2014年03月

ヤマガラさん巣作り開始。つくし採り



ヤマガラさん(英語名ーVaired Tit  学名ーParus varius)

窓の外側につけた巣箱に巣作り開始。




IMG3_0001 (640x488)

枝に洗濯ばさみではさんであるネコ毛を持っていく。

ひげのおじさんみたいになります。

IMG3_0002 (640x574)


あちこちから細い植物繊維を山のようにくわえて、巣箱に入っていきます。

普段は窓の内側にカバーが付けてあって、それをめくると中が見れるようになっているのです。

巣作り最初の段階は神経質なので、
まだ中は見ていません。

どうなりますか……



@@@@@@

IMG_0245 - コピー (640x525)


庭の川側の石垣のあたりは土がやせているので毎年つくしが出ます。

採っていると、すぐやってくるのが……

IMG_0254 (640x500)

マリンちゃんです。

ゴロゴロ、ニャーニャーと付きまとい
邪魔で可愛いい困ったチャンなのです。

IMG_0251 (640x486)

食べるな!

IMG_0247 (640x476)

ちょこっとですけど、


IMG_0259 (640x509)

春の箸休めの1品。

:::::::::

R0025808 (320x240)

庭のモクレン。

別にライトアップしたわけではありません。

部屋の明かりだけなのですが、周囲が暗いから。

+++++++


鉈(なた)の柄が折れ、定規がすり減りに続き、CDプレーヤーが朝からガタガタ故障。

絵を描くときは、なにかしら音楽を聴いているので、
これも、長年の使用でくたびれてきたようです。

DENONの1550REという結構前の機種で、
前回修理した時、もう交換部品の製造が終わりで、これが最後です。
とのことだったので、新型を買うことにしました。

今までは秋葉原に行って買っていたのですが、
今回は初めてネットで買ってみました。

調べたら、増税前の駆け込み注文が多いらしく品切れで、入荷まで1か月かかりますとのこと。
やっと1件、在庫僅少というのを見つけ注文。

CDプレーヤーも、まだまだ絵を描いていくから必需品です。

鉈も定規もCDプレーヤーも壊れてきて……

本人もあちこち壊れてきたけど、
ゆっくりやっていくしかありません。










写真アップの練習とお知らせ。



写真アップが、なかなかうまくいきません。

今日はホウボウ君。

IMG_0205 (640x434)

照明が悪く暗い顔をしています。
でも、ひれを開くと


IMG_0208 (640x464)

明るければ、もっとコバルトグリーンできれいなのですが……

ヒラメのように海底にいるお魚なので、
白身で甘モッチャリして美味しいのです。


IMG_0210 (640x468)

皮を引いて、

IMG_0212 (640x522)


お店などでは、こんな風にヒレを開いて出すのでしょうが、
我が家では、おだしを取るので、姿では出しません。

1日に半身を食べるので、今日は200円。


@@。。@@。。


IMG_0215 (640x480)


「世界655種 鳥と卵と巣の大図鑑」の再校が出ました。

IMG_0217 (640x502)

388ページ…こんなにあります。

IMG_0219 (640x593)

表紙と背。

あと少し……

amazonには出ています。


世界655種 鳥と卵と巣の大図鑑
吉村 卓三
ブックマン社
2014-05-16



@、@、@、

下田の小規模展示会場で講演。

地元の人向けだったのですが、
わざわざ東京から、なんの鳥の巣か知りたくて5つ持ってきた人や
沼津、伊東からも来てくれた方など約30人。

ありがとうございました。


******

<お知らせ>

3月28日(金)朝日放送19時~21時55分放送の
「世界の村で発見!こんなところに日本人」という番組があるそうです。

その中のコーナーで、
鳥の好きな日本の子供が
芸人の方に「アフリカに生息している”ハタオリドリ”の写真を撮ってきて」
と依頼して、芸人の人がワザワザアフリカに写真を撮りに行くらしいのですが、

その時に子供が芸人の人に、
拙著「世界の鳥の巣の本」を見せて、
「この鳥」というふうに説明して依頼するらしいです。

ということで、ちょこっとだけですが、本がテレビに出るそうです。

せっかくだから、著者に頼めば喜んで行くのになあ、残念!

