2014年11月

緊急出動、熊谷へ


某政府高官から
「鳥の巣のことで、ちょっと来てください」という怪しい電話があり、
緊急に熊谷へ行くことになりました。

 IMG_3460 (320x240)

朝7時前は、まだ駅員さんがいません。

今回の任務は 絶対秘密、レベル5で口外禁止なので、
具体的、詳しい内容は書けません。

来年最初にお知らせできると思います。

IMG_3461 (320x240)

こだま号から上越新幹線「たにがわ405号」に乗り換え、
約30分で熊谷へ。

IMG_3466 (240x320)

雨の中、タクシーで約20分。

国体で天皇陛下、植樹祭で皇族の方々、さらにはサッチャー英首相も泊まられたという、
一昔前のヘルスセンターのようなホテルへ。

IMG_3465 (240x320)

東南アジアの某国の大使と、デング熱の特効薬になる鳥の巣があるという極秘情報について、
その真偽を検証するため、鳥の巣カバンに詰めてきた鳥の巣と比較検討。
約2時間で打合せ終了。

大使は成田へ向かったのですが、
高速道路で真っ黒な複数のオートバイに囲まれ
どこかへ連れて行かれてしまったそうです。

IMG_3471 (320x240)

小雨降る中、煙が出ている怪しげなカンカン。

危険な爆発物……とっさに気がつき

爆発前に起爆装置を取り外し、
難を逃れました。

ぼくの仕事とは関係ないのですが、お手伝い。

こうして怪しげな1日が終わりました????

IMG_3475 (320x240)

翌日は晴天。

IMG_3485 (320x240)

怪しげな人たちがたくさん現場検証中。

IMG_3487 (320x240)

ロケット砲ではありません。
雨がやんで絶好の鳥の巣日和となりました。

IMG_3489 (240x320)

のどかな黄色のイチョウの木の下。
この後、ここでいよいよ鳥の巣登場。

多分来年のお楽しみ……???

怪しい行動の2日間でした。

某政府高官なんたら……というのは当然ウソです。




大阪、九州出張


大阪と九州へ

IMG_3358 (320x216)

大阪へ行くには時間がかかるので、
いつもより早い電車。

我が家のへんは単線なので、駅ですれちがいなのです。
電車の本数が減ったのか、この頃時間調整で待つ時間が長い。

IMG_3369 (320x240)

名古屋まで「こだま号」へ。
今までは途中で「ひかり号」に乗り換えられていたのが、
「ひかり」が減り、乗り換えできなくなり、名古屋まで各駅で行くから時間がかかる。

IMG_3379 (320x240)

右のはレンズ雲かな??

富士山のてっぺんにも、かわいい雲がのっています。

IMG_3380 (320x240)

 名古屋で「のぞみ」に乗り換えたら、3連休のせいか、ギュウギュウ満員。

IMG_3390 (240x320)

新大阪

関西は、エレベーターは右に並ぶ。

IMG_3386 (320x240)

地下鉄御堂筋線と阪急宝塚線を乗り継ぎ、

IMG_3392 (320x240)

豊中の岡町図書館へ。

会場写真を撮ったと思ったら撮れていませんでした。残念。

会議場で、約80名。
文庫活動が盛んなところらしく、いろいろ質問も出て、
あっという間の2時間半でした。

今回、秋の行楽シーズンの3連休のせいか、
ホテルはどこも満員で、なかなか予約が取れませんでした。
ようやく着いたホテルのロビーは、ジャージを着た高校生がいっぱい。
朝ごはんの時も中学生がいっぱいなので、隣の子に聞いたら、
マーチングなんとかの全国大会があるとか。
1チーム70人くらい参加するらしく、全国48都道府県から集まれば、
それはどこもホテルは満杯になるでしょう。納得。

IMG_3394 (320x240)

翌日は朝7時53分発の山陽新幹線「みずほ」で小倉へ

IMG_3395 (320x240)

瀬戸内海をチラチラ見ながら、広島を過ぎ……

 IMG_3417 (320x240)

昔、関西から九州へヒッチハイクしていて、
広島の駅のホームで寝たことなど思い出します…



IMG_3420 (320x240)

