バツイチ女のひとり言:涙そうそう

2006年02月21日

涙そうそう


古いアルバムめくり
ありがとうってつぶやいた
いつもいつも胸の中 励ましてくれる人よ♪
 (森山良子 唄 涙そうそう)


昔から写真に写るってことが苦手だったわたくしです。
おまけにかぁさんもそうでした。
気がつくとうちにはアルバムというものは
唯一・・たった1冊しかありません。


それもいっぱいにはうまっていません。
うちの息子殿の幼い頃の写真が数枚と
その頃もうすでに癌で心も体も病んで
元気だった頃とは見る影もないかぁさんが
それでも嬉しそうに孫であるわたくしの息子殿を
なんとか微笑んで抱きかかえてる写真が数枚。
あとはわたくしが仕事先で撮られた若い頃の写真。
ほぼそれだけです。



でもわたくしの記憶という心のアルバムには
色あせることのないたくさんのショットが
いつまでも息づいています。
そしてことあるごとによみがえって
懐かしい・・優しい笑みで励ましてくれるのです。



それがある時は学校の先生だったり・・
幼ななじみだったガキ大将のブルート(あだ名)だったり・・
ちなみにわたくしのあだ名はオリーブでした。
当時では背の高い痩せた体型でしたから・・・
残念ながらポパイ的存在がその頃はいませんでした。


ただM君って子。
警察官だったお父さんの転勤で中学の時に転校してきた子が
明るいいじめから守ってくれる正義の味方でした。
昔のいじめって今と違って陰湿でなく明るかったですから・・
その正義の味方はもちろんそのままって感じで警察官になりました。


心のアルバムにあるのは笑顔ばかりです。
不思議に辛かったこと・・涙したこと・・
間違いなくあったことなのに忘れている自分に気がつきます。




悲しみにも 喜ぶにも
思うあの笑顔
あなたの場所から私が
見えたら きっといつか
会えると信じ生きてゆく♪

いつか必ずまたかぁさんに会えると信じて・・・


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/net_i5750/50337942
この記事へのトラックバック
みなさんこんにちは、はじめまして。 私は58歳写真業を営むおやじです。 現像所、建築写真の撮影、写真の修正加工とオールマイティーにこなしています。 文字を書くことが苦手で、一度ブログ挫折しましたが みなさんに写真の楽しさ、面白さを知っていただきたく 再度トライす...
カメラマンおやじのブログスタートです【写真屋の一日!】at 2006年02月22日 16:57
この記事へのコメント
いつもコメントありがとうございます。
人間関係(会社の)に悩んでいます。
薬に頼るのは嫌いだし身体に良くないのは重々承知の上ですが、
胃が痛くて痛くてかないません!
K氏ではありませんがそのうち血を吐いて倒れそうな気もする…。
7月に新社屋が完成するので8月に引越しする予定なので、
環境が変わるまでじっと我慢!我慢!!我慢!!!
悪夢のような不運の連続から早く逃れたいグッピーです(-_-;)
Posted by グッピーちゃん at 2006年02月24日 12:48
森山良子さんの歌声がいいですね〜
息子さんもすきです〜
Posted by ドジのろまの独り言 at 2006年02月23日 11:09
「涙そうそう」私も大好きです。
今、auのCMソングにハワイ語バージョンが起用されているので、ハワイアンが大好きな私はさっそくブログに書いてしまうほど、です。
歌っているのはケアリイ・レイシェルという、ハワイアンではとても有名な方で、彼が飛行機に乗ったときに聴いたこの曲に「一目ぼれ」したそうです。
日本語のわからないケアリイがこのメロディーに海辺に建っていたおばあちゃんの家を称えてた歌詞を付けています。
言葉は通じなくても音楽から受けるインスピレーションは同じなんだと、改めて音楽の持つパワーを感じました。
歌詞も英語ではなくハワイ語というのがニクいです。英語とはまったく違う、どこか素朴であたたかいハワイ語。
聴いていると、いろんな人の笑顔が浮かんできます。
Posted by 貧乏OLあこ at 2006年02月22日 23:21
コメントを残していただきありがとうございました。

素敵なブログですね。
またおじゃまさせてくださいね。
Posted by まめこ at 2006年02月22日 22:02
今は写真やカメラに興味を持っていますが、むかし(主に子どものころ)は写真撮られるの嫌いでした。いつからか、おそらくプリクラとか、使い捨てカメラが買えるようになった頃から嫌いじゃなくなったんだと思います。

カメラを持つようになると撮るのに夢中になって、心に入ってないときってあるんですよ。。。実物を自分の目で見てないからでしょうか(画面とか、カメラのレンズごしとか)。

それでも撮り続けて、またブログにアップしまーす♪予定では今日、明日あたり・・・??
Posted by ひよこ博士 at 2006年02月22日 22:02
こんにちは!唄にはパワーがありますね。うれしいとき かなしいときになぐさめてくれる。ラジオなどで昔の曲が流れると つい そのときの思い出が。当時 好きだった女性がよく歌ったなーとか。 
Posted by まっつん at 2006年02月22日 21:34
はじめまして。とっても人気なブログですね^^私は始めたばかりなので目指します!!

