日本野鳥の会がやっている、
東京港野鳥公園フェスティバルで、
講演会と、下の村の耕作放棄地で刈った草を使っての、
巣づくりワークショップ。

 IMG_5448 (240x320)

11時30分と1時30分から各1時間の短い時間のが2回。

準備もあるので、ちょっと早めに無人駅から出発。

品川から京浜急行で大森。
駅からタクシーで5分。

IMG_5454 (320x240)

東京湾の埋立地帯。
大きな市場や倉庫の間に、約30年前に東京都が作ったそうで、

①汽水池と干潟 ②淡水池とヨシ原、泥湿地 ③里地、里山 ④林に囲まれた広場
という4つのゾーンを作り、
都会の人たちに自然を体感ししてもらおうという施設だそうです。

IMG_5459 (320x240)

ここは④で、着いた時には、いろいろなブースが出たり、
音楽やったりしてました。

IMG_5452 (320x240)

会場はネイチャーセンター

IMG_5455 (320x240)

干潟を見渡せる、展望観察室。
四季を通じていろいろな鳥が見られるそうです。

IMG_5458 (320x240)

地下は、そのまま干潟に出られて、
トビハゼくんやカニさんを見ることができました。

ぼくの講演以外も、
干潟のミニ水族館をつくろう!とか、
寄せ植え体験教室、スタンプでいきもののポストカードをつくろう!
貝殻かざりをつくろう!野菜収穫体験、ブルーベリーの苗プレゼント等々、
いろいろな催しが企画されていて、
お天気も良く、たくさんの家族連れやグループの人たちでいっぱい。

IMG_5460 (320x240)

ぼくの講演は2階の視聴覚室。

家から時間がかかるので、開始が11時30分という中途な時間なので、
お客様が来るか心配だったのですが、
10時に着いたら、もう並んでいて、
定員は各回30名ですが、万が一用に
50名分のワークショップ用の巣材を用意しておいたのですが、
1回目は約70名の方、2回目も約50名の方が来てくれました。

鳥の巣とは何ぞやとか、どうやって鳥が巣を作るのかとか、
海外の不思議な鳥の巣を見せたりのレクチャーの後
1人1袋ずつ枯れ草を渡し、実際に鳥の巣を作ってもらいました。

みなさんなかなか思うようにいかず、
鳥さんたちの巣づくりの大変さを実感されたようでした。
短い時間でしたが、
講演会には何度も来てくれているご家族の皆さんたちとの再会や、
珍しく一番前の席に、大きな男の子とお父さんらしき人が座っていて、
講演終わってサイン会の時に、話しかけてくれ、
数年前お手紙やり取りしたことのある子で、
ぼくより背が高くなっていて、びっくり。

以前、鳥の巣展覧会見てサインもらいましたとかの方もいたり、
楽しい会になりました。

部屋中枯れ草だらけになり、担当のMさん、お掃除の方々どうもすみませんでした。

皆様ありがとうございました。

高校の同級生のA君がテニスのあとに
「バスがなかったから」と大森から歩いて来てくれ、
帰りに1杯やりたかったのですが、
今日は日帰りなので断念、また今度ね。

IMG_5462 (320x240)

新幹線に飛び乗り、伊豆急に乗り換え……

この海の向こうに、先週行った八丈島がある~
霧っぽいから、今日も飛行機は欠航かな……

IMG_5465 (240x320)

トンネルを抜け、

IMG_5466 (320x240)

鉄橋から飛び降りて、
暗くなる前に、なんとか我が家へ帰宅~~~~

お疲れさまでした。