2018年05月

1週間アレコレ 


この1週間のアレコレ

ーーーーーーー

カタツムリのあかちゃん。

s-IMG_7974

アジサイへ移動

s-IMG_7976

アジサイの水玉の中で水浴び

s-IMG_7977

、、、、、、、、、

絵を描いていたら、
なんか、首筋がすぐったいと思ったら…

s-IMG_7989

アーーン、マイゴニ ナッチャツタ~~~~

s-IMG_7991

コッチカナー

s-IMG_7992

チガウナ~~

ソッチカナ~~~

s-IMG_7995

コッチジャナ~~~~イ

s-IMG_8001

エ~~~ン

s-IMG_8002

葉っぱのうえへ。


アレッ

s-IMG_8013

コマチャンが お風呂に

s-IMG_8014

のんびり~~~してると思ったら、

サンチャン発見。

脱兎のごとく出動!

s-IMG_8016

やるか

s-IMG_8017

パンチ

s-IMG_8018

ボクハ ツヨインダゾ

s-IMG_8019

無防備な時は全然無防備なんですけど

^^^^


ピェーイ ピェーイとヒヨドリさん

s-IMG_8021

桑の実 ウマイゾーー


s-IMG_8026



^^^^^^^^

池のオタマさんたちはどうしたかと思って、網でしゃくっても1匹もいません。

でも、向こう岸を見たら~~~~~

s-IMG_8052

いるいるいる

s-IMG_8051

みーんな カエルちゃんになっていました。

s-IMG_8055

でも こんな小さい。

s-IMG_8060

ウヒャー

s-IMG_8056

こんなちいちゃくて大丈夫なんでしょうか?????


ヤマカガシ、アオダイショウ、カラス、サギ、タヌキ、ハクビシン、アナグマ…
外敵の多い、このバサラ山で生きていけるのでしょうか…

s-IMG_8057

この子たちの未来やいかに…

ただ元気で育つことを祈るのみです…

s-IMG_8063

みな 茂みややぶの中へ…

s-IMG_8062

午後見たら1匹もいませんでした。

巣立ちというのか、旅立っていきました。

元気でね~~~~~

DSC_1827 (2) (640x429)

これはFネコさんが見つけたクモさん

ケケケケと笑ってます。


~~~~~~~~^
多良間島のHANEさんから、鳥の巣が送られてきました。


明らかに2層になっているので、2つの巣が重なった状態。

下がヒヨドリさん上はシロハラクイナさんでしょう。

s-IMG_7983

下は巣の中にあった卵とカタツムリの殻

s-IMG_7984

この色と模様はシロハラクイナさんでしょう。

s-IMG_7985

アブラゼミの羽なども

これはヒナが食べた残りでしょう。


ーーーーーーー
すこしだけ梅の実が取れました。

s-IMG_7988

梅ジュースに

s-IMG_8004

奥はFネコさんがつくっているラッキョウ。

s-IMG_8005

@@@@@

この時期、かわいいタイが出ます。

s-IMG_8007

半身刺身で半身でタイごはん。

s-IMG_8010

魚は顔を見てメスを買います。

s-IMG_8012

ほらね、当たり~~~

:*****

めずらしく下の街で一杯

s-IMG_7970

今回は下の絵の一番左の人と

s-IMG_7971

この絵はカウンターの中に飾ってあります。

s-IMG_7972

kayoちゃん、おいしゅうございました。

ごちそうさまでした~~~

~~~~~
下の村の小学校で、

「稲梓の教育と文化をすすめる会」という子供たちを見守る人たちへの
講演会。

s-IMG_8027

70人くらい

s-IMG_8030

昨年授業を見ていた子供も来てくれました。

><><><

下の村の農業組織から麦刈り手伝いの指令。

s-IMG_8034

ガッチャンガッチャン刈って

s-IMG_8039

干していきます。

s-IMG_8040

みんなでやれば早い。

s-IMG_8046

毎年麦刈りすると藝大受験の時の試験のモチーフだったので、
遠い昔を思い出す…

><><><

カボチャ畑だった所の草刈り。

s-IMG_8048

刈った草はワークショップ用に少しいただき~~

s-IMG_8050


シカ除け柵が完成した分、草刈りをしないといけなくなったが
それはそれで正しい行動なので嬉しい。

そんなアレコレやりつつ、かこ先生の絵を描いている今日この頃…




静岡、東京、千葉で講演会


1日目、静岡、

s-IMG_7907

いつもの無人駅、踏切を渡ろうとしたら、
ありゃー、カエルさんがひかれてる~~~。
先日我が家の庭にいた子とそっくりの大きさのカエルさん。
まさかここまで歩いてくるわけないから別の個体だろうけれど…

