絵本「巣箱のなかで」が完成しました。

出版社は あかね書房さん。
担当してくれたのは「黒ねこサンゴロウ」が大好きな
Katoさん。いろいろ懇切丁寧にお仕事していただきました。
感謝感謝です。

s-IMG_8530

今回は最初に この絵本ができたいきさつというか、どうして巣箱の中なのかを
「はじめに」ということで書きました。

s-IMG_8532

要するに、巣箱の中が見たくて、背面に板を付けない巣箱を窓に取り付けたことなど…

s-IMG_8533

そうして、物語のはじまりはじまり~

s-IMG_8534

扉ページへ導入していきます。

s-IMG_8535

あとは、右ページに室内から覗いた巣箱の中を定点観測的に描いていきました。

まず、巣材が入れられ卵が産まれ

s-IMG_8536

おかあさん鳥が卵を抱き始め、

s-IMG_8537

ヒナがかえり

s-IMG_8539


羽が生え、目が開き…
巣立っていくヒナさんたちと
誰にも教わらず子育てする親鳥との物語。

s-IMG_8538

小さな穴から入る、わずかな光のなかで、
小さな命が育っていく世界。

来週ころには全国の書店に並ぶはずです。
是非ご覧いただけると嬉しいです。


ホームページ「鳥の巣研究所」の別館「絵本の部屋」
制作ノートが出ていますので、ご覧ください。



><><><

裏庭のネムの木

下から見上げたところ。

s-IMG_8510

よく見ると、エナガちゃんたちがジュルジュルとあちこちにいます。

s-IMG_8511

目がクラクラ

s-IMG_8516

横から見ると、ピンクのホワホワの花

@@@@@@@

s-IMG_8518

Fネコさんに抱っこされてウットリしてるコマチャン。
目がウルウル…

s-IMG_8521

ゴロゴロゴロゴロがとまりません。


^^^^^^^^

オッ

s-IMG_8523

立派なタマゴタケさん

s-IMG_8527

これは 派手な色ですが、食べられます。



}*}*+L‘>{?~=

下の村の里道づくり。

刈った草をたい肥にいただき~~~

s-IMG_8508


かこ先生の「みずとはなんじゃ」
第3コーナーから第4コーナーへ

?>?>?>?>

5日は松本で講演会。

昨年安曇野で展示の時は、台風で中央線がとまり、
急遽長野回りで行きました。
今回は無事行けるでしょうか????