関門トンネルを通過。

ここも、昔テクテク歩いた……



IMG_3424 (320x240)

小倉で鹿児島本線に乗り換え……

実はこの辺は鈴木家の実家があったところ。



IMG_3425 (320x240)

子供のころ来たときは、たんぼと山しかないところでしたが、
ずいぶん立派な町に変わっていました。

IMG_3428 (320x240)

会場は、宗像市の「宗像ユリックス」という2000名も入るコンサートホールや
プールもある複合施設で、そのなかに図書館があります。

ユリックスというのはユリとクスの木の産地で、くっつけた名前だそうです。

IMG_3430 (320x240)

会場はギャラリー。
いつものように親子連れや、読み聞かせをしておられる奥様方以外にも、
野鳥の会の男性の方なども何人も来られて、
図書館の人を含めて約90人。

昔からの絵本のファンの人や、
昨年、博多で聞いてくれたご家族が偶然、こちらに引っ越していて来てくれたり、
山口から来てくれた、1年ぶりに会うご家族もいて、
なんだかんだで楽しい3時間でした。

みなさま、ありがとうございました。

九州も、スマップや韓国の人気グループのコンサートや
中国からのお買いものツアーみたいな方がたくさんで、どこも人がいっぱい。

IMG_3446 (320x240)

帰りは福岡空港からB787。

これも満員で、今回は残念ながら窓際の席が取れず、空からの景色は見られませんでした。

IMG_3448 (320x240)

品川から、熱海に戻り、単線でコトコト……

気が付いたら、車両には誰もいなくて、
静かないつものすれちがい駅に到着。

ぐるっと西日本を回った巡業でした。

おつかれさまでした~~~


 

東京出張


「はしれ ディーゼルきかんしゃ デーデ」の授賞式で
東京、飯田橋のホテルエドモントへ。

IMG_3307 (320x260)

創設15周年鉄道貨物振興奨励賞表彰式
第7回住田物流奨励賞表彰式

「11時8分にお迎えに来ます」と、
さすがJRというかんじの担当の人に控え室に案内され、

IMG_3310 (320x240)

11時8分会場へ。

本日の式の流れを確認。

選考委員の先生方、交易財団法人交通研究会の方々、
JR貨物、日本貨物鉄道株式会社の方々が入場され
式が始まりました。

IMG_3313 (320x240)

最優秀賞が「専用コンテナによるキュービクルの鉄道輸送の再現」

そのほか、

「イオングループにおける鉄道輸送によるモーダルシフト」

「青函共用走行問題が北海道経済へ及ぼす影響」

「中国物流産業論 高度化の軌跡とメカニズム」……

と全然わからない異質な世界で……
非常に場違いというのか、なんというのか……

絵本の文章を書かれたSさんも最初はいたのですが、
大学の先生をされていて、午後から授業があるからと、
表彰式のあと、いなくなってしまいました。

IMG_3315 (320x240)

式の後の懇談会。

「スズキクン、スズキクン、こっちにいらっしゃい」と
財団の理事長さんが呼んでくれ、
「遠慮しないで食べなさい、食べなさい」とおっしゃってくれたり、
JR貨物の社長さんも
「うちの社員も読んで喜んでいましたよ」と話しかけていただいたり、
みなさん和やかなかたちで、楽しいひと時でした。

スピーチもなんとか、かんとかこなし……

ヤレヤレの3時間でした。

まあ、絵本がいろいろな方に読まれることにつながるのは良いことでしょう。

目黒で来年のイベントの打ち合わせをして、
夜は、大学が終わったSさんと、
体調を崩されていた「デーデ」の編集をしてくれたYさんの復帰祝いも兼ねて、
打ち上げ。

IMG_3318 (240x320)

翌日は東京新聞主催の
親子読書、講演会。

IMG_3320 (320x240)

募集された親子20組で、
講演の模様は、あとで新聞に紹介されるそうです。

ちょっと風邪気味で耳がボーっとして、
口の回りが良くなく失礼いたしました。

IMG_3323 (320x240)

すぐ隣は日比谷公園。

IMG_3324 (320x240)

