バツイチ女のひとり言:夏休み 

2006年07月17日

夏休み 

この記事を読む前に12月28日の記事で
ひこうき雲と6月16日の記事で夏休みを先に読んでください。
わたくしの記事は文章の緑色の文字の部分をクリックすると
関連ホームページや過去の記事にリンク出来るように
設定していますのでお手間ですが覗いてくださった方が
記事への理解が深まりますのでよろしくお願いします。




わたくしの行きつけの喫茶店のひとつである珈茗爾
そのお店のカウンターに座って横を向き窓越しに道向いを見ると
わたくしがまだ若い頃に少しばかり勤めさせてもらっていた
メンズショップの様子がよく見えます。
わたくしがお世話になっていた頃はメンズBIGIを扱うお店でした。
現在は「ポールスミス佐賀店」として
ポールスミス直営店になっています。



ひこうき雲という記事で書いた若くして亡くなったS君。
彼も当時、一緒に働いていたスタッフでした。
あれから15年の月日が流れてみんながバラバラになり
ショップに変わらず残っているひとはNさん一人になり、
「ポールスミス佐賀店」のオーナーとして頑張っています。




絵日記つけてた 夏休み
花火を買ってた 夏休み
指おり待ってた 夏休み ♪
(吉田拓郎  唄  夏休み)




うちの息子殿が彼につけた呼び名を拝借すれば
「ひげのおじちゃん」である彼は鼻ひげを蓄えた一見渋いおじさん。
言うまでもなく15年前はまだまだ若かったのですが
小学生だった息子殿にすれば確かにおじちゃん。
今では名実共におじさんですが仕事柄かっこいいおじ様です。
ずっと大人になったら競艇選手になりたいのだと
言っていた息子殿がいつのまにかファッションの専門学校を受験し
結局はファッションのデザインの仕事についたのは
もしかしたら「ひげのおじちゃん」の影響かもしれません。



15年前の佐賀城下栄の国まつりの時にはわたくしはこのショップにいて
唐人町商店街に勤める人間としてお祭りに参加しました。
商店街の他のお店のひとたちと一緒にお神輿を担いで
中央大通りを練り歩くのですがたまたまわたくしは
女性たちだけのじゃいけんに勝ってお神輿を担ぐ役ではなくて
派手なハッピを着てお神輿の先頭に立ち誘導する役になりました。



学校が夏休みで息子殿は北九州の若松から
佐賀に暮らすわたくしの家に来ていていた時でした。
当然、息子殿はお祭りに参加するということは出来ませんので
わたくし以外にあと二人の女性が誘導するお神輿のそばを
つかず離れず着いて来ていた息子殿の照れくさそうな顔を
今でもわたくしは思い出します。



お祭りの時は清い水と言って誰かがわたくしたちに向かって
お水をぶっかけるので気がつくとわたくしはびしょぬれでした。
そんな姿がシャイな息子殿にすると恥ずかしかったのでしょう?



西瓜を食べてた 夏休み
水まきしたっけ 夏休み
ひまわり 夕立 せみの声 ♪




息子殿は早く露店巡りに連れて行って欲しい気持ちを抑えて
わたくしの役目が終わるのをおとなしく待っていました。



その商店街のみんなで担ぐお神輿も去年までで廃止になったそうです。
何だかとても残念です。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/net_i5750/50497336
この記事へのコメント
おみこし・・・子供の頃に担いで以来全然チャンスがないですね。
幼い頃はあんなに楽しみにしていたお祭りも、
今引っ越したところは自治会もない新興住宅地。
娘を連れて行くお祭りは保育園の夏祭りや祇園祭などになってしまいました。
地元でおみこしを担ぐ・・・。
実家に帰ってでも体験させてあげたいんですけどね。
Posted by 子と共に育つ親・・・のたわごと:しま at 2006年07月20日 09:59
mogumamaさん
Hey!和 さん
ぐっぴぃーさん

