動かぬ証拠2


「動かぬ証拠1」を書いたのはちょうど1か月前でした。

昨日重大ミッションの用意をしていたら、


「動かぬ証拠2」を見つけてしまった。

s-IMG_2007

前回とほぼ同じ場所。

南側の窓のところ。

s-IMG_2008

上が前回の、

下が今回の。

ずいぶん大きくなった。

のか 違う個体なのか??????

わかりません…

そういえば窓の棚の小物が落ちたり移動したりしているような…

今日から重大ミッションでネットも電話もつながらないところに行きます。

帰ってきたら もっと大きくなっているかな…


><><><><


s-IMG_20160923_0001


朝ご飯を食べていると、

「ギャーギャー」とカケスさん。

窓から川向うを見ると、

バサバサとカケスさんが飛び立ち、

その下をイノさんが

ちょうど栗の木のあるところだったので、栗の争奪戦だったのでしょう。


秋のバサラ山です。








野良仕事など あれこれ あれこれ


遅れていた野良仕事の続き。

畑に冬野菜の種をまきました。

s-IMG_1978

大根さん

s-IMG_1972


s-IMG_1980

チンゲンサイくん

s-IMG_1973



s-IMG_1981


s-IMG_1974

小かぶちゃん

s-IMG_1983

s-IMG_1976

サニ~レタスくん

いつもは苗を植えるのですが、

早摘みしてサラダに良さそうなので、

s-IMG_1987


s-IMG_1975

しゅんぎくさん

s-IMG_1985

そのほか あれこれ あれこれ…

s-IMG_1982

納屋の掃除をしたり、台風で氾濫した尾根の向こうをかたづけたり

畑の向こうの斜面の草刈りしたら

s-IMG_1988

栗の木があり、

s-IMG_1991

ヒャ―、たくさん採れました

s-IMG_1992

市販の養殖物より、小さいけれど、味は濃い~のです。

s-IMG_2002

まず圧力なべで5分。

半分に切ってからスプーンでこそぎだします。

量が多いので2回に分けて

s-IMG_2003

細かくつぶして

s-IMG_2006



s-IMG_2005

砂糖45パーセント、ブランデー、バター適当

栗ジャムのできあがり~~~~


s-IMG_2000

夜になると窓でヤママユガ君がパタパタ

プクプク、コロコロしてこれも立派。












絵本ナビのプレゼント


絵本の情報サイト(というらしい)絵本ナビさんで

拙著「だっこ」のレビューコンテストというのをやっていただきました。


2名の方に色紙に絵を描いてプレゼントということで描いた絵。


s-IMG_1955

淡い色なので、この画面上ではうまく再現できていません。

どうもうちのカメラは赤味が出ません。

s-IMG_1957

裏にもサイン。

2点なので、もう1点も同じような絵柄ですが微妙に違います。

たくさん、ご応募いただいたき ありがとうございました。

個人的には皆さんにあげたいのですが、そうもいかず、

出版社の方に抽選していただきます、スミマセン。


「だっこ」は いろいろな動物さんたちの親子が抱っこをするのを

人間の親子が真似してナゼナゼ、スリスリ、ペロペロ…

スキンシップする絵本

だっこ (にじいろえほん)
鈴木まもる
小峰書店
2016-02-12




***><><><

角膜ヘルペスになり3週間以上まともに野良仕事ができませんでした。

まだ久々のコンタクトレンズで時々ショボショボですが、

なんとか少しできるようになり…

s-IMG_1960

夏野菜をかたずけ冬野菜の準備。

台風で山の落ち葉が流されてしまい、堆肥が少し物足りないがしょうがない。

s-IMG_1961

一応畝を作り、いつでも種がまける状態になりました。

台風が過ぎたら種をまきましょうを。


s-IMG_1958

汗だくで水を飲みに家に帰って、続きをやろうと外に出たら、

あっ、どこかで見た絵。

ゴッホさんが こんな絵を描いていましたね。

種まきの前だからおんなじだ。

あの方も、畑を耕したりしていたのでしょう。

時空を超えたつながりを感じたりして…


><><><

久しぶりにほかの作家さんのお話に絵を描きました。

s-IMG_1962

作者は いとう みくさんという方。

s-IMG_1963

男の子が ひょんなことで ネコの世界に入り込み、

s-IMG_1964

怪しいクロネコ、変なおばあさん等々登場し…

s-IMG_1965

あれこれ不思議なことに巻き込まれるファンタジー


s-IMG_1966

これは 裏表紙。

読書の秋に。


ねこまつりの しょうたいじょう
いとう みく作 鈴木まもる絵
金の星社
