2015年05月

麦刈り


下の村の農業施設「ポーレポーレ」から
「麦刈り」の誘い……

ハイハイ、ただちに出動しま~す

IMG_5432 (320x208)

今年は、まあよくできたそうです。

ウシを組み立てて

IMG_5437 (320x201)

刈った麦を乾かします。
 
IMG_5439 (320x223)


おいしい味噌や、おまんじゅうができるでしょう。

来週は脱穀のお誘いがあるのかな……


こういう時にかぎって、絶好の麦刈り日和で、
熱中症にならないよう、途中の、お茶の時……

元消防署長のMさんが
「まもるさん、ホラッ」と

IMG_5434 (233x320)

こんなのを作ってきてくれました。

先月の運営委員会の時、少し昔の鳥の話が出て、
そのころの鳥を捕る罠を再現して作ってきてくれたのです。

地面に直接作るのは「ジコモツ」と言い、
これは「タテコモツ」と言って移動式。

こちらの方が作るのが難しいらしい。

IMG_5443 (266x320)

うまくできています。

IMG_5446 (320x302)

要するに、どういう仕組かというと

IMG_20150531_0001 (320x270)


Aの竹を曲げ、ひもでつないだBの竹がはさまるようにして通し、
Cをひっかけ、Dで仮押さえしてEがエサ

IMG_20150531_0002 (320x286)


鳥さんがEのエサを食べに来ると、
DにさわりCがはずれ、
Aの戻る力でBが下がり、
鳥が挟まるということで、

子どものころ、みんなでホオジロとか捕って
おやつにしていたということです。

‘*?。<‘*・

ニューギニアの子供はパチンコで捕まえていた。
ぼくも小さいときネコさんが捕ったスズメを食べました。

*}:*?、。;。、?><

IMG_5409 (320x218)

かくいう「鳥の巣研究所」でも、

先日から、絵を描いていると、
後ろで なにか小さな動物が動く気配がします。

以前、ネズミさんが何匹か室内に入り込んだので、
上のような罠で捕って一掃したのですが、また入ってきたみたいです。

ドブネズミとかでなく野原に住むカヤネズミとかアカネズミで
すごくかわいいネズミさんなので問題ないのですが、
あちこちヒマワリの食べかすを残すので、
今回も同じ罠を作り、捕まえました。

仕組みは単純で新聞紙に切り込みを入れ、
ヒマワリの種を置くだけという単純な落とし穴方式。

で、うまくつかまえたのですが、
ブログに乗せようなんて思って写真を撮ろうとしたら、逃げられました!!

アチャ~、詰めが甘かった。

すぐ食べちゃえば良かった!!!


@:@*。、¥::






 

八丈島、鳥の巣作戦、続き


八丈島からアカコッコの巣が届きました。

IMG_5428 (320x240)

英名 Izu Islands Thrush
学名 Turdus celaenops

伊豆諸島と南西諸島北部だけで繁殖する日本固有種で
天然記念物に指定されている鳥です。

IMG_5430 (320x241)

大きさは産座の直径が約9㎝、深さは約5㎝。

ツル性の植物やシュロ、コケなどを使ったお椀型で
ヒヨドリの巣くらいですが、巣材が多く、もっと密で
ぎっしり、しっかりしています。
1巣卵数3~4
木の枝の分かれ目や地上にも作るそうで、いわゆる鳥の巣らしい鳥の巣。

IMG_20150530_0001 (320x294)

拙著「日本の鳥の巣図鑑全259」では
巣作りしているところを描いています。

先週、八丈島に行ったときは講演会で時間もないし、
繁殖期なので、怖がらせてはいけないということで、
積極的に探そうとは思っていなかったのですが……

講演会が終わってサイン会になったら、ある方が、
我が家に作ったアカコッコの巣ですと持ってきてくれ
「あげます」との嬉しいお言葉!!!!

