2015年06月

クレちゃんがやってきた


空の上から、クレちゃんが……。

IMG_20150625_0001 (274x320)

だいぶ前に、尾根の向こうで木を切ったのですが、

IMG_5685 (320x240)

チェーンソーで輪切りにしても太くて重いのなんの。

IMG_5681 (320x246)

歳のせいかトラックに積むのも腰が痛くなりそうなので、現地で割ることにしました。

IMG_5687 (320x240)

だあれもいない山の中で一人薪割りというのは、
なかなか気持ちの良いものです。

IMG_5688 (320x240)

散歩

ほとんどニューギニアだ……

IMG_5690 (320x240)

シカ君留守。

この右上にオオスズメバチの巣。(多分)

1匹突っかかってきたので
必死で逃げる~~~

IMG_5693 (320x240)

横の尾根から、手前が鳥の巣研究所。
後方のちらっと見える山が婆娑羅山608m。
研究所は海抜約200m。

IMG_5696 (320x240)

絵本「きゅうじょたい」シリーズの新作「すすめ!ゆきのきゅうじょたい」を
描き始めました。

冬のお話なので、秋には本を完成させないといけないので、
暗いうちから絵を描いています。

明け方、おなかがすくと

庭に出て

IMG_5697 (320x240)

目の前にプラムの木があるので、

IMG_5698 (320x240)

裸足でそのまま……

朝露がとても気持ち良い

IMG_5700 (320x240)

採って

IMG_5701 (320x240)

木も歳とって、実は少なくて小さいけれど

IMG_5702 (320x240)

パクッ

オ・イ・シ・イ

^‘^?::?;:「・。<>、

家も歳とってきて、
歴代のネコさんたちの絵が飾ってある壁のはじっこの壁紙が、
はがれてきたところが出てきたので、
Fネコさんが出かけている間に、少しだけ張り替え

IMG_5703 (240x320)

思ったより壁紙が薄かったので、少ししわが付いてしまった……

素人だからシャアないです。Fネコさん許して~~。

右、上から下へ、アンズさん、トマトちゃん、チャケちゃん。

左、上からコダマちゃん、ジャムくん、バルトくん。


ここに暮らし始めて30年。

木も家も人も、歳をとるわけです。


IMG_5639 (320x240)

クレちゃんは元気だ。





バサラ山、近況アレコレ。

明け方絵を描いていたら、
ゴソガサ……なにか後ろで動く気配が……
ネズミさんとは、スピードや動き方が違う。

室内というより、研究所の外側に増築した納屋のような……
肥料やコイのエサなども入れてあるので、
以前アナグマ君など入り込んだことがあるので、
またかと見に行ったのですが、別段けもの的な気配はありません。
気のせいかと思って、また絵を描いて、
朝になり朝食を食べて、あとかたづけで台所から裏庭を見たら……

IMG_5633 (240x320)

アチャ~、これだったのかも……

DSC_6355 (360x242)

ニャハ~

IMG_5640 (248x320)

ということで

クレちゃんです。

真っ黒でないというのと、最初はもっとショボクレていたのと、
ごはんをクレクレというのと……
(名前を付けたのはFネコさん)

IMG_5666 (240x320)

なんでもいいけど こまったものだ……


^@^~@~:*+?。><

草刈りしていたら、鳥の巣見つけた。

IMG_5631 (320x231)

ヒヨドリの古巣ですが、

IMG_5632 (320x251)

よく見ると、杉の皮や落葉樹の葉がはいっています。

ヒナが巣立った後、秋に周囲の葉が枯れて産座に積もることはありますが、
これは明らかに誰かが入れたもの。

IMG_20150622_0001 (320x281)
A  ヒヨドリさんが巣を作り、卵を産む。

B ヒナが巣立つ。

IMG_20150622_0002 (320x304)
C 巣立ってからになった巣にヤマネ君がやってくる

D 杉の皮などで屋根を増築する。

E 屋根ができて、ヤーネーではなくイ~ネ~になって寝る。

という巣なのです。

鳥を研究されている方には、あまり特別興味はないかもしれませんが、
巣の研究をしているぼくとしては大変貴重なもので、
以前にも同じような巣を採集してあり、この辺ではたまにあることにつながる発見なのです。

どのくらいレアで価値があるかを、
普通の人にわかるように、今風にたとえて言うと……

ジョニーデップが住んでいたロサンゼルスの家に、
サッカーのメッシが新しく住むようになった!

