2015年09月

梱包中


クレちゃんが、こわごわ茂みにパンチしている。


IMG_20150927_0001 (320x199)


見ると……


IMG_6662 (320x240)

マムシかと思ったら、ヤマカガシ君。

IMG_6663 (320x240)

そんなには まだ大きくないからクレちゃんを飲み込むことはないと思うけど……

この辺には ぼくの二の腕程の太さのもいるから(ヒキガエルを飲んだ後など)、
マジにクレが飲み込まれる可能性あり。

この子も、あと数年するとそうなる可能性があるので、
退場!ということで、川向こうへ。

*・*><{@;:>・

今回展示をするダーウィンルームは
2階の会場も狭いが、そこに至る階段も狭く、
いつも鳥の巣を運ぶ特製木箱が通れないということで、

段ボール箱に入れて対応するしかありません。

IMG_6668 (320x240)

背の高い巣は箱を2つ くっつけて。

IMG_6666 (240x320)

キムネコウヨウジャクとミドリヒロハシ

IMG_6667 (240x320)

オオツリスドリ

あとは絵を梱包したり、キャプションを作ったり。

IMG_6670 (320x240)

左下はセアカカマドドリの巣

せっかくだから遊びで工作

IMG_6693 (240x320)

メンガタハタオリ(African masked Weaver)の巣

IMG_6697 (320x240)

中が見られます。

などなどあれこれしていたら、

下の村の農業委員会から召集命令。

IMG_6650 (320x240)

耕作放棄地対策でやっているツルクビカボチャ畑の草刈り。

IMG_6651 (320x240)

看板の色もだいぶ落ちてきたので、そろそろ描き足さないと……
(また今度)

IMG_20150927_0001 (2) (251x320)
カメラを忘れたので、こんな

IMG_6654 (240x320)

これがツルクビカボチャ

昨年はいまいちの収穫でしたが、

IMG_6653 (320x240)

今年はずいぶんできた。

IMG_6652 (320x240)

まだ取れそう。(熟すとオレンジになります)

そのあと

IMG_6657 (320x240)

豆畑の草取り。

IMG_6659 (320x240)

実はついてるけど、まだ痩せてる。
しっかり太りますように。

IMG_6660 (320x240)

農道の草刈りもして、おしまい。

1度呼ばれると、あれもこれも仕事は絶えない。

まあ、みんなでやるから、すぐ終わるから良いでしょう。

IMG_6649 (240x320)

カヤネズミさんの巣も見つけた。

今日のご褒美。


さあ、また梱包の続きをやろう。





お知らせ


<鈴木まもる 鳥の巣World展 生命をまもる形>の

ダーウィンフライヤー (360x257)

フライヤーと、



ダーウィンハガキ (360x268)

案内ハガキ。

ご希望の方は、数量と送付先(ご住所お名前)をご連絡ください。

<連絡先>
・このブログのメッセージ欄

フェイスブックのメッセージ

・メール(アドレスは<鳥の巣研究所>をごらんください)

お友達に知らせたい方、図書館や学校等で置いてくださる方、
よろしくお願いいたします!


<ご注意>

・10月11日、17日、21日は、別イベントが入るため18:00で終了です。
・10月10日18:00~22:00はダーウィンルームの5周年パーティーになります。
 (パーティー代1000円) コンサート等がありますが、展示を見ることはできます。

・初日10月3日18:00からと、最終日10月25日16:00からはトークイベントです。
 (2000円、要予約)

・今のところ、各週土日は在廊の予定です。(それ以外は未定)

 

来週から下北沢ダーウィンルームで展覧会


来週10月3日(土)から、10月25日(日)まで東京の下北沢にある、
「ダーウィンルーム」という場所で展覧会をします。

IMG_20150922_0001 (215x320)

「ダーウィンルーム」は正式には
「Liberal Arts Lab 好奇心の森 ダーウィンルーム」で

自分自身が知りたい、考えたい、そして、その行動を通じて
自分自身を自由にし、解放して行くためのきっかけになるような何かを発見してもらおう、
というコンセプトのお店で、化石や剥製、自然科学的な書籍、図鑑、古書など、
今風の流行に乗らない、ちょっと「オヤッ?」と思うような品や道具などを売っている、
下北沢の商店街の中にある可愛いお店です。

