2016年06月

小学校の先生 4。 大豆の種まき。


今週は、実際に巣材を集めて巣を作ろうと思っていたのですが、
天気予報では雨。

急遽、前日の放課後の時間に学校に行き、

みんなで裏山に巣材集めに行きました。

s-IMG_0820

学校の裏は、こんな感じなので、

s-IMG_0817

アッという間に持って行ったガラ袋(建設業などで使うゴミ袋)6個は一杯に。

翌日、天気予報通り雨。

昨日集めた枝や枯草、樹皮、苔などなど、
教室にぶちまけました。

(結果的に2時間制作に専念できて、雨でよかった。)

s-IMG_0846

何度も本物の鳥の巣を見せているし、鳥さんがどうやって作るかも教えてあるけれど、

実際作るとなると、さあ大変。

s-IMG_0848

みんな なかなかうまく形になりません。

作っては壊れ、作ってはバラけ…

悩んだり、試行錯誤したり…

それでも2時間格闘。

s-IMG_0862

枝を組んだり、


s-IMG_0867

枝と葉っぱを集めたり、


s-IMG_0856

メジロさんの巣みたいに枝の二又に作ったり


s-IMG_0854

どちらか言うと、女の子はやわらかい葉っぱを丸めて…


s-IMG_0853


男の子は

s-IMG_0859

枝を組み合わせて…。

でも 女の子でも

枝を使ったのもあります。

s-IMG_0857

それぞれの性格や、ちょっとした安心感のちがいが

巣の形になるところは、鳥さんと同じなのかもしれません。


s-IMG_0849

残った巣材をまとめて大きな巣を作ってあげたら、

みんな入りたがります。

s-IMG_0850

なにか、安らぐものを感じるのでしょうか…

次回は、まったく違う自由な素材で作ってみましょう。



‘‘**++‘><><?・

先週の晴れた日曜日。

下の村の農業施設で大豆の種まき。

先月麦刈りをした畑。

s-IMG_0807

畝を作って

s-IMG_0808

1か所に2粒、30センチ間隔。

s-IMG_0809

大豆は軽く土をかける程度。

s-IMG_0811

皆さん腰が痛そう~~

s-IMG_0813

なんとか午前中に終わり~~~~

お疲れ様でした。



><><><@@@@@

s-IMG_0844

童話の挿絵も順調に進展中。

これは表紙をめくった次の「見返し」のページ。

ここをめくると、1ページ目で扉があって本文がスタートするところ。

映画で言うと、幕が開く前みたいな感じ?

今回は男の子とネコさんたちとのファンタジーなので、

こんなのを描きました。

これは墨1色ですが、実際は1色の色を指定するので、

薄い色の世界になります。

s-IMG_0843


出版社に持って行こう。

‘‘‘‘‘

s-IMG_0839

学校の下の農協のツバメさんも巣立ち間近。

今日あたり巣立つでしょう。

元気に飛んでいけ~~~~




1週間のあれこれ


梅雨らしい日々のバサラ山

DSC_1596 (360x242)

かわいい

DSC_1598 (360x241)

池のコイさんが苦しそうにしているので、

海水を取りに西伊豆へ、

s-IMG_0787

岩地(いわち)の浜。

車で30分ぐらい。

子供が小さいときは5月くらいから遊びに行っていた。

s-IMG_0782

ここは砂浜もあるし、磯もあって遊ぶには良いところ。

夏の準備でブルトーザーが砂浜を平らにしていました。

下は浜においてある、温泉。

s-IMG_0785

船の中に温泉が引いてあり、無料で入れます。

s-IMG_0792

岩地に行く途中の展望台。

なぜか最近立て続けにここで事故がありました。

運転には気を付けましょう。


s-IMG_20160624_0001

草刈りしていたら、ヒヨドリさんの巣立ち雛

これ以外にも家の周りを、

サンコウチョウさん、メジロさん、エナガちゃんなど

たくさん家族で飛び回っています。

*****

下はFネコさんから

DSC_1641 (360x242)

庭の中、よ~く見ると…

DSC_1643 (360x242)