アーアッ、せっかくここまで大きくなったのに…
何で線路を渡ろうと思ったのか…

s-IMG_7897 (2)

草むらに埋めてあげました。
天国で静かにお休みなさい…

s-IMG_7908

リゾート21、きんめ号に乗って出発。
下田市は、この日から3日間黒船祭り、残念ながら見れません。

s-IMG_7905

初日は、静岡県保育連合会中部支部の施設長研修会。
幼稚園、こども園の園長先生たちの集まりの会。

s-IMG_7909

静岡駅下車。

s-IMG_7910

会場は県総合社会福祉会館、

s-IMG_7911

隣はお城跡で県庁とかあるところ、

s-IMG_7912

昨年の事業報告などの後の講演。
なんか、この雰囲気は知ってると思ったら、
昨年、同じ西部支部の会で講演していて、
それが面白かったといううわさから、今年は中部支部でもということになったそうです。
園長先生たち180名くらい。
昨年同様、楽しい会となりました。

終了後、新幹線で東京へ。

s-IMG_7916

翌日午前中、江戸川区立、小松川図書館

s-IMG_7914

江戸川区には12の図書館がある中で一番古い建物だそうです。

s-IMG_7917

会場は3階の視聴覚室。

s-IMG_7923

会場からスカイツリーが見えます。

s-IMG_7918

お子さんから一般の方、約50名。
現在制作中の絵本「巣箱のなかで」の担当のKAさんも聞きに来てくれました。

担当のKAME山君がいろいろ世話してくれたし、
会場も手ごろな広さで、巣や絵も良く見え、質問も出て楽しい講演でしたが、
午後に同じ江戸川区立の小岩図書館で講演なので、
2時間で終了。
休む間もなく館長さんの車に乗せていただき、小岩図書館へ。

s-IMG_7925

こちらは新しい図書館。

s-IMG_7926

会場は4階の視聴覚室。

s-IMG_7927

図書館の子どもの本のところには、担当のKO西さんたちが作った
大きな木と鳥の巣が、たくさん飾ってありました。

s-IMG_7928

移動してお昼を食べて、2時から2時間。
さすがに1日2回の講演だと、頭も舌も疲れます。

実は最初、小岩図書館から依頼があったのですが、
「江戸川区は予算が少なくて…」ということで、
では静岡の次の日にすれば、少しでも交通費がかからないかと、この日にしたのですが、
その後、小松川図書館からも依頼があり、同様に「予算がなくて…」ということで、
「では、そんなに離れていないから、午前中に、やっちゃいましょう」
ということで、1日2回というハードなスケジュールになってしまったのです。

小さなお子さんから一般の方まで約80名。
質問もたくさん出て楽しい2時間でした。



s-IMG_7935

翌3日目は津田沼の谷津干潟自然観察センター、

s-IMG_7936

谷津干潟に面した、野鳥を観察できる施設です。

s-IMG_7940

日曜日なので、家族連れの方々がたくさん。

s-IMG_7904

午後1時からだけど、早めに行って野鳥観察。

s-IMG_7942

望遠鏡なども設置してあるし、
近所の子供たちが、レンジャーとして、お客さんに説明してあげたりと、
ほほえましい風景。

s-IMG_7941



s-IMG_7943

冬鳥は、もう北の国に行ってしまっていましたが、
チュウシャクシギさんやカワウ君などが、のんびりしていました。

s-IMG_7964

せっかくだから始まる前にスケッチ。

担当のNANAさんが、絵本や絵ハガキの販売もしてくれたし、

s-IMG_7946

近くの図書館の人に声をかけてくれ、

s-IMG_7952

講演前に読み聞かせなども企画してくれました。

s-IMG_7944

会場はレクチャー室、

実は、ここは江戸川区より、さらに「予算がなくて~~~」ということで、
講演で儲けようとは思っていないし、鳥関係の施設だし
担当のNANAさんも熱心だし、鳥の巣普及活動ということで、やることにしたのです。

場所柄、野鳥に興味のある方と、一般の方もたくさん来てくれ約90名。
小さなお子さんや大人の方からも質問がたくさん出て、
あっと言う間の2時間半。
そのあと、サイン会。

