横浜で講演とワークショップ


横浜の「にいはるびじゅつ」という造形教室で、
講演会とワークショップ。

s-IMG_1739

新横浜から横浜線、「中山駅」

s-IMG_1742

駅を出て、待ち合わせ場所で待っていたら、
むこうから知らない女性が嬉しそうに手を振って近づいてきて
「マモルちゃ~ん」
ハテ?どなただったか…と思ったら、
「ドバタのウスコです」って
昔スイドーバタの夜間部で教えたUsui Yumiさんでした。

「にいはるびじゅつ」をやっているSawadaさんと、
ドバタ時代からの仲良しでSawadaさんから今回の講演の話を聞き、
わざわざ埼玉から来たそうです。

そんな話をしながら、Sawadaさんの車で「にいはるびじゅつ」到着。

s-IMG_1747

住宅地から少し離れていて保護地域(?)とかでこれ以上開発されないということで、
遊水池や竹林などある静かでのどかな場所。

1階が教室と旦那さんのSAWAKINさんの工房。
奥に立派な薪ストーブがあります。

s-IMG_1745

さわだきよみ(もう実名で出しましょう)さんとは、
ドバタで直接教えたことはありませんでしたが、ウスコさん同様、
夜間部だった子から大学時代に、ぼくのことを聞いたり、
その後、積み木のWAKUさんの事務所で働いたそうで、
ぼくのことを知り、数年前Wakuさんの全国集会で、ぼくの講演を聞き、
今回のことにつながりました。

教室には毎日、日替わりで100人以上の子がやってくるそうです。

s-IMG_1752

まず、それぞれ自分用の引き出しを作るそうで、
それぞれの個性を大切にしている気持ちが
伝わってきます。

s-IMG_1753

ノコギリやくぎなど、勝手に使えるようになっています。
これは楽しそうだなあ。

初日は、お母さんお父さん向けの講演。

2日目に午前と午後の2回、子どもたち向けに
鳥の巣のミニ講演とワークショップという構成。

絵本の販売もしていただきました。

s-IMG_1743

1日目、終わってから反省会と懇親会で、
ドバタ時代、藝大時代、長野の山小屋「うぶすな」時代の
思わぬつながりで、色々楽しい人と会うことができました。

><><><>
2日目の朝、旦那さんの均さんとピーちゃんと散歩。

均さんは藝大の彫金科を出られた彫金作家で、
ヒョーヒョーと落ち着いてのどかな方で、
とても美しい彫金を作っています。

s-IMG_1749

2日目、子どもたちがやってきました。

s-IMG_1756

始まる前、「絵を描いていいよ」と言ったら、
みんな慣れているので、わいわいがやがや描き出しました。

s-IMG_1761

かわいい~~~

s-IMG_1762

鳥の巣とはなにか?なぜ鳥さんが鳥の巣をつくるのかを、話した後、
ワークショップ開始。

いろいろな素材を置いて、自由に作ってもらいました。

s-IMG_1751

今回は、時間も空間も限られているので、
さわりということで、この後、いつもの教室で、
もっと,色々な鳥の巣がらみの制作に発展していけばよいなあと思いました。

s-IMG_1766

早朝新横浜から新幹線に飛び乗り、

s-IMG_1773

無人駅に到着。

s-IMG_1776

薪割して、

DSC_4311 (640x480)

3年後用に積んで、

s-IMG_1779

オツカレサマデシタ~~~~

















アレコレ


先日、池袋のジュンク堂で「みずとはなんじゃ?」が
できたいきさつなど話したのですが、
それを聞いたNAKAさんという方から、手作り絵本が届きました。

s-IMG_1719

ページをめくると…

s-IMG_1720

「みずとはなんじゃ?」のできたいきさつを聞き、
自分もなにか絵本が作りたくなったということが
書かれてあります。

ページをめくると…

オ~~~っ!

s-IMG_1721

突如、飛び出す絵本となり、
ハタオリドリさんの巣の木が飛び出してきました!!

次のページをめくると…

オ~~
今度は縦の画面になり…
なになに、なんでしょうか、この方は…?

s-IMG_1722

この方はトルストイさんで、
イリヤ・レービンという絵描きさんが描いた絵で、
「裸足のトルストイ」という絵だそうです。

「世間に何と言われようと、私は大地に生きている」という
トルストイの強さを描いた絵だそうで、
ぼくが講演で裸足だったから思い出されたそうです。

フーーン、ぼくは裸足のほうが気持ちよいから講演では裸足でやっているのですが、
トルストイさんもそうだったのか。

さらにページをめくると…

s-IMG_1723

コシアカユミハチドリさんの巣。

枝からクモの糸でぶら下がっているのを、
胎盤につながる、へその緒と感じるとはすごい!!

