バツイチ女のひとり言:案山子

2005年12月16日

案山子

わたくしにはもう両親はいません。
故郷といってもわたくしが生まれた土地は
かぁさんが逃げ出した父の実家でその父も亡くなってて
かぁさんと子どもの頃から暮らしてた町は
わたくしの身内など誰もいませんから
たまに仕事で行くことありますが
確かに友達はいても”行く”・・という感覚で
わたくしが”帰る”といったら今暮らしてるこのアパートです。


元気でいるか 街には慣れたか 友達出来たか
寂しかないか お金はあるか  今度いつ帰る 

暖かい歌詞です。
かぁさんが生きている時はこんな言葉を聴かなくても
わたくしの心がかぁさんの声にならない言葉を
きっと聴いていたのだと今は思います。
なぜなら別にかぁさんに経済的に助けてもらったり
元気かと優しい言葉をかけてもらわなくても
離れていてもかぁさんがいるというだけで
安心して無茶もできていたのだと思うからです。
だけど・・もういません。


手紙が無理なら電話でもいい ”金頼む”の一言でいい
お前の笑顔を待ちわびる   おふくろに聴かせてやってくれ

親って子どもからすると何だか不死身な気がする。
順番からして先に逝くのは当たり前なのに
ずっといてくれそうな気がして・・存在に甘えてしまう。
重い病気になったり・・いなくなられて初めて・・
自分にとってどれだけ支えになっていたのかに気づいて・・
もっとそばにいたかった。
もっと・・・もっと・・・悔やむ気持ちでいっぱいになる。
それでは遅いのだけれど・・

どうか・・大切にしてあげてください。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/net_i5750/50224786
この記事へのコメント
今、母をとても大切に感じています。
自分に出来ることはなるべくするようにしている…
けれども自分に出来ることはあまりに小さくて、
まわりの棘ある世間から母を守りきれていません。
人を守れる力が欲しい。
Posted by イッセイ at 2005年12月17日 23:38
ちょうど今一人暮らしをしようと家探しをしているところなのでなんだかココロがきゅうっとしてしまいました。

ほんと親っていつまでも元気でいるような気がしますよね。
うちは両親とも健在ですが、気がつくと随分年をとりました。
親と同世代の人が亡くなった話しを聞くとどきっとします。

親孝行したいときに親はなしといいます。
そうならないよう実家にいるあと少しの間に親孝行したいと思います。
きっと家をでるとなかなかできそうにないので。。。
Posted by しるびあ at 2005年12月17日 23:31
私は4年前に父を亡くしています。
今は母と二人です。

母に頼りっきりの自分に情けなくなることが多々ありつつも
ずっと甘えてしまう自分。
今は月に一回食事に誘うことしかできていないけど、
いつか一緒に旅行したいと思います。

父にできなかった分、母に沢山のありがとうを返していきたいなあ、
そんな風に思いました。

私のブログのお気に入りにさせていただいてもよろしいでしょうか?
Posted by はる at 2005年12月17日 21:14
最初の所のも、ページが残っているために、見られます(^^;)ややこしくてすみませんm(__)m
Posted by いちご at 2005年12月17日 20:49
池津です

私の初ブログにコメントありがとうございました。

まだブログの仕組みがよくわからないので質問なんですが。
私のブログをどこで見つけてもらったんでしょうか?
どうやって私のブログに行き着いたのかな〜と思っての質問です。
探し方とかってあるんでしょうか?

よかったら教えてください。
Posted by いけづけんちくクリニック 池津です at 2005年12月17日 19:05
はじめまして。コメントありがとうございます。嬉しかったです。。。
読ませて頂いて、私も思わず涙がぽろりと出てしまいました。子供のときから何でもかんでも話してしまう娘で、母が私を心配するストレスや気苦労のことまでは考えが及ばなかったと思います。いつまでも元気でいてくれるようにこれからは親孝行していきたいです。
Posted by karin at 2005年12月17日 18:48
こんばんは(*^_^)

最近両親も年をとりました。
70歳でも元気、元気なんですけど。
若い頃全然親孝行しなかったので
なるべくしてあげたいなあ・・・。なんて感じます。

出来ることは、今のうちに。
後悔しないようにやっておきたいです。
Posted by miu at 2005年12月17日 17:59
ササッ((((〃⌒ー⌒)/どもっ♪
初めまして(・∀・)ノィョ-ゥ
遊びにきましたぁ〜〜(´▽`*)
ブログ読ませてもらいましたので
足跡残しつつコメント残していきまふ。
良かったら私のブログにも
遊びに来てくらはい(*´▽`)人
来てくれたら( ´・ω・`)_且~~出すのでマッタリして楽しんでってね♪

