートが低いのは許してください。

ポケモンのサンムーンのS1が終わりましたが、僕は試験が辛いです
今作から導入されたWCSルール、今はアローラダブルですが、それでちょっと使ったポケモンを紹介します
この6体です。最初はヤレユータンとハリテヤマから始めたのですが、純粋なトリルパーティがものすごい読まれるので諦めました。ポリ2やボーマンダも試したが、ポリ2はあまりうまく使えなくて、ボーマンダは普通に火力が足りないのでこれらも諦めました。

〜個体の紹介〜
ウツロイド@命の珠
特性:ビーストブースト
性格:臆病
努力値:CS
パワージェム
ヘドロばくだん
めざめるパワー氷
まもる

ウツロイドが襷じゃないのは襷で使ってみたけど全く発動しなかったからです。珠めざ氷でガブリアス、パワージェムでウインディ、ヘドロばくだんでコケコとブルルなら1発、H振りのテテフやレヒレにも致命傷を与えられるのでとても強かったです。ただ、テテフと対面したときはスカーフがチラつくので相手の持ち物がわかるまでは諦めて引きましょう。

カプ・テテフ@エスパーZ
特性:サイコメイカー
性格:控えめ
努力値:236-×-20-252-0-0
サイコキネシス
ムーンフォース
シャドーボール
まもる

エスパーZで邪魔な相手を一撃で倒します。強いです。物理には脆いけどギャラドスでごまかしながら頑張って使いました。ベトベトンには気をつけましょう。あとテッカグヤとカミツルギには勝てません。以上です。

ガブリアス@ジメンZ
特性:さめはだ
性格:陽気
努力値:AS
ドラゴンクロー
じしん
いわなだれ
まもる

主人公です。テテフが苦手なポケモンをジメンZで倒します。強いです。テテフと一緒に選出すると大抵はガブリアスのZ技を使います。飛行タイプには気をつけましょう。

ガラガラ@ふといほね
特性:ひらいしん
性格:しんちょう
努力値:236-92-4-×-156-20
フレアドライブ
シャドーボーン
ほねブーメラン
まもる

最初はトリル用に最遅を使っていたけれどトリルは諦めたので慎重にしました。ベトベトンの上を取れるようにしたかったけど耐久がカツカツなのでミラーで勝てる(かも)くらいになりました。テッカグヤとカミツルギの対策をこいつに一任しているので、大事に扱わないと負けます。攻撃にあまり振らなくても十分な火力でした。

ギャラドス@ラムのみ
特性:いかく
性格:ようき
努力値:AS
たきのぼり
こおりのきば
りゅうのまい
まもる

相手に威嚇を入れつつ隙あらば舞って通りの良い水技で相手を殴るやつです。あと地面弱点が3体もいるので貴重な浮いてる枠です。ガラガラが電気技を吸ってくれるので、割と動きやすかったです。ガラガラとギャラドスが並んだ時にガラガラ引きながら竜の舞をするのが割とうまく決まります。

メタグロス@とつげきチョッキ
特性:クリアボディ
性格:いじっぱり
努力値:HA
コメットパンチ
しねんのずつき
バレットパンチ
じしん
 
ここはポリ2を使っていたが、カプテテフにいいようにやられていたので、メタグロスにしました。とても強かったです。


どれも単体で殴り合いに強いポケモンなので、相手のパーティに合わせながらどのポケモンを相手に通すかを考えて選出します。
テッカグヤとカミツルギがいるときはガラガラ必須です。
トリックルール対策は特にしてないので、初手に集中砲火で倒すか、怯ませるようにします。されたらガラガラやメタグロスで頑張ります。
さらに、ペリゴルには恐ろしく薄いので、そこはお祈りヤンキープレーでカバーしましょう。大体は負けます。

戦績は全体で36-22の1708でしたが、この6体にしてからは7割くらい勝ってたように思います。レートが低いのは許してください。来期から本気出します

春休みに入ったらまたWCSルールで他のポケモンも試したいと思います。バンクの解禁で遺伝技が解禁されるポケモンもいるので環境がどうなるか楽しみです。

お久しぶりでございます

9/13で6世代のレートのシーズンが終わってしまいました。
感想としては、忙しくてポケモンをする時間が取れなかったのでレートはあまりできなかったのが残念です。大学は人生の夏休みじゃないのか



最後のシーズンで使おうと思っていた(少し使った)構築を紹介します
いつか使った構築とあまり変わらないけど、トゲキッスを使おうとしたらこうなりました。何戦か試してみてガッサは他にもっと合うポケモンがいると思った。

最後に、
サンムーンから本気出す(多分)

↑このページのトップヘ