ぐらいのすごい家で、観光客やパパラッチが写真を撮りに来るというような次元の巣なのです。

?@?@~?~?>@<

IMG_5663 (320x240)

もう一つ巣

研究所の南側の壁に古いポストをダメもとでつけたら、

IMG_5661 (320x240)

わかりにくいですが産座が二つ、ツインベッドになっていました。

二組のペアというのは考えられないので、
1つ作って、広いので、もう一つ作った?

ヒヨドリさんかセキレイさんが入るかと思ったのですが……

まあ良いでしょう。

@*+~*~@?>>

そんな良いこともあれば……

IMG_20150620_0001 (292x320)

家の前にツバメさんが落ちていました。

IMG_20150621_0001

シジュウカラ君も……

どちらも、巣立って間もない子。

なにがあったのかはわかりませんが、

すべての鳥が元気に生きていくのはなかなか厳しいという自然界の現実。

~{}*?@>?

ということで、ほんとにオネズさんも研究所に入り込んだので、

IMG_5676 (320x220)

簡単ネズミ捕り

バケツに新聞紙をテープで張り、

真ん中部分をカッターで切れ目を入れます。
(写真では破れていますが、一見わからないように。)
板で登れるようにして、新聞紙の反対側にひまわりの種を置きます。

すると……

IMG_5675 (320x240)

捕れる。

でクレちゃんの朝ごはんにあげました。


なんてウソ。

庭に放してあげました。
マリンちゃんに捕まるなよ~~~~

IMG_5656 (240x320)

庭には二羽ニワトリが……
ではなくネジバナとスモモの実

ちょっと渋みがあるけど

IMG_5664 (320x240)

まあいいでしょう。

IMG_5678 (240x320)

K君からビール
Fネコさんからブラシをいただきました。

どうも ありがとうございました。

そんなこんなの1週間でした。

今週も元気に絵を描きましょう。


朝の虹


朝、暗いうちから絵を描いていて、
外であんまりサンコウチョウがが鳴くので、
庭に出たら……

IMG_5651 (320x214)

南の空に虹!!!

写真だと明るく写っていますが、
実際は画面を右下45度くらいから見たような、
もっと青が暗くて、虹はかなりピンク
(4時35分)

IMG_5653 (320x284)

というか、ちゃんと7色

IMG_5655 (320x220)

写真だと薄いけれど、
すご~~いきれい

朝早く絵を描いていてよかった!!

今回はこれだけ。

さあ、また絵を描こう。








原画を持って東京へ


新しい乗り物絵本「おはよう しゅうしゅうしゃ」の絵が完成したので、
出版社に持っていきました。

IMG_5593 (320x298)



今回は東南アジアの絵描きさんに変装しました。

IMG_5595 (248x320)


お話を書いたのはFネコさんなので、一緒に新幹線に乗って……。

IMG_5597 (320x203)

市ヶ谷の偕成社に到着。

いつもの6階の会議室に、絵を全部並べたところ。

IMG_5602 (320x225)

32ページの絵本なので、
見開きが15点。
表紙などが数点

IMG_5604 (320x210)

編集のMIKAちゃんに見てもらって、いろいろお話。

予告編を兼ねて、中身をチラッと……

IMG_5606 (320x195)

今回はごみ収集車の1日なので、
いろいろな場所にごみを集めに行くお話。

IMG_5607 (320x223)

この乗り物絵本シリーズは、例によって
いろいろな乗り物をたくさん描いています。

IMG_5609 (320x217)

あちこち回って……ごみがいっぱいになると……

IMG_5608 (320x197)

という感じで……
いろいろな人の暮らしの中でのごみ収集車をたくさん描きました。

よく見ると、過去のシリーズで出てきた人が出てきたり、

鳥が巣を作っていたり、いつものようにネコやビートルズもチラッと出ています。

これから編集や、色校正,印刷,などいろいろあって、絵本になって完成するのは10月予定。

楽しみ楽しみ……。



IMG_5611 (320x240)

打ち合わせも兼ねて、お昼ご飯を食べに行ったら、
警察官やパトカーがあちこちに……

「車道を歩かず、歩道を歩いてください!!」と厳しく言われて何事かと思ったら……

白バイの先導のあと、黒塗りのピカピカの車が数台。
IMG_20150618_0001 (320x249)


中には、あの横顔、髪型
なんとチラッと雅子さまが……

そのお隣は当然皇太子様!

