バツイチ女のひとり言:さくら

2006年04月09日

さくら

今日はわたくしの親子ごっこのお相手・・・
ママと一心行の大桜バスツアーへ出かけました。



ツアーのメインの目的は熊本県の南阿蘇白水村に息づく
推定樹齢400年の桜の木です。
阿蘇の山奥で広大な田畑の中に堂々と根付く一本の大きな桜。
その姿はわたくしが過去の記事””で書いた、
例えるなら男性が桜の木で女性が竹だというお話。
(記憶にない方は是非読んでください)
それを思い出させてくれました。





さくらさくら 今 咲き誇る
刹那に散りゆく運命と知って
さらば友よ旅立ちの刻 変わらないその想いを 今♪
 (森山直太郎 唄  さくら)





昨年の台風により彼(桜)は老体に傷を負ったらしいのですが
それにも負けずに膨大な数のわたくしたち観光客を
優しく・・快く迎えてくれてるように見える彼の姿に
男性としての頼もしさと・・・なぜか切なさを感じました。




およそ400年もの永い間・・・彼はここに立ち、
この土地で生きるひと、動物、草花・・そのすべてを
あの優しい眼差しで見守って生きてきたのでしょうか?
そしてこれからも・・・



それを思うと・・
出来れば大切なひとには永遠に生きて欲しいと願う、
その気持ちと同じ想いを彼に対して感じている自分がいました。





どんなに苦しい時も 君は笑っているから
挫けそうになりかけても頑張れる気がしたよ♪

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/net_i5750/50396293
この記事へのトラックバック
 イギリスのロック(以後UKロック)について。  UKロックはいつだって時代の最
はかなき時代の最先端【ぱ??まねんとヴァケーション】at 2006年04月10日 04:12
この記事へのコメント
Good design!
Posted by Otto at 2006年05月30日 15:15
この日、私は誕生日でした。

私の住んでいる地域は、年々、大好きな桜が咲くのが早くなってきていて、私の誕生日の頃には、既に半分くらいは散っているので、少し寂しいのですが、桜の散る姿もまた、美しいものです。
バツイチさんのごらんになった、樹齢400年という桜、その生命力が実感できそうですね。私も見てみたいです。
Posted by MIKA at 2006年04月15日 22:14
力強い桜の木ですね〜(*>_<*)!
素晴らしいです。年齢を重ねた樹は、年齢を重ねた人と同じで
深いですね・・。
Posted by mika at 2006年04月14日 21:14
雄大な桜ですね。桜は全身で春の喜びを表現しているようで、見ていて幸せになるので大好きです。(*^_^*)
Posted by らんちゃん at 2006年04月14日 18:12
貴方のブログを見て共感しました。
ブログを続けるのは大変ですよね。
私は更新時間が無く、続けるか続けないか?
迷っています。
私のブログを見て貴方の感想を聞かせて下さい
宜しくお願いします。
Posted by 共感しました at 2006年04月11日 16:37
貴方のブログを見て共感しました。
ブログを続けるのは大変ですよね。
私は更新時間が無く、続けるか続けないか?
迷っています。
私のブログを見て貴方の感想を聞かせて下さい
宜しくお願いします。
Posted by 共感しました at 2006年04月11日 16:35
一心行の桜見てみたいんですけど、なかなかタイミングが・・・。
大きな木って桜に限らず大好きです^^
圧倒されてしまいますよね。
Posted by はーな at 2006年04月11日 16:35
樹齢400年ですか!
ウチの主人にも400年はムリですが、長生きしていてほしいものです。
Posted by なごやん at 2006年04月11日 12:04
うわ〜!!すごい!!
こんなに素晴らしい植物があるんですね〜!
ここまでくると威厳があり いろんなことを静かに語ってくれてるように 勝手にいろいろ感じます!
ばついちさんのようにうまく言葉にできないけど バツイチさんが感じられたこと 私も同じように感じます。
いつまでも 語りかけてほしいですね☆
Posted by ままんご at 2006年04月11日 09:13
こんばんは。
コメントありがとうございました。
気にかけてくださり大変嬉しく思います☆

一心行の桜、凄い存在感ですね。
樹齢400ねん。
その桜は同じ場所で400年もの間、いろんなものを見てきたんですね。
桜の花は華やかでもありますが、何処か切なげでもありますね。
特にこの大桜、周りに桜が無いように見えたのでなおさらかもしれません。
散りゆく姿の儚さがより一層強く感じられるのかな。


