2013年07月

手彩色版画


pipeorgan (2)


先日山梨で描いたスケッチをコピーして着色、額装。

パイプオルガンの方と、フィリア美術館にお礼にあげました。

限定2部の手彩色版画(?)

フィリアでパイプオルガンのところに飾ってくれるそうです。


http://www.philia-museum.jp/blog/2013/0726/1466.html


****

IMG_8822b

暑いので、流しでお休み キナコちゃん。

*****

IMG_8833b


水場へ行く道に……

IMG_8832b


やられたのはモズさんかな??

犯人は……わかりません。




夏バテ、チャケちゃん-3


chake0722

「マモルカラ イワシノ シラコト カツオノタタキヲ モラッタ」

だから少し目がしっかりして、
横取りする爪の食い込む力も強い。



kuroneko0722

暑い外から帰って、バッタリのサンちゃんを
なめてあげるマリンちゃん。

いつも仲の良いサンちゃんとマリンちゃんの黒猫兄妹。
(全身真っ黒のサンちゃんですが、脇の下と、下腹部だけ白い)

世話好きなマリンちゃんは、ほかのネコさんたちも
ペロペロとなめてあげます。



IMG_8818b

仕事場は木造なので、
時々外装を塗りなおす必要があります。

川岸に石を積んで、基礎を高くした上に建てたので、
そちら側を塗装するのは、2連はしごに乗ってやらねばならなくて大変なので、
ぐるっと周りに外廊下を後から付け足しました。

そこは高くて、川からの自然の風が吹いているから
ネコさんたちのお気に入りの場所です。

IMG_8816b

これはサンちゃん。端っこぎりぎりが好き。


IMG_8821b

川側から見ると

廊下の先の黒くて長いのがサンちゃんです。
(わかるかな~)






IMG_8820c



夏バテ、チャケちゃん-2


IMG_0001

ミナサン、ゴシンパイ アリガト ゴザイマ~ス……

ショボン ノ チャケチャンデ~ス。

マモルカラ アジノ オサシミ モライマシタ。


*****

昨日草取りした大豆畑にウミネコがいました。

umineko3

umineko2


こっちはFちゃんが撮った写真。


IMG_0002


これは帰宅後、記憶だけををもとに描いたので、
いまひとつ見きれていません……
まだまだ修業が足りない

http://blog.livedoor.jp/nestlabo4848/archives/2012-06.html


これは以前取材で行った青森県でのスケッチ。


暑い海から避暑に来たのでしょうか、
それとも、スズメバチではないけど、なにかよからぬことが……

ただの淡水浴でありますように……

アッ、なぜ今ごろ水がはってあって、稲がないかというと、
田んぼをしなくなって、そのままにしておくと、ボサボサ雑草が生い茂ってしまうからです。
(水浴びしている上の段の田んぼは稲が育っています)


チャケちゃん夏バテ


20130720

チャケちゃんが夏バテ。
しょぼんとして、痩せちゃいました。
表情も、ちょっと元気ない……

*******

下のお寺のマダムから電話。
「土曜日朝8時から大豆畑で草取りと土寄せのお誘いで~す」

ということで、村の農業施設ポーレポーレ運営委員13人で草取り。

自分の家の畑だと、こんなにいちいち丁寧に草を根っこから抜かないで、
草刈り機でバーッと刈っておしまいにしちゃうのだけど、
(ほかの人もそうだそうだと言っていた)
みんながやるのでみんな丁寧に草取りしたので……


IMG_8810b

こんなにきれいになりました。

これを一人でやったら狂います。
(みんなもそうだそうだと言っていた)

なんと幸いに、カンカン照りでもなく、明け方の雨もやみ、
絶好の野良仕事日和。
(カンカン照りなら、もっと早く「もうやめよう」となったり、雨なら「また今度」となったのに……)

昔の人はこれを一人で黙々とやるのだから
まったくすごい。

****

スズメバチの巣の除去をしている人が、
「いつも軒下に巣を作るのに、今年は屋根の中に作る、
なにか起こるのではないか」と言っていた。

大雨とか台風とか……????
ウ~ン当ったらいやだなあ……

スズメバチ君の予想がはずれますように。

絵本が歌になりました。


2002年に作った絵本に、楽譜がついて歌になりました。

R0021965b

『あなたがだいすき』(ポプラ社刊) ちょっと中を見るのは→こちら


音夢鈴(ねむりん)さんという素晴らしいピアニストの方が、
拙文は、ほぼそのままなのですが、
それに、とてもかわいく楽しいメロディーをつけてくれたのです。

お母さんが、赤ちゃんやお子さんに歌ってあげたり、
幼稚園や保育園でも楽しいと思います。

こういう歌です。(YouTube動画)


