バツイチ女のひとり言:愛が見えますか

2006年03月07日

愛が見えますか

わたくしの実父とかぁさんはわたくしが18歳の時に
やっと正式離婚して・・同時にお互いに再婚しました。
16年ばかりの別居の果ての終章でした。
そしてわたくしは元夫と一緒になりました。



結局は実父とかぁさんはそれぞれの連れあいを残して
もちろん、わたくしも残して逝ってしまいました。
再婚していってからのことですのでわたくしのもとには
どちらの位牌もありません。





愛が見えますか 離れていても
愛が聴こえますか あなたの心に♪
 (堀内孝雄 唄 愛が見えますか)




1年ほど前にふっと思いついて最初はかぁさんのことだけ・・
陶芸をやってらっしゃる方に(プロの方ではないですが・・男性)
童やお地蔵さんをほんとに優しいお顔で焼かれる方を見つけて
かぁさんを思わせるようなものを焼いてくださいとお願いしました。
出来上がったらかぁさんだと思って何かにつけ話しかけたい。
それまではよく空を見上げて話しかけていたことを・・・



・・・で最終的は実父の分も焼いて頂きました。
実父とかぁさんの事情を説明して
一緒にふたりを並べてもいいものかを相談しましたら


★ ふたりは離婚しててもあなたにとってはご両親だから
       あなたの気持ち次第でいいと思いますよ



彼のその言葉で迷いも消えてふたりを並べています。
まるでお雛様とお内裏様みたいですが少々違うのは
気持ち・・顔と体がお互いの方に向いています。


1度は惚れあって一緒になった者同士が
永年の積もる話をしているみたいだと感じてしまうのは
わたくしの勝手な願いでしょうか?



かぁさんが厳しい嫁ぎ先で気苦労を重ねている間に
愛人さんを作って勝手気ままだった実父のことを
かぁさんがあちらで責めているとは思えません。
きっと・・かぁさんのことだから・・・




一日分の しあわせを
そっとひとりで かみしめる
片時さえも 忘れない
あなたがくれた優しさ ♪



ふたりの前にはお雛様用の古布で出来たお弁当。
ちゃんと重箱入りです。玉子焼き、かまぼこ、海老・・・
お猪口にはお酒の代わりにお水。
飲めない実父はよしとしてかぁさんの声が聞こえてきそうです。


”ちょっとー! お酒にしてよ〜”

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/net_i5750/50356983
この記事へのコメント
また来ます。
Posted by 苺パパ at 2006年03月17日 21:27
やさしいな。ひとり言さんは。(^-^*)
Posted by 春紫苑 at 2006年03月11日 09:57
愛見えましたよ♪
2人の焼きものが仲良さそうにしているのが目に浮かびました♪
Posted by West Villageの住人 at 2006年03月09日 16:42
素敵な記事でしたので、私のブログに紹介させてもらいました。とても気持ちが温かくなりました。
Posted by みなごん at 2006年03月09日 12:42
子どもにとっての親。
好きだったり、嫌いだったり。
でも、失って始めて、その大きさに
気がつくのでしょうね。

☆愛は見えましたよ☆
Posted by 配達人 at 2006年03月09日 10:43
こんばんは、
夫婦ってやっぱり好きだから夫婦になったんだなぁ
・・・と思い出しました。
なにより、自分の子供が、バツイチさんくらい
思ってくれたら心底嬉しいと思います。
家族ってやっぱり生死に関わらず繋がってますね。
Posted by リアルクローズ at 2006年03月09日 00:18
お位牌や、お墓に手を合わせるということだけではなく、
形はどうであれ、亡くなった人を偲ぶ気持ちが大切なのだと
私も思います。
ご両親はそのお姿の焼き物を見ながら、語りかけてもらって、
天国でよろこんでらっしゃるのじゃないかしら…。
とても素敵な話です。
Posted by なお at 2006年03月09日 00:03
良いお話ですね。
気持ちがほんわかしました♪
両親は、どうなったとしても、両親
に変わりはないですもんね♪
Posted by 智斗 at 2006年03月09日 00:02
こんばんわ。

