年収1000万のウエブサイトに掲載されているビジネスを100日間行い、その感想について詳しくご紹介したいと思います。
私は地方都市に住んでいる中年の男性で、健康にはとても自信があります。しかし、幼い頃から人に使われることがどうも苦手で、これまでにいろんな仕事を経験してきました。

一時期は、サラリーマンよりもフランチャイズで起業してビジネスを成功させようとブームになったこともあり、アントレのウエブサイトhttp://entrenet.jp/で、独立・開業することに情熱を燃やしていた時期がありました。フランチャイズは、コンビニや塾、飲食店、飲食店など幅広い業種があり、いずれも全国的に知名度が高いので、オーナーになることで1から起業するよりは信用を得られやすくて、起業マニュアルが用意されているので、経営が安定しやすいという点では、メリットが大きいと思います。

しかしながら、塾の経営や印鑑屋、お弁当店など、いくつかのフランチャイズ店を経験したものの、成功して日の目を見ることがなく、残念ながらほとんどが失敗したという結果に終わってしまいました。私がフランチャイズ起業に失敗した原因をあげると、月々の家賃などの固定費の支払い、オーナーとしてお店を経営するにも、人を雇うことの難しさをひしひしと感じました。

フランチャイズ店を持つということは、フランチャイジーになるということであり、親会社であるフランチャイザーとの関係など、なにかと頭を悩ませる問題が次から次と出てきて、正直のところ、自分にはフランチャイズは不向きだということに気がつきました。

ところが、ある時期、インターネットを活用したネットビジネスであれば、固定費がかかることもなく、人から雇われることもなければ、人を雇うといった人間関係が発生することもないということに気づきました。フランチャイズで失敗はしたものの、これまでいろんなビジネスを経験してきたことで、人を見る目はあると思っています。年収1000万ウエブサイトに掲載されているビジネスの運営者はもちろん、そのビジネスの中身についても、「これなら信用できる!」という確信を持ちました。

ちなみに、これまでネットワークビジネスの経験もあり、ニュースキンをしていた頃は、最大で月100万円の収入を得ていたこともあります。ネットワークビジネスの良い点をあげると、元手がかかることなく、マイペースでネットワークを広げていけるのが魅力だと思います。

アントレのように、フランチャイズ起業に申し込みをすると、入会金を支払い、研修やセミナーなどを受けて起業をスタートしても、ギリギリ黒字という世界ですから、軌道に乗るまでには長い時間がかかりますよね。その点、ネットワークビジネスなら、このような煩わしさがなくてすむし、起業するための資金が必要ないので、安心できると思います。

しかし、残念ながら、今はネットワークビジネスはしていなくて、わずか1年で辞めてしまい、時々セミナーをしている程度で収入はわずかなものです。ネットワークビジネスを経験して、やる気があれば口八丁手八丁でお金を稼げると断言できます。

ネットワークビジネスで収入を得ていた頃は、ハワイやグアム、オーストラリアなど海外旅行を楽しんだり、毎週末はクラブに飲みに行ったりして、1回の飲み代が10万円ということもありました。収入が得られるようになると、気持ちにゆとりが出てきて、ファッションにも気を使うようになり、高いスーツやコートを買ったり、身だしなみにも気を使うようになり、メンズエステに通ったこともあります。

そうそう、フランチャイズ起業に興味があるなら、少しアドバイスしたいと思いますが、コンビニはセブン、サークルKは儲かる見込みが少なく、もし、コンビニにこだわって起業したいなら、オーナーにやさしいファミマ、ローソンあたりがオススメな感じですね。

フランチャイズビジネスで成功を収めようと思っていても、地域性や立地条件なども大きく左右されることがあるので、東京・神奈川・名古屋などの大都市に的を絞ると良いと思いますが、地方都市ではよほど立地条件が良くなければ、成功するのは難しいようです。そして、アントレに掲載されているフランチャイズも、あまりビジネスの成功は期待しても、望みが薄いようですから、やめておいたほうがいいかもしれません。

これからは、確実に、そして絶対にネットビジネスの時代が到来することは間違いないと思い、これまでとは方向性を大きく変えることにしました。

さて次に、年収1000万サイトに掲載されているビジネスを始めようと思ったきっかけについて、ご紹介したいと思います。

たまたまネットサーフィンをしていて、つい目に留まり、そのウエブサイトの内容について、じっくりと読んでみて、サイトの構成がしっかりしている! メールの返信が丁寧で誠実さが感じられたので、ぜひ申し込みをしよう!という気持ちになりました。

