バツイチ女のひとり言:風は南から

2006年05月15日

風は南から

佐賀市街地から車でほぼ30分。
古湯という温泉町にそのお店はあります。
嘉瀬川沿いを山にむかって車を走らせ
雌淵、雄淵トンネルを抜けると古湯の町に入ります。



天河橋という小さな橋を渡り間もなくJAのガソリンスタンドを
右手に坂を下りてゆくとすぐ左側に佇むお店。
そこが瓦そば田舎です。
このお店の斜め前の赤い橋を渡ると以前の記事で紹介した
旅館清川も坂の上に見えます。




白い鳩が大空を舞う
夏の朝の光を目指してまっすぐに♪
 (長渕剛  唄  風は南から)




瓦そばとは焼いた瓦の上に香ばしくこれも焼いた茶そばをのせ
トッピングには牛肉、錦糸玉子、ねぎ、きざみ海苔
レモンをのせたもので専用の汁にもみじおろしを加えていただきます。
わたくしはここのもうひとつの名物なのですが
こんにゃくをちぎった 刺身こんにゃくも大のお気に入りです。



このお店のマスターとももう15年ほどのお付き合いになりました。
わたくしと同じバツイチさんで確か昭和30年生まれだったと
わたくしは記憶しています。わたくしの携帯電話販売の仕事での
お客様の輪で繋がった出会いで始まったお付き合いです。
古湯の町ではマスターを拠点にずいぶんとお客様の輪が広がりました。



お店はマスターとマスターのおかぁさんであるばぁちゃんと
お姉さんであるねぇちゃんとバイト生でやっていました。
いました・・というのはねぇちゃんが去年の7月に亡くなったのです。
まだ50代で・・癌でした。
わたくしはマスターはもちろんねぇちゃんのシャキシャキした声と
いつも明るい笑顔に元気をいっぱいもらっていました。




今頃君はまだ 深い深い眠りの中
この僕の想いよ君の街まで吹いて行け♪




福岡の娘さんとのメールのやりとりのためにと
パソコンのリースとネット環境のの工事の仕事をもらった時
わたくしも工事の立会いで一緒にいたのですが
ねぇちゃんの子供みたいな嬉しそうな顔は忘れられません。


ねぇちゃんのいないお店でもなぜかわたくしの耳に
ねぇちゃんのつっかけ(サンダル)の音や明るい声が聞こえたようで
思わずカウンターの向こうを見てしまう自分がいます。



心なしか以前より元気がなさそうなばぁちゃんも気になります。
そのくせ・・わたくしには変わらない明るさで話しかけてくれる・・
よけいにばぁちゃんの背中が愛しく感じます。



ねぇちゃんはいなくても今年も9月になればやってくる
古湯の町あげてのイベント古湯映画祭



”ねぇちゃん!今年は店で仕事せんでよかけん
          うちと一緒に行こうー!!”




そして君の心に突き刺され
今 風は南から     ♪



6月3日、4日は「古湯の森音楽祭」も待っています。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/net_i5750/50437022
この記事へのコメント
モモさん

ブログ見せて貰っています。
佐賀県懐かしいです。沢山の縫製工場とつき合わせて頂き
何度も行った町です。
海の幸と嬉野(佐賀県でしたかね?)に行った時の
食事も美味しかったです。
これからもちょくちょく伺います。
Posted by キンちゃん at 2007年06月22日 18:27
す、すみません
もう一度 URL貼ります!