http://loveypopangel.blog2.petitmall.jp/
Posted by あいり at 2005年12月17日 17:45
私も主人も両親は健在です!結婚してお互い親が増えて、ありがたく思っています。彼らが元気なうちに自分が出来るだけの事をしてあげたいなとおもいました!!
Posted by MEGU at 2005年12月17日 17:38
親ってホント大切ですよね…ってか、最近になって身にしみて思うようになりました。一緒に住んでる時には気付かなかった何か…一人暮らししてますが、自分なりに親孝行しようとおもう今日この頃です^^
Posted by 大門 at 2005年12月17日 17:35
コメントありがとうございましたぁ!!
これから、こちらのブログを参考に頑張りたいと思います☆
Posted by あや at 2005年12月17日 16:55
いつもありがとうございます!
私の母はまだ健在です。
その母の話ですが・・・
母の両親は幼い頃に離婚、母の母は子供を置いて家を出て行ってしまったようです。母は自分の父親に育てられるのではなく祖父母に育てられたようです。2人ともとても厳格な人で厳しく育てられたと聞いてます。小学校5年くらいの時に父親が再婚。継母に育てられましたが、その扱いはひどかったようです。再婚の新婚旅行の時は10歳位の子を一人残して行ってしまったとか。20歳位の時、産みの母に会ったそうですが、「あんたを一人残して家を出てごめね」という言葉や態度は全くなかったそうです。
よく母が私に言ってました。「血のつながりがあり可愛がって育てられたあんたは幸せだよ」と。

私は、人生どん底という時期にみ親の有り難味を感じました。親の死を迎えることになったらどんな気持ちになるんだろうか・・・想像できません。
Posted by osampo5 at 2005年12月17日 16:54
 記事読んで泣いてしまいました。
じーんときます。自分の生活でいっぱいいっぱいで、親のありがたみって分かっていても、ちょっと小言を言われるとウザイな〜って思ってしまう・・・駄目ですね・・・私・・あっすみません。。
Posted by くみくみ at 2005年12月17日 16:11
こんにちは。
この歌大好きです!!
自分も上京するときにこの歌をすごく思い出しました。
思い出させていただいてありがとうございます!!
Posted by ITおやじ at 2005年12月17日 16:04

またまたご訪問ありがとうございます。

なんとか頑張っては、います・・・。はい。

更新停滞気味ですがまた来て下さると嬉しいです。
それでは、失礼します。遅くなって申し訳ありません。
Posted by 雛鳥紅桜 at 2005年12月17日 15:46
なんか親のことこの日記を見てもう
ほんとにだいじだなぁと実感しました_| ̄|○
今はそばにいるからなにも思わないけど....
でもありがたいと思います(*´∇`*) 
Posted by めばえ at 2005年12月17日 14:59
訪問ありがとうございました。
とってもやさしいコメントをいただいて
そのまま誘われるようにブログ拝見しました。

忘れてはいけないことだけど「幸せが普通に感じて」
しまっていてありがたみを当たり前に思ってしまってる
ことを気づくことができました。

家族・親・身近な人たちと一緒だから今の自分が
あるんですよね(^.^)

ありがとうございます。

またお伺いします。
こちらはひよっこブログですが、また遊びに来て下さい。
これからもよろしくお願いします。
Posted by あろま at 2005年12月17日 14:53
初めまして。コメント有難うございました。

早速お邪魔はどうかと思ったんですがすごくじぃ〜んと着ちゃったので・・・(笑)
私の夢は声優になることで現在福岡に家族と一緒に住んでいます。しかし、来年の春から一身で上京する予定です。父も母も「自分のしたいことをしなさい」とこころよく言ってくれたので私はそれだけでよし!って感じで自分のことだけでした。しかし、この記事を読ませていただいて私は一人で暮す何て無いし、いつも居るのが当たり前で感謝の気持ちが少なくなった気がしました。
色々と検索好きの両親で嫌な喧嘩もよくやっています。けれど、今日からは気持ち少しだと思いますが優しくなれるような気がします。
これからもちょくちょくとお邪魔させていただこうと思います。
素敵な言葉を有難うございました。また、私のブログにも…何も無いですが遊びに来てください。
失礼致しますm(__)m
Posted by 菜の花 at 2005年12月17日 14:28
はじめまして、こんにちわ!
昨日はコメントありがとうございました(^^)
昨日日記やりはじめたばっかで、すぐコメントをもらうとは思ってなかったのでとってもうれしいです!!
これから楽しく書いていきたいなぁと思いました。

わたしもお母さんとよくケンカしてしまいます。
でもこのブログをよんで、お父さんとお母さんを大事にしようと思いました。
大きくなったらわたしがお父さんとお母さんを支えたいなぁと思いました。
でわまたよみにきますね(^^)
Posted by ルゥプ at 2005年12月17日 14:05
こんにちは。
コメント残していただいて有難うございます。