で、鳥の巣カバンとか荷物が多いので、
宅急便で送って、それが届いたということなのです。

IMG_5412 (320x271)


一昔前、卓上にお醤油や味の素とかお茶とか昆布茶とか入ってそうな
こんな しっかりしたケースに入ってきました。
これなら安全。このまましっかり保管します。

鳥本体は、持ち出し禁止ですが、古巣は問題ありません。

八丈島のヒヨドリさんの巣も1個いただきました。
これは本土のとそんなに変わりませんが、少し小ぶりです。

八丈島コレクションが2つ増えました。
ラッキ~~~


IMG_5414 (240x320)

さらに別便で、重い箱。

八丈島の文庫の方からです。
文庫の方たちはみなさんお酒が好きで、
講演会が終わって反省会を楽しみにしていたのですが、
飛行機が欠航になるため、反省会ナシでお別れしたため、
一人で反省するようにと送ってくれたのです。
重いから甕でも入っているのかと開けたら

IMG_5415 (240x320)

オッ、4本入り

IMG_5416 (240x320)

八丈島らしいのが4本

ウヒャ~ 、ではでは八丈島を思い出しながら、一人しっかり反省会しましょう。

ありがとうございました!!!!



 

八丈島、鳥の巣作戦


新型キムネコウヨウジャクを鳥の巣カバンにいれて、
八丈島へ講演に行きました。

Fネコさんのアストンマーチンで駅まで送っていただき
鳥の巣作戦開始。


IMG_5293 (320x224)

位置的には、この海の向こうなので、
高速クロールで泳げばすぐ着くのですが、
鳥の巣カバンがぬれてしまうので、

IMG_5294 - コピー (320x240)

新幹線で品川、京浜急行で羽田へ。

IMG_5295 - コピー (320x207)

小型のB737-800

IMG_5301 - コピー (320x240)

航路が住んでいる半島の沖を飛ぶと思ったので、
今回は絶対進行方向右側に座ろうと思いました。

IMG_5304 (320x240)

東京湾を抜け、むこうに富士山

IMG_5303 (320x240)

三浦半島を過ぎ

IMG_5307 - コピー (320x240)

大島。
向こう側の海沿いを電車で走ってきたので、
ずいぶん遠回りしています。

IMG_5310 - コピー (320x240)

この辺が御用邸のある辺

IMG_5311 - コピー (320x240)

左から2つ目ぐらいがバサラ山かな?

IMG_5314 - コピー (320x240)

新島

IMG_5316 - コピー (320x240)

神津島 

この2つの島には、高校生ぐらいの時から、
よく遊びに来て野宿していました。

IMG_5322 - コピー (320x240)

三宅島

そして

IMG_5325 - コピー (320x240)

八丈島が見えてきました。
飛行時間たった38分

IMG_5331 - コピー (320x240)

あっという間に八丈島到着~~

IMG_5336 - コピー (320x174)

荷物の返却台も小さな回転寿司のお店位でかわいい。

IMG_5338 - コピー (320x240)

講演会は翌日なので、島めぐり。

IMG_5350 (320x240)

これが 八丈富士

IMG_5354 (320x240)

廃墟になったホテル。

いくつかあるらしい
どこも同じです。

絵本作家の長野ヒデ子さんも来てくれ、
夜いろいろお話し。

IMG_5355 (320x240)

講演会当日、快晴。

IMG_5360 (320x240)

青ヶ島行きの船



IMG_5362 (320x278)

逆光でわからなかったけれど
キョウジョシギ

IMG_5370 (320x200)

会場は大賀郷公民館

IMG_5371 (320x240)

ちいさめの体育館くらいの広さ

IMG_5373 (320x240)

大人の方約70人子供さん約70人スタッフの方々約20名。
文庫や読み聞かせをやっている方には絵本や鳥の巣の深い部分の話もしたいし、
子どもたちには鳥の巣や自然のことを話したいしで……
汗かいたり、コンタクトがずれたり、
少し散漫になってしまいましたが、
たくさん質問も出て楽しい会になりました。

講演会終了後サイン会では、たくさん拙著も買っていただき、
なんと「卵と巣の大図鑑」も1冊お買い上げの方がいたり!
手作りバッグや黄八丈のティッシュ入れや、お花をお土産にいただいたり……

さらに!アカコッコの巣までいただいたり!!
コジュケイが宿の窓にぶつかって死んでいたりと
思わぬものも手に入り、ニマニマニマの講演会となりました。

ご来場の皆々様、スタッフの皆々様
ありがとうございました。

当初は、もう1泊して帰宅の予定だったのですが、
低気圧が来て、翌日は飛行機が欠航になり、
下手をすると数日帰れなくなるかもということで、
予定を変更、最終便で帰宅することになり

