2014年01月

ソラノ ウエカラ 佐賀へ……




ソラノ ウエカラ……



IMG_0536 (320x240)


山梨上空におりてきました……

IMG_0554 (320x240)


琵琶湖を過ぎ……

IMG_0589 (320x240)


九州の有明海上空……



佐賀県鹿島市に講演会に行きました。

IMG_0605 (320x240)

有明海の干潟。

ムツゴロウくんは冬は潜って冬眠だそうです。


IMG_0606 (320x240)

汐が引いているから いないだろうと言われたのですが、

幸いにも クロツラヘラサギさんがいました。

IMG_0688 (500x375)

ありあわせの紙にスケッチ。

IMG_0610 (320x229)

有明海の生物を展示しているところにクラゲさんがいました。

IMG_0599 (320x240)

会場は鹿島市の図書館

スタッフの方たちの、丁寧で親切な感じが満ちているきれいな図書館でした。

子どもさんたち30人、大人の方たち50人ぐらい……

翌日は佐賀市

IMG_0613 (240x320)


佐賀城

IMG_0615 (320x240)

会場はエスプラッツ3階ホール

IMG_0617 (320x240)

わざわざ遠くの山口や博多から来てくれた方たちもいたり、

「昔、芸大受験の予備校で教わった生徒です」という子も
(もう立派な大人の方になっていましたが)来てくれてビックリでした。

ありがとうございました。

昨日同様質問も多く、あっという間の2時間半でした。

IMG_0619 (240x320)

今回の講演会を企画してくれた、
絵本のお店ピピン。

有能なスタッフの方々のおかげで、楽しい講演会ができました。
ありがとうございました。

IMG_0624 (240x320)

しかし、近辺には最近カラスが多いそうで、
そこらじゅうヒチコックの世界のようです。

ハシボソガラスより少し小さいカラスで、帰宅後調べたら、
大陸にいるミヤマガラスではないでしょうか。

PM2.5で、日本に逃げてきているのかもしれません。

IMG_0625 (320x240)

羽田~佐賀はB737、帰りはA320

IMG_0632 (320x240)

さよなら九州、またいつか来れますように……


IMG_0636 (320x228)

瀬戸内海上空……

IMG_0638 (320x238)

瀬戸大橋、坂出美術館が見えます。

IMG_0641 (320x240)

淡路島を過ぎ……

IMG_0644 (320x240)

大阪、岸和田上空


IMG_0650 (320x240)

名古屋から知多半島……

IMG_0660 (320x240)

アーっ、今日はバサラ山の上は通らない飛行ルートでした。

左上が富士山、半島の先端が石廊崎。

白い雲のあるあたりがバサラ山……



キョウハ パラシュートコウカハ シマセンヨ ネムリンサン

イツモ ミテイテクダサイネ……








ネムリンサンニ アイニ ……


アサハヤク……

IMG_0495 (320x240)

クルマニノッテ……

IMG_0498 (240x320)

デンシャニ ノッテ……

IMG_0510 (320x240)

ヒコウキニ ノッテ……

IMG_0515 (320x240)

ソラノ ウエニ……

IMG_0521 (320x240)

ネムリンサンニ アイニ イキマシタ……

IMG_0535 (320x240)

タカイ タカイ ソラノ ウエノ……クモノ ウエデ……

IMG_0562 (320x240)

ネムリンサンハ、イツモノヨウニ ピアノヲ ヒイテ 

ウタヲ ウタッテイマシタ……

ココデ イママデドオリ ピアノヲ ヒイテ

ウタヲ ウタッテイルノデスネ   

ネムリンサン アリガトウ オゲンキデ

ボクモ イママデドオリ イキテイキマスネ……








とても悲しいこと



DSC_1982b


拙著の絵本に「あなたが だいすき」というのがあります。

その拙い、文章ともいえないものに、
音夢鈴(ねむりん)さんというピアニストの方が
2年前、素敵なメロディーをつけてくれました。




 