私も父が60を向かえ母ももうすぐ。。
早く一人前になって親孝行してあげたいと必死に頑張っています。

実家を離れて暮らしているので、
こんな寒い日は体は大丈夫かなと心配になります。

とても温かい気持ちになりました。
有難うございました。
Posted by SHIFT at 2005年12月17日 13:49
こんにちは!コメントありがとうございます。バツイチ女のひとり言さんが第一号です!嬉しいです!バツイチ女のひとり言さんのブログも読ませてもらいました。一人暮らしをするようになって親のありがたみがわかってきましたが、なかなか面と向かっては感謝の気持ちは言えません・・でもこのブログや皆さんのコメントを読んでありがとうの気持ちを伝えようと思いました!
Posted by ショビ at 2005年12月17日 13:15
 「古民芸・古材の倉坪」管理人の日記にお越しいただき、ありがとうございました。
立ち上げたばかりにお越し頂き、ちょっとビックリ。
また、貴ブログをお伺いして、さらにビックリいたしました。
まだ、読み始めたばかり!
投稿されたコメントなども読ませていただくと時間がかかりそうですが、良い出会いがあったと思います。
これからも宜しくお願いいたします。
また、全てのコメントにお返事は大変でしょうけど、私のプライベートBlog
「長靴アーチャーのHP」にも是非お越し下さい!
Posted by 長靴 at 2005年12月17日 13:14

こんにちは、バツイチ男です。
田舎に帰る準備をしています。
戻ることは色々と大変なことがあるのですが、
自分の中の優先順位が下した判断です。
大好きな生まれ故郷で両親を養い、
幸せになりたいと思ってます。
Posted by おっしー at 2005年12月17日 12:59
いちごです☆こんにちは(^^)えっと、ブログを変更いたしましたので、よろしかったらこちらにお願いいたします☆
Posted by いちご at 2005年12月17日 12:55
早速 ありがとう。
まだまだ、今からなので 手ほどきお願いします。

私の母は 53歳で他界してしまい、これから 親孝行しなくちゃって思ってた矢先だったので、後悔してますね。あれもこれもしてあげればよかったって本当に思ってます。がしかし 父はまだ健在 祖母も97歳で まだ なんともありません。大事にしなければ・・・実際無理
 昔の人なので、凄い頑固じいさんに ばあさんになっていますから、
今でも 母は 苦労させられたんだ!って思ってるからかな?
 でも どこかで 感謝の気持ちをもたなきゃって ・・・
Posted by イトゴン at 2005年12月17日 12:54
バツイチ女のひとり言さん今日は。
はじめてのブログ挑戦に,初めてコメントいただいたのはあなたでした。
ブログのルールもわからないのでご迷惑をおかけする事があるかも知れませんが,よろしくご指導お願いします。
私も夫も父を早くに亡くしまし,母親だけが生きています。
二人とも子供である兄弟が面倒見てくれています,ありがたいことです。
親孝行は生きてるうちになんとやら,,,,もうすぐお正月,頑張ります。
Posted by 越天楽人 at 2005年12月17日 12:40
本当にそうですね。

