バツイチ女のひとり言:神田川

2005年12月17日

神田川

かぁさんがわたくしを連れて逃げてから
(嫁ぎ先から・・・)何度か引越ししましたが
わたくしが物心ついた時にいた最初の借家は
ほんとに大きな家でわたくしたち以外に
2階の部屋と離れの家とに2組の別世帯。
そして台所といっても釜戸のある土間のそばに
もうひとつあった小さな部屋にはかぁさんの母・・
おばぁちゃんが住んでいました。

みんな割りと個別した造りになっていて
不思議な説明の難しい家の造り・・?
とにかく生活は別々にできる・・けど
トイレは共同でしたか・・
お風呂もそうで五右衛門風呂といって
子供のわたくしはとても恐くてひとりで入れなかった。

だから ”神田川”って唄みたいに
横町って感じで簡単には行けないけれど
片道30分ほど歩いて銭湯に行くのが楽しみで
かぁさんの後を小走りで歩いて・・
ほんとにたまに贅沢で帰りにかぁさんが寄ってくれた
ホルモン焼き屋さんの味は忘れられません。
そうそう・・お風呂上りのフルーツ牛乳も・・

話はとびますが・・・
その家の庭がまたとんでもなく広くて
50メートル走だって出来るくらいで
柿の木が2本あってそれに縄をはって
ブランコも作ってくれてた。

こんなことを書くとまだわたくしのブログを
最近になってからか・・初めて読むひとは
わたくしの年齢がもうおばぁちゃんに近いって思うかも・・?

まだそこまではいってません。44です。

わたくしたち母娘は一卵性親子と言われるほど
いつだって一緒で離れなかった。
わたくしが中学くらいになるともう親子というより
女ともだちみたいな感覚になっていて
わたくしが恋をして男性に走るまでずっと・・

”神田川”は男と女の恋の唄なんだけれど
わたくしはかぁさんとの子供の頃の情景が
なぜか鮮明に浮んできてしまうのです。
あの銭湯へ続く道のりの緩やかな下り坂。
わたくしと違って小柄なかぁさんの小さな背中。
その背中越しに見えた大きな夜空。

今でもわたくしの心を暖かくしてくれます。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/net_i5750/50226542
この記事へのコメント
初めてのコメントありがとうございました。
とても嬉しいです(涙)
ブログ初心者で、まだまだ
わからない事ばかりですので、ど〜か
なが〜い目でヨロシクお願いします(*^。^*)


Posted by たかちゃま日記 at 2005年12月18日 18:56
先日はコメントありがとうございました(>_<)
始めたばかりで、不安でしたが、コメントをいただいて、心強かったです。
あなたのブログを読んで、あったかい気持ちになりました(*^-^*)
Posted by りえっち at 2005年12月18日 18:52
初めまして。素敵はブログですね。『神田川』を聴くと東京の風呂無し・共同トイレの古アパートで暮らしていた頃を思い出します。時代を越えて歌い継がれる名曲ですね。ブログ楽しみに読ませて頂いております(^-^)
Posted by みっきぃ at 2005年12月18日 18:23
大人気のブログですね。素晴らしいデス。
ゴン太の部屋においで下さって有難うございました。
これからも益々のご発展をお祈りします。
Posted by ゴン太 at 2005年12月18日 17:06
こんにちは、またおじゃまします。
素敵な思い出ですね。

“五右衛門風呂”って慣れないと入るの難しかったですね。
わたしが入っていたのは、底にひいた板の上にちゃんと乗らないと
熱くてたいへんでした(笑)いい思い出です。

そうですねー!
銭湯という言葉もいい響きです。
銭湯ってなんか思い出が残る場所なんですね。
むかしは、どこの銭湯にもガンコ親父がいたものでしたけど!