離婚しても、両親は両親という言葉が、胸にしみますね。

わが子に、父親の顔を写真でしか見せていないチャレンジは一寸考えて・・。
今まで、ふたりして路傍に果てるとも世話にはならないと頑張ってきましたが、子供にとっては父は父ですね。
Posted by チャレンジ at 2006年03月08日 23:55
良い事をなさったのですね。
お父様とお母様のお顔に似たものを焼いていただいたのですね。
それを並べて置いていらっしゃるなんて、本当にご両親思いの
バツイチ女さんだな〜と思いました。
重箱のお弁当もおいていらっしゃるなんて、
本当にお2人の思い出を大事になさっていらっしゃるのですね。
Posted by スズランラン at 2006年03月08日 23:53
こんばんは
コメントありがとうございました。
とてもせつない気持ちになりました。
でも、バツイチさんの暖かさと優しさが
感じられました。
ご両親、きっと安心してあなたのことを
見ていますね。
Posted by ワンコママ at 2006年03月08日 23:29
切ない気分になりますねぇ・・・。
Posted by アキオカ企画 at 2006年03月08日 23:22
こんばんは!
早速我が家のブログに来ていただいてありがとうございます!
いいお話ですね。とても優しい気持ちになれます。
柳川に住んでられるんですね。
私は福岡市内です。
またこれからも、お邪魔しにきます!
Posted by YOU at 2006年03月08日 23:21
「ちっくん」は採血のことです。
1月30日の記事「いりょうようご」をご覧ください。
「いりょうようご」がたくさん出てきます。
Posted by love-jack at 2006年03月08日 23:12
お雛様とお内裏様っていうのが目に浮かびました。
向き合うことって何でも大事ですね^^
Posted by aya at 2006年03月08日 23:02
わかりますよ・・・。難しいですけど・・・わかります。
うまいですね 一遍の歌詞とその思い出

おひさです(^ ^)/ 元気でしたよ!!
Posted by dai at 2006年03月08日 22:35
そうですね・・・本当にありがたい存在です・・・
財布のダメージなんて、あまり気にしてないのですけどね・・(決してリッチという意味ではありません・・)。

うちの両親は、いろいろあってかなり冷えています・・・
子としては、やはり寂しいですね・・・・







Posted by じょん at 2006年03月08日 22:19
素敵なお話ですね。
思わずぐっときてコメントさせていただきました。
いつもキレイな文章ですごく惹かれます。
また遊びにきたいと思います。
Posted by 9たろ at 2006年03月08日 21:57
書き込みありがとうございます。
簡単に申告できてうらやましいです。税理士さんにもうそろそろ頼もうかなーと思ってます。
Posted by 晴一朗 at 2006年03月08日 21:51
今日のお話はちょっと切ないです。
夫婦は他人ですが、親子は血がつながっていて他人ではないのですよね。
私の両親を見ていてそう感じます。
Posted by グッピーちゃん at 2006年03月08日 21:21
かな〜〜りご無沙汰してました。。(^^ゞ コメントありがとうございます♪
ちょくちょく覗いてはいましたが、こちらのあまりのコメントの多さに「返事するのも大変だろうな」とコメントを控えさせて頂いておりました(汗)
にもかかわらず、また私のところにもいらして下さって本当に嬉しかったです(⌒_⌒)

息子さんももう立派に一人立ちされているご様子。
将来が楽しみですね♪
Posted by さぶちゃん at 2006年03月08日 21:16
互いに向き合っているんですね。
楽しく語らっていらっしゃるんでしょうね。
Posted by すまちどり at 2006年03月08日 20:43
コメントありがとうございましたv
クララのドラマ…ですか?(笑)
私の好きな関ジャニ∞の大倉忠義くんのドラマです。
おおくら⇒くら⇒クララ。(無理やり)

