静岡新聞、そのほかアレコレ。


30日の静岡新聞の夕刊に「まもる説」が出た。

s-IMG_2291

「絵本「鳥は恐竜だったー鳥の巣からみた進化の物語」で取材に来てくれました。
記者のIto君がすごく熱心で、丁寧に記事を書いてくれました。

s-IMG_2290

上野の科学博物館の昨年まで館長だった林良博先生
(山階鳥類研究所の所長でもありました)や恐竜繁殖の第一人者の田中公平先生の
コメントも出ています。

s-IMG_2292

詳しくは下記から読むことができます。

https://www.at-s.com/news/article/shizuoka/1185885.html

「まもる説」を世界に広めていこう。

😊😊😊😊😊😊

バサラ山に雪。

s-IMG_2261

雪というか凍っている感じ。

s-IMG_2269

ー珍しい魚シリーズー

時々行く、海辺の小さなスーパー。
見知らぬお魚さんが出るとつい…
今回は…

s-IMG_2258

マツカサウオ!

これは、さばいたことも食べたこともなかった。
1匹なんと50円。

うろこがものすごく固いし、トゲというか槍のようなものが生えている。
英名はknightfish(騎士)
お店の兄さんに聞いたら「そのまま焼けば皮もうろこもペロンとはがれる」ということで、
二人分で4匹購入。

ついでに刺身のうまい「オジサン」も。
前回は1匹400円くらいだったのが、今日は300円。
(3日分のおつまみ)

s-IMG_2259

ストーブでホイル焼きにしたけど、
やはりお店の人が言うように網で焼いた方が良かったようだ。
味はおいしいです。

hv_IMG_9658


hv_IMG_9657

一人2匹で100円。
ゴチソウサマデシタ。

😊

ニワシドリの読物の絵ができました。

下はニューギニアとオーストラリアでの分布図。

s-IMG_2252

カラーページが限られているので、
アズマヤまで描いてしまった。

s-IMG_2253

最初のプロローグの部分16ページがカラーです。

子ども時代の図書館での出会いから物語は始まります。

s-IMG_2256

下は表紙。

s-IMG_2255

ケースもできた。
さあ、明日理論社に持っていこう。
編集担当のM君は静岡新聞のITO君と大学の時の友達だそうで、
世の中狭い。どちらも熱心で嬉しいことです。

s-IMG_2254

😊😊😊😊😊

新書「身近な鳥のすごい巣」のほうも、どんどん描き進めています。
(これは「身近な鳥のすごい~」というシリーズの3冊目なのです)
下の絵は、身近な鳥32種の基本情報部分の、
鳥と巣と卵の絵。
この本の骨格になる部分。

s-IMG_2279

このごろ明け方寒いので、Fネコさんのパソコン用手袋のいらないのをいただきました。
今まで軍手の指先を切って使っていたのですが、
この方が柔らかくて使いやすい😊

アクリル絵の具で細かい部分を描いていると、
10日くらいで穂先が減ってしまいます。

s-IMG_2277

使えなくなったけど、捨てるのもかわいそうなので…
ついつい取ってあります。

s-IMG_2294

チビった鉛筆さんも、増えていきます。

s-IMG_2295

これがいっぱいになるまで絵が描けますように。

😊😊😊😊😊😊😊😊😊


新しい絵本完成!

新しい絵本の見本ができました。

「どこでも タクシー」(文溪堂)

s-IMG_2221

2020年に作った「なんでも レストラン」の続編というか、
姉妹編というか兄弟編というか…

s-IMG_2232

主人公の男の子が、前回はレストランのコックさんだったのが、

s-IMG_2233

今回はタクシーの運転手さん。

s-IMG_2222

前回出てきた、ライオンさんやカンガルーさんなども、
みんな同じ順番で出てきます。


「タクシータクシー!
はやくはやく おくれちゃうよー」

s-IMG_2251

ライオンさん どこに いきたいですか?

「ひこうじょう ひこうじょう。
もうすぐ ひこうきが しゅっぱつしちゃうの。」

「はい わかりました。
ひこうじょうへ しゅっぱーつ!」

s-IMG_2228

ということで、タクシーはひこうじょうへ……

s-IMG_2229

という感じで、いろいろな場所へ 動物さんたちを乗せていくお話。

絵は、昨年9月にはできていたのですが、
無理に年末の慌ただしいときに出すのは避けました。
だから編集のSさんが細かいところまで、丁寧にいろいろ見てくれたので、
楽しくかわいい絵本ができました。
Sさん、ありがとうございました。

