バツイチ女のひとり言:万里の河

2006年03月06日

万里の河

わたくしが現在住む場所からさほど遠くない所、
車で30分程度でしょうか・・・?
とても癒される風景、町並みを見せてくれる所があります。

福岡県柳川市です。
観光としての川下りはそんなに大きな川ではなく
流れも緩やかで・・ゆっくりと1時間ほどかけて楽しみ・・
船頭さんとのふれあいも心温る想い出をとなります。

川を挟んで左右に広がる町並みは時代をタイムスリップ?
ある特別な優しい風が吹いているような不思議な町です。

川のすぐそばまで迫って建っている古い住居。
川に下りるためにある小さな階段があるということは
きっとこれを下りて洗濯をしたり野菜を洗ったり・・
昔のひとのそんな穏やかな生活が想像できて
考えていると思わずボーっと自分の世界に入っています。



遠く遠く何処までも遠く流れる河で
暮れかかる空にあなた思い今日も待っています♪
 (CHYGE&ASKA 唄 万里の河)


そう言えば、わたくしが幼い頃に暮らした家にも
(もちろん柳川ではありませんが・・・)
裏の方には小さな川が流れていましたし庭には井戸もあって
かぁさんはその時々で川と井戸を使い分けて
洗濯や洗い物をしていたことをこの町は思い出させてくれました。
洗濯機なんてまだ買えない間は洗濯板なるもので
かぁさんは一生懸命・・・の背中をわたくしに見せていたっけ・・・



愛しい人よ私は歌う 
千もの言葉願いをこめて
遠い昔のおとぎ話の恋のように♪  


まさに”おとぎ話の恋”が似合いそうな町です。
なのに決まってわたくしはひとりで訪れます。
ひとりでふらっと川沿いを歩きながら
あの不思議な優しい風に吹かれていると
子供みたいに嬉しくなってゆく自分がいるのです。

あの階段に・・あの川面に・・
いるはずもないない、かぁさんの姿が浮かび上がって
笑ってわたくしを見ているようなそんな気がしてくるのです。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/net_i5750/50355553
この記事へのトラックバック
先日わがブログにコメント頂きました。こちらバツイチ女のひとり言さんのブログを読ませて頂きましたが、疲れきった現代社会の中で純粋に、そして癒される詩がたくさん紹介されています。何度か聴きなれた歌詞でも、詩のひとつひとつの想いが感動となりました。ありがとうご....
バツイチ女のひとり言【あるある体験隊】at 2006年03月07日 10:08
この記事へのコメント
コメントありがとうございました。

チャゲアスの万里の河は私の大好きな曲なのでなんだか嬉しくなっちゃいました。

Posted by peacock at 2006年03月14日 20:28
父さんの実家では裏に川が流れていました♪
川で遊んだり、川の流れに癒されたり・・・♪
今では水が少し汚れてきてしまっているような気がして、ちょっと残念です〜><
Posted by West Villageの住人 at 2006年03月09日 16:33
こんばんは。いつもコメントありがとうございます。

柳川、小学生のときに家族で行ったことありますよ。
川下りにも乗りました。
落ち着いた町並みだなぁと、子供ながらに思っていました。

うなぎが私の大好物になったのは、確かこのときからでした。
Posted by square at 2006年03月08日 23:53
ブログへのコメントありがとうございました。
柳川は西鉄の特急電車で通った事はあるのですが、残念ながらゆっくり観光した事がありません。旅好きな自分としては一度訪れなければと思っています。
万里の河は中学の文化祭で先輩が歌っていたのを聴いて、チャゲアスを知った想い出の曲だったりします。
Posted by ターキー at 2006年03月08日 23:09
とても素敵な場所ですね。
最近、風景画を趣味に始めたので
いつか行ってみたいものです。
Posted by simis at 2006年03月08日 11:42
はじめまして。るいです。
http://blog.livedoor.jp/ruirui55/
へのコメントありがとうございました。
事情があって、(どうも、ライブドアのブログはHなコメントが多いので)
http://blog.goo.ne.jp/rui_55/
にブログ移動しました。
また、いらしてください。
Posted by るい at 2006年03月08日 03:02
全然世代じゃないですが、一度耳にしてから気になって調べて、好きになった曲です。
曲調も、訴える歌詞も、まさに ♪流れてゆくようで…
Posted by at 2006年03月08日 01:47
柳川には一度行った事がありますが時間の関係で川くだりを出来ずに帰ってしまって…是非一度体験したいのですが(汗)
Posted by 染麗 at 2006年03月08日 00:03
こちらこそ、コメントありがとうございますっ^^

