2012年02月

クロッカス咲く


昨年は2月19日、一昨年は2月8日、3年前が2月5日、4年前が2月22日に咲いたとあります。
やはり今年は寒いから遅いのでしょう。
この絵はずいぶん前に描いたもの。スキャンすると、色がとんでしまいます。


クロッカス




すこしだけ春、続き

以前から仕事場に住みついていたヒメネズミさん。


ヒメネズミ


市販のネズミ捕りでは、構造的にも捕まえられないということが ハッキリしたので、
Fちゃん(会長とか奥方とか奥様 という呼び方も変なので、普段通り、これにしてみます)
の言うようなねずみ捕り器を作りました。


ねずみとり

先日も、ヒマワリの種の袋を開けっ放しにしていたら入ったので、
それのしっかリ型です。
昔、納屋に大きなプラスチックケースがあり、
その中に犬のエサを入れていたら、アナグマが入っていたことがあるけど、原理はそれと同じ。

あっという間に、3晩で5匹も捕れました。
ドングリ等をため込む習性があり、山の樹を育てることにつながるので、川向うに放してあげました。
(とたんにマリンちゃんが、おねずさんを持ち帰る数が増え
リリースしたのは、みな捕られているような気もして、
どうしたものか……)

もう1匹別種のねずみさんも捕まえたのですが、それは逃げられました。
お腹が大きいみたいなので、赤ちゃんを産む前に捕まえたいものですが……

アカネズミ



ということで、庭にクロッカスも咲きました。
今年は寒いせいか、イノさんに一度ほじくられたせいか花がいつもより小さい。

小さいついでに、小さいほうの池にカジカガエルが卵を産んでいた。
ヒキガエルさんはまだまだ先でしょう。







あわただしいけど、少しだけ春

愛知に講演会で出張。
朝、伊豆急線の最寄り駅に行ったらウグイスさんが、か細く鳴いていました。
我が家のあたりだと、例年2月18日より後が多いのですが、
6キロくらい下がった場所なので、時差でしょうか。
 

ウグイス

勿論姿は藪の中で見えません。

出張で行った豊田市は、さすが世界のトヨタの町。
立派な大型車が町中の駐車場に停まっている。
図書館もすごい。能楽堂とかのはいっている、駅前のビルの中。
これまた、さすがトヨタの町の図書館と言いたくなる、自動車関係の蔵書がすごい。

車関係だけの書棚で、下田の図書館の児童書より多い。
仕事柄各地の図書館に行くが、下田の図書館はあまりに寂しい。
現在、市役所を建て直す計画が進行中で、その中に新たに作るそうだが、
何とか広いスペースを取ってほしいものですが……
{市長さんには直訴したけど、今春変るからなあ、どうなるやら)

ホオジロ


愛知からヘロヘロで帰宅した翌日、家のまわりで、ホオジロさんの初鳴き。
(その後沈黙)

翌日、いつも、仕事場の屋根にいるイソヒヨドリさんが
初めて庭のエサ台にやってきました。

イソヒヨドリ

現在、納屋の周りで巣作り場所を物色中。
今年は巣を作ってくれるでしょうか……


相変わらず、桜の咲かないバガテル公園ですが、
噴水のある池にカエルさんの卵とオタマジャクシさん発見。
我が家の池には、いつカエルさんたちが出てくるのやら……

河津桜咲かないので、再度祭り期間延長決定!
3月18日までになりました。
開花が遅れても、散るのは一緒という説もあり、どうなることやら。

ーーーーーーー

我が家の”奥方”の お誕生日。
ーーーーーーーーーー
”会長”では、あまりに年配みたいだと指摘あり”会長”より変更。
でも調べると、奥方=貴人の妻の尊敬語
奥様=諸家堂上方に武家から嫁した婦人。身分高い婦人。

