2016年05月

鳥の巣いろいろ


入口を出た すぐのところにつけた巣箱。

s-IMG_0308

シジュウカラさんエサ運びしています。

s-IMG_0307

ゴハンダヨ~

s-IMG_0309

ピョコン

この巣箱の中は見れません。

中でしばらくヒナさんたちの世話をして

s-IMG_0312

ハー クタビレタ

s-IMG_0318

ン? ナンダアレハ?

s-IMG_0321

ナニカナ~

s-IMG_0322

アッ クレチャンカ

と、しばらく お休みして またエサ運びを始めました。

s-IMG_0327

ホオの木からエサ探し。

*******

下の村のMさんから

「草刈りしてたら 鳥の巣があって卵があるんですけど…」

s-IMG_0304

行ってみたら、キジさん。

左に尾羽が見えます。

周りで草刈が始まったので、驚いて逃げて、

また戻ってきたのでしょう。

「ソッとしておきましょう」ということで、様子を見ることに。

********

三島に鳥の巣を運んでくれたトラックがある駐車場。

s-IMG_0275

フォークリフトのパレットが積んであるところに

s-IMG_0273

キセキレイさんの巣が3段並んで作ってありました。

s-IMG_0272

ここは時々、人が来たり、車が移動するので、
作り変えることが多いみたい。

s-IMG_0268

*****

いつも電車に乗る無人駅。

s-IMG_0251

蛍光灯の上に

s-IMG_0252

ツバメさんの巣。

ここ以外にも宅配便の営業所のツバメさんたちも2度目の繁殖中。

******

s-IMG_0278

水場の上。

この近辺にサンコウチョウさんの巣があるはずなのだが見つけられない…。

@@@@@@@@

多良間島から鳥の巣が届きました。

s-IMG_0333

左から、シロハラクイナ、クマネズミ、セッカが2つ。

1つのセッカには卵が2つ。

ニマニマ…

@@@@@@@@@@


三島のギャラリーに忘れ物があり、送ってもらいました。

その中に…

「入場者数が多かっただけでなく お客様の反応が一番大きかった展覧会でした。」

というおことば。

嬉しい事です。

*******

ただ 一つ今回悔やまれること。

東京へ授賞式に行ったり、三島へ搬入に行ったうちのどこかで
落描き帳(1辺10cmくらい、ポシェットに入るくらいので、いつも何かあるとスケッチしたり
落描きする)を、どこかに落としてしまったこと。

あちこちで時間があるときチョコチョコッと何か描くだけなので、
そんなに重要なことは描いていないのですが、

科学博物館でティラノサウルスの骨格をスケッチしたりしたのが

ちょっと残念…

どこかからヒョコンとでてこないかなあ…

仕方がない、新たなことを始めよう。

鳥の巣帰還と麦刈り。


朝、7時半過ぎ。

ピーピーの音。

s-IMG_0280

来ました来ました。

s-IMG_0281

いつものトラック

s-IMG_0282

ここがむつかしい。

s-IMG_0284

はるか三島から到着~~~


あっという間に

s-IMG_0285

ケースは地下室へ

s-IMG_0287

鳥の巣と絵は研究所へ

s-IMG_0286

トラックは去っていきました。

いつも何人か積み降ろしのお手伝いに来てくれるので、
大助かりなのです。

いつもいつも御苦労様で どうもありがとうございます。

********

で、いつもなら、すぐ梱包をほどくのですが…

今日は下の村の農業施設「ポーレポーレ」から麦刈りの動員がかかっているので、
下の村の麦畑に軽トラで出動。

s-IMG_0288

ここも鹿除けされています。

s-IMG_0290

とてもきれいな麦畑。

今年は実もよくついていそう。

しかし

s-IMG_0289

どうも刈り機の具合が悪く、手で刈ることに

え~~~、これを手で!!

