バツイチ女のひとり言:風

2006年05月08日

昨日は以前、地上の星という記事で紹介した
先生と久々のデートでした。
佐賀市内から車で一般道を使って片道1時間半弱。
焼き物の町として有名な有田へのドライブです。



人は誰も ただ一人旅に出て
人は誰も ふるさとを振りかえる
ちょっぴりさみしくて振りかえっても
そこにはただ風が吹いているだけ ♪
 (はしだのりひことシューベルツ 唄  風)



最大の目的は二人とも大好きな鯉料理をいただくこと。
しかも創作川魚料理料亭龍泉荘で・・・・
午後1時半に予約を入れていたので12時出発でした。


日本名水百選・水源の森に選ばれたという地にあります。
調理場と受け付けのある母屋を拠点に
数個の古民家風に建てられた離れがあり
そのなんとも風情のある隠れ家のような離れで
わたくしたちは優雅に食事をいただけるのです。

さすがに焼き物の里有田ということもあって
器使いのセンスにはため息が出ます。
深く大きめの丸い器にまるで雪のように氷を砕いて敷き詰め
鯉の洗いを紅い薔薇のの花びらののごとく散りばめる・・・
ちょっとした飾りつけに自然の中に咲く季節の草花を
さりげなくあしらう心使いには料理の味の良さはもちろん、
目で楽しむ喜びも教えてくれます。

料理の品の数だけ入れ代わり立ち代わり・・・
それぞれに違う品のいい仲居さんが料理を運んでみえるのにも
最初に訪れた時はほんとに驚きました。
それも20代から50代までと思える満遍ない年齢層で・・・

部屋のガラス戸から見える木々やかすかに聞こえる風の囁き。
下を流れる川のせせらぎは全ての現実を一瞬忘れさせてくれます。
年に1〜2度の割りで訪れる場所ですが
その度に思うことがこれで宿泊設備があればということです。
せめて一晩の夢を見たい・・と願うひとときです。



何かをもとめて 振りかえっても
そこにはただ風が吹いているだけ♪


               つづく


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/net_i5750/50428788
この記事へのコメント
近いんだけど行ってないから行ってみたいー
Posted by eri at 2006年05月17日 13:44
料理と器を楽しむなんて素敵ですね。
これからは食事だけでなくそういう視点で楽しんでみます。
Posted by こころ at 2006年05月09日 21:48
鯉料理ですか、なつかしいです
というのも、わたしの田舎は湧水がふんだんにあって、鯉が釣れるんです
父が川釣りがすきで、よく食べさせてもらいました
お刺身やおみそ汁、大好きでした
鯉を三枚に下ろした後の、ぺらぺらの骨の部分をぱりぱりに揚げた骨せんべいみたいなのが、特に好きでした

有田、近かったはずなのに、行ったことがないんです
焼き物、みて歩きたいな
Posted by かず at 2006年05月09日 14:10
ブログの中にいろんな人達が登場しますが皆さんイイ方たちですね。
やっぱりバツイチさんがいい方だからだと思います。

続き楽しみです。
Posted by shida at 2006年05月09日 10:10
訪問ありがとうございます。まだはじめたばかりですので
よく分かりませが、頑張ります。
なにか、落ち着く空間ですね。様々な料理の様子など
雰囲気が伝わってきますね。
Posted by マロンの生活日記 at 2006年05月09日 09:47
宿泊設備がないのは残念ですね。
同じ料理でも器が違うだけで随分変わりますよね!
和食器って落ち着きますね(*^^*)
Posted by のんママ。 at 2006年05月08日 22:30
 こんばんは☆ねこみみです♪

 私はまだこんな大人なお店には行ったことがありません(苦笑)。
 鯉も食べたことないですね。恋はしてますけどね(照笑)。

 でも、日本人は舌で味わうのはもちろん、目で楽しみ、鼻からの香りもあって、なおかつ川のせせらぎという直接の味ではない耳からも味わうことができるんですね。

 ホントお母さんが言うようにお泊りできればいいですね。そうすればお昼だけじゃなく、朝と夜のそれぞれ違う雰囲気を味わうことができますよね。ちょっとぜいたくな気もしますが(笑)。でもうらやましいっ!(微笑)