“神田川”っていい歌ですね。
とっても大好きです。
わたしにとっても名曲中の名曲です。

Posted by 下町ウォーカー at 2005年12月18日 17:03
五右衛門風呂、うちにもありましたよ〜
小学校3・4年ぐらいまではあったように記憶しています(^^ゞ

小学1年の時に、五右衛門風呂に浮いてる底蓋を沈めようとして頭から突っ込み、溺れかけ、母が慌ててすくいあげてくれました(^^;
そんなわたしも40代。。(笑)
Posted by さぶちゃん at 2005年12月18日 16:58
はじめまして。
作りかけのブログに書き込みしていただいて、
ありがとうございました。

丁寧な言葉は、読む人に対して気持ちの良いものですね。
私も少しは気をつけていきたいなって思いました。
Posted by しゅり at 2005年12月18日 16:52
寒くなりましたね 今日、私の所では初雪が積もりました。寒い時のお風呂は気持ちがいいですね! 私も子供の頃にお風呂屋さんに連れてもらうのが、とても楽しみでした。それと風呂上りのコーヒー牛乳はとても美味しかったですね。これから、ますます寒くなりますが 風邪などひかないように気を付けて下さい。またお邪魔します!
Posted by smile35 at 2005年12月18日 16:42
初めまして。
先ほどはご訪問ありがとうございました♪

ステキなブログですね。
読んでいて心が和みました。
またお邪魔させていただきますね。
Posted by ミホ at 2005年12月18日 16:26
ブログはじめたばかりですので
コメントをいただけて
とってもうれしいです。
ありがとうございました。
またまたお邪魔させていただきますね♪
Posted by non at 2005年12月18日 16:11
文章を読んでいるとどこか、となりのトトロに出てくるさつきとめいのおうちを思い浮かべます。そんな環境の中でバツイチさんがどんな心情で暮らしていたか解りませんが、良い場所に住んでいるな、と思いました。
自分の環境がそうでなかった分、うらやましいです。

44歳。ネット上では年は関係ないですよ☆
Posted by ishin at 2005年12月18日 16:09
コメントありがとうございました。

初心者でブログの使い方がよくわかってません。
お返事遅れてすみませんでした。

ワンコお好きなんですね?
しろちゃんのかわいい写真などアップしていきますので
どうぞよろしくお願いします。
Posted by しろたん at 2005年12月18日 15:34
コメントありがとうございます。
九州も寒いのですね。京都は雪が降っていて今日は積もりました☆
家が川の横にあるのですが河原が雪化粧されていてとても綺麗です。
ご両親のお話読ませてもらいました。
僕の両親は幸いまだ健康で元気にしてくれています。僕はたぶんめっちゃくちゃ恵まれた人間だと思います。両親は健在、夫婦仲はとても良く、僕と両親は親友のような関係。
だからこそ今の時期から両親が居なくなってしまう時のことをふと思ってしまいます…正直すごく不安にもなります。
僕は来年からやっと社会人になって自分のお金が稼げるようになるのでそうしたら全力で恩返しをして行きたい!!そう思っています。
Posted by おのチン at 2005年12月18日 15:22
銭湯ですか。家にはありましたが、ガス炊きのお風呂で、たまに調子悪くなると、連れてってくれました。歩いて5分以内の所でしたので、帰りに寄り道などする事はありませんでしたが、お風呂上がりに飲むリンゴジュースと、「マミー」は好きでした。とゆーか、30年位たった今でも好きです(笑)
母娘って、姉妹の様に買い物など行動を共にする方が多いですね。
Posted by よっち at 2005年12月18日 15:12
おひさしぶりです、こんにちは。
お声をかけていただきありがとうございました。毎日更新されていて、(それも素敵な言葉ばかり)すごいですね。忙しいわけでもないのに、わたしは中々パソコンの前に座れません。

バツイチさんもお身体を大切に。
Posted by しま at 2005年12月18日 15:12
コメント、ありがとうどざいます。
Posted by つばさ at 2005年12月18日 13:58
バツイチ女のひとり言さん、どうもはじめましてこんにちは。
ブログ見てみました
なんていうか
フォーク系がすきなんですね

ジャンル違いで
申し訳ないのですが
私は中島みゆきさんのファンなんです。
ファンになった理由は1988年の秋
悪女と言う曲を聴いたのが
きっかけですね。

それから現在に至るまでずっとファンです。
ファンクラブにも入ってます。
今年からなんですけど
中島みゆきさんは歌っているときに私は見て思うのですが、明るいところと
暗いところが両極端にでてしまってますね。感情と言うのですけど、
でも他人の歌に対してはあの方は批判とかはしませんね。そんなところが
いいですね。そこはとてもいいというのでしょうか。
CDも買ってますし、ライブのDvDも買ってみてます。

