バツイチ女のひとり言:笑顔のゲンキ

2006年03月04日

笑顔のゲンキ

息子殿が一歳になった時にわたくしは仕事に出た。
当時、住んでいた団地のほんの横にある縫製工場でした。
まだ小さい息子殿がいるのにわたくしが働くことに
かぁさんは断固反対していました。



でもわたくしは働くしかないと決心していました。
車道楽の夫がこさえた借金でうちは赤字で
ずっとかぁさんが食料やお金を援助してくれていたので
もうこれ以上は負担をかけるわけにはいかないと・・
結局はその事でかぁさんと喧嘩してしまって
連絡をとらなくなり・・
その間にわたくしは仕事を決めました。




息子殿は近くの託児所に預かってもらうことにしました。
かぁさんに納得してもらって喧嘩なんてしてなかったら
きっとかぁさんが息子殿を預かってくれたのでしょうけれど・・




息子殿が託児所に慣れるまでのことでしたが
毎朝の別れはほんとに辛いものでした。
泣いて後追いしてくるのです。
後ろ髪引かれるってこういうことなんだと噛みしめながら
走って工場へ逃げ込みました。




季節は夏です。
考えてみたら幸いでした。
暑い盛りにわたくしの担当はアイロンがけの所でした。
とめどなく流れるわたくしの涙もアイロンから出る熱が
誰にも気づかれないままに乾かしてくれるのです。





げんきなきみがすき いまはとおくでみてるよ
ほらッえがおが ううんきみにはやっぱりにあってる♪
 (SMAP 唄  笑顔のゲンキ)




仕事を終えて託児所に迎えにゆくと
息子殿はいっぱいいっぱいの笑顔で駆け寄って来ます。
一日中の立ちっぱなしでがくがくの足さえ忘れさせてくれる。
あれは最高の笑顔でした。




かぁさんの優しさにもわたくしは泣いていました。
働きに出たとは知らずに留守宅のわたくしの部屋のドア。
新聞受けのところから差し入れた封筒にはわずかばかりのお金。
ドアの外にはお米が置いてあったり・・
不甲斐ない自分が悔しくてたまりませんでした。




♪ 
どんなばしょにいても きみだとわかる
あかるいこえが あぁ きこえる
はなしかけてみよう ゆうきをだして
きみのとなりにすわってさ ♪




かぁさんはどこで聞きつけたのか・・ある日の夕方。
わたくしが託児所にたどり着くと玄関の前に待っていました。
嬉しそうに笑ってわたくしを見る息子殿の手をひいて・・・



何事もなかったみたいに
”お疲れさん・・(笑)”って!




あの時のふたりの笑顔にはほんとに救われました。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/net_i5750/50352812
この記事へのコメント
辛い時、哀しいとき、やっぱり身近な人間の優しい笑顔に救われて生きてるんですね。
今は、親父が大変なときだから、今は俺が笑顔をあげる番だな!!って。

コメントありがとうございました。あなたは、俺に初めてコメってくれた人。モモさんのブログ、これから読ませてもらいます。
Posted by めのけん at 2007年03月30日 23:05
この間コメント寄せてくれてありがとうございました!これからもがんばって下さい
Posted by 朝がうれしい at 2006年03月14日 19:38
某工場で役職あった時、小さい子供のいるパートさんは使いにくいなぁ・・・て思ってたことありました。反省します。
支えてくれる人がいるってのは幸せなことですね。
Posted by ネルオフ at 2006年03月08日 11:25
いつも、カキコありがとうございます。

3日分投稿していますが、いつも、最初のところにコメントされているので、
そちらから見えないのではないかと心配です。

1.全部、移っているかどうか、教えて下さい。

2.それと、たとえば、過去の日記の修正や、削除がどうすればできるのか
 知っていたら教えて下さい。
Posted by 夢花 at 2006年03月07日 21:20
子供の笑顔は本当に癒されます。おかぁさまもほんとに優しい方でなによりです。今では働くおかあさんが当然?っぽくなって来ていますが本当は子供が小さいうちは出来ればみんな子供のそばにいたいはずですよね。
私も働きに行こうと思っていましたがもう少し後でもいいかなぁって思い直しました。
Posted by なつママ at 2006年03月07日 10:58
私も長男を保育園に入れた時、最初、行きたがらずに車から出ようとせず、ダダをこねて…挙句の果てに私は当時身に付けていたネックレスを引きちぎられたことを思い出しました。

その長男も来年は高校生になります。
Posted by 染麗 at 2006年03月06日 23:02
『初投稿』に遊びに来てくださって、ありがとうございました。
はじめまして。