 ねこでした。ニャン☆
Posted by ねこみみ at 2006年05月08日 21:55
鯉は美味しかったですかぁ〜?
僕も鯉は食べたことあります。
小学生の頃、自分で川で釣って、近所の知り合いのおじちゃんにさばいてもらって食べました。
ちょっと臭みがあったことを覚えてますが、美味しかった気がします(笑)
Posted by たっち at 2006年05月08日 21:46
龍泉荘に行かれたのですね。
小さい頃から、龍門・龍門と聞かされたところです。

一度連れ行こうといわれ50年未だなしえず!!
一度行って見たいものです。

鯉こくが、食べた〜い。
Posted by チャレンジ at 2006年05月08日 21:26
いいですね。。
最近その手の贅沢はしていません。。
想像しただけでも満足^^
Posted by nokonoko at 2006年05月08日 21:19
以前、コメントで言っていたGWのお出かけですね♪
読んでいて楽しさが伝わってきます。

私もちょっぴり現実から離れられるようなお食事
に行きたいな。
Posted by hana at 2006年05月08日 21:08
鯉は食べたこと無いですね〜
独特の味がしそうです。
今度食べる機械があったら、食べてみようかな
Posted by SYU at 2006年05月08日 21:02
ありがとうございます。そうですね、焦ってもしょうがないのでじっくり探します。

鯉って美味しいんですか? 食べたことないんで……(?_?)

Posted by なかしー at 2006年05月08日 20:56
わぁー素敵ですね。私は ブログ読ませて頂くたびに 行きたい所が増えて‥ワクワクします ありがとうございましたm(_ _)m
Posted by SAKURA at 2006年05月08日 20:53
和ですか、いいですね。
景色を見ながらゆったり食事、たまには現実から
少し離れての心のゆとり、日頃のご褒美ですね。
Posted by ワンコママ at 2006年05月08日 20:47
こんばんは
バツイチさん
いいところで食事ができてリフレッシュできたんじゃないですか?
続きも楽しみにしております。
ぽちっ。
Posted by 松岡亮吉 at 2006年05月08日 20:46
私は方向音痴でいつも駄目ですね^^;
知らない土地に行くとよく人に尋ねますねぇ^^;

焼き物といえば私はへんちくりんな色の焼き物を作ったことしか覚えてませんが、みなさん素敵なものを作るようで・・・・
Posted by M at 2006年05月08日 20:45
鯉かぁ・・・
小学校の池にいたのを思い出すし
仕事でも鯉のぼりを扱うし。。。
何だか複雑な気持ち;笑
 
花のように盛り付けるのはステキ
やはり食も五感にうったえるのが一番ですね
Posted by つばさ at 2006年05月08日 20:23
鯛料理美味く堪能できたようですね。料亭のお料理は味だけでなく、視覚からも美味しさを楽しめます。板前さんのセンスと料亭の和める空間で表現された自然の産物は息を呑むほど美しい。芸術ですね。
Posted by sakiko at 2006年05月08日 19:14
ご無沙汰してます。
とびっきりの時間を過ごされたかんじですね。
私も完全オフとはいきませんでしたが、
まずますの脳内休暇をとりました、笑。
Posted by ☆SEIKO☆ at 2006年05月08日 18:52
コメントありがとうございました♪