見る分にはきれいですが、

かまで手で刈っていたら、1日仕事。

みんな高齢者なので、腰が痛くなってとても無理でしょう。

一同絶望的雰囲気に。

しかし

s-IMG_0292

ジャ~ン

新たな助っ人がやってきて、

最初のもなんとか修理できて…

s-IMG_0294

どんどん刈って、ドンドン干して

s-IMG_0297

きれいに草刈もして

おしま~~~い

なんとか昼までに終わりました。ヤレヤレ

いつもカヤネズミさんの巣があるのですが、
今年はありませんでした。

いなくなっちゃったのでしょうか…

ポーレのおいしいお蕎麦をいただいて、

午後から鳥の巣と絵の荷ほどき。

s-IMG_0299

いつもの

s-IMG_0300

研究所に

s-IMG_0301

もどりました。

(アッ、カササギさんがまだプチプチでくるまれたままだ)

皆さん1か月の間ご苦労様でした。

ゆっくり休んでくださいね。

どうもどうも お疲れ様でした~~~~~~


三島での鳥の巣展覧会 終了~~~~~


























鳥の巣持ってNHK静岡へ。展覧会終了、梱包と搬出。


NHK静岡の夕方の番組「たっぷり静岡」に出ることになり、
怪しいかばんを持って出発。

s-IMG_0232

三島の展覧会場で3時ころまで巣の説明してから、

s-IMG_0236

新幹線で静岡駅へ

s-IMG_0238

今日の流れを確認。

s-IMG_0237

スタジオに巣をセットしたり、リハーサルしたり…

s-IMG_0239

生番組なので、出番までお休み。

以前「ダーウィンが来た!」の撮影でナミビアに

シャカイハタオリを撮影しに行った時のディレクターのN君が

静岡局に赴任していたので、久しぶりに再会。

あれこれ話しているうちに本番の時間に。

スタジオ内は撮影厳禁!なので、ここまで。

s-R0016831

Fネコさんがテレビ画面を撮影してくれました。

s-R0016835

手前にキムネコウヨウジャクや、ツリスガラなど並べて

鳥の巣の話からニワシドリや人それぞれの生き方へと話はひろがって…

なんとかミスなく、時間内になんとかかんとか無難に終了。

真ん中のAさんが、今回鳥の巣を気に入ってくれて
いろいろ画策してくれたのです。

Aさん いろいろほんとに ありがとうございました。

N君Aさんと反省会

<><><>@@@@@・・・・・

s-IMG_0241

翌朝、三島へ。

展覧会最終日。

朝から人がぞくぞく…

「昨日のテレビ見てきました」という方も多く

やはりテレビの力はスゴイなあ…

夕方5時無時展覧会終了。

s-IMG_0242

いつもの駅に

フ~~~~~~ヤレヤレ

でも まだお疲れさまではなくて、

s-IMG_0243

翌朝は、下の村の分別ごみの当番。

その翌日、搬出、梱包で また三島へ。

s-IMG_0258

誰もいない会場。

喧噪がウソのように静寂な空間。

9時過ぎから梱包始めて

s-IMG_0259

いつものように ぼくは鳥の巣を片付け、

画廊のFさんTさんに絵を梱包してもらい…

s-IMG_0260

どんどん どんどん 梱包

キツツキさんや 今回初登場のカササギさんも

みんなご苦労様でした…

s-IMG_0262

梱包完了、エレベーターで1階の駐車場へ

さあ、もう少し。

s-IMG_0264

搬入の時と同じトラックと運転手さん。

あっという間に積み込んで…

s-IMG_0265

きれいさっぱり 

s-IMG_0266

結局、ダントツで過去最高の入場者数だったそうです。

今まで画廊に来ることのない小さな子供さんからご老人まで

老若男女、それはそれは たくさんの方が来て、

さらにみんなが喜んだり、嬉しそうに帰って行ったと、

画廊の人も喜んでくれました。

見に来てくれたたくさんの方々、

関係者の皆様いろいろ

どうもありがとうございました。

<><><><><????

午後の電車で帰宅したのですが、

乗り継ぎ時間が長く

s-IMG_0275

下の村の、運送屋さんの駐車場には

もうトラックが着いていました。

さあ、これからこのトラックが来るので、

鳥の巣みんな おかえり~です。


さあ、もう すこし。



夕方のNHKテレビ


日に日に 大きくなるシジュウカラちゃん

s-IMG_20160524_0001

家の周りの茂みの中で飛び回っています。

><><>

今日は三島に行ってから、
夕方6時からのNHK「たっぷり 静岡」(静岡県のみ)に
怪しいかばんで鳥の巣持って行きます。

生番組なのでどうなりますやら…

うまく鳥の巣の世界が伝えられれば…

多分6時半ころから10分程度。

三島の展覧会も明日まで。
最終日も在廊です。

もうひとがんばり~~~










三島でギャラリートーク


土曜、日曜、ギャラリートークなので三島の展覧会場へ…

s-IMG_0224

行こうと駅に向かったら、道にガビチョウさん。

アーアッ!

