2007年05月30日

ひとり寝の子守唄

H氏は昭和19年生まれの62歳。
わたくしが27歳の時に勤めていた夜のお店
お客様として来店してくれていたと知り合ってから
もう19年近いお付き合いになります。




わたくしの記事は文章の緑色の文字の部分、
あるいはアンダーバーがついているところをクリックすると
関連ホームページや過去の記事にリンクできるように
設定していますのでお手間ですが覗いてくださった方が
記事への理解が深まりますのでよろしくお願いします。



リンク先はそれぞれ違いますので楽しんでください。






夜の勤めをしていた割には色気のないわたくしには
男女間の色恋など抜きの



「おまえとは男同士の付き合いたい!」



そう言ってくださるひとがそこそこいる中のはひとりですが・・・






ひとりで寝る時にゃよォー
ひざっこ小僧が寒かろう
おなごを抱くように
あたためておやりよ    ♪
(加藤登紀子      唄  ひとり寝の子守唄)





はもう家族とは20年近く別居状態で
(正式離婚しないまま)
ひとりと猫一匹で暮らしています。



彼のお宅には固定電話がありませんので安否が気になった時には
もっぱら携帯メールを送ります。



  生きとんね?       (わたくし)




 生きとっばい!  おいが死んだ時は
       おまえに 「死んだぞ〜」って
       メールすっけん よかばい^^
                     (H氏)


 死んでからメールなんかさるんもんかぁ〜^^
                     (わたくし)





毎回、決まってこんなやりとりになるのですが
最近はちょいちょい返事がすぐに返ってこない時があって
ひどい時は音信不通・・・
心配になってたまりかねたわたくしが電話を入れてみると・・・




☆ 生きとんね?         (わたくし)



★ 生きとっぞ〜!        (H氏)



☆ おんじさん!(おじさん)そんならそうのごと
  メールした時は返事してくれんば
  一応 心配するやろうが〜 
  死んどりゃせんやろうかってさ^^
                  (わたくし)




わたくしが心配するのには理由があるのです。
彼には心臓の持病があるのです。





★ あ〜 ありがとうない!
  ばってん 一応じゃなして二応くらいしてくれんや^^
                      (H氏)



☆ はぁ〜?  二応??        (わたくし)




★ へへへ・・・^^
  返事しゅう 返事しゅうって思いながら忘れてさ
  おいも もう歳ばい  ボケよっかなぁ〜^^
                  (H氏)




☆ 今度からはさ うちがメールしたら
  「うん」 とか 「すん」とか 「はい」とか・・・
  なんないとん返事してばい^^   (わたくし)




★ うん! わかったぞ^^
  今度は 「うん」と「すん」と「はい」と
  み〜んな 書いて返事すっけんない^^  (H氏)






ひとりで寝る時にゃよォー
天井のねずみが
歌ってくれるだろう
いっしょに歌えよ      ♪





そんな彼に先日は急用がありましたので
メールではなく電話を入れました。




★ はぁ〜い!^^           (H氏)




☆ お〜! 
  えらい元気やんね
  ・・・てことは外に出とるね?
  だいかと(誰かと)一緒やろ?
  また カラもてのデートやろう?^^  (わたくし)




★ うん・・・^^
  わかっかい?            (H氏)




☆ あははは〜^^
  やっぱいねぇ〜  す〜ぐわかっさい!
  わかりやすかも〜ん
  声にすぐ出るったい
                    (わたくし)





彼はどちらかというと口調も荒く強気な感じに見えるひとです。




でも体型は小柄。
その小柄な体で肩で風を切ったような歩き方をする彼は
ほんとは寂しがり屋で小心者なのだとわたくしは思っています。






★ 近頃 おまえもほんに忙しかごたんな〜
  無理すんなよ^^          (H氏)








お願い

ここにコメントを残してくださる方はせっかくですから
ご自分でブログをお持ちの方は忘れずにそちらのURLを
貼って行ってくださいね。
よろしくお願いします。
  

Posted by net_i5750 at 20:14Comments(59)

2007年05月29日

手紙 (今は亡き・・Tさんへ)

今、あなたはどこにいますか?
今、あなたは何をしていますか?


笑っていますか?
泣いていますか?




わたくしの記事は文章の緑色の文字の部分、
あるいはアンダーバーがついているところをクリックすると
関連ホームページや過去の記事にリンクできるように
設定していますのでお手間ですが覗いてくださった方が
記事への理解が深まりますのでよろしくお願いします。



リンク先はそれぞれ違いますので楽しんでください。








過ぎ去りしあなたへ 
想い出のあなたへ
かけがえのないものに気付きゆく
Mm・・・ この頃です       ♪
(Mr.Children    唄    手紙)






夢に出てきたあなたはわたくしの膝で
まるで子供のように”さびしい〜”と泣いた。



あなたよりずっと先に旅立ったわたくしの母に
そちらで巡り合えましたか?



実はわたくし・・・
陶芸家の方に母を想わせるような人形を焼いていただいて、
毎日、その母にお水を供えて、
最近逝ったあなたがさびしがっているから
”たのむよ”って・・
”いい友達になってやってね”って・・・
お願いしています。



きっと母はあなたの知らないわたくしの子供の頃の話や
知り合う前のわたくしの若い頃の話を
自慢げに話すでしょう。



そしたらあなたは母が逝ってしまった後の
あなたが知ってるわたくしのことを
得意げに話してあげてください。



母はわたくしと違ってあたたかく大きな人だから
あなたの話を笑って静かに聞くでしょう。






遠い夏を越えて 秋が過ぎて
あなたの事を想うよ      ♪






そういえば母もあなたと同じ、
競艇がだいすきでした。



わたくしは子供の頃から遊園地に行くかのごとく
競艇場に連れていかれたほどですよ。
だからきっとあなたといい話し相手になれます。



遅かれ早かれ・・
いつかわたくしもあなたがたのそばに行きますが
母が逝った時も
あなたが逝った時も
どうして連れていってくれなかったのかと
本当に思いましたよ。






過ぎ去りしあなたへ
想い出のあなたへ     ♪





お願い

ここにコメントを残してくださる方はせっかくですから
ご自分でブログをお持ちの方は忘れずにそちらのURLを
貼って行ってくださいね。
よろしくお願いします。  
Posted by net_i5750 at 11:39Comments(73)

2007年05月28日

恋するお店

わたくしもすごいがかぁさんもすごい人でした。



すごい・・・といのは
いろんな意味で「命知らず」ということです。





わたくしの記事は文章の緑色の文字の部分、
あるいはアンダーバーがついているところをクリックすると
関連ホームページや過去の記事にリンクできるように
設定していますのでお手間ですが覗いてくださった方が
記事への理解が深まりますのでよろしくお願いします。



リンク先はそれぞれ違いますので楽しんでください。





わたくしが2歳の時から女手ひとつで、
(父と別居したので・・)
わたくしを育てるために昼、夜働いて・・・
ついにわたくしが高校のときに小さな町に
ほんとに小さな店(スナック)を持ちました。



30年ほど前の話です。






盛り場地図で 場末のはずれ
見落としそうな 小さな店よ  ♪
(前川清      唄   恋するお店)





ママのくせに滅多に化粧もせずに長い黒い髪をひとつに束ねて・・・
わたくしが言うのもなんですが男好きのする美人だったので
それでもちっともおかしくなかったけど、
何しろ長年、女だてらに昼間は建設現場の作業員として
働いてきているものだから色は真っ黒でした。



それだけが玉に傷?
でもそれなりに・・モテテもいる様子でした。




店を出すとお決まりでその土地の「こわいお兄さん」が、
みかじめ料ならぬ・・しょうもない花束を持ってきて、
3千円とか5千円で強制的に買わせようとしました。




もちろん、かぁさんは断固拒否。
相手もそう簡単に負けてるはずもなくすごい形相で
かぁさんを脅しにかけるんですけど・・
終いにはかぁさん・・




”殺すなら殺せ〜!!”




しかし、さすがに「こわいおにいさん」も
小さな店のみかじめ料ごときで人は殺さないでしょうよ^^




やったね!  かぁさん〜^^







いきなりですが 案内状を
今日出しました 本名書いて
ひとりでいると 女の身には
泪のたねが いろいろありますが
私の生きざまを 女の生きざまを
あなたにひと目 見てほしくって  ♪






それから時折、その「こわいおにいさん」
町でかぁさんとばったり会うと人なつこい笑顔で
”ねぇさ〜ん!”なんて寄ってきて何かしら話し込んでいました。





わたくしはと言えば・・・
基本的にあの類の方々は受けつけないので
ましてやあの頃はなおさら正義感に溢れた若者でしたので
少し離れて・・たぶんすごい形相で睨みつけていました。




お願い

ここにコメントを残してくださる方はせっかくですから
ご自分でブログをお持ちの方は忘れずにそちらのURLを
貼って行ってくださいね。
よろしくお願いします。  
Posted by net_i5750 at 11:53Comments(59)

2007年05月26日

SAY YES

フィリピンの女の子(娘)のこと。

「ピィーナちゃん」


かつて彼女たちと仕事をしたことがあります。




昨日の話の流れになってしまいますが・・・
フィリピンクラブの雇われママとして、
要するに会社内の平から管理職への突然のバッテキでした。






わたくしの記事は文章の緑色の文字の部分、
あるいはアンダーバーがついているところをクリックすると
関連ホームページや過去の記事にリンクできるように
設定していますのでお手間ですが覗いてくださった方が
記事への理解が深まりますのでよろしくお願いします。



リンク先はそれぞれ違いますので楽しんでください。






決してわたくしの力を買われたというのではなくて
なりてがなかったんだと思います。




・・・というのも
すごく経費のかかる店で利益追求が難しいお店だったからです。
唯一、わたくしが一目おいていたマネージャーからのお願いでしたから
不安だらけのまま受けてしまいました。






余計な物など無いよね
すべてが君と僕との愛の構えさ
少しくらいの嘘やワガママも
まるで僕をためすような
恋人のフレイズになる     ♪
(CHAGE & ASKA     唄  SAY YES)







お店は広いしそれに順じて客数も上がる割には利益は上がりません。
それにはっきり言って最初は彼女達に嫌悪を感じていました。



わたくしとは全く違う仕事の仕方。
どう見ても色気と同情を引くことで
男性を騙しているとしか見えなかったのです。




お客様の様子を見てると財力のある人はともかくない人も
若いお兄さんからおじさんまで借金してでもお店に通い続けるのです。



彼女達の”パパ〜!”に惑わされて・・・




売上は上がるけど掛け台帳も増えます。
わたくしのストレスはピークになり、
集金担当の課長もさぞかし大変だったと思います。




ある日、常連の若いお兄さんが母親を連れて来店。
話を聞いてみるとうちの店の”J”と
結婚の約束をしてるから母親に見てもらいに連れてきたというのです。




わたくしは慌ててショータイムの舞台裏に彼女を呼びつけて


☆ ほんとに結婚するつもり?