是非そんな企画を出してほしいと、担当の人に伝えました。



IMG_0220 (640x495)

あっという間にモクレンもスモモも咲きだしたバサラ山です。

IMG_0225 (640x496)



昨年研究所の2階の裏窓につけた巣箱に、

ヤマガラさんが入ってコソコソ巣作りを始めました。


ムフフ……、楽しみ~~~






カエル君


昨日朝がたコロロ、ケロロとヒキガエル君の声が聞こえたと思ったので、
冬眠から目覚めたかと、池に行ったが見つからず、
気のせいだったかと残念に思っていたのですが、

夜になって、またケロロロ、コロロロ、と聞こえたので、
池に行ってみると……

IMG_0163 (640x451)

いました~!!Toad君

おはよう!

(ヒキガエル以外はfrogでヒキガエルはtoadだそうです。)

Mr. Toad came out of hibernation.

南伊豆の友達の女の子IRちゃん(6歳?)の家のヒキガエルさんは
先週目が覚めていたので、我が家のはいつかと待っていたところでした。


IMG_0169 (640x614)


朝になったら、もう2匹増えていました。

今は暗くてわからないけど、10匹ぐらいいます。



DSC_2545 (640x479)




小さい池のカメキチ君も目が覚めました。

調度今、カメの絵を描いている所で、

さっそく細部を見せてもらいました。

ラッキー!です。




@・@


忘れないように、写真のアップの練習。

お料理教室-2

今回のお魚はメジナ。

IMG_0148 (640x429)


おなかがポンポンですね。

まず鱗(うろこ)を取ります。

IMG_0149 (640x500)


3枚おろし。

白子がいっぱいでポンポンだったのです。

IMG_0150 (640x545)

半身はお刺身用に皮を引きます。

前回のウマズラはペロンと皮がむけました。

アジやイワシもペリーッとむけますが、
この手のお魚は、気を付けないと、途中で切れちゃいます。

IMG_0151 (640x419)

今回は、うまくきれいに引けました。


IMG_0152 (640x401)

半分は明日のお刺身用。

皮のついた半身は、
小麦粉をつけて、フライパンで焼きます。
Fさんが、おいしいフレンチにしてくれました。

IMG_0155 (640x514)

白子と かまのところは煮物に。

IMG_0154 (640x436)

頭と中落ちでだしをとってお味噌汁に。

(ピンボケ~)

IMG_0153 (640x452)

お刺身。

1匹のメジナさんから、焼き物、煮物、お汁と、明日分のお刺身までが作れて

1人分300円のメジナ定食になりました。


IMG_0156 (640x424)

畑のブロッコリーのカツブシかけと、ネギぬた(ネギは作っていないので買いました)。


左の食器は、大学の先輩でドイツに住んでいる人がくれたもので、
右のねぎのほうは、昔、豊年油のギフト商品のイラストを描いていたとき作ったものなので
ちょっと合いませんが、まあいいでしょう。


まどみちおさんのこと


まど みちお さんが 104歳で亡くなられました。

言葉の世界は、もちろん素晴らしいのですが、
ものすごく美しい抽象画を描かれます。






この、まどさんの画集を編集した、知り合いの編集の人から聞いたのだったか……、

まどさんは昔、山の中の茂みにいたら、
イノシシが目の前で、何やら草をくわえて、なにかごそごそとやりだした。
いったい なにをしていたのだろうと不思議だった、とのことでした。

それは絶対イノシシが巣を作っていたのです。

イノシシもススキやシダの葉を使い東京ドームのような形の巣を作るのです。

ぼくは、まどさんに教えてあげようと
拙著「ぼくの鳥の巣絵日記」にイノシシの巣を描いているので、
その絵本と、イノシシの巣のこと、鳥の巣のことなどを手紙に書き、まどさんに送りました。

IMG3 (640x334)