昨年そこで講演会を頼まれ(もちろんテーマは鳥の巣から世の中のいろいろ)
お話したところ評判が良かったというのと、
2階を新たに改装し、イベントや講演会などできるスペースにしたので,
「そこで鳥の巣の展示ができませんかね?」とオーナーのSさんに尋ねられたのです。

調度一昨年ごろから、ここ数年、地方の展示が続き、
東京で展示をやっていなかったので、どこか良い場所はないかと探していました。

市ヶ谷にY美術学園の広くてきれいな展示室があり、駅にも近く、
美術を志す学生さんたちに是非見ていただきたいと、
話を進めていたのですが、空いているのが3月(学生さんがいない)というのと、
日曜が休み、夕方も6時まで、専門のスタッフがいない、
搬入搬出が厳しい、などなど……
どうもあまり、こちらが思う展示ができないし、
見に来れる人も少ない感じで、キャンセルしていたところでした。

そこに比べると、ダーウィンルームは美術館でもギャラリーでもない古いビルで、
会場は狭いし、展示用に作られていなくて、

IMG_20150926_0002 (320x225)

太い柱や配管が見えたり……

IMG_20150926_0001 (320x226)

2階の会場への階段が狭く、いつも鳥の巣を入れて運ぶ
大きな木箱が使えないなど、いろいろな難はあるのですが、

Sさん自ら手作業であれこれ大工仕事された手作り感というか、
なにか面白いことをしようという、その思いが感じられる場所なのです。

私鉄沿線で大学も多いし、商店街の中で、いろいろな人が住んでいて来やすいし、
スタッフも多く、時間も夜8時まで、日曜もやっているし、
窓側にテーブルとイスがありお茶も飲めます(有料スミマセン)

ゆっくりお茶でも飲みながら鳥の巣をご鑑賞してください。
……といろいろなメリットがありそうで
やることにしたのです。

まあコンサートホールと地下のライブハウスくらいの違いがあり、
狭い分それなり身近に音楽が楽しめるわけで、
春の京都や夏の塩尻とは違った鳥の巣の面白い展示にしようと思っています。

ダーウィンルームのほうでもチラシを作ったり、フェイスブックでも出ていますので、
そちらもご覧ください。


IMG_20150922_0002 (215x320)

ということで……

IMG_6642 (320x240)

昨日は朝一番で浜松へ

IMG_6643 (320x240)

浜松着9時

IMG_6646 (320x240)

浜松中央図書館で

IMG_6645 (320x240)

浜松読書文化協力会「子どもと本の架け橋」研修会の方々約50名への講演会。

楽しい楽しい2時間半でした。ありがとうございました。

帰りの電車で
北海道からご旅行の奥様にシゲシゲと
鳥の巣カバンを見られ

IMG_6637 (320x240)

「立派なカバンね、手品師?風船飛ばしたり、おもしろいことするんでしょ」
だって……

*・*。*<:~^^^???

さあ、梱包作業を始めましょう。



連休の野良仕事。


夏野菜の畑をかたづけ、冬野菜の準備。

最後のナス。

IMG_6605 (320x240)

でも……

IMG_6606 (320x240)

ビヨ~ン

IMG_6607 (320x240)

ヘムレンさんナスでした。

DSC_7964 (320x240)

落ち葉や堆肥をまぜこんで

IMG_6616 (320x240)

大根、右のが種。

IMG_6617 (240x320)

2畝

IMG_6618 (320x240)

白菜、左が種(種はわかりやすいように着色してあります)。

IMG_6619 (240x320)

これも2畝

IMG_6621 (320x240)

ほうれん草、

IMG_6620 (240x320)

アスパラ菜

IMG_6622 (240x320)

小かぶ

IMG_6624 (320x240)

などなど、元気に育ちますように。

第2、と第3農園は、まだこれから……


*@+>、?*‘>

薪割りの続き

IMG_6610 (320x240)

前日割ったのを積んで

IMG_6633 (320x240)

雨に濡れないようにして、

IMG_6612 (320x240)

新たなのを、チェーンソーで

IMG_6632 (320x240)

玉切って。

また明日割りましょう。

無理すると腰が痛くなる……

IMG_6631 (320x240)

クレちゃん見物。

IMG_6629 (320x240)

右折しないで、サンちゃんを飛び越え

クレちゃんの辞書には「腰痛」とか、「疲れる」という言葉はない。

<・>@。:・。、

IMG_6549 (320x242)

タマゴタケの卵

IMG_6551 (240x320)

ポン!