そしたら即座に彼女・・・


★ あっかんべー^^


思わず、わたくしは彼女をぶん殴りたい気持ちを抑えて


☆ ばかかおまえは〜!    


と叫んでいました。




その若いお兄さんは店に通うために借金をし、
それでも足らなくて愛車さえ手放していました。






言葉は心を越えない
とても伝えたがるけど心に勝てない
君に逢いたくて逢えなくて寂しい夜
星の屋根に守られて
恋人のせつなさ知った       ♪






でも、いつからかわたくしは彼女たちの仕事ぶりを見ていて
ある意味、そうさせる魅力はあると思えるようになっていました。



今の日本人女性が無くしてしまったもの。



あったかさ・・
かわいさ ・・
気配り  ・・
驚くほどの愛国心と家族愛。




わたくしはほんとの実態は知らないけれど聞いた限りの・・
ジャパゆきさん



贅沢に慣れてしまった日本人。
危機感のない日本人。
だからだれかのために必死に頑張るってことや
自分を捨てても・・ってことはなかなかできません。




それは男性にも言えるかもしれません。



女、子供を守れない。
卵が先か鶏が先か・・
女が男を変えたのか?
ダメになった男が女を変えたのか?



彼女達と付き合っていく中で考えさせられることがいっぱいあります。
これじゃ〜日本はだめですよね。



彼女達はえらい!
”J”のやり方は×だけどそうさせた彼女の辛い現実が
きっとあったに違いないと思えます。





夫婦はお互いを想い、
親は子を守り、
子供は親を尊敬し、
強き者は弱き者を助けて・・
そういう大切なことを忘れないようにしたいものです。







愛には愛で感じ合おうよ
硝子ケースに並ばないように
何度も言うよ残さず言うよ
君があふれてる        ♪





この曲はその「ピィーナちゃん」たちが好んで
お客様をかたわらにカラオケで歌っていた曲です。





お願い

ここにコメントを残してくださる方はせっかくですから
ご自分でブログをお持ちの方は忘れずにそちらのURLを
貼って行ってくださいね。
よろしくお願いします。  
Posted by net_i5750 at 23:50Comments(85)

2007年05月25日

なにしてんの(お水の花道)

思い出せば、毎日が戦場でした。
わたくしがまだ20代だった頃ですので20年近い前の話です。





”今さら”じゃない まだ間に合う yeah
このままずっと今のままでいいはずないんだったら
ホラ なにしてんの               ♪
(SURFACE     唄  なにしてんの お水の花道主題歌)





一番はあの店・・・
会社組織の店舗展開。
当時 その街(小さい)で4店舗。
県外にもチェーン店がありました。




わたくしが勤務した「クラブR」
ホステス32名 ママ チーママ 大ババァ(大ママ)
それにマネージャーとボーイさん数名。




わたくしはその中でママでもなくホステスでもなく
ボーイさんでもない・・・バニーガールでした。





まず、出勤したら大きな声で  ”おはようございまーす!”


声が小さかったら  ”やりなおーし!”
もう一度外に出て入りなおしです。



お次は朝礼、ホステス32名横一列!
わたくしはママ、チーママ、マネージャーと一緒に
ホステス32名と向かい合わせに横並び。


ありがたや、ありがたや・・
ママとマネージャーからのの訓示です。
よく毎日、頭の下がる話のネタがあるもんだと思っていました。



売上! 指名! 
売上! 指名!



大変だったけれどもなぜかあの頃のわたくしたちは
みんなの心がひとつになって愚痴は言いつつ頑張っていました。
みんながまるでお店の兵隊さんでした。



もちろん、もめごともありました。
お客をとったのとられたの・・・
とても殿方には見せられない とっくみあいの喧嘩に
蹴るは・・投げるは・・引っ張るは・・・です。


おまけに 泣く・・叫ぶ。
自分の男を寝取られたわけじゃあるまいし
そんなにムキにならなくてもねぇ〜ってわたくしは思っていました。


お客様は指名料払ってお気に入りの女と飲むんだし
毎日、品がえしたってお客様の自由なんですから・・・






誰かに似た 生き方なんかじゃ 嫌
自分は自分と自信を持って 言いたいんだったら
ホラ なにしてんの              ♪





そんな折、始まっちゃいました。
ナンバーワンホステスの”C”と
トラブルメーカーの ”N”
秘書タイプの品のいい名実共にナンバーワンの”C”は
意地悪”N”の毒舌に堪えかねて店を飛び出してしまいました。




わたくしもマネージャーの目の合図で店を飛び出す。
”C”を追いかける・・・
やめさせたらお店の大きな痛手になります。



もめごと処理はいつからかわたくしの役目になっていました。



バニーガール姿で走るわたくしを見つけて
酔っ払いのおじさんも走る。
(あんたにかまってる暇ないんだよう〜)


”C”も走る。



数日後、結局は”C”は退店して・・
それを機に指名客だったある社長様のお世話になることになり
今もその生活を続けているらしいです。
めでたし・・めでたし・・??
でもほんとにお店は痛手でした。





動き出さなけりゃ そう始まらない
悪い事だけ浮かんできちゃって暗いや イヤ イヤ
”これだ”って思えるものがあるならば
ひとの目ばっかり気にしちゃ損でしょ?      ♪






今はわたくしもお水の世界は無事に卒業。
いや・・・中退でしょうか?





お願い

ここにコメントを残してくださる方はせっかくですから
ご自分でブログをお持ちの方は忘れずにそちらのURLを
貼って行ってくださいね。
よろしくお願いします。  
Posted by net_i5750 at 23:44Comments(36)

2007年05月24日

出逢いのチカラ

今日は「佐賀Iスクエアビル」3階で新しい出逢いがあり
わたくしの楽しみがまたひとつ増えました。



わたくしの記事は文章の緑色の文字の部分、
あるいはアンダーバーがついているところをクリックすると
関連ホームページや過去の記事にリンクできるように
設定していますのでお手間ですが覗いてくださった方が
記事への理解が深まりますのでよろしくお願いします。



リンク先はそれぞれ違いますので楽しんでください。





このフロアーはネット環境を整えたパソコンを11台と
自前のノートパソコンを持ち込んで作業できるように
ハブを取り付けた机などが設置してあって
わたくしたちが気軽に立ち寄って利用できるように
佐賀市が無料で貸し出しているスペースです。





わたくしがいつものようにいつもの場所で眠気と戦いながら
パソコンとにらめっこしているとそこにやってきた賑やかなひとたち。
どう見ても70代には軽くのっているだろうと思える女性が3人です。







いまたとえばここで このまま
なにもいわず 別れたなら たぶん
ぼくたちは二度と会えないような
そんな気がするから        ♪
(AAA      唄   出逢いのチカラ)







わたくしの向かい側でパソコンをいじっていた
彼女たちと同年代と思える男性と顔見知りだったのか挨拶を交わして




★ あら?  あんたパソコンかえた?    (女性A)



◇ う〜ん かえたさい 最新型よ 
  金のあまっとるもんじゃぁ〜 ^^    (女性B)




★ ふ〜ん・・・今度はなんね NEC?  (女性A)





もうひとりの女性はおとなしめなひとなのか
ふたりのこの会話を聞きながらかたわらで微笑んでいます。




わたくしはと言えば・・・・
突然現れた彼女たちのテンポのいいやりとりが
面白く・・・そしてなんとも心地よく耳に入ってくるものだから
つい視線までがそちらの方を向いてにやけてしまいました。




◆ あら〜
  このひとのパソコンはたいがい使い込んどらすばい
  ちょっと見てんしゃい!        (男性)





「このひと」とはわたくしのことです。




☆ あははは^^
  こいでしょ?
  こいは中古で手に入れたけん 古かですよ^^
                   (わたくし)



◇ ほ〜!!
  ほんなごて年期の入っとる
  そして厚かねぇ〜 
  こがんと始めて見たよ たいがい古かね〜 (女性B)




彼女たちの興味はわたくしの古いノートパソコンに集中しました。







ぼくの名前 憶えてくれますか?
いきなり どうしたの?
キミの名前 教えてくれますか?
なんかてれるよね
ぼくの名前呼んでくれますか?
もちろん いいけれど      ♪






☆ こいはうちが使い込んだとじゃなくて
  使い込んであったとばこうたとよ^^
  今日はなんか・・サークル?        (わたくし)