2016-09-16




着々と重大ミッションに向け、あれこれ準備中のこのごろ。


「鳥の巣つくろう」の絵を持って


「鳥の巣つくろう」の絵をもって東京の出版社へ。

s-IMG_1947

いつものように全部まとめて

s-IMG_1946

飯田橋の駅から歩いて10分の岩崎書店へ

s-IMG_1948

ここでは今まで「鳥の巣の本」「世界の鳥の巣の本」

「ニワシドリのひみつ」等々出版していただいています。

s-IMG_1949

「オッ」玄関入ったところに飾ってある

s-IMG_1950

2階の部屋で編集長のMさんと、細かいところの打ち合わせ。

いろいろこれから本の方向性や装丁など細かく決めていくための第一歩。

いろいろ あれこれ話していて、写真を撮り忘れました。

保育園の子供から かなりマニアックな人まで楽しめて

全国の小学校、幼稚園などで、工作に鳥の巣を作るようになるとよいのだけれど…


きれいで楽しい本になるとよいなあ。

来春完成予定。


s-IMG_1952

ヘルペスの治療で3週間コンタクトを付けていなかったので、

まだすぐ目がショボショボしてくるので、

ほかの仕事は入れず、お彼岸前のお墓参りだけで すぐ帰宅~~。

さあ次は、いよいよ新たな特命ミッションの準備だ














鳥取県倉吉市に講演会


羽田発鳥取行き


s-IMG_1871


午後1時発


s-IMG_1872


ボーイングA320、小型の飛行機


s-IMG_1875


お昼なので、空弁、焼き鯖寿司。


s-IMG_1878


御嶽山まだ煙が出ています。


s-IMG_1884


日本海、鳥取砂丘。


s-IMG_1889


鳥取空港はアニメの人の出身地のようです。


隣の境港はゲゲゲの水木先生の空港になっています。


s-IMG_1891


バスで日本海沿いを走り、


白うさぎの浜を通り過ぎ、倉吉市へ。


図書館だけでなく、いろいろな文化的なものにも熱心な市のようです。


s-IMG_1897


講演会は翌日10時から会場は上灘公民館。


右は図書館長のYさん。


s-IMG_1900


ポスター


s-IMG_1898


小さいお子さん連れも来るということで、


前のほうに少しゴザの席も。


120名くらいで、質問もたくさん出て、楽しい会でした。


s-IMG_1902


地元の書店さんの販売コーナー。


どうもありがとうございました。


s-IMG_1905

翌日は近隣の小学校を3校まわるというハードな日。


まず8時40分から社(やしろ)小学校の3年生、


先生、何人かの読み聞かせの方たち、約60人


s-IMG_1906


午前中2校なので、1時間半の時間を守らないといけない。


あっという間で、すぐ次の灘手(なだて)小学校へ車で約10分で移動。


s-IMG_1907


ここは全校生約60人くらいか。


先生など入れて約70人(?)


(この辺から頭が混乱してきて…)


ここは体育館で約1時間半、


s-IMG_1910


講演後1年生たち約10人と給食を食べました。


校庭の隅のキウイだなに鳥の巣があるんですけどということで


見たら、


s-IMG_1909


オッ! キジバトさんの巣。


「どうぞどうぞ」というので、しっかりいただき


次の上小鴨(かみおがも)小へ。


車で約30分。


s-IMG_1911


ここは音楽室で全校生約90人と先生、読み聞かせの方など、


約100人くらい。


最後で少し時間に余裕があり、質問もたくさん出て


楽しく終われました。



フ~~~~~3回連続だと、


どれを言って、どれが言ってないか、わからなくなるというか、


混乱してきます。



でもなんとかかんとか無時終了~~~~~


s-IMG_1912


翌日12時発の飛行機に飛び乗り。


s-IMG_1917


帰りは かに寿司。


s-IMG_1921


上も下も雲がいっぱい。

バサラ山上空も雲で残念ながら我が家は見えませんでした。


s-IMG_1924


雨の羽田に無事到着。


s-IMG_1925


新宿の眼科に行って、帰宅~~~~~~。


目も順調に治っているということで、一安心。


Fネコさんに駅まで迎えに来ていただき、


無時7時過ぎに帰宅~~~


s-IMG_1928


家に帰ったら、


s-IMG_1929


ペルーの鳥さんの笛が待っていました。


s-IMG_1932


どうも ありがとうございま~~~~す。


お疲れ様でした~~~~~~





livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文