携帯からなのでよくわからなくて…こちらでどうでしょうか?
Posted by るか at 2006年05月17日 16:53
るかさんへ
URLが違うみたいです。あなたのところへ行けません><
Posted by バツイチ女のひとり言 at 2006年05月17日 10:45
イメージしやすかったです☆風景のきれいなところに住んでるようなかんじがしてよいです。
Posted by えみ at 2006年05月16日 23:00
居たという存在の大きさが
あれ?と振り返るということに
なるのだと思います・・・。
心の中に生きている、そうおもいます。
バツイチさんのお母様のように・・・

空に見た雲は地震雲だったんですね〜
自然はすごいですね
Posted by やしち at 2006年05月16日 22:44
瓦そばや刺身こんにゃくとても美味しそうですね、これからの季節にはピッタリですよ。
機会がありましたら是非食べてみたいものです。
Posted by ヤマネコ at 2006年05月16日 22:38
こんばんは。コメントありがとうございました!
僕自身、残りの大学生活でいろんな所へ旅行したり美味しいもの食べたりしていきたと思ってますので、佐賀の瓦そば田舎、ぜひいってみたいと思います。美味しそうですねー♪
Posted by だっちょ at 2006年05月16日 22:17
大切な方の死は、悲しみばかりでなく、いろんな想いを残していってくれますね。
何にしろ、全てに意味があるものと思っています。
Posted by kira at 2006年05月16日 22:12
最近の美味しい食事と綺麗な景色の日々羨ましいです。
ところで、親より子が先に亡くなる、とても辛い事です。
叶うならば年の順からでありたいです。
Posted by ワンコママ at 2006年05月16日 22:11
はじめまして。
私の出来立てほやほやの つたないブログにコメントくださって
有難うございました。記念すべき初めてのお客様?です。
只今、解説書とにらめっこしながら悪戦苦闘中です。
瓦そば。私も食べましたよ。
Posted by 小夏ママ at 2006年05月16日 22:08
お風呂に入って映画・・・
最高ですね
大阪ではありません
うらやましい〜
Posted by haruru at 2006年05月16日 22:05
古湯映画祭・音楽祭・瓦蕎麦!こんにゃく!

読みながら、行ってみたい気持ちになりました(^ー^)
日本の良いところあちこちへ足を運びたいです。。
とりあえず、沖縄から!
Posted by hana at 2006年05月16日 22:01
ご無沙汰してます。
ご心配おかけしてすいませんでした。
いろいろと忙しく、更新もチェックもほとんどできませんでした。

瓦そば、食べてみたいです。
あと、人のつながりも生きていくうえで大切だと思います。
自分にも、とてもアクティブな祖母がいるのですが、
ちょっとでも元気に長生きして欲しいです。

今日、更新しますので
これからもよろしくお願いします。

頑張ってください。失礼します。
Posted by 反面生活 at 2006年05月16日 21:51
大好き〜健康生活のみかんです。
書き込みありがとうございました。はじめてのブログ、はじめての書き込みでとても嬉しかったです。また遊びに来たいと思います。
これから頑張って作っていきますので、また見に来てください。(^o^)
Posted by みかん at 2006年05月16日 21:46
温泉につかりながら映画を見るという古湯映画祭はとてもとても良さそうですね。私自身が温泉も映画も好きなのでこれがほんとうの極楽湯って気がします。今は癌が多いですね。死因のトップは癌ですね。サンダルやつっかけの音って人それぞれ特有の音を持っていて亡くなってもサンダルの音だけ憶えていたりするものですね。
Posted by タジイ at 2006年05月16日 21:37
自然の中での音楽祭って 素敵ですよね。私も 去年天川祭りに参加して 大自然で音楽と触れ合い 感動しました。ありがとうございましたm(_ _)m
Posted by SAKURA at 2006年05月16日 21:35
瓦そば??初めて聞きましたが、おいしそうですねぇ。いま夜ご飯食べたばっかりなのにヨダレ??おそば好きなんです。
バツイチさん、大切な人をたくさん亡くされてますね。。。淋しい事ですね。運命だからしょうがないと言えばそうなんでしょうけど。
Posted by きよりん at 2006年05月16日 21:15
こんばんは。