Posted by 妖刀紅桜 at 2005年12月18日 13:37
暖かいコメントありがとうございました☆
なんだか心温まるブログですね(≧∀≦)

歌って本当に自分の人生の身近にいますよね〜(o^ー')b

あたしも神田川大好きです♪

また遊びにきますね〜∩(≧▽≦∩)
Posted by そら at 2005年12月18日 12:12
ども、Kazuyです。深いですね。。。
仕事を忘れ、読み漁ってしまいました;

僕は母さんも健在だし、父さんも健在。二人ともまだ仕事をしていて
元気なはずです;
今から十年くらい前、両親は離婚して別々に暮らしています。

僕は結婚して8年経ちますが、結婚式以来、父さんには会っていません。
電話くらいはしますが、このブログを読んで、「会いにいこう」と
思いました。「孫」もみせてあげたいし。

お正月にでも行って来ます。
こんな気持ちにさせてくれて、有難うございます。
Posted by Kazuy at 2005年12月18日 11:48
コメントありがとうございました。
それほど仲の良い親子という関係は素晴らしいですね。
羨ましい限りです。

私のブログもこれからも細々とがんばっていこうと思います。
Posted by 一号 at 2005年12月18日 11:40
私は引越ししたことがあまりないので、引っ越すならホント遠くに引っ越してみたいんです〜(≧∀≦)
質問があるのですが・・・トラックバックってどうやるんですか?
やり方がよく分からなくて(*>∧<)
教えてもらえたら嬉しいです☆
Posted by あや at 2005年12月18日 11:23
いつもコメントありがとうございます。
バツイチさんのブログってどこか、3丁目の夕日って漫画を想像させる部分を感じていました。

最近映画化しましたよね。原作はビッグコミックスピリッツに連載していて
とても「昭和」を感じるとても好きな漫画ですよ

私は昭和の40年代前半生まれなので少し後輩です。

でも、バツイチさんのブログに書いてある状況って凄くリアルに共感できる部分が多いんですよ。

そうそう、柿木のブランコは北海道は柿木が無いので家の庭にあった栗の木に、親が作ってくれた想い出があります。

姉にとってそのブランコの気分はハイジだった事を覚えていますね。

最近貴女のブログを読みながらつくづく自分の境遇の幸せさに感謝する今日この頃です。
Posted by masuzo at 2005年12月18日 11:08
自分もというか多くの人は若いころ貧しい時代をすごします。
僕もいまでは会社を経営してある程度の富を手にしていますが、大学生・新人のころはぼろアパートに住んでいました。
先頭も良く行きました。
もう、今の若者はそんなことないんだろうか・・・
Posted by ITおやじ at 2005年12月18日 10:39
年齢は関係ないっす!
大事なのは「何を見て、何を聞いて、何を経験して、それがどれだけ自分の物に
消化出来るか」じゃぁないですか!!