晩秋の、のどかな水彩画でも描きたくなる光。

IMG_3325 (320x240)

でも、道の向こうは総務省とか官庁街。

そのむこうにチラッと国会議事堂があり
解散風が吹き荒れているみたいです。

世の中いろいろな世界があるものです。

さあ、バサラ山に帰って絵を描こう。



 

怪しいものの正体、解明。


先月だったか、出張から帰ったら、
「夜中に県道で変な音がした」とFさんが言います。
「暴走族ではないけど、機械のような大きな音や、人の声も聞こえた」と言います。

朝、下の村のごみ収集場所にごみを捨てに行くと、
道をはみ出して太いタイヤ跡がめり込んでついています。

DSC_4307 (320x240)




誰か夜にうたた寝して脱輪したのかと思っていましたが、正体は、これでした。

IMG_20141113_0002 (320x199)

出張から帰って、珍しく遅くまで起きていて、なにか下の県道で
いつにない音がするので、行ってみたら、……

風力発電の巨大な羽1枚を、ながーいトレーラーが運んでいるところでした。
前後に警備の車や交通整理の人が並走しています。

Fさんが言っていた音と、ゴミ捨て場のタイヤ跡の正体はこれでした。

西伊豆側の大きな港に船で運ばれてきたのを、
トレーラーに積み替え、陸路、東伊豆の山の上に運んでいるようです。

それにしてもでかい。

このトレーラーが通れるような道を、山の上の設置場所まで通すには
相当な木を切り倒し、山を削りしないと、できないことでしょう。

でもそうやって立てたとしても、耐用年数が10数年しかなく、あとは放置されてしまうなんて、
自然に優しいんだかどうなんだか……

現実、以前設置した南伊豆地方では、山を削って道を作った処理がいい加減だから、
土が流れ、海まで被害が出ていたり、東伊豆の風車は伊豆特有の強風で、
すぐ折れてしまいました。

せまい山や、急な風の吹く、この地に風力発電が適しているか疑問です。
鳥だってぶつかるし!

なんにせよ、都会に行くと、明るすぎ、電気の使い過ぎを感じます。


IMG_20141113_0003 (320x258)

下の村の農業団体から
大豆脱穀作業のお呼びがかかりました。

中央のが脱穀機で、左に積んである、抜いた茎を
ここに入れると、大豆が殻ごと叩き落とされ
下の座っている人のところに転がり出てきます。

脱穀機は古いせいか、音だけはものすごい音で
大工場みたいなのですが、米、麦用なので、どうも効率が悪いみたいで、
殻も葉もゴミも一緒に出てくるので、
何人もでザルを何度も通して、一粒づつよっていくという、
えらく近代的なんだか、原始的なんだかわからない
手間はかかるし、目にごみの入る作業なのです。

で、こんなに大人数でやって、どのくらい味噌ができるでしょうか……
お楽しみ~。

地方再生、道険しです。



郡山図書館、出張

IMG_3217 (320x240)

東北新幹線に乗り郡山へ。

IMG_3301 (320x240)

郡山中央図書館。

IMG_3218 (320x240)

ぼくの講演の前に、プチコンサート、ピアノ連弾演奏しているところ。

美しい女性陣の後で、出にくいな~

どこかで会った顔の人がいるので聞いたら、
先月の葛飾の図書館で聞いてくれた、らなちゃんで、
また聞きたいと、御一家でわざわざ郡山まで来てくれたそうです。

どうもどうも有難うございます。
夏の郡山でのイベントの講演に来てくれた男の子も再会しました。

なぜ裸足なんですか?とか、そのかばんは、どこのですか?
とか、鋭い質問も出て、楽しいひと時でした。

ありがとうございました。

翌々日小学校の講演になっていて、翌日は何もない日になり、
企画してくれたTさんが、
「デーデ」がガソリンを運んだところを実際に案内してくれました。

IMG_3220 (320x240)

タンク車

IMG_3222 (320x240)

新潟から磐越西線を通り、郡山に着き、

IMG_3223 (320x240)

このタンクに入れ、各地にタンクローリーでガソリンを運んだのです。

IMG_3229 (320x240)

猪苗代湖

IMG_3232 (320x240)

磐梯山

IMG_3231 (320x240)

白鳥型ボート、

IMG_3238 (320x240)

こっちは本物。
もう北の国からやってきていました。

IMG_3236 (320x240)

オナガガモ

IMG_3242 (320x240)

天鏡閣

IMG_3244 (320x240)

明治40年8月
有栖川宮武人(ありすがわのみやたけひと)親王殿下が
東北地方を御旅行中、猪苗代湖畔を巡遊され、その風光の美しさを賞せられて、
この地に御用邸を建設することを決定され、
建設したものだそうです。

中がスゴイ!

