とうとう今年も花粉症の「季節」がはじまった。2月にはいると首都圏でもスギ花粉が観測されはじめ、
ドラッグストアでは対策商品の陳列に余念がない。

花粉症を含めたアレルギーは、もともと体に侵入した細菌やウィルスなどから体を守る免疫システムが
過剰に反応しておこる。

花粉症も大変だが、生物が生きていくには欠かせないシステムである。この免疫に関わるいくつかの遺伝子は
ネアンデルタール人とデニソワ人からの「プレゼント」だったと今年の1月に明らかになった。

遺伝学の科学誌「The American Journal of Human Genetics」で独の研究チームが発表した。

人類の進化でエポックメイキングな最近の発見といえば、ヒトが絶滅させたと考えられている
ネアンデルタール人と人間が交配していたことと第3の人類デニソワ人の発見だ。
この3種は50万年前に共通祖先から分かれたと考えられ、ネアンデルタール人は
ヒトより数十万年前にアフリカを出て主にヨーロッパに広がった。

ネアンデルタール人をヒトが滅ばして、人類の中でヒトだけが今の繁栄を築いたわけだ。

独・マックスプランク研究所のJanet Kelsoのチームは現代人の遺伝子の中に、ネンデルタール人やデニソワ人との交配によって残り続けている「彼ら」の遺伝子をさがしていた。

目をつけたのがTLRの遺伝子。これまでの研究データもとにピックアップした。TLR(Toll Like Receptor)は
細胞の表面にニョキニョキと生えているタンパク質。免疫で非常に重要な役割を果たす。

体を外敵から守るには、まず外敵の侵入を関知しなくてはならない。
この防犯センサーの役割を担うのがTLRというタンパク質なのだ。

体内に侵入した細菌や菌類、寄生虫の一部がこのTLRにくっつくとセンサーが作動し、
外敵をやっつける細胞が集まったりと、さまざまな免疫システムが動く仕組みだ。

複数あるTLRのうちTLR1とTLR6、TLR10は染色体上に隣接している。
ネンデルタール人やデニソワ人の3つのTLRを含む領域を現代人と比較する。

ヨーロッパ人と東アジア人、アフリカ人など現代人の14集団のこの領域を調べると7つのタイプに分類された。
このうち2つがネンデルタール人由来、ひとつがデニソワ人由来だと判明する。

理論的にはヒトより数十万年先にアフリカを出て、中東を経由してヨーロッパに広がった
ネアンデルタール人の遺伝子は、アフリカに残った祖先由来のアフリカ人には存在しない。

調べると、確かにアフリカ人にはネンデルタール人由来のTLRを含む領域がほとんどみられなかった。

このように、現代人のTLRを含む領域のゲノム配列を詳細に調べ比較して
ネンデルタール人とデニソワ人由来だと突き止めた。

そして、機能が非常に重要性なので、数万年という自然選択を受けても
ほとんど変わらずに高頻度で残っていたと考えた。

実はこのネアンデルタール人由来のTLR1とTLR6、TLR10遺伝子を最も多く持つのが日本人。
どの集団よりも高く、約51%が持っていた。(以下省略)


http://sciencenews.co.jp/2016/02/22/post-1042/





3: 名無しさん@1周年
日本人は原始人w

55: 名無しさん@1周年
>>3
いやいや、先行超文明人の末裔でね?

188: 名無しさん@1周年
>>55
わかってるねー

6: 名無しさん@1周年
やはりな。人類発祥の地、すべての文化、文明の源流は日本だった。

13: 名無しさん@1周年
>>1

ネアンデルタール人の化石分布くらい見て駄文書けよ(笑)