さらにページをめくると…

s-IMG_1724

ワオ~~~
シャカイハタオリの巣が飛び出してきました。

スゴ~~イ!!
ジャバラにしてあるのが本物っぽいですね~~~

s-IMG_1725

いや~~すごい、まいったまいった…

鳥の巣の飛び出す絵本というのは、今まで考えたことありませんでした。
なんか考えてみましょうか…

つたない話でしたが、聞かれた方が
こんな素敵なものが作りたくなったなんて、
嬉しい限りです。
どうもありがとうございました!!!!

><><><

野良仕事続き。

切り倒した木を、斜面の下にけり落す~~~
エイッ

s-IMG_1707

ゴロンゴロンゴロン

それからチェ-ンソーで玉切りに、

s-IMG_1709

固くて重いのだ

s-IMG_1710

さあ、斧で薪割りだ、
これは再来年分の薪だ。

s-IMG_1711

こっちは山の斜面に作る階段用。

かぶれる木があったので、すこし顔がかぶれたが、仕方ありません。

オッ、
むこうの尾根の、てっぺんの木の上に…

s-IMG_1716

カラス君。
お気に入りの場所。
周囲が見渡せて、気持ち良いだろうなあ。

s-IMG_1715


「わたり鳥」の韓国版が完成して届きました。

s-IMG_1717

この絵を描いているとき、ちょうどFネコさんが
緊急入院し、こちらもボロボロ状態になり、
ただただひたすら画面に向かっていたのでした。

健康がなによりです。

さあ、トルストイのように裸足でしっかり絵を描こう。















どんど焼き


どんど焼き

s-IMG_1655

先週作ったオンベ
前日、少し雨が降りましたが、寒くもないし風もなく、
絶好のどんど焼き日和の日になりました。

s-IMG_1657

年男の饅頭石(屋号)のSHO君が着火。

s-IMG_1659

ブスブス、シュワシュワ

s-IMG_1662

メラメラ

s-IMG_1665

ブスブスブス

s-IMG_1669

メラメラメラ

バタッ

s-IMG_1675

このくらいでも、とても熱くて近づけません。

メラメラ、ゴーゴー

s-IMG_1679

まだまだ熱いぞ。

s-IMG_1685

ミツマタの枝に団子を刺して焼きます。

s-IMG_1688

毎年MAKOTOさんが焼きたてをくれます。

s-IMG_1691

パク、おいしい。

これで1年間無病息災。

HISASIさんが焼き芋もくれました。

s-IMG_1694

紅あずま。これもうまいうまい。
家内安全、身体健全~~~~

s-IMG_1695

オツカレサマデシタ~~~~

^^^^^^^^
午後もついでに野良仕事。

裏の静かな杉林

s-IMG_1705

落ちた杉の葉は薪ストーブの着火の時にとても良い。

s-IMG_1703

おじいさんは山に柴刈りに…

今年初めてのチェーンソー

s-IMG_1696

今年もよろしくお願いしますで、
掃除して歯を研いで、

s-IMG_1697

家の裏の斜面の樹

s-IMG_1698

ここはすぐ岩盤で、根がはがれて倒れるので、
切ることに。

s-IMG_1700

遠くから見ると細いけど、近くで見ると太くて重い。

s-IMG_1701

枝が多いので、片づけながらやらないと…

s-IMG_1706

引っ越しなど、あまり野良仕事をしていなかったので、
体がだいぶなまっている。

この1年も、絵を描くのと野良仕事のバランスをうまくとりながらやっていきましょう。








日々のあれこれ



1月11日は下の村のお寺のお祭り。

s-IMG_1651

いつものように近隣のお寺の和尚さんも一所に
「ゴウボク、イッサイ ダイマサイショウジョウズ…」

s-IMG_1650

今年も1年、家内安全、身体健全~~~~~~~~

><><><><

オランダ鳥の巣作戦開始。

3月のオランダでの講演は、そもそもの始まりは
ハンガーを使ったカラスさんの巣を借りたいということでした。

で、その巣を梱包してオランダに送ることに

s-IMG_1626

これはいつもの展覧会用の梱包ですが
今回はEMSの国際小包便なので、
これでは大きすぎなので、

s-IMG_1627

s-IMG_1628

巣の部分だけにして、コレクションカードも同封。

s-IMG_1629

一緒に、ワンコの風鈴の頭に作ったハチドリさんの巣。

s-IMG_1633

おとなしくしているんだよ。
検疫の人とか見つかるから吠えないようにね

s-IMG_1631

開き方を描いて

s-IMG_1630

針金でできたキジバトさんの巣も

s-IMG_1634

みんな一緒に

s-IMG_1637

梱包して

s-IMG_1640

ホームセンターに段ボール箱を買いに行ったら、
調度、自転車の車輪を入れる箱が捨ててあって、
ただでくれるというので、入れたらピッタリ!
郵便局に持ってゆき出荷。
無事オランダに届きますように。

