自分にとって『サイトを制作するにあたって欠かせないソフト』というのがいくつかあります。

ホームページを作るにあたって、多くの作業はフリーソフトで充分なのですが、グラフィック作業だけはAdobe社のIllustrator(イラストレーター)とPhoto Shop(フォトショップ)を使っています。

しかしながらアドビ製のソフトは値段が高いのも1つの特徴なので、購入を迷っている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、初心者向けAdobe Illustrator・Photo Shop・パッケージ版の比較、それぞれおススメのタイプや購入アドバイスを紹介してみます。

そもそもIllustratorって何をするソフト?Photo Shopとの違いは?

アドビ社製のグラフィック制作ソフトとして有名なIllustratorとPhoto shopですが、この2つのソフトについて違いや役割を混同している人が結構いると思います。ですが、使ってみるとまるきり違うソフトなので、まずはこの2つのソフトの役割の違いを知っておきましょう。

写真や画像を加工するのはPhotoShop!

 PhotoShopは、写真やイラスト素材を『美しいと感じる画像』に修正・調整・合成するために使います。 また、サイズや解像度の調整なども得意です。

例えば、デジカメで撮影した写真のカラーを変えたり、手書きしたイラストをスキャンして塗り絵したり、絵画風に加工する場合はPhoto Shopを使います。手書き風お絵かきもPhotoShopで行います。

■PhotoShopの得意分野
・写真の加工(色調補正・サイズ調整・ゆがみ補正・ノイズ除去・透明度・合成)
・ペイント(手書き風イラスト・お絵かき)
・ビットマップデータ。(画像を拡大すると、細かなドットの集まりが見える。)

例えばポスター制作なら、ポスターに載せる写真やイラストの色味やサイズをフォトショップで適切なものに調整しておきます。 

<PhotoShopでの画像加工例。>

切り抜き済み画像の合成+カラー補正+全体調整他

<画像加工例その2>

合成する素材画像の加工や切抜きも動画上で行っている点が面白い。↑

<かなりラフ~な人物修正。>

スプレーブラシ+フィルタ(ぼかし)+乗算+マスク他で、かなり大味な加工。↑

どちらの動画でも、PhotoShopによって写真が生まれ変わりました。

ですが、PhotoShopだけではポスターは完成しません。PhotoShopはあくまで『素材の下ごしらえ・画像の準備』的な役割が強いので、最終的なレイアウトはIllustrator上に完成した画像データを取り込んで仕上げます。

(※Photo Shopでも写真の上に文字をのせたり出来ますが、大量に文字データを扱ったり、正確なレイアウトを仕上げる作業は苦手です。)

<ロゴデザイン・アイコン作成・ 全体のレイアウト調整はIllustrator>

PhotoShopが『自由な写真の加工』が得意であるのに対し、Illustratorは『正確なデータ・レイアウト』の作成が得意です。

例えば、写真を文章と組み合わせたり、イラストを等間隔で並べたりするのはIllustratorの得意分野です。

また、企業名のロゴデータやシンボルマークなど、『全く同じ色・同じフォルム・同じ比率』が求められる正確なデータはIllustratorで作成します。

■Illustratorの得意分野
・レイアウト(テキストの段組・写真との組み合わせ・文字間調整)
・写真やイラストの配置(等間隔・整列・マスク処理)
・イラスト(セル画・版画風。)
・ロゴやアイコン作成(拡大・縮小しても劣化しないベクターデータ)
・ベクターデータ。拡大してもギザギザにならず画質劣化がない。

<Illustrator 参考動画① フリードローイング編>

下絵からフリーハンドドローイングまでIllustrator上で一気に仕上げてます。
(ベクターデータなのでお絵かきソフトのビットマップデータとは根本が違います。)

<ベクターデータのイラストその2。>

1つ上の動画よりゆっくりアップで進んでいくので、ペンツールでベクターデータとして描かれていく過程が分かりやすいと思います。

<参考動画3 メタリックなアイコン>

メタリックなアイコンを白紙から作り上げる作業動画。かなり長い動画です。
イラストレーター特有のテクニックが沢山出てきます。

<イラストレーターでテキストレイアウト作業>の動画も探したのですが、地味~な作業なのであまり良い動画が出てきませんでした。なので割愛。

ポスター制作を例に、イラレとフォトショの役割分担・違いを確認

では、実際にポスターを印刷する流れで「イラストレーター」と「フォトショップ」の役割の違いを見ていきましょう。

■ポスター制作の例
①ポスターに載せる画像や写真の加工・調整 ⇒ PhotoShopで加工しておく。
②ポスターに企業のロゴを入れたい ⇒ Illustratorでロゴ制作
③加工した写真やロゴを、見出しやテキストデータと組み合わせ、ポスターサイズに収める ⇒ IllustratorでPhotoShopデータを取り込みレイアウト
④完成したデータを印刷する ⇒ 画像データが埋め込まれたIllustrator形式のファイルで入稿 

今回は実際にポスターを印刷出力する作業を例にあげましたが、データをWEB上で利用する場合も大きな流れは一緒です。
(画像の加工はフォトショップ。バナーやサイトレイアウト・ロゴ素材等はイラストレーターでレイアウトし正確なサイズで切り出す等。)

IllustratorとPhotoShopはどちらも進化を続けているので、最近ではこの役割が曖昧になっている面があり、どちらのソフトをメインで使うかは、デザイナーの好みによって変化することもあります。   

ですが元々のソフトの役割として『PhotoShop=素材の加工や準備がメイン』『Illustrator=レイアウト・仕上げがメイン』と覚えておけば混同しないはずです。