カエルさん

ヘビさんに気をつけなさいよ~~~

s-IMG_0803

山の中で薪切りしたり、

s-IMG_0805

童話のさし絵を描いたり…の日々。







小学校の先生 3


下の村の小学校の先生 3回目。

s-IMG_0774

お昼休み、これから掃除です。

今日は鳥の巣を作るための巣材を集めに裏山に行こうと思っていたのですが、

昼まで雨だったので予定を変更。

「鳥たちが、なぜ、どうやって巣を作るか」の話。

親鳥が一番大切な卵とヒナの命を守るために動いた結果が

鳥の巣という形になること。

実際にいろいろな形の鳥の巣を「鳥の巣かばん」から出して説明。

キムネコウヨウジャクやツリスガラ、アフリカツリスガラなどなど

葉を編んだのや羊の毛をフェルト状にしたものなど触らせて、

環境によって安心感のちがいが巣の形のちがい材料のちがいになること。

そのあと、絵本「ぼくの たからもの」を読んで、

先日の日本画家Tさんの家でのメジロさんたちの巣立ちまでの写真を配布。

巣での鳥の生活を見せ、

s-IMG_0578

ニワトリさんと違い、卵の黄身の量が少ないので、

羽が生えずに生まれてくること。

だから形がおわん型になることなど。

s-IMG_0580

左の親がフンをくわえて捨てに行くこと。

s-IMG_0592

「この親はエサに何を持ってきたのでしょうか?」

みないろいろ考え

種、虫、虫の卵、ダンゴムシ、オタマジャクシ、等々いろいろな答えが出ましたが、

正解はカタツムリで5時間目終了。

6時間目は

s-IMG_0776

先週も行った下の農協で、ツバメさんを観察。

s-IMG_0777

ヒナが見えます。

s-IMG_0778

ちゃんとエサをあげているところも絵に描けました。

教室に帰ってから、みんなに質問。

「親鳥は、だいたい何分ごとにエサをはこんできたかな?」

「3分」とか「4分」とか「5分」

「では、ツバメさんは4分ごとに、1回に4匹ぐらいの虫をヒナにあげるとして、

1日に何匹の虫をヒナさんにあげているでしょうか?」と

突然、算数の問題に。

朝は最近は4時には明るくなるから、朝の4時から夕方6時までと時間を設定。

まず4分ごとだと、1時間に何回か?60割る4=15 

1時間に15回。

15×4=60  1時間に60匹も虫を取っている。

朝4時から6時まで何時間か? = 14

60×14=840  1日840匹の虫をヒナさんにあげている。

みんな家の周りにいくつツバメさんの巣を見たか聞いたら、

一人3~4個、ということで、17人×4=68

68×840=57120

みんなの家の周りのツバメさんたちは

57120匹の虫を捕ってヒナにあげている というところで、6時間目終了。

来週は日本全体では何匹か聞いてみよう。


いよいよ来週から、実際の鳥の巣作り教室。


********:

学校からの帰りに寄り道。

s-IMG_0779

オー、ピッタリ!

キジさん巣立っていました!

s-IMG_0780

ヒヒヒヒ…

おみやげ おみやげ

ヒャヒャヒャ…

今日も楽しい1日でした。

オシマイ。

















バサラ山の日々


この辺にサンコウチョウさんたちがいるのだが…

わからない…

s-IMG_0733

研究所の前のベンチにシッジュウカラさん親子。

s-IMG_20160617_0001


普段めったにこういう場所にはシジュウカラさんはとまりません。

ここの巣箱で巣立った子たちが、来年のために見に来たのでしょうか。

s-IMG_20160617_0002

あちこちで巣立ったばかりのようなヒナさんたちが群れていてほほえましいのですが…

軽トラの荷台にエナガちゃんの巣立ったばかりのようなのが落ちていました。

なかなか全部が全部順調に大きくなるのはむつかしいようです。

この時期をうまく乗り切れるかどうか…

自然は厳しい。

s-IMG_0756

下の村の農業施設で耕作放棄地の再活用ということで、

ツルクビカボチャを作っています。

その看板。

雨や日に当たってどうしても色が褪せてしまいます。

買い物のとき県道を通るたび、どうも気になるので、

修正というか恥の上塗りに。

s-IMG_0755

近くで見ると、ずいぶん薄くなっちゃった

s-IMG_0758

防犯カメラに映る怪しい人影だな

s-IMG_0760

少しは良くなったかな

s-IMG_0762

カンカン照りでしたがナミブ砂漠に比べれば風があって気持ち良いお絵かきでした。

s-IMG_0763

ツルクビカボチャは今年はどうでしょうか???

