2018年07月

台風をかいくぐり名古屋へ講演会。


名古屋で講演会。
猛暑が続いていたのに、突然台風出現。
それも、直撃コースということで、
ぼくの講演は午後からだけど、朝一番の5時台の電車で出発。

s-IMG_9009

ぼくは無宗教ですが、キリスト教保育連盟というところからの依頼。
第98回の東部部会の夏期研修会。

s-IMG_9010

なんとか無事9時過ぎに名古屋駅到着。

駅からタクシーで10分。
タクシーの運転手さんに「なんかの集会なの?」と聞かれ、
「いえいえ、ぼくは無宗派で、書く描く鹿時価…なんでもありません」

運転手さんは以前、カレーを食べさせてくれるということで、
ある会に行ったら、入会を誘われたことがあり怒ったとか、
お客さんが後ろで拝みだし、体の痛みがなくなったとか、
宗教にまつわる(?)おかしな話を聞いているうちに、
会場のK教会へ到着。


s-IMG_9012

名古屋近辺の保育園、幼稚園、こども園など、1施設数人ずつ参加していいるようで、
全部で約160人。

s-IMG_9014

早く着いたので、後ろのほうで見学。
最初はパイプオルガンで讃美歌斉唱。

s-IMG_9015

女性の方がほとんどなので、清らかで優しい歌声で心が和みます。

s-IMG_9017

次に女性の牧師さんが開会礼拝

s-IMG_9016

一転、ウ~~ン、なんというか…
これは、かなり宗教色が強く出て…
ぼくと全然違う世界…で、「ここで、いつものようにやってよいか」
一瞬不安に…。

s-IMG_9007

午前中はW大学のM先生が子供の生活リズムについて

s-IMG_9019

パワーポイントで最近の居酒屋へ子供が来ている写真など見せ、、

s-IMG_9020

早寝、早起きして、朝食をしっかり取りましょうということなど…

大学の先生って、こういう講演をしているのか…

これもぼくのと、かなり違う世界。

><><><

昼食後、1時過ぎから、ぼくの出番で約2時間少し、
そのあと絵本の販売もありサイン会。

s-IMG_9021

午前中とは全然違う、いつもの楽しい講演会になりました。

台風が心配で、ホテルを予約していたのですが、
思ったほどではないので、日帰りにしようと思ったら、
Fネコさんから電車が夕方とまるとのメールで、
やはり1泊することになりました。

名古屋駅の下の食堂街も、7時でオーダーストップして皆閉店するということで、
手早くアルコール消毒してオシマイ。

s-IMG_9022

翌朝、電車も動いているようなので、朝一番で出発。
(食堂街はまだ閉まったまま)

新幹線もガラガラ

s-IMG_9023

新幹線でコンビニのサンドイッチでは寂しいので、
「なごや満載」弁当。

s-IMG_9024

朝から

s-IMG_9025

早寝、早起き、朝食をしっかりいただくという、昨日講演で聞いたことを実践。

s-IMG_9026

無事10時過ぎ、峠の我が家へ帰宅~~~。

オツカレサマデシタ~~~。


夏祭りの準備。


三軒茶屋での展示は肉体労働だったので、
かこ先生の絵本に再度取り組むため、
リハビリも兼ねて(?)…
というのか気持ちを切り替えるために、
来月下の村でやる、お祭りの灯篭のお絵かき。

s-IMG_8914


いつものように鳥さんの練習。

s-IMG_8915

s-IMG_8912

この灯篭の絵は、1日半限りで、破れてなくなる物なので、
あまり思いを入れすぎず、でも心を込めて、
練習として(?)描いています。

s-IMG_8915

できあがり~~~

@@@@@@@

s-IMG_8918

このミニ新聞的なものが、25日の朝
世田谷区に住んでいて、新聞取っている
約30万世帯に届いたはずです。

たくさん見に来てくれると良いな~。

さあ、かこ先生の絵ラストスパート。


キャロットタワー、搬入、展示。


急いで洗ったので、半乾きだった半そで、
ホームで待っている間に乾くくらい熱い日差しの中、
いつもの無人駅を出発。

s-IMG_8770

三軒茶屋駅の改札を出た世田谷区のお知らせコーナーに

s-IMG_8773

もうチラシが貼ってあります。

s-IMG_8772

会場到着。

s-IMG_8775

トラックも到着。
しかし、恐れていたトラックの高さが、やはり地下搬入口にギリギリすぎて
やめようということになりました。

s-IMG_8778

表の一般道から運ぶことに

s-IMG_8779

こっちこっち

s-IMG_8780

調度、世田谷線と地下鉄の乗り換え通路になっていて、
すごい人の中、荷物を降ろし、台車で運びましたが、
斜面で滑らないよう、レンガ風の道で、ガタゴトして、
ケースが1個破損。

