自分が仕入れた商品を転売されたら?

Q.先日、私がヨーロッパから仕入れた食器を大量に購入したお客様がいました。

 「気に入ったので友人にも」とか「両親やその友人にもプレゼントします」などと連絡事項に書かれていたため、わたしもまったく怪しむことなく販売していたのですが、先日ふと見たショッピングモールに、先日私が販売した食器が陳列されているではありませんか!

 慌ててショップ運営責任者を確認した所、どう見ても先日大量に購入したあのお客様です。しかも、「自ら仕入れた商品」と銘打って販売しています。こんな時はどうするべきですか?
食器専門店 店長T様



A.たとえ同業の方だとしても、商品を買っていただける「お客様」として対応しましょう。良い気分でないのはよく分かります。しかし感情的な対応は禁物です。

 転売されるということは、「転売した価格でも需要が見込める」ということなので、新たなショップ運営の戦略を考えることができる良い機会です。転売されたお店に対する対策を考えるのではなく、転売されたお店や他のライバル店を越えるサービスを提供することが、もっともT様にとってプラスになります。

 例えば、転売価格との差分を「広告費」に利用したら、転売されているショップより多くのお客様を呼び込むことが出来ます。マネをされたら、自社のサービスを見直す大変良いタイミングと前向きにお考え下さい。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