s-IMG_0764

県道からだと看板があるのもわからないね…

s-IMG_0702

尾根の向こうで さ来年用の薪切り、

s-IMG_0703

細かくして

s-IMG_0730

時間があるとき少しずつ運ぼう。

s-IMG_0746

めずらしく ほかの作家さんの童話の挿絵を描き始めました。

男の子とネコさんたちの物語。

********

下は最近サンちゃんと争っている野良ネコさん

夜中でもギャウギャウして寝不足になるので、

マドちゃんのように家ネコになるならとエサで手なずけることに。

s-IMG_20160619_0001

ちんまり前足をそろえて様子をうかがっています。

s-IMG_20160619_0002

ネコ穴のところにエサを置いて

すぐ触れるようになりました。

ウララとかウラマドとかFネコさんは呼んでいますが、

どうなりますか…

s-IMG_0766

草刈り前の写真を撮り忘れたけれど、

研究所横の川側の石垣の草刈り。

(シカよけのトタンが見苦しいなあ、今度きれいにしよう。)

s-IMG_0767

ここの石垣は、20数年前、まだ市内に採石場があったころ、

レンタカー屋さんで2トンのダンプを借りて

トラック1台分5000円で石を買い、何往復もして運びました。

そのころ持っていた3トンのショベルカーで1個1個積んだ

汗と涙と命拾いの危険が積みあがった石垣なのです。

石垣積みはおもしろいけれど、ほんとに危険で大変な仕事。

これなどは 成り行き 気まぐれで積んであり、

次元が違いすぎて恐れ多いのだが、

熊本城の壊れた石垣を見ると、あれを直すのは

ほんとに容易なことではないのを痛切に感じます。


なんとか修復されるとよいのですが…


小学校の先生 2


下の村の小学校の総合学習の先生、2回目。

学校に着いたら、給食後のお昼休みにリレーをしていた。

食べてすぐ走れる!元気だな~。

s-IMG_0712

先週授業をやったあと、こういう授業は講演会と違って、

なにを話したか、どこで終わったか、あいまいなことに気が付きました。

講演会だと、決められた時間内に(延長するけれど)一応まとまるよう努力はします。

が、授業だと、一応まとめつつ、「では この続きは また来週」ということで、

先週、何をしたかが残ったほうが良いなあと思いました。

教科書があればよいのですが、それがないということで…

s-IMG_0710

なんでも100円のお店でスケッチブックを全員分買って
(1冊100円、これは安い)。

画用紙に表紙を描いて貼り、

s-IMG_0711

みんなにあげることにしました。

で、授業が始まって、みんなにそのことを説明して、

何を書いてもいいし、家に持ち帰ってもよいことなど説明して、

表紙に自分の名前を書かせて、授業開始。

まずは、先週何をしたかを、思い出して書いてもらいました。

「キジのオスが派手なこと、メスは卵を抱いているから地味で鳴かないこと」
「ニワトリさんの卵は栄養が多いので、ヒヨコは羽が生えてうまれてくること」
「羽が生えずに生まれてくるヒナの巣は寒くないように羽が使われている」
「みんなの好きな卵料理は?」
「ペンギンはなぜ飛べないのか?寒い地方で木も草も虫もいなくて、あるのは海と魚だけ、
魚を食べるために羽が泳ぐのに良い形になっていった」…

などなど、などなど…みんないろいろ覚えていてくれました。

若い脳みそは、なんでも覚えているな~

ツバメの巣を1個持ってきてくれた子もいました。

皆、先週家に帰って家の近所でツバメの巣を見たようで、

身近に自然があるのは良いことです。

それから先週配った、ツバメが出ている絵本のコピーや

講座用テキストを次のページに貼ってもらい

いよいよ、2回目の授業開始。

恐竜から鳥への進化を絵で描いて説明し、

みんなにもスケッチブックに恐竜の絵をかいてもらいました。

絵を描きながら、隕石がぶつかって恐竜が絶滅の話になったり、

マンモスのことや、最初の生き物はいつ生まれたのかという

むつかしい話になったり…

どんどん話は色々広がって、5時間目終了。

6時間目は先週見に行った農協のツバメさんを見に行き、

今回は観察しながら絵を描いてもらいました。

s-IMG_0714

この上にコシアカツバメさんの巣があります。

s-IMG_0713

裏の建物には 普通のツバメさん。

どちらも、少し高い場所なので、よく見えませんが、

「手で運べないから土をくわえて1かたまりづつくっつけて作っていくことを説明したら、

みんなよく見て描いていました。

巣にツバメさんがいないときは飛んでるツバメを、

巣に戻ったら巣にいるところを描いたりして、教室に戻り、

遠くて、動いて描きにくかったでしょうと、


s-IMG_0717

ジャン!