いっぱいコメント返す人いるだろうにワザワザ・・・ホントに感謝です!!
Posted by NishiNa at 2006年03月07日 23:56
こんにちは

私もこの歌好きです
私の年代は普通知らないのですが、兄弟のお陰で

カラオケでも歌っちゃいます
気持ちがぐぐーと入り込みます

バツイチ女さん、記事も書いて生活もして皆の所にコメントしてくれて尊敬します
体を壊さないようにね☆
Posted by きょうこ at 2006年03月07日 23:50
川は大好きです!!
何時間でも眺めてられます(笑)

御伽噺みたいな町も、見てみたいですね♪
Posted by 智斗 at 2006年03月07日 23:38
うちの近くには長良川が流れています。川下りはスポーツとしてならありますが、観光としてはないですね。
Posted by うたろう at 2006年03月07日 23:32
こんばんは
学生の頃、福岡にいましたが、行っとけば良かったです。
とっても時代に流されない、素晴らしい場所なんでしょうね。
太宰府天満宮とかは行ったんですが、
あそこも、時期や時間しだいではとても落ち着いた場所ですね。
Posted by リアルクローズ at 2006年03月07日 23:29
川べりを歩くと色々な考えや思い出が浮かんできますよね。
Posted by アキオカ企画 at 2006年03月07日 23:21
コメント有難うございます。

この歌は、大好きでした。
でも、日々の雑事に流されて、忘れていたのですね。

ああ〜、懐かしい!!
そういう感じです。

また、元気を復活させて遊びに来ます。
Posted by チャレンジ at 2006年03月07日 22:53
私の住んでいるところにも川があって、小さい頃はよく川遊びをしました

あのせせらぎの音は癒されますね

今はチビ達をつれて散歩に行きますが今でも大好きな場所です

チャゲ飛のデビュー曲!!
チャゲ飛、昔大好きでした!!
Posted by のほほん節約生活 手作りのある暮らし at 2006年03月07日 22:47
チャゲアスの「万里の河」すごい好きだなぁ。
同じころの「一人咲き」も好きだなぁ。
と思ってみたら、ある意味、
バツイチ女さんも一人咲きかも。。。
くだらないコメントでごめんなさい。
Posted by poku at 2006年03月07日 22:39
心配をお掛けしました。
ちょっと体調が悪くて寝ていました。

川は昔から悪いものを流すと言われています。

私も新緑の季節になると良く川に行って心の洗濯をします。
Posted by うりとん at 2006年03月07日 22:39

 先日は私のブログにコメントを書いていただいてありがとうございます!とても嬉しかったです!!これからちょくちょく遊びに来させてください!!

 川っていいですよね。普段は意識して見ないけど嫌なことかあったときとかにじっと見ていると心のなかにあるもやもやした気持ちが洗い流される感じがします!!
Posted by koco at 2006年03月07日 22:19
福岡ですか〜。私は行ったことがありません。知らない土地が
このブログで近くになるって素敵ですね。
旅行候補地にインプットです。
Posted by ひろん at 2006年03月07日 22:11
コメントありがとうございました^^
ちょくちょく見に来てくださいませ
自分もよらせていただきます!!
大変参考になりました〜ww
Posted by tibita0330 at 2006年03月07日 22:08
ふっと昔を思い出してしまうような場所ってありますね〜。
私は実家の近くにある川が好きでした。
春になるとお花見したり、夏は水に入って遊んだり。。。
今もそれほど変わっていないので、天気のいい日に川沿いを車で走ったりするとふわっとタイムスリップしそうです。
Posted by つるこ at 2006年03月07日 21:58
息子殿は会いたいんじゃないですかね。やっぱり母親という存在は大きいし大切ですから。
Posted by STAR FISH at 2006年03月07日 21:47
凄いですね!
うちの母さんも取ってくれないかなぁ・・・