モモさんのblogは、そんな勇気や「あっ」と気づかせてくれるblogなんで、
オイラは凄く大切に見させて頂いてますよ。

>今でもわたくしの心を暖かくしてくれます。
歌から見える心の温かさ。大切にしたいものですね。
Posted by とよ兄 at 2005年12月18日 10:01
いつもコメントありがとうございます。
長期出張中でお返事遅れてしまいました。
自分は風邪などひかず、毎日元気で、絶好調!!(何とかは風邪ひかない・・・っていいますし)
バツイチ女さんも風邪などひかないで下さいね。
Posted by ともぞー at 2005年12月18日 09:54
私のブログに来てくださってありがとうございます。
犬の記事も含め読ませていただきました。
これからもちょくちょく読ませていただきますね。
Posted by ミヤ at 2005年12月18日 09:43
私が12歳まで祖母の家にはお風呂がありませんでした…。
東京の下町デス・・・
毎月、祖父のお墓参りに行った時には泊まるんですが、
お風呂はどうしたかと言うと〜
       偶然、お隣が銭湯なんです!!
私はあんまり銭湯にいい思いではなく…のぼせて…
       痛い目にあいましたので!!
Posted by あやや at 2005年12月18日 09:03
コメントありがとうございます。
がんばります。
Posted by まったりダイエッター at 2005年12月18日 09:01
あ、どうも!富士丸です。遅くなりましたが心暖まるコメントありがとうございました。神田川ですか、南こうせつさんの名曲ですよね、なにげない思い出のなかに複雑な心境を感じる曲ですね。ほかにもありますが改めて書き込みにきます。ではまた後ほど。
Posted by 富士丸です at 2005年12月18日 08:38
最初だけ、読ませてもらいましたぁ☆
そうなんや〜!葵の母上と同世代なんですね、母上の方がイッコ年上やけど
それに日記のタイトル、ステキです!昔の曲、葵は良く分らへんねんけど
お家にそんなレコード盤があったような?
葵は、まだまだヒヨコなので、人生経験語れる程豊富じゃありません。
なので、これを機会に色々教えてください。
こんな葵ですけど、ヨロシクお願いしま〜す。☆
Posted by 葵です♪ at 2005年12月18日 07:04
おはようございます。
いやぁ、ブログってやつは初めてで。普通に日記をつける感覚でブログ作ったんですけど、見知らぬご婦人から早くもコメントが。不思議な感じですが、うん、ありがとうございます。何だか嬉しいです。やったー。
とりあえず今コメント返したくなって、ろくにブログも読まずにお邪魔した次第です。
また今度、ちゃんと読みに来ます。
Posted by ジャック日々 at 2005年12月18日 06:20
母親って偉大ですよね。うちの母は私より小さくってかわいいのに、大きくみえる!
若い頃は喧嘩もしたし、遊びたい時期だから色々あったけどハタチになる頃には落ち着いていい子?になってましたね。それからずっと友達見たいな関係で・・今も仲良し。ずっと大切にしていきたいですね。
Posted by きよりん at 2005年12月18日 06:11
((((´・ω・)ちょと前通りますね
Posted by む at 2005年12月18日 05:48
 コメントありがとうございました。バツイチさんは詩人ですね。ブログから文学的な香りがします。
 私は銭湯というとコーヒー牛乳が思い浮かびますが、フルーツ牛乳というのがあるんですね。知りませんでした。
Posted by 優花 at 2005年12月18日 05:43
いつもコメントありがとうございます。
私のような若輩者に云われるまでもないでしょうけど肩の力を抜いてこれまで通りでいいと思います。
私はいつも拝見させて頂いていますよ。
Posted by hyohyo at 2005年12月18日 05:26
バツイチさん、読ませていただきました。素敵ですね。
また、応援コメントありがとうございます。
私のところは、まだ方向性もよく決まってませんが・・・
ガンバって見ます。

Posted by とうさん at 2005年12月18日 03:37
こんばんは。mayです。
私も母とは友達のように仲がよかった・・・(過去形?!)
こんなことを書いたら、バツイチさんにとても怒られるかもしれないけれど・・。

最近、ようやく、自分の生活のスタンスが出来てきたっていうか、
自分の家が一番って思うんです。

大好きな両親のいる実家に行くことは、自分の気持ちをほっとさせてくれる
大切な時間でしたが、最近、少し億劫になってきて・・。

肉親だから気を使わないこと、反対に肉親だからこそ気を使うことが
いろいろ出てきて、、すっごく疲れてしまうのです。

これじゃだめだと思います。

もっと、強くなりたいです。バツイチさんのように。

また、遊びにきますね。
Posted by 節約生活 手作りのある暮らし at 2005年12月18日 02:11
はじめまして。
コメント有難うございました。

バツイチさんのブログを読んでいると、環境が似ていて年の離れた私の姉とリンクする部分があるなぁ・・・と感じました。

私は姉ほど母と仲良くなくて、今まで特にそれを気にした事はなかったけどこれを読むとすごく羨ましく思います。
Posted by みなみ at 2005年12月18日 01:58
はじめまして。コメントありがとうございました。
バツイチ女のひとり言さん程の素晴らしいブログは書けそうにありませんが、ぼちぼち頑張っていくつもりです。宜しくお願いします。

私も母とは女友達や姉妹のように仲良くしていました。下宿を始めて、たまにしか会えなくなって初めて、母の存在の大きさを感じたものです。
Posted by コーセキ at 2005年12月18日 01:14
コメントありがとうございました。
僕の始めたばかりのブログ。誰も見てくれなかったら・・・
と思っていたんですけど、本当にうれしかったです。

