こちらに講演者が掲載されております。
<引用ここから>

講演者紹介

 
photoリチャード・アーミテージ
元米国務副長官
米戦略国際問題研究所(CSIS)理事
アーミテージ・インターナショナル代表

現アーミテージ・インターナショナル代表。元国務副長官(2001年-2005年)。1993年から2001年にはアーミテージ・アソシエイツ代表を務める。1989年から1993年にかけて、主要外交ポストを歴任。1991年の湾岸戦争時には、特使としてヨルダンのフセイン国王の元へ派遣される。また、旧ソ連の新独立国家(NIS)に対するアメリカの支援を特使として指揮した。
1983年から1989年にかけて国防次官補(国際安全保障担当)、1981年から1983年にかけて国防次官補代理(東アジア・太平洋地域担当)を務めた。
1967年、米海軍兵学校を卒業。ベトナム戦争では3度戦闘任務に就いた。国内外より多数の軍事勲章、公共サービス殊勲賞を授与されている。

↑

 
photoカート・キャンベル
前米国務次官補(東アジア・太平洋担当)
The Asia Groupの共同設立者・会長 兼最高経営責任者

The Asia Groupの会長兼最高経営責任者(CEO)、新米国安全保障センター(Center for a New American Security , CNAS)の会長、およびスタンダードチャータード銀行の取締役を務めている。2009年-13年にオバマ政権で東アジア・太平洋担当国務次官補。国務省功労賞、またエリザベス女王よりオーストラリア勲章およびニュージーランド・メリット勲章。
CNASのCEOおよびアスペン戦略グループディレクターを歴任した。戦略国際問題研究所(CSIS)では上級副所長およびヘンリー・A・キッシンジャー・チェアを兼任し、ハーバード大学ではジョン・F・ケネディ行政大学院の准教授も務めた。また、アジア担当の国防総省次官補代理、国家安全保障会議事務局長、北米自由貿易協定(NAFTA)の大統領特別顧問代理を歴任している。
キャンベル氏は著者、または編集者として10冊の本に携わり、現在はオバマ政権での経験を踏まえPivot(アジア重視の政策)をテーマに新著を執筆中。カリフォルニア大学サンディエゴ校で学士号、エレバン大学で音楽と政治学を修め、マーシャル優秀奨学生としてオックスフォード大学ブレーズノーズ・カレッジで博士号を取得。

↑

 
photoマイケル・グリーン
元米国家安全保障担当大統領特別補佐官 兼アジア上席部長
米戦略国際問題研究所(CSIS)上級副所長(アジア) 兼ジャパン・チェアー
ジョージタウン大学准教授

米戦略国際問題研究所(CSIS)上級副所長(アジア)兼ジャパン・チェアー、及びジョージタウン大学国際関係学部准教授を務める。2001年4月、国家安全保障会議(NSC)のアジア部長(日本・朝鮮半島・オーストラリア・ニュージランド担当)として就任した後、2004年1月から2005年12月まで、同アジア担当大統領特別補佐官兼上級アジア部長を務める。現在の主な研究分野は、アジア地域の協力枠組み、日本政治、米国外交政策史、朝鮮半島、チベット、ビルマ、及び米印関係など。
5年間日本に滞在経験があり、日本語に堪能。日本滞在中に、国会議員秘書を始め、日系及び米国系新聞のジャーナリスト、米国企業向けのコンサルタントを経験。これまでに、ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)助教授、外交問題評議会フェロー、防衛分析研究所(IDA)研究員、米国防長官室アジア太平洋局上級顧問などを歴任。

↑

 
photoジョン・ハムレ
元米国防副長官
米戦略国際問題研究所(CSIS)所長 兼CEO 兼プリツカー・チェアー

ジョン・ハムレ氏は、2000年1月、米戦略国際問題研究所(CSIS)の所長兼CEO、2012年12月にはプリツカー・チェアー(Pritzker Chair)に選出される。CSIS参画以前には、第26代米国防副長官を務める。副長官就任以前の1993年から1997年にかけては、国防次官(会計監査担当)を務めた。会計監査担当官として国防予算と運営改善プログラムの準備、発表および施行にあたり、国防長官の首席補佐役を果たした。国防省入省前には上院軍事委員会専門スタッフを10年間務め、主に調達、研究開発プログラム、国防予算問題、および上院歳出委員会との関係について監督・評価を担当した。1978年から1984年にかけて議会予 算局に勤務、国家安全保障および国際問題担当副部長代理として、上下院の委員会に向け分析やその他のサポートを担当した。ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院にて国際政治、国際経済および米国外交政策を専攻、1978年に優秀な成績で同大学院の博士号を取得。