とってもステキでした☆私は写真好きでアルバムいっぱいあります。でも逆で心の中のアルバムは悲しいことが多い。思い出すのとか特に鮮明なものは悲しいものばかりな気がします。写真好きだとそうなっちゃうのかな?それとも私が勝手にそうしちゃってるだけかな?
幸せの道を開くためにも、心の中のアルバムは笑ってる顔でいっぱいにしたいな。

お母さん、すごく優しそうな感じが伝わってきました。会えないわけない!って勝手に思っちゃいました
Posted by sweet_19_blues at 2006年02月22日 21:14
私のブログに来てくれてありがとう!
来てみてびっくり!すごいブログですね。
私も初心者だけど、見習ってがんばりまーす!
Posted by みくちゃん at 2006年02月22日 21:08
「涙そうそう」いい歌ですよね。

私も私の小さい頃の写真少ないです。
母子家庭で写真どころではなかったからかもしれません。

心のアルバム 大事にしたいですね。
Posted by はちみつ at 2006年02月22日 21:07
私も写真写り悪くてスキな方じゃナイです(´Д⊂グスン
撮るのゎスキなんですが。。。プリクラゎ撮るんですがねぇ。。。
ソレも目つき悪くなってしまう(涙
Posted by 私も。。。 at 2006年02月22日 20:58
歌詞のようにアルバムで昔を懐かしんだことがありません。わたしもほとんど写真をもっていませんね。自分では意識してないつもりですが苦手なのかな。アルバムと聞くと思いだす歌は
♪人生なんてアルバムのようにしみじみあとで感じるものよ
愛に揺れる心燃えて枯れるいのち女のさだめ♪
(ハニーシックス 人は愛に生きる)
Posted by ボギー at 2006年02月22日 20:37
写真は僕も苦手です。
なんとここ5年ほどで20枚くらい。
写真って気恥ずかしいです。
Posted by さみえる at 2006年02月22日 20:34
こんばんは。
カーリングはオリンピックの種目の一つで氷上のチェスともいわれる奥深い競技ですよ。ボーリングとビリヤードをあわせた感じですね。

僕も写真が苦手ですね。
なくなった祖母も写真が嫌いだったようです。写真を撮られると魂を抜かれるみたいなことを信じていたみたいです。
Posted by フート at 2006年02月22日 20:10
ブログ開始第一号のコメント、どうもありがとうございました♪
嬉しすぎて、遊びにきちゃいました。
あたしの心の中にあるアルバムは、事有る毎にページをめくっています。
倖せだった日、辛かった日、全てが色褪せず残っているので、妄想タイムにはもってこいです^^

ではでは、また、是非遊びに来させてください!
Posted by ちこ at 2006年02月22日 19:55
訪問ありがとうございました。
解らないことばかりですが、がんばりたいと思います。
Posted by スネオ at 2006年02月22日 19:50
私も写真に写るのは苦手です。
でも子供の頃は〜知らず知らず撮られてますね(苦笑)
でも今のアルバムにはお父さんが居ません。
母が処分してしまって…すみません、ちょっと寂しい思い出でした。
Posted by 染麗 at 2006年02月22日 19:14
こんにちは!
カキコありがとうございます♪

卒業アルバムと言えば、私も明日、頂きます。
皆、笑っている顔であると良いなと思います。

ではまた
Posted by 幸せブタ子 at 2006年02月22日 19:06
涙そうそうはカラオケでよく歌います。
私もお袋を思い出してしまいますね。
孝行したいときには親は無しとはよく言ったものです。
Posted by monobaka at 2006年02月22日 19:05
遅くなってしまいましたが、コメントありがとうございました!!!!
私も写真に写るのはあまり好きではありません・・・。でも、小さい頃の写真は親がたくさん撮ったようで山ほどあります(^^ゞ。どれもブサイクで笑っちゃうんですけどね。
また、よろしければブログに遊びに来てください。
細々と続けていると思うんで(笑)。
Posted by よりこ at 2006年02月22日 18:58
僕は写真をたくさん撮るほう、ですね。

父さんがたくさん撮ってくれていた影響からかもしれない。
デジカメというツールを手にしてからは更に加速してますねぇ。
撮ってすぐみんなで見る。動画を交えて。

僕の後ろで笑っている嫁さん。
誰にも突っ込んでもらえないボケをかましている弟。
動画なのにフリーズしているご両親。

その時は見えなかったことが見えてくる。
Posted by やっぴぃ at 2006年02月22日 18:36
じ〜んときますね(T_T)いつも心配ばかりかけている両親の事を思うと反省しなくてはと思いますよ…
Posted by くみくみ at 2006年02月22日 18:05
写真の整理が大の苦手な私・・・・
今も整理していない写真の山が箱に入ったまましまわれています><
デジカメってなんて便利!