洗濯板なんて博物館でしか見たことないです・・・
日本人として貧しい気がします・・

柳川市ですか・・・なんだか不思議な風景ですね・・時が止まったみたい。
ずっと進んでいるはずの都会が、殺風景に見えますね・・・


Posted by じょん at 2006年03月07日 21:19
九州へ家族旅行したとき柳川で川下りをしてハウステンボスへ行きました。
もう15年前です。懐かしく思い出しました。
また行ってみたいなぁ。。
Posted by よっぴい at 2006年03月07日 21:05
こんばんは!
ブログ見てくれてありがとうございました。
早速おじゃましに来ました。
万里の河 は僕も大好きな歌で、昔はよくギターを弾きながら歌ってました。
バツイチ女さんのブログは癒されるブログでした。
また拝見させていただきます。
Posted by ちびすけ at 2006年03月07日 20:59
こちらは筑後ですョ
 
柳川の川下りは経験ないな
近い分なかなか・・・
 
バツイチ女さんと同じような風景を目にしてるのかな
地元の話題もあるので親近感が増しちゃいます
Posted by つばさ at 2006年03月07日 20:39
こんばんわ、昨日(今日と言えばよいのでしょうか?)はコメントいただき有り難う御座います。

今日、昼休みに携帯から昔の書き込みを読ませていただきましたが、楽しい思い出、辛い思い出。いろんな想い出を素直な気持ちと、詩に乗せて読ませてくれるバツイチさんの文章力に、参りました。
読んでいるだけで、情景が頭の中に浮かぶ。そんなような文章を私は書けるのだろうか?そう自問自答してしまいます。

文章の一つ一つを読んでいると、何だかもの悲しく切なくなって、久しぶりに目が潤んできました。何て言えばいいのでしょうね。飲み込まれていく。読んでいくほどにバツイチさんの思いの中に飲み込まれていってしまう。

まだまだ人としての勉強が足りないのかな?

これからもここに勉強に来させてもらいます。
Posted by ネコ男のりょお at 2006年03月07日 19:51
こんばんは〜コメントどーもでした(^^)

読んでるとほっとしてしまう癒しのブログですね。詩みたいな感じで癒されます。
ってかそれ以前に文章力が自分とはケタ違いです(笑)
参考にさせていただきます!
Posted by やま太郎 at 2006年03月07日 19:42
「万里の河」大好きです。
いい歌ですよね。
Posted by すまちどり at 2006年03月07日 19:35
こやぎちゃんを見に来てくれて、ありがとうございました☆
私の生まれ育った街には綺麗な川が無かったので、
羨ましいです。ずっと綺麗な川のままでいてほしいですね。
川は昔の人々の生活には無くてはならないものだったんでしょうね。
昔の風情...いいですよね。私は、将来田舎暮らしをしたいと
思っているんです。シンプルで無駄の無い暮らしを。
囲炉裏のある古民家とか憧れるなぁ。夢は膨らみますが、
現実は庭で七輪を使い、秋刀魚を焼いたりしてる程度です。

話は変わりますが、バツイチさんは唄をすごくたくさん
ご存知ですよね。ちなみにカラオケのレパートリーとか
何曲お持ちなのですか??
Posted by ようこ at 2006年03月07日 19:29
こんにちは!コメントありがとうございました(^^♪
私も、川とか海とか山とか・・・大好きです。
地元は、まさにそんな風景あふれる素敵なところです。
今東京で生活している私にとっては、そんな自然を探すことはとても困難なことのように思えてきます。

素敵なブログですね。また遊びに来ます♪

Posted by いずっこ at 2006年03月07日 19:19
家の近くには川がありませんが、川の流れを見ていると自分の世界に入っていきますよね。
じいちゃん家に行ったとき、ずっと川を眺めていたなぁ・・・。
Posted by SYU at 2006年03月07日 18:55
記事へのコメント(人´∀`o):ぁ.*゚::リ.。:が..と*.ぅ゚:..(o´∀`人)ございます。楽天ではすでにブログを数年前からやっているのですが、こちらを利用するのもいいかなぁと思い作っています。
今後とも宜しくお願いします。
Posted by はじめまして at 2006年03月07日 18:52
川っていいですね。
写真を見ると、とてものんびりとしているような、爽やかな感じが
するものですね。
田舎の私の住んでいた所には川はなく、どちらかと言うと山とか丘
でした。
でも山の中に入っていくと、湧き水があったりはしました。
川のそばを歩いていると、風を感じたりするのですね。
味わってみたいものです。
最近更新が遅くてすみません。
見にきていただいて、コメント残してくださるのがうれしくて
励みになります。ありがとうございます。
Posted by スズランラン at 2006年03月07日 18:50
こんばんわ、初めまして。
ブログ設置当初にコメントをもらっていただなんて気付きもしませんで・・!!
申し訳ありません、ようやく今日訪れさせて頂くことが出来ました。

