バツイチ女のひとり言:優しい陽射し

2006年03月18日

優しい陽射し

”優しい陽射し”
それはわたくしにとってうちの息子殿です。




過ぎ行く日々の中で 寂しくなる君は
うつろう心の理由に一人唇 噛み締めている♪
 (尾崎豊  唄  優しい陽射し)



わたくしが元夫のもとを去ったことにより
息子殿がしばらく父親に会えなくなったのは彼が2歳半の時。
6歳になってからは2度と会っていません。
夫として・・男としてはともかくとして
元夫は息子殿にとって優しい父親だったと思います。



父親と会わなくなってもう19年近くなるのですが
息子殿が父親のことを口にしたのは
わたくしの知る限りはたったの2回です。
知る限り・・というのはわたくしには言えなくて
祖母であるかぁさんには言ったかもしれないから・・



1度目はまだまだ4〜5歳の頃のこと。
わたくしとかぁさんと3人でいる時に

★ ねぇ〜 まぁーはもうおりこうさんになっとらすかもよ
  ねぇ〜 おりこうさんならおいでって言おうかぁー ”
 (まぁーとは父親の愛称です。まさと・・だったので)



父親は何か悪いことをわたくしたちにしたから
一緒にいられなくなったのだと息子殿は解釈していて
もうおりこうになっていたら呼んであげようと言いたかったらしい。
子供としてなんていじらしい想い。



2度目は小学5年の頃の年末のこと。
わたくしの元カレとドライブ中でした。
そのカレの仕事関係の大工のお兄さんも同乗していて
突然にお兄さんに向かって


★ ケンスケのお父さんはね○急便でどっか行ったとよ



わたくしは思わずドキッとしました。
元夫は別れる前はトラックに乗っていて
息子殿は○○急便を○急便と勘違いしてる様子でした。



父親はトラックでどこかに行った・・
そういう印象を抱いて息子殿は生きてきたんだとわかりました。
ただその言葉はわたくしに向っていなかった。
大工のお兄さんに聞かせた言葉だったのが
今でもわたくしの心にひっかかっていますが・・



◆ あ〜ん・・そうね・・どっか行きんしゃったとね・・?



お兄さんは軽く交わすしかなかったようでした。
息子殿もそれ以上のことは言いませんでした。




想い出が静かに 心包むから
夜に身を委ねて 心偽らず安らかに
何も悲しまないと 暮らしを彩れば
きっといつか 答えは育むものだと気付く♪




それからは2度と父親のことは口にしません。
何の質問もありません。
きっとそれはわたくしに対しての息子殿の精一杯の
優しさ・・思いやりではないかと感じています。



わたくしが困るから・・・
わたくしが哀しむから・・
そう思っているのではないでしょうか?



わたくしは息子殿の優しさに救われています。
母親が息子殿の想いに甘えて生きています。


わたくしが自分の気持ちのまま走ってゆけるのは
あなたのおかげです。

ありがとう!!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/net_i5750/50370042
この記事へのコメント
お久しぶりです。こんにちは、雛子です。
すっかり、春になりましたね。

モモさんには、とっても大きな愛があるんですね。
愛のある場所に愛が育つのだと思います。

人を思いやる気持ちって、行動にすると難しいものですよね。

そんなことをモモさんのブログで気づかせていただきました。
感謝です!
Posted by pyopyo115 at 2009年04月15日 11:36
はじめまして、私の初ブログに最初にコメントをくださり
ありがとうございました<m(__)m>

まだ右も左もわからないまま、うろうろしている時の初コメントに
とっても感激しました。

こちらにおじゃましてあたたかな文章とやさしい目線に
心が安らいだ気がします。

またおじゃまさせていただきます。

これからもよろしくお願いします(*^_^*)
Posted by h12yk88wf at 2009年02月19日 07:20
こんにちは(^^)
失礼おばおば いたし候・・・
<なんのこっちゃ?!>
またまた お邪魔させていただきました。
ケロもモモさんのような温かい人になりたいです。
Posted by ケロリン at 2007年05月14日 17:11
ケロリンさん