コメントありがとうございます。
ぜひ、また来てくださいね、
そして今度来てくださった時には忘れずに
そちらのURLを貼って行ってください。
待ってますよ^^
Posted by バツイチ女のひとり言 at 2006年07月18日 12:55
それは残念…
でもはっぴ姿のバツイチさん格好良かったでしょうね〜
想像しちゃいます^^うっとり♪
Posted by puffouff at 2006年07月18日 11:52
こんばんはバツイチさん
神輿が廃止になるのは寂しいですねぇ。。
こっちは下町を中心に派手なお祭りがこれから
目白押しで一見すると豪華そうに見えるけど
段々と地元の担ぎ手が少なくなって来て
あちこちの地域の神輿同好会みたいな人達が
それぞれの地域のはっぴを着て助っ人として
盛り上げているのが現状だったりしてます。。
Posted by ひろし at 2006年07月18日 09:37
祭りがどんどんカタチをかえていっている…
私もそう思う時があります。
さみしいですよね…

だから先日の博多の山笠はうれしかったです。
この季節の博多の男衆は「あの姿」で会社に行ったりもするし…
誇らしげで 男らしくて ちょっとうらやましかったな…
Posted by Shara at 2006年07月18日 01:08
清い水、って水をかけることなんてあるんですねー!
お神輿、私の市での祭りではありません。

かわりに文化財になってる「棒の手」っていうのがあるんですけどね。

毎年秋の祭りのときにやるんですが、その時に鉄砲隊が発砲するんです。
それをうるさいのでなくなってほしいと思ってる人もいるみたいで、ちょっと悲しいです。
(私も詳しくはどんな行事なのかわかってないですが;)

Posted by ラスク at 2006年07月18日 00:51
はじめまして。
ブログにコメント書いていただいてありがとうございます。
モモさんのブログ素敵なのでまた遊びに来ます。
Posted by あゆみ at 2006年07月17日 23:05
こんばんわ
コメントありがとうございます。
若松ですか、なつかしいですね。

若戸大橋と若戸渡船!!
Posted by チャレンジ at 2006年07月17日 22:53
モモさん
初ブログに第一号コメント
ありがとうございました。

今日私の町は子供神輿をしていました。
お昼から「パン!パン!」にぎやかでした。

今週土曜日は花火大会です。
晴れると良いな〜

またお邪魔します☆
モグ&モグママ
Posted by mogumama at 2006年07月17日 22:51
お水をかけられるの寒そうかも〜><
って思ったのはこちらが今日気温低いからです^^;

夏休みなら一時の涼を感じられていいかもしれませんね。
夏祭りに行きたい・・・
Posted by aya at 2006年07月17日 22:40
昔からある思い出のものがなくなるってのは
寂しい限りですね(泣)
Posted by とんぼちん at 2006年07月17日 22:21
最近お祭りもいろんな事件の影響で廃止になったりしています
とても残念ですね
ますます日本のよさを身近に感じる事ができなくなりそうで・・
息子殿のおとなしく待っている姿想像してうるうるしまいました
Posted by haruru at 2006年07月17日 22:15
こんばんは!!タフって良いですね!!
きっと仕事の出来る女性なんでしょうね!!
自分もタフで頼りのある男にならないと!!
お互い体調管理はキッチリしていい夏にしましょうね。
Posted by KAZU at 2006年07月17日 22:13
思い出の形が消えていくって、悲しいけれど心の中で生きていくものですよね。

あたしは多くの人達の死に、今は亡き形に出会ってきたばってん、心の中でいき続けとります。
Posted by SAKIKO at 2006年07月17日 21:34
夏祭りは好きですね。夜店の風景などは真夏の夜の夢のような感覚。大阪の三大祭りのひとつの天神祭りも近いです。曾根崎心中という有名な実話がありますが、遊郭の女性と町の男性が桜の木で手を紐で結び合って心中をした桜の木を祀っているお初天神神社の近くを歩きますとお囃子が聞こえてきました。悲しい話も今では縁結びの神様の神社になっています。それからポールスミスを見ると亡くなった方を思い出すのでしょうか。ひげのおじちゃんはさぞや渋いのでしょうね。競艇選手志望からデザインの仕事はひげのおじちゃんの影響でしょうか。自身の場合は、昔、ポールスミスの財布を贈ってくれた別れた女性を思いだしてしまいます。すっかり傷んでしまった財布ですが思い出の品って捨てられないものですね。
Posted by タジイ at 2006年07月17日 21:20
諫早市の祭りは、基本的に花火だけなので神輿のお祭り見てみたいですね。
あと励ましの言葉ありがとうございます。こんなに早く誰かに、コメント書いて頂けるとは思っていなかったので、うれしいです。ほんとこれから宜しくお願いします。
Posted by しん at 2006年07月17日 21:17
こんばんは、バツイチさん