ウ~ン、いま一つぴったりしません。
なんとお呼びすれば良いのでしょうか……。取り合えず今日はこのまま。
ーーーーーーーーーーー

プレゼントは、奥様は最近「水玉」に凝っているので、
「そうだ水彩画で水玉を描こう」とひらめき、製作。

水彩のにじみ、ぼかしを生かしつつ、水玉に写りこんだ
シャープで奇麗な形を描くのは、一発勝負でなかなかにおもしろい世界で、
「もう1枚、もう一回」と、結局5枚描き、にじみ加減、ぼかし加減、形がそれぞれで、
どれも捨てがたく全部額装、水玉セット 5枚1組のプレゼントとなりました。

ちなみに作年末、クリスマスのプレゼントは、
1辺1㎝くらいの額が画材屋さんにあったので、(クリスマスの飾りにするようなもの)
それに黒猫サンゴロウと子どものネコさんを描きました。

クリスマスと、誕生日が近いので、あれこれ なかなかに思案する季節。

ーーーー

下田市の教育委員会からの依頼で、巣箱作り教室の講師。

アオゲラが直径30センチくらいのネムの樹を彫った巣と、
コゲラの巣の中にシジュウカラが巣作りした木を持っていき、
巣箱とはなにか、必要性を説明してから開始。

アオゲラさん

朝ご飯を食べていたら、庭の桜の樹にアオゲラさんがやってきた。

そういえば、その前、山の方で鳴いていた。
アオゲラ
英語名ーJapanese Woodpecker
学名ーーPicus awokera
全長ー約30㎝
生木に深さ40㎝くらいの穴を掘り巣にします。

良く見ると、庭のあちこちにオオイヌノフグリも咲いてきた。







バルトに噛まれる

バルト(会長はマドチャンと呼ぶ)がだいぶ家になれてきたので、
我が家の公認ネコに……、ということで、動物病院に連れて行って
手術を受けさせようという話になりました。
(まだ、家の中のあちこちに、マーキングをまき散らすので)
で、明け方、あさごはんをあげた瞬間に、パッとつかまえ、ネコカゴに入れました。
「ナオ~ナオ~」と鳴くので、動物病院があくまで、しばらくお風呂場にとじこめておこうと、
カゴを置いた途端、入り口をぶちはずして飛び出してきました。
咄嗟にガキッと首をつかんで捕獲し、入れなおそうと思ったところを、振り向きざまに
ガジッグチと、噛みつき、ひっかきぶっ飛んで逃げていきました。

マドリ1


マドリ2


マドリ3


親指の付け根、人差し指、中指、薬指の先端がグサグサで真っ赤。
クソ~~ッ、あんちきしょう~。

以前サンちゃんがバルトにやられ腫れて動物病院に行ったので、
腫れたらいやだな~と、消毒を何度もしたのだが……
翌日から腫れだし、村の診療所に行ったら、
「町のちゃんとした外科の病院へ行きなさい」ということで、
総合病院へ行くことになってしまいました。
切開して膿を絞られ…… 生まれて初めて点滴(化膿止め)をして、
まったく踏んだりけったり。
「膿はなるべく出してください。」
とのことで、もうすぐ出張もあるので、家に帰って、強烈に絞り出す荒療治を
自らやって、何とかかんとか、バルトの毒が身体中にまわるのを防ぎ
回復に向かっています。

マドリ4

歯をみがけ バルト!

バガテル公園での展示

一緒に御仕事している人が倒れたり、昔お世話になった人が亡くなられたり、
近所の人の水道が夜に壊れてるのがわかって、それを湯上りで修理しようとして風邪ひいたり、
夜中に雪が降って家の前の雪かきに追われたり、息子が仙台に引っ越したり…… 
急遽バガテル公園の展示会場の色の塗り治しをしたり、
(絵を飾る壁面が全体暗いグリーンだったので、
 手前半分の鳥の巣の世界のほう 3つの壁面の両面を白に塗り替えました )
近所の心優しき人と、我が家の会長様にも御手伝いしていただきました。