s-IMG_8781

通行する人も、スマホ見ていて、前方不注意の人ばかりで危なくてしょうがない。
「すみません、あぶないですよ~~」と声を掛けながら
汗だくで、なんとかかんとか展示室へ。

s-IMG_8786

やれやれ、ここまでくれば

s-IMG_8787

トラックに乗り遅れたカササギちゃんも無事到着。

s-IMG_8793

スペースが狭いので、梱包材を片付けつつ、展示予定の場所に台を置き。

s-IMG_8792

絵も出して、予定の場所にならべていき。

s-IMG_8796

まず大きな巣から

s-IMG_8802

キムネコウヨウジャクの上に未完成のをぶら下げました。

s-IMG_8803

今回スペースが狭いのを逆手に、
絵を3段重ねにして、壁面を巣の絵で埋め尽くす計画。

s-IMG_8811

現場施工でトントンと飾っていきます。

s-IMG_8814

だいぶ全体感がでてきたところで1日目終了。

今回の展示をフェイスブックに出したら、大学の同級生が
「いとこがやっている居酒屋が近くにあるよ」と知らせてくれたので、
アルコール消毒に。

ホテルに帰って寝ていたら夜中の1時過ぎ、突然ホテルの警報サイレンが鳴り、
「7階で火事です。すぐ避難してください!」という放送が連呼され始め飛び起きました。
ぼくの部屋は5階なので、窓から上を見たけど別に何でもないし、外も別に異常なさそう。
廊下を見ると、あわててエレベーターに行く人もいるけど、
どうも、なんとも「?」の感じ。

誰かが風呂場のドアを開けたままシャワーを浴びたかな、という感じもする…

しばらく様子を見ていたら、放送がとまったので、
お休み~~

翌朝、ドアにホテルからの紙が入っていて、

「7階の宿泊客がアロマを焚いた煙で警報が鳴った」とのこと
まあ、何事もなく良かった良かった。

s-IMG_8821

展示二日目。

s-IMG_8824

展示物が、ほぼ所定の位置に配置され…

s-IMG_8826

担当のTさん、Mさんに新たに必要な細かいキャプションなど作ってもらい、

s-IMG_8832

横平のケースには
海外でのスケッチと写真。

s-IMG_8850

「ダーウィンが来た!」の撮影風景とかボルネオの巨大洞窟とか…

s-IMG_8851

イギリス自然史博物館のロスチャイルドコレクションとか南アフリカのバオバブの樹などなど…

s-IMG_8853

大きい巣は写真で。

上の左の巣は、右のシャカイハタオリの入り口部分。
日本初公開の一品。

s-IMG_8838

外の通り道に面したガラス面には、透明シールのタイトルを貼ってもらいました。

s-IMG_8839

ずれないようにやるのがむつかしい。

そーっとそーっと。

s-IMG_8842

1枚できた。

s-IMG_8846

見る場所によって見え方が違うので、おもしろーい。

同じフロアーに劇場があり、劇場に来た皆さんが行き帰りに
この前にあるエスカレーターに乗るので、会場の前を必ず通ります。
「なになに?」と皆さん興味深そうに見ていきます。
この時は準備中で入り口が閉まっているから入れませんでしたが、
(それでも数人入ってきたくらいだから)会期が始まったら、たくさん流れてきそう。

s-IMG_8894

これはエスカレーターで上ってきたところ

s-IMG_8889

入り口

s-IMG_8856

ということで、なんとか

s-IMG_8857

かんとか

s-IMG_8860

無事展示作業完成。

s-IMG_8862

最初の主催者側のごあいさつ。

s-IMG_8866

巣と絵も、うまい具合リンクしていたり、

s-IMG_8868

なかなか充実した展示となりました。

s-IMG_8881

ニワシドリの写真を、階段側に。

s-IMG_8882

展示作業完了。

翌日の初日は朝9時オープンで、夏休みということもあるし、
別の階でイベントもあり、ご家族連れのお客様がどんどん入ってきました。

会期は8月26日まで会期中無休で、
時間は朝9時から夜8時までです。

是非お出かけください。

*******

8月1日はワークショップ、2日は講演会。
ワークショップは材料の関係もあり、定員制で〆切ましたが、
講演会は「まもるの関係者だ」と言えば入れると思います。
お時間ありましたら、是非どうぞ。