去年、父は大きな病気をしてめっきり老けこんだんですが、幸いにもこの年まで両親が健在でいてくれている…それだけでも感謝しなくてはいけませんね。

近くにいすぎるとなかなかありがたみがわからないものです。
Posted by さぶちゃん at 2005年12月17日 12:08
コメントありがとうございました。日記をリンクに登録させていただきましたが、よろしいでしょうか。
おっしゃるように、親がいなくなるときがいつかは来るのにそれがまだ想像できない子供な私です。。。
大切にしなきゃなぁと、考えさせられました。
Posted by marine at 2005年12月17日 10:18
昨年父を無くしました。
厳しかった両親に反発して、子供の頃はケンカばかりしていました。
亡くなった後ですよね、ありがたさが実感できるのは・・・
Posted by key at 2005年12月17日 10:00
コメント、ありがとうございます。
大切なものは、失ってからその大切さに気づくものですよね。
Posted by ぺこ at 2005年12月17日 09:49
私のブログにコメントありがとうございました。親の大切さですか…。確かに自分が親の立場に立って親のありがたみがわかった所もありますが、親がいなくなって初めて本当のありがたさや大切さがわかるのでしょうね。お陰様で自分の両親は二人とも健在で憎らしい程元気ですσ(^-^;)ただ「歳をとったな〜」と感じられる所は随所に見られ、何時か居なくなる時を想像してしまう事も…。後悔しないように親と向き合いたいですね。
Posted by テラ at 2005年12月17日 09:44
父は母よりも先に逝きました。
病身の母をとても大事にしてくれた父が
あっけなく逝ってしまいました。
子供の頃、私は父が嫌いでした。
無口でスパルタ教育だった父は、ただ怖いという存在でした。
でも、大人になり結婚をし、子供を持った時、
父の愛情の深さを知りました。
これからは、色んな話を沢山して旅行にも連れて行ってあげたい。
そう思っていた矢先に・・・。
両親には感謝の思いでいっぱいです!
Posted by ぴよko at 2005年12月17日 09:34
両親というものは、その家庭によってさまざまですよね・・・。私の知っているある家庭では、なんでも子供の責任にして自分たちのこと、世間体のことしか考えないいう家庭があります。それを聞いたときは、うちは幸せなんだなあ、と思い、同時に涙があふれてきました。その人も幸せになれるように、そして、私も両親に感謝の気持ちを忘れずに、毎日を過ごして行きたいと思います。
Posted by いちご at 2005年12月17日 09:34
...
私今親とすごいけんかして目下家出に近い状態なんですよね。
親にはいつも迷惑かけてるから、できる限り親孝行しようと思ってるのに、実家に帰ると小学校を相手にしているかのような親の態度にいいかげん腹が立ってます。
最近は家に連絡もしてないけど、正月は帰るつもりなんですよ。
でも、気が重い。
変に社交界で気を使う以上に実家に帰ること自体が大きなストレスを感じます。
Posted by ワッキ― at 2005年12月17日 09:24
私は両親が元気に健在してます。
先日、私が「ギックリ腰」になった2週間後、父も「ギックリ腰」に…
やはり親子(笑)!
私はここ数年、毎年何か病気をして親を心配させてばかりです。
健康に毎日過ごせること、それだけでも両親への親孝行と思っています。
もちろん、ちゃんと両親を思い私なりに大切にしていますよ。
Posted by あやや at 2005年12月17日 08:54
助言ありがとうございます。
私の両親はともに健在です。孝行はしないと、と思いつつ、
ついつい無愛想な態度を取ってしまう自分にまだまだ未熟さを感じます。
Posted by hyohyo at 2005年12月17日 05:41
僕はおかんが‥(いつもの呼び方です)ほんとに大好きです♪
マザコンかと聞かれたら胸をはって『マザコンです』と答れるぐらい。
僕はとても幸せな家庭で、おかんにも親父にもこの上ない愛情を注がれて育ちました。
親の死は想像もつきません!想像したくもないです。
この先も僕は両親と離れて暮らしていくと思いますが、僕は自慢の息子になりたい!
おかんと親父に育てられたことを誇りに思うように、おかんと親父にも誇りに思われるような‥
今はその途中です。
おかんを守るため、親父を追い抜くため‥僕にとっては一番の人生目標ですね。
Posted by かい at 2005年12月17日 04:45
親って、自分にとって最大の良き理解者であり、強い存在であり、
自分が一番目指す人たちです。幸い、私の両親、嫁の両親共に健在ですが、
今のうちにその生き方、考え方等を吸収していこうと思う。
また、何が親孝行なのか。元気な内に自分達の元気な顔を見せて、さらには
孫の顔を早く見せてあげることなのかな。。。
Posted by よっち at 2005年12月17日 04:36
こんばんは☆
親の存在…これほどに大きいものは人生において他に見当たりません。
子どもは良くも悪くも親を吸収して育つんですね。
親が亡くなったとしても、自分は親の一部みたいなもんで、自分が生きている限り自分自身に親という存在が内在している気がします。

そしてそうやって自分の子ども、孫へと世代間伝承していくんですね。
親を感謝することは今の自分を立派に生きることではないでしょうか☆
Posted by みぃか at 2005年12月17日 03:43
こんばんわ。書込ありがとうございました。
私の母がさだまさし大好きで、この歌もよく聞いてました。
ホントですね。親ってありがたいものです。
親が不死身に思えるって言うのも分かる気がする。
ほんと、不死身だったらいいのに。
年末、実家に帰ったら親孝行しますっ!(*^^*)
Posted by リョウコ at 2005年12月17日 03:34
再び失礼します。
たった今、親戚の叔父さんが亡くなったという
電話がありました。

いのち・・・

改めて考えさせられます。

また、お邪魔させてください。
Posted by may at 2005年12月17日 03:16
はじめまして。
私のブログに初コメントをくださいましてありがとうございました。
とてもうれしかったです。

すてきなブログを作っていらっしゃるんですね。
読んでいて、涙があふれました。
私も2児の母となり、親の心が少しはわかってきたつもりですが
まだまだ半人前。子供と一緒に成長していきたいです。

いつまでも、あると思うな、親と金

たいせつなもの・・・

わかっているつもり・・・

私もしっかり生きていきます。

Posted by may at 2005年12月17日 03:12
両親がいることに改めて感謝しました。
いつもいつも、ありがとうございます。
うちのブログにリンクさせていただきました♪
ご報告です<(_ _)>
Posted by ゆき at 2005年12月17日 03:01
こんばんは。
コメントとても嬉しかったです!