ブログ拝見させて頂いたのですが、言葉の流れがとても綺麗で感動しました。
心が洗われる気分です。見習わなくてはなーと思いました。(苦笑)
それでは失礼します。
Posted by kuro. at 2006年03月07日 18:24
初めまして、バツイチ女さんワクです
バツイチ女さんが一番最初の人なのでうれしいです。
初めてのブログしたのでブログって面白いのかなと思っていてでもすごく面白いです。また、コメントしてください。
バツイチ女さんのブログすごく感動しました。
Posted by ワク at 2006年03月07日 17:19
こんにちは。
ちょっと気分転換と観た映画が戦車に関係していたので変えてみました。

チャゲアスですね。僕もこの歌好きです。
川ではあまり遊んだことは無いですね。
Posted by フート at 2006年03月07日 17:17
そうですね。川は癒されます。
たまに近所の川になんとなく行きます。
石を投げます。
ピョンピョン水面を跳ねる石を見て
今後の飛躍を祈ります。
ではまた来ます。
Posted by 鯰男 at 2006年03月07日 16:56
できたてホヤホヤのHPに来てくださり
ありがとうございました。
私は大阪でも観光地になってる田舎に住んでおります。
駅前からハイキングがてらに2時間ほど歩きますと
大きな滝があります
自然というのは 嫌なことも 悲しいことも全部 包み込んで
くれる広大な母だと思っています。

日記を読ませて頂きますと 風景が目に浮かびます
また これからも よろしく お願いします。
Posted by puppys at 2006年03月07日 16:44
おひさしぶりです(*´∀`*)
なかなか覗けなくてごめんなさいです(;´д`)
最近のしそ子の毎日は17時出勤→翌4時上がり→飲み→朝8時半あたり帰宅
の日々を送っております。
かなり不健康な・・・。
寝たら出勤の時間なもんだからなかなかPC触れないです(><
でもまた遊びにきますね(。・ω・。)
Posted by しそ子 at 2006年03月07日 16:43
コメントありがとうございました!!
そうですね・・・進路って難しいです(-"-;)
でも後悔はしたくないから、ちゃんと考えないとと思って。
バツイチ女さんもこんな人気のブログ書いてるんですからいいと思います☆頑張ってください!!
Posted by 春希 at 2006年03月07日 16:41
カキコ有難うございます!!
体調は少しずつですが、回復してきています。本当にご心配おかけしてすみませんでした。今は油脂の分を普通のご飯で摂取しながら食べると、お腹痛くなっちゃうので慎重に食べてですが食を太くするように頑張ってます。

また、あそびに来てくださいm(__)m
Posted by ±ゃ at 2006年03月07日 15:53
コメントしてくださってありがとうございます。
名前を『ゆなのBLOG』から『Lies』に変更いたしました。
またあそびにきてやってくださいvV
Posted by ゆな at 2006年03月07日 15:32
残念ながら、私の家の近くは川が流れておらず、
周りは坂ばかりでした。
しかし、他所へ行っても、同じような光景を見ると、
ふと思い出したりしますよね。
今日も心があったかくなりました。
Posted by 子と共に育つ親・・・のたわごと:しま at 2006年03月07日 15:22
足跡残していきます。
Posted by はる at 2006年03月07日 15:18
過去ログを楽しんでて、11月まで来ました。
「故郷未だ忘れ難く」と「はじめましてのご挨拶」でエッ!?
と思っていた謎がようやく解けました。
近いと思ってたんですよね〜。選曲が。
Posted by akaryu at 2006年03月07日 15:06
こんにちは。
川下りは、まだ経験した事がありません。
体験したいです。
穏やかに流れる川を眺めると、心が洗われます。
Posted by ふっきー at 2006年03月07日 14:54
柳川は3回ほど行ったことありますが、すごく情緒がある雰囲気のよい町でわたしも大好きです。今からの時期川下りは最高に気持ちよさそうですね〜
Posted by ろ妃江 at 2006年03月07日 14:15
こんにちは!
風邪もだいぶ良くなりましたw