IMG_5379 (320x240)

17時35分発のA320に飛び乗り
八丈島空港を飛び立ちました。

IMG_5385 (320x240)

確かに、山には雲がかかりだしてきました。

IMG_5389 (240x320)

(案の定、翌日の便は欠航になったそうです。)

IMG_5399 (320x240)

帰りは、進行方向左側の席。
遠くに富士山、
手前の房総半島を回って一路羽田空港へ。。

IMG_5403 (320x240)

反省会兼懇親会ができなかったので、
新幹線でひつまぶしと味噌カツ弁当で一人反省会。

夜10時半、Fネコさんに車で駅に迎えに来ていただき無事帰宅~~~

お疲れ様でした~~~~~


 

講演会の準備

これはキムネコウヨウジャクの巣です
英名はBaya Weaver,
学名はPloceus philippinus

ヤシの葉を細く裂いて編んで作ってあります。

IMG_5236 (206x320)

左の手に持っているところが産室で、
卵を産んでヒナが育つ場所。
右下が出入り口になっていて、
高い木の枝先にぶら下がっています。

「これが世界の鳥の巣Best10」とか
「あなたが選ぶ思い出の鳥の巣20」なんて番組に
葉をクモの糸で縫うサイホウチョウや
土でできた秘密の入口があるカマドドリと並んで
必ず出てくる鳥の巣の一つです。
(そんな番組あるわけないけれど)

そんな鳥の巣なので、講演会では必ずお見せするのですが、
最近、講演が続き、酷使され少し痛んできました。

IMG_5288 (240x320)

これが今まで使っていたもので、
内部構造がわかるように、切ってあるので、
形もヨレてきてしまった。

IMG_5289 (240x320)

で、新しくしようと思い
昨日しっかり固めて、これから切ります。

(Fネコさんに撮影をお願いしました)

IMG_5237 (240x320)

裏の下から

IMG_5240 (240x320)

固めてなくてもしっかりしているのですが、固めてあるので、
チョキチョキ切れます。

IMG_5242 (320x240)

この辺は産室の壁

IMG_5244 (320x240)

半分切れたら

IMG_5249 (320x240)

 表側も

IMG_5253 (320x240)

 ここは最初に輪を作って産室の壁部分のところなのでしっかりできています。

IMG_5257 (320x240)

無事切り進み

IMG_5259 (320x240)
 
上まで
IMG_5261 (314x320)
 
天井部分は厚いので、

IMG_5264 (320x312)
 
中側までよく切ります。

IMG_5265 (286x320)

切れたら開けてみましょう。

IMG_5272 (320x240)

そーっと

IMG_5273 (320x240)

 パカッ

IMG_5270 (240x320)

スゴイ、
きれい!!
左が産室、右が出入り口
妊婦さんのおなかの形とおんなじ。

鳥は体が重たいと飛べなくなるので、
この部分を安全なところに作ったというのが鳥の巣で、
それがとてもわかりやすい巣なのです。

IMG_5277 (320x240)

箱も新たに作りました。

IMG_5275 (320x240)

ピッタシ

IMG_5282 (240x320)


キムネコウヨウジャクの開きの完成。

本日のお料理教室でした。

 なんで、こんな形をしているのかとか
どうやってこんな形を作るのかなどは
講演会に来られるとわかります。

拙著「ふしぎな鳥の巣」(偕成社)にも出ています。

ということで、
新しいのを持って今回は八丈島に講演会に行きます。






 

出張、取材、校正、打ち合わせ、仕込み、梱包


絵本の校正や取材で出張。
今回は、訳ありでFネコさんも一緒。

IMG_5163 (320x247)

現在、ゴミ収集車の絵本を描いていて、
我が家は山の中なので、都会らしい風景の再確認もあり、

IMG_5169 (320x240)

あちこち都会を見て回り、

IMG_5189 (320x231)

アリス館での新刊絵本の校正。
あと少し。6月20日完成予定。



IMG_5223 (320x240)

新宿のネイチャープロに行き
「いきものたちのつくる巣」のほうも
だいぶ進んできました。

IMG_5222 (320x240)

夏前ごろ完成か……



IMG_5182 (320x247)