上の動画でピアノを弾いている方が音夢鈴さんです。


このように本格的に、感動的に歌うのもよいし、
お母さんが、赤ちゃんを膝に乗せて、
ふつうに語りかけるように歌うのも、とてもよいと思います。

大人の人向けには、暗いバーのカウンターで、
しんみり囁くように、歌ってもらうのもよいと思っています。

わざわざ我が家に来てくれ、
ピアノを弾いて歌ってくれたのですが、
前奏が始まった時のショックはすごく、昨日のことのように覚えています。

自分で言うのも変ですが、
メロディーが付いたことで、とても親しみやすくなり、
自分の中では、ことあるごとに、そのメロディーが心の中で流れていました。

そして昨年、新たにこの絵本が増刷の時、絵本の後ろ見返しに楽譜を追加で刷りました。

音夢鈴さん御一家との交流が始まったのは、もう18年くらい前のことです。
我が家のFさんの作品が好きで、
Fさんも音楽が好きなので、同じ”物つくり”ということで、
話が合ったようです。

展覧会や講演会にも来ていただき、
今年は絵本を一緒に作ろうという話もしていました。

そんな音夢鈴さんが、突然、亡くなってしまいました。

昨年末、お体の具合が悪いようだというのは聞いていたのですが、
あまりに突然なことで……

Fさんと二人で告別式に行ったのですが、
会場には,遺影の前に「あなたが だいすき」の絵本が飾られ、
式が始まるまで、音夢鈴さんが弾く「あなたが だいすき」のメロディーが
ずっと流れていて……

それはそれは、つらい悲しい時でした。


いつまでも 空の上で ピアノを弾いて、

歌っていてください……


ありがとうございました




あなたがだいすき





「あなたがだいすき」
鈴木まもる作絵  ポプラ社 2002年刊






マリンちゃんのお誘い


「オーイ オモシロイモノガ アルヨー」

と横の山からマリンちゃんが降りてきました。

IMG_0443 (240x320)

「ハヤク オイデヨ~」

IMG_0444 (240x320)


「ナニヤッテンノヨ……」

IMG_0445 (240x320)

「マッタク、ジレッタインダカラ……」

IMG_0446 (240x320)

「ヤマノナカニ オモシロイモノガ アルンダカラ……」

IMG_0447 (320x240)

「コッチ キナサイ」

ということで……

昨年夏、横の山にフクロウさん用に取り付けてある巣箱に
スズメバチが巣を作っているのは
確認していました。その巣箱を採ることにしたのです。

IMG_0434 (240x320)

ふつうの、ヤマガラさんたち用の巣箱の倍くらいの大きさで、
高さが55センチ横幅30センチくらいあります。

木のうろなどを巣にするフクロウさん用に数年前に作ったのですが、
まだ使われてはいないようで、スズメバチに使われてしまったのです。

冬は女王蜂以外みんな死んでしまい、
鳥の巣と同じで、巣はその年限りで冬はカラになるのです。
(女王蜂はどこか木の中などに潜って越冬するそうです)

ここ数日寒い日が続いているので、
もう大丈夫だろうと思うのです。

とはわかっているのですけど、
木に登って近づくのは、やはりちょっと怖い……
(以前、巣箱交換しようと思ったら、
中にトックリバチみたいのがいたことがあり、汗って逃げたことがあります)

ひょっとして今年から中にストーブを取り付けて、
皆で巣の中でヌクヌク元気にしていて、
近づくやつを刺そうと思っているとか……

下から長い枝でちょっとたたいたりしても何も反応ありません。

そーっと木に登って……、
万が一出てきたらと、飛び降りる方向を決めて……

くくってあるのを外して……
(何も反応ありません)

なんとか、持ち帰りました。フ~ッ

R0025343 (320x240)

もう大丈夫。


IMG_0438 (240x320)

中に巣があるのがわかります。

いったい中は、どうなっているのでしょうか????

バールで、そうっと前面の板をはずしました!!