まだ温かいし、やわらかい。

はねられたばかりみたいです。

とりあえずかばんに入れて駅へ。

s-IMG_0225

三島から いつものはく製屋さんへ宅急便で送りました。

<><><><

テレビのニュースのおかげで朝からお客様がいっぱい。

s-3

14時からのギャラリートークも、子供から年配の方まで
たくさんの方が来てくれました。

久しぶりに会った友達が写真を撮ってくれたので…

s-2

カンムリオオツリスドリ

s-1

ハシブトハタオリとオナガサイホウチョウ、ダチョウの卵とハチドリ

s-4

ツリスガラとアフリカツリスガラ

あっち行ったり、こっち行ったり、
ホワイトボードに絵を描いたりの約1時間。

そのあとも40人ぐらいの団体でやってきたグループがあって
ほとんどギャラリートークの連ちゃんになりました。

日曜日も出版社の方や久々の友達も来てくれたり、
いつものようにリピーターの方も多く大勢の方が鳥の巣見て喜んでくれました。

「鳥の巣作ろうコーナー」もスイカぐらいある鳥の巣作る子もいて
みんな楽しそうです。

どうもありがとうございました。


s-IMG_0227

朝いちばんの電車で帰宅~~~~

お疲れ様でした。

さあ、あともう少し。










シジュウカラさんのひなさん


「オジチャ~ン ボク トンデルヨ~」

s-シジュウカラさんのヒナ2

と シジュウカラさんのひなちゃん。

カ ワ イ イ


Fねこさんが撮ってくれました。

s-シジュウカラさんのヒナ

電線にとまっています

まだ尾羽も短いけど、すごいスピードでビュンと飛んだり とまったり。

ネコさんに捕られるなよ~~~

><><><

s-IMG_20160521_0001

朝、台所の生ごみをコンポスト(生ごみを堆肥にする)に入れに行ったら、

巨大オオスズメバチの多分女王。

今頃いるのは、巣を作る場所を探しているのだろう。

s-IMG_20160521_0002

とっさに持っていたバケツでエイッ!!

s-IMG_20160521_0003

家から殺虫剤を持ってきてシュー

s-IMG_20160521_0004

これからはこの手のに気を付けないと…

(ダニにはもうずいぶんやられているけど…)

@@@@@@@

三島の展覧会も最後の土曜、日曜。

テレビのニュースのおかげで、

ずいぶんお客様が来てくれているようです。

この土日はギャラリートークをします。

それ以外の時間も,いつでも説明しています。

ランチタイム以外でも近所のウナギ屋さんで「鳥の巣展を見に来た」と言えば、

うな重を定価で食べることができます。


お近くの方も遠方の方も、

是非三島にウナギを食べて、鳥の巣見るツアーにお越しください。

@@@@@@@

さあ、鳥の巣もうひとがんばり。








シジュウカラさんの子供たち。


朝ごはんを食べてFネコさんと話をしていたら、

庭にピーチキピィーチキ 鳥の声。


見ると、シジュウカラさんたち。

エサ台に巣立った子供!!!

s-IMG_20160519_0001

まだ小さくてボーッとしているみたいで頼りなさそうだけれど

茂みから茂みへ親を追いかけて飛んでいきました。

「オジチャン トベルヨウニナッタヨ」って言いに来たのかな。


元気でね~~~


><><@@??><><


昼間、仕事をしていたら、

誰かがコツコツ窓をたたく音。

見ると…

hoojiro (1) (640x480)

タッパの後ろ、窓の外にホオジロさん

コツコツ、コンコン窓ガラスをつついています。

hoojiro (2) (640x480)

しきりに中を見ています。

hoojiro (4) (640x480)

窓際においてある、ギンパラの巣に興味があるような…

hoojiro (6) (640x480)

巣の形はホオジロさんはお椀型で違うけれど、

巣作り材料としてよさそうと思ったのでしょうか??

s-IMG_20160519_0002

オスは車のミラーなどに映る自分をライバルと思って攻撃することがありますが、

あとで外に出て見たけれど、窓に姿が写ったようでもありません。

なにか造形的に刺激を受けたのでしょうか…

鳥のさえずりが響くバサラ山です。

。、><><><‘@@@???