いつの頃からか、汗をかくのが嫌になってました
子どもの頃って、全然気にならなくて、暑くっても平気だったのにね
夏休み、子どもたちにあわせて、わたしもお休みモードに入ります
うちの近所は、地元意識が強いところです
お祭りも大小いろいろ、季節ごとにあります
今年は盆踊り大会、わたしは主催者側です
大変だけど、みんなが楽しみにしているから、がんばりますww
Posted by かず at 2006年07月17日 20:57
お神輿がなくなるって何だか寂しいですねぇ。我が家の近所でも夏祭りの時は子供神輿と神輿が町内を練り歩きます。自分が大きく関わっているわけではありませんがいつまでも残って欲しいです。日本文化。
Posted by たまちゃん at 2006年07月17日 20:53
モモさん?とおっしゃるのですか?いつも気にせずにいました。
ごめんなさい。
モモさんもいろいろなお仕事を経験されているのですね。
わたしは4つぐらいの職種の経験があります。製造技術・講師・SS・損保・・・いまはまたSSで働きながら自宅で塾、そして、教育・子育て関係のNPO法人を設立するための準備をしています。
Posted by aki at 2006年07月17日 20:40
私も御神輿担いだことあります
小学校の時ですが
そうそう、家の隣のお宮が出発地点
いろいろ村内をまわって
公民館着なのです
今も続いてますよ
 
ハッピが無くて駄々こねて
母を困らせた記憶があります
 
書いていると当時を思い出しますね〜
不思議な気持ちです☆
Posted by つばさ at 2006年07月17日 20:04
こんばんは。

今年は、卒業研究の関係で夏休みが無くなりそうです。

神輿の無い祭りって寂しいですね。神輿や山車があっての祭りですからね。これも、時代の流れなのでしょうか・・・。神輿とかの伝統だけは時代の流れに逆らって欲しいですね。
Posted by フート at 2006年07月17日 20:02
 こんばんは☆こねこです♪

 ずっと続いていたものがなくなると寂しいですね。
 今住んでるところは私にとって子供のころの思い出が詰まった場所なので、親を通じてですが今年の夏祭りのことを聞いたら、小さいころに行われてた催しごとがほとんどなくなってました。

 今はお祭りの時代ではなくなってきてるのでしょうか。寂しいですね・・・。

 ねこでした。ニャン☆
Posted by こねこ at 2006年07月17日 19:55
お神輿、もうそろそろうちの近所でも出回りそうです。
お祭りも子供を連れて行ってあげようと、今から楽しみにしてるんです!!
Posted by はる坊ママ at 2006年07月17日 19:52
こんばんは♪昔のお仕事仲間が亡くなったお話はショッキングでした。「ポールスミス」は前に行っていたアルバイト先の隣にありました。なんだか懐かしいです。
Posted by ハナ母 at 2006年07月17日 19:38
どーも(^-^)/ あたしのブログにコメントを書いて頂きありがとです☆
コメント多いですね〜…羨ましい(>_<)
Posted by Hey!和 at 2006年07月17日 19:09
こんにちわwwコメント多いですね!
Posted by ぐっぴぃー at 2006年07月17日 18:30
世の中が、近代化・都市化するにつれて御神輿やお祭りといった風習は薄れていっている気がしますね。。
実に残念なことです。
私の住んでいる地区は、関東ですが阿波踊りが有名で日本3大阿波踊りの地区になっています。
今年も友人の会社は、会社総出で踊りの列に加わるそうです。
なんか、ちょっとだけ羨ましいです^−^
Posted by KOJI at 2006年07月17日 18:26
西瓜をがつがつ食べたくなる季節です。
Posted by holison at 2006年07月17日 17:47
ゆいまま さん
hoho56 さん
レオポン さん
supoさん
アイさん
くらんぽんさんへ