すると!この時を待っていたのだと、
何万というスズメバチがブァ~と巣箱から飛び出してきたではありませんか!!!

R0025346 (240x320)


ということはありませんからご安心ください。

中はこんなふうになっていました。

上手に作ってありますね~。

写真だと、手がかなり前方にあるので、
巣が小さく見えますが、
全長30センチくらいあります。まあ小さいほうですけど。

巣の下にコケがたまっています。
これは以前にヤマガラさんが巣を作ったものです。

コケの上に何匹もキイロスズメバチが寒さで死んでいます。

R0025349 (320x240)

左のは、前年の巣で、数メートル離れた松の木についていたものです。

(前年の巣の話は→こちら

松の木は今年枯れたのですが、
蜂はそうなることがわかっていて、
場所をかえたのでしょうか??

ということで、ヤマガラさんの巣も付いた
キイロスズメバチの巣というコレクションが増えました。
(スズメバチの空いた巣をスズメさんが巣場所にするということもあります)

IMG_0449 (320x240)

「ワタシガ イッタトオリ オモシロイモノ アッタデショ。
 
オレイニ ハヤク ネコカン アケナサイ」

新年のお祭り


毎年恒例の、下のお寺の新年のお祭りに。

20140111_0003

いつものように近隣の住職さん4人が太鼓や鐘など周りを固める中、和尚さん登場。

普段は大変気さくな方ですが、こうゆう時はなかなか貫禄というかオーラを発しています。

20140111_0002

開始はお昼の1時から、本日はそんなに寒くもなく光もきれいです。

20140111_0001

 「降伏一切大魔最勝成就」(コウボクイッサイダイマサイショウジョウズ)
と唱えながら分厚い経典を南京玉すだれみたいにして、風を当てます。

檀家さんの名前を読み上げ、家内安全を祈願して
(うちは檀家さんではないけれど、読んでいただいたいます)
最後に「本日参列の老若男女、家内安全、身体健全~」と
いうことで終わります。

この後は新年会。

今年は土曜日なのに出席人数が少なかったのですが、
後半になり、北海道の毛ガニやミズダコが出てきて……

車に乗せてもらったところまでは覚えていますが、あとは気が付いたら、家で寝ていました……。

@@@@@@

酔い覚ましもあり
翌日は、下の村のドンド焼きに行きました。

たまには歩いて行きましょう、とFちゃんと

R0025248 (320x240)

テクテクテク……

R0025251 (320x240)

約20分、前日のお寺を通り過ぎ……

R0025256 (320x240)

いつもの里山の田んぼです。


R0025265 (320x240)

この田んぼの横に神様がいるからです。

前日作るのは出れなかったので点検。

R0025258 (240x320)

今年は少し小さ目ですね。

IMG_0376 (240x320)

お飾りやいろいろ、
我が家のクリスマスリースもあります。

R0025262 (240x320)

子ども達を並べて記念写真。

年々少なくなります。


IMG_0386 (320x240)

上級生が着火。

IMG_0391 (240x320)

モワワワ~

IMG_0392 (240x320)

今の子供たちは火の扱いを知らない。

IMG_0398 (240x320)

元消防士さんのMさん。年末お餅つきを一緒にした人。

IMG_0407 (240x320)

ジョワワワ~

IMG_0408 (240x320)

グォ~~~

IMG_0417 (320x240)


メラメラメラ……

IMG_0427 (320x240)


ショワワ~ン

R0025284 (320x241)

田んぼのはじから見るとこんな。なんもありませんね~


R0025285 (320x240)

この後、ミツマタの枝に刺したお団子を焼いて食べます。

1年間病気にならないと言われています。


R0025286 (320x240)


おしまい。

里山ののどかな行事でした。

皆さん「家内安全、身体健全~」 元気な1年でありますように。

東京へ


ここ数年取り組んでいる
「世界655種 鳥と卵と巣の大図鑑」の校正、その他で東京へ。

例によってアストンマーチンで最寄駅まで。

IMG_0355 (320x240)