わざわざ小生をお迎えに来てくれました。

なんてことあるわけなくて、
ビューンと通り過ぎて行っただけ。

@~;*+*‘~~~

この道の先には学習院の中等科。
愛子様のお迎えでしょうか……。

なんにせよ、
紀子様に続いて雅子様、皇太子様とは……

単なる偶然ですけどね。

@~*>?<~~

そのあと、Fネコさんと別行動で、1人で新宿へ。

IMG_5618 (255x320)

新しい絵本「ぼくの たからもの」が完成!!

今までと違った角度から鳥の巣を表現したかったので、
出版社も初めてのアリス館さんです。

アリス館のYさんに会って、
ピカピカの出来立て絵本をいただきました。

これもチラッと 中身を宣伝。

IMG_5624 (320x240)

今回はメジロさんの巣作りと

IMG_5625 (320x240)

男の子との絵本。

IMG_5623 (320x240)

ある日、男の子が偶然

IMG_5620 (240x320)

メジロさんが巣をつくっているところを見つけてしまいます。

IMG_5627 (320x240)

このあと どうなるのかというと……

続きは書店でご覧いただけると嬉しいです。


^@?@;><……

そのあとネイチャー&サイエンス社のT君と一緒に六本木へ。

IMG_5612 (320x240)

フェ~~~

なれない六本木をトコトコ歩き

IMG_5614 (240x320)

「生きものたちのつくる巣 109」の版元エクスナレッジ社へ
これまた初めて行きました。

社長のSさん担当のOさんとご挨拶してお話。

内容もほぼ固まり、9月には完成予定。

そのあと四谷に行って

IMG_5616 (240x320)

こんなお店(三味線屋さん)や

IMG_5615 (320x240)

羊さんのいる店(ペットショツプ)があったので、
モコモコの羊さんにさわったりして、

IMG_5617 (240x320)

こんなお店も通り過ぎ

普通の和食のお店で
Fネコさんと、K社のMIKAKOさんと合流。
夕飯食べて、本日はお疲れ様でした~~。

翌日はS出版のHさんと急に会うことになり、
なにか新しい本を作ることになりました。

S出版も今まで本を作ったことないので、
なにか新しい面白い本ができるとよいですが……

そんなことを考えながら、
次なる絵本を描き始めることにしましょう。
次はK社のきゅうじょたいシリーズ。
(まったく自転車操業だ……)


キビタキさんの巣(今週のバサラ山)


キビタキさんが巣立ったので、巣をいただきました。

IMG_5560 (240x320)

枯れた孟宗竹の中。



IMG_5553 (204x320)

こんな斜面に生えていた枯れた竹。
こんなところにいるとは……

IMG_5554 (207x320)

割れている中の節の部分に巣が作ってあります。

偶然、手前に変な方向に伸びた別の竹を切ろうとしたら、
飛び出したので、気が付いた。

ふつうだったら、分かりませんでした。

普通は、木の洞や割れ目などで、
もう少し広い空間です。

IMG_5556 (240x320)

なかは、こんな。

こんなに狭い…。

産座にはシカ君の毛を使っています。


R0013848 (320x240)

フカフカ



IMG_20150610_0003 (298x320)