三島の展覧会、
NHKの県内ニュースで3回も取り上げてもらったり
ほかの民放のニュースでも放送していただいたおかげで
たくさんの方が来てくれています。

さらにNHKの方が興味を持ってくれて、
会場だけでなく我が家にも取材に来て、
24日の夕方6時からの番組に鳥の巣持って行くことになりました。


生のニュース番組なので、なにか事件などあると、
変更の可能性がありますが…
(静岡県内のみの放送です)







「ウミガメ ものがたり」の宣伝


鳥の巣研究所別館のほうにも、すでに出ましたが、

改めて…予告編というか宣伝「2」

s-IMG_0199

新刊絵本「ウミガメものがたり」完成。

s-IMG_0185


書店では帯がついています。

s-IMG_0189

夏の夜の砂浜。

s-IMG_0190

ウミガメの おかあさんが 卵を産みにやってきました。


ウミガメは卵を温めません。

s-IMG_0191

砂の中で孵化した小さなウミガメの赤ちゃんは、地上にはいだし…

s-IMG_0192

大海原へ…、


今までの本は たいてい ここで終わりでした…

でも、本当は ここからが自然の厳しい世界のはじまり はじまり~~

s-IMG_0193

カニは出るは

s-IMG_0194

空からは鳥がおそってくるは

s-IMG_0195

今回は コマ絵を駆使したり、見開き場面を使ったり、
絵本という特性を生かして、
時間の流れやいろいろやってみました。

s-IMG_0201

やっと海にたどり着いた子ガメたち、

まだまだ危険な旅は続きます。というかこれからが大変なのです。

s-IMG_0199

ジョーズも出るし
まだ知らぬ未確認生物だって出てきます。

s-IMG_0203

勿論、海の世界の美しさ楽しさや、

環境の悪化の影響も…

ウミガメさんの運命やいかに…

???????


昔、日本の人は、海に向かう子ガメが

その後どこへ行くのかわからなかったそうです。

一方、アメリカ西海岸の人たちは、ここに住むカメが

どこで産まれてくるのか、わからなかったそうです。

日本からアメリカへの、子ガメたちの1万キロ長い長い旅、

そうしてさらに旅は続きます。

小さな小さな子ガメさんの夢とロマンの壮大な旅。

><><@@??***・!!!!

s-IMG_20160518_0001

今回、下の海辺の町に水族館がありウミガメをスケッチに行ったのはもちろんですが、

伊豆急下田駅の改札を出たところに、その水族館の宣伝で

1歳と数か月の子ガメちゃんが水槽で飼われています。

普段見れないサイズので、とても良いモデルさんになってくれました。

カメ君ありがとう。

狭い水槽より広い海に逃がしてあげたいけど…


>><<><><‘@@@

下は編集のK君が送ってくれた池袋のジュンク堂の絵本売り場の写真。

s-ウミガメ

担当のIさんが、がんばって飾ってくれたそうです。


I さん、K君、どうもありがとうございます。

s-ウミガメ2

丸の内の丸善でも なにかしていただけるようで、感謝感謝。

お近くにお出かけのことありましたら、

是非、お手にしていただけると嬉しいです。

<><><@@@@@

三島の鳥の巣の展示も

残り10日を切りました。

お時間ありましたら、ぜひぜひお立ち寄りください。


巣箱の掃除とNHK


シジュウカラちゃんたちが巣立っていった巣箱。

s-IMG_0175

次回のためにお掃除。

s-IMG_0174

スッポリ抜けます。

s-IMG_0179

ホワホワ、

白いのはシカさんの毛、
薄茶のホワホワはネコさんの毛。

s-IMG_0180

ここに このくらいのが7羽か8羽か いたわけです。

ギュウギュウで 出たくなるんでしょう。

外の自由な世界に。

s-IMG_0177

窓もきれいに吹いたから次回はもう少しはっきり見えるかな???