R0021968b

写真のように、後ろ見返しに楽譜が出ているのですが、
今回増刷した分からなので、
書店によっては古いのが残っている場合もありますから、
買う前に、裏表紙を開いて掲載されているか、確認してください。
(2013年7月発行の22刷から)

個人的には、薄暗いステージで、素敵なおばさまが
スローなバラードで歌ってくれるなんていうのも良いと思っています。

つたない言葉が、美しいメロディーで
新たなものに生まれ変わりました。
音夢鈴さん、ほんとにありがとうございました。


あなたがだいすき
あなたがだいすき [単行本]



*****


DSC_1205_2bb


これはイワタバコ

DSC_1206b


大きな岩に、1枚の葉っぱと1本の茎が生えていて、
その先に、この花がひっそりと咲いているという、
ちょっと変わった花。


昨年は、少し来るのが遅く、盛りの時を見逃してしまったのですが、
今年は会えました。

フィリア美術館、OPEN


philia_0002b

フィリア美術館初日。

朝,泊まっているペンションのまわりを散歩していたら、牧場がありました。
(馬がちょっと遠くにいたので、あまりよく見えなかった。)



philia_0003b

近所に牛さんもいました。
これは、触れるくらい近かった。



******

絵本にサインしたり、お掃除したりして……
予定通り展覧会OPEN。


お昼から、パイプオルガニスト塚谷水無子さんのミニ演奏会。

philia_0001b

塚谷さんは、芸大楽理科を卒業され、オランダでパイプオルガンを勉強されたという方で、

恐れ多くて書けないので、
詳しくはこちらをどうぞ。
http://www.minakotsukatani.net/main.html

恐れ多くてと書きましたが、
ご本人は、とてもとてもチャーミングな方で、
気さくで、カッコよく、素晴らしい演奏をしていただき、
それはそれは美しい音色で展示空間を満たしていただきました。

ありがとうございました!!!

そのままずっと弾いていただきたい気持ちだったのですが、
次はギャラリートークをするということになっていて……

お客様たちが、美しい方のパイプオルガン演奏の後に興ざめされるようで
なんだかな~と思いつつ
今回の展示のいきさつや、作品についてお話し。

今回は鳥の巣が2点なので、例によって持参した鳥の巣カバンから
ハタオリドリやツリスガラなど、あれこれ出して鳥の巣のお話しや
黒板に絵を描いたりして……
なんだかんだで2時間くらい……。

そのあとも、何人かの方といろいろ絵のこと、そのほか懇談。
無事初日終了。

暑い中、皆様本当にありがとうございました。

この後、富山大島絵本館、静岡焼津文化会館と展示が続くので、
3か所全部回って、指定のスタンプを押した方には、
もれなく豪華特製伊豆の金目鯛セットをプレゼント。

是非「夏休み鳥の巣スタンプラリー」に是非チャレンジしてください。
(ナンチャッテ、これは冗談です)