****@@@@^^^^^
夕方仕事場を出たら、
むこうの尾根に

s-IMG_1621

THE DARK SIDE OF THE MOONだ 

s-IMG_1620

><><><><><

s-IMG_1642

4月の新宿中村屋での展示用の大きな絵のための水張りをしていたら、

s-IMG_1643

担当のHITOMIさんから

ポスターの校正が届きました。

s-IMG_1644

1年のうち、2回だけ企画展で、
3月2日から4月7日までが及川さんという日本画の方、
4月13日から5月12日までがぼくで、
ポスターは2人で半分ずつ。

s-IMG_1645

ポスターでは、大きい絵の1部分だけ。
1枚に160種以上の飛んでる鳥さんが描いてあります。

及川さんは、モノトーンで女性を描かれている作品だそうで、
ぼくのは実物の鳥の巣と鳥の巣関連の絵だから、
すごく違う世界の展示になりそうで、おもしろそう。

s-IMG_1646

切符の校正も

s-IMG_1647

さあさあ絵の続きを描きましょう。





女子美大で特別講義。


新年最初の出張は、
東京の女子美大で毎年やっている特別講義。
いつもは秋にやっているのですが、今年度は1月。

いつもの無人駅に行ったら、1本前の電車が到着するところで、
坂道を駆け上り飛び乗ったので、
駅の写真を撮れなかったので、新幹線の写真。

s-IMG_1594

調度お昼時で,夜まで食べないのは体に良くないし、
レンジで温めてくれる「わっぱめし」というのがあったので、
ゆっくり車内で駅弁を食べようと思ったら…
箸がついていな~~~~~い。

s-IMG_1595

ジャングルなどに鳥の巣を探しに行くときは、スプーンなど持参していますが、
今回は持ってきていません。
平日の昼時で電車がすいていて、周りに誰も乗っていなかったので、
旅行バッグに歯ブラシがあったので、柄のほうで食べました。
ウ~~~NN
今年はなんかいろいろありそうだな~~~

s-IMG_1596

その前に新宿中村屋で、4月の展示のチラシなどの校正。

テキパキのHITOMIさんと、細かな打ち合わせ。

><><><

地下鉄丸ノ内線で東高円寺下車、徒歩15分。

s-IMG_1597

女子美大杉並キャンパス。

s-IMG_1598

s-IMG_1599

受け付けが変わった。

受付嬢のシイタケちゃん。

s-IMG_1601

s-IMG_1602

実際は写真より、も少し黒いです。

s-IMG_1604

会場はいつもの講義室。

ヒーリング表現領域の生徒さん(絵本を創ったり、病院の壁面に絵を描き、
患者さんに喜ばれる、とても良い授業をしている)やファッション科の生徒さんたち、
約190名。

今年で4回目かな。
大学の同級生のYAMANO君が教授をしていて、この話が来るようになったのです。

大学の講義なので、1時間半と短い時間で、久しぶりなせいもあり、
気が付いたら、もう時間オーバーで、シャカイハタオリやニワシドリの映像は映せませんで、
最後もあれこれ言い忘れたこともあり、反省していたのですが、
職員室に帰ってから、YAMANO君が「読んでごらんよ」と、講義後の皆さんの
感想が書いてある用紙をくれたので見たら、

s-IMG_1609 (2)

皆さん短時間にものすごくビックリするくらい感想を書いてくれていました。
「今までの授業で一番面白かった」とか
「感激した」とか、「子供のころ鳥の巣の絵本を買って持っています!!!感想文を書きました」
なんていう生徒さんもいて、これから世の中へ巣立っていく皆さんへ
なにか鳥の巣から感じてもらえたなら嬉しい限りです。

さあ、今年も鳥の巣伝道の旅の始まり始まり~~~


@@*>?>?><<><

翌朝、一番の新幹線に飛び乗り

s-IMG_1606

外はまだ真っ暗で、車内もガラガラ

行きのことがあったので、朝はサンドイッチ。

s-IMG_1605

いつもの無人駅に到着~~

s-IMG_1608

オツカレサマデシタ~~~~

><><><

閑話休題


細かい部分の絵を描くとき使う筆...
ガッシュという絵具を使うので、どしても先がすり減って、
だいたい1~2週間くらいで使えなくなります。

下左が新品、右が古いので、こうなると残念ながら使えません。

s-IMG_1616

でも、なんかかわいそうなので、捨てずに持っています。
(鉛筆のちびったのも取ってある、貧乏性なのでしょう)

s-IMG_1617

で、昨年大学の先輩、HIROMIさんの個展に行ったら、筆立てに良さそうなのがあり、
譲ってもらいました。

s-IMG_1612

ほんとはお茶に使うらしいのですが、
「筆立てにしても良い」というお許しをいただき

s-IMG_1613

新しい筆立てに。

s-IMG_1611

お正月休み、わざわざHIROMIさんが旦那さんのTOMITA君
(新美の予備校時代一緒で、現在はスゴイ照明デザイナーになっています)
持って来てくれました。

今まで使っていたのを、使えなくなった筆立て2に(右)

s-IMG_1615

さあ、今年も絵を描こう。












プロフィール

まもる

カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文