隣にロシアのスパイのフェラーリも停まっています。
こちらも軽トラに変身しています。



IMG_0357 (320x240)

お正月に火事になった有楽町駅を新幹線で上からパチッ。



IMG_0360 (320x240)

その前に市ヶ谷のK社で、新刊絵本でほんの少し修正作業。
これで責了。
Fさんとの絵本「ならんでる ならんでる」
もうすぐ完成。



IMG_0363 (320x240)

それから神保町のB社でひたすら校正。

約400ページ、世界の鳥665種の、
英名、学名、和名、全長、1巣卵数、卵の大きさ、抱卵日数、巣、繁殖について、
生息場所……のチェック。

記憶があいまいなところはFさんに電話して確認してもらったりしながら5時間。

結局この日はできなくてホテルに持ち込み続き。

IMG_0365 (320x240)


夜はK社の編集長のO君とAiさんと新作の打ち合わせをしながら1杯。
これはとっても面白いシリーズになる予定。

翌日も朝から校正。
ホテルの部屋は狭いし暗いので、
明るくて広い喫茶店で。

IMG_0367 (320x240)

Ko談社のN岡さんと絵本の打ち合わせ。
こちらは、オリジナルのファンタジーで、3月11日には完成予定。

そのあとまたB社の昨日の部屋でお昼も食べず3時間。

ようやくなんとか終わり、E田橋のIW崎書店へ。
こちらも、ここ数年取り組んでいる「ニワシドリ」の絵本の打ち合わせ。

これは入稿前の原稿ができたところで、
4月に完成予定。

完成まぢかが4冊なので、頭の中がこんがらがっていつつ、
ゴールが見えてきました。

今回は、なにも怪しい人もでてこないし、危険なこともありませんでした。








日常あれこれ……


山に薪切りに行った帰り、県道を歩いていたら、
県道のわきの枯れ葉の中に……

20140107 (500x414)


タチツボスミレさんが1輪咲いていました。

別に暖かいから咲くのではなく、寒い時期に咲くのですけど、
やはりうれしいものです。

側溝に半身うずくまってスケッチしていたので、
時々通る車が不審がっていました……スミマセン、行き倒れの不審者ではありませ~ン。


^^^^^^^^^
スモモちゃんが、お気に入りの窓辺で、

ガラスに寄りかかって、くつろぎ、悶えています。

20140106b


「ナニミテンノヨ。イイデショ、アタシハ キモチヨク オヒサマニ アタッテイルノダカラ……

キングギドラジャ ナインダカラ、アタマ 3ツモ カクンジャナイノ! タダ モダエテルダケ」


と、ムニャー、グギー、と文句というか、言い訳というか
モニョモニョ言いつつ、手を出すと人の指を噛む……

******

母屋の2階の窓で「ゴン、バキッ」というような音がしたときは
鳥さんが窓ガラスに当たった音。

ネコさんより早くいかないといけません。

20140105

ヤマガラさん 脳しんとう いっちょうあがり~。

R0025118 (320x240)

ハーハーしていたけど、しばらくしたら、補助バッテリーで
起動し、バックアップ修復完了して飛んでいきました。

@@@@

薪を割っていたら、玉虫さんがいました。

R0025128 (320x240)

でも、これは残念ながら 飛び立つことなく 中で死んでしまったもので
中身は干からびていました。

R0025126 (320x240)

自然は厳しい。

+++++++

中国語版7冊セットが送られてきました。

R0025014 (320x240)

ソフトカバーで、下の箱というか筒状のケースに ひとまとめに入っています。

R0025016 (320x240)

「汽車」と大きく書いてありますが、
「汽車」(車の字が違う)は、中国では「自動車」の意味なのでした。
(線路を走る汽車は「火車」だそうです)
口へんに都の字は擬音。
つまり、「じどうしゃブッブーシリーズ」というわけですね。


R0025017 (320x240)

これは裏面。


おまけにシールが付いています。

R0025018 (320x240)


どこの国の男の子も乗り物絵本が好きです。

テリトリーを広げたい、テリトリーの中を整備したいという本能が
電車や自動車、工事関係車両の絵本に向かわせるのだと思います。

中国はとりわけテリトリーを広げたい欲が強いのだろうなあ……

隣国との関係がテリトリー争いでギクシャクしないとよいのですが……


??????????





