nestpia_nestのふくおかNEWS

ふくおかの様々な情報(面白いこと・面白くないこと)を発信してまいります。 ふくおかいいね!と思っていただけましたら。よろしくお願いいたします。

福岡の魅力ある情報をお伝えする、nestpia nestのふくおかNEWS。

【福岡市推計人口】
158万2154人(2018年12月1日)→158万2368人(2019年1月1日)

20190110-OYT1I50011-N

ユニークな側面もある博多の「ロープウェー構想」

博多駅から再整備計画が着々と進む
「博多港ウォーターフロント(WF)地区」までの
新たな公共交通機関として何が最善か?が検討されており
WF地区アクセス強化研究会、福岡市の有識者会議ですが
(座長は筑波大名誉教授である石田東さんという方)
最終会合が今月の9日にありました。

そして「博多~WF間はロープウェーを整備することが望ましい」との結論に。

ロープウェー以外にも
地下鉄、モノレールなど8案の交通システムを検討
輸送性、経済性、構造面などの16項目で比較した結果です。

博多駅とWF地区を結ぶ大博通りは約2kmほどありますが
整備費としてモノレールが369億円、地下鉄が700億円、
ロープウェーが101億円などとなり、ロープウェーが最も安くなると試算。
しかも、景観や輸送能力、車両基地の大きさなどの面でも高い評価を得ています。

不安や懸念点である落下物や風などの課題は
あると思いますが、風速約20メートルでも運行できるとして
「他の交通システムに見劣りしない」という評価も得ています。
これで計画段階に進みます。

新たな交通機関は急務です。必要不可欠です。
WF再整備事業完了後には交通量が現在の1日約5万6000人から
なんと約16万人に増えるとの予測。

3倍です。

このロープウェーにより1日片道2万人程度は輸送可能。

座長いわく
「ロープウェーの実現はWF再開発の前提条件となっており、
市民の皆さんとコミュニケーションをとって検討してほしい」と
福岡市に注文しています。

ここは我々
福岡市民がしっかり考えてやらないといけませんね。
 

株式会社ネストのホームページはこちら
http://www.newnest.co.jp

福岡の魅力ある情報をお伝えする、nestpia nestのふくおかNEWS。

【福岡市推計人口】
158万1527人(2018年11月1日)→158万2154人(2018年12月1日)

スクリーンショット 2019-01-10 11.37.32

このふくおかNEWSブログで最初に書いたのは
「天神ビッグバン」の記事。
街が変わる・福岡の中心地「天神」が変貌するという内容でした。

今回、2019年最初のブログは
もう一つの中心地、博多も更に変わるというNEWS。
 
「博多コネクティッド」

博多駅の活力と賑わいをさらに周辺につなげていく
プロジェクトが始動します。

まさに「天神ビッグバン」の博多版というイメージです。

博多駅周辺はご存知、JR博多シティを中心にして
マルイのある「KITTE博多」や
魅力的な飲食店が多数あるオフィスビルの「JRJP博多ビル」
2018年春に出来たばかりのオフィスビル「紙与博多中央ビル」などが
完成したことによって、博多駅中心部エリアが大きく変わりました。

しかし、博多駅は
九州の陸の玄関として
更なる発展が期待されているので
それだけにとどまらず
博多駅から半径500m、約80ヘクタール
(ヤフオクドーム11個分というところでしょうか)を対象に
容積率の規制緩和をおこない、
耐震性の高い先進的なビルへの建替えを促すための
プロジェクトが動き始めたのです。

行政によるビルのPRや
ビルへのテナントの優先紹介もあるようですので
老朽化したビルを壊して新築するタイミングとしては
絶好です。

地下鉄七隈線の博多駅までの延伸や
はかた駅前通りの再整備など進んでおりますので
今回、もうひとつの目的でもある
歴史ある博多旧市街との回遊性を高めて
都市機能を向上させることによる街の魅力づくりは

福岡市発展の軌跡、第2章の幕開けのようです。
飽きさせない街づくり
止まらない発展のための行動力

2019年も福岡市の伸びに
期待しっぱなしです。
 

株式会社ネストのホームページはこちら
http://www.newnest.co.jp

福岡の魅力ある情報をお伝えする、nestpia nestのふくおかNEWS。

【福岡市推計人口】
158万1527人(2018年11月1日)→158万2154人(2018年12月1日)

201812140004_000_m

福岡市は様々な点で重要性が増していますが物流に関しても同様で
博多港は貨物の取扱高が過去最高を更新。
物流受け入れの限界が目の前に近づいています。
そこで、海上輸送貨物の受け入れ能力を強化する
検討を開始しました。

箱崎ふ頭の海面を埋め立てる広さ、約65ヘクタール。
なんとヤフオクドーム、9個分です。

箱崎ふ頭は現在、264ヘクタールありますが
自動車や穀物、青果など様々な物資を輸出入する
九州の大型物流拠点として国内外の貨物船が往来しています。

ただ、この広さをもってしても
アジアの経済成長が背景にあり
取扱量増加への対応が難しくなっている状況。
(福岡はアジアの玄関口、当然そうなります)

実際、新航路や用地購入の要望を断っていますので
まさに福岡市の成長を妨げる事態です。

埋め立てには土砂が必要ですが
この「ふくおかNEWS」でも書きましたが
大型クルーズ船の航路を確保するための
海底の掘削工事で出た土砂を活用するので心配はありません。

埋め立て部分は
大型貨物船に対応した岸壁や荷さばき作業をするヤードなどになり
さらに箱崎ふ頭は進化します。

他にもアイランドシティにある国際コンテナターミナルが
2020年度に増設する計画も進めているので、
新たな埋め立てで港湾の国際競争力を高まることになりますし

須崎ふ頭は天神の再開発の動向に応じて、
にぎわい創出に向けた土地利用の転換の方針もあるので
今ある須崎ふ頭の小麦や鉄鋼を取り扱う物流機能を
箱崎ふ頭への移転集約の検討もあります。

埋め立ての事業化は
市議会や国地の協議を踏まえて、
今後さらに検討されるでしょうが

迷うことなくやるべきでしょう。

博多湾の大規模な埋め立ては
1994年のアイランドシティ以来。
福岡市は住む土地が足りないだけでなく
九州・日本の物流の拠点としての
貨物需要としての土地も不足している現実。

不動産という資産は
やはり価値があるもの、ないものの
二極化が進んでいるなと
それを決定づけるものはまさに立地であると
感じさせるニュースです。

株式会社ネストのホームページはこちら
http://www.newnest.co.jp

↑このページのトップヘ