◇ サークルって言うか・・・
  ここに習いに来よるとよ  面々ね・・・(女性B)





彼女はわたくしの隣に座りました。




☆ 習いに?  何かに申し込んで?  (わたくし)




聞いてはみたのですがイマイチ理解出来ませんでしたので
このフロアーの受付の方に説明してもらいました。





● 8人限定おもしろ塾
  (ワンコインおもしろ塾) 1講座 500円

いろいろな講座がありますが彼女たちが参加しているのは
「スロー、スローのパソコン塾」です。





◇ 木曜日にね この先生の時に来よると^^ (女性B)





気がつくと60代後半くらいの男性が仲間に入っていて
その方が先生なのだと彼女がめくばせで教えてくれました。





わたくしは自慢じゃありませんがブログに関する技は
おととしの9月から始めてほぼ毎日の更新の中で
それなりに「習うより慣れろ」で身についてきましたが
基本的なエクセル、ワードなんて勉強したこともなく
まったくの無知なのです。




しかも単なるメールならともかく添付付きメールとやらを
先日やっとの思いで、教わりながら初めて送ったという
実はPC音痴のわたくしです。







◇ あれ?  保存するとこどこ?
  あ〜 やっぱい「XP」じゃなからんばいか〜ん
  こいは難しか  また覚えんばやんね    (女性B)





わたくしの隣でひとりごとです。
彼女のパソコンは「ビスタ」塔載。




☆ すごかぁ〜
  うちよいかすごかやん
  うちなんか エクセルもワードもしたことなかとよ
  ちょっとうちにも教えてくれん?^^    (わたくし)





◇ はぁ〜?
  でも 両手つこうてバタバタはよう打ちよるやんね^^
                       (女性B)



☆ そいとこいとは違うさ
  こいは慣れ・・・ ^^         (わたくし)






ぼくのユメを聞いてはくれますか?
これから いくらでも
ぼくのユメを感じてくれますか?
その瞳をみれば
ぼくのユメを支えてくれますか?
いつでも いつでも        ♪






初めて会ったとは思えない彼女たちの人なつこさと温かさに触れて
わたくしは自分の作業も忘れてその中に溶け込んでしまいました。





木曜日の午後2時〜 (午前10時〜の部もあります)
わたくしの頭にインプット!






お願い

ここにコメントを残してくださる方はせっかくですから
ご自分でブログをお持ちの方は忘れずにそちらのURLを
貼って行ってくださいね。
よろしくお願いします。  
Posted by net_i5750 at 19:30Comments(52)

2007年05月22日

友達はいますか

この記事を読む前に「友達はいますか」 「友達はいますか
友達はいますか」を先に読んでください。




わたくしの記事は文章の緑色の文字の部分、
あるいはアンダーバーがついているところをクリックすると
関連ホームページや過去の記事にリンクできるように
設定していますのでお手間ですが覗いてくださった方が
記事への理解が深まりますのでよろしくお願いします。



リンク先はそれぞれ違いますので楽しんでください。





昨日の夕方です。
早速、おじいちゃんのお見舞いに行って来ました。




おじいちゃんとは「佐賀Iスクエアビル」の3階にある
市民活動センターの一部であるフロアーで知り合いました。




そこはネット環境を整えたパソコンを11台と
自前のノートパソコンを持ち込んで作業できるように
ハブを取り付けた机などが設置してあって
わたくしたちが気軽に立ち寄って利用できるように
佐賀市が無料で貸し出しているスペースです。




昭和7年生まれだという彼はパソコンを使いこなし
ドイツ文学研究会に参加しているハイカラなおじいちゃんです。






ほろにがい青春の
永遠のテーマですか
男の子 女の子
その間の友情は      ♪
(シャ乱Q     唄   友達はいますか)






そのおじいちゃんが交通事故に合って足のすねを骨折し
市内の病院に入院しているというので・・・




ナースセンターで病室を尋ねて部屋の前まで行くと
おじいちゃんは入り口に一番近い手前のベッドで
外向きに座ってパソコンをいじっているものだから
すぐにわたくしと目が合いました。
6人部屋の大部屋です。




★ あらぁ〜 ^^       (おじいちゃん)




予測していなかったのでしょう。
目を丸くしてニコニコしています。
顔色もよくて元気。




☆ パソコンさるっとねぇ〜 ^^
  ネットはいくらなんでもされんとやろ?  (わたくし)



★ うん・・・
  ネットはできんねぇ〜^^
  なんでわかった〜?           (おじいちゃん)



☆ Iビルの受付のひとに聞いたさ
  あんまい姿の見えんけんね
  でも詳しかことはわからんって言わしたけん
  先生(おじいちゃんのこと)の息子さんに電話して聞いた^^
                     (わたくし)



★ 僕もね あなたに手紙でも書いて知らせろうと思うて
  ズボンのポケットに入ってるはずのあなたの名刺を
  息子に持って来てって頼んだとこやった・・・^^
                      (おじいちゃん)




わたくしは心の中で惜しいことをしてしまったと思いました。
どんな内容であれ男性からの手紙なんて
もう何十年ももらっていないので是非もらってみたかった・・・




★ ネットができんってさびしいねぇ〜  (おじいちゃん)




☆ う〜ん・・・
  病院でもネットのできるごとなったら最高やろうね〜^^
                    (わたくし)






友達はいますか?
親友ですか?
友達はいますか?
楽しくやってますか?  ♪






☆ ねぇ〜 息子さんって何歳?      (わたくし)



★ 33になるよ 三男やけんね^^   (おじいちゃん)




☆ ふ〜ん・・・
  ところで息子さんってさ 痩せてもなく太ってもなく・・・
  でも丸っこい顔やろ?
  うちが想像するところ・・・^^   (わたくし)



★ うん・・・なんでわかる?      (おじいちゃん)




☆ 声の出方ってさ 骨格に関係するやん
  だけん そがん気がしたと^^    (わたくし)



★ へぇ〜・・・そうかぁ〜
  あの子はやさしすぎてねぇ〜  やわらかい性格^^
                   (おじいちゃん)



☆ そうやろうね  話し方でわかるよ  (わたくし)




★ あっ! そう言えば 何日前やったかなぁ〜?
  ラジオで「テレサテン」の歌が流れとって
  彼女の歌はいいねぇ〜
  歌い方も気に入った^^
  それで思い出したとけど あなたのブログは
  歌のタイトルになってて歌詞を載せたりしてたから
  彼女の歌を使ってる日があったら教えてもらおうと思ってさ
  読んでみたいから・・・      (おじいちゃん)




☆ なんかあったような〜 なかったような〜?
  調べとくね^^          (わたくし)




★ うん・・・!
  文章にちょいちょい歌詞が入るのは
  あれはいいアイディアだよね^^   (おじいちゃん)




☆ あれやろう〜 
  あれがなかなか時間かかるとよ〜
  話の内容に合わせて探すとよ
  「うたまっぷ」ってとこの歌詞検索でね。
  どがんかしたら文章つくるとより時間かかるっちゃん^^
                    (わたくし)



★ ほ〜! そういうこと・・・^^   (おじいちゃん)




☆ そうそう〜  
  歌詞の問題だけじゃなくて
  メカに弱かうちがいろいろ検索したり
  おまけに検索したとばリンク貼ったり
  ざっとなか作業たい^^        (わたくし)






友達はいますか?
楽しくやっていますか?






目を輝かせてわたくしの話を聞いているおじいちゃん。
後ろ髪引かれたけど思い切って・・・




☆ また来るけんね
  まだしばらくおるやろうけん^^     (わたくし)




★ うん また来て!
  早く帰りたいけどさ
  もうこの年だから そう簡単にはね^^  (おじいちゃん)





☆ 来るよ^^             (わたくし)





 
お願い

ここにコメントを残してくださる方はせっかくですから
ご自分でブログをお持ちの方は忘れずにそちらのURLを
貼って行ってくださいね。
よろしくお願いします。  
Posted by net_i5750 at 21:10Comments(58)

2007年05月21日

友達はいますか

この記事を読む前に以前の記事で「友達はいますか」と
友達はいますか」を先に読んでください。





わたくしの記事は文章の緑色の文字の部分、
あるいはアンダーバーがついているところをクリックすると
関連ホームページや過去の記事にリンクできるように
設定していますのでお手間ですが覗いてくださった方が
記事への理解が深まりますのでよろしくお願いします。



リンク先はそれぞれ違いますので楽しんでください。




わたくしがちょくちょくお世話になっている場所。
佐賀Iスクエアビル」3階にあるスペース。



ここはネット環境を整えたパソコンを11台と
自前のノートパソコンを持ち込んで作業できるように
ハブを取り付けた机などが設置してあって
わたくしたちが気軽に立ち寄って利用できるように
佐賀市が無料で貸し出しているスペースです。




この場所で知り合ってお友達になったおじいちゃん
昭和7年生まれだというはパソコンを使いこなし
ドイツ文学研究会に参加しているハイカラなおじいちゃんです。






友達はいますか?
親友ですか?
友達はいますか?
楽しくやってますか? ♪
(シャ乱Q    唄   友達はいますか)





毎日のようにこの場所に通って来ているはずのおじいちゃん
このところ、なぜか会うことがありませんでした。




変なお天気も続いたし・・・
自転車でやって来るおじいちゃんなので
用心して出て来るのをひかえているんだろうかと
わたくしは思ったりしていたのですが
ここ2日間は夏日のような晴天でしたのに
それでもおじいちゃんの姿を見かけなかったので
気になって受付のひとに聞いてみました。