『笑顔』大好きです。
私も溢れる涙を流しながら、空を見上げてます。
堪えきれない想いがあふれ出ないように、空を見上げ、涙を堪えてます。

ステキな想い、ありがとうございます。
Posted by sunflower at 2006年03月06日 19:10
ブログに遊びに来てくださってありがとうございました!
今、同じ歳くらいの子供がいるので読んでいて胸が
熱くなる感じがしました。
わたしも働きたいなーと思っているのですが、これを読んで
少し考え直そうかなとも思ったり。
色々と思う事がたくさんあるブログをお書きになられていて
凄いなぁと思いました。また遊びに来ます!
Posted by 粋花 at 2006年03月06日 16:03
コメントありがとうございました。
「笑顔のゲンキ」
すごく好きな歌です。
Posted by あやや at 2006年03月06日 14:46
こんにちは。
私も息子を保育園なんですが2歳の時に入園させたことがあります。
やはり毎朝後ろ髪惹かれました。その分帰りはこの上ない笑顔でしたね。
今は幼稚園に楽しく通ってますが、心のどこかにでも親の頑張ってる姿が残っていて何かを感じてくれればいいなと思います。
ほんとに素敵なブログで感動してしまいます。
Posted by ワンダー☆ at 2006年03月06日 13:31
子どもの笑顔、お母さんのたくさんの優しさに救われた日々だったんですね〜♪
笑顔はまた1つの宝物です!!
Posted by West Villageの住人 at 2006年03月06日 10:30
私もこの問題にぶつかる予定です(笑)
女性のみなさん、悩むところでしょうね。仕事を続けるか、辞めるか、どっちになっても子供には尊敬される母親になりたいですね。
Posted by 六花 at 2006年03月06日 10:05
こんにちは。はじめまして。
私も、母にはいまだ甘えっぱなしです。(母と同じ3人の子供の母となった今も)
同じ立場になってみて、母の優しさ・強さという事がしみじみとわかります
笑顔が1番ですよね。
疲れていても、子供達の笑顔にすくわれます♪
Posted by YOU at 2006年03月06日 09:32
感動です。
笑顔には素晴らしいチカラがありますよね。
全てを癒してくれるチカラが。
Posted by simis at 2006年03月06日 00:38
さすが、親子の絆は強いです。

母は寛大で、大きな心で甘えさせてくれるようで心地よい・・・
なにかあっても、親子だからまた、元通り。
そして笑顔。その笑顔に救われるんですよね。

そんな母になりたいな・・・
Posted by たんぞう at 2006年03月06日 00:29
バツイチさんのお話によく出てくる“かぁさん”。
本当にやさしい、思いやりのある方なんだなぁって伝わってきます。
母の愛。
いまだ親のスネカジリの私ですが、いつか親になる日もあるのでしょう。。。その時は厳しさと優しさという愛を兼ね備えたいものです。
ものすごく理想の愛情ですが(汗)

ところで「笑顔のゲンキ」。昔、好きだった漫画がアニメ化されて、その時の主題歌だったのを覚えてます。おそらく小学生の頃。
Posted by ひよこ博士 at 2006年03月05日 23:45
「手のひら日記」に来てくださってありがとうございます。
初回にはなむけのコメントを下さって、ムともどもに喜んでおります。
とてもバツイチさんは郷愁あるロマンチックな筆致で書かれておられて、こういうのもあるのか、と勉強させてもらいました。ぜひHPのほうでも詩を書き込んでください→http://www7a.biglobe.ne.jp/~dola-dola-717/index.htm
Posted by S・M連メイ at 2006年03月05日 23:41
ちょっとばかし今日は哀しいことがありました。。。
また涙がたまってきそうです。。。
すべてを断ち切って、明日からまた
あたらしい自分をいきなおそうと
いま、思っています。。。

そうすればまた笑顔になれるから。
Posted by 過去はないから。 at 2006年03月05日 23:21
こんばんは。

笑う門には福来る。
笑顔って大事ですね。母親って何か落ちつくものがあるような気がします。
Posted by フート at 2006年03月05日 23:14
母親ってそうなのでしょう。
バツイチさんのお母様も、そしてバツイチさんも・・・
子供の笑顔に一番癒されるのでしょう。
Posted by nokonoko at 2006年03月05日 23:13
こんばんは。
子供の笑顔と寝顔には本当に癒されます。
一歩足を外に踏み出せば、
なかなか難しい社会と時代ですけど、
「笑顔」のために頑張りたいですね。
Posted by リアルクローズ at 2006年03月05日 23:12
素敵なお母様ですね
胸がじーんと、熱くなりました