キャロットタワー鳥の巣作戦開始。


三軒茶屋キャロットタワーでの鳥の巣の展覧会
鈴木まもる・絵本原画と鳥の巣コレクション展「鳥の巣がおしえてくれること」

搬入準備開始。

s-IMG_8768

選ばれし鳥の巣君たちを専用木箱に詰めます。

s-IMG_8738

鳥の巣のキャプションも完成。

s-IMG_8739

スケッチなど展示物のも、できあがり~

s-IMG_8742

カササギさんの巣を、運びやすい棒を取り付け、
準備運動で久々外に。

s-IMG_8741

ウ~ン、しゃばの空気はうまいな~

サンダーバード2号出撃準備良し。
(これが後で、問題に)

s-IMG_8743

いつもトラック積み込みを手伝ってくれる運送屋さんたちに、
お茶を買い忘れていたので、下の村へひとっ走り。

雨が降らなさそうなので、なるべくトラックのそばまで出しておこう。

まず絵から

s-IMG_8744

それからシートを敷いて、

s-IMG_8745

地下室からアクリルケースと台を運び出します。

ヨイショヨイショ

s-IMG_8746

背の高いのが3台。

ヨイショヨイショ


s-IMG_8747

ヨイショ、コラショ

s-IMG_8748

ドッコイショ  

s-IMG_8749

地下室でアクリルケースが割れていないか確認して

s-IMG_8750

普通サイズが13台。フ~~

s-IMG_8751

良し、準備万端整ったので、トラックが着く前に朝食。


予定の時間を少し過ぎて(この4トン車は鳥の巣展以外普段ほとんど使わないので
バッテリーが上がっていたそうです)。

ピーピーとバックの音を響かせ、いつもの4トントラック登場。

s-IMG_8753

オーライ オーライ

で、あっという間に積み込んで、

s-IMG_8757

トラックは去っていき、

s-IMG_8758

手伝ってくれた人達も帰って…

さあ、ちょっと休もうと部屋に戻ったら…

s-IMG_8759

アリャー!サンダーバード2号を積み忘れた~~~~

すぐ電話して、(トラックは夜出発で会社の駐車場にいるのです)

s-IMG_8760

軽トラに積み、

s-IMG_8761

ぼくも後ろから会社までついていきました。

s-IMG_8762

しまったしまった、気を付けよう。

s-IMG_8763

ここが伊豆半島全体の陸送を牛耳っているといわれている
下の村のIZUMI陸運の総本部。

アッ、泣く子もだまる親分の車
いつもいつも、お世話いただきありがとうございます。

s-IMG_8766

無事、カササギサンダーバード2号を詰め込み、帰宅。

細かい準備をして搬入日に備えましょう。

:::::::::::::

内線電話が鳴り、Fネコさんが「カメラをもってすぐ来て」ということで、

何事かと行くと…

台所の窓に

s-IMG_8726

羽化しかけているアブラゼミちゃん。

DSC_2527 (242x360)