この時の受付には痩せ型の男性とふくよかな女性のふたり。
どちらも50代後半から60代のひとに見えます。



ここではボランティアの方々が午前9時から午後10時までの
年中無休のお仕事を交代で勤務してくださっています。




☆ あの・・・最近 おじいちゃんば 見らんですねぇ〜?
                      (わたくし)



★ あ〜 おじいちゃんね ○○さんのことでしょ?
                      (女性)



わたくしが「おじいちゃん」とだけしか言わないのに
しっかりと誰のことだかわかるところがすごいです。





☆  そうそう・・・^^         (わたくし)



★ そういえば ずっと見ないですねぇ〜   (女性)




◆ あのおじいちゃんなら怪我されたそうですよ
  なんか交通事故に合って骨折したとか・・・ (男性)




☆ はぁ〜?  交通事故?  
  骨折ってどこば?            (わたくし)




◆ いや〜 ・・・
  わたしも詳しいことは聞いとらんとですよ
  息子さんってひとがみえてね
  そんな言って・・・
  ここに置いてる荷物ば少し持って来てって言われたから
  取りに来たって・・・         (男性)





おじいちゃんはこのフロアーにあるロッカーに
自分のノートパソコンや勉強のための資料などを置いています。





☆ あらぁ〜 いつやったとやろうか・・・?
  近頃 見らんねぇ〜って気になっとって・・・
  はよう(早く)聞けばよかったねぇ〜   (わたくし)







疑わずに君は受け止めてくれるけど
もし僕が異星人だったら
どうするだろう          ♪






おじいちゃんの骨折の具合も入院したのかしないのか・・・も
詳しいことは何もわからないのだということで
何だかもやもやした気分のまま帰ろうとして
わたくしはふと思い出しました。




◇ 僕の息子の携帯の番号を教えとくから・・・(おじいちゃん)




そう言って教えてくれた番号をわたくしの携帯に
登録していたってこと・・・
おじいちゃん自身は携帯電話は持っていません。





ちょっと考えましたがやっぱり気になって仕方なかったので
思い切って電話してみました。




☆ 夜分遅くすみません
  ○○という者ですけど・・・      (わたくし)




午後10時までIビルにいた帰りですので
「夜分遅く・・・」になってます。




◇ あ〜・・・はい・・・?      (息子さん)





☆ 突然ですみません^^
  あのですね  
  お宅のおじいちゃんとしょっちゅうIビルの3階で会って
  一緒にパソコンしよるとですけど
  ここんとこずっと見かけんし気になっとったとですけど
  今は何かと個人情報がどうとか言うけん
  聞くとば遠慮しとったとですけどね
  今日はたまりかねてちょっと受付のひとに聞いたとですよ〜
  そしたら・・・             (わたくし)





最初は警戒した感じの息子さんでしたが
ここまで話すと電話の向こうの彼が
笑顔になってくれたようでした。





◇ あ〜 Iビルでですね〜^^       (息子さん)





☆ はぁ〜い Iビルです^^
  受付のひとがおじいちゃんが交通事故に合って
  骨折したらしかって・・・
  どがんふうですか?
  どこば骨折さしたと?          (わたくし)




◇ 足のすねのとこですよ          (息子さん)




☆ 足のすねね〜  
  うちがよう行きよる喫茶店のマスターが
  おじいちゃんとおんなじような年代でね
  2年前の交通事故で足首骨折して4ヶ月入院やった
  でも今は元気で立ち仕事もちゃんとしよらすよ
  お宅のおじいちゃんも元気やけん
  大丈夫やろう?            (わたくし)





この喫茶店のマスターとは
佐賀市唐人町「喫茶珈茗爾」のマスターのことです。





◇ ははは^^
  そがんでしょうねぇ〜       (息子さん)





おじいちゃんの入院先も息子さんに聞きました。




☆ いつやったか 
  「僕に息子の携帯の番号教えとく・・」って
  聞いて登録しとったこと思い出したもんやけん
  失礼かと思いはしたとけどどうでも気になって
  かけさせてもらいました^^
  すみませんね・・・        (わたくし)




◇ いやぁ〜 ありがとうございます!
  なんか伝えましょうか?     (息子さん)





☆ よかですよ  病院に行ってみます
  もし うちがたどり着くとより
  あなたが先に行ったら ○○から電話あったってだけ
  言っといてください^^      (わたくし)








満月の夜だから
大好きな君とだから
今夜なら Happy Time
話すことは山程さ     ♪






◇ はい^^             (息子さん)





育ちのよさそうな・・・
穏やかそうな・・・
声の感じから受ける息子さんのイメージです。





お願い

ここにコメントを残してくださる方はせっかくですから
ご自分でブログをお持ちの方は忘れずにそちらのURLを
貼って行ってくださいね。
よろしくお願いします。
  
Posted by net_i5750 at 05:48Comments(44)

2007年05月19日

お詫び

このところ、私事が忙しくて
更新が出来なかったり遅れたりの状態になっています。
ごめんなさい。
決して体調が悪いわけではありませんので
ご心配なく・・・^^

  
Posted by net_i5750 at 15:45Comments(44)

2007年05月17日

旅立ちの日に

この記事を読む前に前日の記事で
旅立ちの日に」を先に読んでください。



わたくしの記事は文章の緑色の文字の部分、
あるいはアンダーバーがついているところをクリックすると
関連ホームページや過去の記事にリンクできるように
設定していますのでお手間ですが覗いてくださった方が
記事への理解が深まりますのでよろしくお願いします。



リンク先はそれぞれ違いますので楽しんでください。




昨日、派遣会社からの仕事で半年の契約ということで
佐賀から滋賀県へ旅立った彼女・・・



彼女はわたくしの携帯電話販売取次ぎの仕事で知り合った
長年のお客様であるHさんの娘さんであり
わたくしが副業としている「掃除屋さん」のよき相棒でした。




そして彼女は22歳。
今年で26歳になる息子殿を持つわたくしにすれば
娘のようなものです。






限りなく青い空に 
心ふるわせ
自由を駆ける鳥よ
ふり返ることもせず  ♪
(ハレンチ☆パンチ    唄  旅立ちの日に)





今夜、気になって携帯メールしてみました。

 大丈夫かい?         (わたくし)


 帰りたか〜          (彼女)


 帰りたか〜?? 仕事はしたと? (わたくし)




いきなりの「帰りたか〜」にわたくしは慌てました。




 仕事は明日から・・・
       でも明日は見学だけやろうけど
       がばい暇すぎてずっと100均でこうた
       ゲームばしよった  軽いホームシック ><
                        (彼女)


 あ〜 まだ仕事はしとらんとね〜
       部屋はひとり?          (わたくし)




彼女は半年間お世話になる会社の女子寮に入っているのです。




 ひとり部屋よ
       テレビだけがお友達さ・・・    (彼女)






懐かしい友の声
ふとよみがえる  ♪





何だか数回のメールから彼女の寂しさが伝わるようで
たまらなくなって今度は電話をかけてみました。



☆ ははは^^
  なんね もう帰りたかと?      (わたくし)



★ 笑わんでよ〜  
  大丈夫! がんばってみっけん    (彼女)



☆ がんばらんでよかばい^^     (わたくし)



★ ばってんね〜
  うち もう電車とか乗りきらんもん
  だいか 滋賀まで迎えに来てくれたらよかばってん
                   (彼女)



☆ いくらなんでんねぇ〜
  うちもせめて福岡くらいなら詳しかけん
  迎えに行ってやるばってん
  滋賀までは行ききらんばい^^   (わたくし)



★ そがんよねぇ〜^^        (彼女)



☆ あっ! よか!
  うちの知り合いの長距離運転手
  途中で拾って帰ってきてって頼んでやろうか?^^
                  (わたくし)



★ え〜 恐かけん よかぁ〜   (彼女)



☆ なんがね うちの知り合いに恐か人間なんか おらん!
                   (わたくし)



★ そっかぁ〜^^         (彼女)  




・・・などと言いながらも彼女の声は明るくて
わたくしはとりあえず安心しました。




☆ あ〜!
  もっとよかこと考えたばい
  あんたは京都まではがんばって出てきんしゃい
  うちはあんたのお父さんに
  娘ば迎えに行ってくるけん
  京都までの新幹線代ばくれんねって言うて
  しっかりもろうてから京都まで迎えに来てやるばい ^^
  そいからふたりで帰ってくればよかやん
                      (わたくし)



★ へぇ〜  お父さんにそこまで言う??^^   (彼女)




☆ うん! 大丈夫・・・  
  うちが言えば いやって言いきらっさんさ^^ (わたくし)




★ へへへ〜^^  そうかも〜
  でもうちがんばる!
  お父さんば泣かせたくなかけん
  最低2ヶ月はがんばってみるけん!  (彼女)




☆ お〜!!
  がんばってみるわけね^^
  わかった!
  でも無理はしたらいかんよ〜   
  なんかあったらいつでん電話しんしゃい! (わたくし)







勇気を翼にこめて
希望の風にのり
この広い大空に夢をたくして  ♪






わたくしは彼女のお父さんであるHさんに電話を入れました。



☆ 娘がねぇ〜
  お父さんば泣かせたくなかけん
  最低2ヶ月はがんばるって言うたばい^^  (わたくし)



◆ そうやぁ〜^^             (Hさん)



嬉しそうな声です。




☆ でもどうにも堪えられん時には
  帰って来てよかとばいって言うたら
  「もう電車に乗りきらんけん
  だいか滋賀まで迎えに来てくれたらねぇ〜」って
  バカなことば言いよったよ^^     (わたくし)