Posted by みつ at 2006年04月11日 04:08
樹齢400年か〜。関ヶ原の戦いの頃から、ずっと見てきているのですね〜。すごい。今年のお花見、まだですよ。来週にはようやくかな!
Posted by なお at 2006年04月11日 02:19
こんばんは。コメントありがとうございます。一心行の桜、以前ニュース番組の全国の桜紹介で見ました。近くまで行ったこともありますが、花を咲かせている姿を一度見たいものです。400年に比べれば、人間の何十年はあっという間ですね。それなのに、いろいろ悩みますね〜。広い大きな眼でみれば、いろんなこともちっちゃなことなんですよね、ホントは。
Posted by ルンルン at 2006年04月11日 00:01
桜・・・400年もの間、時の移り変わりを見てきたんですね。
400年という数字。
それに比べると人間の一生はなんとはかないものでしょう。
自分が生きて、どれだけのことを伝えて、
どれだけのことを残せるか・・・
後悔しない毎日を、大切に毎日を、生きたいですね♪
Posted by チイコ at 2006年04月11日 00:01
樹齢400年の桜の木ですか。すごいですね。
今でも立派に咲き誇ってほんとに見事です。
広いところに1箇所だけあるというのもすごいですね。
良いお花見をさせてもらいました。
桜と竹のいい話、納得です。
Posted by poku at 2006年04月10日 23:49
大切な人にはいつまでも生きていてほしい。
本当にそうです。旦那さまにも家族にも。
みんなでずっと一緒にいたい。
でもそうならないことをわかっているから
人を愛することがでいるのでしょうか。。。
Posted by こころ at 2006年04月10日 23:49
バツイチさん遂に花見に行って来たんですね。
大きな400年もの間咲いて来た桜の木は素晴らしいですね♪
バスツアーで一度見に行きたいです。

気分転換でテンプレートを変えましたので驚かないでねー!
Posted by 踊り子 at 2006年04月10日 23:28
>およそ400年もの永い間・・・
その長い歴史の間に培ってきたもの、沢山の見てきたものと
一瞬の花の美しさと短い儚さ・・・

桜の木が持つロマンと言うか美しさを感じるのは羨ましいです。
Posted by とよ兄 at 2006年04月10日 23:20
コメント欄に辿り着くまでマウスをかなり
スクロールさせましたよ(^^)いつ覗いても大繁盛ですね。
そしてあの桜は凄いですね!
私の近所の動物園や桜並木の通りも桜できれいですが
あんな大桜は見た事がありません。
今度はその桜を見に行ってみようと思います。

Posted by miru at 2006年04月10日 23:18
バツイチさん、あのね、すっごい偶然なんだけど、このバスツアーにうちの母も友人と参加していたのです・・・
びっくりでしょ〜♪
参加者がすっごく多かったっていってたけど、まさか同じツアーにバツイチさんがいたなんて・・・わたしも最初はいくつもりだったから、もし参加してたら、会えてたんだね。う〜ん、不思議な偶然です・・・。
Posted by どろっぷ at 2006年04月10日 23:18
NTTに頼んだ?っとは何のコトですか??
IPアダプター設置後IPの電話番号が届き次第ともんちはNTTを解約するつもりでいます