「生活とは、わびしさを耐えることである。」
という太宰のことばがありますが、僕は今まさにそういった
心境の中にいます。
いろいろな名言・格言が示すように、
愛とは無条件に与えることに尽きる
ということを、日々思っていますが、そう思えるとき、
どうしてこんなにさみしく、わびしいのだろうと思うとき、
その真理との一致・不一致に本当に苦しみます。

ときどきここに訪れます。そして時には僕のところにも顔を出してください。
Posted by たくみ at 2005年12月18日 01:05
本当にとっても仲の良い親子だったんですね♪
俺も子供ができたらめいっぱい大事にしてやりたい!!
そしてあなたのような素敵な親子になりたい!!

いろんな事考えさせられる、あなたの文章が大好きですよ♪
是非これからも頑張ってください!!
Posted by West Villageの住人 at 2005年12月18日 01:01
いい情景ですよね。
最近はスーパー銭湯ばかりで、町の銭湯は見かけなくなりました。

「神田川」の歌詞の情景も、わかりにくくなってしまうんでしょうね・・・。
Posted by よーすけ at 2005年12月18日 00:55
こんばんゎ!!はじめましてコメントありがとぅございます。
素敵な文章ですごぃ情景が読み込めました☆☆

またきます〜〜☆☆
Posted by りか at 2005年12月18日 00:51
私のブログにはじめてきて頂きましてありがとうございます。
はじめて作ったブログでしたのでドキドキしていました。
コメントいただいたのを見て感動しました。
こうして人の縁がつながっていくのかな〜

とても素敵なブログですね。わたしも皆さんと楽しくお話できるブログを作るように頑張ります。
これからもときどき遊びにきますね。
Posted by D.K. at 2005年12月18日 00:46
こんばんは
ブログのほうにコメントありがとうございます。

昭和の匂いがする文章に少しホロリとしてしまいました。
更新頑張ってください
また来ますねー
Posted by しずく at 2005年12月18日 00:46
あなたは、もうわすれたかしら〜
赤い手ぬぐい マフラーにして〜
って歌ですよね。
なつかしいな。
音楽の授業の発表会で歌ったことが
あるんですよ(笑)
Posted by notarejini06 at 2005年12月18日 00:34
コメント ありがとうございました
素敵なブログですね

五右衛門風呂は 昔 何処かで 入ったことがあり
怖かった 記憶があります
底に すのこのような 木の板が ひいてあって
すのこの 隙間から 見える所が 黒くて
あの 黒いところは 底なしなんだって 思ってました

また ちょくちょく遊びに来させて いただきますね
Posted by hysam at 2005年12月18日 00:28
はじめまして。
コメントありがとうございます。
少し読ませていただきましたが、暖かい文章で素敵だと思います。
僕もがんばります。
Posted by こころのオアシス管理人 at 2005年12月18日 00:16
五右衛門風呂ですかー。僕も入ってみたいなぁ。
僕も高校の寮に住んでいる頃、たまに近くの銭湯(というか温泉)に通っていたんですけど、
結構好きだったなぁ。
フルーツ牛乳は残念ながら売ってませんでしたけど。
Posted by oz at 2005年12月18日 00:13
はじめまして。バツイチさん。
私のほうのブログ訪問ありがとうございました。

友達みたいなお母さんて良いですね。
うちはあんまり仲良くなかったので〜。
実家は田舎でまわりに木がたくさんあったので小さいころは
ブランコを作ったり竹を切って木から木に渡して橋の代わりにしたり
してました。
バツイチさんの記事を見てそんな懐かしいことを思い出しました。
Posted by K at 2005年12月18日 00:11
私も最近お風呂がつぶれて銭湯に通ってました(*´∇`*) 笑
行くと気持ちい銭湯だけど帰りが寒くて....o(T□T)o
ちっさなころに銭湯つれてってもらってコーラー飲んでた記憶もちらほら(;A´▽`A``笑
Posted by めばえ at 2005年12月18日 00:11
はじめまして♪
早速コメントいただきありがとうございます。
とても大きなそして釜戸のあるお家なんてスゴイですね〜♪
神田川...今聴いてもいい歌だな〜なんて思います。
Posted by はっぴー at 2005年12月18日 00:10
何だか切なくて・・でもあったか〜いお話でした。

