アフリカゾウ制作続き


ひさしぶりに下の村の小学校の総合学習へ。

昨年末から中断していたアフリカゾウの骨格制作の続き。

s-IMG_6405


頭蓋骨を作る子、肋骨を作る子、後ろ足を作る子などなど、
13人の子供たちにそれぞれ作る場所を割り振り、

s-IMG_6406

図面の20倍にしてボール紙に描いて切り取るという作業。

s-IMG_6407

できた子から床に置いて、まだの子を手伝って…

s-IMG_6408

背骨の高さが3メートル20㎝なので
教室には広い壁面がないので入りません。
だいたいできてきたので、
みんなそれぞれのパーツを持って体育館へ。

s-IMG_6409 (2)

体育館も上に絵がかかっていて広さが足りないけれど仕方ありません。

どんどん貼っていきましょう。
(壁が薄いグリーンなんだけれど、カメラでは色が出ません)

s-IMG_6410 (3)

みんな脚立に乗りたがる。

s-IMG_6411 (2)

少し足を曲げたポーズにしないと入りませんでした。

なんとか完成。

アフリカゾウはどうして日本にいないのかなど、
みんなと話しておしまい。

s-IMG_6413

フーン

s-IMG_6412

バンザーイ






うれしいこと


ある子供の本専門店の人が、その書店の冊子に書いてくれた記事を読みました。

いわく…

ーーーーー

ある日のこと、5才くらいの男の子と、その父親が来店。
しばらく店内を見て回っていましたが、男の子が突然大きな声で
「父ちゃん!まもるちゃんの新しい本でたよ」と父親を呼んだそうです。
その子のところに行った父親は「うーん、これもなかなかいいね」
と親子の会話がしばらく続きます。書店の人は楽し気な会話の端々に
「まもるちゃん」という名前が出てくるのに気づきました。

きっとこの子と同じで乗り物絵本が好きな友だちだろうか、あるいは弟だろうか?
でもそれにしては話がちぐはぐです。気になって近づいてみると、
二人が頭を寄せてみていた絵本は「いそげ!きゅうきゅうしゃ」でした。

s-IMG_4899


この親子は、このシリーズが好きで、すべて持っているようで、このシリーズ全体を
「まもるちゃんの本」とよんでいるとのことです。
雰囲気はまるで古くからの友だち気分のように話していたそうです。

(以下略)

ーーーーー

うれしいなあ、

いい子だなあ

かわいいなあ

まもるちゃんの絵本か…

ちょっとこそばゆくて目がウルっときた。

5才の子にそう言われるのは

絵本を描いてて良かったなあ

どこかでそうやって絵本を見てくれてる人がいるのはうれしいなあ

ちょっとうれしくて、お酒をたくさん飲んでしまいました。


ではでは まもるちゃんは 今日も絵を描きましょう。





野良仕事など…


家の横でイリオモテタヌキネコ発見!

s-IMG_6398

ネコ科なんですけど有袋類でおなかに袋があるので、
走るとおなかがタプタプ波打ちます。
静止画像なので、ちょっとわかりにくい。

s-IMG_6399

正式な学名はPrionailurus basaransis kinakotiyansis

目立ちにくく非常に不可解な行動をします。


><><><

2日続けて夜中に家のそばにシカ君が出た。
どこかシカ除け柵のすき間を見つけたようなので補強しに。

s-IMG_6384

この上に尾根があり、尾根のむこうに柵が延々と作られているのですが、
ワイヤーメッシュを担いで登るのはきつい。

雨の後とかなら少し足跡が残るが、冬は乾燥しているから
どこから入ったかわからないから、始末が悪い。

何か所かそれらしき通れそうな部分を補強。
いつまで続くのやら…

***>><><><

下の村のTさんが「家が日陰になるので木を切ったから燃し木にあげる」というので、
いただきに。

s-IMG_6385

太い杉と檜がたくさん

s-IMG_6389

こっちが檜で

s-IMG_6390

こっちが杉

s-IMG_6386

この葉の下にもたくさん横たわっています。
針葉樹の木はすぐ燃えちゃうのでストーブの燃し木にはあんまりなんだけれど、
まあいただけるものはありがたくいただきましょう。
Tさんありがとうございます。