s-IMG_0181

家の外の茂みで親子らしい声がしたり、

s-IMG_20160517_0002

飛んでるのが一瞬見えるのですが、

早いし、小さいし、逆光だし、葉っぱは多いしで

しっかり見えませんが元気で育っているようです。

みんな元気に育ってね~~~~

><><**@@??><

今朝7時45分からのNHKのニュースで
三島の展覧会のことを流してくれるそうです。

各地の放送局からということで、静岡県だけでしか見られませんけど。

静岡県の方はご覧ください。


(テレビなので、大きな事件や事故などあると、やらない可能性あり)





徳山、三島出張…巣立ってる~~~


徳山に講演会、三島の展覧会でギャラリートーク

帰ってきたら…

s-IMG_0169

巣箱の中はカラッポ!!!

み~~んな元気に巣立っていました。

本に書いてある予定日より、3日くらい早い巣立ちでした。

この辺は虫が多いので、
エサをたくさん食べて元気に育ったのでしょう。

ずいぶん元気にバタバタしていたから、
巣立っちゃうかな~と心配というかなんというか…

巣立ちの現場も見たかったけれど、まあ仕方ない。

みんな元気で飛んで行ったのでしょう。良かった良かった。


><><><@@@@***?・>


s-IMG_0118

順番が逆だけど、

徳山に講演会に。

s-IMG_0119

羽田発岩国錦帯橋空港行き

今年1月にカササギ作戦の後にも来ています。

s-IMG_0120

ANA635便

s-IMG_0125

横浜のむこうに富士山。

s-IMG_0126

前日まで雨でしたが、雲1つある快晴。

s-IMG_0127

12時5分発なので、空弁。

s-IMG_0134

琵琶湖を過ぎ、

s-IMG_0135

広島を越え

s-IMG_0136

瀬戸内海、

s-IMG_0137

岩国錦帯橋空港へ

s-IMG_0138

定刻13時45分着。

ここから電車で徳山なのですが、少し時間に余裕があるので、
錦帯橋へ。

s-IMG_0141

とても立派な橋。

s-IMG_0145

徳山のホテルに着いたら、
明日の講演会で販売する本にサインをしておくようにということで、

たくさん絵本が待っていました。

s-IMG_0148

翌朝、サイン本と怪しい鳥の巣かばんを持って、

s-IMG_0150

周南町の「なんよう幼稚園」に。

最初の30分くらいは子供も一諸で
恐竜から鳥になったことや鳥の巣のお話。
そのあとはお母さんたちに絵本や鳥の巣やいろいろなお話。

s-IMG_0158

翌日は光市の「にじがおか幼児学園」。

ここも前日と同じ、子供とお母さん達、土曜日だったので、お父さんも少し。

s-IMG_0161

講演会終わって徳山駅14時15分発の山陽新幹線に飛び乗り、

s-IMG_0162

広島で「のぞみ」に乗り換え、

名古屋で「こだま」に乗り換え、三島着19時半

フェ~~~
車内でひたすら新しい絵本のための勉強。

翌日日曜日は2時からギャラリートーク。

小さなお子さんから、ご年配の方、
わざわざ東京から来てくれた方など
たくさんありがとうございました。

いくつかのテレビがニュースで流してくれたので、
お客さんもいいペースで来てくれているようです。

ということで、18時に三島を出て、20時過ぎヘロヘロになって帰宅。

旅の間もずっと巣箱の中はどうなったかな~~と
心配で、帰宅後すぐ見たら、

s-IMG_0169


カラッポ

ということでした。

s-DSC_0706

これは留守中の巣立ち前日、Fネコさんが撮影した写真。
巣箱の中ギュウギュウで満員電車の中みたい。

右の子なんてずいぶんしっかりしている、これでは飛んでいくでしょう。


s-IMG_9939

2週間ちょっと前、こんな小さかったのが

s-IMG_9941

すごい生命力です。

なんという不思議、なんという生命の神秘。



みんな元気に 飛んでいけ~~~~~~~~~~











プロフィール

まもる

メッセージ

名前
メール
本文