釜戸のある土間、
私も幼い頃、そういう所に住んでいて
お釜のおこげが毎日、楽しみで・・・美味しかったなぁ。
でも、あの頃はお腹が弱く、病院で太〜い注射をよく打たれました。

今は立派に育って(横に育ちすぎですが)
もう注射を打たれることもありません。

あの時の、おこげ、もう一度食べてみたいなぁ。
懐かしい思い出です。
Posted by ぴよko at 2005年12月18日 00:02
銭湯と言えば、幼稚園の頃にお風呂のないうちだったので、
銭湯に通っていたことがあります。
私の下に赤ちゃんがいたので、母が赤ちゃんと女湯、
それ以外は父と男湯に行っていたので、男湯のイメージ
が強いです。
だから私にとって銭湯って「神田川」の歌みたいに
甘くせつない恋愛のイメージではないのが残念です。
Posted by スズランラン at 2005年12月17日 23:50
こんばんは。

バツイチさんのブログを拝見したり、
他の方のブログを拝見していたら、
「こんな考え方もあるんだ…」
といつもはっとする思いです。

これからも拝見させていただきたいです。
こちらこそよろしくお願いします。
Posted by しん at 2005年12月17日 23:45
私も、幼き頃母の自転車の後ろに跨って銭湯に行った思い出があります。
父が仕事で帰ってこない日は銭湯行ってましたっけ。
ただ、道中にお寺があってお墓の横を通るので怖くて、あんまり好きでは無かったです(笑)

最近、久々に幼き頃暮らしていた街を車で通ったときに、今も変わらずその銭湯があったときには、なんだか嬉しかったですね。
Posted by KOJI at 2005年12月17日 22:54
コメントありがとうございます!なもないところにきてくださってとってもとっても嬉しいです(^^)/初めて拝見させていただきました。とても素敵なとこですね!!今までつづってこられた分楽しみにみせていただこうと思います。まだまだかけだしですが、宜しくお願いいたします。
Posted by ほねおった at 2005年12月17日 22:36
こんばんわ。
コメントありがとうございます♪
初コメントだったので嬉しかったです!

また来マース。
Posted by こぺ at 2005年12月17日 22:32
 おかぁ〜さまの思い出をこうしてブログに残されていて素敵です。おかぁ〜さまも極楽浄土で目を細めながら見守っていると思います。わたしも五右衛門風呂や紐で作ったブランコ経験ありますよ・・懐かしいよね(´∀`*)ウフフ
Posted by くみくみ at 2005年12月17日 22:29
私は23ですが、ブランコ作ってもらいましたよー。
いつの時代もおんなじですよー(^^)
バツイチ女のひとり言さんは、お母さんを大事に想っていますね。
きっとお母さんも、バツイチ女のひとり言さんも素敵な方なのでしょう。
私は今、ブログにも書いたとおり、色々あり両親を恨んでいます。
でも、いつかお互いの気持ちを分かり合い、やはり私の母は、母で良かった、
と思えるようになっていたいです・・・。
Posted by キリン at 2005年12月17日 22:23
こんばんわ。コメントありがとうございました。
ほのぼの頑張っていきますね。今後もよろしくです。
私もお風呂の思い出がありますね。家のお風呂がよく壊れて
15分くらい歩いてお風呂屋さんに行きました。
帰りに食べる、和菓子屋さんのスアマが印象的です。
暖かな時間だったな〜。
Posted by あっくん at 2005年12月17日 22:22
こんばんは。気に掛けてくださってありがとうございます。こちらには何度かおじゃまさせて頂いているのですが、コメントの敷居が高くて(自分が幼すぎて)なかなか足跡が残せません。厳しい子供時代を過ごされたようですが、決して不幸ではなかったんだなと感じました。五右衛門風呂は、4歳くらいまで入ってました…私も。
Posted by タマ吉 at 2005年12月17日 22:20
バツイチさんの毎日のテーマがいいですねえ。