IMG_3254 (320x240)

一つ一つの家具から、各部屋にある暖炉もみなデザイン、模様が異なり、
床の組木や各部屋のシャンデリア、水道、タイル、大理石……
どれをとっても、格調高く,とても日本とは思えない

IMG_3258 (320x240)

こんなのもあるし、

IMG_3266 (320x240)

みんな手作り

IMG_3267 (320x240)

これは和風のお風呂、洋風もあります。

IMG_3268 (320x240)

これらのものを全部含めて、たった1年間で完成させたというから
有栖川宮親王殿下という方は絶大な力を持っていたのでしょうね。
(雪の時期があるので、実質もっと期間は短いと思われます)
 
国指定の重要文化財となっているそうです。

IMG_3305 (320x240)

翌日A第二小学校

IMG_3304 (320x240)

会場は体育館。

子供は約300人、PTAの方、職員の方もいて、
小さい鳥の巣や、絵を描いても、遠くの人は見えにくいし、
音が散漫になってしまう悪条件のなか、
子供たちの中をかき分けかき分け、巣を見せたり、絵を描いたり、

1年生でも、興味のある子は、しっかり聞いているけれど、
どしても気がそれちゃう子もいて、

さすがにクタクタ…

お疲れ様でした~~






 

ちょこっと お知らせ

IMG_3207 (320x218)

JR貨物グループがやっている(?)、公益財団法人交通研究会というところは、
交通に関する各分野(鉄道、海運、航空、トラックなど)において、
物流振興のために優れた功績を残し、
社会に大きく貢献した著作、論文、研究などを顕彰する事を目的として、 
 毎年、鉄道貨物振興奨励賞と、住田物流奨励賞というのを選んでいるそうです。

過去のでは、
「鉄道ABCD2理論とSOC方式」とか、
「日本における国有鉄道の歴史分析―貨物業務の制度設計と運営を中心にー」
といった、かなり専門的なことに対する賞のようで、
児童書とかと全然違う世界なので知りませんでしたが、

そこから連絡が入り、 (前置きが長くてすみません)

拙著「はしれ ディーゼルきかんしゃ デーデ」が
住田物流奨励賞の「特別賞」に選ばれたそうです。
(住田さんというのはJR東日本の社長さんだった人の御名前だそうです)

絵本が受賞するというのは初めてだそうで、
なんというか、かんというか……ですが、
絵本の世界が普及するということでは良いことなのでしょう。

どんな絵本かというと、

東日本大震災で道路が寸断され、ガソリンの供給ができなくなったので、
新潟から郡山にガソリンを運ぶことになったのですが、
一部電化されていないため、各地にある古いディーゼル機関車を集め整備しなおし、

IMG_3209 (320x174)

地域の壁を越え(地区により運転手さんが変わる)

IMG_3208 (320x165)

雪の積もる急な山越えで動けなくなり、応援のディーゼルが後ろから押し

IMG_3210 (320x211)

無事に山を越え

IMG_3211 (320x179)

ガソリンを被災地に運んだという実話の絵本です。

詳しくは→こちら


 

サツマイモ収穫


サツマイモ畑。

苗を植えたのが少し遅くて、まだ収穫していませんでした。

IMG_3179 (320x240)

周りは手製の石垣やワイヤーメッシュ(おり)でイノさんから
防いであるのですが……

IMG_3182 (320x240)

石垣のそばに、こんなのや

IMG_3181 (320x240)

こんなのがあり、


DSC_4061 (320x240)