両親が居てあたりまえ、ではないんですね…。
私の友達には母子家庭の子ばかりです。やっぱり辛いのかな…なんて。

また来てくださいね(ノ∀`*)
Posted by 美咲 at 2006年03月08日 20:38
やはり、誰でもネットのやりとりは不安などあるものなのですね。それを聞いて私も少し安心しました^^;こんなに不安などにかられるのは私だけかと思うときもあって・・・・;;
Posted by NishiNa at 2006年03月08日 20:28
せつない気持ちになっちゃいました。。。
Posted by はま at 2006年03月08日 20:02
こんばんは。
ブログは毎日拝見しております。感動したり、納得したり…。
でも、コメント数が余りに多いので、私は遠慮をしているのです。
どうか御理解下さいます様に…。
Posted by 無口なモグラ at 2006年03月08日 19:47
そういうのいいですね。
なんだかほっこりします。

離れていても、気持ちは繋がってるっていつもしんじていたいです。
Posted by ラスク at 2006年03月08日 19:40
お位牌じゃないっていうのが 良いですね〜。。。
今日は お友達が心配で 少し凹んでいます だから 明るい話題を書いてみました。
お暇な時にでも 読んでください。
Posted by +あい at 2006年03月08日 19:35
私は両親も健在で
家に先祖の仏壇もあります
でも何だか居て当たり前、あって当然のような軽い扱いになっているような
ちょっと考えさせられました
Posted by つばさ at 2006年03月08日 19:24
顔と体がお互いの方を向いているなんて
なんだか ほんわかした気分になりました。
たまに、お水はお酒にしてあげると
いいかもしれませんね。
Posted by Koto. at 2006年03月08日 19:12
ひょっとして天国で再会したお父さまお母さまが、バツイチさんにお人形を作るように仕向けたのかも。
どこかで寄り添っていたかったのかもしれませんよ。
あの頃の気持ちのまま。
Posted by なごやん at 2006年03月08日 19:03
いつまでも心の中に両親の思いがきちんと残っているのでしょうね。
きっと天国のお父様もお母様もバツイチさんのような素敵な娘さんを持つことが出来誇りだったと思います。
Posted by なつママ at 2006年03月08日 18:53
せつなぃ気持ちです…。きっとご両親ゎ優しい気持ちでぉ話されてるんでしょぅね(^ー^)
Posted by com at 2006年03月08日 18:18
なんか、読んですごいジーンときちゃいました・・・。
ずっと、お父様とお母様が仲良く話されているといいですねぇ♪
Posted by じんじん at 2006年03月08日 18:16
お久しぶりです。
バツイチさんのブログはやっぱりすごいです。
なんか切なげだったり、ジーンとしたりしました。
バツイチさんのご両親はきっと素敵な方なのだろうなぁって思います。
Posted by かな at 2006年03月08日 18:09
バツイチさん,こんにちは
遊びに来ました。
自分のところはバツイチさんの
お父さんとお母さんが離婚された
バツイチさんの年齢の10年前に
離婚しました。
バツイチさんにとっては
いつまでたっても親は親なんで
それでよかったと思いますよ。
Posted by ロロ at 2006年03月08日 17:52
お久しぶりです☆
以前にコメントありがとうございました。
バツイチさんのブログはすごく心に染みます。
バツイチさんをお手本に頑張ります!!
Posted by ぷれはぶ at 2006年03月08日 17:30
別れは早かろうが遅かろうが必ずくるもんですね。
Posted by STAR FISH at 2006年03月08日 17:06
コメントぁりがとうござぃました☆
みぃの両親はずーーっと仲が悪ぃです。。
離婚はしてませんが、、
まだ結婚をしたことがなぃのでわからなぃけど、
夫婦生活って難しそぅですね。。