家の近くに癒される場所があるのはとても羨ましいですね。
私の家は大きな交差点にあるので、自然が恋しくなります。
Posted by pvovq at 2006年03月07日 13:30
小さい頃小川って沢山ありましたよね。小川というより溝??
その小さな川にはでも蛍もいたし、オタマジャクシも小さなフナやメダカもいました。…それを捕まえてはおままごとでお料理してました。今考えるとかなりエグイことしてたんだな〜。。。(^^;)
Posted by puffpuff at 2006年03月07日 13:20
私の祖父母の家にゎ井戸ゃ池がぁります(o´∪`o)
川とか、自然に触れるとホッとしますょね☆
Posted by com at 2006年03月07日 13:15
こんにちは。ご無沙汰しております。

「万里の河」ですね。
コレ、カラオケでよく歌ってました。歌詞とノスタルジックな
メロディーが好きでした。

”水”がある風景って、なんだか癒されますよね。。。
Posted by daiyochi at 2006年03月07日 13:04
柳川、母と妹と行ったことがあります。妹が久留米の短大へ行ったので卒業式のあと、柳川まで足をのばしました。
柳川下りをしてうなぎを食べて、帰りの特急電車に、忘れ物をしたおっちょこちょいの妹ですが、あれから何年かなぁ?
夢見が当たってちょっとしょげているグッピーです。
Posted by グッピーちゃん at 2006年03月07日 12:57
おとぎ話の恋かぁ

なんかほんわかなイメージかなぁ♪

トコは田舎育ちなので
どこか落ち着くというか
心地いいです ^^
Posted by トコ at 2006年03月07日 12:41
昨日は、私のblogに来てコメントをくださってありがとぉございます♪
また、暇があったら来てくださいね♪

川、めちゃめちゃキレイですねぇ!!あんな素敵なとこがあったなんて知りませんでした!最近、旅行に行くのが好きになってきたんで、是非今度は福岡県に行きたいと思います♪また、いいスポットなんかあったら教えてください☆
Posted by じんじん at 2006年03月07日 11:58
母と娘にとって流れが速いライン下りの思い出です。実は、船頭さんが、一番前に座っていた私達に波を引被せたのです?!もう、ズボンから帽子から水に濡れて、服を乾かす為に仕方なく、近隣の料亭にて遅いお昼を食べながら過ごしました。。話が長くなりました。。要は、船頭おやじの意地悪で、素敵な古いお屋敷(大正時代)の二階で、優雅な時間を過ごせたと言いたかったのです。。

全然、柳川とは関係ありません。。それにしても不思議な時間でした。。
何たる船頭めと。。私達はびしょ濡れになりながら、どうしようかと川を眺めながら思いました。まあその後に、綺麗で和風で優雅な、お昼ご飯を食べることが出来たので、その経緯に感謝したのです。。
今となっては、知るよしもない船頭さん、ありがとう。。
Posted by ライン下りの 船頭 at 2006年03月07日 11:44
父方の親戚が柳川にいるので、昔母と柳川下りしたことがあります。
船頭さんがおもしろくて船から橋に飛び乗ったり楽しかったです。
川下りのあとは確かうなぎ食べました。お決まりコースだったようで・・・
私の懐かしい九州の良き思い出です。
Posted by うさぎ at 2006年03月07日 11:10
コメントありがとうございました。
ひな祭りは、チラシ寿司とケーキでやりました。
娘も喜んでました。
Posted by 晴一朗 at 2006年03月07日 11:04
福岡県柳市の川下りは情緒があってとてもよさそうですよね。
私は福岡には中学の修学旅行に少し寄った程度なので今度はゆっくりと回ってみたいです。
Posted by なつママ at 2006年03月07日 10:54
私が育った家の目の前に、川幅80メートルくらいの川があります。
両親が亡くなってからもう5年も日本に帰っていません。
川の音を聞くと、田舎を思い出します。
Posted by 千絵子 at 2006年03月07日 10:53
柳川って、水郷の街なんですね。
これからの季節に出かけるのに、とてもいい場所ですね。
以前、雑誌の仕事で佐原の街を取材しましたが、
この地も、伊能忠敬の旧宅など昔ながらの町並みが
いっぱいあってとてもいいところです。
タイムスリップする感覚っていいですよね。
想い出の生活が色々甦るんです。