マスターと15年の付き合いですか。僕も草野球チームの去年のキャプテンと今年で15年の付き合いになります。長いようで短い感じですね。
Posted by フート at 2006年05月16日 20:57
佐賀には素敵なお店がたくさんあるんですね。
さっき蕎麦食べましたが、茶蕎麦とどう違うのでしょう!?
こちらではあまり聞かないので…

今日は何だかしんみりしました。
旅立つ者と残される者…
何気ない物が亡くなった人のことを思い出させて、
寂しさに浸ったりしてしまいますね。
Posted by けんぼー@北国 at 2006年05月16日 20:55
ご無沙汰しています。キリンです。お元気でしたか?「風は南から」同じ九州にいるからか、この言葉には敏感に反応してしまいました(笑)
風は南からということで、台風1号が来てますね。
Posted by キリン at 2006年05月16日 20:29
今日も美味しそうですね。
これから、そばが美味しくなってきますね。
Posted by SYU at 2006年05月16日 20:27
茶そば好きです
大学の学食にありました
あッ学食とは別のラウンジのメニューに
なつかしいなぁ〜
でも瓦そばは食べた事ないです
美味しそー☆
 
私、つい先日大叔母を亡くしましたが
今も変わらず、すぐにまた会えるような
そんな気がしてます
思いを馳せるって良いですよね
Posted by つばさ at 2006年05月16日 20:13
バツイチさんこんばんは。

最近のバツイチさんの記事は
美味しいものがいっぱいで困ってしまいます(嬉しくて☆)
罪作りなバツイチさん♪(笑)
瓦そば初めて聞きました。興味津々です。
刺し身こんにゃくも産地で食べるのは弾力が違って
とても美味しいですよね。
Posted by こぱん at 2006年05月16日 19:02
瓦そば、一度だけ食べたことがありますが、
早く食べないと麺が、ぱさぱさになったように思います。
おいしかったです(≧▽≦)
Posted by 苺みるく at 2006年05月16日 17:48
こんにちは、バツイチさん
コメントにあった、「ささやかな幸せ」、とっても心に響きました
ありがとうww
今日の幸せ、探してみて、ブログのタイトルにしてみました
Posted by かず at 2006年05月16日 17:29
瓦そば…興味深々です〜!
40代で癌で亡くなった友達も人一倍明るくて優しい子でした。

申し遅れました。以前何度か『カルメン』のHNでコメントさせて頂いた事のある『るか』と申します!
この度初めてブログを開設したので、よかったらいらして下さいませm(__)m
Posted by るか at 2006年05月16日 17:03
こんにちは!えもっちです
佐賀というと・・・・神埼そうめん?だったか・・・
川沿いのソーメン屋さんでたべてたような・・・??
Posted by えもっち at 2006年05月16日 17:01
彼氏さんとは行かないんですか?
やっぱり映画はアベックで観なくっちゃでしょ。
今時、アベックって古いですかね。
Posted by さいとう at 2006年05月16日 16:55
こんにちは。
なくなった人が笑顔でそこにいるような、
ふとそんな気になるときがありますね。

私も近くの商店街を歩くと、
時々外人のおくさんが笑顔で歩いてくるように思います。
会話をしたことがないのですが、
いつも会うと笑顔であいさつしたものです。
彼女もガンでなくなりました。
Posted by ひまわり at 2006年05月16日 15:31
いいですね〜(^o^)
Posted by 戦国みつを at 2006年05月16日 15:13
古湯温泉は元湯旅館鶴霊泉に一度行ったことがありますが
あそこは、確か砂湯で有名ですよね。佐賀県は嬉野温泉もあるし武雄温泉もあるし、結構いい温泉ばかりです。
料理もかなりおいしかったし、やっぱり佐賀にまた行こうと思います。
Posted by holison at 2006年05月16日 14:46
ちょうどお腹がすいているときなので、この瓦そば・・・焼いた瓦の上で・・・お腹がぐ〜ぅっ!です。刺身こんにゃくも・・・。昼食の時間にしましょう。古湯映画祭・・・地域興しのイベント・・・全国から映画好きの方が集まるのですね。
Posted by aki at 2006年05月16日 14:45
バツイチさんこんにちは!いつも遊びに来てくれてありがとうございます♪瓦そば、食べてみた〜い☆瓦の上におそば、おそばの上に具がのってるなんて(☆o☆)バツイチさんのまわりには、美味しい物がいっぱいあっていいなぁ♪美味しい物を食べ歩く。素敵です(#^.^#)
Posted by 葉月 at 2006年05月16日 14:43
毎度!こんにちは。
さる大手宅配・運送業者の協力会社、平たくいえば下請けの傭車なんで、自社の営業所ではありませんσ(^-^;)
写真も光の加減で林のように見えますが、実は奥行き20mほどの国道脇の公園です。上手く撮れてるでしょ?