鯉…
食べた事ないです。
きっと、この先も食べないかと…

あ、体大丈夫ですか?
逃げた奴。
いつか痛い目に遭いますよね!!
Posted by あやや at 2006年05月08日 18:21
人は誰も ただ一人旅に出て
人は誰も ふるさとを振りかえる・・・遠くふるさとを離れていなくても、年齢とともにふるさとを思う気持ちが強くなります。(目の前の桜島なのですが・・・)ましてやふるさと遠く離れてお嫁にでられた女性の方は郷愁の想いが募るのではないでしょうか?
Posted by aki at 2006年05月08日 18:16
こんにちは。
私の方のコメントで『美味しいものを食べる事が楽しみ』
とあったので思わず、『やはり美味しいもの、食べたのですね〜!』
とお返事させていただきました。
鯉料理、食べたことがないので興味深々です!!
Posted by のんき♪ at 2006年05月08日 17:41
有田焼は僕もよく見に行きました。
有田の焼き物祭りは安かったので買い物にも行きました。
有田焼も100円ショップで登場するまでに成長しましたね。
Posted by holison at 2006年05月08日 17:36
その後、調子はいかがですか?
あまりご無理なさらないようにしてくださいね。
Posted by ユリコ at 2006年05月08日 17:14
これが例のウナギ、ですか。
hyohyoさんのコメントで気になっていました。
私は・・・岡山土産にアナゴを頂き、どんぶりにしました。
これも美味しかったです。
Posted by 子と共に育つ親・・・のたわごと:しま at 2006年05月08日 16:57
こんにちわ。コメントありがとうございます。
鯉料理…どんな味なんでしょう。気になります。
バツイチさんはいいお店を沢山知ってるんですね。
羨ましいです…。
Posted by suga at 2006年05月08日 15:28
毎度毎度ブログにコメントありがとうございます。
男が年下でもしっかりしていれば大丈夫だと思いますよ。
でも肝心の僕はしっかりしているのかどうか…。
それはさておき、鯉料理、僕はまだ食べたことがありません。
きっとおいしいんでしょうね。
機会があれば(ないかもしれませんが)食べてみます。
Posted by キャシー at 2006年05月08日 15:27
お久しぶりです。PCは相変わらず入院中・・ですが、学内貸し出しPCから更新する方法を発見したので、更新再開することができました。
ぼちぼちですが、またがんばっていきたいと思うので、よろしくお願いします↓
Posted by たましい at 2006年05月08日 15:14
GW終わっちゃた。
鯉料理ですか。
いいですね。
でも恋料理も・・・ね。
Posted by さいとう at 2006年05月08日 15:09
先日は、始めたばかりのつたないブログにコメントを入れて頂きありがとうございました。バツイチさんのおかげで”さぁ頑張ろう!”と俄然やる気が出てまいりました。
鯉料理は昔霧島で食べたことがあります。鯉の洗い、鯉こく、酢ぬた。。鯉づくし。。。あぁ羨ましい。。。。
Posted by ウルフ at 2006年05月08日 14:37
オオーw(*゚o゚*)w とぅとぅ行って来たんですね〜♪
お料理だけでなく周りの景色や器など完璧じゃないッスかぁ〜(ノ∇≦*)キャハッッッ♪
水が美味しいからお料理も更に美味しいのではないでしょうかね〜。。。
ホントに一泊でゆっくり行きたくなりそうです、ハイッ!!
Posted by ミナモ at 2006年05月08日 14:32
訪問ありがとさんです。
また覗きに来て下さいねぇ
Posted by 養子仮面 at 2006年05月08日 14:28
投稿ありがとうございます。

子守りが忙しく
夜は、子供を寝かしつけついでに
私も、眠ってしまいます(^^ゞ

毎日、アップできるか心配ですが
やってみます〜

(今日は、休みです(^_^))
Posted by LLF1号 at 2006年05月08日 14:23
そういった料亭、行ったことはないですが、想像すると日本らしくて良いなぁと思います。
食事だけではなく、周りの情景というのも重要ですね
Posted by ラスク at 2006年05月08日 14:23
ブログのコメントありがとうございます(*´∀`*)ゞ
料亭で最高のお皿に最高の料理。。。
とってもうらやましい(⌒-⌒)
σ(・・`*)アタシも子供たちが大きくなったら
ゆっくり1泊旅行にでも行ってみたいな♪
Posted by みこたん at 2006年05月08日 13:42
お料理は、雰囲気や器も大切ですもんね!
ゆっくりお食事が出来て、そこで泊まれたら、
ホント言うことなしですね。
Posted by ママ at 2006年05月08日 13:29
鯉料理って食べてことないなぁ。いつか食べてみたいものです。
Posted by とんぼちん at 2006年05月08日 13:26
大満足のお料理だったんですね。
お料理は目でも味わうことが大切ですものね。
ちょっとした心遣いがそのお店の魅力でもありますね。
居心地のいい喫茶店もそんな雰囲気があるからなんでしょうね。

事故はお母さまが助けてくださったんですよ。きっと。だから大きな怪我にならずにすんだのでは?