脱皮したようです。

s-IMG_8729

モソモソモソと指に移動、

s-IMG_8733

川むこうのドングリの樹へ

元気で生きるのだよ。

いくらなんでも窓は締まっているので、
地下から台所へは来れないはずなので、
きっと、コマキチ君が幼虫さんをくわえてきたのでしょう。

犯人はお前だろ

s-IMG_8735

ニャ~~~~イ

@@@@@@@

さあ、三軒茶屋へ出発です。
後は柔軟に現場施工、出たとこ勝負で、
楽しい展示にしましょう。

会期は7月21日から8月26日まで、
朝9時から20時までで会期中無休です。
お時間作って是非御高覧ください。



続きを読む

かこさとし先生を偲ぶ会


かこさとし先生を偲ぶ会へ

s-IMG_8706

新幹線で新横浜、菊名乗り換えで川崎の武蔵小杉。
駅の周りは高層マンションが林立しています。

s-IMG_8707

会場は川崎市市民ミュージアム。

s-IMG_8709

現在、「かこさとしのひみつ展」をやっています。

s-IMG_8711

せっかくだから展示を見てから会場へ。

s-IMG_8713

会場は映像ホール

親しかった方たちが、かこ先生の思い出を語られたり、映像を見たり…の約1時間、

献花して終了。

先生や、ご家族の方たちに、絵がだいぶできてきたことを報告。

やっぱり先生に見ていただきたかった。


s-IMG_8716

お疲れさまでした。

‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘

s-IMG_8683

畑のインゲンマメ、よく見ると、

s-IMG_8688

コマキチ君が

s-IMG_8686

ナス君も

s-IMG_8687

ピーマンさんも元気。

s-IMG_8682

アーアッ、だれかつついてる~。

最近カラス君の巣立ちビナさんたちが親について
飛び回っていますが、水分補給でつついているのかな。

熱中症に気をつけましょう。

^^^^^

シカ除け柵の定期点検に行ったら

s-IMG_8694

渓流沿いの大きな岩に

s-IMG_8691

イワタバコ
岩がキセルでタバコを吸っている感じからこの名になったのかな。

s-IMG_8690

とても可憐な花で、今まではシカ君に食べられていたけれど、
柵のおかげで、もう大丈夫。

s-IMG_8695

この渓流沿いの笹薮は食べつくされて、
土が流れ、散々な状態になっているのですが、
少しずつ、きれいに再生して行こう。


^@;:;、。、~~@p

三軒茶屋キャロットタワーでの展示準備開始。

まず絵を梱包。

s-IMG_8673

会場が狭いのを逆手に取ってというか、
壁いっぱいに絵を飾ることにしました。

s-IMG_8674

「世界の鳥の巣の本」の主だった絵を、
1列に3段で24枚。

普通図鑑というと、色々な方の絵が編集で1冊にまとめられています。
この本は世界の鳥の巣という図鑑的な要素もあるのですが、
自分としては一つの絵本の世界ということで、
最初から最後まで、見開きのページを全部1枚の絵として描いています。

s-IMG_8675

今回、3階の会場は鳥の巣ばかりなのですが、
8月22~24日の3日間、4階の会場で
世田谷で絵本の読み聞かせをする方たちの会
「世田谷おはなしネットワーク」のイベントがあり
そこにも絵を展示することになっているので、一緒に搬入するということで
そちらの分も梱包。
そちらの会場は鳥の巣ではなく、「せんろはつづく」「ピン・ポン・バス」
「みんな あかちゃんだった」などの普通の(?)絵本の原画約20点

s-IMG_8678

地下室から、鳥の巣用の木箱を出し、
少し湿気ているので、陽にあてて乾燥。

s-IMG_8696

展示のイメージに合わせた最終的なメンバー選考。

s-IMG_8697

台をきれいにしたり、展示プレートを作ったり、
あとは梱包を待つばかり。


さあ、Wカップでの夜更かし(?)生活も終わったので
いつもの暮らしをコツコツやっていこう。


ア~アッ!


下の村に用があり、軽トラで出かけました。
(下の写真は、あとから撮影したもの)

s-IMG_8646

カーブを過ぎたところで、一瞬、センターラインのところに、小さな白いもの。

s-IMG_8647

(このセンターラインの突起物のところ)

通り過ぎたけど、なにか気になり、すぐ引き返したら…


s-IMG_8632

あ~~~~あっ

オオルリちゃ~~ん。

ーーーーーーー

おなかの面は白いのです。

s-IMG_8633

あーーーあっ

s-IMG_8634

まだ柔らかいから、

s-IMG_8635

ぶつかって、すぐでしょう…

s-IMG_8636

もう子育ては終わったころでしょうか…

ウ~~~ン

残念!