しかし生木だからやたら重い~~~

輪切りにしても重い。

s-IMG_6391

軽トラなのであまり積めないから、このくらいで1回家に運ぼう。

s-IMG_6387

ということで3往復

s-IMG_6395

軽トラに積むのも重くて腰が痛くなってきたので、

s-IMG_6392

現地で割って来年用の薪。

s-IMG_6394

Tさんの家では、おばあちゃんが五右衛門風呂を焚くのに使うだけらしく、
片づけは急がないらしいので、今日はここまで。

おばあちゃんいわく、「五右衛門風呂は体の芯から温まるからガスで沸かした風呂には入れない」
そうです。

土鍋で炊いたご飯がおいしいのとおんなじかな。


><><>*****@

s-IMG_6404

絵本ではない絵を描くための水張り。

さあ、いろいろ始めよう。



どんど焼き


どんど焼きの日になりました。

s-IMG_6316

前日、書初めを追加したのですが、その後
老人ホームの人たちが手製の鏡餅セットを作ってくれました。

s-IMG_6321

6年生のSHO君が点火。
SHO君も当日に書初めを出していました。


s-IMG_6323

シュワッチ

s-IMG_6326

どんどんつけていきます。

s-IMG_6333

メラメラメラ

s-IMG_6339

メラメラ ボーボー バチバチ ボンボン

s-IMG_6344

ゴーゴーゴー

s-IMG_6347

あっ かわいい雲さん。


s-IMG_6351

アーツ 倒れる~~~~~

s-IMG_6352

メリメリメリ

s-IMG_6353

デデデ~~~ン


s-IMG_6355

バチバチバチバチ

s-IMG_6357

シュ~~~~

アーアッ
後は 燃え尽きるのみ……

s-IMG_6363

ミツマタに刺したお団子を焼きます。

s-IMG_6364

無事みんな焼けました。

s-IMG_6366

オツカレサマデシタ~~~~~~~^


s-IMG_6367

家に帰って、いただいた焼いたお団子を食べました。

これで この1年無病息災、身体健全、家内安全~~~~

世界が平和でありますように。


どんど焼き無事終了~~~~~~

午後は いつもの 野良仕と薪づくり。


これで お正月もおしまい。
さあ今年も元気に いろいろやりましょう。




















バサラ山近況


暗くなって下の街に行く用があり、
村と村の間の人家のない県道を走っていてふと横を見たら
シカ君が並走していた。
2歳ぐらいの若いオスでした。
競争したかったのかな?

s-IMG_20180111_0001

><><><><

先日立てたどんど焼きのおんべ。
小学生がいないから書初めがない。

なんか寂しいので、勝手に書いた。

s-IMG_6307

「世界の平和」「家内安全」「身体健全」「婆娑羅山万歳」

s-IMG_6311

気は心

ないより良いでしょう。

神様に届きますように。

><><><

薪作り続き

s-IMG_6292

みんな割ります。

s-IMG_6293

割っていたらFネコさんが「やりたい」というので、
薪割り体験

s-IMG_6300

「せーの」

s-IMG_6301

パコーン!

うまいうまい

‘‘‘‘@‘‘‘^^^^^^‘~~~~~~~

s-IMG_6295

中くらいに細い枝はロープで縛って、固定してから
チェーンソーでまとめて切ります。

s-IMG_6297

細いのは細いので積んで、

s-IMG_6298

割ったのは割ったので積んで

s-IMG_6302

雨に濡れないようにして

s-IMG_6304

出来上がり。


s-IMG_6305

マタ ソンナコト ヤッテル

s-IMG_6306

ワタシハ カエッテ オヒルネ







livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文