大学の先輩、藤田政利さんの個展も見に行きました。

藤田さんは、金属で別の質感のものを表現したりする、
とてもユニークな作品で、前々回くらいから動物が出てきて、
今回は水辺のカモノハシやサギという実体と、波紋と、
それらが水面に写る形と、壁面に映る影という
4つが織りなす不思議世界。

ーーー
新宿駅で電車を乗り換えようとしたら、
なんと電車から降りてくる人に「ヨッ、まもるちゃん」と声をかけられ
見たら、なんと大学の同級のMさんが!!
Mさんは藤田さんの友達で、これから すいどーばた美術学院の指導に行くところとか。
この広い都会で偶然会うとは不思議。
元気そうでなにより。



IMG_5199 (320x240)

今回はそのままあわただしく日帰り。



IMG_5210 (320x240)

5月31日に東京港野鳥公園でやる鳥の巣のワークショップの準備。
(第3回東京港野鳥公園フェスティバル ちらし表 ちらし裏

11時半からと1時半からの2回で、
そんなに来ないとは思うけれど、
一応MAX100人分ほしいということで、
以前下の村の耕作放棄地で刈ったチガヤの草(やわらかくてよい)を袋詰めして、
上の段ボール3箱。


6月2日から28日まで北海道、新十津川町立図書館で絵本原画展の梱包。
今回は実物の鳥の巣は、ガラスケースに数点で、ほとんど絵なので、
クロネコヤマトの単身引越し便。

IMG_5212 (320x211)

せっかくだから新作の「すすめ!きゅうじょたい」を
新たに額装。

IMG_5213 (320x237)

そんなに広い会場ではないので、
アレコレいろいろな本から少しずつの展示。

IMG_5215 (320x237)

鳥の巣関係や乗りもの絵本、赤ちゃん絵本、
民話絵本、ネコさん絵本、ファンタジー絵本(?)などなどいろいろ
てんこ盛りで約40点

IMG_5216 (320x211)

横幅150センチのガラスケースに、

IMG_5217 (320x210)

実物の巣5点と、

IMG_5218 (320x207)

画材、スケッチ、取材ノート。

IMG_5219 (320x240)

絵本のダミー

IMG_5220 (320x240)

海外の取材や展示風景の写真などなど、

IMG_5214 (320x240)

キャプションも作って……

今回は、ほとんど絵なので、搬入には行かないのですが、
(講演会は6月28日)
その分、展示の順番や並べ方など書いた指示書を作って、
図書館の人に展示していただくということで、
それはそれで、また頭を使わないといけない。

でも、まあなんとかなるでしょう。

北海道では初めての原画展なので、うまくいくとよいのですが……

----

ということで、集荷や出荷など重なり、梱包などあわただしい日々。

 

恐るべしマリンちゃん


朝、絵を描いていたら、母屋のFネコさんから内線電話。
「すぐ、来て!!」




IMG_20150514_0001 (222x320)

行ったら……

ストーブの煙突付近に鳥がいて、
パタパタと飛び立って2階へ。

なんとか止まっているところを確保。
シジュウカラさんです。

外に放すと元気に飛んでいきました。
すぐ横からもう1羽がやってきて合流。。

きっとメスがネコ毛の巣材を集めに来ていて、
マリンちゃんに捕まったのでしょう。
オスはそれはそれは心配だったろうなあ。

まったくマリンちゃんはソーッと くわえるのがうまい。

って、褒めているのではない!

DSC_6049 (357x240)

台風が来るので、たまっている栗のイガを燃やしました。

草刈した草を集めたりするとき痛いのです。

DSC_6050 (357x240)

何年分もだから、結構あります。

DSC_6046 (357x240)

良い堆肥になるでしょう。



 

ヤマガラさん巣立ち!ー2!!


今朝、巣立ちの記事を書いた後、
絵を描こうと思ったのですが、
やはり気になり、もう一度見に行ったら……


IMG_20150512_0001 (319x320)

最後の1羽が入口にとまってる!!

(産座の白いのはフン。先に巣立ったこの置き土産。
飛ぶ鳥 後を濁してます。まあ良い)

「ちょっと、待って待って」と、カメラを取りに行き、

IMG_5127 (320x240)

初めて飛ぶので怖いので、なかなか飛び立ちません。

外に出て見ると……

IMG_5129 (320x310)

暗くて写らないけれど

双眼鏡で見ると

IMG_20150512_0002 (273x320)

入口のところで下を見ています。

目立たないように、服を頭からかぶっていましたが、
近くにいると、親から「まだ待て」のサインがでているかもしれないので、
室内に戻って見ると……

IMG_5136 (240x320)

いない!!!