2014年1月1日


IMG_0330 (320x231)

     1月1日東海岸からの朝日。




=======


キナコちゃん、新年の充電

20140104

知らない人が見ると、墓場から出てきたゾンビのような
目つきの悪い子と思うかもしれませんが、それがとてもとても可愛いのです。

Fさんに”ギュ~~”とされて幸せ感いっぱいの顔。

キナコちゃんには新しい年とか関係ありません。
小さいとき、されなかった”ギュー”をしてもらうことが一番幸せです。

*********

新たな絵本製作開始



2014年


2014年 あけましておめでとうございます

IMG_0322 (240x320)

クリスマスのリースを、松と折り紙の鶴を加えて
お正月バージョンに


IMG_0324 (240x320)

母屋のほうも……

しばられず とらわれず 自由に 楽しく
自分の世界をいろいろ探して、創っていこうと思います。

本年もよろしくお願いいたします。

2013年の年末


年末30日は、毎年下の村のTさんの家で自分の家用のお餅つき。
ここはお庭なので、気持ちがよいです。

そのあと、薪切りに裏山へ。
R0025051 (500x375)

Fさんが来て写真を撮ってくれました。

今年新しく道を作ったところ(といってもわかりにくいけど)

R0025055 (500x375)

この奥まで軽トラが入れるようになりました。

R0025060 (375x500)

何度も車がはまったり、脱輪したり
土が流れたり……
ここまで来るのが大変でしたが、……
ヤレヤレここまでくればです。

R0025056 (500x375)

この辺もこれから剪定できるでしょう…

R0025064 (500x375)

昔の炭焼きの跡がかすかに残っています。

大晦日は年越しそばを食べて絵を描いて……

:::::::::::

今まで、あらたまってその1年の反省というのはしたことがないのですが、
やってみました。

2013年の反省。

絵本「おじいさんとヤマガラ」(小学館)ー福島原発のこと
「でんしゃがきた」(偕成社)Fさんとの共作ー電車の絵本ようやく完成。
「ぺったん!サンドイッチ」(小峰書店)ー絵本の形を生かして”ぺったん”がやっとできました。
「はしれ ディーゼルきかんしゃデーデ」(童心社)すとうあさえさん文ー3月11日の後のこと

の4冊ができました。

どれも、みな思い入れが深く、楽しく作ることができました。
編集の皆さん、ご一緒できた皆さん、ありがとうございました。

展示も春に羽村、下田。夏に山梨、富山、静岡と同時期に3か所はハードでしたがなんとか無事完了。

秋のアメリカは小規模でしたが、とても自分の中では大きな展示でした。

運送や展示でお世話になった方々ありがとうございました。

各地で講演会
山梨、富士市、沼津、下田、葛飾、福岡、羽村、山形、大阪、山梨、富山、焼津、小笠、湯河原、新潟、
南伊豆、清水、熊本、福岡、千葉、府中、新庄

たくさんの方に来ていただきました。
関係していただいた皆さん、聞きに来てくれた皆さんありがとうございました。

鳥の巣の面白さを伝えることができたのなら嬉しいかぎりです。

このほかにもいろいろなところで、いろいろな方とお仕事したり、お話したり、お酒を飲んだり……
ありがとうございました。

なんとかかんとか1年無事過ごすことができました。
山仕事もけがなく済みました。

2014年も、家族やほかの皆さんと、
元気に、楽しく、無理せず、自分のできることをやっていこうと思っています。


1年間いろいろありがとうございました。




プロフィール

まもる

カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文