コメントありがとうございました。
よかったら今度来てくださる時には
そちらのブログのURLを忘れないで貼っていってくださいね。
よろしくお願いします。
Posted by モモ at 2007年05月14日 12:16
なんだか じぃ〜ん ときました…
Posted by ケロリン at 2007年05月13日 21:59
息子さんもあなたの優しさを感じていると思いますよ〜♪
お互いに支え合っているんですね♪
Posted by West Villageの住人 at 2006年03月20日 12:09
「桜を一緒に見たいな。」です。
ひとつ上のコメントでしたね・・・すみません。
Posted by ココペリ at 2006年03月20日 00:28
今、私のおばあちゃんは膵臓癌と闘っています。
点滴だけの栄養(手術ができず食事がほとんどできません。)で頑張っています。「自分の為に頑張る」と言う、おばあちゃんの生命力はすごいです。
毎週1回、看病に通い約2ヶ月がたちます。
桜を一緒ににたいな〜・・・。
Posted by ココペリ at 2006年03月20日 00:21
やさしいセガレですね、きっと、母さんの心境は自分なりに子供なりに理解していただろうね。母の意に沿わないと と頑張っただろうね。話を聞く限り本当にたくましい彼です。
Posted by もとよし at 2006年03月19日 22:37
こんばんは、いつもコメントありがとうございます。

今回の記事にはちょっと感動してしまいました。
子供は子供なりに、いろいろなことを考えているんだなって。
それはきっと、バツイチ女さんの愛情がちゃんと伝わっているからこそ「母親を気遣う」感情が芽生えたんだと思いますよ。

偶然にも私がブログで書いた記事内容とテーマがちょいと重なりましたが、いただいたコメント、まさにその通りですね。
Posted by square at 2006年03月18日 23:53
はじめまして。
すごく感動しました。また寄らせてください。
Posted by izm at 2006年03月18日 23:49
私は逆で、父がいなくなってから母から父の悪口や文句を聞いた事がありません母はどんな思いで子供達を育てて来たのだろう?と思う時があります。
今、私は小さな小さな娘の愛に甘え救われています。
Posted by のんママ。 at 2006年03月18日 23:24
そういう事があると、胸がぐーっとなります。

子供とかじゃないですが、親や友達とか、祖母とかが、私にいろいろあったことをわかっているし、わかっていると思うのですが、そこには触れずに、普通に接してくれたり、やさしくしてくれると、ありがたさと申し訳なさで泣きそうになります。

