カテゴリ: 科学

1: 孤高の旅人 ★ 2016/03/21(月) 16:38:58.06 ID:CAP_USER*.net
膨らむ「宇宙ホテル」、試験機打ち上げへ
2016年03月21日 14時03分
http://www.yomiuri.co.jp/science/20160321-OYT1T50033.html

 【ワシントン=三井誠】米航空宇宙局(NASA)は、宇宙で風船のように膨らんで
飛行士が暮らす空間を作り出す「膨張型居住棟」の試験機を4月8日、国際
宇宙ステーション(ISS)に打ち上げる。

 試験機を開発した米宇宙企業ビゲロー・エアロスペース社は将来的にホテルとして
も活用できる民間宇宙ステーションを作る構想を持っており、その第一歩になる。

 試験機の外壁は、強度の高い合成繊維製。折りたたんだ状態で打ち上げられ、
ISSに結合させて膨らませる。膨らむと直径3・2メートル、長さ4メートルになり、
体積は折りたたまれた状態の4倍の16立方メートルになる。試験機では、温度変化
が激しく強い放射線を浴びる宇宙空間での耐久性などをまず調べる。

 軽量でコンパクトな利点をいかし、NASAは将来の火星探査で活用することも
検討している。

【膨らむ「宇宙ホテル」、試験機打ち上げへ】の続きを読む

1: (catv?)@\(^o^)/ 2016/03/22(火) 08:25:23.66 0● BE:698254606-PLT(14121) ポイント特典.net
今よりも幸せになるためには、転職や別れ、長年苦しめられてきた過去のトラウマの解消など、
大きな変化が必要なこともあります。この記事で言いたいのは、そのような大きな変化について
ではありません。今回は、比較的簡単に変えられるライフスタイルの変化でも、驚くほどすぐに
幸せになるという科学的根拠についてです。

生活における一見些細な変化でも桁外れに気分が良くなると、数々の研究で証明されています。
些細なことで大きな変化が起こるとわかったら、幸せな気分を壊すと科学的に証明されているものは、
今すぐ日々の生活から排除していきましょう。

1. やたらとSNSを見る
2. 屋内に1日中いる
3. 物質主義的になる
4. いつも忙しくする
5. 創造性を押し殺す

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160319-00010004-biz_lifeh-life


※これは2chやめろ、と言われてるみたいだ

【その行動すぐやめとけ、不幸になると科学的に証明されてるぞ】の続きを読む

1: ムーンサルトプレス(四国地方)@\(^o^)/ 2016/03/20(日) 20:21:23.42 ID:ciEQ/GOb0.net BE:284465795-PLT(12000) ポイント特典

no title
 

NASAが原子力のロケットエンジンを使う計画を発表しました。
NASAは、今後ロケットの推進エンジンに原子力を使用する方針を打ち出しました。
NASAによると、原子力エンジンは現行の化学反応を原動力とするエンジンよりも半分の重さで設計でき、このまま研究が進めば2033年には有人宇宙船を火星まで飛ばしうるという見解を発表しています。
これに対しロシアでも2018年に原子力エンジンに関する実験を行う予定であることが発表されています。
人類にとって宇宙開発は重要な課題ですが、その分のリスクを懸念する声も少なくありません。 

【【衝撃】NASAが原子力ロケットエンジンを使用する計画を発表 有人火星探査への道】の続きを読む

1: シャチ ★ 2016/03/17(木) 15:48:04.62 ID:CAP_USER*.net
日本テレビ系(NNN) 3月17日(木)15時46分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160317-00000051-nnn-bus_all
 シャープは世界で初めてとなる蚊取り機能を備えた空気清浄機を発表した。

 シャープが17日に発表したのは、蚊をおびき寄せて吸い込んでしまう空気清浄機。
蚊の好むサイズの小窓を備え付け、蚊が近づくと空気の流れで吸い込み、
内部の粘着シートで捕獲する仕組み。東南アジアで蚊に悩む声が多いことから、
去年10月にマレーシアなどで先行発売したところ、予定の2倍の売れ行きとなったという。

 日本でも2014年、東京の代々木公園で蚊の駆除が行われるなど社会問題になったことなどから、
需要が多いと見込んでおり、来月、発売する予定。

【シャープ、蚊取り機能付き空気清浄機発売へ 世界初の商品】の続きを読む

1: 蝙蝠傘子 ★ 2016/03/18(金) 01:37:54.39 ID:CAP_USER*.net
 睡眠時間の長さは、脳の神経細胞に出入するカルシウムで制御されていることを、上田泰己東京大教授(システム生物学)らのチームがマウスで突き止め、17日付の米科学誌ニューロンに発表した。不眠症や、睡眠障害が関係する精神疾患などの治療に役立つ可能性があるという。

 体内のカルシウムは骨の主成分のほか、イオンの状態で存在し、筋肉や神経などさまざまな細胞の働きを調整するものがある。

 チームは、睡眠時に生じる特有の脳波に、カルシウムが関与と予測。神経細胞にカルシウムを取り込まないマウスは睡眠時間が1~2割短く、カルシウム排出の働きを弱めると1割ほど長く眠った。


共同通信 2016/3/18 01:00
http://this.kiji.is/83228447986941960?c=39546741839462401

【【研究】カルシウムが眠りの長さ決める マウスの神経を制御】の続きを読む

このページのトップヘ