バツイチ女のひとり言:恋月夜

2006年05月19日

恋月夜

実父との別居中の間のかぁさんの恋。
2つ目の恋はとても短い恋でした。


この事について書いた記事は12月20日のガラスの花です。
どうぞ読んでみてください。


それから初めての方はこの前日の記事でも読んでくださったら
わかりやすいかと思います。




あんたの匂いが恋しいよ
かざりも何にもいらないよ
ひとりじゃ寒かろ 辛かろうと
やさしい声が聞きたいよ  ♪
 (森進一 唄  恋月夜)




最初の彼とは10数年は続いていました。
かぁさんが偉かったとわたくしが思うのは
その彼との別れをわたくしに覚らせなかったことです。
さすがのわたくしでさえ気がつかないうちに終わっていました。


男と女って始まりよりも終わる時の方が何かと大変で
女としては辛いことではないかとわたくしは思っています。
その辛さを見せなかったかぁさんがわたくしはすごいと思ったのです。


この彼も2つ目の恋の彼と同じで妻あるひとでした。
かぁさんはもう亡くなっているので確かめるすべもなく
どちらからの別れだったのかがわかりません。



2つ目の恋をしている時のかぁさんはわたくしから見ると
それまでのかぁさんとはちょっと違っていました。
彼に会えない時間はなんだか自信なさそうでいつも不安そうでした。
まるで若い娘の純な恋を見ているようでした。


その不安に堪えられなくなるとわたくしに聞くのです。

★ ねぇ〜 あのひとのこと どう思う?


☆ う〜ん 多分ダメよ うちに(家庭に)帰るひとさ



わたくしはかぁさんが期待してる応えはわかっていました。
期待というよりも願っている応えというべきでしょうか?
でも、わたくしは正直に応えました。
彼を観察する限りそうとしか思えなかったからです。




どこでどうしていたなんていいよ
そうさ顔だけ見れりゃいいよ  ♪




わたくしが予想していた通りに彼は帰って行きました。
1年も続かなかった短いかぁさんの恋でした。
どんなことにも強気で万能で小さい体が大きく見えたかぁさんが
初めてかぼそく気弱に見えたあの頃がわたくしは忘れられません。


そんなかぁさんが娘のわたくしが大人になって・・・
かぁさんと同じように男性を好きになり心を持て余す様を見て
言った一言をあの頃のかぁさんに返してあげたかった・・・



「あんたの部屋とあんたの顔色を見たら一発でわかるよ^^
 あんたについてる男があんたにとっていい男なのか
 そうでないのか・・・いい男っていうのはあんたの心を
 穏やかにしてくれる男・・あんたを不安にさせない男」




どこでどうしていたなんていいよ
そうさ包んでくれりゃいいよ  ♪



「恋月夜」はかぁさんが好きな歌でした。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/net_i5750/50440973
この記事へのコメント
バツイチさんとお母様の関係のあり方って素敵ですよね。
記事を読んでは、私も今は、母とそういう話をすることはないし、あまり近い関係ではないけれど、いつかは、近い関係としてそういった話もできたらいいなと思っております。
Posted by ラスク at 2006年05月20日 23:41
証拠にもなく遊びに来させてもらいましたw
て言うか、俺的な表現でなんですが、すごい郷愁的というか・・・無心になって読んでしまう感じの内容です@@;
まだまだ俺は酸いも甘いもわからない若造で言葉もでないですが(歌もぶっちゃけ知りません)それでもじっくり読んで最後に
「ふぅ〜…なんか・・・すげぇ・・・・」って感じになります
ほんと言葉足りなくてすいません><;;;
ただ、ほんと時間忘れてじっくり読んでしまう不思議な感じです
Posted by VENDETTA at 2006年05月20日 23:22
良かったです!
Posted by ハリー at 2006年05月20日 23:19
バツイチさん、こんばんは!お母様とバツイチさんの関係はまるで姉妹ですね!お母様のバツイチさんへの信頼のあらわれでしょうか。娘と対等に接しているのが、なんだか素敵です♪
Posted by 葉月 at 2006年05月20日 23:02
お久しぶりです♪
ご無沙汰してしまってすいません…いつもの事ですが(汗)