やっと決断がついたのか、無事巣立ってました!!!

IMG_5138 (240x320)

ここから巣立って

IMG_5142 (320x240)

どこに行ったんだか……

元気に大きくなりますように。

最後にイメージしていた姿も見れました。

ヤレヤレ、これで絵に専念できます。

「ヤマガラさん、巣箱作戦」終了




 

ヤマガラさん巣立ち!


昨日までは、早朝 目が覚め、絵を描いて、
朝食を食べてから巣箱を見るのですが、
今朝は巣の中で寝ている姿でも見ようと、暗い中見たら……

IMG_20150512_0001 (320x265)

1羽しかいません!!!
ほかの子は昨日巣立ってしまったようです。

IMG_5114 (320x235)

ありゃあ、巣立ちの瞬間を見れなかった~~

イメージ的には
巣穴によじ登るところや、穴にとまり、
飛び出す決意みたいな瞬間を見たかったのだけれど……

まあ、それは良いでしょう

やったやったバンザイです。

IMG_5116 (320x232)

さて、この子は、今日中に巣立てるでしょうか。

がんばれよ~~~。

明るくなって外は鳥の声がしてきました。

~~

仕事場の壁にハチの巣

IMG_5110 (320x240)

大きくならないうちに撤去。

IMG_5113 (240x320)

マリンちゃん、昨夜は1時ころ、またなにか捕ってきて、
ゴソゴソしている気配。

なんかいつものネズさんではない動き……
まだ1時だけど仕方ない行ってみると……

鉛筆ぐらいの蛇の子供。

マムシではないし、だいぶいたぶられて動きも鈍いので
外にポイ。

今日は簡単に取れたので、
もう一度寝れて良かったです。
て、ちっともよくないマリンちゃん。

とりあえず1羽以外巣立ちました!!








月曜日のヤマガラさん


3羽、くちばしをよせあっているところが
かわいい。

IMG_20150511_0001 (320x309)

6羽確認しているので、あとの2羽は、
下のほうに潜っているのか?

IMG_5108 (320x272)

たぶん手前にもう1羽。

IMG_5109 (320x236)

尾羽もだいぶ伸びてきました。

IMG_5106 (320x220)

朝4時半、外で鳥の声が聞こえ始めます。

虫も飛んでいるので、この辺から親鳥はエサ探しを開始しているのか。

最近は夕方6時くらいまで明るいので、14時間として。
エサやりが10分間隔として、1時間に6回で、1日84回。
オスとメスだから倍の168回。
1回に何匹ぐらい虫を捕るかわかりませんが、
なん羽かのヒナにエサをあげているので、仮に小さいのとか5匹として、840匹。
巣立ちまで15日として、12600匹!(正確な数字ではありませんが)
すごい虫取り器だ!!!
さらに、巣立った後も、ヒナさんたちみんなで食べ続けてくれる。

「ベランダに掛けておくだけで虫が来ない」なんてのを買うのではなく、
鳥が自由に空を飛んでいればよいことです。

掛けておくだけでなんて、虫の方だってスルーして、
効くわけがないし、そんな強力なんだったら、
人間の方だって頭痛くなると思う。





日曜日のヤマガラさん


親がエサを運んでくるまで
ゴソゴソ動くようになってきました。


IMG_20150510_0002 (320x303)

エサを もらうときも、積極的。

IMG_20150510_0001 (299x320)

IMG_5101 (320x267)

クリクリ目で、すごくヒナっぽくなってきた。

IMG_20150510_0001 (2) (320x290)

ブーンという羽音で、スズメバチが2度やってきて、焦りましたが、
中には入らずひと安心。

IMG_5105 (320x241)

アー、コワカッタ

そういうときは、ジッとしています。




IMG_5088 (320x240)

窓の向こうに我が家の用心棒のアシダカグモ君。



IMG_5082 (240x320)

これは最強の女王様マリンちゃん。

今朝も2時に口いっぱいにオネズをくわえて帰ってきました~







プロフィール

まもる

メッセージ

名前
メール
本文