私の両親も写真を撮るのが大好き!
と言うより、定年退職してからの量がすごい。
自分たちの旅行はもちろん、孫(家の子)の写真が・・
遊びに行くたび(月に一度くらい)貰ってくるのだけど、そのまましまってしまう私。
親不孝なのかも・・・
Posted by よりみち大好き at 2006年02月22日 17:59
うちにも写真はたくさんありますが、ほとんどが子供の写真です。
整理もしてないから、いつのものか全然分からなくなっていますが(^^;)

「涙そうそう」はとてもいい曲だと思います。
自分のその時の気分によっては、聴いていて涙が出てきてしまう時もあります。
Posted by mika at 2006年02月22日 17:41
この歌、実家の母が好きでいつも聞いているらしく、実家によく預けるうちの子供たちも口ずさむようになりました。

私は写真の整理が苦手です。
撮るのは結構好きなんですけどたまる一方で。。。
いつかまとめてアルバムに貼ろうと思っていたら、ものすごい量になってしまい今も増え続けています。
Posted by つるこ at 2006年02月22日 17:20
古いアルバムは見始めるとついつい想い出に浸ってしまいます。
母や義母の学生の頃のアルバムがあるのですが、戦前のものなので、
その頃のものが焼けずに残っているのは本当にうれしいです。
でも年をとってきたら2人とも写真に写りたがらなくなり、あまり
最近のものはありません。
でも写真がなくても想い出はたくさんありますよね。
Posted by スズランラン at 2006年02月22日 17:10
はじめまして。訪問してくださり、コメントもいただき
とても嬉しかったです。ありがとうございます。
従業員に教わりながらトラックバックなるものをさせていただきました。
心のアルバムと、写真のアルバムどちらも大事にしていきたいと
改めて、感じさせていただきました。
また遊びに来てくださいね。


Posted by カメラマンおやじ at 2006年02月22日 17:06
自分も心の中のアルバムを

増やしていきたいなって

思いました。
Posted by アキオカ企画 at 2006年02月22日 16:51
きてくださってありがとうございますо
涙そうそう
ィィ曲ですね!!
私も写真苦手です【ワラ
でもやっぱり思い出を残したいから
今度から思い出を写真におさめていきたいなと思います!!
Posted by カフェ at 2006年02月22日 16:46
涙そうそう!!
夏川りみもビギンもどちらが歌っても響きますね!!
学生時代のアルバムを見ると、みんな元気かな〜?って
少し寂しくなる時があります。
Posted by taro at 2006年02月22日 16:28
私も写真苦手なんですよ。
父は写真を撮るのが好きだったようで、
ちょっと出かけたときにも良く写真を撮ってくれていました。

しかし小学生の頃、
「写真撮られるのはいや」

と私の一言でまったく撮らなくなった父。


以前、父にアルバムの写真が
途中から急になくなっている理由を聞いて唖然・・・

そう言えばそんなこと言ってました。
数少ない父の趣味を奪ったのは私だったのかもしれません。


今から思えばどうしてあんなことを言ったのかと後悔しています。


私も子供の写真はしょっちゅう撮っております。

デジカメなので、データで保存し場所要らずです。


そして子供が嫌がっても撮るぞ〜と心に誓っております。
Posted by 子と共に育つ親・・・のたわごと:しま at 2006年02月22日 16:15
最近はめっきり写真撮ってないですが、昔の家族で映ってる写真を見ると、和みますv
Posted by ラスク at 2006年02月22日 16:09
こんにちは!
私の心のアルバムは、数枚しかありません。。。
なぜなら、記憶力が、びっくりするくらい悪いのです(><)
自覚しているので、写真で残すようにしています。
覚えていないことは、妹に聞くと、ほぼ解決します☆
今をもっと大切にして、記憶のアルバムを作っていけるようにしたいなぁ〜と思いながら、現在にいたってます。
Posted by ユリコ at 2006年02月22日 15:44
こんにちは!
先日は私のブログの来て頂いてありがとございます。
ずーっと読んでいて
私もまさにリアルタイムで体験してました。

私も22歳の時、母を亡くし
それは
何かで決して埋める事の出来ない穴が
ぽっかり開いています。

まだ更新していませんが
ぼちぼちとやっていこうと思っています。
Posted by ちゃこ at 2006年02月22日 15:28
こんにちはー!
私のブログに来てくださってありがとうございます(^O^)
過去ログ見せていただきました。
夢中になって読んじゃいました。ふふっ
私ももうすぐ34歳でB型です。