ココ最近ちょっと余裕がないので
更新はしばらくお休みする事にしました。
こちらには遊びに来ようと思っているので
どうぞよろしくお願いします。

今さっきK男と音楽鑑賞会をしました。
懐メロを中心に「ワイワイ」と楽しみました。
バツイチ女のひとり言さんは、音楽の歌詞を記事にお使いになりますが
歌って…本当に良いものだし、大好きなものです。
人の気持ちにとても作用しますよね。
私にとって音楽と歌はなくてはならないものです。
そういう方って、少なくないでしょうね♪
Posted by M子 at 2006年05月20日 22:50
はじめまして
コメントありがとうございます。励みになります。
僕の母は亡くなり、どんな人生だったのか考えます。
万里の河、恋、とても好きな歌です。
Posted by カカ夫 at 2006年05月20日 22:26
なんでも、分かってくれるお母様いいです。
Posted by SYU at 2006年05月20日 22:20
なんか、『親子』の関係を超えた絆がありますね〜
親子であり親友であり。。。
娘とそんな仲になりたいなぁ☆
Posted by ままんご at 2006年05月20日 22:10
恋について 自分の娘と語り合うなんて
ステキですね。
私もいつか娘とそういう風に語り合う
時がくるかなぁ〜
Posted by やしち at 2006年05月20日 21:50
お母様はまさに大人て感じが伝わってきますね
Posted by シマちん at 2006年05月20日 20:56
お母さんが自分のいい人の事を聞くなんて良い親子なのでしょうね。そういうお母さんだったら、私も別の人生を歩んでいたかもしれません。
別に帰るところのある人、好きになるのってつらい・・・。
Posted by グッピーちゃん at 2006年05月20日 20:54
バツイチさんとお母さんの絆はとても深かったのですね。
母が子を、子が母を思いやるということは大事ですね、私も見習いたいです。
恋について親と語れるなんていいですね、
Posted by ヤマネコ at 2006年05月20日 20:07
正直に自分の思いを口に出す
私、家族にさえ そう出来ていないようなきがします
何をガマンして、何を気にしているんだろう
改めて考えさせられました
Posted by つばさ at 2006年05月20日 20:01
こんばんは☆
バツイチさんの部屋と顔色だけを見て、
お見通しなお母様は、
やっぱり「おかあさん」なんだなぁ、って
思いました。

けど、ときどき
「いい男」じゃない、やめとこって思っているのに、
どうしようもないときってありますね(爆)
Posted by らむね at 2006年05月20日 20:00
穏やかにしてくれる男・・あんたを不安にさせない男
さすがにお母さんですね。
お母さんから、あなたへと思いやりのある言葉なのですね。
言葉の意味が深いです。
Posted by ワンコママ at 2006年05月20日 19:53
バツイチさんのお母様の話を聞いていると
いつも私も母に会いたくなります♪
Posted by 苺みるく at 2006年05月20日 18:43
不安にさせないのは本当にそうだと思います。
不安にさせないだけでなく、好きな人の支えになる努力をしながら
日々を過ごしています。難しいですね。当たり前のことですが・・・。
Posted by holison at 2006年05月20日 18:13
こんにちは、本日無事にPCが退院しました☆これでまた夕方以降もブログが更新できます♪
たましいもですが、カレシさんも空気が穏やかになったようです。
そんなカレシさんの様子を見て職場では、『ヤツは既に結婚しているようだ。内緒にしているが・・』と噂されているとか・・(汗)
結婚してないのですが。。。(苦笑)
Posted by たましい at 2006年05月20日 17:48
お母サマがバツイチさんに、恋人のことを「どう?」と聞き、
娘のバツイチさんが正直な気持ちを答える・・・。
ステキな親子関係ですね☆
羨ましいデス♪

私は結婚してから特に、母とは友達のような関係になって、
色々な話をしますが、恋愛に関してだけは・・・
話したことがありません。
父と母の馴れ初めとか・・・思い切って聞いてみようカナ(^_^)
Posted by レマ at 2006年05月20日 17:24
バツイチ女のひとり言さん
付き合っている人がいい人かどうか分かるのは、女性の場合も男性の場合も生活態度を見ればわかりますよね。
今の私は・・・う〜ん・・・?
Posted by ウランです at 2006年05月20日 17:20
『いい男っていうのは
 あんたの心を穏やかにしてくれる男・・
 あんたを不安にさせない男』
なんだか確信を突いているような気がします。