最後に少し秘密があります。

2月になったら書店に配本される予定です。

前作を作った後、登場人物たちが勝手に動き出してできたお話。
実は3作目も、もう頭の中で、ライオンさんたちがワイワイ動き出していて、
ほぼ全体はできているので、そのうち出来るでしょう…。

😊😊😊😊😊😊😊😊

2週間半ばかり野良仕事もジョギングもお休みしていました。
ようやくなんとなく、予備のバッテリーが充電されたようなので、久しぶりに少しずつ再開。
と言っても、散歩から。
庭の河津桜の花が少しずつ咲いてきました。

s-IMG_2238

スイセンちゃんも満開。

s-IMG_2246

あせらず、ゆっくりやろう。

絵は描けるので、「新書」と「ニワシドリ」を猛烈に描いているところ。

s-IMG_2247

今週は動画はおやすみです。


動画4回目。その他。


下は、池の鯉さんを食べに来るアオサギさん。

s-IMG_2197


人が来ると、川向こうの杉のてっぺんに逃げていきます。

s-IMG_2198


和久先生との対談。20日の20時以降に見られるようになるそうです。
4
本目(14分):コンピューターについて

https://youtu.be/6cuqwQPP7fw

 

高学年用の読物、「ニワシドリの秘密をもとめて」が
ずいぶんできてきました。

下は表紙を開けたところの「見返し」

ニワシドリの分布図。
オーストラリアと、ニューギニアの限られた場所にしかいない鳥なので、
絵地図に描きました。これはトレペーをかけてあります。

s-IMG_2209

大人向けの新書で鳥の巣の本も、絵の製作開始。

s-IMG_2208

これは当初思っていたより、締め切りが無茶苦茶早くなったので、
どんどん描こう。

s-IMG_2216


ということで、ひたすら絵を描いている日々。




3回目の動画,そのほか


改めまして本年も どうぞよろしくお願いいたします。

s-IMG_2179

下は和久先生との対談3回目。

3本目(10分)

https://youtu.be/uuLbMabjgdg


新年早々から、昨年ずっと原稿を書いていた読物の本の中の絵を描いています。

2014年に「ニワシドリのひみつ」という絵本をつくりました。
オーストラリア、パプアニューギニア、インドネシアへと取材に行ったことや、
そのずっと前の子供のころからのニワシドリを思う気持ちを綴った、
絵のたくさん入った読み物です。

s-IMG_2159

なかは1色の絵がたくさんで、とってもおもしろいです。

s-IMG_2156

そんなことしながら、横の山の、
伸びすぎた樹を剪定。
下が岩盤なので根っこからはがれて倒れてしまうのです。

s-IMG_2168

白内障手術が失敗して遠近感がつかみづらいので、無理せず、ぽちぽち

s-IMG_2178

s-IMG_2169


それから、時々付き添いで行く病院のコンビニで年賀状の返事書き。


 s-IMG_2180

無理せずやりましょう。




2022年大晦日から、2023年お正月。


大晦日。
村の役員なので、神社のお掃除。
朝10時集合。

s-IMG_2123
 
初詣に、村の皆さんが来るので、掃除。

s-IMG_2124

アッ、羽根、見~つけた。
ガビチョウさんかシロハラさんか?
ごほうびだ。

掃除のあと、
しめ縄をはったり…

s-IMG_2125

電球をつけたり

s-IMG_2126

シデを差し込んだり…
差し込む向きがあるとは知りませんでした…

s-IMG_2127

御神木にも…

s-IMG_2128

きれいになりました。

一時解散。
めずらしく遠方より息子夫婦が来たので、無人駅にお迎え。

s-IMG_2130

夜10時。また神社集合。
初詣の準備。
焚火を付けて…

s-IMG_2136

毎年猪子汁なのですが、今年は…

s-IMG_2138

おでん!

s-IMG_2139

飲み物も、越乃寒梅!いいちこ!

s-IMG_2140

スーパードライ

s-IMG_2141

準備万端整いました。

s-IMG_2142

5-4-3-2-1…

s-IMG_2143

あけまして おめでとう ございます !

s-IMG_2145


で、村の皆さんがポツリポツリとやって来て…
お神酒とおでんをふるまって…
あとかたずけして午前2時帰宅。
今年も、いろいろ いろいろ ご苦労様でした。
オツカレサマデシタ~~~で、

2022年はおしまい。

😊😊😊😊😊😊😊😊😊😊😊😊😊😊😊😊

2023年
わが家の初日の出!

あけまして おめでとう ございます。

s-IMG_2147

コロナとプーチンに負けないで、元気に絵を描いたり、
野良仕事仕事をしたり、いろいろいろいろしましょう。

s-IMG_2150



平和な世界になりますように!!!!

本年も どうぞ よろしく お願いいたします。







プロフィール

まもる

カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