うちも兄が亡くなっています。
会えたらなー
いれば人生かわってたかな?なーんて
思わず感じる瞬間があります。

きっといつか大事な人に
再会できますよ・・・・
Posted by mira at 2006年02月22日 15:13
またまたやってきました。

バツイチさんのブログいろんな方でにぎわっていますね。

昨年10月文化祭で親爺バンドでこの涙そうそうを歌いました。
結構本格的なバンドで練習も回を重ねました。

自分はボーカルで1番を歌いました。
サブボーカルが2番を歌ったのですが、
彼は若い頃バイク事故でなくなった弟のことを思い出し、
涙で歌えなくなってしまったんです。

涙そうそうって人の絆が墓を超えて存続することを
教えてくれる詩ですよね。

お金は墓には持っていけないけれど、
思い出はいつまでも絶えることがないと固く信じています。
家族の絆がこの世だけだとは思えませんしね。
Posted by Michael JJ at 2006年02月22日 14:54
こんにちわ!まあ…何だか涙が出てきました…。素敵な思い出話しをありがとうございます。オリーブって呼ばれていたんですね!…私の祖母も癌で去年の暮れにいってしまいました。でも心のアルバムに居ますものね。
Posted by マナ at 2006年02月22日 14:24
心の中にあるアルバムは、絶対色あせることはありませんよ。
いい思い出しか、しまわないのですから・・・。
Posted by SYU at 2006年02月22日 14:21
またまたコメントをいただき、有難うございました。
私も写真に写るのが苦手です。
もうこの世にはいない父が写真好きで幼い時はよく撮ってもらいましたが、
この頃は写真を撮るとなると、逃げています。
なんか変な顔になるんですよね。元が変な顔なんですけど。トホホ。
Posted by すまちどり at 2006年02月22日 14:20
ううーっ。懐かしくて、せつなくていい記事ですね。うちは、写真は宝物。
最初の子供のはたくさん。次のこどものはちょっぴり。
どこの家庭でもそうらしいですが・・・
このまえ、地震が起きたらすぐに持って、にげるもの と家族会議をひらいたら 子供はゲームとか カード。
わたしは、まっさきに写真アルバムとこたえました。
お金で絶対、買えないものですからね。
Posted by みゅーじっくおっさん at 2006年02月22日 13:13
最近、息子と出かけると写真やビデオを撮ることに夢中になってしまいがち。。。
もちろん、後から何度でも見返すことができますが。リアルタイムで感動したり笑ったりしたほうが、強く思い出に残るのかもしれませんね。
Posted by なごやん at 2006年02月22日 13:08
こんちわっす\(^o^)/
コメントありがとうございました!
初コメントだったんでとても嬉しかったっす。
アルバムな〜、オレの愛猫結構前に死んじゃったんすけど
生きてるときほとんど写真撮ってなくて後悔しました。
でもそうっすね心のアルバム開けばいいんすね。
ありがとうございました。
Posted by Vito at 2006年02月22日 13:07
バツイチさんのブログは、本当に心にききます!自分は涙そうそうの唄も知りませんでした。。。あんまり音楽に疎いので。。ちょっと、情けないという感じもあるんですが、ここに来ると、何時も素敵な話題とともに、
私にもバツイチさんのお気持ちを通して、何か自分の心と向きあう時間を
持てるような気がするのです。。素直になれる様な気がする。。というと、他の人はどうお考えでしょう。余り唄にも詳しくもなく、ただ何となく来てしまうのですけど、ブログもまだ作っていない自分ですが、何時もありがとうございます!
Posted by 本日も、こんにちは!春霞。かな。。 at 2006年02月22日 12:54
前使ってたブログ嫌になったので新しく立ち上げました。
まだ不慣れですが、こちらで今後もよろしくお願いします。
Posted by こんちはhipponです。 at 2006年02月22日 12:38
写真を見て思い出に浸るのはたまにありますね
なぜか写真の中の思い出は楽しいことばかりです。
写真は笑顔ばかり!
その時の気持ちを忘れずにいたいですね。
Posted by ライ at 2006年02月22日 12:36
すんごい曲の量知ってますね!新旧問わず!
今日、写真のあり方が変わってきましたね。私の幼い頃はまだ白黒でした。父が重い、でっかいカメラを肩からさげてた・・・。
露出もピントも自分で合わせなければならない。笑ってる顔がいつの間にかひきつり始める頃、シャッターを切られる。
でも手作りっぽいそんな時代の写真、私は好きです。
Posted by tomota at 2006年02月22日 12:24
たとえ形がなくとも心の写真は色あせることないですものね☆それをいつまでも大切にしていってくださいね。私も心の中の写真は色あせることなく大切にしまっておきたいです。
Posted by なつママ at 2006年02月22日 12:07
心の中に仕舞い込んだ写真集……いいですね。
ある瞬間の笑顔って、心に焼きついているものですね。
私もそういう笑顔に支えられて今を生きているような気がします。
今日も、素敵なブログを読ませていただいて、どうもありがとうございました。
Posted by 春紫苑 at 2006年02月22日 11:03
私の母も写真が嫌いでした。
同じく私も嫌いです。
自分の存在が半永久的に残ると思うと…
母の写真はいつも楽しそうな笑顔ばかり。
会いたいな…。。。
Posted by puffpuff at 2006年02月22日 11:01
バツイチ女さんこんにちは。
子供時代の写真。。
写真嫌いになる時期って必ずあるみたいで、ご多分にもれず、
私にもそういう頃がありました。
でも撮るのは好きで、今はそういう仕事をしています。
心のアルバム・・いい響きですね。
しかし、訳あってその少ない子供の頃の写真すら、
もう一枚も残っていません。