↑

 
photoエバン・メディロス
前米国家安全保障会議(NSC)アジア上級部長兼米大統領補佐官
米ユーラシア・グループ マネジング・ディレクター、アジアリサーチ部門長

ユーラシア・グループのマネージング・ディレクターでアジア研究の責任者。今年6月まではホワイトハウスの国家安全保障担当大統領特別補佐官兼アジア上級部長。オバマ大統領に対するアジア太平洋担当のトップアドバイザーを務め、外交、防衛、経済およびインテリジェンスの分野で対アジア太平洋政策の調整に取り組んでいた。

オバマ政権の国家安全保障会議(NSC)スタッフの中では、任期が最も長かったひとりであり、アジア太平洋担当の補佐官としては最も長期にわたりオバマ大統領に仕えた。2009年夏に中国、台湾、モンゴル担当部長としてNSCに加わり、その後、6年間近く米中関係に積極的に取り組んだ。2013年のカリフォルニア州サニーランズでの首脳会談に向けた最初の提案の作成や、2014年秋に成功裏に開かれたオバマ大統領と習近平中国国家主席の首脳会談の計画、およびその他のハイレベルでの米中間の交流の管理などを担当した。

2002‐09年はランド研究所の上級研究員。東アジアの国際政治、中国の外交・国家安全保障政策、米中関係、中国の防衛・安全保障問題を研究した。このうち2007‐08年は、米財務省の中国特使および米中戦略経済対話向けの政策アドバイザーとなり、ポールソン財務長官を支えた。

主な著作に「中国の国際的行動:積極行動主義、便乗主義および分散化」(ランド研究所、2009年)、世界的に高い評価を受けた「不本意な自制:中国の核不拡散をめぐる政策と実践の進化 1980~2004年)(スタンフォード大学出版局、2007年)などがある。

ランド研究所に入所する前は、カリフォルニア州モントレーにあるモントレー国際大学でシニア・リサーチ・アソシエイトとして勤務。2000年には北京にある中国社会科学院米国研究所で客員研究員を、また中国外交学院で非常勤講師を務めた。

メイン州のベイツ大学で分析哲学の学士号、ロンドン大学東洋アフリカ研究学院で中国研究の修士号、フルブライト奨学生としてケンブリッジ大学で国際関係の哲学修士号、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで国際関係の博士号を取得。北京語に堪能。


↑

 
photo

マイケル・オハンロン
ブルッキングス研究所上級研究員

21世紀安全保障・インテリジェンス・センター共同所長

Michael O'Hanlon氏はCenter for 21st Century Security and Intelligenceの上級研究員兼共同部長およびブルッキングス研究所の外交政策プログラム研究部長を務めています。アメリカの国防戦略、軍事力行使、アメリカの外交政策を専門に研究ており、プリンストン大学の客員教授、ジョンズ・ホプキンス大学の非常勤教授、国際戦略研究所のメンバーも務めています。最も新しい著書として、『The Future of Land Warfare』(Brookings, 2015)があります。

O’Hanlon氏には他にも、James Steinberg氏との共著である『Strategic Reassurance and Resolve: U.S.-China Relations in the Twenty-First Century』(Princeton University Press, 2014年)、『Healing the Wounded Giant: Maintaining Military Preeminence while Cutting the Defense Budget』(Brookings、2013年)をはじめ、『Bending History: Barack Obama’s Foreign Policy』(Martin Indyk氏およびKenneth Lieberthal氏との共著)(Brookings、2012年)、『The Wounded Giant: America’s Armed Forces in an Age of Austerity』(Penguin Press、2011年)、『A Skeptic's Case for Nuclear Disarmament』(Brookings、2010年)、『Toughing It Out in Afghanistan, with Hassina Sherjan』(Brookings、2010年)、『The Science of War』(Princeton University Press、2009年)などの著書があります。