私も上の子が3歳のときに保育所に預けてパートに出ていましたが
毎朝嫌がって泣いて、連れて行くのが大変でした
泣いて泣いてどうしてもダメで、パートを休んだこともしばしば・・・・
そんなことをふっと思い出しました
Posted by のほほん節約生活 手作りのある暮らし at 2006年03月05日 22:57
親ってありがたいですよね。
でも、親には素直に「ありがとう」って言えません。
照れなのか、勇気のなさがそうするのか分かりませんが、
素直に「ありがとう」っていえません。
思いはいっぱいあるんです。

でも、つい、きつい口調になってしまうことも多々あります。
なぜなんでしょう?
これが親子なのでしょうか?
分かりません。
Posted by Michael JJ at 2006年03月05日 22:49
ウチの長男も生後3ヶ月で保育所に預けました。
自分の甲斐性のなさに泣けたことを思い出しました。
Posted by monobaka at 2006年03月05日 22:47
訪問ありがとうございます。

すごい涙ものの話でびっくりしました;

笑顔は本当に人を幸せにしてくれますね。

これからも頑張ってください!

応援してます。
Posted by at 2006年03月05日 22:45
ご訪問ありがとうございます。
ブログ初心者ですが、又のご訪問お待ちしております。
Posted by ひでほうし at 2006年03月05日 22:40
涙がとめどもなく流れてきました。ステキなお母さんですね。
Posted by よっぴい at 2006年03月05日 22:17
おひさしぶりです。

笑顔は本当に大事だとおもいますね。

特に、今の時代は本当の笑いをするといった

ことをしようとする人はすくない

ですから。

芸人たちのみが笑いをとるのでは

ないと私は思っています。
Posted by notarejini06 at 2006年03月05日 22:11
あたしも1歳の時から保育所に預けられてて毎日わんわん泣いていました(笑)でもママも毎日泣きながら辛い気持ちで仕事に行ってたみたいです。
そんな昔の話を今は二人とも笑顔で話してます☆
Posted by BB at 2006年03月05日 21:59
はじめまして夢花です。
最初のカキコありがとう。
たくさんの友達がきてますね。
涙ものの話身に染みます。
Posted by 夢花 at 2006年03月05日 21:48
バツイチさん、はじめまして。
私の人生も、波乱万丈でした(ですか?
現在進行形だから・・・)
でも、家族の為にも“笑顔をキープ”心
がけています。
『笑うかどには福来る』を信じて。

Posted by 配達人 at 2006年03月05日 21:45
忙しい中いつもコメントありがとうございます☆

ジ――ン・・・(;_;)
涙しました。
わたしの母はよく電話をくれます。しょっちゅうです。
母のことは好きなんですが、
それがうっとうしいと思うことがあります。
わたしはまだ母のありがたみが分かっていないのかもしれません。
いつか後悔しそうです。

自分の笑顔で人がゲンキになってくれたら嬉しいですね☆☆
Posted by ミホ at 2006年03月05日 21:37
笑顔って素晴らしい!!
Posted by ポワゾン at 2006年03月05日 21:33
子の笑顔のもたらす力・・
自分も親になったらわかるときがやってくるのでしょうか。
そういえばもう何年も、親に笑顔をみせてやった事がありません・・。
オートバイに夢中になってばかりで・・・反省します・・。


Posted by じょん at 2006年03月05日 21:26
笑顔のパワーってすごいですよね。それが自分の子供だったら、なおさらのこと!
預ける時の後ろ髪惹かれる思いっていう感じがよくわかります。
また、遊びに来ますね!
Posted by eye26 at 2006年03月05日 20:16
コメント有難うございました。