◆ ははは^^
  そんときはおいがあんたの分まで交通費出すけん
  一緒に迎えに行ってくれんね^^    (Hさん)




☆ よかよ〜^^            (わたくし)





お願い

ここにコメントを残してくださる方はせっかくですから
ご自分でブログをお持ちの方は忘れずにそちらのURLを
貼って行ってくださいね。
よろしくお願いします。  
      
Posted by net_i5750 at 23:44Comments(68)

2007年05月16日

旅立ちの日に 

この記事を読む前に以前の記事の「幸せの色」と
未来」 「ありがとう」を先に読んでください。





わたくしの記事は文章の緑色の文字の部分、
あるいはアンダーバーがついているところをクリックすると
関連ホームページや過去の記事にリンクできるように
設定していますのでお手間ですが覗いてくださった方が
記事への理解が深まりますのでよろしくお願いします。



リンク先はそれぞれ違いますので楽しんでください。





わたくしの副業のひとつである「掃除屋さん」の
よき相棒だったHさんの娘さんの今日はちょっとした旅立ちの日。




彼女は今日から半年の予定で滋賀県へ仕事をしに行ったのです。






白い光の中に
山なみは萌えて
遥かな空の果てまでも
君は旅立つ      ♪
(ハレンチ☆パンチ    唄   旅立ちの日に)





先週の彼女からの携帯メールで知りました。

 来週になったら滋賀県に仕事に行くことになりました
                         (彼女)


 はぁ? なんで? 何の仕事?  (わたくし)


 派遣の仕事でね 液晶テレビの工場で
       パネルのガラスの目視検査するとよ  
       半年・・・            (彼女)



彼女は派遣会社に登録をしていたのですが・・・




わたくしは突然のことでびっくりしました。
しかも滋賀県・・・?
これまで親元を離れたこともなく
どちらかというと人見知りする方で人と関わり合うのが
苦手なんだという彼女が見知らぬ街で頑張れるのかと
何だか心配になりました。




そして・・・
わたくしは元夫のもとを出て初めてひとり暮らしを始めた
博多での生活を思い出していました。






懐かしい友の声
ふとよみがえる
意味もないいさかいに
泣いたあのとき
心かよったうれしさに
抱き合った日よ      ♪





 誰かさんのことやっけん ホームシックになって
       さみしゅ〜して(さびしくて)
       すぐ帰ってくるとじゃなか?
       待っとくけん!^^      (わたくし)



 かもね^^
      誰かさんは初めてのホームシック体験かも?
      行く前にそがんこと言わんでくれん><  (彼女)



 そいよいか お父さんの泣かすとじゃなか?
       そがんかことは男の方が弱かもんね^^
                          
                        (わたくし)




旅立ちの日は彼女のお父さんであるHさんが
博多駅まで送るそうで・・・・



 うちの前で泣かんでほしかけん・・・
       家出やなかけん大丈夫やろ^^
       お父さんのよき相談相手になってくんしゃい
                        (彼女)




わたくしに彼女のお父さん(Hさん)の
相談相手になってくれと言うのです。




 もっと掃除屋さんばしたかったぁ〜 (彼女)



 誰かさんが帰ってくる頃にはまたあるさ
       12月くらいやろ?       (わたくし)




時期的に12月くらいから4月くらいまでが
「掃除屋さん」は忙しいのです。




 あるぎやかなぁ〜 ^^      (彼女)






いま別れのとき
飛び立とう未来信じて
弾む若い力信じて
このひろい このひろい大空に ♪







今朝・・・

 出発した?
       つらかったら我慢せんでよかけん
       帰ってこんばよ         (わたくし)



 新幹線の中・・・
      わかってるよ 
      なんか カァちゃんみたいだね^^
      心配してくれてありがとう!     (彼女)







わたくしの息子殿も2月27日から10ヶ月の予定で
中国に語学留学に行っています。
彼女は他人様の娘さんなのですが
何だか自分の娘の旅立ちのように感じています。





 女は男とは違うとけん
      なおさら わざわざ苦労する必要なかばい
      いつも言うやろ?
      女は守ってもらってなんぼたい!  
      とにかく無理に我慢せんでよかけん
      いつでん帰ってきんしゃい^^  (わたくし)




 了解なり・・・^^     (彼女)





お願い

ここにコメントを残してくださる方はせっかくですから
ご自分でブログをお持ちの方は忘れずにそちらのURLを
貼って行ってくださいね。
よろしくお願いします。  
       
Posted by net_i5750 at 12:58Comments(38)

2007年05月14日

帰らざる日々


最後の電話 握り締めて
何も話さずただじっと
あなたの声を聞けば何もいらない
いのちをのみほして目をとじる
バイバイバイ私のこころ
バイバイバイ私のいのち
バイバイバイバイマイラブ    ♪

(アリス     唄  帰らざる日々)
 



この唄を聴くと思い出します。
昔・・夜の勤めの頃のこと。





わたくしの記事は文章の緑色の文字の部分、
あるいはアンダーバーがついているところをクリックすると
関連ホームページや過去の記事にリンクできるように
設定していますのでお手間ですが覗いてくださった方が
記事への理解が深まりますのでよろしくお願いします。



リンク先はそれぞれ違いますので楽しんでください。






フィリピンの娘とも働きましたが
お店の方針でしばらくポーランドの娘たちとも働きました。
その中のRって娘・・・
日本は初めてっていう娘でした。



彼女たちはお金のためにこんな日本に来て
言葉の壁から始まって・・
残してきた家族や恋人への想いもぐっと心の中。



いろんな辛さを乗り越えながら
とりあえずの半年を過ごすのです。
半年で1度は帰国しなければならないので・・・



人気がでてお店からのリクエストがあれば
また同じお店に戻って来たりします。
それがなければ次回は日本のどこか違うお店へ行かされるのです。
だから必死です。



仕事は日本人のホステスと変わらない仕事の上に
ショータイムまでこなさなければいけません。
指名もとって・・売り上げも上げて・・・


彼女たちとの会話のためにと
わたくしもポーランドの言葉の本も買って
一生懸命でしたが・・ダメ・・でした。



彼女たちが日本語(佐賀弁)を覚えるのが早いのです。
カラオケまでいつのまにかマスターしています。



昼間のうちに毎日のように
お店でショータイムのダンスの練習をするので
たぶんその時に唄の練習もするのです。
衣装だって自分たちで縫っているのを見かけました。




ある時、来たばっかりで日本語なんてまったくだったR。
少しずつ覚えてるなぁっては思っていたけれど
びっくりしました。


お客様を横に・・ステージでカラオケ。



バイバイバイ ワタシノ アナタ ♪



「えっ〜! うそやろ〜・・・」とわたくしは唖然としました。




☆ ネェー・・イミワカッテル??   (わたくし)



・・・って聞いてみました。




★ ウン・・
  ママ・・・ ワカルヨ・・ジサツスルウタ  (R)







酒びたりの日も今日限り
わたしは一人で死んでゆく
この手の中の夢だけを じっと握りしめて ♪






それもびっくりだけれど
そういう唄を好んで歌ってるRの心のうちが
何だかわたくしは心配でした。




でも彼女はあっという間にナンバーワンになりました。
日本人好みのポーランドの娘の割りには小柄で
グラマーな娘ででしたし・・金髪が綺麗で・・・




もうひとつ驚いたのは彼女は鯉料理が好きで
中でも鯉こく(鯉の味噌汁)が大好きでした。
その頃はわたくしは免許はあるけど車がなくて
鯉料理で有名な町に連れて行ってあげたくても
なかなか実現できなかったので
お客様で信用できる歯医者さんにお願いして
彼女を連れて行ってもらいました。




創作川魚料理料亭龍泉荘



このお店のことは「」という記事でも紹介しています。
読んでみてください。





先生曰く・・・


◆ そいがさ〜
  せっかくの個室やったばってん
  仲居さんの入れ代わり立ち代わり料理ば運んでくるたんび
  
  「わぁ〜 かわいかぁ〜^^」

  「色んしろうして きれいかぁ〜^^」とか言うて

   なかなか出て行ってくれんけん
   ふたりっきりになんかなれんやったとばい (泣
                         (先生)




ここは料理の品の数だけ入れ代わり立ち代わり・・・
それぞれに違う品のいい仲居さんが料理を運んでみえるのです。





☆ ははは〜^^
  そりゃぁ〜  残念やったね 先生!    (わたくし)




◆ うん・・・ははは〜^^          (先生)





そんなこと言ってても実は真面目な先生なのです。






帰らざる日々←ここをクリックすると音楽が流れます。




お願い

ここにコメントを残してくださる方はせっかくですから
ご自分でブログをお持ちの方は忘れずにそちらのURLを
貼って行ってくださいね。
よろしくお願いします。    
Posted by net_i5750 at 19:50Comments(44)

2007年05月12日

スマイル 

この記事を読む前に以前の記事で
スマイル」を先に読んでください。





わたくしの記事は文章の緑色の文字の部分、
あるいはアンダーバーがついているところをクリックすると
関連ホームページや過去の記事にリンクできるように
設定していますのでお手間ですが覗いてくださった方が
記事への理解が深まりますのでよろしくお願いします。



リンク先はそれぞれ違いますので楽しんでください。




3月6日のあの日をきっかけに給油の折の2回に1度は
利用するようになった佐賀市内のあるセルフ式ガソリンスタンド。




でも・・・
あれからはあの彼の姿を見たのは1度だけで
その時にわたくしは彼からもらっていたメンバーズカード
(現金特別会員証)を「ちゃんと持っとるよ〜!」って
言葉のかわりに離れた場所にいる彼にも見えるように
手に握ったカードを頭の上で振って見せた。