息子殿はちゃんとバツイチさんの姿を見て優しい強い男性に育っていらっしゃると思います。これからはきっと息子殿がバツイチさんの支えになってくださいますね。
Posted by puffpuff at 2006年05月08日 13:22
本日開設の私の所に来て頂いてありがとうございます。
コメントがとてもありがたくって、励みになります。
又、来てくださいね
Posted by みにら at 2006年05月08日 12:49
綺麗な盛り付けは
それだけで気分が高揚してきますね

飾り切りとかもワクワクします!!
Posted by MEL at 2006年05月08日 11:59
はじめましてm(_ _)m
初コメント頂いて、とぉぉぉ〜っても嬉しかったですq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p

器にまで拘ったお店で美味しいお料理、焼き物の里有田ならではですねぇ〜
羨ましい><

SASAの家では、春から秋に掛けてよく「鯉の刺身」食べてました。
>釣った魚を料理してもらってたの

でも、最近の『鯉ヘルペス騒動』で、イキのいい鯉を食べる事もできなくなりました。

なんだか食べてみたくなったなぁ〜。
>あっ、もちろん、いい器でねw
Posted by SASA at 2006年05月08日 11:58
GWがおわり、久々に読ませていただきました。
事故、お怪我が無くて良かったですね。私もこの4月はいろいろあって人を無条件に信じてはいけないと、身にしみました。
他人は自分ではない…まったくもって実感です。
でも、助けてくれる友人もいて本当に心強く思いました。
バツイチさんにもきっとそんな友人がたくさんいらっしゃるのでしょうね(^^)
Posted by ぽっっぽ at 2006年05月08日 11:53
鯉って食べた事ないなぁ…。
美味しいですか??

風って歌、中学生の時合唱コンクールで歌いました。
いい歌ですよね。

あ、指輪は燃えないゴミとして処分します・笑
Posted by stm1027 at 2006年05月08日 10:53
名店と呼ばれるにはそれなりの質も求められますよね
お店のたたずまい、お料理に小技を利かせる所・・・仲居さんの教育もきっと厳しい事でしょう
子供が小さい間は無理だけど、いつかそんな雰囲気の良いお店へ行ける時が来るといいなぁ・・・
Posted by ミチ at 2006年05月08日 10:24
GWはどうでしたか?鯉は昔一度だけ食べたことがあるんですが…ダメでした…。
きちんとしたイイ物を食べれば違ったのかもしれないんですけど…。
その一度きりだけですね(涙)いつかまたチャレンジ…するかな(笑)
Posted by 六花 at 2006年05月08日 10:19
やっと復活しましたぁ〜ありがとうございました
本日より通常で頑張ります〜
よろしくお願いします
創作川魚料理料亭〜いいですねぇ〜
建物も古きよき時代のいい感じみたいな〜
雰囲気って大事ですもんねぇ〜
仲居さんもその雰囲気にプラスされて
ますます行ってみたいなぁ
Posted by 赤ちょうちん at 2006年05月08日 10:17
パソコンが不調でずっと起動できませんでした
訪問できなくてすみませんでした
また突然動かなくなってこれなくなるかもしれませんが
お許しください

鯉は私の地元でもよく食べられます
こいを甘辛く煮て食べます

母乳が良く出るからと産後によく食べさせられました

おいしいですよね^^
Posted by のほほん節約生活 手作りのある暮らし at 2006年05月08日 10:05
バツイチさんおはようございます。

鯉料理。初めて食べたのは中華料理屋さんで。
鯉の揚げたのが一匹大きなお皿にドデーンとのっかってて
あんかけになっていたような…
美味しかったです♪
お料理って食材やお味も大事ですが
雰囲気やお皿、サービスによって
何倍にもすばらしいお料理に変貌を遂げますよね♪

こぱんも盛り付けはこだわってます(笑)
Posted by こぱん at 2006年05月08日 10:00
なんか??
これぞ・・・日本っていう香りを感じました。

??鯉ってどんな味なのかな〜?
食感は?こりこり?かな?
やはり、日本酒があうのかなぁ〜?

何故か?そっちに興味がいってしまう(/o\)うぅぅ・・

すいません><


Posted by のん♪ at 2006年05月08日 09:32
「風」、懐かしい。
思わず口ずさんでしまいました。
Posted by 匿名希望のJRA at 2006年05月08日 09:15
鯉料理は 食べたこと無いです。
クセがあると言いますが
そんなことないのでしょうか?
Posted by おかん at 2006年05月08日 09:09
隠れ家的なお店いいですね。
そういう雰囲気で食事すると落ち着く気がします。
東京でも奥地に行けばあると思うが。
私は、和風が好きなので、そういう場所には、
行きたいと思います。
Posted by 行政書士 at 2006年05月08日 08:57
鯉料理、母乳の出が良くなると言われて
三人の子の授乳期に良く頂きました。
鯉には母乳と同じタウリンが多く含まれていて
滋養にいいことが、昔から知られていたのですね。