あの場所でなかったら、次に来た車にひかれて無残な姿になっていただろうし、
時間がたてば、カラスさんたちの餌食になっていたことでしょう…。

すぐ冷凍梱包して、剥製師の emi ちゃんに送りました。

合掌。

********

シカ除け柵の効果で、イノさんもシカ君たちも侵入できないので、
ユリさん満開。

s-IMG_8639

1本に6つも花が

s-IMG_8640

@@@@@


仕事場の外の廊下は渓流に面しているので、
ネコさんたちの絶好のお昼寝場になっています。

クレちゃんだ

s-IMG_8648

むこうのはじには

s-IMG_8651

サンちゃんがいます。

s-IMG_8650


クレちゃんは
全然、無防備の極み、

s-IMG_8653

左は川まで高さが6メートルくらいありますが…

s-IMG_8655

ボクハ ゼンゼン ヘイキダヨ

s-IMG_8638

自己責任なので、好きにさせています。

ここでクレちゃんのゴロゴロを聞きながら
一緒に添い寝をすると気持ちが良いのですが、
そうもしていられない…


><><><><

オオルリさんの写真のバックに写っているのは
かこ先生の絵本の絵。

s-IMG_8657

だいぶ進んで、本文の見開きはほぼ出来上がってきました。

s-IMG_8658

前半は身近な世界でしたが、後半は世界に広がって…

s-IMG_8660

地球の生物にとって、どれだけ水が大切かという世界に。

s-IMG_8661

このページには300種くらいの動物さんたちが出ていたり、
ページのあちらこちらに、色々秘密が満載の絵本になります。

さあ、もう少しなのですが、
良い意味で、すこし寝かせる時間を取って、
来週から三軒茶屋、キャロットタワーでの展示があるので、
その準備を並行して始めましょう。


松本で講演会。

長野県松本市で講演会。
講演会が午前中なので、前泊。

s-IMG_8549

昨年、安曇野で展示の時、台風で中央線がとまり、長野新幹線回りで行った経験から、
今回も台風接近中なので早めにスタート。

s-IMG_8550

伊豆急が少し遅れたので、予定より1本遅いスーパーあずさになりましたが、
今回は無事新宿出発。

s-IMG_8553

12時発なので、駅弁。

s-IMG_8557

最近買った英国の鳥類学者の方が書いた卵の本を読みはじめました。
今一つもやもやしていた内容だったのですが、途中から
4年前に行った英国の自然史博物館で世話になった学芸員のダグラス君のことが書かれていて
急に親近感がわき面白くなってきました。

s-IMG_8551

無事、3時前に松本到着。

s-IMG_8558

宿泊はホテル花月という民芸調のホテルでした。

s-IMG_8559

この日は松本に到着することだけで予定がないし、
まだ飲むには早いので、プラプラ散歩。

s-IMG_8561

雨がパラパラしているので、ホテルの傘を借りたら、
蛇の目傘。さすが民芸の街、松本。

s-IMG_8564

ホテルからすぐのところに国宝の松本城。
スッキリきれいなお城です。

s-IMG_8566

外国の観光客の方も多い。


この日はサッカーW杯が休みなので、バッタリお休み~~~

s-IMG_8582

翌日、講演会は音楽文化ホール 小ホール

レンガ作りでとてもきれいで立派。
隣にもう一回り大きな大ホール
(大きすぎて全容が写りません)
どちらにもパイプオルガンが設置されています。

s-IMG_8583

今回は子育て中のお母さんが中心。
松本市は「こども部」という課があるくらい、子育てや教育など
子供関係のことに熱心な街だそうです。
図書館も11館もあるそうです。
いいなあ。

s-IMG_8580

館長さんはじめ図書館のスタッフの皆さん、
役所の課長さん、こどもプラザの方々などなど、
皆さんとても親切で熱心。

s-IMG_8585

子どもの本専門店の「たつのこ書店」さんが販売を担当してくれました。
YAさんありがとうございました。

s-IMG_8581

大人の方約110人、託児40人関係者入れると、120人くらい。
主催者側が、お母さんたちにゆっくり聞いてもらいたいということで、託児があり、
その関係で講演は1時間半厳守ということで、
一寸あわただしくなりましたが、12時前に、あっという間におしまい。
羊の毛の鳥の巣も触らせてあげられなかったし、もう少しゆっくり話したかった。

そのあと、サイン会で、2年前に展示をした塩尻の図書館の方たちや、
子供のころからサンゴロウファンだったという方たちなど、
楽しい時間で終わったのは2時半。

s-IMG_8587

松本駅でお土産買って、2時49分発のスーパーあずさに飛び乗り、
品川でフランスパン買って新幹線に乗り換え

s-IMG_8588

途中一部でザーザー降りでしたが、
8時半過ぎ、いつもの駅に到着した時は雨も降っていなくて、
9時前、峠の我が家へ濡れずに帰宅~~~~

オツカレサマデシタ~~~~~

「巣箱のなかで」完成!