子供の頃、悲しいことや寂しくなると、
アルバムをひろげ、楽しかったことを想いだしては
自分で気持ちを慰めていました。
写真はなくなりましたが、色々な想い出とともに
当時のいくつものカットは、心のアルバムに
記憶として今でも大切に保管されています。
人に見せてあげることは出来ないけれど、
今でも、落ち込んだ時に慰めてくれる心のアルバム。。。
この記憶が薄れないように生きていきたいと思います。



Posted by nepcom at 2006年02月22日 10:33
素敵なブログですね。
どこか懐かしくて、癒されるというか、ホッとします。
これからも遊びに来ますので、よろしくお願いいたします。


Posted by 育て王 at 2006年02月22日 10:26
写真は撮られるより撮るほうが好きですね

風景や思い出は写真に撮ると忘れるから
五感全部を使って体に染み込ませるんだっていって
旅行などに行っても写真をとらない友人がいました

それも一理・・・・



Posted by のほほん節約生活 手作りのある暮らし at 2006年02月22日 10:11
コメント、ありがとうございました!
涙そうそう、大好きな歌です。
思い出って不思議と悪い思い出は残りませんよね?
つらかったこともあれがあったから今の自分があるのかなーって思います。
Posted by puri at 2006年02月22日 10:01
はじめまして。コメントありがとうございました。

何気ない笑顔や表情が活き活きとするのに、いざ写真を撮られるとなると無理して表情を作ってしまう。などの理由で私も写真は苦手です。

心の中のアルバムは月日と共に嫌な思い出を一掃してくれて本当に綺麗なページになりますよね。
Posted by at 2006年02月22日 09:31
写真の一枚にその当時のいろんな思い出が、入っていますよね!私も父が他界しています。ここ20年は言語障害だったので、声を聞いた覚えがありません。でも、写真では、聞こえるきがします。不思議ですね!
Posted by 藍ちゃんのママ at 2006年02月22日 09:21
先日、母を亡くしました。

孫の顔を見せれなかったのは心残りですねf^_^;
Posted by コロ at 2006年02月22日 09:20
私も母をなくしています。
いつか会えるといいなぁ。
そう思って頑張っています。
Posted by よしだよしこ at 2006年02月22日 09:04
写真ですか…。昔はよく撮ったり撮られたりでした。
最近、絵がうまかったら絵に残したいなぁと思いますけどね。
「涙そうそう」いい曲です!
Posted by 六花 at 2006年02月22日 08:30
夏川りみの「涙そうそう」もなかなか良いですね。
アルバム、最近整理していないけど、大人になるとあまり幸せそうな顔で写っていない写真ばかり…。
Posted by グッピーちゃん at 2006年02月22日 08:04
初コメントありがとうございました♪
マイペースで頑張っていこうと思います。良かったらまた覗いてみてくださいね。
涙そうそう、優しくて切なくて、私も好きなうたです。
Posted by きゆ at 2006年02月22日 07:09
”涙そうそう”BEGINの唄うバージョンをたまに聞きます。
思わず涙したことも・・・
今はまだ写真をじっくり眺めることができません。
Posted by hyohyo at 2006年02月22日 05:25
これからも頑張っていける勇気をありがとうございます。

陰険でないいじめが昔ですが、今は(いや、私が高校の頃から)
陰険です。クラス中にいじめられた高1の時は死ぬかと思いました。

色んな経験したからこそ、人にはいい意味で優しくありたいです。
そればかりを願ってます。
Posted by たかおか at 2006年02月22日 05:15
最近 もっと写真撮っておけば良かったなぁって思うこと たくさんあります。
Sharaは 撮られるより撮ることが多くて…