実はNANAさんから依頼のメールがあった時、
「施設の中でエナガも巣材を運んでいます。」との一語があり、
ずっと気になっていて、講演終了後、
「「エナガさんはどうなりました?」と聞いたら、
「先日巣立ちびなを見ました」ということで
「巣の場所はわかっているのですか?」と聞くと「ハイ」とのことで
「見たい~~~」ということで、
帰り際に巣のある所に連れて行ってもらいました。

s-IMG_7936

場所は干潟の周りにある遊歩道の中に植えられたツゲの木。
高さ2メートルくらいのボサの中に、ありました~~~~

もう巣立っていてカラッポ。
「これはどうするんですか?」と聞いたら
「別に…」ということで、
「もらっていいですか?」ということで、
講演料の少ない分の実物支給となりました。

s-IMG_7962

ワーイ、ワーイ、ラッキー!!

お金よりこれのほうが嬉しい~~~~~

ノコギリとかないので、巣の部分だけ採取。
3日間のハードスケジュールの甲斐があったというか、
ご褒美となりました。

s-IMG_7961

「じっとしているんだよ」と
カバンにそーッと入れて、バサラ山へ一緒に帰ることに。
講演会では、たまにこういうことがあり、各地の鳥の巣さんと会えるから嬉しいのです。

s-IMG_7959

お土産買って

s-IMG_7960

夜9時過ぎ無事帰宅。

3日間のハードスケジュールでしたが、
最後にエナガちゃんの巣が手に入ったので、
ニマニマニマの講演会旅行となりました。

NANAさん、図書館の皆様、聞きに来てくれたたくさんの皆様、ありがとうございました。


オツカレサマデシタ~~~~~


日々のあれこれ…


かこ先生のことがあり、どうも落ち着かない日々…。

でも、すこしずつ心の準備というか、あれこれしていたら、

誰かが窓をたたくので、見ると、

s-IMG_7822

窓の外にヒヨドリさん
(1段目と2段目の棚の間に尾羽。背の高い鳥の右に翼が見えます)



s-IMG_7823

外に出てみても、別に窓に自分の姿が映っているわけではないのですが…



s-IMG_7826

また来る

川向こうの茂みで巣作りしているような…

部屋の中に変なものが多いから気にしているのかな

????


庭に

DSC_1681 (640x430)

カエルちゃん

s-IMG_7829

このくらいのを見るのは珍しい
2才くらいかな

ヘビさんに気を付けるんだよ。



死んだふりしても飲まれちゃうからね。

DSC_1697 (640x430)

大丈夫かな~~~


><><><


電柱を新設することになり、
ボサを切りました。
(切る前を撮り忘れ)

s-IMG_7837

再来年分の薪に。

s-IMG_7838

薪割りしていると心が落ち着く。

s-IMG_7842

ドンドン割って

s-IMG_7854

ドンドン積む

s-IMG_7866

雨除けして完成。

s-IMG_7868

これはまた後日

s-IMG_7870

@@@@@@

s-IMG_7850

シカ除け柵が完璧に完成して約1週間くらい?

新しい足跡もフンも全然ありません。

s-IMG_7852

やったね。

s-IMG_7853

この尾根伝いに延々と…

約1年かかった。

~~^^^^^^

「ウミガメものがたり」と

s-IMG_7855

「わたり鳥」の中国語版ができました。

s-IMG_7857

夜明けの空高く

たくさん鳥が飛んでいる

s-IMG_7872

遠くて全然写りません。


さあ、今日から講演会で出張。

帰ってから、かこ先生の作品に取り掛かろう。

s-IMG_7863



かこ さとし先生のこと


NHKはじめ多くのテレビのニュースでも放送していたし、
いろいろな新聞でもスペースをとって報じていましたが、
絵本作家のかこさとし先生が92才で、お亡くなりになりました。
心よりご冥福をお祈りいたします。

実は3月のブログに書いたK先生の緊急な用というのは
かこ先生のお宅に行ったことでした。

s-IMG_7248

http://blog.livedoor.jp/nestlabo4848/archives/51760737.html

かこ先生は今まで600冊以上も絵本を創られているのですが、
作も絵も皆おひとりで創られている方です。
ところが体調が悪くなり、どうしても絵が描けなくなってしまいました。
そこで、ぼくに代わりに絵を描いてほしいということで、
お宅に お話を伺いに行ったのです。