人の笑顔っていいものですよね。
笑顔を見てると幸せだなぁ〜てよく感じます。
自分が落ち込んでいても、元気が出てきますしね。
不思議なものです。
Posted by はま at 2006年03月05日 20:15
本当に良い、かぁさんだなー
息子殿の笑顔にも救われて頑張れたんでしょうが
「かぁさん」の優しさて最高ですよね♪
バツイチさんは幸せものですね。
Posted by 踊り子 at 2006年03月05日 20:05
人の笑顔って何か力を持ってる気がします↑↑(^ー^)
Posted by com at 2006年03月05日 19:55
いいお話ですね、聞いてるだけでもその時のことが浮かんできます。
Posted by SYU at 2006年03月05日 19:55
こんばんは お久しぶりです
子供の笑顔っていいですよね
何か、 感動です 感動。
頑張って下さい。
Posted by ラッキー at 2006年03月05日 19:42
息子殿にとってもバツイチさんの姿はかけがえのないものだったんだなぁ。と思いました。
やっぱりひとの笑顔をみたら元気でますよね。大切なひとの笑顔ならなおさら。
またきますね(*'ー')ノ
Posted by STAR FISH at 2006年03月05日 19:13
こっちまで笑顔になってきます。きっとお母様は反対しつつも、バツイチさんの気持ちをよく解っていらっしゃったのでしょうね。
Posted by きよりん at 2006年03月05日 18:54
色々なつらいことを乗り越えてこられたのですね。
私は“母”になった事がないのですが、自分の母のありがたみは最近やっとわかるようになってきました。でも、親孝行するまでにはいきませんが。
Posted by グッピーちゃん at 2006年03月05日 18:14
すてきなお母さんですね。わたしはいまのところ父母と同居中ですが、そのうち離れることになりそうなので、そろそろ感謝の気持ちを伝えられるようなことを考えなきゃと今回のブログ見て思いました(^o^)
Posted by ろ妃江 at 2006年03月05日 17:49
笑顔って不思議なパワーを与えてくれますよね。
笑顔で一言話し掛けられるだけで、不安とか疲れとか飛んで行っちゃいます。
私もこういうパワーを与えられる人になりたいものです。

Posted by なっちる at 2006年03月05日 17:07
はじめまして
とても素敵なブログだったので
だんご3兄弟さんに紹介して頂き遊びにきました
 
私もこの歌好きなんです☆
ちょっと前まで「笑わない女」だったし
笑顔に対する思い入れが人一倍なの
 
高校生の時ホストファミリーに言われた
I Like Your Smile
とても大事な言葉です
 
これからもお邪魔したいと思います
Posted by つばさ at 2006年03月05日 17:00
こんにちは!お久しぶりですm(_ _)m久々にブログを拝見して、元気をもらいました。息子さんの笑顔が思い浮かぶような、ステキなお話でした。
私も今、母にとても助けてもらってます。一人暮らしを心配して、母は限りなく私に愛情を注いでくれる。
母には本当に感謝しています。
Posted by NaNaKo at 2006年03月05日 16:54
素敵なお母様、そして家族ですね。
みんなの笑顔がまぶしく感じました。
お母様もきっと色々といいたいことがあったんでしょうけど、
それを言わず皆笑顔で・・・
うちの娘も保育所に預けた頃は自分が働くことにとても罪悪感を覚えていました。
でも、今は・・・色々な刺激を受けることが出来て、良かったと思うことも。
できたらもう少し早い時間に迎えに行ってあげたいんですが。
Posted by 子と共に育つ親・・・のたわごと:しま at 2006年03月05日 16:45
「何事もなかったかのように」「さりげなく」っていうのが、ほんと救われます。
Posted by love-jack at 2006年03月05日 16:12
母のぬくもりってそうゆうことなんでしょうね。
Posted by なごやん at 2006年03月05日 16:07
どーもです。
今日は自宅で仕事しています。
過労死しないようにがんばりまーす!
Posted by バーバラ at 2006年03月05日 15:32
ランキングを見てブログ拝見させていただきました。
私も子供が2人で2歳と0歳のときにバツイチになりましたが、今では子供も両方小学生になり、だいぶラクになりました。
ウチは両親も親戚、兄弟もいないので大変でしたが、頑張ってきました。
ブログを見て当時の苦労を懐かしくおもいます。
たいへん気持ちがよくわかるので。^^
頑張ってください。応援してます♪
Posted by なおちゃん at 2006年03月05日 15:03
母親の存在って大きいですよね。
大きな選択をしなくてはいけない時、みんなが賛成してくれても、母親の納得が得られないのはツライです。
逆に、みんなに反対されても母親が賛成してくれると乗り越えられる気がします。その代わり、説得するのに一番手ごわい相手でもあります。それが難点(涙)。
Posted by 貧乏OLあこ at 2006年03月05日 14:50
僕は笑顔で人は救えると思います どんなときだっていつも近くにいる人の笑顔が一番の心の支えになると思います!
Posted by パッション at 2006年03月05日 14:49
はじめまして〜!!きゅん太郎で〜す。