翌日、帰路途中新宿で下車。
サンドイッチ絵本のテスト校(色の出具合を見るため試に数枚刷ってみる)を見てから
伊豆の山に帰り着きました。

まず、この夏の第一段階をクリアー






フィリア美術館、搬入と展示



IMG_8724b


山梨県小淵沢のフィリア美術館に搬入と展示にいきました。

行きがけ新宿で絵本の打ち合わせを2つと、
先日のサンドイッチの絵本のトマトの輪切りの絵の修正した絵を渡してから、
中央線スーパーあずさに乗って出発。

夕方5時小淵沢駅到着。
フィリア美術館の学芸員中山しほさんが、
駅まで車で迎えに来てくれました。

駅から車で約5分のところに美術館はあります。

*******

翌日朝から展示と飾り付け開始。

これが美術館の正面。

IMG_8725b

大型バスも停まれる駐車場。



IMG_8726b

入口を入って左が第一展示室。

IMG_8733b

ジャーン。

パイプオルガンと鳥の巣の静謐な空間。

今回は静かにじっくり絵を見るという空間なので、鳥の巣は2点。

リードオルガンというのもありました。

IMG_8738b


パイプオルガン側から見ると、
2階の展示室も見えます。

IMG_8750b

1階はエッセー画集「ぼくの鳥の巣コレクション」と
絵本「鳥の巣ものがたり」の絵がメインです。


階段を上がって2階の展示室へ。

IMG_8751b


IMG_8755b

2階は、宮沢賢治の「雪わたり」や「だんろのまえで」、
「黒ねこサンゴロウ」などなど
ちょっとマニアックな作品を並べました。

IMG_8772b

2階から1階を見たところ。



IMG_8774b

受付と売店。


IMG_8778b

「かおるとみんな」2点。


だんろの前の作品ケースには

IMG_8803b


IMG_8779b


「みんなあかちゃんだった」の元になった絵日記や、

IMG_8781b

海外でのスケッチなど。



IMG_8799b

お茶も飲めまーす。



IMG_8800b

ベランダから甲斐駒ケ岳も見ることができます。

以前は北岳も見えたそうですが、手前の松が大きくなって現在は見えません。



IMG_8801b



野原側から美術館を見ると、こんな。
IMG_8786b


しほさんの御父上が建てられたそうで、
ケーテ・コルヴィッツとミエチスラフ・コシチェルニアクを常設展示しています。


しほさんや御父上、御母上、お兄さん、お友達なども展示のお手伝いをしてくれたので、
なんとか夕方までには展示が完了し、翌日の初日を迎えることができました。

展示した絵は約50点。

皆さん、ほんとにありがとうございました。





フィリア美術館搬入


フィリアはがき1

山梨県小淵沢のフィリア美術館で7月13日より展覧会。
詳しくは下記をどうぞ。

http://www.philia-museum.jp/




R0021949b

先日の高槻の講演会で、お花をいただきました。
その中に、手作りの椅子と鳥の巣と卵が飾ってありました。

アロマのお仕事をされている方が、
絵本「ちいさいいすのはなし」と鳥の巣にちなんで、作ってくれたそうです。

R0021950b

卵はウズラの卵で、裏返すと中にハーブが入っているのがわかります。


R0021951b


きれいによくできています。

どうもありがとうございました。

********

また、一つポカ。

山梨、富山、焼津と、3か所の展覧会。
山梨と富山が1日違いの集荷だったので、
同時に梱包したのですが、
絵が1点消えてしまいました。
どちらにもないということで、現在捜査中。

たしか包んだと思うのだけど……。
どこへ行っちゃったのでしょうか……

ウ~ン??、>{}~=|><?_}*@@

****

さあ、山梨へ搬入だ。













山形と京都へ



椅子


スモモちゃんにひっいているバルト君。

同じ色系だからか、気難し屋のスモモちゃんも
バルトにひっつかれても大丈夫。

「ショウガナイナ~、コノ  オトウトハ、デカイバカリデ……」

******

IMG_8713b

山梨フィリア美術館の積み込みと、
富山大島絵本館の積み込みが1日違いであって、
研究所は箱だらけ……。

先週は山形に講演
昨年行った西川町は小学校の中に図書館が併設されているところで、
昨年聞かれた先生が今度は親にもということで、
今年はPTAの人たち向けで、授業参観の後。

次の日はおとなり中山町の図書館。
ここは室内プールだったのだけど、維持費が莫大にかかるということで、
閉鎖された施設を再利用したもの。
これがとっても開放的空間。
以前流れるプールだったところをそのまま子供の本のコーナーにしてあって、
プールの底へ緩いスロープになっています。
自然に本の世界に入っていくような感じで、
なかなか最初からこういうデザインはできないかもしれません。

帰宅後、サンドイッチ絵本を完成させ、
編集のKさんがバサラ山に取りに来てくれました。

トマトを縦に切った状態で絵に描いたのだけど。
サンドイッチにする場合、トマトは縦に切るか横に切るかということになり、
(ぼくはどっちでもいいと思うのだが)
世の中一般は横だろうということで修正することに。

山梨と富山の展示作品を送り出し、京都へ出張。
初日は高槻の関西大付属の初等科の生徒さん4年生と3年生。
それぞれ1時間(実質45分)ずつなので、ほんとにさわりの部分だけのお話し。

高槻は大阪にも京都にも近いということで、
人口30万都市だそうで、駅前は巨大マンションが林立。

翌日は同じ高槻クロスパルホールという市民ホールで、
一般の人約100人くらいで、昨日の言い足りなかった分も含め2時間半。
3日目は長岡京図書館で、7~80人くらいで、こちらも2時間半。

皆さんありがとうございました。

朝一番の新幹線で帰宅。

綱渡りのような2週間で、また2つ失敗。
山形からの帰路、東京で途中下車してK君の水彩画展に行こうと思っていたのだけど、
新幹線が予定より遅れ、時間的に行けなくなってしまいました。残念!!

もうひとつ。
京都での最後の日、
講演を終え、駅前のお寿司屋さんで1杯やって個人的に反省会をして、
ホテルで、さあ寝るかと横になったら、
ドアを「コンコン」ノックする音。

こんな時間になにかと思ったら、フロントの人で、
「鈴木さん、今日はチェックアウトの日で、宿泊は昨日までですけど、……」
「エ~~~???」
「そんな馬鹿な、3日間で予約したんですけど」
といったのですが、どうも5日から7日の3日間予約したみたいで
正確には2泊3日で3泊ではなかったようで、フロントの人が正しいようです。

幸いホテルは満員ではなかったので、そのまま追加料金を払って宿泊。
追い出されずに済みました。

どうもポカが多いなあ……もう1回反省。










プロフィール

まもる

メッセージ

名前
メール
本文