これから、恩返しとかしていこうとは、思ってるのですけどね
Posted by ラスク at 2006年03月18日 22:51
私は15歳で父と別れました。
20数年後の再会は葬式でした。…父本人の。
私も母に父の事はあまり聞きませんでしたね。
何故かと問われると答えに困りますが…
Posted by 染麗 at 2006年03月18日 22:50
お久しぶりです。
子供は誰に言われなくても「ふれちゃいけない事」ってのはわかってるみたいですね。私の甥と姪は母親がいないのです。弟が二人を引き取って、ばあちゃん(私の母)が面倒みてます。二人とも母親の事にはふれませんね。まだ小さい時に母親が出て行ったので姪っ子は顔も忘れてるみたい。
Posted by きよりん at 2006年03月18日 22:41
子供の力は偉大ですね。
本当に力のもと。ゲンキのもとです。
Posted by tommy at 2006年03月18日 22:31
こんばんは☆
何だかジーンとしてしまいました。
すごく優しい息子さん、その息子さんを育てたバツイチさんは
素晴らしい女性だな・・・と思いました。
Posted by ゆみ☆ at 2006年03月18日 22:23
優しい息子さんですね。
そして息子さんへ、あなたのおかげですと語れる
バツイチさん、とても素敵です。
Posted by ワンコママ at 2006年03月18日 22:02
こんばんは(^-^)v
おじゃまするのが遅くなりましたo(_ _*)o
尾崎豊は私も好きです☆
私の好きだった女性が好きでした。
一緒に元気に生きていきましょうー!!
Posted by ぴかちゅー at 2006年03月18日 21:36
すいません。来ていただいたのに、お茶(投稿)も出てませんで、お恥ずかしい限りです。そして、ありがとうございます。そろそろ今日は投稿しようと思ってました、マジで。何事も継続は力なりですね。人って全て、人によって生かされていることを実感します。特に自分の子供には素直にありがとうって思います、最近特に。何故最近なのか?それはやはり、苦しい時にしか気が付かないからかな、そのありがたみを。ということは、今の状況に、感謝しないといけないですね。前を見て生きましょう。
Posted by ナナコ at 2006年03月18日 20:49
僕のブログに来て頂きありがとうございます(^-^)。
やさしい息子さんですね。バツイチ女さんもやさしい息子さんに育てるのは大変だったと思います。
これからも頑張ってくださいね。
そうそう、尾崎豊がすきなんですか?僕は尾崎豊が好きです。
Posted by ふみ at 2006年03月18日 20:35
お母さんと可愛い男の子!いいですね。
最近のぎらぎらした親子の事件!ゆっくりした時代に戻るような気がしました。
Posted by hontino at 2006年03月18日 20:28
えーとblogに来てくれてありがとうごさいます(゚-゚)
歌の使い所がなかなか好きですよ(^O^)
また遊びにきてくださいね!
何事も物事の単純化をできればいんですけどなかなか難しいですよね(~_~;)
相談のれる事あれば解決出来るかわからないですがそれなりに単純化をしてあげますo(^-^)o
それでは!
Posted by コイタロウ at 2006年03月18日 20:27
ありゃ・・・こっちは晴れてたんですけどねぇ^^;同じ日本でもかなり天候はちがくなっちゃいますね。いざ、出掛けようって日に雨は嫌なもんです・・・;;

明日こそは晴れると信じてっ
Posted by NishiNa at 2006年03月18日 20:23
コメントありがとうございました。

主人も母子家庭で育ちました。
小1で離婚したそうです。
父親に対しての気持ちを聞いたことが
ありますが、すごくあっさりしてました。
父はいなくても母や周りの人に愛され、
素敵な男性に成長しましたよ。
きっと、息子さんも♪



Posted by あやや at 2006年03月18日 20:16
素敵な母親思いの良い息子さんなんですね。
本当に優しいのだな、と感じます。
一緒にいなくても優しさを感じる事がたくさんある
のでしょうね。
私も子供を育てていて、そういう風に育ってくれたら
いいな、と思います。
が、なかなか、そういうわけにはいかなくて・・・
Posted by スズランラン at 2006年03月18日 19:08
お母様思いの心のやさしい方ですね。
さすが、バツイチさんの息子様だと思います(^^)
Posted by 苺みるく at 2006年03月18日 19:04
子が親を思う気持ち、親が子を思う気持ち。(笑)
どちらか一方が大きいなんてありえない!と、思いたいですね。
Posted by kira at 2006年03月18日 18:21
息子さんと素敵な関係をお持ちですね。

親子できちんと愛情表現や、
コミニュケーションを築いているのって
とっても素晴らしい!と思います。^^

Posted by チロりん at 2006年03月18日 18:21
すごく優しい息子さんですね…。私もぉ母さんにぁりがとうって思われるょぅな娘になります!!
Posted by com at 2006年03月18日 18:15
バツイチさんの優しい気持ちがちゃんと息子さんに伝わっていたから、素敵な親子関係でいられるんでしょうね〜(⌒_⌒)