両親との別れ、ぃつか来ると思うと怖ぃです。。
Posted by みぃ at 2006年03月08日 16:42
こんにちは。
いつもコメントありがとうございます<(_ _)>
そう遠くない昔、両親離婚の危機がありました。
その時、僕はただ二人の言い分を聞いただけでしたが、妹は泣きながら弟と両親を説得。
離婚はしませんでした。
僕自身は一緒にいる事が苦痛なら離婚も選択肢のひとつだと思っていましたが、
今の家の状況をみると、離婚しなくて良かったと思います。
いつかまた、そのような危機訪れた時は、兄弟3人で説得しよう。
Posted by ふっきー at 2006年03月08日 16:40
陶芸いいなぁ。
大事にしてくださいね!
Posted by SYU at 2006年03月08日 16:35
初めまして。
何気なくネットをうろうろしていたら、バツイチさんのブログに辿り着きました…。
ご両親のお人形のお話、とても心に沁みました。私の両親も長い別居生活の末、何故か正式に分かれないまま、父は5年前に亡くなりました。
書類だけの夫婦でしたが、父の残した年金のおかげで、今母はつつがなく老後を送っています。
愛って色んな形があっていいですよね、これも愛の形かなと娘の私は思っています…。
とても良いお話しをありがとうございました、またお邪魔しますね。
Posted by bunnytown at 2006年03月08日 16:15
私も母の代わりを作ってほしいです!
おばぁちゃんやおじいちゃんも・・
生きてる身内より 他界してる身内のほうが多いのは寂しすぎます。
ちょっと本当に私も作ってくれるところ、探してみます!
Posted by ままんご at 2006年03月08日 16:12
私は親不孝ですが、
父の事も母の事も本当は好きだと自分で思います。
父にも母にもほとんど会いませんが、
早く一人前になって、まずは近くにいる母に恩返しをしたいと思います。
今は私は母に顔向けできない人間なので…
いつか必ず、胸を張って母に会いに行きたいと思います。
30歳にもなって、早く一人前に…なんておかしいですね。
でも、頑張ります!!
Posted by M子 at 2006年03月08日 15:51
位牌とかそういうものは形だけだと思います。(って怒られそう…)
お母様とお父様のために焼いてもらったお人形の方がはるかにバツイチさんの気持ちを感じてくれるような気がしますよ。
ウチの両親もいろいろだったけど…今は平和で幸せな世界にいるのだと思うようにしています。そしていつもそばで見守ってくれていると信じています。
Posted by puffpuff at 2006年03月08日 15:06
お久しぶりです!
親の離婚かー、オレの親は離婚してんのかな?
なんも教えてもらってないけど別居してます。
パパはたまに遊びに来るし、俺も行っちゃダメよとはいわれないし…
どっちにしろオレは2人がスキだからかんけーないっすよね!
別れがくんのイヤだなー
Posted by Vito at 2006年03月08日 14:42
こんにちわ(^_^
バツイチさんのブログはすごいなぁ。
いっつもいろんな詩といっしょで。
いろいろ考え直しちゃいます。
知らない曲もたくさんですが(;□;
しそ子は今日も元気にバイトでーす!
Posted by しそ子 at 2006年03月08日 14:37
向かい合った焼き人形さんたち
なにをお話しているのか、考えただけで
なんだか微笑んでしまいます

離婚しても親は親

世界にたった一人ずつの父と母

そして自分は愛の結晶

これは永遠に変わらない事実なのですから・・・
Posted by のほほん節約生活 手作りのある暮らし at 2006年03月08日 14:35
お人形の顔が、なんとなく思い浮かんできます。
もしかして、笑っていますか??
違うかな???
Posted by はる坊ママ at 2006年03月08日 14:33
天国では意外と仲良くやっているのかもしれませんよ。
Posted by ITおやじ at 2006年03月08日 14:17
こんにちは!!コメントいつもありがとうございます。
え〜実はブログをもうやめようかと思っております・・・。
今年受験生になり、遊んでいられないのも現状・・・。
両立している方も、もちろんいらっしゃいますが、オィラはそんなに器用ではありません。しかもテスト前になると全くPCに触らないという現状・・・。