それを見て彼はニッコリと微笑んで軽く頭を下げてくれて・・・







スマイルしようね
とんでもないことがおきてもさあ   ♪
(ホフディラン     唄   スマイル)






そして・・・
先日の5月8日の火曜日にもあの笑顔に逢えるかどうか
半信半疑の想いで寄ってみました。
車を止めてトリップメーターを「0」に戻して給油口の扉を開け
いざ給油・・・と「えっ! カードがない」




思いあたる場所をささっと探してみましたが見つからないので
仕方なくわたくしは諦めてカード無しの状態で
給油することにしました。





★ このカードつこうて(使って)ください
  2円安くなりますから・・・
  これ・・・あげます^^        (彼)




そう言って彼がくれたカードでした。






ねぇ 笑ってくれよ 
心配はいらないよ
ねぇ 笑ってくれよ
さっきまでの調子で    ♪






わたくしが給油までの段取りを済ませて
給油口のキャップを開けようとするとなんとあの時と同じように
びくとも動いてくれません。
そういえば前回はセルフを利用せずに普通のスタンドに入ったので
そこのスタッフのお兄さんにガソリンを入れてもらったのでした。
ということはキャップも・・・
あ〜・・・またも〜




途方にくれて辺りを見回したわたくしの目に映ったのは
不自由な足をひきずりながら駆け寄ってくるあの彼の姿でした。




☆ あ〜! 
  あのね  またあからんよ〜     (わたくし)




★ ありゃ!   またですか?      (彼)



☆ うん・・・また・・・^^      (わたくし)





キャップと格闘してくれている彼の背中が眩しく思えました。





★ カードは持っとるですか?     (彼)




☆ そいがね なくしたごたっよ   (わたくし)




★ そんなら またあげます^^   (彼)





はずしたキャップを片手で渡しながらもう片方の手で
Yシャツのポケットの中からカードを取り出して・・・




☆ ありがとう!  ごめんね^^   (わたくし)




★ よかですよ 
  またなくしたらそこのインターホンで呼んだら
  持って来ます^^            (彼)





☆ うん・・・わかった
  でも ちょこちょこ来よるとけどおらんやったよ
  毎日はおらんと?           (わたくし)




★ はい^^
  毎日はおらんとです          (彼)







もうすぐだね あと少しだね
その時の笑顔で
すべてをチャラにしよう   ♪





☆ 今からこの車ば 車検に持って行くとよ^^  (わたくし)




★ あ〜 そうですかぁ〜 気をつけて行ってください^^
                       (彼)






彼の「Yahoo!メッセンジャー - スマイルマーク」みたいな笑顔は
健在でした。







追記


なくしたと思ったスタンドのメンバーズカードは
車のシートの下にでも落としていたのか
車検が終わると整備工場のお兄さんが
助手席のところにちゃんと置いてくれていました。





お願い

ここにコメントを残してくださる方はせっかくですから
ご自分でブログをお持ちの方は忘れずにそちらのURLを
貼って行ってくださいね。
よろしくお願いします。    
Posted by net_i5750 at 23:40Comments(58)

2007年05月11日

ど根性ガエル

この記事を読む前に以前の記事で
ど根性ガエル」を先に読んでください。




わたくしの記事は文章の緑色の文字の部分、
あるいはアンダーバーがついているところをクリックすると
関連ホームページや過去の記事にリンクできるように
設定していますのでお手間ですが覗いてくださった方が
記事への理解が深まりますのでよろしくお願いします。



リンク先はそれぞれ違いますので楽しんでください。





突然、何を目覚めたかインターネットを始めたいと言い出した
トラック野郎」のKさん宅には先月無事に
ネット環境設備が整いました。




Kさんが暮らす地域はまだ「」のサービス地域ではなかったので
「ADSL」ということになりました。





この世で1匹!
平面ガエルの
ピョン吉さまは
クワックワックワッとは
鳴かないで
根性 根性 ど根性    ♪
(石川進     唄   ど根性ガエル)






ところがネット環境工事が終わって数日経った頃に電話を入れると



★ そいがさ〜 もうお手上げよ
  キーボードの叩きかたも知らんけんさ〜
  文字の変換どころの話じゃなかし・・・  (Kさん)




せっかく買ったパソコンは部屋のインテリア状態とか・・・




☆ そりゃ 地道に慣れるしかなかさ^^  (わたくし)





それで終わっていたのですが・・・
今日はまた気になったので電話を入れてみました。





☆  どがんしよるね?
   パソコンは?            (わたくし)



★  ぜ〜んぜん ダメばい 扱いきれん・・・^^
                     (Kさん)



☆ ・・・て言うて 
  また休みはパチンコに行きよるとやろ? (わたくし)




★ そう〜たい!
  パチンコやめるためにもパソコンば覚えろうって
  そいけん こうた(買った)とにさ〜^^  
                    (Kさん)




わたくしはここで始めて彼がパソコンを始めようとした
ほんとの理由がわかりました。




☆ このバカチンがぁ〜
  そいけん うちが中古でちょうどやかさいって言うとに
  しっかい新品こうて・・・
  あげくにうちでさえ持たん 複合機とおまけに
  しっかい 無線ルーターまでこうてさ・・・^^ (わたくし)



★ はははは〜^^
  「カタチから入らんば!」って言うてなぁ〜
  はははは〜^^         (Kさん)




☆ 笑いごとじゃなかさい!
  ちゃんと勉強せんばよ〜
  今日はどこにおるとね?    (わたくし)




彼は長距離トラック運転手なので・・・



★ 今はね 浜松で荷物の積み込みしよった^^ (Kさん)




☆ いつが休みね?       (わたくし)



★ 来週の日曜日しかなか・・・   (Kさん)



☆ 来週ってあさってばい・・?     (わたくし)



★ あ〜 ごめん ごめん!
  その次たい^^        (Kさん)  
 




何とも・・・憎みきれない茶目っ気のあるひとです。





ドッコイ生きてる
シャツの中
ピョコン ペタン ピッタンコ
ピョコン ペタン ピッタンコ   ♪





☆ そんならその日曜日に
  パソコンかかえて出てきんしゃい!
  せっかくやっけん インターネットの仕方くらい
  はよう覚えんばろうもん^^     (わたくし)




★ うん!^^            (Kさん)




☆ 授業料はね〜
  浜松の 「うなぎパイ」でよかばい^^ (わたくし)



★ うなぎパイ・・・??
  なんか聞いたことあんねぇ〜      (Kさん)




☆ 浜松って言えば うなぎパイばい^^  (わたくし)




★ そうやぁ〜 そいぎん(それなら)こうてくったい^^
  ところでおいはまたブログのネタやろ?
                      (Kさん)



☆ とう〜ぜん^^            (わたくし)




★ はははは〜^^ やっぱし〜
  パチンコやめるためにパソコンこうて
  手におえんでまたパチンコに走るバカ・・って??
  はははは〜^^            (Kさん)







(セリフ)
にくいよーッ! このオ
ど根性ガエル!






5月20日(日曜日)のお約束。
想像しただけでも今から笑えてきてしまうわたくしです。




お願い

ここにコメントを残してくださる方はせっかくですから
ご自分でブログをお持ちの方は忘れずにそちらのURLを
貼って行ってくださいね。
よろしくお願いします。     
Posted by net_i5750 at 23:29Comments(113)

2007年05月10日

人にやさしく 

この記事を読む前に以前の記事で
人にやさしく」を先に読んでください。




わたくしの記事は文章の緑色の文字の部分、
あるいはアンダーバーがついているところをクリックすると
関連ホームページや過去の記事にリンクできるように
設定していますのでお手間ですが覗いてくださった方が
記事への理解が深まりますのでよろしくお願いします。



リンク先はそれぞれ違いますので楽しんでください。




人にやさ「しく」で紹介した「真右ェ門窯」の息子さん。
わたくしの大好きな擬似家族、有田のとうちゃん宅
時おり訪れるという彼は偶然にもわたくしのブログの読者だと
とうちゃんからの電話で知らせれたのですが・・・




◆ 自分もブログ書きよるとばってん
  どがんしたら佐賀県1位とかになるごと
  見てもらえるとかって教えてくれってばい^^
  おうて(会って)みるや?
  1回おうて教えてやらんか〜    
  ・・・・・・・      (とうちゃん)




真右ェ門窯の日常」←彼のブログです。
           クリックしてみてください。







僕はいつでも 歌を歌う時は
マイクロフォンの中から
ガンバレって言っている
聞こえてほしいあなたにも
ガンバレ!          ♪
(THE BLUEHEARTS    唄   人にやさしく)






有田陶器市」も終わって彼が落ち着いたと思える5月7日。
武雄自動車学校」に久々顔を出す用事がありましたので
ついでに有田まで足を伸ばしてとうちゃん宅へ行き
彼にもそこで会うことになりました。





すでに両親は亡くなっていて兄弟(姉妹)もいない
ひとりっこだったわたくしにとって
とうちゃん夫婦とその家族は大切な擬似家族です。





佐賀市内から武雄市までは車でほぼ40〜50分。
武雄市から有田まではさらに20分ほどかかります。
わたくしは「武雄自動車学校」を出る時に有田のかぁさん
彼に連絡電話を入れました。




たどり着くととうちゃんはいつものように
ガレージを木工の作業場にしてしまった「城」でお仕事中。
そのかたわらににこやかな彼がいたのですが
3月にとうちゃん夫婦から彼の電話番号を教えてもらって
これまで何度か話をした時の声と話し方から想像していた顔・・・
まさにドンピシャだったのでわたくしはびっくりしました。