左が今回のキビタキさん、右は以前採った、
やはり同じ孟宗竹に巣を作ったヤマガラさんの巣の断面。

キビタキさんは、外が見えるくらいが好きで、
ヤマガラさんは、完全に穴的空間が好きなので、
同じ竹を使っても、違います。

蛇が来たり、今回のように、なにかあったら、
すぐ逃げたいタイプと、
穴の中で「来ませんように」とお祈りするタイプと、
鳥により性格が違うのでしょうか……

なんにせよ、それぞれの安心できる場所が異なるということでしょう。

来年は少し開放的な巣箱も作ってあげましょう。


^@^<。・>、

今週は、「ごみしゅうしゅうしゃ」の絵本の絵をひたすら描いていました。

そんなある日、ドアをたたく人がいるので、開けたら、
以前ヒラスズキを釣って持ってきてくれた、海辺の町の青年。

「まもるさんはヒラメさばけますか?
釣ったんですけど、調理したことないんで……」
ということで、

IMG_5544 (320x189)


デ~~~~~ンと、まな板よりもでかいのがやってきました。

でかすぎ~~~

ウヒャ~~~、それでは、やるしかありません。

ヒラメは5枚おろし

IMG_5547 (320x210)

まず表。

真ん中残して2枚に、

IMG_5549 (320x239)

裏も同様に、

身が4枚と、中落ちで5枚にさばきます。

「いいよいいよ」と辞退したのですが、
半分いただいちゃました。


刺身(3日分)とムニエル。

ほかは煮物。

IMG_5552 (320x253)

この鍋は直径約30㎝だから、いかに大きいか……

どうも、ごちそう様でした!!!


?。、@;?。、

毎朝よく鳴くサンコウチョウ。
いつも、針葉樹の暗い場所が多いのですが、
明け方、桜の木の枝に良い場所を見つけたようで、
ようやくしっかり見れました。

IMG_20150610_0001 (320x234)

といっても、この程度。(左がオスで右がメス)
これ以上(30m)近づくと逃げる~

ニューギニアでフウチョウ見たのを思い出すような情況。

IMG_20150613_0001 (320x233)

フウチョウも明け方、見晴らしの良い枝の上で、オスがディスプレイします。

(また行きたくなるので封印)


*@*;><・?

朝からずっと絵を描いて、夕方ちょっと散歩に出たら、

IMG_20150610_0004 (313x320)

むこうからシカさん。

あちらも気がつき、ドッと走り出し、

IMG_20150610_0005 (320x229)

ビョ~~~~ンと、すっ飛んで行きました。

すごい跳躍力を目の当たり。

下にシカよけの柵があるのですが、
全然意味な~~~い。

R0013892 (320x240) (320x240)

これはバサラ山のパンダがかじった竹ではなく、
シカ君の食べ残し。
シカ君はこういうのもムシャムシャしているのだ。



鈴木まもるさん絵本原画展 1 (320x213)

6月2日から28日まで、北海道の新十津川図書館で絵本原画展を
開いていただいています。

鈴木まもるさん絵本原画展 2 (320x213)

今回は、鳥の巣関係だけでなく、いろいろな絵本の原画約40点。

実物の鳥の巣は、メジロさんなど日本の鳥の小さいのを少しなので、
展示は、どこに、どの順でという指示書を書いて、
図書館の方にやっていただいたので現地には行っていません。
(6月28日は講演があるので行きます)


IMG_5565 (320x240)

梅がなりました。


IMG_5566 (320x237)

今まで、どうも、うまくいかなかったのが、

IMG_5578 (320x240)

少しですが、雨の合間に収穫だけ。

ということで、今週は、「しゅうしゅうしゃ」の絵がラストスパートで、
ひたすら絵を描いて、

IMG_20150613_0001 (2) (320x308)

マリンちゃんが、ほぼ毎晩オネズさんを捕ってきて(ある日は1晩に2匹)
早く起こしてくれるので、絵がはかどり


IMG_5585 (320x240)

ようやくなんとか、

IMG_5583 (320x240)

32ページ分、約20点描き上げました。

この絵本シリーズは、Fネコさんが文章担当なので、見ていただき、
いくつか指摘があり修正。

なんとか、かんとか完成。
ごみ収集車の1日が、しっかり、楽しく描けました。

あとはトレペーかけたり、細かい作業。

さあ、あとひとがんばり。



やんごとなき鳥の巣作戦


やんごとなきことで、小雨の中、出張。

今日は、いつもの怪しい鳥の巣カバンではないし、
絵も持っていません。
普通の手提げだけ。
中に小型のワルサーPPK。

IMG_5486 (253x320)