樹齢の桜の木ってホントに1度は見ておきたいなぁ
桜と竹のお話・・・ともも知りませんでした
Posted by ゆうゆうママのとも at 2006年04月10日 23:16
見事な桜ですね。
私も、去年福島県の三春滝桜を見に行ったんですが、
滝が流れおちるかのように見えることからついた
滝桜ですが、桜って不思議ですね。
見守ってくれているように感じます。
Posted by ワンコママ at 2006年04月10日 23:00
挫けそうな今の心境・・・
バツイチさんのブログはいつも癒される。
今日もありがとう☆
Posted by しゅう at 2006年04月10日 22:43
 こんばんわ〜! 今日明日の雨で 今年の桜!終わりなんですね〜・・
昨日は実家でした。。ご存知でしょうか?旧佐賀線跡の自転車道。延々数キロも続く桜並木。。実家はそれに面してるんで 午後は桜吹雪直撃!!でメチャメチャ綺麗でした〜^^
Posted by にっぽう at 2006年04月10日 22:36
こんばんは。
夜中にはまだ氷点下になる4月初旬の帯広では、
小さな虫が飛んでいました。
畑に投げ捨てた生ゴミから芽を出して、
実をつけるかぼちゃ。
生き物の生命力にはいつも感動させられます。
Posted by けんぼー@北国 at 2006年04月10日 22:31
いつも絶え間ないブログに感動させられます。
今回の大桜はなんとも満開の華やかさとわびしさと
狂おしさと・・・観る人の情念が全て乗り移りそうな気がします。
(ちなみに、わたしはまだ全然開いてないつぼみです。
もう少ししたら、狂咲きするかも。)
Posted by NANAKO at 2006年04月10日 22:18
面白そうなツアーですね。
今日も深いですね〜大切な人はずっと生き続けて欲しいです。
Posted by SYU at 2006年04月10日 21:52
一心行の大桜。。すごいですね。生命の源を
感じます。一年、一年、桜の花を付けて、
また一年、一年年輪を増していくんですよね。
きっと高い所から私たち人間の行く末を
見守ってくれてるんでしょうね。
地球温暖化、世界の貧困、色んな問題が
ある世の中でこの桜はずっと昔から
人間界に起きるさまざまな問題を案じていたのかも
知れませんね。これからもずっとずっと
私たち人間を見守りながら、きれいな桜を
咲かせていってほしいです。そして私たち人間は
一心行の大桜に限らず、生命の源の自然と言う
宝を守っていかなければなりませんね。
Posted by プリン at 2006年04月10日 21:48
樹齢400年の桜、凄そうですね!!
私も、ぜひ見てみたいです☆☆
桜の生きてきた400年を思うと、本当に尊敬しますね。
自然って、偉大ですねー!!
Posted by はじゅ at 2006年04月10日 21:41
こんばんは。

バスツアーに行かれたのですね。
森山直太郎のさくらを聞くと今遠くのいる友達のことを思い出します。
ちょうど、去年のこの時期にその友達と出会いました。


さくらさくら いざ 舞い上がれ
永遠にさんざめく 光を浴びて
さらば友よ またこの場所で会おう
       さくら舞い散る道の上で♪

去年の夏に友達とは仕事の関係で離れ離れになりました。
そのたびにここのパートを聞くと目が潤んでしまいます。
元気でいるみたいなのでまた一緒に野球がしたいです。
Posted by フート at 2006年04月10日 21:29
大切な人には、永遠に生きていてほしいって心から思います。
今、この時が永遠に続けばいいって、毎日思いますね^^
そう思えるのは幸せなことですね!
Posted by ユリコ at 2006年04月10日 21:26
うちの実家に大きな木があるんですね。何の種類かは分からないのですが;
私が生まれた頃には既に立派な「木」でしたので、父が小さい時に植えられたんだと思います。
バツイチ女さんの今回の記事を読んで、改めてあの木への想いを思い出せました。
Posted by eveningsun at 2006年04月10日 21:09
こちらももうすぐ咲くようです!!楽しみ〜☆
大切なひとには、幸せに生きて欲しいです…
Posted by ゆう at 2006年04月10日 20:33
>「一心行の大桜」
凄い桜ですね〜
 本当に見に行ったのですか
 でも、夜とかに、一人でひっそり見たいですね
Posted by 加藤忠宏 at 2006年04月10日 20:29
長い間見守っていてくれる
家の庭木でもそうかなぁと思いました
いつも変わらない風景だけど
家を離れたりしたら懐かしく思える
暖かな想いをくれているんでしょうね
きっとこれからも☆
Posted by つばさ at 2006年04月10日 20:25
☆自由気まま☆のサクヅキと言います
前に書き込みしてくださってありがとうございました。
お礼が遅れてしまい申しわけ無いです。
良かったらまたいらしてください。
Posted by サクヅキ at 2006年04月10日 20:09
最初さくらを聞いたとき 戦慄が走りました それぐらいの名曲だと思います
Posted by シマちん at 2006年04月10日 20:08
樹齢400年の桜ですか!?
阿蘇には何度も行ってるんですけど、知りませんでした。
是非、行って見てみたいですねぇ〜\(^_^)/
Posted by たっち at 2006年04月10日 20:06
樹齢400年!見事ですね。
春のお花はとっても心が和みますね。
お花見、何度行っても癒されますね。
Posted by よっぴい at 2006年04月10日 20:04
はじめまして。ご訪問ありがとうございます!!
凄い桜の大木ですね!! ド迫力って感じです!!
※すごいコメントの量なんですね〜 私が見た中で最高です。
コメント書くところまでスクロールするのが大変でした〜(笑)
Posted by tamirin at 2006年04月10日 20:01
樹齢400年ですかぁ!
すごいですね。
樹もちゃんと生きてるんですね。
見てみたいです
Posted by りお at 2006年04月10日 19:15
行って来られたんですね。
私は花が咲く前に行ってきました。
満喫したみたいで良かったですね。
Posted by ひめちょろ at 2006年04月10日 18:50
うわっ!
みごとな桜ですね!!
一心行の大桜、知りませんでした。
こちらは見飽きた雪雪雪…。
日本は本当に南北に長いですね〜〜
Posted by わんコ at 2006年04月10日 18:30
お久しぶりです☆
コメントありがとうございました!
お花見は行ってないんですよ…。
デイケアのお花見も雨で中止になったし(涙)
でも、家の近所の公園は桜満開でした!
毎日散歩で通ってるので、ある意味お花見したかな?(笑)
今日もデイケア行ってきました。
雨だったので室内活動だったんですけど疲れました。
睡眠をしっかりとりたいと思います。
Posted by ぷ〜 at 2006年04月10日 18:16
はじめまして