27: 名無しさん@1周年
>>13
ホモサピエンスと欧州で混血後、
ネアンデルタール人そのものは絶滅。

ネアンデルタール人の血が比較的に多い
ホモサピエンスを探したら、というハナシ。

ネアンデルタール人の化石分布とか
百も承知だろ。

171: 名無しさん@1周年
>>27
日本人ということは欧米で混血の証拠さがしているけど
なかったということなんだろうね

680: 名無しさん@1周年
>>27
海外移住した日本人みたいに
他集団と共生して溶け込んでった
ネアンデルタール人達の名残だったりして

24: 名無しさん@1周年
この鼻は、ツングース族やんけ

no title

25: 名無しさん@1周年
DNA的にもガラパゴスな民族なのかw

29: 名無しさん@1周年
ネアンデルタール人の脳容量は現生人類より大きく、男性の平均が1600 cm3あった

198: 名無しさん@1周年
>>29
知能が高いネアンデルタール人を野蛮な人が駆逐したってことかね

37: 名無しさん@1周年
辺境の島国だから古い時代に移住した先祖のDNAが比較的保存されやすかったんだな

429: 名無しさん@1周年
>>37
地理的に騎馬民族や蛮族の襲来って起こりにくいしね
中国の大昔の発音が日本に残ってる様なものか

38: 名無しさん@1周年
西日本人は弥生人

>また西日本の人達は来弥生人の特色が出るのは当然ですが、京都を中心に近畿地方の人達は平均的
>な日本人のデーターと全く違う数値を示します。100%渡来弥生人の特徴を一段と示すそうです。
>京都中心とする近畿地方では渡来人の文化圏を作り混血が進まなかったと思われます。
http://www.ishikari-c-college.com/topics/2013/10/10-7.html

はい縄文時代の西日本はスッカスカ

no title


ここでもスッカスカ

no title


弥生期に渡来人が増えるまでスッカスカ

no title

44: 名無しさん@1周年
ネアンデルタール人の復元模型とか完全に白人顔だっただろ
何で平たい顔族が一番近いんだよ

45: 名無しさん@1周年
日本人の血を引く、ね。これは猿人ですよ!はっきり言って!

46: 名無しさん@1周年
しつこいな。
弥生人は日本人が大陸の女と交配したものであって
弥生人が来たわけじゃない。

54: 名無しさん@1周年
>>46
そんな珍説ないから
馬鹿ってなんでミトコンドリアとYDNAだけで妄想すんの?

73: 名無しさん@1周年
え、別に良いけど。ネアンデルタール人ってやさしそうだしね。

204: 名無しさん@1周年
>>73
ちゃんと埋葬もやってたしな、大いに誇っていい

86: 名無しさん@1周年
>>1
だから日本人には鬱病が多いのか?
(鬱病遺伝子はネアンデルタール人由来)

100: 名無しさん@1周年
>>86
鬱は北欧が先進国だよ

232: 名無しさん@1周年
>>86
それはあるかも
ネアンデルタール人が滅びたのは、ネアンデルタール人って結構ストレスに弱い人達で、今の日本人カップルがストレスなどから不妊に悩んでいるように、過酷な環境下では子供が産まれなくなって、個体数が段々減少してしまったのも原因かもよ

90: 名無しさん@1周年
弥生人が来たとか言ってる奴は、全身入れ墨で上が長く下が短い弓を使ってる部族が
日本以外に居たってのか?
どう考えても弥生人ってのは日本発祥だがな。

103: 名無しさん@1周年
>>90
日本に来てから弓と入れ墨を始めた。
以上

109: 名無しさん@1周年
>>103
何と言う民族が?
元の民族名もわからない、そんなことはありえん。

117: 名無しさん@1周年
>>90
ほら
日本で発祥?じゃあなんで突然人種が変わってるのかなあ


no title


no title

132: 名無しさん@1周年
>>117
倭人が半島に進出してるって、中国の記録にあるだろ。
異民族の女と混ざったら一代で見た目は変わるぞ。

149: 名無しさん@1周年
>>132
良く知ってるね、
韓国南部は日本が日本領として管理していたからね、(歴史の事実)伽耶の国
そのころエベンキはシベリア北方で土人生活を楽しんでいた(歴史の事実)

154: 名無しさん@1周年
>>132
それいつの話?なんで弥生時代からかなりたった時代に朝鮮に攻め込んでいると弥生時代に人種が変わった事実が変わるの?
頭大丈夫か?

159: 名無しさん@1周年
>>154
「人種」というのは科学的な用語でないので議論にならんよ。

187: 名無しさん@1周年
>>117
北海道アイヌは、別の地域からの移住ですよ
北海道に笹竜胆家紋の神社がそれを語っている
葛西家の元は、物部家(=天孫族とアイヌのハーフ)

195: 名無しさん@1周年
>>187
北海道アイヌは縄文系の末裔でそこにオホーツク人とか混ざっただけ

199: 名無しさん@1周年
>>195
自分が持ち出した図をよく見ろ
その言説とは違うだろ

206: 名無しさん@1周年
>>199
いやだから若干変わっただけでもっとも近い人種である事は変わらないんだけど
自分がアイヌに似てないから別物にしたいのかなあ

はいこれアイヌ

no title


no title


no title


no title


no title


no title

210: 名無しさん@1周年
>>206
お前は自分で持ち出した図と違うこと言ってるのを理解できないのか?

218: 名無しさん@1周年
>>210
こっちの持ちだした図でも本土人よりかは相当近いが?
自分がアイヌに似てないもろ渡来系だから必死なのかなあ
そもそもアイヌに入ってきたオホーツク人ってあんな顔じゃないよ?君のような新モンゴロイド顔だよ?