絵本「巣箱のなかで」が完成しました。

出版社は あかね書房さん。
担当してくれたのは「黒ねこサンゴロウ」が大好きな
Katoさん。いろいろ懇切丁寧にお仕事していただきました。
感謝感謝です。

s-IMG_8530

今回は最初に この絵本ができたいきさつというか、どうして巣箱の中なのかを
「はじめに」ということで書きました。

s-IMG_8532

要するに、巣箱の中が見たくて、背面に板を付けない巣箱を窓に取り付けたことなど…

s-IMG_8533

そうして、物語のはじまりはじまり~

s-IMG_8534

扉ページへ導入していきます。

s-IMG_8535

あとは、右ページに室内から覗いた巣箱の中を定点観測的に描いていきました。

まず、巣材が入れられ卵が産まれ

s-IMG_8536

おかあさん鳥が卵を抱き始め、

s-IMG_8537

ヒナがかえり

s-IMG_8539


羽が生え、目が開き…
巣立っていくヒナさんたちと
誰にも教わらず子育てする親鳥との物語。

s-IMG_8538

小さな穴から入る、わずかな光のなかで、
小さな命が育っていく世界。

来週ころには全国の書店に並ぶはずです。
是非ご覧いただけると嬉しいです。


ホームページ「鳥の巣研究所」の別館「絵本の部屋」
制作ノートが出ていますので、ご覧ください。



><><><

裏庭のネムの木

下から見上げたところ。

s-IMG_8510

よく見ると、エナガちゃんたちがジュルジュルとあちこちにいます。

s-IMG_8511

目がクラクラ

s-IMG_8516

横から見ると、ピンクのホワホワの花

@@@@@@@

s-IMG_8518

Fネコさんに抱っこされてウットリしてるコマチャン。
目がウルウル…

s-IMG_8521

ゴロゴロゴロゴロがとまりません。


^^^^^^^^

オッ

s-IMG_8523

立派なタマゴタケさん

s-IMG_8527

これは 派手な色ですが、食べられます。



}*}*+L‘>{?~=

下の村の里道づくり。

刈った草をたい肥にいただき~~~

s-IMG_8508


かこ先生の「みずとはなんじゃ」
第3コーナーから第4コーナーへ

?>?>?>?>

5日は松本で講演会。

昨年安曇野で展示の時は、台風で中央線がとまり、
急遽長野回りで行きました。
今回は無事行けるでしょうか????


バサラ山、日々のあれこれ…。


朝日新聞の夕刊に、かこさとしさんへのインタビュー記事が掲載されました。

s-IMG_8459

今回の絵本「みずとはなんじゃ」につながる先生からの手紙のことなどが書いてあります。

s-IMG_8461


><><><><

下の村の農業施設から動員令

大豆の種まき。

s-IMG_8444

穴をあけたところに2粒ずつ。
ポトンポトンと落としていきます。

s-IMG_8442

今回はこれだけだったので、すぐオシマイ。

のどかな畑です。

s-IMG_8439

********



コマキチとクレちゃん

s-IMG_8454

ナンダヨー

s-IMG_8455

ヤルカー

s-IMG_8456

エイ

s-IMG_8457

ヤッ

s-IMG_8458

ガジガジガジ

ビューンとすっとんでいきました。



@@@@@@@

アサキマダラの聖地を作る活動をしている人からいただいた
フジバカマに

s-IMG_8505

アサキマダラちゃんがやってきました。
毎年来るけど、今年は早い。

飛んでいる蝶を写真に撮るのはむつかしい。



>><><><。

Fネコさんが「ちょっと」というので、行ってみたら…

s-IMG_8437

庭のアジサイの枝分かれしたところに
鳥の巣の第一段階の状態。

ガビチョウさんが巣作りをしようと思ったけど、やめちゃったみたいです。

この辺はいつもネコさんたちが通行するからな~

昨年も、このとなりの株に作っていました。

s-IMG_8506

元気な虫捕り少年

@@@@

カレンダーを見たら、7月。

今週は長野に講演会と21日から三軒茶屋キャロットタワーで展示。
アッ、1日は午後1時5分から「プロフェッショナル」の再放送もある。
絵本「巣箱のなかで」も完成するはず。

日々のアレコレしつつ、シカ除け柵を補強しつつ、Wカップも見つつ
猛烈に「みずとはなんじゃ」を描いている今日この頃。

プロフィール

まもる

カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文