バツイチさんとは

音楽でつながったのかな。。僕は洋楽中心に紹介していますが、同じ感覚で音楽聴いているかもしれませんね。

「言葉で励ませない時がある」。。。。ってところかな。笑。


文章に歌詞を入れていますね?とても歌詞を大切に音楽を聴いていらっしゃるのですね。日本の音楽業界に携わっている人間として、嬉しく思います。

バツイチさんって、呼ぶの良いのかな?違う呼び名があれば教えてください。


歌詞は英語だけど、思いは同じ。バツイチさんがあたらしい曲と出会えるチャンスを作ります。たくさん紹介します。(わかりやすく)
いつでも覗いてください。
Posted by きゅん太郎 at 2006年03月05日 14:38
笑顔は大事なモノですよねぇ。改めて実感。
で、私はちゃんと笑顔だろうかと考え直してしまいました^^;

最近、忙しかったりイラついたりして(泣)

実際に公園行ってみたいんですけどねー・・・東北はまだまだ寒いですっ。
風が強いせいもあってか体感温度が余計に下がるんですよorz
Posted by NishiNa at 2006年03月05日 13:45
バツイチさんご無沙汰してます。

今日も素晴らしいエピソード聞かせていただき
ありがとうございました。
私も、バツイチさんやお母様のような
愛情深い人間になりたいと思います。

笑顔って、相手を受け入れないと自然にできませんもんね。
Posted by Koto. at 2006年03月05日 13:40
母は健在なのですが、この頃忙しくて連絡をしていません。
電話をしなくては、と思うのですが、なかなか……。
Posted by すまちどり at 2006年03月05日 12:36
はじめまして。ひろんです。バツイチさんのブログ読んですごく心が
暖かくなりました。未婚の私ですが、母親の愛情ってすごいなと思いました。また、自分の母親のに感謝の気持ちが改めて。
日常忘れがちですよね。
今日は母親孝行でもしようかな。
Posted by ひろん at 2006年03月05日 12:08
私も子供が8ヶ月のとき、託児所に預けて仕事を始めました。
幸い、子供は後追いすることなく、すんなりと保母さんの腕に抱かれて行ったのを覚えています。
それはそれで、親としてはサミシイですが。。。。。

まだ授乳中でしたので、仕事中、おっぱいがはってくると、トイレに行って、搾乳し、それをトイレに流して捨てていました。
本当なら、子供が飲んでくれるものなのに。。。。。。
それが、いちばん悲しかったですね。
Posted by mika at 2006年03月05日 11:52
こんにちは。コメントありがとうございました。
私も初めてこどもを託児所に入れた日を思い出しました。働くための理由はバツイチさんと似たり寄ったりで、あんまり大声で言える物ではないのですが(^^;)でも、大喧嘩した両親がお米を送ってくれたり、そのわきにひっそりと少しのお金を入れてくれていたのに涙したこと…忘れられません。。。。。
また、遊びに来ます。
Posted by しま at 2006年03月05日 11:51
思わず涙が出ちゃいました。
母親の存在って、ほんとにいいものですよね。
その場面がなんとなく想像できてしまいます。
Posted by ☆ぴー☆ at 2006年03月05日 11:28
 疲れなど
     子供の笑顔で
           忘れてく (ねこみみ)

 おはようございます☆ねこみみです。

 熱くも優しく包み込んでくださるコメントありがとうございました。あの言葉は自分から言ったのは初めてです(照)。そして遠くからでも優しく暖かく見守っていただいてバツイチさんにはとても感謝しています。私たちはまだ未熟な二人ですのでまたいつでもご意見お待ちしております。本当にありがとうございます。

 私もいつか子供を持ったときこういう思いに駆られるんでしょうか・・・。バツイチさんの文章はすぐに情景浮かんでくるので、読んでいてもこちらまで涙が出そうです。まさに私にコメントしてくださった「親子の愛」ここにありですね。一つの愛の形としてまた私の経験ストックに保存されました(微笑)。

 ではまた伺います。ねこでした。ニャン☆
Posted by ねこみみ at 2006年03月05日 11:09
笑顔のゲンキ!
とても感動 感激しました。私も 一杯 もらいました。
いまこそ 悩む娘に 微笑より 今は笑顔がいいな と
思いました!!!
Posted by も〜も at 2006年03月05日 11:05
あたしのぶろぐに来てくれて、ありがとうございます。
あたしの飼い主のお母さんもきっとおんなじコト思ってます。
子供がいないから、わんこのあたしを本当の娘みたいに思ってます。
あたしって、ただ一生懸命遊んでいるだけなんだけど
それを見ているだけで、ほんわかした気分になれるんだって。
毎日、夕方になると、走って帰ってきて、
「お母さん、いっぱい遊んできたよっ!楽しかったよっ!」
って言ってるだけなのに、お母さんニコニコしてるもん。
わんこだって、楽しい時、嬉しい時は、笑顔になるんだよ〜♪
Posted by わんこのふわふわ at 2006年03月05日 10:19
なんか笑顔ってイイですね〜!!