生まれ育ちが東京のクセに、蕎麦よりうどん好きな私です。
Posted by フレミング at 2006年05月16日 14:17
そば大好きなので瓦そば食べてみたいですね。好みのそば買ってきて自分でタレをつくって食べることもします。舞茸そば最高です。
Posted by けすいせ ましよ at 2006年05月16日 13:50
ねえちゃん(ってお呼びしていいかしら。。。)がいらっしゃらなくて残念ですね。おばあちゃんには長生きしていただきたいですね。

瓦そば、初めはびっくりしました!でも美味しいですよね。我が家の旦那様はそばアレルギーなので、焼きそばの麺で似たような感じで作ったりもしています。
瓦には乗っけないけど…こんにゃくも美味しいものは味が全く別物ということを最近知りました!!
Posted by puffpuff at 2006年05月16日 13:42
山形の板そばもおいしいですよ〜

山形そばは別名「板そば」とも呼ばれ、つなぎなしの地粉100%の黒いそば が特長なのだ。
コシが強く、太打ち、香り、味、粘性に優れ、つゆは薄味、品良く芳醇である。
盛りつけはざるではなく、板に載せられて登場するのであ〜る。

昔の長渕好きでした。中学の時良く聞きましたね。

僕の家の屋根は高く空をきり
窓辺から静かに家並みを見下ろす。♪
Posted by 智兄やん at 2006年05月16日 13:33
瓦そば…美味しいですよね。初めて食べたときは、茶そばが苦手だったので美味しいのかな〜と不安でしたが。食べてビックリ!の味でした。今では、我家の夏の食事に欠かせないメニューです。
Posted by ゆか at 2006年05月16日 13:25
人と人の付き合いって、物ではまかなえないものをくれますよね。
なんていうか、心に潤いをくれるというか…

映画祭、音楽祭があるんですか!
そういうの良いですね。

テーマパークなどであるイベントよりも、そういう地元であるイベントの方が私には親近感があり、好きです。
Posted by ラスク at 2006年05月16日 13:04
瓦そばおいしそうぅぅ☆いつか食べてみたいと思います。バツイチさんにはいつも人の温かさ大切さを教えていただいている感じです。気持ちもすごくやさしく慣れるようです☆
Posted by なつママ at 2006年05月16日 11:06
コメントありがとうございました。
ぼちぼちでも更新していきます(笑)

Posted by kazu at 2006年05月16日 10:41
いずれ別れは必ずあるんでしょうが
病気による別れって辛いですよね。
ご冥福をお祈りします。
Posted by のん♪ at 2006年05月16日 10:20
mayの住んでるところもお蕎麦おいしいんですよ^^