私はどうなんだろう。。親に優しく接しているだろうか。。と考えさせられました。
Posted by さぶちゃん at 2006年03月18日 18:02
親孝行な息子さんですね。
バツイチさんの優しさが伝わったのだと思います。
Posted by ☆SEIKO☆ at 2006年03月18日 17:38
こんばんは。
息子さんを、そんな優しい子供に育て上げたのはバツイチさん。
きっとバツイチさんも優しい方なんでしょうね。
Posted by ひまわり at 2006年03月18日 17:38
私にはまだ子供はいませんが、親は「親」という生き物で、天の邪鬼な私は真剣に感謝を伝えるのは恥ずかしい気持ちがしてしまいます^^;
でも世界で一番親に感謝していることは変わらない事実で、ここを見て親が子供に感謝しているということを知って、心がくすぐったくなりました(*^^*)
Posted by 緒方gabriel at 2006年03月18日 17:30
そんな素敵な息子さんに育ったのは、バツイチさんが優しい心を持って育ててきたからではないのでしょうか?
うちはやっぱり私の粗雑さが影響してしまった様に思います・・・
今、息子さんとはどんなやりとりをしているのか、知りたくもあります
Posted by ミチ at 2006年03月18日 17:16
久々訪問です

子供って何もわからないと思っているのは
親だけかもしれませんね〜
以外に親が考えているよりも
大人なんですよね^^;

いつか息子さんと昔のことを
いろいろ話せる日がくると思います。
Posted by やしち at 2006年03月18日 17:15
子供は、母親の気持ちを敏感に感じ取る力があるのだろうと思います。
小さくても、そういう気持ちや感性がちゃんと備わっていることはすごいことだなぁと思います。
いつか、その頃のことを息子さんと話せるときが来るんでしょうね。。。
Posted by つるこ at 2006年03月18日 16:55
バツイチさんが一生懸命生きてきたことを
一番知っている息子さん。
きっと親思いのとっても優しい方なのでしょうね。
読んでいて、僕は親にどれだけ優しく接してきたのか、
どれだけ感謝してきたのか、ついつい考えてしまいました。
Posted by けんぼー@北国 at 2006年03月18日 16:42
子供の存在って大きいですよね。
私も子供の笑顔に救われる事、たくさんあります。
私が子供達を守っているのではなく、実は私が子供達に守られているのかな
・・・と思う事もよくあります。大事な宝です。

バツイチさんの息子さんも、頑張って生きてきたお母さんの後姿を見てきたからこんなに優しい人になったのでしょうね。
Posted by YOU at 2006年03月18日 16:35
バツイチさんは 息子さんが心の支えだったのですね。
人間は 何か生きがいがないと 生きていけないそうです。
バツイチさんにとって 息子さんは 心の支えと同時に
生きがいでもあったのでしょう。
頑張って生きてこられたのは 息子さんのおかげ。
やさしい息子さんでよかったですね。
Posted by リョウ母 at 2006年03月18日 16:30
訪問、コメントありがとうございました。
まだ始めたばかりで不慣れですが、
ブログ続けられたらいいな〜って思ってます。

お母様思いの息子殿に、息子思いのお母様ですね。
息子殿に感謝するお母様の心はステキです^^

そして、九州弁(ですよね〜?)。。。なつかしかぁ。。。


Posted by ぐう子 at 2006年03月18日 16:25
実に素敵な息子さんですね!バツイチさんの愛情を息子さんはしっかり受け止めてくれているみたいです。わたしが仕事に就いていたころ、若い親子と接する機会がよくあったのですが、母子家庭やその他いろいろ複雑な事情のある家庭って意外と多いのに驚きました。でもそんな中でもバツイチさんのように理想的な親子関係を築いている家庭もあるんですね。仕事してた頃知り合ったいろんな親子を今回のブログみて久しぶりに思い出しました☆ミ
Posted by ろ妃江 at 2006年03月18日 16:16
こんにちは。
1981年生まれのふっきーです。
今日も雨で寒いですね。

子供は大人が思っている以上に幼いながらも、きっといろいろな事を感じ、考えているのだと思います。

僕と同い年であろうバツイチさんの息子さん。
僕とは違い、とても優しい穏やかな息子さんなのですね。
僕も見習わねば!
Posted by ふっきー at 2006年03月18日 16:12
優しい息子さんで良かったですね。
もちろんそうなるように育てたのはバツイチさんなんですけどね。
きっと、バツイチさんの愛情を感じて大きくなっれたのだと思います。
母の愛っていいですね。
私も最近になってようやく、
自分がお袋の愛情の中で成長したことを感じ、感謝しています。
Posted by ひで次郎 at 2006年03月18日 16:04
訪問、ありがとうございます。

お言葉使いからして、九州の方かな?と思いました。

ボクは、長崎出身なんですよ!