私は中学生の頃はかなり両親に反発していましたが
今は出来る限りの親孝行をしたいと思ってます。
両親と一緒にいられる時間はとても貴重だと改めて感じました。
また訪問させていただきますね。
Posted by 茉莉 at 2005年12月17日 02:39
う。そうなんです。
父は73才で母は66才ですが二人とも健康で居るのが当たり前のような気分になっています。わたしは独身でその両親の元で暮らしています(仕事=自営はしてますし家にもお金入れてますよ、汗。)
 いつまでも あると思うな 親と金
35歳にしていまだにお子様気分なダメ男です _| ̄|○
Posted by 次郎 at 2005年12月17日 02:25
はじめまして、こんばんわ^0^
ご訪問&初コメントありがとうございました☆
なにぶんついさっき開設したばかりなので右も左もわからない状態ですがこれからどんどん盛り上げていきたいので、なにかわからないことありましたら宜しくお願いします^^;
Posted by シンキロウ at 2005年12月17日 01:43
最近、今まで両親と過ごした年数より、
これから過ごす年数のが少ないかもしれない事に気づきました。
とても寂しいです。
バツイチ女さんのおっしゃるように、大切にしますね、
「子供は3歳までに親孝行は完了している」なんて口癖封印せねば。

毎日ブログを書かれていて、感心、尊敬しちゃいます。
また来ますね!
Posted by lovepome at 2005年12月17日 01:26
こんばんは。
再度に渡るコメント、とても嬉しく拝見してます。
ありがとうございます。

親孝行…
最近母をみて歳を感じることが多くなりました。
「親孝行、したいときに親はなし」
という事態に陥らないように、
少しずつ、少しずつ親孝行していきたいな、
とバツイチさんのブログを拝見していて感じました。

手始めに肩でも揉もうかな…なんて。

では、またお邪魔させていただきます。
Posted by しん at 2005年12月17日 00:54
親孝行したいときには親はなし。
わかっているのですが、なかなか出来ません。
Posted by hot_lip at 2005年12月17日 00:54
親には迷惑ばっかりかけているから、
親孝行しないとなぁって思います。

おひさしぶりです!
私は今のところなんとか頑張っていますよ!
これからもお互い頑張りましょう♪
またのぞかせてもらいますね(´▽`)
Posted by まにゃ at 2005年12月17日 00:42
故郷か。。
Posted by サッカー at 2005年12月17日 00:39
俺は大学を卒業したら実家へ帰るつもりではいます!!
なにか自分にできることはしてあげようかなと思っています!!
ここまで育てていただいたので、せめてもの恩返しです!!

年賀状は頑張ってますね〜♪
きっとあなたから年賀状をいただけた人は大喜びですよ!!
Posted by West Villageの住人 at 2005年12月17日 00:39
コメントありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。
Posted by ワカ 真田山ストリート at 2005年12月17日 00:36
ちなみに

ちなみに なんだけどね

もし 親を亡くしてから気が付く事って多分沢山あって

んで  沢山後悔して…

もっと もっと   って 悔やんだり…

でも  でも ね   

その心は必ず届いてるよぅ

そう 思う気持ちが一番大切だからね!

親は自分の子供が一番幸せでいてくれる状態を望んでると思うから

どんなに悲しい事があっても どんなに辛い事があっても

そんな気持ちに負けずに前へと歩んでいるアナタを天国から応援してるはず。

後悔した分  誰かに優しくなれたら  最高だね!
Posted by ハイビスカス at 2005年12月17日 00:34
コメントありがとうございます。
親孝行・・・・。していないなぁ・・・・。
姉に子供が生まれ(両親にとって初孫です)
今は孫のことが一番!!!!!!って面と向かって
いわれると、0歳児の甥っ子にやきもち焼いっちゃっています・・・・。
でも、やっぱり甥っ子の無邪気な笑顔には勝てません・・・・。
親孝行かぁ・・・。
Posted by yoshi at 2005年12月17日 00:10
私のブログにコメントを頂き、ありがとうございました。
両親の偉大さには本当に頭が上がりません。

男として、いつかは親父を超えたいと思う時があります。
でも、ちょっとやそっとじゃ超えられないですね。
とても大きな壁に思えてきます。
「親父を超える時」
それが自分の成長を見せることが出来る
僕にとっての『親孝行』だと思っています。
Posted by くまごろう at 2005年12月16日 23:58
両親は健在です。
自分が仕事を始めてからいっそう老けたように思います。
今は東京に常駐ということで、まれに地元に帰るくらいですが、両親に合う度に、どことなく自分で立たないといけないと思わせてくれます。
そばにいたいと思いつつ、自分のやりたいことがあってそばにいることができない。
どこか遠くにいても、どこか心に両親っているんですよね。
Posted by ishin at 2005年12月16日 23:39
ひできです
ブログすごいですね
どうしたら
たくさんの人によんでもらえるんですか?
ブログ更新したから
きてね。
Posted by ひでき at 2005年12月16日 23:34
コメントありがとうございます♪
年賀状がんばってくださいね(・ω・)ノ
きっとバツイチさんのは素敵な年賀状なんだろうなと思います♪
私も今週中(って言っても2日しかない〜)にやらなければ(^^;)