おかげで初めて会った気がしません。
短髪でやや丸顔・・穏やかな瞳。




◇ 今日はおまえたちの見合いたい^^    (とうちゃん)



☆ 見合い〜?
  なんて言いよんね!
  親子ばい 親子! 
  うちの息子が6月で26でね
  このひとが27ってけんさ^^     (わたくし)




★ ほう〜 そうかぁ〜・・・
  しかし そがん思うて見たら
  あんたは若かばい^^       (かぁさん)




☆ そりゃ うちは20歳(はたち)ん時には
  もう息子ば産んどったけんさ〜    (わたくし)






人は誰でも くじけそうになるもの
ああ 僕だって今だって
叫ばなければ やりきれない思いを
ああ 大切に捨てないで      ♪





いつもなら台所のところにある勝手口から上がりこんで
パソコンとテレビがある居間で過ごすのですが
この日は違っていました。




★ 玄関から上がりんしゃい!      (かぁさん)



☆ はぁ〜?
  うちもや?
  玄関から入らんば〜?       (わたくし)



★ そがんさい^^         (かぁさん)




初めてのことでドアの開け方さえわからないで
アタフタしていると・・・





◆ 引き戸ですよ^^        (彼)



☆ 引き戸・・・ね^^
  何しろ 玄関からとか初めてやっけんさ   (わたくし)





ふたり揃っておそるおそる家の中へ・・・
親子ほどの歳の違いを棚に上げれば
なんとも可愛い姿だと自分のことながら笑いたくなりました。




条件反射のように居間へ向かうわたくしに・・・



★ こっちじゃなかばい
  客間に行かんね  せっかくやっけん
  話もせんばろうが・・・^^      (かぁさん)





何だかとうちゃん夫婦に茶化されっぱなしですが
彼はちゃんと既婚者です。
4月20日に二人目のお子さんが誕生したばかり。
上のお子さんは男の子で今度は女の子だったと嬉しそうです。





★ こんひとと話ばする時は考えてせんば
  うかつに喋りよったらブログに書かるっけんね〜^^
                     (かぁさん)



☆ ははは^^
  ばってん 書いてよかことと悪かことは
  ちゃんと考えて書きよるさい
  ねぇ〜・・・^^           (わたくし)




「ねぇ〜^^」とわたくしから同意を求められて彼が



◆ 愚痴 悪口 自慢話(自分自身の) 
  のろけ・・・は極力書かない・・・やったですね^^
                     (彼)



☆ そうそう・・・
  うちの決めごとたい
  できるだけ笑えることがよかもんね^^ (わたくし)





彼には電話で質問を受けた時に
わたくしがブログを書く時に気をつけていることを
話しておいたのです。




そのそばではとうちゃん宅の可愛い孫の
たいご」と「ゆみか」が大暴れです。




★ たいご〜 
  じいちゃんのなまえはなんやった?  (かぁさん)



◇ ・・・・・            (たいご)



★ じいちゃんのなまえさ
  あんた ちゃんといいきったろう?  (かぁさん)




◇ う・・・ん・・・ひですけしゃん!^^ (たいご)






そんな「たいご」たちを見つめる彼の横顔は
立派な優しい父親の顔です。





◆ あ〜 そうそう・・・
  あのですね〜 
  「みのもんた」が出とる朝の番組・・・
  そこからいきなり電話のかかってきてですね
  大家族の特集とかで取材に来るって言われたとですよ〜^^

                        (彼)




☆ へぇ〜!
  すごいやん^^              (わたくし)





◆ でもですね
  うちはだいたい4世代が一緒におるとですけどね
  今は嫁がお産で子供連れて実家に帰っとるけん
  戻った頃に来てくてれんば 3世代しかおらんですもんね^^
                        (彼)




☆ ははは^^
  そりゃ そがん言うとったら?
  戻った頃に来てって!           (わたくし)





彼の感じからするときっと温かな大家族。
わたくしの憧れの大家族です。







やさしさだけじゃ
人は愛せないから    ♪







会ってみたくてたまらなくなりました。






お願い

ここにコメントを残してくださる方はせっかくですから
ご自分でブログをお持ちの方は忘れずにそちらのURLを
貼って行ってくださいね。
よろしくお願いします。  
Posted by net_i5750 at 21:47Comments(37)

2007年05月08日

一期一会

一期一会」・・・
この言葉が何だか昔から好きです。






舞い忍びよる風を感じています
今日も一日穏やかでした
ほどよい気温で やさしい音が僕をさそう
日常は無常に流れて行きます
・・・・               ♪
(3B LAB.☆   唄   一期一会)






決して自慢するような事ではないのですが
修学旅行や会社のちょっとした旅行以外に
そんなにあちこち旅行したこともなくて・・・
やっと最近・・日帰りでも可能な温泉地に行く程度です。





わたくしの記事は文章の緑色の文字の部分、
あるいはアンダーバーがついているところをクリックすると
関連ホームページや過去の記事にリンクできるように
設定していますのでお手間ですが覗いてくださった方が
記事への理解が深まりますのでよろしくお願いします。



リンク先はそれぞれ違いますので楽しんでください。






運転は下手だけど好きだし・・
誰かの運転でドライブはなおさら好きです。



助手席から見渡す見知らぬ景色やすれ違う車・・
そのほとんどは二度と見ることのないものばかりです。
そう思うとたまらなく愛しく感じる時があります。




2年前の夏。
一泊で鹿児島の灯篭祭りを見に出かけたのですが
その鹿児島から佐賀への帰り・・
山間の道で目に止まった、小さな背中に大きな籠をしょった
おばあちゃんの姿がほんとに愛しく思えて
わたくしはじっと目をこらして見てしまいました。






遠く離れる 晴天に手を伸ばす
いつまでも一緒な空の下
毎年 訪れる 涙流す四季の風
涙をふいて 風に吹かれて   ♪






もう見ることもないだろう人の背中。
その時に一緒だった老夫婦の旦那様のほうが車の窓を開け・・
籠をしょったおばぁちゃんに・・



★ 元気でねぇ〜^^     と・・




わたくしがしたくてできなかったことをまるでわかったように・・・





ほっとして・・嬉しかった。
旦那様に感謝!
・・・感謝!






そしてこの日は「命の別名」で綴ったTさんが
遠い国へ旅立った日でもありました。






変わらずに想いを寄せる あなたの事
遠く離れる君へ 届きますように
いつしか手紙で書いた 嗚呼、温かいぬくもりをもう一度・・・♪





お願い

ここにコメントを残してくださる方はせっかくですから
ご自分でブログをお持ちの方は忘れずにそちらのURLを
貼って行ってくださいね。
よろしくお願いします。  
Posted by net_i5750 at 23:40Comments(108)

2007年05月07日

千の風になって

かぁさんがまだ若く、わたくしが幼かった頃に
かぁさんがある市議会議員の出馬時に
うぐいす嬢をしたことがあります。




わたくしの記事は文章の緑色の文字の部分、
あるいはアンダーバーがついているところをクリックすると
関連ホームページや過去の記事にリンクできるように
設定していますのでお手間ですが覗いてくださった方が
記事への理解が深まりますのでよろしくお願いします。



リンク先はそれぞれ違いますので楽しんでください。







かぁさんはわたくしと違って完璧な標準語でした。
生まれや育ちは決して裕福ではないけど
嫁いだ先がその土地では財閥と言われる家で
ずいぶん鍛えられたらしいのです。



身内でも・・たとえ親子、夫婦でも呼び捨て禁止。
他人様から呼び捨てにされないように予防線とか・・・
だからわたくしはかぁさんから呼び捨てされたことは
1度もありませんでした。







私のお墓の前で
泣かないでください
そこには私はいません
眠ってなんかいません   ♪
(秋川雅史    唄  千の風になって)






何しろお父様、お母様の世界だったとか・・
幼かったわたくしはそれがうまく言えなくて
「おとま、おかま〜」と言っていたんだそうで・・
我ながら笑っちゃいます。




かぁさんはその姑、小姑の厳しさと父の愛人問題にたえかねて
わたくしを連れて脱走!
祖母の住む町へ・・
わたくし2才半の時。



働くためにわたくしを近くの保育園に預けたのが失敗?
ある日、突然・・「おかま〜」がまわりの影響で


「かぁちゃ〜ん」


かぁさんは思わず情けなくて泣けたのだと
ある時、笑って話してくれました。






朝は鳥になって
あなたを目覚めさせる
夜は星になって
あなたを見守る     ♪




わたくしはそれから自然と方言丸出しの子供に育ち・・・




かぁさんはまわりに合わせるために努力努力で
なんとか方言も身につけたらしいのですが
でも興奮したり怒ると本来の標準語になっていました。




かぁさんのうぐいす嬢はそれはそれははまっていて
すばらしく輝いて見える姿はわたくしにとって自慢でした。




今となっては懐かしいセピア色の想い出です。




そんなかぁさんが肝臓癌で亡くなったのは17年前の4月。
ゴールデンウイークの最中でした。






秋には光になって
畑にふりそそぐ
冬はダイヤのように
きらめく雪になる   ♪






お願い

ここにコメントを残してくださる方はせっかくですから
ご自分でブログをお持ちの方は忘れずにそちらのURLを
貼って行ってくださいね。
よろしくお願いします。  
Posted by net_i5750 at 02:04Comments(202)

2007年05月04日

風のようにうたが流れていた

この記事を読む前に以前の記事で
花のように鳥のように」と「花のように鳥のように」を
先に読んでください。





わたくしの記事は文章の緑色の文字の部分、
あるいはアンダーバーがついているところをクリックすると
関連ホームページや過去の記事にリンクできるように
設定していますのでお手間ですが覗いてくださった方が
記事への理解が深まりますのでよろしくお願いします。