出た

野良仕事しつつ、展覧会の下準備。



ハードな出張


WHO世界保健機関の研究から
ニワトリの原種であるセキショクヤケイの巣に、
強い免疫力のある抗体が存在するらしいとのことで、
急遽セキショクヤケイの巣を探しにミャンマーの奥地のマンダレーに
ベトナム経由で行くことになり

IMG_6554 (320x240)

羽田空港国際線ターミナル

ベトナム航空E382便ハノイ行き。

しかし出発直前、利権を狙って某国が動き出したとの情報で、

IMG_6556 (320x240)

見つからないように荷物室から脱出。

IMG_6555 (320x240)

隣の国内線ターミナル51番搭乗口に停まっている
ソラシドエアー3757宮崎行き12時5分発に飛び乗り

IMG_6560 (320x240)

某国エージェントに見つからないよう無事出発

IMG_6561 (320x240)

東京湾には、チリの地震の津波の影響で、港に停泊できない船がたくさん。

IMG_6566 (320x240)

愛知県知多半島

5月の北海道の時はポテトスープでしたが、

IMG_6567 (320x274)

宮崎行きはトビウオあごだしのスープ。

IMG_6571 (320x240)

紀伊半島を通り、四国の室戸岬上空を通過。

IMG_6577 (320x240)

ベトナムではない九州が見えてきました。

IMG_6578 (320x240)

九州上陸

IMG_6582 (320x240)

ヤッホー、1年ぶりの宮崎。

昨年、講演会をした美郷町の教育委員会のJirouさんが、
今年もやってください。とのことでの再訪です。

昨年はJirouさんに、山奥の鳥の巣村に連れて行ってもらい、
オオルリの巣を見つけたりしたので、断るわけにはいかない。

前回は天気が悪かったりで、撮影できなかったのが心残りだったものがありました。

それは、空港からの道沿い。

IMG_6586 (320x273)

タヌキ注意。
(我が家の辺でもそうです)

オーストラリアだと、ヒクイドリやカンガルー注意。

IMG_6596 (320x266)

ウサギ注意。
(我が家の辺ではあまりウサギさんは道を渡らないが……まあ、わかる)

IMG_6597 (320x249)

シカ注意。
(ウン、これもわかる)

しかし、この後なのだ、撮りたかったのは




IMG_6595 (320x240)

ジェット機注意 !

これは驚くだろうなあ


航空自衛隊の新田原(にゅうたばる)基地のジェット機が時々通過するそうなのです。

南アフリカで、道に突然アフリカゾウが出てきて、にらまれた時もびっくりしました。
現地では
Elephant throw the TOYOTA.
と言われているらしく。

「ゾウさん、どうか投げないで、オネガイ……」
と祈り続けました。(ワーゲンに乗っていたけど)

というわけで、ジェット機は見られませんでしたが、
空港から約1時間半、まずボランティアでT小学校で、ちょこっとミニ講演会。
木造のかわいい校舎。
1年生から6年生まで、質問もたくさん出て楽しい時間でした。


IMG_6587 (320x240)


本番は夕方6時半から
美郷町西郷ニューホープセンター
(だいぶ年期が入ったニューホープセンターだ)

IMG_6592 (320x240)

対象は教育委員の方、小、中学校の先生方、
読書ボランティアの方々など関係者含めると90人ぐらい。

IMG_6593 (320x240)

鳥の巣からわかる子育てや教育や現代の社会のことなど。
夜8時までのアッという間の1時間20分でした。

皆さん大変熱心で、仲も良いようで、
そのあと研究報告会から懇親会になだれこみ、それにも出席するよう言われ……

さらにそのあとも、ケンケンガクガク、ワイワイで……

Jirouさんとヨタヨタ、フラフラ宿まで歩き、
日付が変わったころバッタリ寝て、翌朝一番で宮崎空港へ。

シルバーウィークとかで満員の宮崎空港から羽田に戻り、
さらに人がいっぱいの品川から新幹線に乗り……

せっかく宮崎に行ったのに、
海の幸も山の幸も食べることなく、
フラフラで夕方帰宅~~~。

1泊2日というか、トータルの実働時間だとほとんど1日日帰りの
ハードな出張で、ベトナムに行って、セキショクヤケイを食べるべきだった……。


‘@?。<>?*@……


UFOと薪割り


夜明け前、目が覚めて、母屋から仕事場に行こうと歩いていて、
空を見上げたら、大きなUFO.