夜な夜な、イノさんが うろついていているようです。

石垣を壊して食べられるのもしゃくなので、
収穫しました。

R0011385 (320x240)

やっぱり、おいもほりは晴れた日にかぎる。

R0011387 (320x240)

やれやれ

IMG_3190 (320x240)

久しぶりなので、こんなものでしょう。

IMG_3183 (240x320)

すごいマーブル模様の雲

IMG_3188 (320x240)

そのあと耕して

IMG_3196 (320x240)

ソラマメ、グリーンピース、スナップエンドウを急いでまきました。

耕したら、少し、掘り忘れのサツマイモがいくつか出てきて
耕運機で切っちゃったりしたので、
味見がてら食べたら、甘みが薄いので、

28d006eb


バターと砂糖で、スィートポテトというか、おいもまんじゅうに。

IMG_3198 (320x240)

冬用の薪。左の桶の巣にいる黒いのは

IMG_3199 (320x240)

サンちゃんで~す。

 

島根出張、御嶽山上空


DSC_4016 (240x320)

「じゃあ サクラ、お兄ちゃんは、また旅に行ってくるからな。」

例によって怪しい鞄を持って、4泊5日の島根巡業。

Fさんに駅まで送ってもらって、
写真を撮られてしまった。

行ってきま~す

IMG_3045 (320x240) - コピー - コピー

駅の向こうでモズさんもお見送り。

ケケケケーー

IMG_3047 (320x240) - コピー - コピー

今回はJAL1667便、羽田発 出雲空港行き。

IMG_3052 (320x240) - コピー - コピー

14時、定刻、ボーイング767-300出発。

今回は山が見たかったので、進行方向右側の窓際の席。

IMG_3063 (320x240) - コピー - コピー

東京を過ぎ、右下の白い丸いのは、なにかなーと、帰って調べたら
西武ドームで左は狭山湖でした。
 
IMG_3067 (320x240) - コピー - コピー

左側の窓から富士山。

席がガラガラなので、アッチ行ったり、こっち行ったり……

IMG_3069 (240x320) - コピー - コピー

八ヶ岳、昔この赤岳頂上小屋で泊まり込んでお手伝いしましたね~。

IMG_3070 (320x240) - コピー - コピー

左にぼんやり諏訪湖。
学生時代に山小屋を作った学者村は右側。
その向こうに北アルプス。

IMG_3071 (240x320) - コピー - コピー

中央白いのが、富士山の次に高い北岳(3192メートル)。

ここは20歳の時、頂上で、小さいテントで一人強風の中ビバーク。
頂上下のテント場でいくつかのテントが飛ばされたそうで、
よく飛ばされなかったものだと、今思い出してもヒヤヒヤ……。