でも、瓦そばとは初めて聞きました

いろいろ具が乗ってて美味しそうですね
刺身こんにゃくも夏には最高に美味しそう^^

いつか食べにいけたらいいなぁ
Posted by のほほん節約生活 手作りのある暮らし at 2006年05月16日 09:57
いつも コメント有難うございます。
瓦そば 食べた事ありません。美味しそうで! 14日の 岩屋うどんも・・・大きなしいたけ! 想像しただけで・・・もう ごくっり!
人の輪のつながりの不思議さ 大切に 大切にしなければ と 思いました。 ありがとう!!!  
Posted by も〜も at 2006年05月16日 09:22
バツイチさまの記事、2005年9月から12月を拝見いたしました。
生き生きとした文体で、とても良かったです。
Posted by ゴン太 at 2006年05月16日 08:56
50歳代で亡くなられる人、多いですね。
2年前に亡くなったいとこのお兄ちゃん54歳、この3月に亡くなったK先生50歳でした。
私は独り身だから良いけれど、残された子供さんが不憫です。
Posted by グッピーちゃん at 2006年05月16日 08:20
バツイチさん、マスターと同じ昭和30年です。
同い年みたいですね。
会っていませんが親しみを感じます。
Posted by 行政書士 at 2006年05月16日 08:07
初めまして。私のブログに来て下さりありがとうございました。
早速私もお邪魔しに来ました。
瓦そばテレビで見たことはありますが、食べたこと無いので興味がわきます!!ホントに瓦にのってるんですよね〜。
なんだか言葉にすごく癒されます。また遊びに来ます。
Posted by 奈緒子 at 2006年05月16日 07:55
コメントありがとうございました!!
遊びに来させていただきました

読んでいると落ち着いた気持ちになれるので
これからどんどん来ようと思いますb
Posted by at 2006年05月16日 06:22
おはようございます。
遊びにきました。
バツイチさん 歌の好みが、自分とそっくり…
年代も同じかもしれません…
Posted by ラッキー at 2006年05月16日 06:09
バツイチさん、いまに佐賀県かどっかから表彰されたりして。
その土地や、風情のあるお店や人や……。洒落たナレーション入りの紹介ビデオを見ているようです。はなわ に聞かせてやりたいです!
Posted by △イチおじさん at 2006年05月16日 05:43
故人の声や背中を追いかけてしまうこと、あります。
懐かしいような…寂しいような…
風のようにさっと気持ちを通り過ぎていきます。。。
Posted by ぽっっぽ at 2006年05月16日 05:36
なんだかいろんなことが頭を駆け巡り、涙が出てきました。
Posted by hyohyo at 2006年05月16日 05:06
この日記をみるのが楽しみになっている今日この頃です。ここで豆知識なのですが、瓦そばの発祥は山口県下関市豊浦町川棚の『たかせ』と言うお店です。門司港レトロや博多のイニミニ・マニモにも支店があります。佐賀まで行けない方は、こちらでもいいのではないでしょうか?
Posted by ひろん at 2006年05月16日 03:12
瓦そばはひかれますね〜
目で見て音を聞いて
香りで味で…
Posted by MEL at 2006年05月16日 02:24
瓦そば 大好きです。
最近食べてないなぁ… バツイチさんの記事を読んだら なんだかほっこりして
瓦そばが急に食べたくなりました…
Posted by Shara at 2006年05月16日 02:16
こんばんわ。
瓦そば、初めて聞きました!
美味しそうですね・・・。
そして、刺身こんにゃく!
両方とも僕にとっては、未知の食べ物。
食してみたいです。

いつかは訪れる永久の別れ。
そのときが来ても後悔のないように、毎日出会う人々と接しなければと思いました。
Posted by ふっきー at 2006年05月16日 02:01
おいしそ〜。
「瓦そば」一度食べてみたいです。
Posted by こた at 2006年05月16日 02:01
瓦そば・・・初めて聞きました。
食べてみたいです!!佐賀か・・・佐賀かぁ・・・




遠いなぁ・・・
Posted by ピヨスケfrom気まぐれ大学生どんとこの思考回路の設計図 at 2006年05月16日 01:47
さきほどはコメントありがとうございました!
瓦そば一度食べてみたいです。
お店はお姉さんいなくなって大丈夫なんでしょうか・・・
Posted by ちえ at 2006年05月16日 01:43
なんか最近、ここに来るとお腹が鳴ります(笑)