s-IMG_0718

みんなの目が点になりました。

s-IMG_0719

はく製の説明をして、

s-IMG_0720

さらに、

s-IMG_0722

ジャン!

ツバメさんの巣。

s-IMG_0723

これはライトの上の巣。

s-IMG_0724

毎年、クロネコヤマトの営業所に新しいライトを持って行って

交換していることを説明して

巣の中を説明。

さっきの絵の続きを描いてもらいました。

s-IMG_0716

ということで、6時間目終了。

来週は、鳥がどうやって巣を作るかから、、実際に巣をつくるところまで…

と思っていたのですが、

絵本「ぼくの たからもの」のメジロさんのヒナの巣立ちのことを知りたいという子が出てきたので、

最近巣立ったばかりのメジロさんたちの様子を見せましょう。






































メジロさん巣立ち!


海辺の街の日本画家Tさんの家のメジロさん

「今日か明日には巣立つのでは…」と昨日話していた通り…

s-IMG_20160613_0003

昨日見た2時間後に1羽巣立ち…

s-IMG_20160613_0004

今朝、5時過ぎに残りの2羽も無時巣立って行ったそうです。

s-IMG_20160613_0002

写真はTさんが撮影したものです。

パタパタしてる~

s-IMG_20160613_0001

今朝は雨でぬれてます。

s-IMG_20160613_0005

まだ尾羽は全然ないに等しい。

それでも元気に飛んで行く

すごい!!

s-IMG_0704

これは ぼくの指。

この中に3羽いた。

s-IMG_0705

最後のフンが残っています。

ロケット噴射で飛び出したのでしょう。

ビュ~~ン

s-IMG_0707

これがTさん。

「こんなに感激すると思わなかった」と 御夫婦でキャーキャー喜んでおられました。


今回こんな近くで見れるなんて、ほんとにラッキーでした。

どうもどうも ありがとうございました!!!

1羽ヘビに食べられちゃったけれど、

元気に巣立って行ってほんとによかった良かった。


メジロさんたち元気でね~~~











メジロちゃんたち巣立ちまぢか。


海辺の町の日本画家 T さんの家のメジロのヒナさんたち。

s-IMG_0649

3日ぶりに見に行ったら もうずいぶん大きい!

s-IMG_0650


ヒャ~~~

かわいい~~

s-IMG_0672

オナカ スイタ~

s-IMG_0688

ちゃんと お風呂にも入っています。

s-IMG_0689

カタマデ ツカッテ  イチ ニ サン…

s-IMG_0677

オカアサーン アガルヨー

s-IMG_0696

ハイ ハイ ヨク フイテネ…

s-IMG_0699

アラ モグッチャッタ

s-IMG_0675

巣の中では こんなです。

s-IMG_0676

ギュウ ギュウだ

もうすぐ巣立ち

明日かな????