コメントありがとうございます。
ぜひ、また来てくださいね。
今度来てくださる時には忘れずにそちらの
URLを貼って行ってくださいね。
待ってます。
くらんぼんさんも載せてる間だけでもいいんですよ^^
Posted by バツイチ女のひとり言 at 2006年07月17日 17:40
コメント有り難うございました。
とても綺麗な文章・・・
そして素敵なBlogですね。
またお顔出させて頂きます。
Posted by ゆいまま at 2006年07月17日 17:08
モモさんこんにちわ^^
私のブログのコメント第一号さんになってくださって
ありがとぅございます!
痛く感激してます♪
モモさんのブログ素敵ですね!
時間を忘れて読んでしまいます。
(時間を忘れて2次試験対策しなくちゃなのにw)
私も夏祭りの雰囲気大好きです
私の住む四国・愛媛・宇和島市では
「牛尾祭り」という物があります。
魔よけの一種らしいですが 牛をかたどった御神輿を
みんなで担ぎます。夏祭りのあの雰囲気大好きです♪
夏祭りと言えば長渕剛の「夏祭り♪」
思い出しますw
Posted by hoho56 at 2006年07月17日 17:03
ブログの初コメントありがとうございます(^^)
また遊びに来ますね。
Posted by レオポン at 2006年07月17日 17:02
松本には「松本ぼんぼん」というお祭があります。
スーパーに行くと 松本ぼんぼんの歌が エンドレスで流れています。
松本出身ではない 私も 覚えてしまいます。
神輿ではなく 山車があります。
お祭 花火 夏の風物詩が 目白押しですね。
Posted by 小夏ママ at 2006年07月17日 16:52
こんにちわ!!
昨日は地元のお祭りでした。
うちの地元は、商店街があって、もうほとんどのお店が閉店してしまい、
残ったお店も少なく、とても寂しい感じなのですが、
お祭りの時だけは、お店を開けて、金魚やさんになったり、
かき氷屋さんになったりします。
かき氷屋さんは行列ができるほどで、
年に一度だけお店を開いている光景を見て、
なんだかとても嬉しくなります。
やっぱり昔からあるものは無くなって欲しくないですよね。
Posted by ちゃら☆ at 2006年07月17日 16:49
祭りは見るよりも参加するほうが楽しいですね〜
気分が高揚して、みんなの気持ちが一つになる
すばらしいですね〜
Posted by 大吉 at 2006年07月17日 16:32
悪い例えかもしれませんが、
神輿のないお祭だなんて、炭酸の抜けたコーラみたいです。
淋しい限りですね。
Posted by ゴン太 at 2006年07月17日 16:21
女みこしの先頭にたっていたなんて…!
何だか不思議です!想像がつかない感じですよ…!
自分が子供だった場合、やはり気恥ずかしいかもしれません。
嬉しいような、照れくさいような…。
Posted by ぶんママ at 2006年07月17日 16:12
モモさんこんにちは。