220: 名無しさん@1周年
>>218
お前の図からアイヌにオホーツクが入ってるとどうやってわかるんだ?

221: 名無しさん@1周年
>>220
自分がもろ弥生系の顔立ちだから必死なの?縄文系はアイヌのような風貌だよ?まさかあれがオホーツクから来たとでも言うのかな?
ほら

>縄文人と北海道アイヌの両集団間に緊密な近縁関係があるということは,頭蓋や歯冠に見られる計測的特徴や形態小変異などに基づいた
>各種解析の他,古人骨から抽出されたミトコンドリアDNAの塩基配列に基づく分析からも積極的に支持されてきた。

>まず縄文人と北海道アイヌの遠位骨が現代関東人よりも相対的に長いということ,縄文人男性の腓骨が著しく太く3集団間で最大であること,
>縄文人とアイヌでは脛骨の扁平性の強さが共通するのに対し,上腕骨の扁平性や大腿骨の柱状性についてはアイヌの方が有意に弱いことが判明した。
>いずれの計測項目の組み合わせでも,縄文人とアイヌの間の距離は,縄文人と現代人の間の距離よりも小さくなることが示された。
http://ci.nii.ac.jp/naid/10016646626

308: 名無しさん@1周年
>>1
日本人はD2系統のDNAを持っている
韓国人と中国人とは全く違うと判明
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1428098451/

遺伝子的には日本人と中国人&韓国人とはルーツが異なり
特に韓国人は更に独特の配列らしい
チベット人とかが日本人と近いそうだ

no title


no title


no title


no title


今の朝鮮半島人のDNAと似たものは僅かに5%程度。
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4846.html?sp

【朗報】現代朝鮮人は中国人の亜種で、日本人と関係ないことが判明
http://awabi.open 2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1394350457/

317: 名無しさん@1周年
>>308
今生きている中国人も韓国人も別の地域からやってきたことは
歴史的にも明らかだからな。滅ぼされる前の時代の人間はどうだったか
わからないが。

315: 名無しさん@1周年
ネアンデルタール人の屈強さはどこに行った?

326: 名無しさん@1周年
>>315
血が混じってるって言っても精々2パーセントとかだから筋肉その他はどこかに落ちてきたんだろ(´・ω・`)

327: 名無しさん@1周年
日本人はネアンデルタール人の生き残り? 生きる化石?

334: 名無しさん@1周年
日本人を日本人たらしめるのは遺伝情報じゃなくて心根の部分だから
肌の色が黒かろうが白かろうが日本人らしければ日本人だし
血統的に日系だろうが心根が日本人でなければ日本人じゃないよ

336: 名無しさん@1周年
別に不思議はない
大陸と地続きでその後孤立したから日本はガラパゴス諸島のようなもの

no title


no title


no title

361: 名無しさん@1周年
ネアンデルタール人を復元して
そのネアンデルタール人と現代日本人で混血を作ったら
室伏みたに身体能力の高い日本人選手が量産できそうだな
声は生まれてから外科手術で発声できるようになるんじゃね

372: 名無しさん@1周年
>>361
室伏みたいな東大生が量産できるよ

370: 名無しさん@1周年
日本は東方の辺境地の島国だから、
かつてユーラシア全体に住んでいたホモ・ネアンの血が
薄まらずに多く残っているということ?

378: 名無しさん@1周年
>>370
滅びゆく人種、民族の最後にたどり着く墓場みたいだなw

411: 名無しさん@1周年
中国朝鮮モンゴル人がルーツ説だけは無い
チンギスハンの時代ですら海を乗り越えられないのに
当時の航海術では日本にまで辿り着ける人数なんてたかが知れてるからね。どう見積もっても数十人が限界。
無人島で国を作って1から増やすことは非現実的
日本人(正確には日本人になる類人猿)は最初から日本で生まれたが正しい

502: 名無しさん@1周年
>>411
昔は大陸と陸続きだったんじゃないの?

433: 名無しさん@1周年
ネアンデルタール人とクロマニヨン人の混血は今じゃ常識になってきてるのか?
どれくらい違うものなの?チンパンジーとゴリラくらい?

674: 名無しさん@1周年
>>433
チンパンジーとゴリラは混血できないだろ

700: 名無しさん@1周年
>>674
レオポンやライガーみたいなもんじゃないのか
猫っぽいのや馬やロバっぽいのより、遠い親戚になるのか

437: 名無しさん@1周年
インドネシアに300年ぐらい前まで小人がいたよね。
骨が残ってて、アイソトープでそのぐらいの年代だって判別されたと思う。
あれはネアンデルタールとホモサピエンスどっちが近いの?