ちょっと疑問に思ったのですが、
思春期に・・・妻子ある彼を見て、
バツイチさんがお母様もしくは彼を責めることは
なかったのですか?
Posted by 子と共に育つ親・・・のたわごと:しま at 2006年05月20日 16:56
うらやましい親子ですね。
自分は母とは正直、、。上手くいっていなかった。
最近ですネェ、、。お互い距離が近づきつつあるのは。
自分も2才違いの姉妹。子供も2歳違いの姉妹、、。
バツイチさん親子のようになんでも話合える親子めざします!!
Posted by 香也 at 2006年05月20日 16:36
その言葉、
男女関係なくあてはまりますね・・・
大切なことだと思います。
Posted by しゅう at 2006年05月20日 16:09
ぉ母さまにとってはその時は幸せだったし人生の中の楽しい時間だったのでしょうね。。
そんなぉ母さまにあれこれ言うでもなくあたたかく見ていたバツイチさんだからこそ、ぉ母さまも今の周りの人達もバツイチさんの事を大好きなんだと思いますよ。。
Posted by ミナモ at 2006年05月20日 15:47
私の母の好きな歌ってなんだろ?

わからないです(;^_^AA
Posted by jungle at 2006年05月20日 15:27
私の母の好きな歌ってなんだろ?

わからないです(;^_^AA
Posted by jungle at 2006年05月20日 15:25
重複してしまいました。すみません。
Posted by ゆか at 2006年05月20日 15:22
こんにちは。
母と娘の絆・・・。
すばらしいですね。
娘と女としての話が出来る関係、素敵です。

恋することのすばらしさが、伝わってきました。

Posted by ゆか at 2006年05月20日 15:21
こんにちは。
母と娘の絆・・・。
すばらしいですね。
娘と女としての話が出来る関係、素敵です。

恋することのすばらしさが、伝わってきました。

Posted by ゆか at 2006年05月20日 15:20
コメントありがとうございます☆
なんかお母さんてやっぱりすごいなぁと思いました…
親子って素晴らしい関係ですよね。
Posted by ようへい at 2006年05月20日 15:02
穏やかにさせる、不安にさせない・・・
これは女にとっても男にとっても同じ事

わたしはどうだろう

彼を穏やかな気持ちにしてあげられてる???

ちょっと考えさせられました

子供が生まれてから子供ばっかりかまってる
今、私は決してよい妻とはいえないなぁ・・・

Posted by のほほん節約生活 手作りのある暮らし at 2006年05月20日 14:44
 うちの母親の恋愛話などというものを私は全くきいたことがありません。
ひとつだけ聞いたことと言えば、「父さん以外の男性とつきあったことがない。」と言うことだけですね。(^^;)
 恋多きバツイチさんのお母様の話、またききたいです。
Posted by ろ妃江 at 2006年05月20日 13:51
いつだって母親には「お見通し」なんですよね。
Posted by ゴン太 at 2006年05月20日 13:32
こんにちは
倫理の有る恋ってなんだろう とか思います。。
素直に自分の思う通りにした方が人間らしいのかなぁ..
Posted by ひろし at 2006年05月20日 13:21
コメントありがとうございました♪
早速遊びにきちゃいました。
なかなか核心を突いた内容で
つい読みいってしまいました。

これからもよろしくお願いします^^
Posted by 新米パパ at 2006年05月20日 13:04
心を穏やかにしてくれる男、不安にさせない男…いるのかなぁ。
きっと自分次第なのでしょうね。信じていれば穏やかで不安にもならない。
でもほんのちょっとのすれ違いで不安に陥ったり。微妙です。
Posted by puffpuff at 2006年05月20日 12:00
バツイチさんのブログを私のブログのBOOK MARKに登録させていただいてよろしいでしょうか?
Posted by ゆいこ at 2006年05月20日 11:54
バツイチさん、こんにちは。

せつないですね、恋する気持ちって。
楽しいだけではなく、お互いを思いやれる気持ち
をもてれば、大人の恋愛なのかなぁ・・・と。

ちょっと心に沁みました。
Posted by まう at 2006年05月20日 11:50
恋は始まる時よりも終わる時の方が大変で辛い…。

ほんとにそうですよね。お母様がその姿を見せなかったのは、すごいと思いました。

お母様とバツイチさんのお互いを思いやる気持ちが伝わって心が温かくなります。
Posted by るか at 2006年05月20日 10:10
バツイチさんもお母さんも苦い恋を経験しているのですね。
僕はまだ恋愛に関しては初心者なので、何もわかりませんが、
恋が多いことはすばらしいことだと思います。
失恋はその人を成長させると言いますもんね。
切ないです。
Posted by キャシー at 2006年05月20日 09:45
初めての恋は切なかったな。
色々経験していくと、その時の純な心が失われていくな。
悲しいな。
Posted by 行政書士 at 2006年05月20日 07:41
おはようございます。
子供心としては複雑な思いですが、第三者からみると
なんだかとても素敵です。母の恋も、それを知る娘。
また、その母娘の関係・・。
母になっても女性であるって大切ですよね!!
Posted by ともちゃん at 2006年05月20日 07:22
おはようございます