オレンジ*ペコちゃんのところから飛んでまいりました

関西は本当に満開のさくらでした。。。

わたしが、感動したのは桜と竹のお話しです。
納得しちゃいました。。。

お部屋が違うところへのコメントは初めてです。。
すてきなブログに出会えてうれしい限り。。
これからも覗いちゃいますね よろしくおねがいします。
Posted by miffy at 2006年04月10日 17:44
「一心行の大桜」知りませんでした。リンクで見ましたが、圧巻ですね!!
すごいです。
来年は是非、私も会いに行きたいと思いました。
桜は他の植物とは何か違う雰囲気を感じさせてくれますね。
Posted by YOU at 2006年04月10日 17:24
樹齢400年の桜!いろんな人達を観察してきたんでしょうね。長い間一人で・・・。桜は大好きです。日本人どよかったと思う瞬間ですね。
Posted by 藍ちゃんのまま at 2006年04月10日 17:04
こんにちは
私は桜みたいな人間になりたい…春になるといつも思います。
私は親にも言われる程中身が男性っぽいので余計あの強さに憧れるのかな?
ちなみに阿蘇は私の父の故郷です
Posted by ゆみ☆ at 2006年04月10日 16:26
すごい!!!400年ですか!
私はそういう桜、テレビとかでしか見たことないです。
いいですね〜。感動すると思います。
Posted by 苺みるく at 2006年04月10日 14:28
すごく立派な桜ですね^^
ウチの娘にもこんな立派な桜を
見せてあげたいなぁ

日本人に生まれてよかった・・・。
Posted by やしち at 2006年04月10日 14:26
お久しぶりです。

桜はあれだけキレイな花を咲かせるのに、その期間は凄く短いんですよね。
でも樹齢400年の桜は、数え切れない程の人間達を見て、癒やしを与えているんですね〜。

桜を見ると、日本に生まれて良かったと心から思います。
Posted by stm1027 at 2006年04月10日 13:34
確かに人間の命って自然の営みの中で見ると
ほんの一瞬なんですよね。
私はあと何回こうして満開の桜を見ることが
できるんでしょう。
Posted by さいとう at 2006年04月10日 13:10
こんにちは!
樹齢400年の桜の木ですか!!
すごい立派なんでしょうねぇ。

