カテゴリ: 医療

1: 蝙蝠傘子 ★ 2016/03/18(金) 01:37:54.39 ID:CAP_USER*.net
 睡眠時間の長さは、脳の神経細胞に出入するカルシウムで制御されていることを、上田泰己東京大教授(システム生物学)らのチームがマウスで突き止め、17日付の米科学誌ニューロンに発表した。不眠症や、睡眠障害が関係する精神疾患などの治療に役立つ可能性があるという。

 体内のカルシウムは骨の主成分のほか、イオンの状態で存在し、筋肉や神経などさまざまな細胞の働きを調整するものがある。

 チームは、睡眠時に生じる特有の脳波に、カルシウムが関与と予測。神経細胞にカルシウムを取り込まないマウスは睡眠時間が1~2割短く、カルシウム排出の働きを弱めると1割ほど長く眠った。


共同通信 2016/3/18 01:00
http://this.kiji.is/83228447986941960?c=39546741839462401

【【研究】カルシウムが眠りの長さ決める マウスの神経を制御】の続きを読む

ヒトのiPS細胞から大きさが数ミリの”ミニ肝臓”を作り出す研究を進めている横浜市立大学の研究グループが、本物の肝臓と同じレベルで有害物質を処理することができる従来よりも高性能の”ミニ肝臓”を作り出すことに成功しました。

ニュース全文は下記リンクにてご覧ください。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160317/k10010446061000.html

【iPS細胞から高性能の“ミニ肝臓”を作り出すことに成功  横浜市立大学】の続きを読む

1: ニライカナイφ ★ 2016/03/16(水) 06:01:54.84 ID:CAP_USER*.net
【衝撃】ガン治療の革命的な特効薬ニボルマブ / 高額すぎて年間3500万円の医療費 → 総額の95%以上を国民が負担 5%以下の自己負担で使用可能

ガン治療の特効薬として期待されている、革命的な薬「ニボルマブ」(オプジーボ)。
いままでの抗ガン薬と異なる「まったく新しい作用」でガン治療にアプローチする薬で、日本赤十字社医療センター化学療法科部長の國頭英夫氏も、その可能性に対して大きな期待を寄せているようだ。

ニュース全文は下記リンクにてご覧ください
http://buzz-plus.com/article/2016/03/16/nivolumab/

【ガン治療の革命的な特効薬『ニボルマブ』高額すぎて年間3500万円 ⇒ 自己負担5%以下でも130万円】の続きを読む

長い冬もようやく終わりを迎えているが、そうなるとつらいのが花粉(症)。日本人の10~20%、一説には国民の3分の1ともいわれる花粉症について、「ワセリンが効く」との説がツイッターで飛び交い、花粉症患者の人々が効果を確認し合っている。

ワセリンが大きく話題になったのは3月5日のことだ。前日の4日、あるツイッターユーザーが、「花粉のせいで目も鼻も死亡って感じだったんだけど、『鼻の穴と目のまわりにワセリンを塗る』 っていうやつがすごく効く(花粉受容体?wのある場所をカバーする事で症状が出ない)。
これ教えてくれた人まじ神」と、ツイートし、これが爆発的に拡散。


【効果絶大?「花粉症にワセリン」説  「鼻の中にワセリン塗ったら本当に鼻水出なくなった!」 】の続きを読む

1: 蝙蝠傘子 ★ 2016/03/13(日) 15:47:20.80 ID:CAP_USER*.net
最近、公開されたいくつかの論文で、2011年3月に起きた福島第一電子力発電所事故の後、福島県での小児の甲状腺ガンの発生率が上昇しているという調査結果が示されたことに関して、こうした調査結果が生まれたのは、福島第一原発事故に影響したものではなく、まったく異なる要因によるものとも見方が生じている。

ニュース全文は下記リンクにて
http://www.businessnewsline.com/news/201603062239120000.html 

【【研究】福島で発生している小児ガンの発生率上昇と福島原発事故との間には因果関係はない可能性強】の続きを読む

このページのトップヘ