鯉料理は高級品でなかなか手が届きませんが、
たまに鯉の味噌煮を買って来て食べています。
鯉づくし料理、是非食べてみたいですね。

Posted by ななmama at 2006年05月08日 08:54
九州は鯉こく食べられるところ多いですよね。
といいつつ、私はまだ一度も食したことありません。
今度里帰りしたら食べてみたい気もします。
Posted by ろ妃江 at 2006年05月08日 08:52
料理は奥が深いですよね。ますます、旅行に行きたくなりました。
Posted by 健次郎 at 2006年05月08日 08:39
情景が目に浮かびます。
いつかは行ってみたいですね。
出来ればバツイチさんと、なんてね・・・
Posted by 大吉 at 2006年05月08日 08:36
鯉こく、一度食べた事がありますが、私は鯛の方が好き・・・。
(比較にならない?)
もともと白身魚の好きな私は、あっさり系が好きです。
Posted by グッピーちゃん at 2006年05月08日 08:06
鯉ですか・・・食べたことないですけど、食わず嫌いかもしれません。
いつか食べる機会があるといいです。
Posted by 空見者 at 2006年05月08日 06:58
リンク先拝見しました。
凄く雰囲気の良さそうなお店ですね。
鯉料理、食べたことがないので食べてみたい。
Posted by hyohyo at 2006年05月08日 05:01
素敵なところですね。
料理だけでなく、味わい深い器で食べると、
美味しさが増しますよね。
鯉なんて食べたことないなぁ。
いつかこういう素敵な場所で食事を楽しみたいと感じます。
Posted by けんぼー@北国 at 2006年05月08日 04:14
姉さん☆こんばんは☆

料理もさることながら

付加価値が付くと何度でも
行きたくなりますね。

トータルで人に感動を与え
人の喜ぶ姿に自分も喜びを憶える。

いいお店ですね。

一度、姉さんと一緒に行ってみたいです。
Posted by hongkong77 at 2006年05月08日 03:38
ステキな場所で食事をされたご様子ですね。
満足度が伝わります。。。
Posted by Shara at 2006年05月08日 03:04
先日は 始めたばかりの私のページに
遊びに来てくださりどうもありがとうございました。
とても力づけられました。
すてきな 文章で癒されました。
また ちょくちょく遊びに来ますね♪
Posted by いけちゃん at 2006年05月08日 02:57
こんばんわ。
鯉料理は、まだ食べた事がないです。
お店も雰囲気がありますね。
こういう雰囲気に一種の憧れめいたものを抱いています。
旅行へ行く事は当分叶いそうにないので、せめて美味しいものだけでも食べたいです。。。
Posted by ふっきー at 2006年05月08日 02:41
いいですね、年に一度、気心の知れた人と過ごすちょっぴり贅沢な時間。
心のビタミンですね、大事にしたいスペシャルイベントですね。
Posted by △イチおじさん at 2006年05月08日 02:04
鯉料理で思い出すのは、鯉の味噌汁、鯉の洗い、鯉の煮付け。
私の鯉初体験は宮崎に住んでいる頃です。
旦那の実家は、海なし県の長野で、長野でも鯉は盛んに食べられてますよ♪
「鯉こく」という料理は、私は鯉の煮付けだと思っているんですが、
旦那が「鯉こく」は鯉の味噌汁だというんです!どっちが正解なんでしょう?
『風』イイ曲ですね。何だか爽やかな中に淋しさが混在する曲…
Posted by ぶんぶんママ at 2006年05月08日 01:57
こんばんは。

有田焼を前からGWに行きたいなと思いながら、また次回にお預けになりました。

鯉料理はお味はいかがでしたか?まだ食べたことがないので‥

そうですね、安らぐ場所が宿泊施設ならもっといいですね。私も安らぎの旅に出たいと思いながら、新聞のちらしの1日ツアーにばかりつい目がいってしまいます。

川のせせらぎが聴こえるような静かな場所でリフレッシュしたいです。
ここ数年現実と離れた生活がまずないので休憩もちょいとだけでいいからいれないといけないのかなとふと思いました。
Posted by 里野屋改め「里ヤン」 at 2006年05月08日 01:51