今回の鳥の巣作戦は、某製薬会社の営業部長のAさんになりすまし、
ある会合に潜入、秘密の文書を持ちかえるという任務なのです。
ですから……

IMG_5487 (320x247)

いつもの運動靴ではなく革靴で、
Gパンとか、ヘロヘロのシャツではなく
背広着てネクタイまでして、Aさんそっくりに変装しているのです。

IMG_5492 (320x279)

新幹線に無事乗り換え。
改札でも駅員さんに気がつかれませんでした。
ムフフフ……

IMG_5500 (320x269)

そうして向かったのは……

IMG_5502 (320x240)

JR信濃町駅から歩いて3分、
明治記念館(明治神宮による結婚式場)

IMG_5503 (320x240)

本館
IMG_5514 (320x240)

中庭
これは広くて草刈が大変だ、と思ったら、人工芝。
すぐ草刈りを思うところが悲しい性……
(シカやイノシシもいない。あたりまえだ……)

IMG_5513 (320x240)

 結婚式もやっていました。

IMG_5516 (240x320)

あちこちの壁に、いろいろ本物の絵が飾ってあります。

で、これらを偽物と入れ替えようとかではないし、
某製薬会社のなんたらというのは真っ赤なウソで、

IMG_5504 (320x240)

この会場に来たのです。

IMG_5509 (320x240)

事前にリハーサル。
座る場所の確認。
中央の女性の方が大賞の方で、その隣が出版社の方。
ぼくは準大賞なので、その隣の空いている席。
その隣が編集してくれた岩崎書店のMさん。



IMG_5511 (320x240)

どこで礼をして、どうやって受け取るかとか教わり……

右にあいた席があります。
ぼくの席からだと、

IMG_5508 (320x240)

ほぼ正面に、だれあろう、皇室のあの方が
お座りになられるのです。

ということで写真撮影は、ここまでで、あとはNG

そして、いよいよ式が始まり、
「みなさん ご起立して拍手でお迎えください」とのことで、
登場されたのが

IMG_20150605_0001 (2) (179x320)

秋篠宮妃殿下、プリンセス紀子様

ターコイスグリーンの清楚な御召し物。

体内内蔵小型カメラMAMORUーEYE7000でパシャリ!

(多分写真撮影禁止だろうと思い、
この会場に来る前に画材屋さんに寄り、買っておいた小さいメモ帳へ
見つからないようにサラサラ)

紀子様自ら、一つ一つの作品に御感想を述べられ、
拙著「ニワシドリのひみつ」にも、人間とのつながりまで語っていただき、
最後に、「美しい作品でした」とニッコリ微笑まれておっしゃっていただいちゃいました!!!

キャ~~~

それから、フジテレビ賞とか、翻訳賞とか、
今回受賞した8つの作品の作者と出版社への
記念の盾やブロンズ像の授与が始まり、自分の番になり、

紀子様にお辞儀して、いざ壇上に上がろうとしたら、左の靴ひもがほどけそう~~~
紀子様の前で靴ひも結びなおすのも……なんなので
「ええい。このまま行ってしまえ」と、靴ひも踏まないよう気を付けて、
なんとか無事、盾をいただき、お辞儀も忘れず、転ばず自分の席に着席できました。

慣れない革靴だから……フ~、ヤレヤレでした。



IMG_20150605_0002 (202x320)

紀子様 御退席。

立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花

そのものでございました……


式も終了。別室で、みなさん並んで記念撮影。

その時も、受賞者みなさん順に並び、カメラの方が皆さんの服のしわなど伸ばして、
全員準備が整ってから、紀子様が御着席なのですが、
席は、中央に紀子様、産経新聞社の社長さん、ぼくということで、
並んでは座れませんでしたが、御着席になられる時、しっかり目と目があっちゃって、

「あなたが鳥の巣の方ね、よく日に焼けてますね」
とは、お声に出してはおっしゃられませんでしたが、
(読唇術で勝手に解釈)
またまた微笑まれてしまいました。キャハハハ