桜の色って心が和む色ですよね。大好きです。
いいお花見が出来てよかったですね!
Posted by pvovq at 2006年04月10日 12:46
“桜”の記事、見てきました
本当にその通りですね、私はまだ本当の強さが必要とされる状況にはなっていないのだと思いますが・・・
無事に一心行の桜が見られて、良かったですね、その大きな桜さんにも長生きしてもらいたいです
Posted by ミチ at 2006年04月10日 12:45
桜・お花見に行けたのですね。良かったですね。
Posted by perc at 2006年04月10日 12:42
こんにちは♪一心行の大桜見に行ったことあります(^^)まだ台風で被害を受ける前に。何本も連なる桜もいいけれど、一本の桜もとにかく大きくて存在感があってすごいと思いました(>_<)
家計簿は、一応支出を把握しとこうと思ってつけてます(^^)役にたってるのかはまだわかんないです^^;
Posted by チェシャ猫 at 2006年04月10日 12:37
阿蘇の桜ホントに見事ですね!
私もぜひ見てみたいです。
私は先週土曜日にに家の近くで夜桜見物
し、日曜日は古い町並みの元で桜はじめ
春の花々を堪能してきました。ブログにも
アップしてますのでぜひのぞいてみてくだ
さい☆
Posted by ろ妃江 at 2006年04月10日 11:22
阿蘇に行った時、白水と言う温泉に入ったことがあります。
2月でしたので今度は4月に是非行って見たいですね。
Posted by bbo at 2006年04月10日 11:16
400年もの間ずっと見守ってきた桜はすごいですね。
いつまでもそこにいてほしいと願います。
そこに行けばいつも見守っていてくれる…そんな優しさと力強さを樹木は持っていますよね。特に桜は不思議な魅力を感じます。
Posted by puffpuff at 2006年04月10日 11:08
こんにちは。
400年の樹齢の桜ってすごいですね。
どんな時代にも耐えて、人々を、
自然を、見守ってきたんですね
Posted by ひまわり at 2006年04月10日 10:59
スゴイですね!樹齢400年…。
自然の力というものは人間なんかにはマネできませんね。
こちらの桜が咲くのが楽しみです。
Posted by 六花 at 2006年04月10日 10:50
さくらの精は男性だそうですよ☆
実家のある市にはお城があり、城下町が広がっています。高台のお寺から見下ろすと、いちめん桜色…。この景色はいつまでも変わらないで欲しいと思い出すたびに思います。。。。。
Posted by しま at 2006年04月10日 10:47
さくらの精は男の人だそうです。
実家の近くには城下町があり、高台の大きなお寺から町を見下ろすと、町中が桜一色でした。。。この景色はいつもでもこのままでいてほしいと、いまも思い出すたびに思います…。
Posted by しま at 2006年04月10日 10:45
昨日は無事に行けたのでしょうか・・・。と、心配(?)で来てみました。どうやら無事に行けて楽しめた模様でよかったです^^
Posted by NishiNa at 2006年04月10日 09:41
五、六年前にその桜見に行きました
たまたま妹のところに遊びに行っていたときのことです
桜、しっかりと大地に根をはって、生きてるぞ、ここで見ているよ
そんなことを言われたように感じました
また、会いにいきたいです
Posted by かず at 2006年04月10日 09:37
400年ですか…とってもとっても長生きですよね。
そんな桜さんも400年前には小さな苗木やったことでしょう。
成長しながら、いろんなモノを見ていろんなことを感じたんでしょうね。
私も その桜さんが見てみたくなりました(o^-^o)
Posted by ウサ at 2006年04月10日 09:32
この桜すごいですね。
桜の木の寿命は、普通100年位だそうです。
その土地の土壌、気候など、条件によって長生きするようです。
人間も同じかもしれませんね。
良い土壌で育ち、良い気候に恵まれ、良い水があり、良い空気がある。
そんな生活をしていきたいですね。
Posted by 大吉 at 2006年04月10日 09:17
一心行の大桜って、
ボールのように花が咲き乱れててスゴイですね!!(@▽@)
こんなに花を咲かせている桜をぜひ生で見てみたいです
彼には永遠に生きていて欲しいですね(*-▽-*)
Posted by シモーヌ at 2006年04月10日 09:03
その桜の木、私も見てみたぃです!!
Posted by com at 2006年04月10日 08:36
桜の寿命は50〜60年と聞きました。
400年も生きていると、今起こっている事なんて、“あっ”っという間の出来事なのでしょうね。
広島の被曝桜2世(苗木)が何者かに全部折られるという事件があり、広島市民は心を痛めています。
桜に罪はないはずですが。
Posted by グッピーちゃん at 2006年04月10日 08:14
凄く立派で大きな桜の木ですね
400年もの長い間、生きているなんて驚きました
戦争の時にも大丈夫だったんですね
私もこの桜に会いに行きたいです
Posted by ぴよko at 2006年04月10日 08:10
桜のバスツアーどうだったか気になってました。

