シカ対策、さらに続きなど


山の中でシカが通行できないよう

尾根から尾根、斜面から沢沿いへと延々と壁(?)作り。

ワイヤーメッシュを運んだり、取り付けるのが大変なところ(ほとんど)は

電柵用のワイヤーを数本張り、それに枝を絡ませ格子状に。

s-IMG_1343

バサラ山の尾根伝いに下りてくるので、

明らかにけもの道になっているところは特に重点的に。

s-IMG_1342

これで効果があるのかどうか…

ヒラリと飛び越えたり、ゴソゴソ這ったり、潜り抜けるのかどうか…

行動が読めない分もどかしいというか、なんとも歯がゆい思いをしながら、

ともかく少しづつ補強していくしかありません。



><><><

そんなことしつつ…



s-IMG_1345


世界中のいろいろな人を描いている。

(トレーシングペーパーがかかっているのでボケています)

前作「わたり鳥」では、南アメリカから北アメリカへ渡る鳥さんたちを

1画面に80種以上描く場面がありましたが、

今回の絵本のこの場面では100か国以上の人を描いています。

いろいろ調べたり、想ったりしたり、性別や地域がいろいろになるよう

配置したり…1日に10人くらいづつ増えていく。



絵を描くのは「楽しいな~~」


s-IMG_1344



いろいろな人がいて、いろいろな生活して…

世界の多様性と共通性と…

これはほんの一部の1ページで、まだまだいろいろ出てきます。

全体がどうなっているのかは、まだ秘密。

どんな絵本になりますやら…

楽しい絵本になりますように。



シカ対策の壁を作りつつ、

反トランプ的な絵本を作っている。

以前書いたけれど、大統領選のずっと前(30年以上前)から考えていた絵本なのです。

でもこんな時代になったから完成したらアメリカに送ろうかな。


さあ、どんどん描こう。










シカ対策さらに続き、新たなる影。


この1週間シカ対策工事が続き、

夢の中でも、あれこれ工事している。

なんとか形になってきたら…


s-IMG_20170322_0001

また来た アナちゃん。

毎年フラッとやってきて、母屋のネコドアから入り、ネコポリを食べ散らかす。

(母屋でのことはFネコさんのブログをご覧ください。)


昨年来たときは下記

http://blog.livedoor.jp/nestlabo4848/archives/48828850.html

s-IMG_1306

仕事場に隣接した納屋でコイポリ(コイさんのエサ)を執拗に食べたがる。

左はじのところのがアナグマ君

s-IMG_1306

ホワホワ フカフカ

s-IMG_1307

大きなポリバケツの中にコイポリを隠しても、ガタガタ入ろうとしている。

「オイ、コラ」と言うと、

s-IMG_20170322_0002

あわてて驚いて、バケツから落っこちてバケツにしがみついている~~~

かわいい。

s-IMG_1309

Fネコさんのブログの足跡と同じ

s-IMG_1310

肉球が5つ。

s-IMG_1311

すぐ仕事場の地下へ

s-IMG_1311



s-IMG_1312

逃げて行く~~~~

花火で何度脅かしても、すぐ舞い戻って来て懲りません。

明るいところで見ると、

ススキの穂のように軽くてホンワリした毛色で美しく、

ショボショボ目で見るからに天然でかわいい。

が、気にいると一か所に「ウ」を大量にするから 

居つかれると困るので、

s-IMG_1315

トタン板で入れなくしました。

でも翌朝見ると…

s-IMG_1316

穴掘って

s-IMG_1317

中はメチャクチャ~~~~



DSC_5329 (320x240)

ボクハ ネテタカラ シラナイヨ

DSC_5332 (320x240)

ナンモ イナイヨ


><><>、<

昨年市長選で新たな市長さんが当選。

新たな場所に市役所を建設することになりました。

その新市庁舎建設中間説明会

s-IMG_1314

こちらも いませんね~~

皆さん関心がないのか、一任ということなのか。

予算の関係で図書館は含まれないことに。

残念~~。

><><><


図書館ができないのを嘆いていても仕方ない。


新たな絵本製作を続けましょう。



シカ対策続き。


この1週間、午後からずっとシカ対策の壁作り。

R0018136 (320x240)

足場も悪いし、シカ君たちが植物を皆食べてしまって

土が崩れやすくて滑り、腰に負担がかかることこの上ない…。

R0018134 (320x240)

電柵用の線を何本も張り巡らし(電気は流していません)

通行できないようにとしようとは思うのだが…

R0018141 (320x239)

なにしろ急斜面ばかり。

R0018144 (320x240)

フーヤレヤレ。

R0018146 (320x240)