そんなのがきっと続いてしまうので・・・。
そろそろやみょうかと思います・・・。
あまり遊びに行く機会もなくなってくると思うので、記事のネタもなぃょうな気がします・・・。
Posted by マリコ at 2006年03月08日 14:03
向き合って話しているようで、
お人形達もお父様・お母様も幸せそうな感じが致します。
きっとみんな向こうで仲良く暮らしていますよ。
Posted by 子と共に育つ親・・・のたわごと:しま at 2006年03月08日 13:25
はじめまして、まめです。
読んでいるうちに、ジーンとしました。
切なくて、優しくて・・・皆が幸せになれれば良いのに
色々な事情から、別れというものもあるんですよね。
その陶芸家さんが作って下さったお人形、見てみたいです(^.^)


今、自分が持たせてもらっている’幸せ’に
あぐらを書いてしまわないよう、大切にしたいなと思いました。

ほんと、素敵なお話をありがとうございました。
Posted by mame at 2006年03月08日 12:42
コメント見ました。
これから読ましていただきますね☆
よろしくお願いします♪
Posted by ふーみん at 2006年03月08日 12:35
たまにはお雛様にお酒をあげてもいいと思いますよ。
きっと喜びます。
お内裏様には何でしょう・・・お茶ですか!?
また姉さんのやさしさとかわいらしさが垣間見えました。
Posted by うさぎ at 2006年03月08日 11:39
バツイチさん、こんにちは!そのお人形は、小さいんでしょうか。何か、
とっても可愛い。。お人形が、互いの方に向いていると聞くのは、始めてです!でも、どう考えても、優しい仕草ではありませんか。。。
そんな風に、ものを見ることが出来るなんて。。お会いしたことは、ございませんが。。。これも、親の愛のたまものでしょうか。。。
Posted by お人形の仕草が可愛くて。。 at 2006年03月08日 11:34
お墓とか位牌とかお仏壇とか・・・、大切なのかもしれませんが、
そんなものでなくても、故人に話しかけると、その気持ちは必ず届いているって聞きましたよ。
でも、焼き人形は、味わい深くていいですね。
Posted by らんちゃん at 2006年03月08日 11:15
うちの両親は子供の前では私が子供の頃は私たち子供の前では決してけんかをしませんでした。夫婦の危機もそれなりにあったのでしょうが、なんとか今に至っています。子供にとっては親が離婚しようがしまいが、ずぅっと親なんですよね。
Posted by ろ妃江 at 2006年03月08日 10:58
夫婦って深いですね
別かれたとしても・・・夫婦だったわけですから
 
亡くなった後は
また・・・仲良く話しているんじゃないですかねぇ
現世でもことが
思い出の笑い話になっているのではないでしょうから
Posted by ぼな at 2006年03月08日 10:47
子どもにとっての親って、何なのでしょうね。別に夫婦でなくても「親」と言うだけで特別な存在かもしれない…なんて考えてしまいました。バツイチさんには夫婦じゃなくても「親」なんだから、きっとそれでいいんだと思います。夫婦でなくとも間違いなく、親子なんだから。。。
時々、前のブログを拝見しています。大好きな中島みゆきさんのものがあったりして、うれしくなったり。どのページもあたたかくて…。また、遊びに来ます。
Posted by しま at 2006年03月08日 10:25
私の両親はいつも子供の心配ばかりしています。
離れて暮らす姉のことをいつも心配しているのですが、私から見るとそんな
ことを心配してるの?というような他愛もないことなんですが。
姉はもう31歳なんですが、いくつになっても子供は子供、なんですね。
もちろん私のことも心配しているようです。
親の心配はちょっと嫌になるときもあるけれど、それだけ子供を愛してくれ
るんだなぁって感じます。
Posted by ゆかり at 2006年03月08日 10:18
これも、愛。すべて愛。それも愛。。。
だけど、たまには、ふりかえりながら、
愛すること、愛されること がつらいと思うことがある。。