IMG_6526 (241x320)


すごーいきれい。

回転しながら中央部分が光りだし

IMG_6530 (320x240)

少しずつ広がって

IMG_6531 (320x280)

いくつかの小型UFOらしきものが放出され

IMG_6532 (320x271)


本体はクルクル回転し始め

IMG_6533 (320x247)

発光しながら

IMG_6534 (320x283)

どんどん上昇をはじめ

IMG_6535 (320x240)

小型UFOもさらにたくさん同心円状に回転

IMG_6538 (320x251)

グィーンと渦を巻くように宇宙の彼方へ消えていきました。

地球も広いけれど、宇宙も広いなあ


朝になりました。

ヒツジさんの大群が やってきた。

IMG_6508 (320x240)

ちょっと、いろいろなことがあり、
しばらくお休みしていたので、
薪割りの続き。

IMG_6523 (320x240)

薪割りすると心落ち着く

雨が降る予報なので、どんどん割って

IMG_6542 (320x202)

どんどん積んで

IMG_6543 (320x240)

ずいぶん割ったぞ

IMG_6544 (320x240)

ぬれないようにトタン板をのせて

IMG_6545 (320x240)

こっちも

IMG_6546 (320x240)

ヨシヨシ
来年度分までありそうだ。

薪があるのは、ほんとにうれしい。

定期積立貯木。

IMG_6547 (320x240)

しかし、まだまだある

IMG_6548 (320x240)

こっちは、まだ輪切り前。

いつもお世話になっている下の村のTさんの稲刈りの手伝いをしたり、
夏野菜が終わった畑を冬野菜用に耕したり、
展覧会の準備をしたり、新作絵本を描いたり、
友人の病院への送り迎えなどなど……


まだ しばらく 心落ちつかない……



1枚の羽と冬への準備


水場の掃除に行ったら、
小さな羽が1枚落ちていました。

IMG_6480 (320x240)

こっちが表ということは左の翼。

IMG_6481 (320x240)

この形は翼の先のほうではありません。

IMG_6483 (320x240)

翼の付け根の辺の3列風切羽の3枚目。

IMG_6484 (320x240)

外側に次列風切羽が6枚続きます。

IMG_6485 (320x240)

さらに初列風切羽が9枚。

左側の翼になりました。

IMG_6486 (320x240)

右の翼も同じ。

IMG_6487 (320x240)

背と尾羽もわかってきます。

IMG_6488 (320x240)

肩から頭部がわかってきて……

IMG_6489 (320x240)

くちばしもわかって~~

IMG_6490 (320x240)

シジュウカラ君でした。

矢印の部分の羽です。

IMG_6491 (320x240)

英名はGreat Tit
学名はParus major(日本のはminorでした)
和名 シジュウカラ

IMG_6492 (320x240)

チャンチャン

?@?。、+*@><

IMG_6471 (320x240)

尾根のむこうから運んだ薪

IMG_6472 (320x240)

バンバン割って

IMG_6473 (320x240)

2つの大きな積立貯金

IMG_6474 (320x240)

ヨシヨシ

IMG_6478 (320x240)

これでOK

Next

IMG_6476 (320x240)

まだまだある。

昨年度の繰り越しも残っているから
来年度ぶんだな。

多いに越したことはないから
時間のある時にバンバン割っておきましょう。




カラス君


昨日、下の村に、ちょっと用があって行きました。

30分ぐらいで用が終わった帰路、道路に……

IMG_6462 (320x240)

アーアッ

たまにあることで、こういう風に入手したものは
いつも東京の、巧みな剥製士さんに送って剥製にしてもらいます。

なるべく痛まないよう、できるだけ早く宅急便の冷凍で送るのですが、

翼の光沢がすごいので、
宅急便が集荷に来る前に急いでスケッチ……

IMG_6456 (320x240)

逆側の翼は風切羽がだいぶ抜けていました。

また元気な姿になって戻っておいでね。











プロフィール

まもる

メッセージ

名前
メール
本文