カテゴリ: スポーツ

1: 天麩羅油 ★ 2016/03/03(木) 12:39:11.93 ID:CAP_USER*.net
新国立上部に聖火台設置は困難か 消防法上の懸念、対応協議へ

 2020年東京五輪・パラリンピックのメーンスタジアムとなる新国立競技場の現在の建設計画では、聖火台を競技場の上部などには設置できない可能性があることが3日、
複数の関係者の話で分かった。スタンドは木材が使われる屋根で覆われる構造となっており、消防法上、問題となる懸念があるという。

 現在の計画は建築家の隈研

以下ソース
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016030301001130.html

【【東京五輪】新国立競技場、木材が使われるため聖火台を競技場の上部などに設置できない可能性 消防法上の懸念】の続きを読む

1: 断崖式ニードロップ(庭)@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 15:21:52.78 ID:XPX1FucO0●?BRZ(12000)
プロレスラーのハヤブサさん(本名・江崎英治)がくも膜下出血のため3月3日午後0時に亡くなったことがわかった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160304-00010000-tospoweb-fight

【プロレスラーのハヤブサ死去くも膜下出血で】の続きを読む

1: いちごパンツちゃん ★ 2016/03/01(火) 00:30:05.85 ID:CAP_USER*.net
立教大学のテニスサークルとみられるツイッターアカウントが、「オタク」と自称するユーザーからの入部に関する質問をブロックしたことがきっかけで炎上する騒ぎになっている。

 「春から立教大に進学予定なんですが、ここのテニスサークルは根暗系オタクでも楽しく過ごせそうですか?」

サークルのツイッターで、2016年2月26日に新1年生からの質問を受け付けたところ、 翌27日に前出のユーザーから出たのは、こんな質問だった。

これに対し、サークル側は、このユーザーをツイッター上でブロックした。
すると、ユーザーは、ブロックした画像を投稿し、「なにこいつら」と嫌悪感を露わにした。
こうしたやり取りがツイッター上に広まると、疑問や批判が相次いだため、サークルのアカウントは炎上が拡大しないように非公開設定になった。

その後、サークルのアカウントにそっくりな別のアカウントがこの日のうちに開設され、 次のような刺激的なツイートをした。

「うちのサークルははっきり言ってオタクみたいな陰キャラはいらないの、ハッキリ言っとく」
この発言はたちまち話題になって、さらに非難が沸き起こる騒ぎになった。
29日夕現在までに、1万1000件もリツイートされている。

別アカウントでは、その後も発言は続いた。サークルのメンバーが複数ログインしているので、 どのメンバーがブロックしたか分からないとしながらも、 「このツイートを消していただけませんか?オタクさん」「リツイート層がオタクだけだからよゆーだよね笑」とまた挑発的なことを書き込んだ。しかし、その後はサークルを名乗るのは止めており、偽アカウントだったことが分かった。

大学「事実関係を確認しており、今後事情を聴く」

http://www.j-cast.com/2016/02/29259934.html?p=all

立教大学テニスサークル「Green Field」
http://i0.wp.com/netgeek.biz/wp-content/uploads/2016/02/Greenfield_rikyo-1.jpg
http://pbs.twimg.com/media/CcJ6X1CUYAE9Yxk.jpg:orig

【“リア充”立教テニサーが炎上…「根暗系オタクでも楽しく過ごせそうですか?」の入部質問をブロック、オタク差別と煽りで騒動に】の続きを読む

1: バックドロップ(栃木県)@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 09:03:23.95 ID:qrg9ZtyG0●.net BE:886559449-PLT(22000) ポイント特典
「人工芝に発がん性物質」米政府調査 サッカーのゴールキーパーに患者続出

から発がん性が指摘されていた人工芝の問題について、米政府がようやく重い腰をあげた。2016年2月12日、
米消費者製品安全委員会は環境保護局、疾病対策センターと共同で人工芝の充填(じゅうてん)剤の原料として使われている廃タイヤの化学物質の危険性について調査を開始すると発表した。

米メディアでは、人工芝の健康被害について報道が相次いでおり、今回の政府の調査開始は、事実上、がんとの関連性を認めたものと受け止められている。

米国では、子どもの公園から学校のグラウンド、アメリカンフットボールのスタジアムまで、いたる所で人工芝が使われている。
人工芝の充填剤には、廃タイヤから作られるゴムチップが多く使用され、ゴムチップにはベンゼン、カーボンブラック、鉛などが含まれている。国際がん研究機関の発がん性リスク評価では、ベンゼンはグループ3(発がん性が分類できない)、
カーボンブラックと鉛はグループ2B(発がん性が疑われる)だ。ゴムチップは、古びてくると微小な黒い屑(くず)となって空中に飛散し、選手の髪や服に付着、口の中から肺に入る。

2009年、ワシントン大学女子サッカー部に所属する2人のゴールキーパーが、悪性リンパ腫の診断を受けた。
サッカー部の主将兼准ヘッドコーチのエイミー・グリフィンさんが、化学治療を受けている2人を病院に見舞うと、看護師からこう聞かれた。

「彼女たち、もしかしてゴールキーパーでは? 実は今週、ゴールキーパーが4人も入院してきました」
サッカーでは、ゴール前の攻防が一番激しく、ゴム屑が宙に舞う。グリフィンさんは「この黒い屑は発がん性物質に違いない」と考え、調査を開始、病気になったほかの大学のサッカー選手たちの記録をつけた。38人が治療を受け、うち34人がゴールキーパーで、すべてががんと診断されていた。血液性のがんであるリンパ腫や白血病が多かった。

http://www.j-cast.com/healthcare/2016/02/27259728.html

【【恐怖】 ゴールキーパーばかり次々と癌になる謎の現象 人工芝に発ガン性があることが判明】の続きを読む

1: シューティングスタープレス(大阪府)@\(^o^)/
元日のニューイヤー駅伝2016inぐんま「第60回全日本実業団対抗駅伝競走大会」で、飼い犬がコース上に飛び出し選手を転倒させたとして、群馬県警高崎署は22日、飼い主の男性を市動物愛護条例(係留義務)違反容疑で高崎区検に書類送検した。

捜査関係者らによると、1月1日午前10時ごろ、高崎市上大類町の2区約3.6キロ地点で、男性が飼い犬の小型犬とともに応援していて犬が飛び出し、
コニカミノルタのポール・クイラ選手がつまずき転倒した。男性は犬を常に係留する義務を怠った疑いで書類送検された。

レースはトヨタ自動車が優勝し、コニカミノルタは21秒差で2位となった。
転倒を巡って県にも警備態勢や応援マナーの苦情が数件あったという。【吉田勝】

http://mainichi.jp/articles/20160223/k00/00e/040/165000c

【ニューイヤー駅伝で犬が飛び出して選手転倒 飼い主の男を書類送検】の続きを読む

このページのトップヘ