Posted by 黒猫 KINU (きんか) at 2005年12月16日 23:26
先日はコメントをありがとうございました。
始めたばかりだったのでとても嬉しかったです。
ブログ読ませていただきました。
親の存在ってすごく偉大なものですよね。。
今考えてみても、いつでも甘えていたし、
そばにいるから安心感もあったと実感できます。
ブログを読んでいてとても神秘的な感じも受けて、
感動も同時に受けました。
これからもがんばってください。
また読みに来ます(^^)
Posted by ちょっちゃん at 2005年12月16日 23:14
両親。私も大事にしていきたいと思います。「親孝行」してるかなぁと考えると、あまりしてないのかもしれないなと思います。まだ私も若いので、自分のできることをしていきたいです。できる事といえば今は元気でいることぐらいですかね。私なりに頑張っていきたいです。
Posted by ひじり愛 at 2005年12月16日 23:12
バツイチ女のひとり言さんのblogを読んでいると、ホント昔は良い歌詞が多かったなぁって思われされます。
なんか心にグッと来るものが多いですよね。
最近、感動する歌詞には、なかなか出会わないなぁ・・・・
Posted by KOJI at 2005年12月16日 22:57
コメントありがとうございます☆
親ってすごいですよね。つくづく思います。
なんか・・上手くいえないけど、親は何でもできる。と思います
私が、どんなに苦しくても親は受け止めてくれるのです。やっぱり凄いです。
Posted by かな at 2005年12月16日 22:52
ごぶさたしてました。
少し体調が良くなったので、やってきました。

>ずっといてくれそうな気がして・・存在に甘えてしまう。

親の存在の大きさ、オイラは精神科に長期入院して初めて分かりました。
まだ事情が山ほどあって父親とはしばらく会えないんですが・・・

最近は特に身に染みてますよ。存在の大切さを。
だから、これからの人生は少しでも親に心配かけないように
生きていこうとおもっています。
Posted by とよ兄 at 2005年12月16日 22:40
訪問してくださりありがとうございました。
自分が親になってみて、親の大変さ苦労と喜びがわかりました。
親って大変です。心配事が絶えないないから。私もかなり親に迷惑かけましたから。
Posted by ダイアナ at 2005年12月16日 22:32
こんばんは 

僕の両親は二人共亡くなりました。ちっとも孝行しないうちに・・・
自分が人の親になり思う事は
子供達の事は生きてる限り思いつづけるだろうけど
子供に面倒だけは掛けたくない
子供には自分のやりたい事をさせてやりたいその為にはどんな事があっても応援してやりたい

僕の両親もそう思ってたに違いない
その事に僕は子供が大きくなって初めて気付いた

生きてるうちに孝行は出来なかったけど
今自分の子供を大切に思う気持ちがあれば
どこかで両親も安心してくれてると思う。


Posted by おうたむ at 2005年12月16日 22:02
ご無沙汰してます^^お元気ですか?

いい歌詞ですねえ。数年前の紅白でさだまさしが歌ってるのを
聞いて初めてこの曲のことを知りました。
当時、私は年末年始を長野の白馬スキー場で迎え、
みんなでこの曲を聴いていたのを思い出します。

元気でいるぜ、街には慣れたぜ、友達いっぱいできたぜ、
全く寂しくないぞ、、、、けど、金がなかった^^

そんな時期がありました。

私自身、両親は健在です。

ありがたみがわかるかと言われると最近ようやく分かって
きたような感じです(遅いって?^^)













Posted by バツイチ社長 at 2005年12月16日 21:56
まったく、そのとおりです。

親は大事にするものです。
Posted by notarejini06 at 2005年12月16日 21:42
こんばんわ
遊びにきましたよぅ

一番に尊敬する人  それは母親です。

親元を離れて随分長い年月が流れて
一人娘(兄は居ますが)のアタシの事心配な癖に
いつも自由にさせてくれた事感謝してます。

久々に会うと
親の背中が何故か丸まって見えます。
顔のシワが増えて 
上を見上げて母の姿を探すのは遠い昔…

もし 沢山の親孝行をしても 
もっと こうしてあげれば良かったって結局
後悔したりするのかなぁ--- 

まぁ 親孝行はどれだけしてあげれるか分からない 
けど
親不孝はしないと心に決めてます。





Posted by ハイビスカス at 2005年12月16日 21:40
こんばんは、みろろです☆
過去日記、さっそく拝読させていただいてますよ〜。
ひとつひとつの『作品』といった感じで心に染み入ります。
製本されて、出版されればよろしいのでは。。。と、マジで思います!
Posted by みろろ at 2005年12月16日 21:32
こんばんは〜♪
そうですね。両親を大切にしないとな・・・と思いました。
もう80歳を過ぎていつ逝ってもおかしくない年齢。
あと何年会えるかな。うるうる(T_T)
Posted by アルム at 2005年12月16日 20:42
そうですねっ…親はいつまでも元気にいるものと思いがちですがそんな事はないんですよね〜(>_<)だから元気な時に感謝の気持ちをもって接していかないとねっ(^-^)
なんだか年齢を重ねてくると昔の事が思い出されたり懐かしく思えたりしますよね〜(^^;)
心に故郷を作って生きていきたいものですねっ☆
Posted by ひめちゃま at 2005年12月16日 20:28
母の後ろ姿が小さくなっている。