「ぼくの鳥の巣絵日記」P33、(スキャンの練習)



それから数日後、仕事で留守して帰宅したら、
まどさんの奥様から電話があったとのことです。

絵本が無事届いたのかと、せっかくだから、お電話しました。

まどさんご本人が受話器を取られたのですが……

いまから数年前ではっきりしていませんが、
90歳を超えているせいか

「もしもし、全然聞こえないなあ、もしもし……
だめだなあ、何を言っているかわからん
もしもし……
だめだ、聞こえん。」

こちらは大きな声で、
「まどさんですか!もしもし!こちらは聞こえています!」と

受話器のむこうの まどさんに大声を出しているのですが、

「だめだ全然聞こえん」

ということで、「どなたか近くにいませんか」とか
「イノシシの絵本の」とか

数分間なんとか伝えようとしたのですが、

「こりゃ だめだ聞こえん」ということで、
とうとう、ガチャンと受話器が切れ、お話しすることはできませんでした。

受話器の向こうに、まどさんがいて、そのお声は聞こえるのですが、
話せないという非常に歯がゆく、残念な時間でした。


あーあっ、鳥の巣の話とか したかったなあ。残念無念。

天国でもお元気で。


絵のスキャンの練習ー1




今度は絵のスキャンの練習です。

未発表の昔の絵。


IMG3 (483x640)


昔「クレーンクレーン」という絵本を描いた時の
イメージを固めるために描いたラフの水彩の1枚。

クレーン車が好きな男の子と、クレーン車の運転手さんの1日。

「ピン・ポン・バス」など、この乗り物シリーズは、
ガッシュの絵の具でしっかり描きこんだ絵本が多いのですが、

この絵本は、子どもの想った世界を表すために、淡い水彩で描きました。



IMG3 (485x640)

先週の庭の双子のクロッカス。

クロちゃんとカスくん

-----

明け方、やたら鳥の声がするので、外に出て横の山を見たら、

30羽ぐらいのウソの群れが山桜の芽を食べに来ていました。


IMG_0118 (640x480)

もっとたくさんいたんですけど
写真だと、うまく撮れませんでした。

@・@

読売kodomo新聞というところが
「鳥の巣の特集記事を書きたいので、
鳥の巣や研究所の中を写真に撮らせてください。」

ということで、お掃除しました。

ちょっとだけ公開。

IMG_0126 (640x480)


(これでも、ずいぶんきれいになったのです。)

も少しアップで。

IMG_0137 (640x480)