老木って惹かれます。
やはりそこにずっと居て全て見てきたんだなあって。
それが桜でこの時期に毎年ほんの数日花をつける・・・
きっと近くならば、毎年観に行くだろうなあ。
観てみたいです。
Posted by nokonoko at 2006年04月10日 07:56
ほんといいページですねぇ。心温まったり、深く考えさせられたり。
大切な人も何時かは死んでしまう、分かっているけど、分かりたくない。そんな事を考える内に切なくなってしまう・・・そんな感じでしょうか?
400年・・・いろんなモノを見てきたんでしょうね。素晴らしいモノも見ていられないようなモノも。そんな事を深く考えさせられる記事だと思いました。

今日はわたくし高坊、入学式です。あなたの出会った桜には到底敵わないと思いますが、学校の桜でも見てきます・・・(寂しい
ひきこもって桜が咲いた事にも気づかなかった身ですが・・たまには綺麗なものを見てきたいと思います。
そんな気にさせてくれてほんとにありがとうです。
Posted by ハッチカンパニー at 2006年04月10日 07:40
400年前はどんなだったんでしょうね・・・。
桜の木に記憶があるのなら、ちょっと覗いてみたいですね!
Posted by はる坊ママ at 2006年04月10日 07:33
今日は、雨ですね。
桜も、来週は見ごろを逃すでしょうか??
Posted by チャレンジ at 2006年04月10日 07:30
おはようございます。

私も昨日花見に行って来ました。私の行った場所はまだ新しい公園で
桜の木もまだ若く、迫力には欠けましたがとても綺麗でした。
本数も増やしているらしく、若い木がまたちょっとずつ植えられて
いました。 樹齢400年てすごい迫力でしょうね。。。
 
Posted by ひろん at 2006年04月10日 07:13
おはようございます。400年の間、南阿蘇白水村の豊かな自然の中で、幕末維新、二度の大戦、敗戦復興、高度経済成長、バブルと崩壊……浮世の激動から隔絶されて生き続ける彼の目には、花をめでる優しい人々が写り続けているのでしょう。時代はうつろい、文明が進歩しようとも、【美】をめでる人の心だけは変わらずにあって欲しいものです。
Posted by フレミング at 2006年04月10日 07:01
桜は、たしかに男性的でもあり、また女性的でもあり、
とにかく毎年楽しませてくれます。今年は比較的当たり年だったような…
Posted by △イチおじさん at 2006年04月10日 06:57
樹齢400年かぁー
すごいなぁーそこまで来るとある種の神々しさを感じますね。
屋久杉とかも一度は見てみたいです!!
Posted by ITおやじ at 2006年04月10日 05:18
ご意見ありがとうございました。
元妻と離婚協議した時
「子供に対しては平等でありたい。」とは元妻の言葉。
(細かな表現は記憶違いかもしれませんがこんな感じの言葉でした)
子供にはいつか伝えないといけないとは思っていますが
子供がまだ理解できるかどうか。特に下の子は。

日記と関係のないコメントですみません。
Posted by hyohyo at 2006年04月10日 05:07
ご意見ありがとうございました。
元妻と離婚協議した時
「子供に対しては平等でありたい。」とは元妻の言葉。
(細かな表現は記憶違いかもしれませんがこんな感じの言葉でした)
子供にはいつか伝えないといけないとは思っていますが
子供がまだ理解できるかどうか。特に下の子は。

日記と関係のないコメントですみません。
Posted by hyohyo at 2006年04月10日 05:02
 こんにちは、ブログ『ぱ〜まねんとヴァケーション』をやっております、
わとそんです。
 バツイチさん、コメント頂きありがとうございました。
 僕はお花見する趣味はないけれど、桜を見ると「春が来たな」とウキウキします。
 ところで、バツイチさんは優しくて強い方だとお見受けしました。どうしたら、そんなに優しくも強い人間になれるのですか?よければ、教えて下さい(^^)
 それでは・・・。
Posted by わとそん at 2006年04月10日 04:10
樹齢400年はすごいですね…