Posted by nepcom at 2006年03月07日 10:49
福岡には、ステキな町があるんですね!
ラーメンを食べに行ったことしかないので、風景を楽しみに行ってみたいな〜。
Posted by ユリコ at 2006年03月07日 10:47
昔はそういう風情のある所って沢山ありましたね。
昔はこんなものと思って生活していたけど今思い出して見ると
とても懐かしく素敵だったて事でしょうか!?
写真でしか見れなくなった昔が今、鮮やかに蘇りました。
Posted by ワンダー☆ at 2006年03月07日 10:46
なんだか、バツイチ女さんの周りってステキな風景で溢れていますね。
そう感じさせるようなバツイチ女さんの心が純粋なのかしら?
Posted by ポコ at 2006年03月07日 10:21
おとぎ話の恋が似合う町・・・
風情を感じます。
変わらないというコトも素敵なコトですよね。
いつまでも癒される風景、町並みであってほしいですね。
Posted by WyCo at 2006年03月07日 09:42
その川って、上流から下流に向けて周りの景色が、歴史的で年季を感じさせている風景から、近代的な建造物に変わって行くのですか?
Posted by タカワイルド at 2006年03月07日 09:27
埼玉の秩父にも 荒川のライン下りがあります。

行っても毎回見るだけで一度も乗った事がないんですけど・・・

石畳は特別天然記念物に指定されています。
Posted by hongkong77 at 2006年03月07日 09:05
小さい頃、引っ越す前に父親と飼っていた金魚を川に流した事があります。
都会の川だったのですが、昔は鮎とかがよく釣れていました。今はもう釣れ
ないかもしれないな…汚水で。少しさみしいです。
Posted by 六花 at 2006年03月07日 09:01
子供の頃に見たような風景・・・。
時間が巻戻っていくような気がしますね。
Posted by ママ at 2006年03月07日 08:56
写真を見せていただいたら、
本当に素敵な場所ですね〜☆

ひとり言さん、一人旅なさるんですか?
私は一度だけ、節目に北海道一人旅に行きました。

今年も自分の節目の年なので
沖縄あたりに一人旅しようかな、と思っています。
Posted by チロりん at 2006年03月07日 08:53
川っていいですよね。小さな川大きな河、どちらも川岸を歩くと心を洗われる気がします。
Posted by nokonoko at 2006年03月07日 08:01
川というと・・・
都内に住んでいる姪のことを思い出します。やっと昔話がわかるようになった頃のこと。

『あるところにおじいさんとおばあさんが住んでいました。
 おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に・・』
姪『・・・・・』
姪『ねえ、どうして、かわでおせんたくするの?』

小さな子供にすぐに返す言葉がありませんでした。(*^_^*)


自然の中に水のある風景は、癒されます。ゆっくり流れる川、いいですね。
私は川で洗濯する母の近くでめだかを追いかけたり、石をひっくり返して蟹を見つけたり。その川も今は公害で魚が変形していると聞きました。
それでも、思い出の川は澄んでいます。

Posted by joy at 2006年03月07日 07:12
胸の隅をくすぐる思い出のスポット。
シャッターチャンスですね。
九州は一度しかいったことありませんが、湯布院の奥深く、別れた彼女の家までタクシーやバス乗り継いで……
何しに行ったんだろう、よせばいいのにね。
Posted by △イチおじさん at 2006年03月07日 06:29
昔の風景って良いですねぇ。俺ん家の近くも昔ながらの町並みなんですが、観光地のためにあまり風情は感じられません(苦笑)
Posted by ゆきち at 2006年03月07日 06:21
言葉って本当に大事ですね。
それだけに迂闊に発することができない。
でも発しなければ何も伝わらない。難しいところです・・・

福岡県柳川市:なんだか良さげな感じですね。
機会があれば是非行ってみたい。
Posted by hyohyo at 2006年03月07日 05:07
さぼってても許してくれるあなたは、なんて優しいひとなんだ。好きになってしまいそう。
Posted by チニタ at 2006年03月07日 04:46
こんばんわ。
こちらこそいつもコメントありがとうございます☆
最近のコタは私の部屋に入り浸り状態です(^^;)
いつも発見があって楽しいですけど♪