毎日心から笑えたら良いですね。。。

なんか心温まるブログでした!!

自分は21年間生きてきて毎日、心から笑えています。

幸せなんだな〜!!
Posted by KAZU at 2006年03月05日 09:39
つらい思いをされてますね。
私も、人生にまさかとおもうようなこともたくさんありました。
そのときに、助けてくれるのは、やっぱり子供達の笑顔。
笑顔をみると、勇気がでてきますね。
それから
お酒は、肝臓が悪いので(飲みすぎじゃないですよ)医者から、ストップがかかっているので、ほとんど飲みません。付き合い程度です。
それも、しごとをやめてストレス等が減ったら、数値がさがりました!
Posted by みゅーじっくおっさん at 2006年03月05日 09:10
笑顔って良いですよねぇ。俺も彼女の笑顔見てると癒されます。
けど俺は笑顔が苦手なんですよねぇ。何か笑顔がぎこちないんですよ。だから、よけいに人の笑顔に癒されてるのかもしれませんね。
Posted by ゆきち at 2006年03月05日 09:04
はじめまして☆昨日はコメントありがとうございました(^^)
まだまだ子供だと言われる私ですが、読んでて泣きそうになりました。笑顔っていいですよね。
私にはい直紊侶擦いるんですけど、大学で|碓麺遒箸靴涜感箸できませんでした。私も自身のブログで書いたのですが進路が決まらず⊃佑修蹐辰匿読垤者です。親の泣いている姿を見るほどつらい事はありません。自分自身情けないやら、悔しいやらで腹が立ち、涙を止めることはできませんでしたね。 でも、その泣いていた母は翌日には笑っていました。多分強がっていたんだとおもいますが…。お母さんって強いですよね。
Posted by やすぷー at 2006年03月05日 08:45
今日も泣きそうですよ。マジで…。
本当に波乱万丈ですよね。
人の優しさを感じるって素晴らしいことです!
またこういう内容を公表できるところに
バツイチさんの強さを感じました。
Posted by ひで次郎 at 2006年03月05日 08:28
先日はコメントありがとうございました^^
返事が遅くなりまして申し訳ありません(汗
ブログのジャンルは全く別物ですが、私は福岡在住です!
また機会がありましたらどうぞよろしく^^
Posted by けん at 2006年03月05日 08:19
先日は、ありがとうございます。そして、返事が遅れてごめんなさい。
まだ、慣れないもので自分のブログにログインできなくて。情けナや。
これから頑張ります!!
Posted by コウ at 2006年03月05日 08:01
先日はコメントありがとうごさいました。これからも頑張りますm(__)m

http://blog.m.livedoor.jp/y_s_h_r/
Posted by よし at 2006年03月05日 07:14
数える程しかないけれど、子供を保育所にあずけに行った時のことを思い出しました。
抱っこして部屋まで連れてって、おろそうと思ってもガシッとしがみついて離れない。
先生に無理矢理はがされ泣き叫ぶ子供。
本当に後ろ髪引かれる思いでした。
Posted by hyohyo at 2006年03月05日 05:42
やっとPCが仮復旧いたしました。
しばらくご迷惑お掛け致しました。

さて、笑顔ですが、ここの所心からの笑顔ってないですねえ。

将来のこと考えたりしてるとなかなかですね。

でも笑っていたいです。泣きたくないですね。

早く明るく笑った顔親に見せたいですが‥なかなか
Posted by たかおか at 2006年03月05日 04:31
バツイチさん、いつもご丁寧にコメントをありがとうございます!!

…母親はもうずいぶん前に亡くしてしまったので親孝行をする間もなく逆に親不孝なことばかり、迷惑をかけっぱなしでした…よくある話ですが学生時代にはグレていたので。
それに亡くしてしまったと言っても死のまさにその時を看取った訳でもないので今でも家の玄関を開けて「ただいま!」と帰ってくるような錯覚を起こす事さえあります。それくらい元気で明るい母親でした。親が亡くなるという事態にあまりの驚きに涙も出なかった程です。そして告別式から一日、三日、一週間と時間が経つにつれ“ポカーン”とそこだけ大きな空間が出来ました。正直そこからの半年間はあまり記憶にありません。
今年の四月で十七回忌を迎えますがどこかで見てくれているのかなあ…
Posted by 類〜似 at 2006年03月05日 04:15


笑顔って、救われますね(o^^o)
辛い事も・悲しみも一瞬にして
癒してくれますよねヽ(^▽^@)ノ


涙よりも”笑顔”が好き!!