私は寝相が悪くベッドから落ちた直後、、、

いつも階段を上ってくる母

よく嫁の愛は有償の愛、母の愛は無償の愛という

かの北野武でさえ母親の死に大泣きをした

いつか来る母の死、Xデーまでには、親孝行をしたい。

いつの日か自分も年を取り、消えてしまう。。

そう考えると、憎い人って誰もいない。
Posted by タジイの気楽日記 at 2005年12月16日 20:21
こんばんわ。HIKARUです^^コメントありがとうございました☆
お礼に私も訪問にきました♪暖かい言葉がたくさんあって、まだまだ子供な私には伝わってきました。
私にはもう父親はいません。生きてはいますが(笑)
でも、もう何年も会っていません。元気にしてるんですかね・・・。
今は母が一人で育ててくれています。
色々家庭内はゴチャ△靴討泙垢、それでも母には感謝しています。
バツイチ女のひとり言さんの文を読んで、これから親孝行して恩を返していきたいと思いました。ありがとうございました☆
Posted by HIKARU at 2005年12月16日 20:09
ブログにコメント頂いていたのに気付くのが遅くなってしまいすみません;

両親の存在…というか大きさ、
ありがたみ等は大きくなるにつれてだんだん解ってきました…
今年二十歳になったという若輩者ですが、
その誕生日プレゼントを単身赴任している父がわざわざ贈ってくれたのが
とても印象に残っています…
手紙も添えられていて、読んだ時感動して泣いてしまいました。
母に至っても、
あと二年で母が私を産んだ年齢になるのですが
今の私にはとても考えられません…
子供を産み、育てるということ自体本当に凄いことなんだなぁ、
と思い知らされます。

つい自分のことだけで精一杯になりがちですが、
たまには自分から連絡を取ろうかな、と思いました。
このように一考させられるお話、ありがとうございました。
Posted by 威空戒 at 2005年12月16日 19:58
親ですか・・・。
親の存在があるからこそ
私の存在がある。
まだまだ甘えていますが、
親孝行しないといけませんね。
感謝しています。
特に母には。
大きな心の支えです。
(マザコンっていわれてもかまいません)
父の我慢強さ
母の優しさと強さ
見習う所はたくさんあります。
Posted by バーバラ at 2005年12月16日 19:37
訪問ありがとうございました☆おかげさまで頑張っています!

自分は一人暮らし始めてから1年半たちますが,ホントに親のありがたさが身に染みました.今までは,朝起きればご飯が作ってあるし,学校から帰ってきたら晩御飯があり,洗濯もしないで済む・・・・.数えたらキリがありませんね.
それが今では自分でやらなくてはいけない.始めは苦労しました.自分をここまで育ててくれた親に早く親孝行をしないといけないですね!
Posted by タマヤ at 2005年12月16日 19:26
私の好きな人が親孝行をするために実家に帰り、
一番心配していたことを取り除く為に結婚するみたいです。
私にしたら意味がわからない親孝行の仕方ですが、
彼にとってはそれが一番だと思っているみたいです。
私もまだ親孝行ができる年ですが、来年母親が
定年退職。その後の楽しみとして孫の顔でも
と思うのですが、こればかりは。。。

両親が心配しているときに実家に顔を出せるように
なればと思います。
そんな普通のことから始めようと思います。
Posted by kimichisa at 2005年12月16日 19:11
私もずいぶん親不孝をしていますねぇ。

なんとか早く親孝行できるように成長しないといけないなぁ。
と、読んでいて、しみじみ思いました。

うちの母もよく言ってましたね。
祖母を亡くした時に。

親に甘える甘えないは関係なく、
元気で生きてくれているだけで、
心の支えになる。

って。

親っていうのは、側にいてくれるだけで、
子供にとっては癒しなんですよね。

がんばって、
早く親孝行できるようにならねばっ!
Posted by ぽめ助 at 2005年12月16日 19:01
おお!何と言うのでしょう、これはなんだかとてもココロを打たれますね。