だが、愛を 知らない よりはいい。。愛を知らないことが
一番、哀しいと思うから。。世界中に、とどけよ 愛の 思いよ。。
Posted by 簡単ですが。 at 2006年03月08日 10:12
愛とはなんなんでしょうか?恋愛とか、家族愛だけが愛ではないと思いますよ。愛国心も立派な愛だと思いますし、いろんな所に愛は存在しますね。
飯島愛はタレントですが(笑)
Posted by タカワイルド at 2006年03月08日 09:58
俺には両親が健在なんで、気持ちはわかりませんが、両親の大切さは痛いくらいわかります。
万引きをして鬼のように怒られたり、部活をサボっていたら心配して学校までついてきてくれたり…
ホントに親はありがたいです
Posted by ゆきち at 2006年03月08日 09:33
きっとお母様はバツイチさんの想像通り、お父様を責めはしないでしょう。。。
夫婦って深いものだと思います。
Posted by nokonoko at 2006年03月08日 09:14
私の両親は今も健在で、夫婦仲良くやっています。子供の頃からケンカを
しているのを見たことがありません。
夫婦ってそれが当たり前なのだと思っていました。でも、夫婦にも色んな形
があるんですよね。離婚も一つの形だし。
私も旦那とはケンカしたり、色々あるけど、でもやっぱり両親が理想の夫婦です。
Posted by 六花 at 2006年03月08日 09:10
バツイチさん、おはようございます。
きっと、毎日バツイチさんの幸せを願いつつ
お酒を酌み交わしていると思います。
(お父様は注ぐだけかもしれませんが)
'バツイチさんの気持ち''バツイチさんのご両親の気持ち'同じくらい
懐の深いもののように感じました。
Posted by こぱん at 2006年03月08日 08:38
愛ってみえますか?
愛は、何色ですか?
影は、ありますか。。
光は、ありますか。。

愛は はかないですか。
愛って何ですか。。。。

愛することは 簡単ですか。。
何故、 愛が あるのでしょうか。。
答えは、 いらいない。。のですか。
Posted by 紅いような、青いような 愛 at 2006年03月08日 08:37
う〜ん
良い話でした('-')
バツイチさんに取っては両親の離婚は、責任はないですよね。
きっと天国にて二人でバツイチさんの事を話し合いながら、
仲良く見守っていますよ♪
Posted by 踊り子 at 2006年03月08日 08:11
人生って本当に色々な事があるんですね。
あちらの世界に行くと
みんな、許せてしまうんでしょうけれど。
Posted by チロりん at 2006年03月08日 08:10
忘れなければ心の中に生きているって、、臭いかな?
Posted by ポワゾン at 2006年03月08日 07:54
私の両親は80過ぎて健在です。熟年離婚もせず、仲良く(私にはそう見えます)夫婦でずっといます。
そんなお手本を目の前にして、私はどうしたらいいのでしょう…
Posted by △イチおじさん at 2006年03月08日 06:13
>あなたの気持ち次第でいいと思いますよ
幸せに感じるのも不幸に感じるのも自分の心一つの置き所。
ですね。
今の状況に自分の中でどう折り合いつけるか格闘してい最中なのかなと思っています。
励ましのお言葉に感謝です。
Posted by hyohyo at 2006年03月08日 05:50
 見えずとも
      絆はどこかで
            つながるよ (ねこみみ)

 おはようございます☆ねこみみです。コメントありがとうございました。

 どんな事情があっても血のつながりだけは切っても切り離せないんですよね。陶芸の方も断定ではなくバツイチさんに考えを提供でして選択させるというのが良かったと思います。