悲しい別れと、新しい出会い。


いろいろあって東京へ。

s-IMG_0608

朝、いつもの無人駅出発。

s-IMG_0611


出版社で新しい絵本の打ち合わせ。

もう一つ別の出版社の編集長さんには、

新たな作品の構想を聞いていただきました。

s-IMG_0614

池袋のジュンク堂へ

s-IMG_0619

「ウミガメ ものがたり」のパネル展示をしてくれているのでお礼に。

担当のIさんはお休みでしたがUさんとお話。

s-IMG_0621

乗り物絵本もフェアをしてくれていました。

s-IMG_0622

児童書ではない生物系のフロアに鳥の巣関係の本がありました。



s-IMG_0623

そのあと、自由が丘に。

30年以上前、すいどーばた美術学院で4年間だけ夜間部で受験生の指導をしていました。

最後の年の生徒さんに高校生のSAさんがいました。

とても個性的で、面白い子でした。

どばたを辞めた後も、手紙や電話など時々話しをしたり、

展覧会をすると見に来てくれる子でした。

ちょっとボーイッシュな声と、横目(?)でフンと笑うが表情が40年たっても、

心にしっかり残っています。

体の具合が悪くなったと聞いていて、最近、手紙の返信がなく心配していたのですが…

先日お姉様から、とてもとても残念で悲しいお知らせがありました。

今回、遺作展を開くことになったので…お別れに…。


亡くなる前に描いていた絵は、

とてもとても優しい平和な絵でした。

天国でも描いていてください。

…………………………

s-IMG_0626

翌日、高校の同級生K君の家に。

隣に住んでいるお嬢さんのYちゃん。

Yちゃんが産まれたときから見ていて、結婚式のウェルカムボードも描きました。

そのYちゃんにSUちゃんが誕生。

s-IMG_0629

ひゃ~ かわいい~~~

SUちゃんのウェルカムボードも描くことに…


SAさん、SUちゃんのためにも元気で生きよう。


***************

s-IMG_20160612_0001



右の茂みから左の林に飛ぶサンコウチョウのオス。

















メジロさん


海辺の町の日本画家Tさんの家の窓の外のメジロさんたち。

元気に育っています。

s-IMG_0578

実は悲しいことにヘビに1羽食べられてしまったそうです。

でも、その後ヘビを退治したので、

残りの3羽は元気に育っています。

s-IMG_0586

エサを食べさせると

s-IMG_0580

フンをくわえて捨てに行きます。

s-IMG_0592

おっ これは小さなカタツムリだ。

これはなんだろう?

s-IMG_0591

いろいろバランスをとってあげているのでしょう。

s-IMG_0607

エサをあげて フンを捨てに行くのくりかえし。

しかし ここは 観察するのに良い場所だ。

s-IMG_0598

まだヒナの羽が少ないので、温めることもします。

s-IMG_0601

ウッ?マタ ヘビカナ?

チガウネ ヨカッタ

s-IMG_0605


元気に育ちますように。
















小学校の臨時先生と巣箱2の巣。


先週急に決まった、下の村の小学校へ。

臨時、特別、課外授業の先生に。

5時間目6時間目の総合学習の2時間。


s-IMG_20160607_0001

3年生、17人

まず自己紹介のあと、

いつものように裸足で、怪しい鳥の巣かばんから鳥の巣を出して、

鳥や鳥の巣の基本的な話。

1階の教室なので、すぐ外に行けるので、

「メジロさんはクモの巣から糸を取って」というのも

花壇の木からほんとのクモの糸がすぐ取れて、みんなに渡せてとてもやりやすい。

事前に担任の先生から「この辺は田園地帯なのでシャイな子が多いから」と聞いていたのですが、

いろいろ質問が出たり、活発に自分の意見を言ったり…

次から次へと話は進み、あっという間に5時間目は終わり、

6時間目は外に行って、実際使っているツバメの巣を観察に行きました。

s-IMG_0567


これは学校の校舎。この後、下の農協へ。

この辺は普通のツバメさんと、とっくり型の巣をつくるコシアカツバメさんがいます。

また教室に戻って、いろいろ質疑応答というかワイワイガヤガヤ。

講演会だと時間が決まっていて、ゆっくりいろいろ話せませんが

自由に脱線できるし、時間を気にせず話が広がっていけるので気が楽です。

ということでアッという間に6時間目も終了。

アーおもしろかった。

また来週ね~~~~


来週はどうなりますか…

><><>@@@@@

なんとか巣立っていった巣箱2.

s-IMG_0557

どんな巣か巣箱を取り外しました。

s-IMG_0558


ヨッコラ

s-IMG_0559

屋根を

s-IMG_0561

ギギ~~~~

s-IMG_0563

オッ、卵が一つ残ってる。(実際はうまっていた)

良くあることです。

s-IMG_0562

スッポリ抜いたら

s-IMG_0565

右のモヤモヤがネコさんの毛、
白いのがシカ君の毛、大半はコケです。

s-IMG_0564

卵は長径1、6㎜、短径1、2㎜

白いのはシカさんの毛。

s-IMG_0566

タッパに入れて保存。

みんな元気に育ちますように。


@@@@@





















プロフィール

まもる

カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文