私の両親は元気で今も現役で働いていますし、2世帯で同居していますので

とても存在が当たり前すぎで、このような考えになった事すらこの10年間

無かったような気がします。

改めて、今日親を見たら、

まだまだ元気でしたよ。

私は幸せ者ですね。
Posted by masuzo at 2005年12月16日 18:44
コメントありがとうございます。ブログを読んで感動しました。
私も、昨年、チチがなくなりもうすぐ1年が経ちます。
やはり、いざいなくなると、こんなこともしてあげたっかた、あんなこともしてあげたかったと後悔ばかりです。
その分、主人の両親と自分の母にこれからでも親孝行をしていきたいなと
改めて思いました。ありがとうございました。
また、遊びに来ます。
Posted by タラ at 2005年12月16日 18:40
昨日は私の初ブログにコメントをいただきありがとうございました。
最近、めっきり両親の体力が落ちていることを感じ、寂しく感じていました。  バツイチ女さんの今日のブログはとても身にしみるものでした。
寂しがっている場合じゃないですね。今まで両親がいてあたりまえの環境で
すごしていました。「親孝行」私にとって何が出来るのか考える機会になりました。


Posted by みのきち at 2005年12月16日 18:22
訪問のお礼に訪問しましたw

いまからブログ読んできますね。

読んだら、感想を述べますw

Kazuyも頑張りますので、変わらぬご愛読をお願い致しますmm

Kazuy
Posted by Kazuy at 2005年12月16日 18:14
昨日バツイチ女さんのブログにはまり、一気読みしてしまいました!なんだか心があったかくなりますね。最近両親とはケンカがたえません(>_<)そんな自分を腑甲斐なく思いますが…『親孝行』グサリと刺さります。大事にしなければ、と思うんですけどね。
私のブログにもぜひ遊びに来てください★http://blog.livedoor.jp/praivetslowjam/
Posted by 彩 at 2005年12月16日 18:01
初めまして☆ ご訪問ありがとうございましたm(_ _)m
今日の記事を読んで 本当に親の有難さが身にしみるのは 自分が親になったときや 親を失ったときなのかなぁと思いました 今のように 親がいてくれて当たり前と思っている自分を見つめなおす よい機会になりました
またお邪魔させてくださいねっ♪
Posted by at 2005年12月16日 17:55
そうですねー
親は 大切にしなくては
いけませんね。
Posted by GOkiレンジャー at 2005年12月16日 17:23
さだまさしさん、大好きです。
グレープの時代から・・・なんて何歳なんだ!私は?
私も田舎から離れているのですごくこの歌大好きです。
「不死身」って、そうですよね、そう思っちゃって
安心してる所はあります。
もっともっと大切にしないと。
Posted by スズランラン at 2005年12月16日 17:20
リリー・フランキーさんの『東京タワー』を読みました。
とてもとても感動しました。号泣しました。

「母とは無欲なものです。」っていう言葉が印象的です。
出世とかお金とか旅行をプレゼントするとか美味しい物を食べさせてあげるとか、そういう物質的な、名声的なもので親孝行をしようと志すけれど、
そんなことを望んでいるのではなく、ただ、一緒にいたり
一緒に食事したり、一緒に笑ったり、喧嘩したり、
そういう当たり前のことが当たり前のように出来ること、
そういうことが親孝行なのではないのだろうか。
そう、思うようになりました。

親は化け物ですね。いつまでもいつまでも頭が上がりません。
ホウキを持って追いかけてくるオカンの顔がパッと浮かびます・・・。(笑)


といっても、両親は健在なのですが。
親孝行、悔やまないように一緒に生きた証しを心に残したいと思います。
Posted by 超龍 at 2005年12月16日 16:44
主人の両親は既に亡く 私の父も逝きました。主人と私 残った唯一の親である私の母を遅まきながら孝行したいという想いはあるのですが 全然出来ていないと反省ばかりです。「孝行をしたいと想うとき 親は無し」という言葉もあります。母は毎年 誕生日に 子や孫や嫁に自筆の手紙を書いてくれます どんな高価なプレゼントをもらうより有りがたいと思っています。幼くして母親を亡くした主人は 手紙を貰うたびに 一人自室で読んで号泣します、悲しいからでは無くて嬉しいからだそうです。
手紙が無理なら電話でもいい ”金頼む”の一言でいい
お前の笑顔を待ちわびる   おふくろに聴かせてやってくれ
ここの部分 私は次男に聞いて欲しい・・・。
Posted by +あい at 2005年12月16日 16:44
親元を離れて改めて親の偉大さに気付きました。
まだまだ甘えてしまってるのですが…最近は親孝行娘になりたいと切に思います。
バツイチ女のひとり言さんのブログを、お気に入り登録させてもらっても良いですか?
http://blog.livedoor.jp/eveningsun1/
Posted by eveningsun at 2005年12月16日 16:42
きょうは私の20年に及ぶ親不孝時代を思い出しました。
母親がまだ健在である自分の運に感謝しています...
一緒にいれる残された時間を大切にします...
バツイチ女のひとり言さん、今日はありがとうございました。
Posted by 隊長セヴァ at 2005年12月16日 16:42