↑

 
photo

ジェームズ・スタインバーグ
元米国務副長官

シラキュース大学マックスウェル行政大学院長

シラキュース大学でマックスウェル行政大学院長および社会科学・国際関係・法律担当教授を務めている。2011年7月1日の就任以前は、オバマ政権の国務副長官としてクリントン国務長官を支えた。2005年-08年にテキサス大学オースティン校リンドン・B・ジョンソン公共政策大学院長、2001年-05年にブルッキングス研究所の副所長兼外交政策研究部長。1996年から2000年にかけてはクリントン政権で国家安全保障問題担当の大統領副補佐官の職にあり、1998年と1999年のG-8サミットでは大統領の個人代表を務めた。国務省の政策企画本部長、情報調査局の分析担当副次官補を歴任。それ以前は、上院軍事委員会でエドワード・ケネディ上院議員の首席補佐官、上院労働人的資源委員会の少数派顧問を務めた。スタインバーグ氏の著書には、マイケル・オハロン氏との共書「戦略的再保証と決意:21世紀の米中関係(Strategic Reassurance and Resolve: US-China Relations in the 21st Century)」(プリンストン大学出版、2014年)、カート・キャンベル氏との共著「政権交代と対外政策:アメリカの史的検証(Difficult Transitions: Foreign Policy Troubles at the Outset of Presidential Power )」(2008年)などがある。イエール大学法科大学院で法学博士号を取得。 妻の シャーバーン・アボット氏は、シラキュース大学で持続可能性イニシアチブ副責任者および持続可能性科学・政策担当教授である。夫妻にはジェナとエマという二人の子供がいる。

↑

 
photo北岡 伸一
国際協力機構(JICA)理事長

1971年東京大学法学部卒業
1976年東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了
1976年立教大学講師、助教授、教授を経て
1997年東京大学大学院法学政治学研究科教授
2004年特命全権大使(日本政府国連代表部次席代表)(~2006年9月)
2006年東京大学大学院法学政治学研究科教授
2009年公益財団法人 世界平和研究所 研究本部長
2012年東京大学名誉教授
 政策研究大学院大学教授
 国際大学学長
2015年 10月国際協力機構(JICA)理事長

首相官邸「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」座長代理、「安全保障と防衛力に関する懇談会」座長、外務省「日中歴史共同研究」日本側委員座長を歴任。

著書
『国連の政治力学:日本はどこにいるのか』(中央公論新社、2007年)
『自民党:政権党の38年』(中公文庫、2008年)
『グローバルプレイヤーとしての日本』(NTT出版、2010年)
『独立自尊:福沢諭吉の挑戦』(中公文庫、2011年)
『日本政治史:外交と権力』(有斐閣、2011年)
『日本政治の崩壊・第三の敗戦をどう乗り越えるか』(中央公論新社、2012年)

↑

 
photo高村 正彦
自由民主党副総裁

昭和17年3月15日生まれ
昭和40年 3月中央大学法学部法律学科卒業
昭和43年 4月弁護士登録
昭和55年 6月衆議院議員当選(以降12回連続当選)
昭和62年 11月防衛政務次官
平成 元年 6月大蔵政務次官
平成 2年 3月自由民主党 国防部会長
平成 3年 1月衆議院災害対策特別委員長
平成3年 11月衆議院農林水産常任委員長
平成 6年 6月国務大臣・経済企画庁長官
平成 8年 11月外務政務次官
平成10年 7月外務大臣
平成12年 12月法務大臣
平成14年 3月自由民主党 対外経済協力特別委員長
平成15年 6月衆議院イラク人道復興支援並びに国際テロリズムの防止 
及びわが国の協力支援活動等に関する特別委員長
平成19年 8月防衛大臣
平成19年 9月外務大臣
平成22年 2月自由民主党 政治倫理審査会長
平成22年 10月自由民主党 国家戦略本部 外交安全保障座長
平成23年 10月自由民主党 外交・経済連携調査会長
平成24年 9月自由民主党 副総裁
平成24年 11月自由民主党 外交再生戦略会議 議長
平成26年 12月衆議院議員 当選(12回目)
 現在に至る

↑

 
photo森本 敏
元防衛大臣
拓殖大学特任教授


昭和16年生まれ。防衛大学校理工学部卒業後、防衛庁入省。外務省アメリカ局安全保障課に出向後、外務省入省。在米日本国大使館一等書記官、情報調査局安全保障政策室長など一貫して安全保障の実務を担当。専門は安全保障、軍備管理、防衛問題、国際政治。野村総合研究所主席研究員、慶應義塾大学特別招聘教授、中央大学客員教授、聖心女子大学非常勤講師などを務め、現在、拓殖大学特任教授。初代防衛大臣補佐官、第11代防衛大臣を歴任。近著に、「エネルギーと新国際秩序」、「武器輸出三原則はどうして見直されたのか」など多数。

↑

 
photo野上 義二
日本国際問題研究所理事長 兼所長

公益財団法人日本国際問題研究所理事長兼所長。株式会社みずほ銀行常任顧問。昭和41年東京大学を卒業後、同年外務省入省。外務省経済局長、経済開発協力機構(OECD)大使、外務審議官、外務事務次官を歴任し、平成16年から同2020年まで駐英大使。平成21年より日本国際問題研究所理事長を務める。




























<引用ここまで> 

ところで、半田晴久とか、伊藤憲一とか稲盛和夫とかは出ないのでしょうかね~w
worldmate_3