2011年11月

テントウムシの日

今日はテントウムシの日です。
といっても、10月10日6時4分とかのごろ合わせではなく、
寒くなって動きの鈍ったテントウムシが、急に温かくなってまた動き出し、
本格的な寒さ対策で、すきまを求めて家に集まって来るのです。

窓から壁から、トコトコ、 トコトコはいまわっていて、
窓を開けっ放しにしたら、皆部屋の中にどっと入ってきて、それはそれは大変なのです。
(しばらくすると寒くなって、皆また部屋の隅で動かなくなって冬眠するだけですが)

この辺にいるのは、黒字に赤いまる二つや、
赤マル4つ、オレンジの 地に小さい黒点のナミテントウムシです。


IMG

麦まき

下の村、加増野(かぞうの)に「ポーレポーレ」というそば打ち施設があります。

そば打ち体験させてくれたり、手製のピザ窯でピザを焼いたり、おみそをつくったりと、
村の人たちがあれこれ地域活性化でやっているところです。
で、なぜかその運営委員になったので、時々お手伝い。
今日は、先月収穫した大豆畑(今年は不作。でも出張で行った島根も不作だそうで、全国的なものかも)
に麦を蒔きました。

 
IMG_0002

肥料をまく人、トラクターで耕す人、ひもをはって、うねを作りやすくしている人。
種をまく人、レーキで土をかける人。 
働かないで絵を描いていたのではありません。
働いた後、思い出して描いたものです。


IMG_0001

となりの畑で、一人耕すおばあちゃん。




IMG_0004


夏前ころ、家の横のモミジの樹でヒヨドリが巣にいるのを見つけました。
その後無事巣立ったのか、いなくなりました。
かなり強い雨や、突風の日もあり 壊れるかなあと心配だったので、
早く巣をとろうと思っていたのですが、登りにくそうな樹だし、
はしごをかけるには足場が悪いし、何やかやとやることが多くて、
延び延びになっていたのです。
で、無事採取することができました。

IMG_0003

心配していたほど破損もなく、改めて巣の丈夫さに感心しました。

地方巡業

IMG_0001

本日は島根県に巡業。

同居人

仕事場は母屋から庭を挟んで10mくらいのところにあります。
そこは、絵を水張りしたり、鳥の巣も置いてあるので、猫など立ち入り禁止にしています。 
でも、一人で仕事をしていると、どこかから、カサコソ、カサコソ と音がしてきます。
絵を描いていても、視界のすみを、なにかがスーッと移動したり、棚の上の、鳥の巣や
いろいろ置いてある中に、ふたつのつぶらな瞳がこちらを見つめていることもあります。
さらに、鳥の巣の中、ちょっとしたすきまにヒマワリの種のカラがたくさん入っていることが多々あります。
犯人はこの子。姫ネズミ君で~す。

IMG_0002

ネズミ捕りのカゴを置いても小さすぎるのか、つかまりません。
まあ、さしあたって、すごい害もないし可愛いので、何カ月もそのままにしています。 

知っている鳥の巣の研究者の仕事場では、
ある日、アフリカに住むトカゲが部屋の中を走りまわっていたそうです。
どうも1カ月くらい前に、調査に行っていたアフリカから持ち帰った鳥の巣の中に、
トカゲが寝ていたのを気がつかないまま入国してしまったようです。
当研究所ではそんなことありませんからご安心を。
と言いつつ、なにか上の方から見られているような、いないような……

IMG_0003

なによ

IMG_0001
階段の踊り場で、ころがっているスモモちゃん

キナコちゃん出動!

IMG_0004a




IMG_0004b



IMG_0004c



薪をもらう

川むこうの養護学校の方からチェーンソーの音がするので行ってみると、
学校の周りの桜を切っていました。
聞いたら、テングス病なので切って燃やすそうです。
くださいと言ったら、2トンダンプで3台分運んでくれました。
細かい枝が随分ですが、太い幹もあり、1か月分くらいにはなりそうです。
早速チェーンソーで切って、細い枝、中くらいの、太い幹と分けていたら、
メジロの巣がありました。ラッキー!
そんなこんなしていたら、あっという間に夕方暗くなって、今日の仕事はおしまい。

IMG_0002


明日は雨らしいので、また晴れたら、細かく切って、
ちゃんと積んで、雨が当たらないようにしましょう。
数年分の薪はあるのですが、いくらあっても良いので、
もらえるときには、もらっているのです。

 「草刈り薪割り日記」だから、やはり書かなくてはね。

IMG_0001

ZENOAH-G340とG300こがる君

地方巡業と取材

藤枝の大井川東小学校で講演会。
その後、東京に行き、仕事の打ち合わせ。
翌日は、我孫子の鳥の博物館に行き、トキの卵と絶滅したエピオルニスの卵の写真撮影。
エピオルニスは、以前撮影したのがいまいちで、再度撮影しなおしということで、
Y先生が自宅から持ち込んだもの。
マダガスカルで2週間ひたすら堀りまくって発掘したという卵で、
長径は約40センチもあります。
トキの卵も、日本ではここ以外では、金沢に1個しかないという貴重なものなので、
壊さないよう、息を殺しての撮影。
世界で一番小さいマメハチドリの卵と、そのヒナのミイラも撮影。

IMG

エピオルニスの卵を撮影する、カメラマンのNさん

本日は

IMG


鳥の巣博士、地方巡業に。

ホームベーカリー

IMG (2)a
最近、奥様はパン焼き機を買い、パン作りに凝っています。

IMG (2)b
きなこちゃんも、お手伝い。

IMG (2)c

      ……

IMG (2)d
       ゴトゴトゴト


IMG (2)e



IMG (2)f

プロフィール

まもる

メッセージ

名前
メール
本文