471: 名無しさん@1周年
>>437
フローレンシスとかおしゃんてぃな名前なのはもっと前じゃないかな
あれもなんかで「絶滅」って見たけどどうなんだろ
DNAとか研究できるようになって今までの科学常識がどんどん破壊
されてるからわかんないね
近代まで生き残ってたり、混血しとか特徴残した種族が存在したら
コロボックルやキジムナーも実在したって事になるかもしれないし
面白いね

477: 名無しさん@1周年
>>437
イランにもいたよね

558: 名無しさん@1周年
>>437
追伸、失礼。
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%9B%E3%A2%E3%BB%E3%95%E3%AD%E3%BC%E3%AC%E3%B7%E3%A8%E3%B3%E3%B7%E3%B9
ウィキ見たら、「約1万7千年前[2]まで生息していた」って書いてある。
何かの報道で300年って見た気がしたんだけど。
300年って言ったら日本は忠臣蔵の頃じゃないかと当時思った。

474: 名無しさん@1周年
古くからの血統が残っているということは
由緒あるということで誇ることもできる
あるいはすべての民族の大本なんて言う
言い方だってできるんだ

482: 名無しさん@1周年
現状から明らかにネアンデルタール人の遺伝子は優秀やで
人々は規律正しく、安全で、科学技術に先進し、カレントマネーを作り出した
実力を持つ本物の先進国、それが日本やで
その日本人こそがネアンデルタール人の子孫だったんや
ネアンデルタール人は現聖人ルに滅ぼされたとされているがここで一矢報いたで
いや、ワイらが報いているんやで
テンション上がるわwwwwwwwwwww

486: 名無しさん@1周年
>>482
ネアンデルタールはなんで優秀なのに
人に負けたんやろか?争い好まんかったからかな?

496: 名無しさん@1周年
>>486
緩やかに吸収されていったんじゃない?
漢民族は度々異民族に支配されて王朝建てられたけど
モンゴル以外尽く飲み込んだ

509: 名無しさん@1周年
>>496
最後には淘汰したんかな?それが結果なら、滅ぼされたネアンの子孫の日本人が平和のうちに世界を淘汰したらええな

511: 名無しさん@1周年

no title


no title


この図よく見るけどどういう意味なのか分からない

538: 名無しさん@1周年
>>511
日本人は一部を除いて異民族であった縄文人をほどんど滅ぼしちゃったんだろうか?

695: 名無しさん@1周年
>>538
農業すると爆発的に人口が増える
その感覚で狩猟民族を殺すと狩猟民族は絶滅する

779: 名無しさん@1周年
>>695
狩猟民族だって穀物ぐらいは消化できたんじゃ

530: 名無しさん@1周年
ネアンデルタール人は人類に滅ぼされたと考えられていた訳だよな。
ということは逃げてたということだよな。朝鮮半島や中国沿岸まで
追いつめられて海を渡ったネアンデルタール人が生き残ったということ
だよな。なんか悲しいな。

537: 名無しさん@1周年
>>530
混血したのはもっとずっと前だろ
純粋種のアフリカ人があの体たらくっぷりを見ると混血して正解だった

560: 名無しさん@1周年
>>537
51%残っているということは最近の話だろうし、かなり濃いということは
ネアンデルタール人そのものが渡ったのでは?

540: 名無しさん@1周年
ネアンデルタール人は温厚な性質だったから野蛮なホモサピエンスに
駆逐されたって聞いたことあるよ2chで

542: 名無しさん@1周年
>>540
恐らくそうだと思う

799: 名無しさん@1周年
イギリスの新聞のコメント欄
しょっぱなが

「確かにこれで多くのことが説明できる」て酷いなw

800: 名無しさん@1周年
歴史を重ね今の日本人があり日本国がある
朝鮮人に恥じることなど一時として何もないは

809: 名無しさん@1周年
生粋のアフリカ人でないかぎり
やーいネアンデルタール人、なんて
小バカにしてるのは滑稽だね

843: 名無しさん@1周年
この論文、遠まわしに日本人は猿wって言いたいだけなんじゃないの

バブルの頃のジャパンバッシングでも日本人は遺伝子的に人類より猿に近いとかすげーヘイトだったぜ

858: 名無しさん@1周年
>>843
むしろ人類の遺伝学的多様性に寄与している存在だと自負すべきだよ。
サルに近くて全く問題ない。

844: 名無しさん@1周年
やっぱりな。よく言われるもんなネアンデルタール人に似てるよねって。

846: 名無しさん@1周年
日本バカにされてんな

864: 名無しさん@1周年
これは意外すぎる
ネアンデルタール人と言えば欧州で化石や遺跡が発見されてきたのだが