『穏やかにしてくれる男 不安にさせない男・・』
うーん・・・失敗したかな。^_^;
時間はもどせないので なるべく自分が楽しくなるように生きようと思っています。結婚する時、母にもちょっとした忠告されたのですが、そのときは理解できなくて。

初めてコメントをいただいて、喜びすぎたのかまちがえて17日のところに御礼のコメントをしてしまいました。m(__)m
Posted by hiro at 2006年05月20日 07:09

ここに来ると、いつも前にhyohyoさんがいるんですけど…
心が穏やかになります、少し…
Posted by △イチおじさん at 2006年05月20日 06:26
やっぱり私は悪い男なんだなって。。。
不安ばかり与えていたんだろうな。
Posted by hyohyo at 2006年05月20日 05:26
恋愛してませんねぇ…。
家族を愛しています。なんて文字にすると、何だか虚構に見えてしまって。
毎日、お互いの存在を確認し合っているだけです。ここに居る事が当然という幸せです。
昔々は恋をしたんですよね…。明日が待ち遠しかった日々。懐かしいです。
娘も、そういう恋をするのかなと思うと、何だか不思議。
Posted by ぶんママ at 2006年05月20日 03:33
『恋』ってせつなくてあっけないですよね・・・。
そう簡単には上手くいかないもどかしい時と
意外にすんなり上手くいく時と。

私は今恋愛してません(=;ェ;=)
この先どんな出会いが待っているか楽しみな反面不安もあります。

どんな感じになるのかなぁ〜(*゜‐゜)
Posted by こた at 2006年05月20日 02:42
こんばんわ。
僕は大切な人を不安にさせたりしていないかな?
ふと思いました・・・。
恋愛は難しいです。
Posted by ふっきー at 2006年05月20日 02:33
自分の母親の恋愛話ってあんまり聞いた事ないです。

高校生の頃、急停止したバスの中で憧れの男性の前を転がってしまったという話位ですかね・笑
Posted by stm1027 at 2006年05月20日 02:30
バツイチさん、こんばんは☆ いつもコメントありがとうございます!!

お母さんと、ここまで恋のお話が出来るって、
すごいことだと思います!!
お母さんって、ある歳を過ぎると女同士の
会話が出来ますよね♪♪

お母さんの仰ったバツイチさんを穏やかにしてくれる男性。
ズバリ確信をついた名言だと思います。
とても勉強になります!!
Posted by ようこ at 2006年05月20日 02:24
バツイチさんこんばんは。

バツイチさんはそんな頃からお母様のよき相談相手
だったんですね。やっぱり大人ですね。
今のバツイチさんの彼は、バツイチさんを
穏やかにしてくれますか? きっとそうですよね☆
Posted by こぱん at 2006年05月20日 01:31
母親が本当に言いたいことは何なのか・・・

言って欲しいことは何なのか・・

分かり合うって、難しいですけど大事なことですよね。

Posted by じょん at 2006年05月20日 01:16
恋多き人…
純粋に相手を愛せる人…
そういうところが僕にはないので憧れます。

僕は自分のエゴで女性をよく傷つけます。
自分は自己愛的で、まだまだ子どもなのだなと
いつも感じます。
Posted by けんぼー@北国 at 2006年05月20日 01:07
やっぱお母さんでも女性ですもんね。
恋多いのはステキだと思います^^
でもせつないですね><
私はまだ結婚とかよく分からないですけど、
自由に恋できないのはツラそですネ。。。
Posted by miriyu at 2006年05月20日 01:03
こんばんわ。
人を愛し、自分に素直になる・・・そんな自分でいたいのですが、ひとを傷つけることに臆病です。
ひとを傷つけないですむ呪文でもあればいいのですがね。
Posted by aki at 2006年05月20日 00:59
人間の心っていうのは、穏やかな状態が長続きしないようにできている気がするのは、私だけでしょうか。