むこうの尾根づたいに、沢まで下り、

又こちら側の尾根まで登ってきたところ…。

s-IMG_1273

当初は下の写真のワイヤーメッシュを張り巡らそうと思ったのですが、

s-IMG_1296

細い鉄筋とはいえ、90×180の大きさで4枚も持つとかなり重いし、

アチコチ引っかかって運びにくい。

前日は20枚を道もない斜面を、尾根まで運ぶだけで、

翌日肘が痛い。

s-IMG_1297


これを300枚,上の尾根沿いに運ぶというのは

さすがに無理だ。

s-IMG_1293

岩盤が露出していて、現実的にもむつかしい。

s-IMG_1285

そんなことをしていても、

羽が落ちているのを見つけると、嬉しい。

キジバトさんの尾羽。


s-IMG_1291

翌日も、1枚。

これもキジバトさんの次列風切り羽。

s-IMG_1294

次の日はヒヨさんのかな。

s-IMG_1295

羽はまれで、ほとんどはシカ君のフンばっかり。

s-IMG_1301

この川沿いも、ささやぶだったのですが、

笹はシカに食べられ、イノさんにほじくり返され、

見るも無残な様相。


s-IMG_1303

ひどすぎ…。

これではウグイスさんは巣が作れません。

なんとかせねばとやりだしたのですが、

今朝外に出たら3頭がピョンピョン去っていった…

クソ~~~~~~

夜中、変な気配で目が覚め、見たら小さなダニに噛まれてた~~~

><><><><><><

まったく 困ったものだ

でも

s-IMG_1304

「鳥の巣つくろう」の初校が出ました。


s-IMG_1305

シカ対策のため少し絵を描くスピードが遅いですが、

新作絵本も進展中。

元気を出して頑張ろう。

対策

夜寝ていて、ハツと目が覚めました。

「こんな絵本を描こう」とかは、たまにあるのですが、今回は

「壁を作ろう!」です。

トランプの言うメキシコとの間の国境に壁を作るのは意味ないし、良いと思いません。

それではなく、あまりにシカ君たちの被害が大きく、

ほとんどすべての植物が食べられてしまったので、

シカ対策を徹底しようと思ったのです。

勿論今までも家の周りや畑等、あちらこちら柵で囲っていたのですが、

その周りをほとんど食べつくされ、悲惨な状態で、我が家だけ守っても意味がないということで、

s-IMG_1273


見える範囲の尾根から尾根にワイヤーメッシュを張りめぐらそうと決断したのです。

が現場に行くと、急な道のない斜面なので、一度に4枚くらいしか運べないし、

現実的にワイヤーメッシュを何百枚も運ぶのは相当に大変。

総延長1キロ以上となると、ちょっとヘリでも使わないと、

さすがに労力というか体力が続かなそうで、

Fネコさんみたいにドクターヘリで病院行きになってしまうでしょう。

s-IMG_1263

ということで、ステンレスの入った電柵用の線を張り巡らすことにしました。

張っていくと、岩盤も多く、急斜面なので、ワイヤーメッシュはやはり無理というのがわかりました。

これも突破されるかもしれませんが、とりあえずやるだけやろうと、

一人山の中で奮闘中。


s-IMG_1268

植林されたまま放置された山の中は、

こんなだったり、(クズやフジのつるが巻き付いて、そのうち木が枯れてしまいます)



s-IMG_1269

こんなだったり(シカが樹皮を食べた痕)



s-IMG_1270

こんなだったり…

材木としても使えないし、下草がなく保水力もなく、

雨が降ると土が流れ、川にも海にも良くありません。

写真の場所は、以前ゴルフ場になる予定だったのがバブルがはじけ、

転売転売で、今はどこの誰の土地かわかりません。

木を運び出すだけ赤字になるから山は放置され、

ぼくが住んでいる地域には、もう製材所が廃業して1軒もありません。

日本の多くの山が、こんな状態…。


><><><

いつもは早い年だと、2月中旬からさえずるウグイスさんたちが

茂みがなくなり巣作り場所がなくなってしまい、家の近所でさえずらない寂しい春なのです。

と、嘆いていても仕方ないので、山の回復目指して、やれることをやりましょう。

そうだ、費用はシカに負担させよう。


@@@@@@

確定申告したり、年に一度の区の総会に出たり、

日常のアレコレはなんとかかんとかやりつつ、

朝から新作の絵本の絵を描き、午後は一人山の中でシカ対策をしている今日この頃…。

バサラ山、日々のあれこれ


2013年に出版した「はしれディーゼル機関車デーデ」

s-IMG_1284

3月11日の震災で線路が壊れ、東北地方にガソリン補給ができなくなりました。

唯一、新潟から郡山までの線路が使えるのですが、その線は電化されていません。

そこで急遽、全国から現役をリタイヤしていたディーゼル機関車が集められ、

タンク車を引き、郡山まで急な山を越えガソリンを運んだという実話の絵本。

文章は すとうあさえさん。

その すとうさんからメールで

「「デーデ」の絵本がアマゾンの売れ筋ランキングの1位になっている」と

連絡が入りました。

見ると確かに1位だ!

(ぼくの絵本はマイナーなので、今まで売れ筋ランキングなんて知らなかったのですが、
こんなランキングがあったのか。)

3月11日が過ぎ、なにかで取りあげていただいたせいなのか、理由はわかりませんが、

皆さんに見ていただければ嬉しいことです。

(この売れ筋ランキングというのは1時間ごとに変わるらしいです)

ついでに、この時のことが実写と この絵本の絵を使ってテレビ番組になり、
東北地方では放送されたのですが、今度下記のように全国でも放送されるそうです。

4月25日()23時~BS朝日

 23:00~24:00  BS朝日(BS5チャンネル)

「希望のレール ~被災地へ燃料を!鉄道マンの挑戦記~」

 

夜遅いので、録画してご覧ください。



Amazon.co.jp

はしれ ディーゼルきかんしゃデーデ (絵本・こどものひろば)

すとうあさえ作 鈴木まもる絵
童心社
2013-11-30

 



livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文