写真を見て思い出すことってあるんですよね…
Posted by Shara at 2006年02月22日 04:14
我が家にはアルバムがたくさんあります。アルバムばかりでなく、息子がはじめて書いた絵とか、はじめて歌った歌とか。大きくなって結婚するときにプレゼントしてあげようと思ったんです。ところが、その時がやがてやって来た時、私の意に反して息子は「これはお父さんの思い出だからおれ要らないよ」って持って行きませんでした。そんなものなんでしょうかねー。
Posted by チニタ at 2006年02月22日 04:03
心に残せる思い出が一番素敵な思い出ですよね♪
形には残せない思い出、心にたくさん刻んでいきたいですね♪
Posted by West Villageの住人 at 2006年02月22日 03:45
友達は大事っす☆
Posted by はっしー at 2006年02月22日 03:24
昔から写真を撮るのが好きでした。
日記を書くのは嫌いだったけど、
写真にとって、アルバムに貼るのは好きだった。
だから学生時代のアルバムたくさんあります。
でも写真が無くても、思い出す懐かしい風景、
友の顔、確かにありますよね。「素敵な心のアルバム」
Posted by なお at 2006年02月22日 03:21
コメント残してくれて、ありがとう(*´ェ`*)ポッ
始めたばかりで何が何だかわからないけど、
少しずつ更新していこうかと思ってます。
ここのブログみたいに素敵な文章が書けるようになるかしらん?
(^ー^* )フフ♪気負わずのんびりやって行きますので、
また機会がありましたら、お越しくださいね♪ 
Posted by ちびMOKO at 2006年02月22日 02:32
私も、この曲は大好きです。
1人目の子供を妊娠中にもよく聴いてました。
森山良子さんが、この曲に歌詞をつけたときの
エピソードを聞いて、涙がポロポロ。
ますます好きになりました。

写真うつりは私も良くないんですが、
見ていると当時を思い出して、しばらくタイムスリップ
したような気分になれるから好きです。
Posted by ☆ぴー☆ at 2006年02月22日 02:05
こんばんわー
私の心のアルバムにもいっぱい思い出が詰まってます。バツイチさんしかり楽しい思い出が真っ先に目の前に浮かんできました。
それは今が幸せだからでしょうかね。
Posted by はーな at 2006年02月22日 02:04
涙そうそう大好きな歌です。

夏川りみバージョンの方が好きかな
Posted by きょうこ at 2006年02月22日 01:47
ココロのアルバムっていいですよね。
楽しかったコトも
悲しかったコトも
全部ステキな思い出です。
Posted by simis at 2006年02月22日 01:46
この曲いいですよねぇ
おいらも写真が嫌いで殆ど写っていません
だから幼少時代や少年時代殆ど写真ないんです
後悔はないんですが
子供には言われます
もっと見たいと・・・・
Posted by 赤ちょうちん at 2006年02月22日 01:38
私もいつか会おうと約束した人がいます。
相手が覚えているかどうか分かりませんが・・・
仕事のあとに見るバツイチさんのブログは、疲れが吹き飛びますね。
Posted by 清(セイ) at 2006年02月22日 01:38
こんばんは。
バツイチさんの記事読んで
今涙腺ゆるんでます。
Posted by こぱん at 2006年02月22日 01:37
親子で警察官ってすごいですね!
拙者は親子揃って野球小僧ですよ(笑
子って結構親に影響されるもんですよね〜。
Posted by TARO将軍 at 2006年02月22日 01:31
こんばんは^^
素敵なブログだわ♪
私、音楽を聞いて思い出がフィードバックすることあります!
「あ。あのときの曲!」(・・、)
って感じに♪
Posted by maqi-s at 2006年02月22日 01:31
子供の頃、カメラに撮られるのが嫌いで、卒園式のアルバムも私だけは写っていません。
どこの家庭でもアルバムって兄弟でも長男はたくさん写されるけど次男は、枚数が減ってるってボヤく声をよく聞きます。
写真がなくともバツイチさんの心の中に色褪せない多くのすてきな名場面があるのでしょうね。
だからこれだけ毎日、多く母さんの話が書けるのだと思います。
それから今のイジメは子供でないと実感できないと思いますが、陰湿なほど怖いですね。
激しい戦いもせず目につきにくくなっているのでしょうね。
やはり警察官という職業は、本当に正義感ある方になってほしいと感じます。
Posted by タジイの気楽日記 at 2006年02月22日 01:26
コメントありがとうございます。
私も、自分が被写体となるのが苦手です。
一昨年に更新した運転免許証の写真が、まるで犯罪者…。
Posted by square at 2006年02月22日 01:19
またエラーがでてしまったのでつなぎつなぎ申し訳ありません。
ビックリしたというのは私がよく知らず知らず口ずさむ歌だからです。
記事を読んで口ずさむとテレビから韓国語バージョンが聞こえてきました。
ナイスタイミングです。
私は写真はよく撮る方だと思いますが、その写真も大事、
心や目に焼きついているものも大事です。
でもこの一瞬、というものは自分自身の目で見たいものです。
Posted by ACO at 2006年02月22日 01:17
うわああー素敵ですね。バツイチさんはこういうこと書かせると天下一品ですね!日本一!
Posted by わっきぃ at 2006年02月22日 01:13
バツイチ女さんこんにちは。
久しぶりに遊びに来てみたらこの歌の記事でビックリしました。
Posted by ACO at 2006年02月22日 01:12
体中痛いですが怪我は無かったです。