右のはキムネコウヨウジャクの入り口がとても長いタイプ。

中央の2つの長いのは
Crested Orpendola カンムリオオツリスドリ

その左に、少しわかりにくいですが、
キムネコウヨウジャクの2つつながりという大変珍しいのがあります。

これは古い巣の下に別の個体が
新たに巣を作ったので、2階建てではなく、
途中でふさがっています。

後方に、ハシブトハタオリやアフリカヒロハシなども見えます。

アフリカツリスガラやセアカカマドドリなど、
いろいろ撮影していったので、
どんな記事になるか楽しみです。


4月10日発売の号の予定です。



写真のアップの練習2



練習かたがた、今回の展示の鳥の巣を少し紹介します。

IMG_0082 (480x640) - コピー

オナガサイホウチョウ


IMG_0084 (640x480) - コピー

棚の上なので、拙著「ふしぎな鳥の巣」も並べました。

クモの巣から糸を取り、葉にくちばしで穴をあけ,
クモの巣の糸で筒状に縫い、その中に巣を作ります。

裁縫するから、サイホウチョウ。英語名はTailorbird

昔の人は、この鳥が葉を縫っているのを見て、
真似して針と糸で布を縫い、服を作るようになりました。

IMG_0079 (480x640) - コピー

マミハウチワドリ

ふたのある袋状になっていてとても可愛い。

昔の人は茂みの中で、この巣を見つけて、ポシェットを作るようになりました。


IMG_0080 (640x480) - コピー

コウライウグイス

二股の枝の間にハンモック状につるします。

昔の人は、この巣を見て樹にロープを張りハンモックを作り、
木陰でお昼寝するようになりました。


IMG_0081 (640x480) - コピー

日本で1番小さい鳥、キクイタダキ。

ひたいのところの羽が菊の花のように開くので、この名前となりました。

枝先にクモの糸で巣を括り付け、巣が見つからないように
周りにカムフラージュでコケをつけます。

昔の人は、この巣を枝先で見つけ、
「そうか、持ち手を付ければ使いやすいんだ」ということに気がつき、
ひしゃくを作り、水を飲んだり、
お玉を作って、鍋からスープをお椀に移すようになりました。

また軍隊の人が迷彩色の服を着るようになったのも、
鳥の巣の周りににコケが使われているのを参考にしたからだというふうに、
CIAアメリカ情報局員、必修科目、「世界史Aー軍服の歴史」の中に記述されています。

IMG_0111 (480x640) - コピー


切り株を置いて、
展示の絵が出ている「あかちやんたいそう」の絵本を置きました。


IMG_0108 (480x640) - コピー

「ぺったん!サンドイッチ」

ーーーー

展示が終わったところで、ギャラリーの看板がないのに気がつきました。

以前使った看板を昨夜塗り直し、今朝新たに描きました。


IMG_0103 (480x640) - コピー

玄関入ったところにひとつ。


横の「とってもおいし~~いヘラヘラダンゴ」というのは室内で売っている商品なのですけど……
絵の世界との、すごいギャップ……

今日は受付部分には、ヘラヘラダンゴ以外にも、炊き込みご飯のパック詰めや
お菓子や、エプロン、小物入れなど布製品など、
地物の商品がたくさん並べられています。

御来場の方は是非お土産にどうぞ。

IMG_0104 (480x640) - コピー

ギャラリー入り口にも

IMG_0100 (640x480) - コピー


そして外の道側にも。
下田から南伊豆方向に車で約5分。
進行方向左側です。

ヤレヤレ、これで展示が終わりました。

歯医者さんを画廊にしたということもあるし、
地域の寄合場ということもあるので、
壁面や照明など、いろいろ完ぺきではありませんが、仕方ありません。

初出品の新作絵本の原画もあるし、
鳥の巣は、何度見ても楽しくて感動を新たにするし、
地物のいろいろもあるし、
これから、桜も咲いてくるし、
だれかしら地域のおばちゃまや奥様、おばあちゃんがいて、
接待してくれると思いますので、

是非、ご来場ください。





鳥の巣の説明の記述は、
キクイタダキ以外は人間の歴史以前のことなので、
証明されていません。

キクイタダキのCIA……というのは、
ソ連時代にKGBがねつ造した冗談です。






パソコンの練習



パソコン関係が、なかなかうまくできません。
写真は撮れますが、ブログに載せるところまでは
いつも奥様Fさんにやってもらっています。
(フェイスブックのカバー写真は奥様が撮っています。)

いつまでも、それではいかんと、写真を撮って、練習でブログに載せるところまで一人でやって見ました。

ですから以下他愛のない写真です。


IMG_0061 (640x480) (640x480)


これは最近よく獲れているウマズラハギ、1匹300円くらい。

カワハギの仲間なので、名前のとおり口のあたりを、ちょっと切ってから、
ベロンと皮がむけます。

IMG_0064 (640x480)

両側の皮をむいて、3枚おろし。

IMG_0065 (640x480)

これで2日分のお刺身。

頭と肝は煮て、中落ちでおだしを取ってお味噌汁に。


IMG_0067 (640x480)


ちょっと花形に盛ってみましたがクラゲみたい。

だしを取った中落ちを畑の横のコンポストに出しに行ったついでに、
畑のアスパラ菜の花(アブラナ科だから菜の花)を取って飾りにしました。


春のウマズラハギのお刺身と、頭と肝の煮物の出来上がり~。


IMG_0069 (640x480)

箸置きのネコさんは、昔まもるが遊びで作ったものです。


IMG_0070 (640x480)