生命の力を感じます…

命は終わりあるからこそ
儚く大切…なんですけど
永遠を願ってしまいますよね…
Posted by MEL at 2006年04月10日 03:45
 何年か前、大きな桜の下でごろんとなって、
舞い落ちる花びらを見ていたら、
あぁ、この木はずっと昔からこうして時を刻んでいるんだなぁ。
...と、とても不思議な気持ちになりました。
Posted by みぐま at 2006年04月10日 03:15
こんばんわ。
大切な人には永遠に生きて欲しいです。
でも命は有限。だからこそ、今この瞬間を大切にしたいです。
Posted by ふっきー at 2006年04月10日 02:00
 本当に樹齢って長いですよね。江戸時代から生きているんですよね。
 考えてみれば・・・、今の時代の移り変わりの速いこと・・・、30年前のコンピュータ(当時は電子計算機)なんて・・・大変高価&大掛かりなものだったのに・・・今では、各家庭で、大容量・ブロードバンドな通信が可能なのですから。。。
 そんな、時代だからこそ、300年、変わらずに立ち続けている桜に思いを馳せてみると・・・人間の一生なんて短いものなのでしょうね。そんな中で、もがき苦しみながら(そして、楽しみながら)生きている今を大切にしたいものです。
Posted by 一藻 at 2006年04月10日 01:56
ほーです。

観光に疎い私は、この桜のことを初めて知りました。
いろんな歴史を刻んでいるんでしょうね。

熊本もしくは九州に行く機会があったら、ぜひたずねたいと思います。
Posted by 育児とドラゴンボールな日常 at 2006年04月10日 01:53
バツイチさん、こんばんは☆桜と竹のお話もあわせて、読ませて頂きました。
なるほど…またひとつ教えていただきました。ありがとうございます!!
立派な桜ですね。すばらしいです。私も、木には魂が宿ると思っています。神様と同じですよね。すごいパワーと安らぎを感じます。大木を見ると歴史ロマンも広がります♪
図々しいのですが、バツイチさんのブログのリンクを貼らせて頂きました。これからもよろしくお願いします!!
Posted by ようこ at 2006年04月10日 01:51
ぜひ見てみたいです→400年桜。
長い間色々な人を見つめてきた彼は、今年も変わらず道行く人に鮮やかな印象を与えてくれるんですね^^
Posted by aya at 2006年04月10日 01:22
桜と竹のお話。納得でした。本当にその通りですね。私の地方にも古い古い桜の木があります。
静かに時の流れを見守ってきた桜は、やはり威風堂々としていながらも、なぜか少し憂いをおびていて引き付けられます。
機会があったら、そちらの桜も見てみたいです。
Posted by ルミコ at 2006年04月10日 01:21
うわぁ〜
すごく大きな桜ですね( ̄□ ̄)!!

長い間、喜びや悲しみ色々な人生を見守ってくれているんでしょうか?
実際にみて癒されたいです。。。
Posted by こた at 2006年04月10日 01:20
樹齢400年の桜・・・

自然の強さには感服

大切な人には永遠に生きて欲しい

本当にそう思うこのごろ・・・

どこかで魂宿ってるのかなぁ〜


Posted by 赤ちょうちん at 2006年04月10日 01:17
バツイチさんこんばんは。
見事な桜ですね。
樹齢400年、この桜は江戸時代から
たくさんの時代の移り変わりを見ているんですね。
ロマンチックです。

居ながらにして全国津々浦々の素敵な風景を
こうして拝めるのはブログのありがたいところです。
行った気分にさせてくれますね♪

「桜」と「竹」のお話、共感です。
Posted by こぱん at 2006年04月10日 00:51
400年の間この桜は何を見て 何を感じてきたのでしょう。

人間は自分のことだけでなく 自然と共存してこそ生きていけるということを忘れないでいたいですね。
Posted by ミナコ at 2006年04月10日 00:40
大きな桜だなぁ〜・・・。

雄大なものを感じますね!
Posted by アキオカ企画 at 2006年04月10日 00:37
一心行の桜 九州に来てから毎年その姿を写真におさめています。
一昨年の台風の時は ずいぶん心配しました。
昨年 それにも負けずに 傷を負った身体で精一杯花を咲かせている姿を見て
とても感動しました。
ただ 周りが整備されすぎて 菜の花畑もなくなってしまったのが残念ですが…
同じ場所で ずっと 変わりゆく世の中をただ黙って見つめ続けている桜。
たくさんのお話をしてくれそうで 毎年すっごく長い時間あの桜をながめています。
Posted by Shara at 2006年04月10日 00:30
こんなに大きくて綺麗な桜見たことないです!!
私もこんな綺麗な桜の木の下でお花見したいです。
桜の木は私たちが生まれる前からずっと生きているんですね。
Posted by まなみ at 2006年04月10日 00:27
樹齢400年とはすごいですね。