 見えなくてもどこかで繋がってる。家族の形ですね。
 
 ではまた伺います。ねこでした。ニャン☆
Posted by ねこみみ at 2006年03月08日 04:55
こんばんわー
これからはお母さんだけではなく、お父さんにも色々話せそうですね^^
Posted by はーな at 2006年03月08日 04:11
  おはようございます。
昨日はブログにコメントありがとうございます。
ブログを読ませて頂きました。
情感がしんみり伝わる感じでした。
温かい気持ちをありがとうございます。
Posted by おぐちー at 2006年03月08日 03:58
焼き物でご両親を偲んでらっしゃるのですね・・・。
お姑さんの事では母も苦労していたのを覚えています。
決して口は言わなかった母ですが、
私は祖母を憎んで育ちました。
大人になって父には浮気相手が居た事も知りました。
たまたまうちの両親は別れなかっただけ・・・。
両親の離婚は子供には選べない出来事。
運命って分からないものですね。
Posted by ママ at 2006年03月08日 03:19
お父様とお母様のお人形、いつまでも
大事にしておきたいですね。
実際はそうでなかったとしても
「なかよしでね☆」という思いを胸に・・・。
Posted by こた at 2006年03月08日 03:14
遅れましたが、ブログへのコメントありがとうございます。

見えないもので何かが繋がっているみたいですね。

( *´ω`*)

バツイチ女の独り言さんも。

(●πωπ●)

Posted by kちゃん at 2006年03月08日 03:14
いくら血が繋がっていても 子供には分からないトキがあるもの
それが夫婦の愛だと言われたことがあります。
夫婦にしかわからない 互いにしかわからない愛情。
そんなものが夫婦の中には存在するのだと。

わかるようでわからない…
わからないようで実はわかっているのかもしれないShara.....
Posted by Shara at 2006年03月08日 02:54
 (´Д`;)ヾ コメント
   ∨)    アリガトウゴザイマシタ
   ((

堀内孝雄、懐かしいッスね
小さいときよく聞いてましたw

また遊びにきます(・∀・)
Posted by げん at 2006年03月08日 02:20
感動しました
バツイチさんの優しさや温かさが伝わってきました

僕も両親を大切にしょうと思います
Posted by sho at 2006年03月08日 02:09
僕の子供も 将来 バツイチ姉さんの様に

考えてくれるように 祈ります。

素敵なお話でした。 ありがとうございます。
Posted by hongkong77 at 2006年03月08日 01:57
いいお話デスね!
ジーンときてしまいました。きっと二人で笑いながら昔話をしているのでしょうねバツイチさんも加わり親子水入らずの穏やかな時間が過ごせますように…(^-^)
Posted by のんママ。 at 2006年03月08日 01:54
おかあさまにお酒をあげてください。(^^♪

バツイチさんのお母様は、とってもすてきな、カッコイイ、やさしい(=強い)方だったといつも感じます。バツイチさんもそういうお母様にそっくり(^^ゞ
Posted by joy at 2006年03月08日 01:41
人間の幸せだったり、逆だったりする要素で物質的なもの以外では人間の縁とかですかね。

「愛」の感情がある人間っていうのはある意味生きにくいのかもしれませんが、逆にそれで救われたりなど。

何と書いたらいいか分かりませんが、人間の行動理論に最後は行き着くような気がしますが。

そして「何を、例えば一日分の幸せの対象にするか」で人間変わってきますよね。まだ僕には未熟で分からない部分がありますが、これからの人生で多分ぶちあたるかもしれない事かなと覚悟しました。
Posted by たかおか at 2006年03月08日 01:40
母の8人兄弟のうち1人は母の従姉妹のあきちゃん姉さんといいます。あきちゃんの父は戦後ほかの女性と一緒になり家を出ました。あきちゃんの母さんもあきちゃんがまだ赤ちゃんの時期に他の男性と暮らしまだ幼いあきちゃんを柱にくくりつけて家事をしました。あきちゃんがあまりにふがいだと思ってか母の兄弟の家に預けられて成人まで育ちました。あきちゃんは他の兄弟に遠慮して育ちました。あきちゃんの父と母は離婚してそれぞれの家庭を持ちました。あきちゃんは結婚をして4人の子供ができました。私が中3の頃にあきちゃんは他の男性と一緒になり離婚をするとき母の兄弟で親族会議をしました。母があんたも親と同じ事をするんかと叫びあきちゃんに盃を投げ顔に当たった記憶が頭に焼きついています。
あきちゃんは離婚をして次の男性とも離婚をしています。いまは新しい男性と幸せをつかみました。
Posted by タジイの気楽日記 at 2006年03月08日 01:39
お久しぶりです。nomakoroです<(_ _)>
HN変更で、ronasoraになりました。(o*。_。)oペコッ
URLも変わりました。