Posted by キラキラEVERYDAY at 2006年03月05日 02:49
笑顔が見れたら それだけで今までのつらかったことが
どうでもよくなるってこと よくありますよね。
ホントそう思います。

そう考えたら やっぱり大事に想ってるヒトの笑顔が見たいな…と 今思ってしまいました。
もうひと月以上逢っていません。
いろいろありすぎたから 逢ってみないと ホントに大事に想うべきヒトなのかすらわからないくらいです。
でも あの笑顔 見たいな……
Posted by Shara at 2006年03月05日 02:32
こんばんは、いつもコメントありがとうございます。

私はまだ子をもつ親ではないですが、その他人ですら子供の笑顔に思わず振り返るときがあります。
ベビーカー世代の子供は、ある意味で最強の癒し系かもしれません。
Posted by square at 2006年03月05日 02:20
 訪問ありがとう
 是非、マッサージの方も活躍して下さいね。聞きたい事があれば、何でもどうぞ、本業は答えられますから。
 最初のブログに比べて 今の方が ブログに文章に自信があるというか自分流になっていますね。 さすがです。 歌を入れたり、上手く表現できていて素晴らしいです。 見習わないと・・・
 本を紹介しても自分にはあまりメリットがあまりないですしね。
でも、モテ男・・・気になったなぁ(笑)
 ぼくは、そんなことより治療に専念しないと 患者に怒られますね。
Posted by もとよし at 2006年03月05日 02:13
うちは、共働きだったので0歳保育でした。
出勤時間の関係で、朝の登園は私の役目。
仕事が徹夜になったり、飲んで帰って午前様もしょっちゅうでしたが、
小学校までの約5年間、毎朝欠かさず娘を送り届けたこと思い出しました。
親っぽいこと、これだけだったんですが多分娘は覚えていないでしょう。
Posted by △イチおじさん at 2006年03月05日 02:08
バツイチさん、こんばんは。
駄目です。泣けてきちゃいました。
母の愛は本当に深くて大きいなものですよね。
とても辛い時期にふっと手を差し伸べてくれるのは
私の場合も母でした。感謝しています。
Posted by こぱん at 2006年03月05日 01:48
子供を初めて 人様にあずけた日(私の場合は幼稚園でしたが)、
涙が止まりませんでした。
今はなつかしい思い出となりました。
想い出させていただいて ありがとうございます。
明日は あまり怒らないであげようっと。
Posted by のんき♪ at 2006年03月05日 01:47
子供の笑顔って救われますよね♪
私も子供と関わるより仕事の時間が多かったりして、子供にすまない気持ちいっぱいだけど、子供はいつも笑顔なんですよね(難しい時もあるけど・・)
なんだかんだごねちゃっても「お母さん大好き!」って言ってくれる神様の様な存在ですよね。
Posted by みなごん at 2006年03月05日 01:32
私のマスターがいっておりました。
託児所。。。30数年前に黒いワゴン車にのって連れられていたそうです。
いろんな子供たちがいっぱいワゴンにのっていて、アパートみたいなところにいってお昼寝したりしていました。
あんまりいい思い出はありません。
いつも車の後ろの窓から、お母さんを見ていたという記憶と弟のオシメをもっていっていたくらい。。。
あとは、いつ帰れるのかな、いつ帰れるのかな。。といつもおもっていたそうです。

いろいろあった家族なので仕方ないとおもっているみたいです。それが原因か判りませんが、MYマスターはワゴン車に乗ると嫌な思い出がよみがえるようで絶対乗っていないようです(広くて便利そうなんだけどね〜(-_-;))
Posted by チャッピー at 2006年03月05日 01:18
笑顔はほんまぁええなぁ
温かし頑張りもらえるし
幸福運んでくれる〜
Posted by 赤ちょうちん at 2006年03月05日 01:14
お母さんて、やっぱり優しいのですね。
かあさんもバツイチ女さんもね。。。
Posted by poku at 2006年03月05日 01:14
子供と離れてお仕事をするのは大変だった事でしょう。
お母様とも喧嘩をしてしまって、とても辛い時だったと思います。
そういう気持ちの時には本当に笑顔って良いものですよね。
笑顔に癒される事たくさんあります。
笑顔のゲンキの歌もホントに好きです。
いつも笑顔の毎日でありますようにと思います。
Posted by スズランラン at 2006年03月05日 01:11
1歳の子供を置いて働かなくてはならない、後ろ髪を引かれる思いよく分かりますよ。
胸をギューッと締め付けられる思いですよね。お辛かった事でしょう。
そんな辛い時を過ごされたから、こんなに優しいブログをお書きになれるのでしょうね。
Posted by 千絵子 at 2006年03月05日 00:55
素敵なお母様と息子殿ですね。
笑顔って…ほんとに救われますね。
私もたくさんの笑顔に救われてきました。