次から次に、あれこれ思い悩むのを死ぬまでやめられないような気がします。

でも、だから余計に、心にゆとりをもたせてくれる人が近くにいてほしいと思うのかもしれませんね。
Posted by 塾長 at 2006年05月20日 00:41
親子だからこその鋭い目線ですね。自分を幸せにしてくれる人を見つけ出すのはなかなか難しいものですよね。けど、お母さんが娘にそんな恋の話をするときはきっと一人の女に戻っているのでしょうね(^−^)
Posted by なつママ at 2006年05月20日 00:33
心を穏やかにする人・・・そんな人になりたいなぁ。
Posted by とんぼちん at 2006年05月20日 00:28
一緒にいて安心できる人ですか・・・
わかっていても不安にさせる人のほうが燃えてしまう・・・
なんて事が良くありますね

業が深い・・・
Posted by 大吉 at 2006年05月20日 00:20
冷静に分析できるのは同姓だから

娘と元家内もそのような会話してるんでしょうかぁねぇ

男の気ままな事聴かない方がいいかぁ・・・
Posted by 赤ちょうちん at 2006年05月20日 00:18
妻持ちの人に恋をする。
とられた側の心情は例えられないほどつらいものです。
Posted by 空見者 at 2006年05月20日 00:12
相手を包めるほどに愛せたなら・・・
深く考えさせられました。
Posted by byby at 2006年05月20日 00:04
親子の絆でも
「母」「娘」ってのは
またちょいと違う感じですね…
Posted by MEL at 2006年05月20日 00:02
自分がただ盲目的に好きな人より、自分を好きでいてくれる人と一緒になることが幸せなんだと言われたことがあります。
刺激より安らぎが欲しい俺は、心穏やかに不安にさせない女性と一緒になりたいと願っています。バツイチ女さんのアドバイスは胸にいれてありますよ(笑)
そうそう…前回の「恋」、フォークが好きなので大好きな曲でした。
Posted by -kj- at 2006年05月20日 00:01
穏やかにしてくれる男 不安にさせない男…
むぅ…
一緒にいると穏やか 連絡があると穏やか
でも 連絡が途絶えたりすると不安…
今Sharaのいちばん近くのヒトは 私にとって感情が一定してないなぁ…
でも 好きだから続いてるんだろうし 好きでいてくれるからここまで続いてるんでしょうねぇ…
Posted by Shara at 2006年05月19日 23:58
おねだり・・・すごくなるんですかぁ(--;)
覚悟を決めなきゃ行けないですよね〜
頑張ります!

穏やかにしてくれる男・不安にさせない男・・・
ともはパパと付き合いが長くホントに不安は今もありません(^^)
Posted by ゆうゆうママのとも at 2006年05月19日 23:49
「恋」のパワーってスゴイですよね。
その人を楽しくもさせるし・・・
その人を辛くもさせるし・・・
Posted by たっち at 2006年05月19日 23:49
女性は、死ぬまで恋をし続けるんでしょうか・・・
良くても悪くても。
自分の一生を包んでくれる人と出会えた方は
本当に幸せな方なんですね。
Posted by 智斗 at 2006年05月19日 23:48
鋭い親子ですねえ。母の恋を娘が、あの人は家に帰る人って予測するところが驚きです。バツイチさんは人より早く大人になっていたのでしょうね。早熟ですね。今は天国からあたたかく見守っておられると思います。それにしてもかあさんの命日に車の事故を起こされたのは何かのお知らせかと思うほど偶然にしてはめったとない事でしたね。
Posted by タジイの気楽日記 at 2006年05月19日 23:45
こんばんは。
母の恋が分かる歳に自分もなり‥
女としての母を見る自分がいる。
では、私の娘は果たしてどうだろう‥
彼女の目に私はどのように映っているのかしら?
Posted by ななmama at 2006年05月19日 23:39
こんばんは、バツイチさん

お母様とバツイチさん、不思議な強い絆で結ばれているような気がします
自分の恋を「どう?」娘に聞く、そうそうできることではないと思うから…

不安にさせない恋人か…
そうですね、わたしが結婚した相手、連れあいさんはそんな人ですね
心を穏やかにしてくれる、ほんとにそうです
一緒にいて不安ばかりを抱えていた恋人とは、結局、長続きしませんでした
恋に恋して…、そんな感じかなww


Posted by かず at 2006年05月19日 23:38
毎回コメントありがとうございます
たしかにコメントは励みになりますよね
なので私もなるべくなら多く返せるといいと思ってます

過去の記事は今度時間のあるときに
じっくりと読ませてもらいますb
Posted by at 2006年05月19日 23:34
核心を突いていますね。
人間関係にも仕事にも、同じじゃないかと思います。
Posted by aiai(仮名) at 2006年05月19日 23:19