初のコメントありがとうございます!!
ブログを拝見させて頂きました!
文章がとても おキレイで 今後のブログの参考になりそうです☆☆
また遊びにきます☆
Posted by supoo at 2006年07月17日 16:08
blogデビューのコメントありがとうございます。
また遊びに来ますね。
Posted by しょう at 2006年07月17日 16:08
お化け屋敷、松山へ行った時に一度入ったことがあり、とても怖かった思い出があります。私があまりにも怖がったため、そこの従業員さんが喜んでくれた・・・今思い出しても恥ずかしかったです。
Posted by グッピーちゃん at 2006年07月17日 15:58
blogデビューのコメントありがとぅござぃます((\●Uωu$)bdモモさんのblogゎ素敵なblogですね!!時々遊びに来ます((*>ω0$p)q
Posted by アイ at 2006年07月17日 15:54
こんにちは。
今年から商店街のお神輿なくなったのですね。
本当に色々なものがなくなって行くのは寂しいです。
市町村合併に伴ってわが町のお祭りもなくなったらどうしよう。
と最近話していた所でした。
なにが良くてなにが悪いのか難しい世の中になってきました。
私は昔ながらの情緒豊かな風情が好きです。
Posted by satsuki(三世代日記) at 2006年07月17日 15:25
はじめてのブログの初コメントありがとうございます。
モモさんのブログを見させていただいてすごくて感動しました。
これから参考にさせていただきます。
Posted by しゅうま at 2006年07月17日 15:06
コメントありがとです。
またいつでも見に来てくださいね。
Posted by ちき at 2006年07月17日 14:43
こんにちは
いつもコメントありがとうございます^^
モモさんのブログは本当に素敵ですね^^
Posted by ひまわり at 2006年07月17日 13:57
昔からある商店街のシャッターが降り、郊外、郊外へと移り行く昨今
日本の至る所で見られる現象らしい!
そういう中で無くなるものもあれば、わが町の様に町おこしの名のも
と復活するものもある、全て人の我がままにしか見えない、祭りは神
を奉ることから始まるものが殆ど、人は傲慢である
さりとて祭りは祭り楽しめばよし、継続は宝也!!!!
Posted by sora at 2006年07月17日 13:14
 いつもコメントありがとうございます。
 商店街の神輿がなくなるというのはざんねんな話ですね。
 思い出のものがすこしずつ消えていくというのは寂しいです。
 長崎の方は再来週に大きな祭が行われます。
 人ですごくにぎわうことまちがいなしです。
Posted by ろ妃江 at 2006年07月17日 13:11
コメントありがとうございます。
神輿がなくなったのは残念ですね。
祭りの活気が半減するような・・・。
息子さんが露店に行きたいのは、分かります。
Posted by しん at 2006年07月17日 12:46
吉田拓郎の「夏休み」、バツイチさんのブログで既に使用済みの曲と
てっきり思ってましたが、ここは9月にオープンしたんですよね、
初めての夏なんだ、なんて私も暑いなかブログの夏更新中です。

いろいろ、消えていくものがあって哀しいですね。
Posted by △イチおじさん at 2006年07月17日 12:17
お神輿が廃止になるとは寂しいですね(涙)
我が町内も子供の減少で祭り事が段々と減ってきました。

古き良き行事を残して置きたいですが、
思い出だけになってしまうのでしょうか?

お祭りで息子殿も水を掛けられて嬉しかったんでな無いですか?
楽しい思い出で残っていますよ(微笑)
Posted by 踊り子 at 2006年07月17日 11:39
コメントありがとうございました。
パソコン講座の中で作成したブログなので、本物のコメントを頂き、感激でした。
このブログは、今週中ぐらいで閉ざされることになってますがその前にお礼を。

吉田卓郎の“夏休みは”(題名は不正確)遠出をするとき乗る主人の車のバックミュージック。なんとなく流れているのでうろ覚えですが、かかるとつい口ずさめる曲。

いい日々がすごせるようアンテナを張り巡らして生きたいと思ってます。

ありがとうございました!!
Posted by くらんぽん at 2006年07月17日 11:14
毎度!

馴染みのものが廃れたり、なくなってしまうのは悲しいですね。
風物詩が一つ消える度に、季節感も一緒に消えてしまうようです。


祭りは神事に関わる行事ですから、政局・経済・天候が何かと不安定だからこそ、しっかり継承しなければならないと思うと同時に、日本人にとってこのような土地にまつわる神事がコミュニティーの基盤だったはずなんですがね。
Posted by フレミング at 2006年07月17日 11:06
春ですが私の実家の方のお祭りがあります。
高山祭りや祇園祭に比べると、大したお祭りではないのかもしれませんが
私にとっては一番のお祭りです。
おまつりは故郷を思い出す一つの鍵かもしれません。
なくなると寂しいですね。。。
Posted by ぽっっぽ at 2006年07月17日 10:26
神輿の担ぎ手がいなくなったのかな。私も地元で世田谷区区民祭りにさんかし、地元からは山車を出すみたいです。
Posted by 行政書士 at 2006年07月17日 10:17
お神輿ですかぁ

おいちゃんは経験ないなぁ

って言うか苦手な分類です 汗

人の多い所とあの粋のよさにはおいちゃんどうも・・・

今度挑戦してみようかなぁ??
Posted by 赤ちょうちん at 2006年07月17日 10:11
ずっと変わらなかったものなんてないですからね

なんだか夏休みの切ない感じのする曲ですね
Posted by かずえ at 2006年07月17日 09:35
御神輿がなくなるのは残念ですね!