SMAPの「笑顔のゲンキ」、大好きです。
なんだか、笑顔が出てくる曲♪です。。

Posted by hana at 2006年03月05日 00:48
母ってそういうものなんデスよね!喧嘩しても何してもやっぱり1番の味方!
私も娘の1番の味方デス。
Posted by のんママ。 at 2006年03月05日 00:47
こんばんわ。
疲れている時に、家族や友達の笑顔で癒されます。
また頑張ろうって思います。
「笑顔」って、本当に大切ですね。
Posted by ふっきー at 2006年03月05日 00:42
たいへんでしたね。バツイチさん。
おかあさんのありがたさ、身にしみますよね。
バツイチさん苦労したぶん、これからがきっと、
幸せだと思いますよ。そう、きっと。
Posted by なお at 2006年03月05日 00:36
凄く良くわかります、その気持ち。
僕が保育所に送って行くととても喜んでくれたり

休みの日にはお昼寝が終わったらお迎えに来てねと言われて早く迎えに行って公園であそんだり

何気ない当たり前の事を今は、月に一度しかできない辛さ

ごめんなさい。姉さんの処にくるといつも愚痴ばかりで・・・・・・・・。
Posted by hongkong77 at 2006年03月05日 00:32
バツイチさんのお母さんは
なんて優しいお母さん。
どのお母さんも子供のこと、孫のことを
ずっと心配してくれます。

母の優しさは海より深し

離婚が増えていますが
子供が母側に付く理由が分かる気がします。
そう思うと
父って損な存在のように思えてしまいます。
Posted by タジイ at 2006年03月05日 00:23
なんかあったかくなりました><

笑顔でいるってこと大事ですね。
幸せは笑顔によってきますから!
Posted by aya at 2006年03月05日 00:20
すごく素敵なお母様ですね。
私は実家が近いのをいいことに、子供を預けたり、頼みごとをしたりと母には世話になりっぱなしです。
自分も母親になって、少しは親の気持ちもわかるようになったつもりだけど、我慢強くて、いつもこども達のことを優先してくれる母には一生かなわないだろうなぁと思います。
孫の笑顔で少しでも恩返しになっているのかな?
Posted by つるこ at 2006年03月05日 00:19
そう言えば、確かに私がまだ20代の頃には。。幾たびか、
私は、あなたの笑顔が忘れられません。。と何度か言われた。。。

道を歩けば、モデルの様な綺麗な金髪女性に、Hi!と挨拶されてみて。。。
あれ?私って親近感があるのかと、自分を思ったものでした。。でも、
残念ながら、そう言ってくれたのは、いつも全部女性で同性だった。。。
それにつけても、最近は自分で笑顔を想い出そうとしている。。。



Posted by なんか。。。 at 2006年03月05日 00:14
笑顔ってほんまに素敵ですよね!
私も友達の笑顔に救われた経験が何度もあります。
今度は私が周りを元気にしてあげられる、笑顔の持ち主になりたいです。
Posted by eveningsun at 2006年03月05日 00:10
親子愛ですね・・・
泣けました!!
大切な人の笑顔って、何よりも元気の元ですよね♪
Posted by 智斗 at 2006年03月05日 00:09
どんなに疲れていてもその笑顔で全て吹き飛んでしまいますよね。
Posted by ITおやじ at 2006年03月05日 00:05
笑顔は周りがとっても和みますね♪
私も、できる限り笑顔でいようと心がけてます。。。
Posted by こた at 2006年03月05日 00:04
前日のひょっこりひょうたん島も、本日の笑顔の元気も、曲の明るさと切ないエピソードのギャップになんだか涙が出ました。元気出して行こうって強く思いました。感動をありがとうございます!来週も頑張るゾ!
Posted by よしこ at 2006年03月05日 00:01
ほんとに笑顔っていいですね。救われます。
いくら使っても減らないし。うーん、あんまり上手に使えてないかも。
Posted by らんちゃん at 2006年03月04日 23:58
人の笑顔って救われますよね!

自分のブログを見て

笑顔になってくれる人がいてくれたなら嬉しいなぁ。。。
Posted by アキオカ企画 at 2006年03月04日 23:41