あ、コメントのところに、
僕の学科の説明書いてきましたよ♪
大まかに書いたので、わかりにくいかもしれません↓
Posted by 智斗 at 2006年05月16日 01:36
瓦そば、食べてみたい!
その土地ならではの味を食べる旅行にいけるのはいつの日か…。

沢山生きると、楽しい事も沢山、悲しい事も沢山あるんですね。
それでも、何も変わらないモノがある。それは町並み、記憶。。。
当たり前の事に気が付くと、優しい気持ちになれたりしますね。
Posted by ぶんぶんママ at 2006年05月16日 01:05
瓦そば、以前ガイドブックで見たことがあります。
ものすごくおいしそうだなと思っていたのですが、この記事を読んでめちゃめtきゃ食べたくなりました。

私にとって5月は、亡き父の思い出の残る月です。
父は病気で入院する前の5月に、私が大好物だからと凄く大きなスイカを家までの道のり、何度も休みながら買ってきてくれました。
結局その後直ぐ入院し、その年の秋には亡くなってしまったので、あれが最後の父が買ってくれたスイカでした。
5月のスイカは甘くてとてもオイシイのですが、今はちょっとだけ父の思い出の所為で塩辛いですね(苦笑
Posted by 【あおい】 at 2006年05月16日 00:51
バツイチさん、こんばんは☆ 
いつもコメントありがとうございます!!

瓦そば、美味しいとよく聞きますね。
残念ながら、私は食べたことがないのです(涙
バツイチさん、いいなぁ…
とっても羨ましいです♪♪

地震雲、私も気になってました…。
Posted by ようこ at 2006年05月16日 00:48
しばらくこちらにお邪魔できず、でした。
実はGW中に皆さんのところにお邪魔できず、
自分の記事のコメントのお返事も追いつかない状態なんです。
・・・まだしばらくこんな状態ですが、
ちゃんと記事は読んでいます。
また来ますね。
Posted by 子と共に育つ親・・・のたわごと:しま at 2006年05月16日 00:43
あ、そのそば食べたいです。茶そばいいですよね><
コンビニの茶そばがいまいちだったことに最近がっかりしました。
Posted by 空見者 at 2006年05月16日 00:40
また遊びに来させて頂きました。
お店のお姉さんお亡くなりになられたのですね。
おばあさん、心配ですね。
別れは避けられないものですが、ほんとに辛いものですよね。
日頃から、人とのつながりを大切にせねば・・・と、バツイチさんのブログを読ませて頂き、改めて感じています。

紹介されている刺身こんにゃく、私も食べたくなってしまいました。
Posted by fuuko at 2006年05月16日 00:28
瓦の上でおそばを焼いて食べるなんて想像つかないから食べてみたいです。
さしみこんにゃくは長野のほうにもあります。
買ったモノとは全然違くて柔らかくてとっても美味しいですね〜。
ばぁちゃんは歳もとったし子に先に逝かれる悲しさや淋しさもあるんじゃないかな〜。
ウチのダンナが亡くなって後々法事があるたびにダンナのぉ母さんの顔を見るとどこか淋しそうで悲しそうな気がしました。
秋の音楽祭が楽しみですね〜♪
Posted by ミナモ at 2006年05月16日 00:26
瓦そば、いつか食べようと思いながら、月日だけ過ぎて行ってる
今年中には行ってみたい☆
Posted by しゅう at 2006年05月16日 00:15
瓦そば食べてみたいなぁ〜

知りませんでしたぁ

携帯電話販売の仕事??ちょい意外でした 汗

Posted by 赤ちょうちん at 2006年05月16日 00:07
人のつながりの大切さ、いつもそれを教えていただいています。

誰にでも真剣に接していなければいけませんね。
Posted by 塾長 at 2006年05月16日 00:03
瓦そば食べてみたいなぁ。地元独特の料理なのでしょうか?
長渕の『風は南から』を今、久しぶりに聴いてみました。歌声が若い(笑)かなり初期の歌ですもんね。
Posted by とんぼちん at 2006年05月15日 23:48
良いお友達をお持ちですね。

亡くなってしまったのは残念ですね。
おばぁちゃんファイトですね!