コッチもだけど、注ぎ口が低いので、
1升ビンから勢いよくそそぐと、こぼれてしまうのが難。


IMG_0060 (640x480)

昨年の巣箱の中から出したヤマガラさんたちの巣を並べてみました。

一番右はネズミさんかな。


IMG_0071 (640x480)


ネムリンさんの楽譜が付いたおかげで、
前回年末増刷したのに、もう増刷になりました。

ネムリンさんありがとう。


明け方の暗い空に姿は見えませんが
トラツグミが鳴きながら飛んでいるバサラ山です。







下田で展覧会



下田駅から車で5分くらいのところで
3月14日(金)から4月16日(水)まで展覧会をすることになりました。
月、木(定休)、日曜(不定期休み)

IMG_0027 (640x480)

1年前くらいに新しく下田市の市長さんになった人は、それまで歯医者さんでした。

市長さんになって歯医者さんは閉業しました。

もう歯医者復活はないそうで、その使わなくなった建物(上の写真)を利用して、
地域の人が集まれる場所として、ギャラリーと集会所にしたいので、
是非最初に展示をしてほしいと
以前から知っている市長さんの奥様に先月くらいに頼まれました。

ということで、断るわけにいかず急に展覧会をやることになったのです。


IMG_0030 (640x480)

入口を入ると、歯医者さんだった時は受付だったところが、今は厨房になり、
お茶を出したり、簡単なケーキやお料理ができるようになっています。
ここで絵本や絵はがきの販売をします。

左がギャラリー。
入ると……

IMG_0031 (640x480)

診察室だったところは展示室になりました。

左側は窓なので、ブラインドに絵を掛けるのがちょっと危うい。

IMG_0036 (640x480)

部屋の半分は鳥の巣関連。

IMG_0037 (640x480)


逆側の壁面は、赤ちゃん関係の絵にしました。

パネルの後ろはX線室や、入れ歯を作る部屋だったようです。

手前の鳥の巣はヤイロチョウ(ちっとわかりにくい)
むこうのはキムネコウヨウジャク。


IMG_0039 (480x640)

これはオオヨシキリ、このほかセアカカマドドリをいつものケースで展示。

IMG_0040 (640x480)

窓側に据え付けの棚があるので、
小さい鳥の巣を並べ、小さいアクリルケースをかぶせました。


IMG_0041 (640x480)

ノゴマ、オナガサイホウチョウ、キクイタダキ、マミハウチワドリ、コウライウグイスなど
実物の鳥の巣9点。

鳥の巣の絵9点



IMG_0044 (640x480)

「みんな あかちゃんだった」、「あかちゃん たいそう」、「どうぶつの あかちゃん うまれた」と
あかちゃん関係の絵7点。

IMG_0045 (640x480)



「ぺったん!サンドイッチ」2点。


IMG_0056 (640x480)


さらにギャラリー部分ではないのですが、
受付横の部屋の壁面ががらーんと空いているので、
そこにネムリンサンの「あなたがだいすき」3点。


さらに市長選挙の時、神棚を打ち付けたらしく、
写真正面壁面にすごく大きな釘穴がたくさんあいていたので、
「鳥の巣いろいろ」の原画を掛けて見えないようにしました。

まだ少し歯医者さん的痕跡が残っているので、
それらを隠すため、もう2点くらい、初日に飾ります。

ということで、なんだかんだで展示作品が増え、
広さの割には結構見ごたえのある展示になりました。

伊豆半島の先端なので……
よその地域の人が来るには、ちょっと大変な場所で、
ちょっと見に来てくださいとは言えません。、
まあ、今回は地元の人の寄合いの場ということで
近隣の方たちに見ていただきましょう。

でも1か月間やっているし、これから春になり、
伊豆にでも行って、温泉にでも入ってお魚でも食べて、
山桜でも見てみようかという方がありましたら、
下田から南伊豆に行く途中の国道沿いですので、お立ち寄りください。
(要定休日確認)









新しい鉈(なた)と定規



IMG_0015 (640x480)