R0010029

ようやく壁塗りが終わり、展示開始。
巣の展示ケースをクロス張りにしたり、搬入がいつもの4トン車が入れなくて
2トン車と自分の軽トラで運んだり、(折からの強風でケースが倒れ割れてしまった~)


R0010027

あれやこれやいろいろな事が重なりつつ、なんとかかんとか、
飾りつけは進行。
(右にいるのはスターウォーズのロボットではなく掃除機です。
足が欠けていてすぐコケて、止まってしまう)

それでも、やっと、初日の午前中に飾りつけがほぼ完了。オープンとなりました。

会場は、ちょっと外国の美術館のような広くて、きれいな空間となりました。


R0010106
 
天井が高く、窓も大きく、明るく開放的な空間。


R0010078

垂れ幕は以前大阪の展示で使った物。
怖い思いをして、2連ばしごに登ってつけただけあり、とてもきれい。
これは左側。


R0010070

こちらは右側。
(今回は伊豆の鳥なので、この絵のハタオリドリは出していないのですけど、
そこはお許しください)
天井の高さが、ただボーッと空いているのではなく必然性がでましたね。


R0010076

ヨーロッパの教会みたいな光と影。


R0010047

今回は、伊豆の鳥の巣での展示ということが
こちらにつたわっていなく、 搬入前日、緊急で
一度梱包箱詰めした世界の鳥の巣を全部出し、
絵も並べ方も再考、綱渡りのような搬入展示となりました。


R0010042

最新作「日本の鳥の巣図鑑 全259」の原画も展示。

いつものように、見開きページを1枚で描いています。
この5枚で、56種の鳥の巣が描いてあります。


R0010040

これは「ツバメのたび」

この裏面に「ぼくの鳥の巣絵日記」の原画。

世界の鳥の巣だったら「鳥の巣ものがたり」「ふしぎな鳥の巣」の
原画も展示できたのに残念。


R0010049

絵本とかに描いたのではない羽や卵の絵も少し出しました。
中央にあるのはカケスの巣

R0010034

下の写真は、会場右半分の伊豆急と東海バスの展示。
(最初は会場全体、この色だった。)
ここは「伊豆急の工事の様子を描いた、「ぼくの町に電車がきた」の原画。
この裏は東海バスと「ピンポンバス」の原画の展示。


R0010081

天城の山の緑と、伊豆の海岸や空の白というイメージで
会場にメリハリがついたと思います。
(やはり、このグリーンではちょっと鳥の巣の世界に合わないな)



R0010108

窓からはフランス式庭園が一望。


R0010092

これは出入り口。
ドゴール大統領が出てきそう。
(古いな~、ジャッカルの日)
外へ出ると

R0010055

ジャーン
これが会場のオランジェリーの全貌。
フランス式庭園が手前にあり
この画面の前に、この何倍もの薔薇園が広がっているのです。
伊豆の山の中に……

R0010093

しかし、よくまあ、山を切り開いて作ったものです。
4月ころからは1100種6000株の薔薇が次々と咲くそうです。
僕も今まで来たことなかったし、加増野や下田の人も
「行ったことない」という人がほとんどです。
観光地というものはそんなものなのでしょう。

なにはともあれ、無事鳥の巣展開催にこぎつけました。
ご協力してくれた皆さまいろいろありがとうございます。

お時間ある人はもちろん、ない人は捻出して是非、ご来場ください。

河津バガテル公園


でも肝心の河津桜がこの寒さのため、全然咲いていませんけど……
会期中には咲くのではないでしょうか。

開花情況により会期延長の可能性も、かなり濃厚になってきました。
2月26日以降でも見れる可能性ありなので、
バガテル公園にお問い合わせください。

*正式に、3月10日までの延長が決まりました!
このころまでには咲くでしょう。

R0010091_2

 ここは売店、絵本や絵はがき複製画なども販売しています。

今回は時間だけではなく主催者側の予算もなく、展示のお知らせもありません。
外の看板もないのでこれから作ります。

ヤレヤレまったく慌ただしいことです。




プロフィール

まもる

メッセージ

名前
メール
本文