「そんなにすぐに悪くなることはないけれど、できれば早く絵本の形になれば」
という ご家族と編集のMikakoさんのお言葉もあるし、
ぼく自身も先生のその作品に対する熱意を感じ、
最後の追い込みだった巣箱の絵本を仕上げ、急いでダミー(絵本の見本)を作って見ていただいたのが、
約2週間後のこと。
(先生が描かれた、1ページに1カットくらいのラフな絵柄があり、
それを参考に、32ページの絵本の形にしました。)

s-IMG_7684


http://blog.livedoor.jp/nestlabo4848/archives/51836138.html

ダミーを見ていただき、あれこれ やり取りする中で、
先生もさらに「原稿に新たに手を入れるから、」ということでしたが、
この時はとても体調が悪く、やり取りしていても、何度も具合が悪くなり、
どうなることかという感じでした。

あまりに苦しそうな状態だったので、新たな原稿ができるのを待っているより、
やりとりしてわかった先生の意図を反映した形の新たなダミーを描き直し、
具合の良い時にでも見ていただこうと送り、
返事を待っているあいだに、いつでもすぐに絵が描き始められるようにと
準備を開始したのが4月28日のブログでした。

s-IMG_7643


http://blog.livedoor.jp/nestlabo4848/archives/51903644.html

そして、5月2日に加古先生はお亡くなりになりました。
御葬儀はご家族だけで行われ、連休明けてから、
訃報が発表されたのでした。

あちこちキリバリですが、
この1か月半の流れです。

あまりに突然で、言葉にならずでしたが、
NHKの「プロフェッショナル」のほうも「生涯現役」ということで、
番組を完成させるらしく、こんな絵本を制作していました、
という形で放送されるかもしれません。
あまりに突然で、心がまとまらないので、今までのこと書きました.

ということで、最初からどうなるかわからないで始まったのですが、
まったく思ってもいなかった方向に話が進み、
思いようもない方向で、絵を描くことになりました。

実は今回の絵本は身近にある「水」とはなにかを、
小さい子供さんたちにわかりやすく伝えつつ、
大きな世界へと導いていく、かこ先生らしい作品です。

今回の絵本が完成すれば、「次の作品も」と先生がお元気になって、
体調が良くなれば良いなあと、絵を描こうと思っていたのです。 が…。

最初、出版社の方から電話をいただいたとき、
「今の仕事が一段落してからでも…」ということだったのですが、
すぐにお宅に伺ったことで、打合せできたし、新たなダミーも見ていただき、
ほとんどOKだったようだし、
先生も絵本の完成を望まれていたし、
ご家族も出版を望まれているし、出版社の方もそうだし、
ぼく自身、良い作品に絵が描けると思ったし、
たくさんの子供さんたちに かこ先生の作品を見てもらいたいという気持ちは
今も変わらないのですが…

なんというか、あまりに突然なので、
ちょっと、まだ心の整理がつかず…。














野良仕事あれこれ。


シカ除け柵作りばかりで、夏野菜の準備が遅れました。

春のお花畑になっていたのを、Fネコさんが抜いてくれたので、
たい肥作りコーナーに移動してから

s-IMG_7721

県道の側溝に溜まっている落ち葉をガラ袋に入れ、

s-IMG_7722

10袋くらい軽トラで運び

s-IMG_7723

ホームセンターで鶏糞などの肥料を買ってきて

s-IMG_7726

よく混ぜて、

s-IMG_7727

管理機で耕します。

s-IMG_7728

クワでウネにして

s-IMG_7751

完了。

s-IMG_7752

嵐が過ぎたら、苗を植えます。

><><><><


s-IMG_7739


ここは岩盤の斜面なので、根が地表を這っています。
風で根こそぎベロンと倒れる危険性もあるし、そのほかゆえあって、
手前の木を切ることにしました。
(奥のプレハブは昔の人が建てたもので、中も腐っているので、撤去の予定。)

s-IMG_7741

細かく刻んで、

s-IMG_7747

再来年用の薪。

s-IMG_7748

割るのはまた今度。

s-IMG_7749

葉っぱもたい肥になるでしょう。

s-IMG_7750

1本の木を切ると、すごく全身運動になり、ヘロヘロになりますが、

s-IMG_7753

草刈りもして、

s-IMG_7758

シカ除けゲートを閉めて

s-IMG_7759

本日の野良仕事おしまい。

ほぼ1年前から始めた、尾根から尾根、谷から谷へと続くシカ除け柵が完成し、
ここ4日間、まったく足跡もフンも見ません。

ニャハハハハ、やったね。

これで ゆっくり絵が描ける。
(柵を突破されないよう、点検はし続けなければなりませんが…)

後は、これからどのくらい野草が再生するか…。
祈るばかり。











プロフィール

まもる

カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文