リンク先はそれぞれ違いますので楽しんでください。





先日の5月1日の朝に電話が入りました。
わたくしの大好きなヨーロッパ家具や小物を取り扱うお店のオーナー。
社長からの電話です。




実際はもう息子さんに代を譲って会長という肩書きになっていますが
わたくしは未だに彼を「社長」としか呼べません。






緑に輝く
はるかな遠い日々
いつでも 風のように
うたが流れていた    ♪
(小田和正      唄   風のようにうたが流れていた)







★ ○○くん!           (社長)



☆ わぁ〜 社長!
  なんした?         (わたくし)




★ いやぁ〜 この前さ あんたが電話くれたけん
  なんか 懐かししゅうして・・・
  うれしゅうして・・・
  急に会いとうなったけんさ^^
  今日はどがんね?
  よかったら「珈茗爾」で会おうか
  お昼すぎくらい・・・      (社長)






彼は去年、胃癌の手術をしてこれまで2度の入院をしていたので
元気でいるのだろうかと様子伺いの電話を
数日前にわたくしからしていたのです。





☆ よかよ^^ 
  12時過ぎくらいでよかね?   (わたくし)




★ そうね
  12時半に「珈茗爾」でってことにしとくか
                   (社長)






出会いも別れも
知らぬままに流れるうたをきいていた
なぐさめられて はげまされて
そして夢をみた          ♪





喫茶珈茗爾」やその周辺のお店・・・
そして風景は彼にとっても懐かしいものなのです。




彼のお店「亜蘭歩羅」は十数年前には
「喫茶珈茗爾」や「B4U」の並び佐賀市唐人町にありました。




今は佐賀市鍋島町と唐津市の方にあって
彼はもっぱら唐津の店舗にいることが多いようです。




ほぼ約束の時間にわたくしがたどり着くと
彼はもうカウンター席で待っていました。




☆ おひさしぶりです^^     (わたくし)




ふり向いた彼の顔色は意外によくて
去年の2月に1度目の手術後に会った時の彼とは違っていました。




★ お〜 ○○くん!
  元気やったねぇ〜^^
  ここに来たら懐かしい顔ばっかいでうれしかよ (社長)




テーブル席を見ると「B4U」のNさんも来ていました。




★ Nさんにも会えたし・・・
  マスター(喫茶珈茗爾)にも・・・
  ○○くんにも(わたくしのこと)・・・
  病気してから妙にいろんなひとに会いとうなってねぇ〜
  これでもう な〜んも思い残すことなかよ
  自分のしたかこと みんなしてきたしね     (社長)





わたくしの亡きかぁさんもこの彼の言葉と
同じようなことを言っていたらしいってことを思い出して
つい彼の横顔をマジマジと見てしまいました。




☆ なんてこと言いよるね
  まだまだ今からいっぱいしてよかやんね
  癌は転移とかしとらんやろうもうん?   (わたくし)




★ うん・・・
  転移しとらんよ^^  
  でも僕ももう70やけんね
  いつどがんなってもおかしゅうなかし・・・ 
  ○○くんはいくつになった?     
                       (社長)




☆ うちはもう今月で46よ
  社長の店に初めて買い物に行った時は27やった
  早かねぇ〜
  息子も来月で26やもんねぇ〜      (わたくし)







やがて時はすぎ
人も去りゆけば
いつしかすべてのこと
忘れられてゆく     ♪





★ う〜ん・・・
  息子さんは今 中国に行っとるってやんね
  ここで聞いたよ
  あんたはよう頑張るもんねぇ〜
  昔から思いよったよ
  息子さんもあんたに似たとやろう?    (社長)



☆ な〜んてね^^
  うちは自分が頑張らんば
  誰もおらんけん 仕方なく頑張りよるだけやんね
                     (わたくし)



★ 僕も頑張った〜
  マスターも頑張るねぇ〜
  この店は何年になる?        (社長)



◇ 来月で34年になるよ^^      (マスター)







出会いも別れも
知らぬままに流れるうたきいていた
なぐさめられて はげまされて
そして夢をみた          ♪






★ そうかぁ〜 
  僕が会社ば立ち上げて33年やもんねぇ〜  (社長)





わたくしの目を見てそう呟く彼の瞳の奥に大切な33年の記憶と
それ以前の数知れない想い出が隠れているようで
わたくしもそんな彼の目をそらすことができませんでした。






お願い

ここにコメントを残してくださる方はせっかくですから
ご自分でブログをお持ちの方は忘れずにそちらのURLを
貼って行ってくださいね。
よろしくお願いします。  
Posted by net_i5750 at 18:55Comments(82)

2007年05月02日

お知らせ

今日は夕方から飲み会のお誘いが入っていて出かけますので
(わたくしはお酒類は飲みませんが・・・)
もしかしたら記事更新ができないかもしれません。
その時はごめんなさい。  
Posted by net_i5750 at 16:40Comments(40)

2007年05月01日

旅のしおり 

この記事を読む前に4月29日の記事で
旅のしおり」を先に読んでください。





わたくしの記事は文章の緑色の文字の部分、
あるいはアンダーバーがついているところをクリックすると
関連ホームページや過去の記事にリンクできるように
設定していますのでお手間ですが覗いてくださった方が
記事への理解が深まりますのでよろしくお願いします。



リンク先はそれぞれ違いますので楽しんでください。




先日の電話で・・・


★ 近頃は出てこんなぁ〜
  出て来てよかぞ  明日にでんよかけん^^  (じいちゃん)




じいちゃんの言葉に甘えて出かけてみようと思い・・・




☆ じいちゃん! 
  忙しかろ?                (わたくし)



★ あんた どこにおっとや?        (じいちゃん)



☆ 佐賀ん町さい^^            (わたくし)




★ よかばい!  こんね おいはおるけん
  風呂どん入って飯食うて帰りんしゃい
  そしたら帰ったら寝るばっかいで 世話なしやろうが^^
                     (じいちゃん)




佐賀ん町・・・
佐賀の市街地からじいちゃんがいる古湯温泉までは
車で片道30分ばかりの距離です。





☆ うん・・・ 今から行くけんね
  厨房のとこから入ったら邪魔やろうけん
  今日はじいちゃんの部屋の縁側から
  まっすぐ 上がってくるけん よか?   (わたくし)



★ よかばい^^              (じいちゃん)








僕たちはそれぞれが旅人
自分だけの明日を描きながら
君らしく生きるのが旅だよ
強い向かい風が教えてくれる  ♪
(中村雅俊  唄  旅のしおり)





佐賀県佐賀市古湯温泉の「旅館清川」のじいちゃんは80歳。
湯原昌幸」似の気のいいじいちゃんです。




わたくしは旅館のお客様というわけではないので
「玄関から入って来てよかよ^^」とは言ってっくれるのですが
いつもは厨房のある勝手口の方からお邪魔します。




でもこの日は旅館も満室で大忙しらしいし
厨房はてんてこまいで邪魔になってはいけないし・・・
じいちゃんに会いに行くのが目的のメインでしたので
じいちゃんの部屋の縁側から上がらせてもらいました。






★ お〜!  来たない^^      (じいちゃん)




☆ うん^^            (わたくし)




★ 今日もな インターネットで見たって言うて
  佐世保から来とらすばい
  下手な宣伝とか 本にのすっとよいか
  インターネットがはやかない^^ (じいちゃん)





じいちゃんは珍しくお酒も飲まないし煙草も吸わないので
おいしいお茶を飲みながらお話するのが好きなひとです。



わたくしもお酒は好きでないし煙草も吸わないので
じいちゃんに入れてもらったお茶をいただきながら
こたつの上に置かれた「かりんとう」に手を出したら
やめられなくなりました。





☆ じいちゃん!
  かりんとう・・のうなりよるばい ^^ (わたくし)




★ よかよか・・・ 食わんかい^^    (じいちゃん)








カバンの隅に隠した 言えなかった言葉
季節が巡り いつかまた
あの街で出会えるさ         ♪







じいちゃんは旅館のお客様からもらったという
たくさんの手紙を大事にとっていてうれしそうに
わたくしに見せてくれました。
そこにはじいちゃんの気遣いに対する
お客様からのお礼の言葉が溢れていました。





★ そうそう・・・
  東京の○○大学で教授ばしよるおいの弟が
  インターネットばしよったら
  おもしろかとば見つけたって言うて
  あんたがうちのことば書いたとば
  印刷して持って来たとのあるばい^^   (じいちゃん)





それは去年の6月24日の記事で「ひだまり」でした。





☆ ここのことは何回でん書いとるとばい
  じいちゃんのこともばい^^   (わたくし)





★ そうやぁ〜^^        (じいちゃん)





単純にうれしそうに微笑むじいちゃんの目尻が
わたくしはとても好きです。





★  今んうちに風呂どん入ってこんかい!  (じいちゃん)




☆ う〜ん・・・           (わたくし)




泊まりのお客様もたくさんいることだし・・・と
ちょっとわたくしが考えていると





★ なんや?
  替えのパンツば持ってきとらんとなら
  じいちゃんのパンツ貸すばい^^   (じいちゃん)




☆ はぁ〜??  あははは・・・^^   (わたくし)







夢見たあの日から旅人
昨日よりも強く土を蹴って
君らしく生きるのが旅だよ
理由よりも大事なことがある  ♪




お願い

ここにコメントを残してくださる方はせっかくですから
ご自分でブログをお持ちの方は忘れずにそちらのURLを
貼って行ってくださいね。
よろしくお願いします。  
Posted by net_i5750 at 09:39Comments(198)