私は、先日離婚が成立しました。
親権は私の方になりましたが、母と子の繋がりは
ずっと消えないものですよね。一時は、無理矢理
強引に引き離そうとしていました。憎しみを込めて...。
でも、やがて憎しみは消え、目の前の"形"じゃなく
もっと大事な"形"がある事を気づきました。

バツイチ女さんの今日の日記...。心に染みます。
Posted by nomakoro at 2006年03月08日 01:39
「一日分の幸せ」ってどれくらいなんだろうって思いました。毎日少しずつ増えていったらいいのにな*
Posted by よこ at 2006年03月08日 01:27
きっと素敵なお人形さんなのでしょうね。
お二人の人形とバツイチさんの家族団らんが見えてくるようです。
いいお話をありがとうございました。

Posted by のんき♪ at 2006年03月08日 01:25
こんばんわ。
バツイチさんの”かか様”は凄く素敵な方なんですね。
(そう、感じてなりません)
離婚って、”大人の勝手な事情”ですが
子にとっては、永遠の”親”ですものね。

自分も”x一”だからって訳では、ありませんが
人間って生き物は、感情があるから
楽しくも・辛い出来事もあるんですもんね。

きっと、ご両親も天国で
痴話喧嘩しながら、”バツイチさん”の思い出と
今の姿を、笑顔で語り合ってますね♪
Posted by キラキラEVERYDAY at 2006年03月08日 01:18
こんばんは。

最近はサボリがちですが、家族をテーマにしてシリーズ物のブログを書いている私としては、なんだかジ〜ンとしてしまいました。
Posted by あんこ at 2006年03月08日 00:56
ううぅん
おいら12年前家内と離婚しています
子供は家内と〜長男は高校入学と同時においらと暮らしています
娘は家内と〜
やはり〜心痛みます
今も家内や長女とは行きしています〜
これから先は不透明
自然に無理なく
子供達も自然に
今は、家内と子供達に感謝です
Posted by 赤ちょうちん at 2006年03月08日 00:39
きっと、バツイチさんには、お父様、お母様の、いろんな声が聞こえているんでしょうね

人形が喜んでいる姿が目に浮かびます
Posted by かず at 2006年03月08日 00:34
うちの両親は今でこそ仲良くしていますが、
昔は子供の前で喧嘩を平気でしていました。
離婚するという決断もあり。だと子供ながらに思ったのを覚えています。
離婚したとしても、自分の親であることは変わらない。と
強く信じていたのだと思います。
Posted by こころのぼやき at 2006年03月08日 00:31
こんばんわ^^

向き合った焼き人形(?)いいですね^^

陶芸をやっている方の言葉も何か来るものがありました。

なんだか実家に帰りたくなってきました。
Posted by Sugi at 2006年03月08日 00:30
こんばんは。

始めたばかりのブログに来ていただき、コメントまでありがとうございます。

子供からすれば、いくつになっても両親には仲良くしててほしいですよね。
Posted by blue at 2006年03月08日 00:29
いつも読ませて頂いてます☆彡
離婚したとしても両親は両親です。このブログを読んで2人ともきっと優しい方だったんだなぁ。。。っていつも思います(^-^)
Posted by ひみ at 2006年03月08日 00:25
バツ姉さま・・・(⌒―⌒)ニコリン♪

と、こんな顔して読んでました。
姉様らしい優しさかな と思っていたり♪
Posted by 銀我【ぎんが】 at 2006年03月08日 00:22
こんばんは

こんな最初の方にコメントかけるなんて興奮しちゃいました!
Posted by きょうこ at 2006年03月08日 00:18
こんばんわ。
私も両親の離婚で写真すら残ってません。
旦那も見た事がなく…再婚はしませんでしたが、手元に写真1枚くらいは持っていればよかったです。
Posted by 染麗 at 2006年03月08日 00:01