子供の頃、担ぐとお菓子をもらえたのが、
とてもうれしかったですね!
Posted by 齊藤 正明 at 2006年07月17日 09:27
モモさん

 いつもコメント有難うございます。

 露店をいろいろと物色。
これがおもしろいんですよね。
(^○^)

 地域のちから。
大切にしてほしいものです。

 またお立ち寄りください。

ポちっ、ぽチッ!
Posted by 前向きな心と人のぬくもり at 2006年07月17日 08:37
モモさん おはようございます!
初めての訪問者が素敵なお方のようで嬉しいです。
コメントありがとうございます。

言葉遣いが、懐かしく思ったらなんとなんと佐賀県のお方ですか。
若い時に、福岡市に住んでおりました。
華の青春時代のことです。
先日も、博多祇園山笠の追い山、懐かしく見てました。

また、遊びにきます。
 
コブクロの「君と言う名の翼」を聞きながら・・・。
Posted by よだきぼ at 2006年07月17日 06:49
そういや、私の出身、多久の山笠ってどうなったんだろう。
廃止されてないとは思うけど、最近行ってないから、ちょっと不安。
息子殿っていうより、子供は親の背をみて育つというじゃないですか。
親だけじゃなく、身近な人の背をみてそだったんで、ファッション系の仕事についたのではないかと。
かくいう私も、おじさんの仕事にあこがれ、今ではエンジニアやってす。
Posted by ハッサン at 2006年07月17日 05:51
お神輿なくなっちゃったんですか。残念ですね。

露店に「お化け屋敷」があったんですか?!
私は知りませんでした。いったいどんなんだろう。。。
Posted by hyohyo at 2006年07月17日 05:16
モモさんこんばんは!!
夏休み・・お祭り・・お神輿・・
なつかしいですね(^_^)
子供の頃有無を言わせずお神輿を担いでました。
こういったもので地域の子供として
繋がりができていくのになくなっちゃったのは残念ですね。
息子殿が露店に行きたいのに・・・、のところで
いじらしくて息子殿かわいい〜と、思ってしまいました♪
Posted by めぐ at 2006年07月17日 03:15
仮に私の近所の祭りや神輿がなくなったとして、
祭りが好きでないため、あまり参加しない私も残念に思うでしょうね。
もしかしたら焦っちゃうかもしれません。

というか、もしかしたら私のような人が多くなったのが
原因なのかなあ〜。
もちろん絶対的に人が少なくなったり色々な事情はあるのでしょうが。
地域の一員としてできる限りそういうのは参加したほうが
いいのでしょうね。ちょっと反省します。
Posted by まろん at 2006年07月17日 02:57
私のブログ来訪者?第一号ありがとうございました。

夏休みという最大のイベントが楽しみだった頃から幾年経ち、
通勤時のGO海!スタイルのヤングメンが憎いということしか
思い浮かばなくなってしまいました・・。

に、しても水ぶっかけられながら御輿を担ぐって豪快ですね!
何かテンション上がりまくりそうですね。
そういったイベントってほんといいですよね。
なくなってしまって残念です。
Posted by うしがえる at 2006年07月17日 02:53
夏休み・・・・

僕は夏独特の風情ある風景が好きです。
夏休みこそ自分の年代によって様々な思い出を投下
できる素敵な瞬間じゃないでしょうか?

幼少時代
青春時代
親の時代
まだまだ続きますが
一つ一つの世代でそれぞれ胸にこみ上げる思い出が
ありそうですよね

Posted by ムッシュ和久 貴。 at 2006年07月17日 01:35