これからもよろしくです。
Posted by f-i at 2006年03月18日 15:47
訪問ありがとうございます♪
はい、自慢は出来ませんが、彼が2人いました

・・・私の周りに沢山、母子家庭の方がいます。
離婚して夜の仕事を始めたというホステスさん結構多いです。

父親の分まで母を守ってあげなきゃときっと強く育ってきたんやろね。
でもいつか素直に父親のことを聞いてくれる時が来るといいですね。
Posted by 苺ちゃ at 2006年03月18日 15:29
こんにちわー
私も両親が幼い頃離婚しているのですが、そういえば母に父のこと聞いたことが
なかったですね。(子供の頃は)
母が一人で3人の子供を育てるのはそれは大変だったと思います。
一人で母親も父親もこなして行かないとと思っていたのでしょう。
そんな母の背中を見て育ったので、聞けませんでしたね。
私が父のことを聞いたら母は「やはり父親が必要かしら」と思うのではないかと
思ってしまい、聞けませんでしたね。
実際、私は母だけでも充分幸せでしたし、父が欲しいと思った事はなかったなぁ。
今の歳になってやっと母とお酒を飲みながら昔のことや父の事を話したりします。
Posted by はーな at 2006年03月18日 14:54
男の子が、何気なくしてくれたことに・・・
バツイチさんと同じく母である私は、
じわ〜と、感動とかしています。
息子が、大きくなって一人暮らししたら、気が抜けそう???
Posted by Kun at 2006年03月18日 14:10
コンチヮ―――――――――ヽ( ´ー`)ノ
息子殿はバツイチさんの宝物なんですね。。
なんだか母親思いの良い息子さんなんだろうなぁ
という気がひしひしと伝わってきます。。

いつしか息子殿がバツイチさんの翼となって影日向に
支えてくれるようなほのぼのとした感じで なんだかとても
春めいた気分が一杯になります

こちらはさくらの開花が早まって22日になりそうですが
そちらはどうですか。。
Posted by ひろし at 2006年03月18日 13:48
 すみません2度目のねこです。

 誤解させてすみません。バツイチさんは全然今回のことには関係ないですよ。私の他の方への対応や発言、または言われたことで思うことがあったのでしばらくは休業、というか閉鎖しようかなと。

 考え過ぎって思われるかもしれませんが、最近、お客様が増えたことで句や歌もきちんと詠む時間がなくて「短歌のイメージが消えた」ってあるチャットで言われたのも一つの原因ですね。ほかに3つの原因があるので今回はちょっともう上がれないかなぁ・・・。
 もちろん状況によって急上昇もあるんですけどね・・・。

 すみませんお忙しいのところ私なんかにお時間をとらせてしまって。
 では・・・。
Posted by ねこみみ at 2006年03月18日 13:33
また、お邪魔してます。貴方のブログはとっても心が洗われるようでほっとします。
息子さんとバツイチさんの親子関係、素敵な絆でつながっているんですね。
私はどうなんだろう。少し考えさせられちゃいました。
Posted by 小太郎 at 2006年03月18日 13:05
素晴らしい
      母親想いの
           息子殿 (ねこみみ)


 こんにちは☆ねこみみです。コメントありがとうございました。バツイチさんだけです、冷たいっていうところに反応してくれたのは・・・。たぶん皆さんもどこかで思ってるんでしょうね(苦笑)。私自身が一番思ってますから、人に冷たいって。たぶん状況によってはこれが最後のコメントになるかもしれません。バツイチさんのせいじゃないので誤解しないでくださいね。あくまでも私が悪いんです。