まずは、どのようなビジネスなのか、その内容についてお伝えできる範囲で、ご紹介したいと思います。ビジネスの種類としては、ハイリスクだけどハイリターンが期待されるものや、リスクが低くて利益が低いものもあります。
そして、私は、前者のビジネスについて教えてもらいました。つまり、ハイリスク・ハイリターンのビジネスということです。

それでは、そのビジネスについて簡単に説明すると、人を雇って作ってもらった成果物をあるところに販売するというビジネスモデルであり、人を雇うため、その分、人件費がかかることがネックですね。人件費を省く対策として、法人化することによって、人件費を経費として落とすことが可能になるので、節税対策ができるというわけです。ただし、これを行うことにより、副業をしていることが勤務先に知られてしまうので注意が必要ですね。

それでは、サラリーマンがこのようなビジネスを行う場合は、どうすれば良いでしょうか。サラリーマンは、その家族に法人化してもらうことによって、ビジネスをより有利に進めることができるので、家族にビジネスの内容について理解を得ることが肝心ですね。もちろん、月に100万円単位で収入が入ってくるわけですから、家族に内緒で続けていたら、遅かれ早かればれてしまうに違いありません。


この掲示板に書かれている内容を見ると、
「9月・10月には500万円の売上が計上されたものの、そのうち経費が約20%を占めており、そこから税金がかかることを考えると、差し引いた金額として300万円ぐらいが手元に残るようです。」とありますが、高い利益を求めるハイリスク・ハイリターンプランを選択した場合は、おそらくこのような感じになるのではないでしょうか。

より確実に利益を得ようと考えているなら、そのビジネスを個人的なものではなく、法人化するなど、工夫することによって、高い利益が期待されることと思います。

ビジネスを成功させるには、できるだけ早めの納品を心がけることです。反対に言えば、仕事を依頼されたら早めるに納品しないことには、ビジネスの相手から信用を失うこともありますので、お互いにより良い信頼関係を築き上げること。
インターネットの常時接続環境を整え、メールなどの文章入力スピードは、速いに越したことはありません。そして、ある程度、時間にゆとりが持てる人であれば、理想的ですよね。

数時間で15分程度の時間の余裕もないようでは、難しいことと思います。
ビジネスにおいては、連絡のやりとりの手段はメールが中心であり、メールのやりとりを頻繁に行うため、ある程度文字入力のタイピングのスピードが要求されるようですが、テンプレートを提供してもらえるので、ある程度は軽減できるようです。とはいっても、タイピング能力にたけていれば、スムーズに連絡ができるので安心ですよね。

このビジネスは、中高年世代の人よりは、年代が若い20代~30代の人に適しているようです。これまで私は、いろんなビジネスを行い、その中で営業力や社交性を身につけてきましたが、今ここでご紹介するビジネスについては、とくに人と会う必要もないので、その人が社交的な人であれ、人と話すことが苦手な人であれ、関係ないと言って良いでしょう。
そして、このビジネスは、決して難易度が高いということはなく、本当に稼ぎたい!という意欲があれば、努力次第で収入が期待できます。100日間、このビジネスを経験してみて、そのことが本当に実感できて、「やって良かった!」と心から思っています。

このビジネスに限って言えることではありませんが、始める前はやはり不安がつきものかもしれません。しかし、100日間は無制限でのサポート体制が万全で、経験の有無を問わず、やる気次第でより高い収入が得られるチャンスがあるということに、魅力を感じますね。

このようなビジネスには不慣れな中高年世代の人は、人と会わずにビジネスができるということについて、戸惑いを感じることもあるかもしれませんね。
人間関係が苦手な人やスマホ世代、ケータイ世代の若い人のほうが、むしろこのようなビジネスについて、適性があると考えて良いようです。

空いた時間が取れる人など、時間にゆとりがある人のほうが向いているようです。ただし、とくに高い収入を得ようとこだわっていない人であれば、この限りではなく、仕事が忙しいサラリーマンでももちろんOKです。

今回、ここでご紹介したのは、数個ある中でのひとつのプランであり、他にもさまざまなパターンがありますので、ご自身の希望を打ち出して適性について考えてみて、相談しながら決めてもらうと良いでしょう。忙しいビジネスマンなど多忙な人に適している地道プランも用意されているらしいですよ。

私が今回、このようなブログ記事を書いた最大の理由とは、今の世の中には詐欺まがいの情報商材が多数出回っていて、何が本物なのか見極めるのが難しくなっていて、悪質な情報商材や質の低い情報商材に騙されている人が増えているということです。
そして、多くの情報商材の中から、ごく限られた本物だけを手に入れて、良い知識を身に付けて、ビジネスを成功させてほしいと願っています。
そのために、このようなブログを公開させていただきました。