それでは、また来ます。
Posted by こた at 2006年03月07日 02:35
先ほど何処かで書いた者ですが、柳川は水郷の里として、福岡県柳川市なのですね。先ほどは、柳川の所在地を間違えて福岡市であると思いました。位置的には、福岡県では南の方ですね。南筑後平野の西南隅で、市の案内によると、本市の大部分は有明海を干拓して造成された土地であると記載されていました。すみません。
Posted by K K. KOTA at 2006年03月07日 02:33
川の近くで育ったおいちゃん
懐かしく感じました
忘れかけてた
今度帰って行ってみたいです
Posted by 赤ちょうちん at 2006年03月07日 02:29
はじめまして、こんばんわ☆
コメント、ありがとうございます。
すごく素敵なブログで…
私も参考にさせていただきます♪
Posted by kana at 2006年03月07日 02:12
チャゲアス、だーいすきですよ!
すばらしいですよね。
私は、三度引越ししたのですが、全て海無し県でした。
よって、川が憩いの場所でした。
長野県にいたころは、よく天竜川下りをしました。
住んでいたのは、山奥だったのですが、水がとても綺麗で、
いつも遊びに行っていた近くの川には沢蟹が、うようよいました。
幼少時代を、自然いっぱいのところですごせて、今となっては本当に良かったと思います。
また、あのころの自分を探しに、マイナスイオンを吸いに、いきたいなあ…。
Posted by ここあ at 2006年03月07日 02:10
コメントありがとうございました!

はじめてのブログに、初めてのコメント。
本当に感激です。

素敵なページですね。勉強になります。
また遊びにこさせてもらいます♪
お暇がありましたら、こちらもまた覗いてみてください。

Posted by まっきー at 2006年03月07日 01:49
最後の三文が仏映画の一番最後の名場面のように泣かせます。
この三文のために、この川は映画にふさわしいのは気のせいではないように思いました。柳川は、東京日和という映画に出てきたので、一度は行ってみたい気がしました。映画の中でも中山美穂が、のんびりと美しく舟上でくつろぐ一瞬を映写機がとらえています。二度と戻らない大切な日々。現実でも映画でも同様だと感じます。
Posted by タジイの気楽日記 at 2006年03月07日 01:47
柳川、よさそうなとこですね。行ったことないけど、目に浮かぶようです。福岡はすきな町でよく行くので、今度機会があったら足をのばしてみようかなーって思います。万里の河、チャゲアスファンだった私には懐かしい曲。古い歌でも、日本的でいい歌ですよね!
Posted by puri at 2006年03月07日 01:42
私、修学旅行で柳川下りしてきました!
静かで別世界ですよね。独り立ちをしたら今度は母をつれて行ってみたいです。
Posted by ささら at 2006年03月07日 01:34
わたしの母は柳川には別の時に観光で行ったらしいのです。その時の観光にて、柳川では、柳川(東京などで、どぜう屋さんで食べる鰻の卵とじ)を注文したかったのに、出てきたのは、錦糸玉子と鰻飯だった。。と言って。グルメはなかなか、むずかしい。私は、母にはちっとも、似ていませんが、いつもありがとうって思っています。言ったことないんですが。。いつも思っています。。
Posted by K K. TOTA at 2006年03月07日 01:18
柳川の風景の写真があまりにも素敵で、しばらく魅入っていました。
ため息☆

母の背中…私が小さいとき良く覚えているのは、母がミシンコトコトしている姿。
Posted by こぱん at 2006年03月07日 01:14
洗濯板。。。なつかしいです。
小学生のころ、泥だらけになったくつしたを洗濯板で
洗わされました。
そのときはこんなの親がやることだ〜なんて泣きながらやってましたけど、
今ではいい思い出です。
「洗濯板で洗濯する」大変さを今でも覚えています。
昔の人ってすごいなぁ。って尊敬しちゃいます。
Posted by こころのぼやき at 2006年03月07日 01:13
柳川は けっこうドライブで行ける距離なのに行った事がありません…
いつも高速道路を通過するだけ…
一度行ってみたいと思っているのですが なんか ヒトを選んでしまって…
どうも柳川には 一緒に行きたいヒトが限定されるみたいです。

川といえば 以前長江を東中国海から南京まで上った時
あまりにも日本と違う光景に驚かされました。
対岸が見えない 水の色が違う 匂いが違う 航行する船の数が半端ではない……
ヨーロッパ圏の川を航行する時とはまた違う…
ヒトの生活と川はとても関係があると言いますが
まさしくその通りだなと……

身近な川から得たものっていうのは 誰にでもきっとあるんでしょうね。
バツイチさんだけじゃなく  Sharaにもきっとあるんでしょうねぇ…

Posted by Shara at 2006年03月07日 01:10
こんばんはバツイチさん。観光で九州に行きましたが、福岡市柳川が予定にはなくて、母と歩くことはありませんでした。昔の川には情緒があり、絵になるんですね。。でも川が綺麗なら、何処でもいいんです。そう言えば、私は母と色んな所の川縁を観光にて、つき合って歩いたんです。恋人ではありませんが。母が連れて行ってくれたんだと、今は思っています。
Posted by 優しい川辺は母に 似合っていた。 at 2006年03月07日 01:03
 かあさんの
      背中で習い
           今がある (ねこみみ)