 また落ちたままコメントするのはマナー違反になるので切り替えますね。

 息子さんはバツイチさんの強いところを受け継いでるんですね。そして優しいところも。母親と息子だから、やっぱり息子さんは「俺がしっかりしなきゃ」って思うんでしょうね・・・。

 ねこでした。ありがとうございました・・・。
Posted by ねこみみ at 2006年03月18日 13:03
どこまで親を気遣って生きてきたのだろうか、私は。
反省、ですな。
Posted by love-jack at 2006年03月18日 13:00
息子さんと2人でお父様のことについて思いっきり話す機会は
できるんでしょうか?
触れない優しい息子さん・・・。
でもいつかきっといい思い出も2人で語り合って欲しいです。
生意気なことを言ってしまいましたが。
Posted by 子と共に育つ親・・・のたわごと:しま at 2006年03月18日 11:33
親と子は言葉にしなくても分かっている部分があるんでしょうね。
やっぱり見えないところでお互いに支えあって生きてるんですね。
Posted by たっち at 2006年03月18日 10:50
自分も親孝行出来る人間になりたいですね!

あとカプセルホテルは暑いし狭いしうるさいし・・・

泊まらない方が良いですよ!
Posted by KAZU at 2006年03月18日 10:39
子供って大人が思っている以上に、世の中を見ているし、生きる力を持っている気がします。

Posted by 貧乏OLあこ at 2006年03月18日 10:33
親子に勝るものはないですよね。
コメントありがとうございました。ココロにいつもつぶやいていこうとおもいます。
Posted by nokonoko at 2006年03月18日 09:57
はじめまして。
昨日は私のところへ遊びに来てくださってありがとうございます。
すこしづつ私もお邪魔させてくださいね。
Posted by かっか at 2006年03月18日 09:44
素晴らしい息子さんですね。
私の場合の
”優しい陽射し”
私も息子(わんこ)ですかね。
Posted by simis at 2006年03月18日 09:36
お久し振りです!
息子さん 優しいですね。
家の場合 もう大きかったですから 私が、父親を非難するととても嫌がっていました。それから 月日は経ち・・・ 娘 息子達もそれぞれの生活。
私に内緒で父親と交流していたようですが、最近 大きな裏切りにあったようで、 持って生まれた性格は 変わらないのかなあ〜。無口な息子が嘆くのを聞いてしまいました。バツイチさんは何事も一生懸命!それが 息子さんへ何よりの 贈り物だと思います。 
Posted by も〜も at 2006年03月18日 09:32
私の両親も私が19歳になる2ヶ月前に離婚しています。末妹も当時中学1年生(間の妹は高校1年生)でしたが三姉妹とも冷静でした。ご子息も家庭を持ったらきっと幸福なご家庭にされる事でしょう。子供って知らないようで何気によく知っていたりですよね。。。
Posted by りこ at 2006年03月18日 09:11
息子くんはこのブログ知ってるんでしょうか?
もし見ていてくれてるなら、きっと息子くんに思いが伝わっていると
思います♪
Posted by 六花 at 2006年03月18日 08:49
息子さんは俺と同じような年代の方なんですね。俺は父親とあまり接することなく育ってきました。仕事が忙しく、朝は俺が起きるより早く出勤し、夜は俺が寝てから帰宅するという感じでした。
だからでしょうか…今でも少し父親には距離を感じています。何か家にいるのが不自然な人だと思ってしまっているんです。何とかしたいですねぇ…
Posted by ゆきち at 2006年03月18日 07:51
息子さんもきっといろいろ考えることはあったんでしょうね。
僕も両親が離婚しているので少し判る気がします。
Posted by ITおやじ at 2006年03月18日 07:23
息子さんは、結婚したらいい家庭を築いていくと思います。
そんな気がします、楽しみですね。
Posted by △イチおじさん at 2006年03月18日 06:21
息子さんの記事を見て毎回思うのは、やはり自分の子供のこと。
将来子供たちは、何を思い、何を考えるだろうかと・・・
胸が張り裂けそうになります。