素直な自分になっちゃいます♪

私は近所に公園が無く、ワラのロープを1本、母がガレージに結んでくれました。

それをターザンのようにロープに乗って、ビュンビュン揺れていたら

ロープが切れて転倒し、腕を骨折。

母は、驚き私を背負って病院へ駆け込んで行きました。

5歳の古い記憶でも愛情は、忘れないものですね☆
Posted by タジイの気楽日記 at 2005年12月17日 22:11
 バツイチ女のひとり言さん!
早速、趣味のBlogに起こし頂き有り難うございます。
こちらは全くのプライベート、趣味の専門用語も飛び交うので分かり辛いかもしれませんが、ずっこけ日記ですので気軽にお越しください。

仕事のブログに頂いたカキコ、ちょっとした手違いで消えてしまいました。
PCには弱いものですから・・
折角カキコ頂いたのに申し訳ございません。
こちらにも是非またお越しください!
Posted by 長靴 at 2005年12月17日 22:05
コメントありがとうございます。
今日のお話。あぁ、私も銭湯に行くのが楽しみだったなぁって(^^)
伯母と行くのがすきでしたw
いい思い出ですw
Posted by 黒猫 KINU (きんか) at 2005年12月17日 21:21
あなたは凄くお母さんが大好きなんですね〜
blogを見てると想いがよく伝わってきます…今は居ないお母さんも違う世界で貴女の事をしっかり見守っていていらっしゃるでしょうねっ(^-^)
Posted by ひめちゃま at 2005年12月17日 21:13
コメントありがとうございます☆
素敵な思い出ですね!私も、大人になっても母との思い出忘れないでいたいです。
Posted by かな at 2005年12月17日 21:08
こんばんは。いつも楽しく読ませてもらってますー♪
お母さんっていつまで経っても尊敬できる存在ですよね。私も母とは友達のように、今日はこんなことがあったよ〜とか楽しく会話しています。
それでも私が就職すると、会えなくなっちゃうんですよね・・今のうちに甘えておこっと☆
Posted by きゅれる at 2005年12月17日 21:06
こんばんは
私も年賀状頑張ってみようと思っています♪
来年は戌年ということもあるのですが(*^_^*)
今日のひとり言さんのブログを拝見していたら
いろんなことを経験されてきたんだなって思いました。
神田川はちゃんと聞いたことがないからどんな詩か
わからないけど、今度聞いてみようと思います。
Posted by みるく at 2005年12月17日 21:05
みろろです。。。
ひとり言さまの文章をよんでいるとね、心がほんわか温かくなってまいります。ほんと、大切な思い出なのですね・・・ひしひし。。。
Posted by みろろ at 2005年12月17日 20:42
はじめまして、博華です。
コメントありがとうございました♪
日々思うところをマイペースに書いていきたいと思います。
ここのブログのような素敵な文章というわけにはいきませんが・・・。
ではまた来たいと思います。
博華
Posted by 博華 at 2005年12月17日 20:40
とても大切な思い出という気持ちが読んでいて伝わってきました。
辛かった思いでは何となく風化していくような気がしますが、楽しかった思い出はいつまでも心に残るものかもしれません。(私だけかも・・・)
Posted by カール at 2005年12月17日 20:21
44才ですか。正直驚いています。沢山の経験と体験がこのプログにつまっているから。飾らない言葉がみなさんから支持されるんですね。
 
最近、かなり母も歳なんだと感じるようになりました。いつまでも自分が子供のころの母でいてほしいのは、無理なことですね。
Posted by ダイアナ at 2005年12月17日 19:54
ステキなお母様だったんですね〜
うちの母も小柄ですが、わたしも小柄です(爆)
両親は年々小さくなっていくような気がします
Posted by 次郎 at 2005年12月17日 18:58
洗い髪が芯まで冷えて・・・ですね 季節は冬 今日みたいな天気かな。
「妹よ」という歌があります そのお兄さんと 実際の兄のギャップに きっと私って血が繋がってない妹なんだと信じて疑わなかったものでした。今までも そしてこれからも 姉か妹がいてくれたら どんなに良かっただろうにと思っている私です。
Posted by +あい at 2005年12月17日 18:30
はい、何度かお邪魔して読ませていただいていました今日のブランコの話読んで、えーいくつ私も、柿の木にブランコ作ってもらってちなみに、いっこ下です
Posted by ピンポン at 2005年12月17日 18:26