 こんばんは☆ねこみみです。ここ最近はホントに私のことを娘のようにコメントしてくださるのでとても嬉しいです。また「愛」の授業お願いします♪

 小さい頃、親戚のウチに行ったとき、井戸があったのを覚えてますよ。長野県なのでまだそういうのがあるんだなぁって思いながら「キーコキーコ」と親戚のおばちゃんに水を出してもらい、夏の暑さでほてった顔を洗って冷やしてました。あの冷たさってなんとも言えないですよね。他に表現しようがないくらいです。

 それとやっぱりお母様の背中を見て育ったんですねバツイチさんは。男の子はお父さん。女の子はお母さんの家事をしている背中を見ていくんですね。私はお母さんの背中を見ていたほうです(微笑)。

 ではまた伺います。ねこでした。ニャン☆
Posted by ねこみみ at 2006年03月07日 00:58
こんばんは。
柳川の川下りを小学校3年生の時、西鉄の特急で家族旅行して以来思い出しました。北原白秋生家にも行きましたし‥
私は、いはゆる3月で「遅生まれ」。で、小学校に入っても上手く友人と馴染めない風景が担任の先生の鋭い観察力で見抜かれ、保護者面談で「近くでもいいですから、旅行などに積極的に行かせてあげて下さい」と親が言われたらしく、柳川だけでなく福岡本土や佐賀のほぼ全部回った記憶があります。
でも、そこまで大事に育ててくれた親にまだ恩返しできない自分が情けないです。口では言い合って喧嘩してお互い本音はお互いの欠点の愚痴ばかり言い合う親子関係です。そんな自分が嫌になることもあります。病気の原因突き止めず押し出すように就職させられたとまだ歯向かう私は愚か者です。
以来素直になれなくて‥何事にも‥
Posted by たかおか at 2006年03月07日 00:52
コメントありがとうございました☆

すっごく素敵なブログですね!!また来ますね〜♪
Posted by Pussy Cat at 2006年03月07日 00:48
私は今日も海に寄ってきました。
川や海ってなんだか、気持ちを落ち着かせてくれます。

なんでだろう?とどまっているのでなく、流れているからいいのかな?
Posted by hana at 2006年03月07日 00:39
こんばんわ。
川・大好き!です。最近では”マイナスイオン”がドーノコーノと
言われてますが、昔は自然から受けていたものなんですよね。
近くに綺麗な川はありません・・・

だからこそ、よけいに
アウトドアなんかで(B.Q)に行くと
渓流で大はしゃぎです^^

子供に帰れる一時の空間ですね♪

Posted by キラキラEVERYDAY at 2006年03月07日 00:30
柳川は亡き父との思い出の地です

ゆったりと、川下りを楽しんで、
北原白秋の生家を訪ねたり、
初めて二人でコーヒーを飲んだり…

別の世界を旅しているようでした

思い出すと、
ほっこりと、胸に灯りがともります
Posted by かず at 2006年03月07日 00:25
九州へ旅行した時、大分から湯布院に入り、柳川で川下りをして長崎に入るはずだったけれど、フェリーが遅れて、柳川の川下りはキャンセルに…。本当に残念だった。柳川いいところなのでしょうね!。もう一度行ってみたい。
Posted by なお at 2006年03月07日 00:24
すごく幻想的な場所ですね!
まるで日本じゃないみたいです☆
機会があれば行ってみたいです^^
応援のコメントありがとうございました♪
Posted by ふーみん at 2006年03月07日 00:16
福岡県柳市の川下りは情緒があって良さそうですね。
思わず行ってみたくなりました。
川で洗濯・・・ 昔は洗濯板でしたよね、懐かしいです。
洗濯板の事は、すっかり忘れていました。
Posted by 踊り子 at 2006年03月07日 00:11
川の近くって落ち着きますょね?
小さい頃、お父さんと良く川のある公園に遊びに連れて行ってもらったコトを思い出します

その近くに日本の川の水質ワースト3に入る鶴見川もありました……
本当に汚いです…
まぁコレはいいとして川っいいですね♪♪♪
Posted by sho at 2006年03月07日 00:08