そして……

IMG_3076 (320x240) - コピー - コピー

御嶽山。

まだ噴煙が出ています。

多分今日のルートだと、見えると思った。

IMG_3078 (320x240) - コピー - コピー

頂上付近は灰で色が変わっています。

この山の地下にマグマがあって、噴煙が出てくることを思うと、
なんと自然は大きいのか……

IMG_3085 (320x240) - コピー - コピー

まだ6人の方が……ここに。

早く発見されますように……

―――――

ぼくがあまり、くらいついて見ているので、
アテンダントの方も気がつき話しかけてきました。

その人も、今日初めて見たそうです。

IMG_3086 (240x320) - コピー

日本海が見えてきました。

IMG_3088 (320x240) - コピー

若狭湾、敦賀市、右に上っていくと東尋坊。
昔ヒッチハイクでトラックに乗せてもらって行きました。

IMG_3089 (320x240) - コピー

手前の薄茶色が鳥取砂丘。

IMG_3090 (320x240) - コピー

隠岐の島がかすかに……

IMG_3091 (320x240) - コピー

境港。

IMG_3094 (240x320) - コピー

それからグィーンと旋回して、

IMG_3095 (320x240) - コピー

着陸態勢に入り、

IMG_3096 (320x240) - コピー

「出雲縁結び空港」に定刻15時25分到着~。

今回の担当してくれるFさんと合流。



IMG_3098 (320x240) - コピー

ちょうど今が見ごろという金言寺の大イチョウに連れて行ってもらいました。

水を張った田んぼに写る「逆さイチョウ」ということで有名だそうで、
週末はぜんざいのサービスや夜間のライトアップがあって
スゴイ観光客の方が来られるそうです。

ちょっと前は銀杏の臭いがすごかったそうで、あと数日で葉は散ってしまうし、
今日は寒くもないし、人もいないしちょうどいい時に来ました。

IMG_3102 (240x320) - コピー

樹齢400年。
立派。

IMG_3103 (240x320) - コピー

宿泊は奥出雲の浪花旅館さん。

IMG_3105 (320x240) - コピー

翌朝、近所を散策。

IMG_3106 (320x240) - コピー

出雲横田駅。

さすが出雲、スゴイ立派な駅。

ディーゼルのトロッコ列車がスイッチバックして走る区間もあり、
鉄道マニアが 来るそうです。


IMG_3107 (320x240) - コピー

駅横のトイレも立派。

IMG_3109 (240x320) - コピー

 だれもいない駅。

IMG_3110 (240x320) - コピー

稲田姫の像。

IMG_3111 (320x240) - コピー

初日は午後から講演会なので、

IMG_3113 (320x240) - コピー

ループ橋で あの橋の上へ。


IMG_3114 (320x240) - コピー

ループ橋をグル~ンとまわって上まで来ました。

IMG_3121 (320x240) - コピー

高さ392メートル、橋の真ん中から下を見ると

IMG_3118 (320x240) - コピー

ヒェ~

バンジージャンプができそうです。

IMG_3125 (320x240) - コピー

牧場もありました。

IMG_3130 (320x240) - コピー

で、この日は午後からA小学校で講演会。

翌日は午前中 M小学校。

IMG_3134 (320x240) - コピー

午後から Y小学校と1日2講演のハードスケジュール。

IMG_3139 (320x240) - コピー

Y小学校はグランドの ほんとにすぐ横を……

IMG_3140 (320x240) - コピー

トロッコ列車が走る!!!

マニアはたまらないでしょうね、ここは。

IMG_3144 (320x240) - コピー

みなさん質問もたくさんしてくれて、楽しい講演会でした。

IMG_3146 (320x240) (2) - コピー


3日目、牧場のはずれの山に登って草をはむ野良牛(?)

IMG_3150 (240x320) (2) - コピー

自然史博物館があったので、ちょっと見学。

アロサウルス。

IMG_3151 (320x240) (2) - コピー

最後の講演会
カルチャープラザN。

読み聞かせの会の方から、
きれいなメジロの巣をいただいちゃいました。

ここは小学校ではないので、
時間を気にすることなく3時間
小学校は3回、各2時間くらい。

普段の1か月分くらいを3日間で話したような……
ヤレヤレご苦労様でした。

IMG_3154 (320x240) (2)

帰りはJAL1664便9時40分発。
少し小型のボーイング737-800

IMG_3156 (240x320) (2)

細かいところまで計画してくれたカルチャーセンターのFさん
読み聞かせの会のIさんはじめ、スタッフのみなさん、ありがとうございました。

本場出雲そばや,仁多米、仁多牛、
カメムシや、なぜかホッケーが盛んだったりと、
楽しい楽しい出雲の講演会巡業でした。

IMG_3160 (320x240) (2)

帰りのルートは、本州を横断。

IMG_3165 (320x240) (2)

雲の上を通って、

IMG_3169 (320x240) (2)

ちょうど我が家の上は、雲がまばらにあり、はっきり見えずでしたが、

上の左は大室山。

IMG_3172 (320x240) (2)

大島。

IMG_3173 (320x240)

富士山は頭に雲が引っかかっています。

羽田から新幹線で三島へ。

IMG_3176 (240x320) (2)

佐野美術館が運営する、
三島信用金庫ビルの4階
「さんしんギャラリー善」の学芸員のFさんと展示の話。

ちょうど鳥の巣を持っていたので、見せたら、
狂喜乱舞、「ぜひ展覧会を!!!」ということで
2016年5月に1か月展示をすることになりました。


 
プロフィール

まもる

メッセージ

名前
メール
本文