とても素晴らしい思い出でも、写真に撮ってしまうと
こじんまりしてしまうことって結構ありますよね・・・

思い出はアルバムではなく心に残すことの方が大切なのかも
知れませんね
Posted by ピヨスケ at 2006年02月22日 01:05
こんばんは。
うちでは、部屋の片づけをしたときなどに写真がたくさん出てきます。
どれも、私や弟が小さいころの写真・・・。
いつ見てもおんなじ写真なのに、「ふふっ」と和みます。
Posted by こた at 2006年02月22日 01:01
コメントありがとうございました。
バツイチさんの過去記事を少しずつ読ませて頂いています。
なんて引き出しの多い人なんだろう!と、感心してしまいました。
これからも遊びに来させてください。

私は写真が大好きですが、デジカメを買ってから、
ついつい自分の目で見ることを忘れてしまいます。
カメラの液晶越しの思い出は、ちょっと寂しいですかね・・・。
Posted by あさねぼう みかんこ at 2006年02月22日 00:41
先日 二人の娘たちとイチゴ狩りに

行った時 一緒に写ってる笑顔の写真を

どうしても撮りたくて
 
コンビニでカメラを買って行きました。

いつも私が撮ってばかりでしたから・・・

3人で笑顔  

の写真が欲しかったんです。

Posted by hongkong77 at 2006年02月22日 00:34
私も写真嫌いです。
思えば大人になってから数枚写っているだけかも。
ですから子供との写真に 私はほとんどいないことに気がつきました。
たくさん思い出作るためにも たまには一緒に写ってみようかな・・・。
Posted by のんき♪ at 2006年02月22日 00:34
写真撮るのスキなので、やっぱり過去写真は一緒にいた人とかその日の雰囲気を思い出したりできるのでたまに見たくなりますよね^^

今撮っている写真も将来「古いアルバム」として見返す日がくると思うと嬉しい気分♪
Posted by aya at 2006年02月22日 00:32
心で見える風景が、写真のような形でできているのかも知れません。
写真を見ると、心象風景が浮かび上がってきたりして。
心がカメラで、たくさんのクリップを集める。
だから、基本的には、自分は写真には写らない。
自分の写真には、どうしても違和感があるのだと思います。
Posted by △イチおじさん at 2006年02月22日 00:27
私もこの曲を聴くと
若くして癌で亡くなった時には親のような兄貴のような親友のようなその人を思い出します。その人の歳を越して数年経ちますが、思い出すのはあの頃の二人です。笑顔もあの頃と同じで遠い空の上から励ましてくれていると信じています。
Posted by のんママ。 at 2006年02月22日 00:14
そうなんですよね、思い出って辛かったことは早く忘れちゃって
楽しかったことはわりとちゃんと覚えてるんですよね。
そうじゃないと生きていくのが大変になりますからね…。

お母さんは、遠いところで将来バツイチさんがやってくるのを待ちながら、
見守っててくれてると思いますよ。
Posted by rubie at 2006年02月22日 00:03
涙そうそう・・好きな唄です
森山良子の唄っていいですよね
Posted by ぴよko at 2006年02月21日 23:56
思い出って不思議と、良い思い出が残っていますo(*n_n)o♪
嫌なことも過去に沢山あったはずなのに、それよりも良い思い出が残っています(*n_n)☆不思議ですね(癶_癶)
Posted by IKUMI at 2006年02月21日 23:51
こんばんは
古いアルバムはなかなか見ませんね。でもみると楽しかった思い出なんかがフィードバックします。自分にとっての旅の写真もいいな〜と思う。今はデジカメで撮った写真はパソコンに取り込んだままなので、早くプリントアウトしてまたアルバムに取っときたいです。
Posted by ぶらりん at 2006年02月21日 23:49
涙そうそうって、いろんな人が歌っているんですね!!しらなかったぁ(>д<;)

ちぃも、ちぃだけの心のアルバムがあります(=^∀^=)

その時その時の自分の気持ちに合わせて、なぜかアルバムの写真も表情を変えたりしてそぉ(^∀^;)