前日の麦の脱穀で日に焼けてたからな~~~

その後、広い別室で、一人一人の作者の方たちと対談ということで、
いよいよ、ちゃんと接近して、ホントにお話しすることになりました。

「鳥の巣はどうやって保存されているのですか?」とか
どんな状態なのか、どこにあるのか等々……とても鳥の巣に興味がおありなようでした。
秋篠宮様は山階鳥類研究所の総裁でもあられるし、
紀子様も、鳥の絵を描かれたりするからね……。

鳥の巣関係の本だけでなく、今までの赤ちゃん絵本などの話題も出たり、
(拙著「父さんの子育て絵日記」(婦人の友社)は
昔「皇室アルバム」で、紀子様の愛読書と紹介されたことがあったり、
ほかの絵本も何冊かご覧いただいているようなのです)

ぼくが絵本や鳥の巣の深い部分のつながりの話をはじめたら、
そばにいた御付きの女性にも、
「あなたも、ちゃんとお聞きなさい」と呼ばれていました。

ということで、あっという間の1時間30分の式でした!!!

フ~~~~

なかなかに得難い楽しい経験でした!!!

通常、式の後、受賞者と式に来られた出版社やいろいろな方たちと
懇談する場があるものなのですが、この会は一昨年からそれがなくなってしまい、
ほかの出版社の方たちとお話しできなかったのは、少し残念でしたが、
まあ、主催者側が決めたことなので、仕方ないでしょう。

で、その後、「ニワシドリのひみつ」を出版してくれた岩崎書店は
もう1冊写真絵本「かまぼこができるまで」もニッポン放送賞というのを受賞したので、
そちらの方たちと一緒に、お祝いの会を岩崎書店の会長さんがセットしてくれました。

IMG_5518 (320x240)

最初の1杯だけ許されている
明治記念館特製の御猪口とお神酒で乾杯。


IMG_5521 (320x240)

制作時のアレコレや絵本や児童書についてあれこれ歓談。

*@^:+、。

受賞式の後、紀子様は、
国賓で来日されているフィリピンのアキノ大統領を歓迎する
天皇皇后両陛下主催の宮中晩餐会に佳子様と皇居宮殿へ
(もちろんお着替えになるため、いったんご自宅でしょうが)

われら下々は
新宿の居酒屋へ……

人それぞれ多様な生きる道を選択しているのだなあ……

これにて、やんごとなき鳥の巣作戦は無事終了。



IMG_5525 (320x240)

翌日は快晴。
背広や革靴、ネクタイなど変装道具は宅急便で自宅へ返送。
活動しやすい普段着のヘロヘロに着替え運動靴をはき、
西新宿の出版社「ネイチャー&サイエンス社」へ

IMG_5526 (320x240)

担当のT君と打ち合わせ。

いよいよ本の中に出てくる生きものの数も決まり、
「生きものたちのつくる巣 109」とタイトルも決定

IMG_5540 (320x240)

レイアウトも、かなりのところまで進んできました。

さあ、もう少しだ。

その後、小田急線の下北沢へ。

IMG_5528 (240x320)

駅から数分、昨年講演会をした
はく製や自然科学系のグッズや書籍を販売しているお店「ダーウィン ルーム」へ

IMG_5529 (320x240)
 
店内は こんな

IMG_5530 (320x240)

規模的には鳥の巣研究所の入口くらいで、広くはないけれど、
都会ではなかなか得られないマニアックな不思議な空間のお店。

昨年はここで、これらの棚や物をどけ、講演会をしたのですが、
最近2階を手に入れ、講演会などしているようです。

IMG_5532 (320x240)

まだ社長のSさん自ら、大工仕事して改造中なのですが、
ここで、昨年の講演会が、とても評判が良かったこともあり、
鳥の巣展覧会をしてくれないかという依頼で、現場を見に来たのです。


IMG_5536 (320x240)