独立しているので特に「休み」ってのはないのですが
今は自分で自分を派遣しているような仕事の形態なので
出向先の休日に合わせることになります。
Posted by hyohyo at 2006年03月18日 05:22
自分が昔子供のころ、母に対して
やさしさを思ってはやれなかったですね

今は悪態はしてしまいますが母には感謝してもしきれないです
私もこれからはそんなやさしさを持ちたいですね
Posted by M at 2006年03月18日 04:27
心の支えになってくれる息子さん。
言葉には出来ない尊い存在ですね!
Posted by ママ at 2006年03月18日 03:57
Sharaも両親から 少しでもそう思っていてもらえたらいいな…
と 思ってしまいました。。。
Posted by Shara at 2006年03月18日 03:53
いつもこのブログを見て思うこと・・・。
どうしてこんな文章が書けるんだろう(もちろん良い意味でですよ!)。

いつか自分もこんな風に書けたらいいな、と思います^^。
Posted by at 2006年03月18日 03:44
バツイチさん、こんばんは。
息子さんはお母さんのことが大好きで
息子さんなりに精一杯お母さんのことを守ってきたのですね。
そんな息子さんを支えていたのはバツイチさんなんですね。
Posted by こぱん at 2006年03月18日 02:56
子供は子供なりにキチンと解っているのでしょう

ただそれを表現できないだけ

タジイさんのコメントには身につまされましたけど
Posted by hongkong77 at 2006年03月18日 02:33
息子さんの無邪気な笑顔と優しさが伝わってきました。

子供どころか結婚もまだの私なので、子供視点で思ったのはなんかバツイチさんとを守りたいなぁって気持ちですかね。
偉そうなこといっててたいそうなことできるわけじゃないんですが。
Posted by aya at 2006年03月18日 02:11
めちゃ母さん思いの優しい息子さんに恵まれて幸せが伝わってきそうです。子供にとって母の存在は父よりも大きいと感じます。友人はオカンが死んだらショックでどないしたらわからんやろなあ、せやけどオトンが死んでもそんなにショックは少ないやろなあって言ってます。この友人は極端かもしれませんが、母のほうが父より話しやすく距離も近い方は多いと感じます。父は外で働いていて話す回数も圧倒的に母より少ないからかもしれません。父への相談は母経由で伝わることさえあると思います。会社では残業をしたり仕事で悩んだり何かと父の苦労は多いと思います。男はつらいですねえ。
Posted by タジイの気楽日記 at 2006年03月18日 01:49
バツイチさんの息子さん、優しい陽射し、そのものです。
バツイチさんを照らし、光合成させているように感じました。
素晴らしい息子さんです。
Posted by ぶんぶんママ at 2006年03月18日 01:35
息子さんもバツイチさんもお互いを支えながら生きているってかんじですね。お互いがお互いのことを思っていて親子であってもそういう関係を築けているのは素敵ですね。
Posted by こころ at 2006年03月18日 01:34
息子さんはバツイチさんの事を大好きでちゃんと守ってくれてるんだろうなぁ〜って気がしました
バツイチさん自身が幸せでいる事が息子さんにとっての幸せ、逆もまた然り。。。愛があるからこそです
私も息子が欲しくなりました。。。(*^_^*)
Posted by めぐみ at 2006年03月18日 01:28
息子さんの心の言葉、
いつか聞けるといいですね
Posted by かず at 2006年03月18日 01:23
こんばんわ。
優しい息子さんです!
この親(バツイチさん)にして”この子あり”ですね♪
最初の時は、まだ小さかった分”素直な気持ち”を
感性で発したのでしょうね。

2回目の小学生の時は、母を思う気持ちが
他人ながら、伝わってきました。

バツイチさんの息子さんの様に、自分の子も
育って欲しいです。
Posted by キラキラEVERYDAY at 2006年03月18日 01:21