いつまでも色褪せない心のアルバム、これからも沢山増やしていきたいデスね♪♪
Posted by ちぃ at 2006年02月21日 23:46
こんばんは

写真が少なくても心の中のアルバムに、
はっきり思い出のシーンが残っていて思い出される。
良いですね〜♪ 
今夜もバツイチさんのブログの投稿に感動しました。
Posted by 踊り子 at 2006年02月21日 23:29
1冊のアルバムのくだり。なんか、泣きそうです。
心のアルバムってだんだんフィルターがかかって…
良い思い出だけが残るように出来てるんですね。
Posted by ひで次郎 at 2006年02月21日 23:15
こんばんは、はじめまして!
コメントありがとうございます
記念すべき第1号の訪問者さんです、すっごくうれしいです

いつかまた会える、
信じていれば、
もう、亡くなってしまった父や母にも必ず会える

わたしの中には、これからもずっと生き続けてくれていますからね

そんなことを、信じさせてくれる、
♪涙そうそう、大好きです

また、遊びに来ます
これからも、よろしく!



Posted by かず at 2006年02月21日 23:12
俺も写真は少ないですねぇ
基本的に写真は苦手なんですよ(汗)
何か自分と違う顔が写ってしまいそうで
Posted by ゆきち at 2006年02月21日 23:07
写真もいいけれど、
しっかりと心のアルバムに残していきたいものも
ありますよね・・・
Posted by たんぞう at 2006年02月21日 22:59
写るのは苦手ですが・・・撮るのは大好き!
なんて、結構矛盾した僕ですが・・・
やっぱり写真はやめられません↓

でも、心の中にとどめておくことも大事だし、
素敵なことですよね。
Posted by 智斗 at 2006年02月21日 22:56
わかる気がします。昔の記憶って、総じて美しいですよね。悲しみの涙は記憶の彼方にいって‘心のアルバムは’笑顔の思い出が満たしてくれているように思います。神様の優しさでしょうか。
Posted by yoshiyoshi at 2006年02月21日 22:55
こんばんは。本日は第一号コメントを有難うございました。
早速来ちゃいましたよー。とても素敵なブログですね。
癒されました・・・また伺います。
こちらにも是非遊びに来てくださいね。
Posted by ひつじ at 2006年02月21日 22:52
私は古いアルバムを取り出して眺めるのが好きです。
若かりし頃の金髪、ミニスカ、ロングブーツ、毛皮のコートの母の姿とか・・・
アルバムには楽しかった思い出しか載ってないですが、
心のアルバムにも笑顔だけ残していきたいですね。
Posted by うさぎ at 2006年02月21日 22:49
こんばんは。お久しぶりです。

カゼは直りましたが今度は仕事がぁ(泣)
最近は残業三昧の日々を送っています。
その割にはブログ結構かいてますが(笑)

私もあまり思い出の写真がありません。
裕福とは言えない家庭だったので、撮る機会が必然的になかったのでしょうね。

でも、バツイチさんのいうように、忘れられない瞬間の一枚は心にずっと残っています。

これからも、大事な瞬間を心に刻み込んで生きたいです。
Posted by 流しうどん at 2006年02月21日 22:43
私も写真に写るのは苦手です。でも人を撮るのは好きなので家には私が写ってない写真が結構あります☆

みんな楽しそうに笑っていますがたまにある私が写ってる写真の中の私はほとんど笑えていません。どこかひきつっています…
どうしてみんなあんな風に笑えるんでしょう??
Posted by mao at 2006年02月21日 22:42
こんんばんは!はじめまして♪
コメントありがとうございました。
とても不安ですが、頑張りますね♪
これからもよかったら寄ってくださいね(^0^)
Posted by ふ〜みん at 2006年02月21日 22:37
こんばんは。「涙そうそう」私も大好きな歌です。年を重ねると、だんだん大切な人との別れもあり、昔を懐かしむ瞬間も多くなりますが、憶えている人が生きている限り、故人もその人の心の中でずうっと生き続けるのですよね。いつも心の中で応援してくれている、そう思うだけで勇気が湧いてきます。頑張りましょう!!
Posted by santapal at 2006年02月21日 22:35
お久しぶりです。最近いろいろあって休んでましたが、帰ってきました。
写真は実はオイラ好きなんです。なんせ美術学校の時は「写真部の部長」してました。
(いや、コレは部費という名の経費を使い放題だったから(笑))
オイラは一人っ子だったんで、写真は多かったんですよ。ガキの頃から。
けど、昔の写真をみると、その時の「思い出」とか「感情」ってよみがえってくるんですよね。
なんとなく、「ノスタルジック」になっちまいますね。
Posted by とよ兄 at 2006年02月21日 22:34
心の写真はいいですね。
いつまでもセピアにならなくて。

いつか必ずまたかぁさんに会えると信じて・・・

って言うか、
毎日会ってるンじゃないですか? かぁさんに。(^_^)

Posted by tommy at 2006年02月21日 22:30
私も写真が苦手・・・。
アルバムは風景ばっかりです。
Posted by at 2006年02月21日 22:26