新しいビルではないので、天井が低かったり、広くはないのですが、
美術館などとは違った面白い空間です。

たとえて言うなら、きれいなコンサートホールと地下のライブハウスみたいな違いで、
狭いなりに、おもしろい展示ができそうです。

場所も下北沢という場所柄、たくさんの人が来やすいし、
東京では久しぶりということで、
急遽、秋ごろ「鳥の巣展覧会」開催予定で、進めることになりました。

あまり出品数は多くないけれど、
おもしろい展示にしようと思います。

また新宿に戻り、もう1件、出版社に寄って、
校正をもらって、東京駅で新幹線に飛び乗り

IMG_5541 (320x240)

前回飛び降りた鉄橋を今回は飛び降りず、
(鉄橋と乗ってる電車の影が写せた)

次の駅にFネコさんに迎えに来ていただき、
無事帰宅~~~

やんごとなき鳥の巣作戦、終了~~~。

お疲れさまでした。

麦の脱穀


明け方、家の周りで鳥が鳴きだしたので外に出たら、
横の山からシカも鳴いた。

尾根のところに親子連れ。

IMG_20150602_0001 (2) (320x222)

見た目は かわいく優雅で絵になるのですが……




IMG_5468 (320x236)

雨の予報なので、
予想通り、麦の脱穀の動員がかかりました。

まず脱穀機を設置。



IMG_5469 (320x247)

乾かした麦をウシからはずし、穂の部分を右に入れ、
実をはたき落します。



IMG_5472 (320x240)

こうやって、バリバリバリバリ……とスゴイ音。



IMG_5474 (252x320)

落とした残りの茎の部分は燃やして畑の肥料にします。



IMG_5477 (320x240)

「アレッ、エンジンの音が変だ」

中は、こうなっています。
ドラムに棒が付いているだけ、
スゴイ単純。



IMG_5470 (320x229)

これは、もっと単純。



IMG_5471 (233x320)

扇風機ではなく旋風機とありまして、

穂から落としても、麦の粒の中に
茎などが混ざってしまうので、
それを分ける機械(?)なのです。



IMG_5480 (320x240)

1人が手回しで、風を起こし、
もう一人が、麦と、茎などが混ざったものをこぼす。



IMG_5479 (240x320)

重い麦は下に落ち、
軽い茎は、風で飛ばされるという、
すごいハイテクノロジーな機械なのです。

という、皆さんの努力で

IMG_5483 (320x240)

昨年よりは豊作で120キロぐらい(?)


これを天日干しして午後まで乾かし袋詰め。

そのうち、おいしいお饅頭の皮やお味噌になるでしょう。

ということで朝9時から11時くらいで終了。



IMG_5485 (320x240)

ついでに家の畑も、グリンピースが終わったので耕し、
トウモロコシを蒔きました。

絶好の麦刈り日和でした。

天気予報どおり、今日は雨ですが
またまた やんごとなきことで出張。

それまで絵を描きましょう。
ゴミ収集車、ラストスパート


サンコウチョウ



毎年、東南アジアからやってきて、
きれいなさえずりが聞けていたサンコウチョウ。

IMG_20150602_0001 (200x320)


(左がメス、右がオス)

今年はガビチョウが やたらさえずり、
チーとも声が聞けず、よそへ行ってしまったのかと心配していたのですが、

ようやく、頻繁にさえずるようになってきました。
(でも、いつもの年と微妙に場所が違うのはガビチョウのせいか……)


オス  フーィフィ、フーィフィ、


メス  ゲゲゲ

オス  ホイホイホイホイ ー


鳥のさえずりを ことばにするのは難しい、

翻訳すると、

オス  ネエネエ ソコノ オネエサン

メス  ナニヨー

オス  イッショニ アソボーヨ

なんて言っているのか、暗い茂みの中で
鳴きあっています。

声を頼りに行くのですが、
スギ、ヒノキが植林されたところと、
雑木の境くらいが好きで、薄暗くて逆光になり、
なかなか姿がしっかり見れません。

実際は

IMG_20150601_0002 (224x320)
こんな感じで、チラッと、見えたか見えないか……

そんな感じで、潜んで見ていたら、
サッと頭上に大きめの鳥が飛んできたので見たら

IMG_20150601_0003 (243x320)