鉈(なた)が壊れました。
数週間くらい前から、刃を柄にとめているビスが1個とれ、
危うくなっていたのですが、
上の写真ではわかりませんが、柄の裏側が割れてしまいました。

ここに住みだしてすぐ買ったので……約30年使っていたものです。
使っていて柄が折れては、けがする可能性もあるので、新しいのを買いました。

ほぼ同じような形のものですが、
並べると、刃がうす~くなってる~。

30年間研いでいたから幅が1㎝くらい減っていますネ。
研ぎ方悪くてごめんなさい。よく働いてくれました。ご苦労様でした。

修繕して、ナイフにしましょう。

絵を描くとき寸法をはかる定規も古くなって、
この頃目盛りがスリ減って、
透明なプラスチック部分もよどんで見にくくなりました。
定規も、もう40年ぐらい使っているでしょうか……

定規本体部分はシッカリしているから、
なんか今更新しいのを買うのも、
新学期の子供みたいだなあ……とも思ったのですが、
やはり、寸法はミリ単位で正確さを求められることも多々あるので
新しい45㎝と30㎝と20㎝のを3本買いました。
普通の画材屋さんに売っている定規なので、
1本1000円くらいのそんなだいそれたものではないのですけど……。

まだまだこれから30年40年、
薪割りや野良仕事、絵を描くことをやり続けていたいという
自分のこれからに対する姿勢の自己確認。
いつもピカピカ1年生。

なんてものでもないのですけど、気分を新たに、さあやろう。


薪割りや野良仕事、絵を描くのに停年ないですから。


^?^    @?@



IMG_0012 (640x480)

家の前の、道のコンクリーのひび割れに咲くタチツボスミレさん。


IMG_0021 (640x480)

家の前を少し下ったところの河津桜。

我が家も苗を4本植えたのだけど、みんな鹿にやられてしまいました。

お隣、河津駅は河津桜見物の観光客の人で、満員だったようです。

でもこの辺は,のどかなもので,お姫様が一人です。


IMG_0024 (640x480)

空地の枯れススキ

IMG_0026 (480x640)

ネムリンサンも見ています。…


つかまえた! (講談社の創作絵本シリーズ)


つかまえた! (講談社の創作絵本シリーズ) [単行本]
鈴木 まもる
講談社
2014-03-12




予定通り、今週はこれが店頭に出ます。






東京日帰り、



朝早く家を出ました。

IMG_0787 (640x480)


なぜかというと、


IMG_0793 (480x640)


現在、となり町の河津桜が満開で、すごい観光客の人で

電車が満員になるからです。


これは電車の窓からの写真で、まだ朝早いので人がいませんが、

ここがものすごい人で埋まり、駅のホームも人があふれるようになり、

当然電車も無茶苦茶になってしまうのです。


ということで調度、週末前ということもあり、

速攻で日帰りすることにしたのです。


で、何をしに行ったかというと、



IMG_0811 (640x480)


ついについに、ニワシドリの絵本の校正が出たのです。

構想8年(?)
取材行程約6万キロ。


なぜニワシドリが「あずまや」を作るのかという
子どものころからの謎に迫った絵本です。


鳥や自然が好きな人はもちろん、

物を創る人は必見の面白い本です。


アマゾンにはもう表紙が出ていて予約受付中になっています。

こちら


ニワシドリのひみつ (ちしきのぽけっと)
鈴木 まもる
岩崎書店
2014-04-11


4月11日発売。
是非是非見てください。



その前に今月は普通の絵本も2冊出版予定です。



ならんでるならんでる
竹下文子作
鈴木まもる絵
偕成社
2014-03-21


これはFさんがお話を書いたものに絵を描きました。
ほのぼのとした世界です。





鈴木 まもる作絵
講談社
2014-03-12

これは1人でお話と絵です。

[ムック]となっていますが、普通の単行本の絵本です。
アマゾンにはまだ画像が出ていませんが、

とっても面白いです。


2冊とも今週中には見本ができる予定です。

プロフィール

まもる

カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文