瓦そば、一度食べてみたいです。
Posted by じょん at 2006年05月15日 23:46
古湯映画祭りに音楽祭。興味がわきました。瓦そばに刺身こんにゃくにも☆彡
バツイチさんには素敵な出会いがたくさんありますね☆
あたしももっとあちこち足をのばしてみようっ。
Posted by あい at 2006年05月15日 23:41
瓦そば美味そう!
今度実家に帰ったときに佐賀まで足を伸ばそうかなぁ。
にしてもバツイチさんって交友関係が広いなぁ。
Posted by ひで次郎 at 2006年05月15日 23:40
瓦そばって初めて聞きましたぁ〜
見たら分るかもしれませんが
食べたことは一度もないです!!
いつか、食べてみたいなぁ〜
って思います^^
Posted by サクヅキ at 2006年05月15日 23:26
 古湯の森音楽祭というのは初めて聞きました。
 町を挙げての大事なイベントなんですね。
 しかし大事な人を若くしてなくすのは非常につらいですね・・。
 実は私の親族で余命3ヶ月と宣告されている人がいます。
 あれこれ手を尽くしてはいるようですが、もう手の施しようが
内容です。
 しかも一人息子が今年高校受験とのこと。非常に微妙な時期に
まだ50才になったばかりの父親が亡くなるというのは、あまりに
つらすぎて想像できません。
Posted by ろ妃江 at 2006年05月15日 23:09
  !!! バツ姐さん 古湯映画祭が・・・でてこんヨォォォ!!
 ほんとに小さな小さな町なのに ずっ〜〜〜と続いてる 映画祭!
たくさんの人達がどれだけ情熱傾けて大事に大事に育てていかれてることか・・素晴しいです^^ 
Posted by にっぽうさん at 2006年05月15日 22:58
おふくろはまだ、元気にやっていますが

年をとっていったらどうなるのか

不安ですね。

そうなることをあまりそうぞうしたくはあり

ませんね。
Posted by dan3 at 2006年05月15日 22:57
もう今は居ない人‥でもその人の声や姿は鮮明に思い出せる。
ホントに不思議な感覚ですよね。
居るべき人が居ない空間、一層寂しさが募ります。
Posted by ななmama at 2006年05月15日 22:55
わたしの母は亡くなったとき、54歳でした
記事を読んでいて、母のことがだぶって泣けてきました
もうすぐ母が逝った季節です
この時期のわたしはとても不安定です
Posted by かず at 2006年05月15日 22:52
おひさしぶりです〜。
バツイチ女さんのブログを見ているとなぜか懐かしい?気持ちになってしまいます〜。

Posted by としか〜2 at 2006年05月15日 22:49
同居ってイイもんですよね〜
パパの実家にはパパ兄夫婦が同居してるんですが見てて楽そうです(^^)

でも四六時中ゆうゆうを見てるとやっぱり何だかの変化が発見できるのも同居にはない面白さを感じます
とももトイレトレーニング適当にがんぱります!

バツイチさんはホントにいろんなところ知ってますね
とももバツイチさんみたいにいろんな所へ行ってみたいです♪
まずはゆうゆうを立派に育てなければ・・・p(^^)q
Posted by ゆうゆうママのとも at 2006年05月15日 22:41
20時頃に東京に着きました。
ちょっと疲れてしまいました(笑)

「瓦そば」は一度も食べたことがないので、是非食べたいです。
なんかお腹空いてきたぁ(笑)
Posted by たっち at 2006年05月15日 22:37