アオゲラ君でした。

ヒョーイヒョーイと よく鳴くし、
奥の竹林などでドラミングしています。

なんにせよ 野良仕事していて鳥の声が聞こえるのは

なんとも心安らぐ世界です。

*@*+・>?<¥

現在描いている
ゴミ収集車の絵本、
第3コーナーを回って、最後の直線に はいって来ました。

案の定、下の村から
麦の脱穀の誘いというか動員がかかりました。
朝9時麦畑集合だそうです。

さあ、それまで今日も絵を描こう



 

東京港野鳥公園フェスティバル


日本野鳥の会がやっている、
東京港野鳥公園フェスティバルで、
講演会と、下の村の耕作放棄地で刈った草を使っての、
巣づくりワークショップ。

 IMG_5448 (240x320)

11時30分と1時30分から各1時間の短い時間のが2回。

準備もあるので、ちょっと早めに無人駅から出発。

品川から京浜急行で大森。
駅からタクシーで5分。

IMG_5454 (320x240)

東京湾の埋立地帯。
大きな市場や倉庫の間に、約30年前に東京都が作ったそうで、

①汽水池と干潟 ②淡水池とヨシ原、泥湿地 ③里地、里山 ④林に囲まれた広場
という4つのゾーンを作り、
都会の人たちに自然を体感ししてもらおうという施設だそうです。

IMG_5459 (320x240)

ここは④で、着いた時には、いろいろなブースが出たり、
音楽やったりしてました。

IMG_5452 (320x240)

会場はネイチャーセンター

IMG_5455 (320x240)

干潟を見渡せる、展望観察室。
四季を通じていろいろな鳥が見られるそうです。

IMG_5458 (320x240)

地下は、そのまま干潟に出られて、
トビハゼくんやカニさんを見ることができました。

ぼくの講演以外も、
干潟のミニ水族館をつくろう!とか、
寄せ植え体験教室、スタンプでいきもののポストカードをつくろう!
貝殻かざりをつくろう!野菜収穫体験、ブルーベリーの苗プレゼント等々、
いろいろな催しが企画されていて、
お天気も良く、たくさんの家族連れやグループの人たちでいっぱい。

IMG_5460 (320x240)

ぼくの講演は2階の視聴覚室。

家から時間がかかるので、開始が11時30分という中途な時間なので、
お客様が来るか心配だったのですが、
10時に着いたら、もう並んでいて、
定員は各回30名ですが、万が一用に
50名分のワークショップ用の巣材を用意しておいたのですが、
1回目は約70名の方、2回目も約50名の方が来てくれました。

鳥の巣とは何ぞやとか、どうやって鳥が巣を作るのかとか、
海外の不思議な鳥の巣を見せたりのレクチャーの後
1人1袋ずつ枯れ草を渡し、実際に鳥の巣を作ってもらいました。

みなさんなかなか思うようにいかず、
鳥さんたちの巣づくりの大変さを実感されたようでした。
短い時間でしたが、
講演会には何度も来てくれているご家族の皆さんたちとの再会や、
珍しく一番前の席に、大きな男の子とお父さんらしき人が座っていて、
講演終わってサイン会の時に、話しかけてくれ、
数年前お手紙やり取りしたことのある子で、
ぼくより背が高くなっていて、びっくり。

以前、鳥の巣展覧会見てサインもらいましたとかの方もいたり、
楽しい会になりました。

部屋中枯れ草だらけになり、担当のMさん、お掃除の方々どうもすみませんでした。

皆様ありがとうございました。

高校の同級生のA君がテニスのあとに
「バスがなかったから」と大森から歩いて来てくれ、
帰りに1杯やりたかったのですが、
今日は日帰りなので断念、また今度ね。

IMG_5462 (320x240)

新幹線に飛び乗り、伊豆急に乗り換え……

この海の向こうに、先週行った八丈島がある~
霧っぽいから、今日も飛行機は欠航かな……

IMG_5465 (240x320)

トンネルを抜け、

IMG_5466 (320x240)

鉄橋から飛び降りて、
暗くなる前に、なんとか我が家へ帰宅~~~~

お疲れさまでした。


プロフィール

まもる

カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文