私の家の近くに流れている川沿いに桜が植えられたのですが、まだまだか細く、頼りない感じです。
それでもちゃんと花を咲かせているのを見ると、この生命力はすごいなぁと思います。
道に植えられている木など、普段は何も感じていないですが、自分よりもうんと長く生きてきたんですよね。
Posted by らすく at 2006年04月10日 00:17
本当に、桜は不思議な木です。
春になると、見事に咲き誇り、未練のミの字もなくあっという間に散る。
その咲き誇る姿に一喜一憂する私達、限りなく日本人なんだなぁと痛感します。
樹齢400年の桜が目にしてきた人間たち、今も昔も変わりないのでしょうか。
桜の下では、無邪気な子供なのでしょうか…
Posted by ぶんぶんママ at 2006年04月10日 00:14
楽しんでいらしてよかったです^^
どれぐらい大きいのかが気になったりしますね

大樹は何年も変わることなくそこにたたずむ大きな存在
私もそのように大樹になりたいと何度か思いましたね
それだけ花を咲かせたり葉を付けることができれば
とても気持ちがいいものでしょう
なってみたいものです
Posted by M at 2006年04月10日 00:02
樹齢400年の桜。。。一度お目にかかりたいですね。忙しい中をコメント有難うございますm(._.)m
Posted by りこ at 2006年04月10日 00:01
この桜の写真を見てきましたが、樹齢四百年の素晴らしい桜ですね。杉の大木は見たことはありますが、桜でこのような大木はちょっと見たことがないです。本場に行けば感動しそうですね。いやはや驚きました。四百才の彼、桜さんは四百回ほど花見に来る日本のご先祖の目を癒し続けているように思えました。ご立派。
Posted by タジイ at 2006年04月09日 23:57
姉さん☆こんばんは☆

もがき苦しむ女々しい男

やっぱり女性は強かで強い
豪放磊落な男に憧れてはいましたが

そんな男ほど女に弱いもんですね

Posted by hongkong77 at 2006年04月09日 23:55
壮大な自然との出会いこそ、私の力になるような気がしてます。
本当の豊かさを魅せらる。
Posted by kira at 2006年04月09日 23:52
そんな桜を見てみたいです。
さくらは咲いている時期は短いけれど、その間にみんなの心の中にいろんな思い出を残していってくれるんですよね。
そしてまた、桜が咲く頃に思い出す。
昨日の次男の入園式は桜が間に合わなくて残念でした。
去年から次男は」ずっと「桜が咲いたら幼稚園♪」と楽しみにしていたので。。。
Posted by つるこ at 2006年04月09日 23:52
こんなに立派な桜は見たことがないように思います。

きっとどんな環境にも負けない強い心があるんでしょうね。

だから優しさを感じてしまうのでしょうか。

一度会ってみたいものです。
Posted by とんぼちん at 2006年04月09日 23:42
樹齢400年の桜ですか・・・

一度間近でみてみたいですね・・

凄いオーラが出てそう・・
Posted by じょん at 2006年04月09日 23:38
おかえりなさい。無事に一心行の桜を愛でることができたのですね。
今日(4月9日付)朝日新聞の朝刊で、この一心行の桜が紹介されていました。すごく大きく花もりっぱに咲いていました。一心行の桜で検索したときには桜の周りには柵はなかったのですが、いまは根元までいけないようになっているのですね。それでも見応えのある桜です。来年私たちもこの桜の木の下にいけたらいいね・・・と話すところでした。
Posted by aki at 2006年04月09日 23:22
大切な人には永遠に生きて欲しい
ずっと幸せでいて欲しい。。。
たましいも切にそう思います。

人の世の流れ、季節の移ろい、生命の不思議。。。

時を経て、今尚見守り続けてくれる存在は
多くの、自然の深さ、愛しさ
人間の心情といったものを
ワタシたちに教えてくれますね。
Posted by たましい at 2006年04月09日 23:17