イラストレーターとフォトショップ。それぞれ向いている人と不必要な人。

それでは実際のタイプ別に、ソフトの選択アドバイスを紹介します。

■Photo Shopが向いていて、Illustratorが必要ない人。

・写真を撮るのが好き。写真を細かく加工したい。
・加工した写真はデータやWEB上でのみ使用し、印刷する必要はあまりない。
・グラフィック加工は個人の趣味の範囲。
・大量のテキストデータを写真と組み合わせることはあまりない。(段組が必要ない。)
・写真の加工をするだけで、レイアウトは他人にまかせる人。
・正確なレイアウトではなく、テキストデザインも雰囲気が出せればそれで充分な人。

Adobe Photoshop CS6 Windows版

デザイン業務に留まらず、幅広いビジネスシーンや
趣味のツールとしても活用できるアドビ社を
代表するソフト「PhotoShop」。
まさに一生もののソフト。

楽天で見る


■Illustratorが必要で、PhotoShopが必要ない人。

・フリーの写真加工ソフトで充分満足している。  
・制作したグラフィックを実際に印刷して使いたい。 (パンフレット・ポスター・チラシ等、テキストメイン) 
・家のプリンタではなく印刷業者にデータを持ち込んで正確に出力したい。
・画像よりも、テキストをメインとしたデザインを行う。
・写真加工よりも、アイコンやロゴマーク制作に興味がある。

Adobe Illustrator CS6 Windows版

ゼロからデザインをクリエイティブする感動!
表現の限界を突破する強力なツールが魅力の「Illustrator」。
数々の名デザインを生み出してきた、
Adobeが誇る伝統のソフト。

楽天で見る

(とは言え、フォトショップだけ買ってイラストレーターを買わない人はいても、イラストレーターだけ買ってフォトショップを買わないという人はほぼ居ない気もします。下記参照。)

■どっちも買っちゃったほうがいい人。

・不自由を感じることなくデザインしたい。
・デザイン業界に興味がある。
・グラフィックデザイナーのスキルを身につけたい。
・実務レベルでのデザインを行いたい。 
・制作したグラフィックを実際に印刷して使いたい。 (パンフレット・ポスター・チラシ等、画像含む) 
・サイトデザインやWEB素材制作(バナー・アイコン・ロゴ等)を自分で行いたい。
・WEB/DTPに関わらず、グラフィックデザインを仕事にしたい人/している人。 
・まとめ買いでお得に買いたい人。(単品購入よりパッケージ購入のほうが安い。)

■パッケージ購入
Adobe Creative Suite 6 Design Standard

あなたのクリエイティブ環境を強力にサポートする
アドビグラフィックのスタンダードパッケージ。
PhotoShop・Illustrator・InDesign・Acrobat X Pro他

楽天でみる

※Adobeシリーズに「Fireworks」というWEBデザイン用ソフトがありますが、 illustrator + PhotoShopでもWEBデザインは可能。個人的にはillustratorの方がソフトとしての完成度・汎用性・ニーズ・仕事の幅が高いと思うので、WEBをやる人もまずはillustratorから学んだ方がよいと思ってます。 

とっても悩む。Adobe製品のパッケージ選び。買い方アドバイス。

長々と書いてしまったので、購入アドバイスの結論をまとめてみます。

■イラストレーターに全く興味がないなら、フォトショップのみ単品購入。
自分にイラストレーターは必要ない!と思うなら、フォトショップの単品購入がおススメ。
イラストレーターはフォトショップに比べると多少とっつきにくいところがあり、興味がない・必要ない人なら使いこなせずに終わってしまう可能性があります。

■イラストレーターを買うなら、フォトショップ込みのパッケージ購入がおススメ。
・「イラストレーターが欲しい」と思うなら、きっとフォトショップも欲しくなります。
 実際にイラストレーターで作業をしていると、レイアウト段階で画像の差し替え・修正が必要になるケースが多くあり、その際はフォトショップで写真を加工しイラストレーター上で反映させます。 フォトショップがインストールされていないと、非常に面倒臭いことになります。

「イラストレーターを使いこなす=フォトショップは使えて当たり前」くらいの気持ちでよいと思います。

アドビ製品を2つ以上買うなら、パッケージ購入がおススメ!

Adobe製品は複数ソフトをパッケージ購入すると、大きな割引が受けられます。

フォトショップだけ必要なら単品購入がもっともおススメですが、イラストレーターを購入するなら一番安いパッケージである「Creative Suite 6 Design Standard」を購入して、フォトショップその他アドビソフトを手に入れておくのがベストでは?と感じます。

■単品購入
Photo Shop CS6  定価:88,000円
Illustrator CS6  定価:75,000円

単品で両方買うと・・・ 定価 16,3000円

■パッケージ購入
Adobe Creative Suite 6 Design Standard  パッケージ定価 159,000円

パッケージ内容
Photoshop CS6 88,000円
Illustrator CS6 75,000円
InDesign CS6 88,000円  ・・・雑誌系レイアウト。
Acrobat X Pro 54,800円 ・・・高度なPDF編集。
Bridge CS6 ・・・Adobe系ファイル専門のファイル管理。
Media Encoder CS6 ・・・エンコーダー

ちょっとでもお得に買いたいなら?経費で買うor学生のうちに買っておく!

■社会人なら、『経費で買う・会社に買ってもらう』がおススメ!

デザイン系の仕事をしているなら、Adobe系ソフトはまさに商売道具。切っても切れない間柄なので、そこは『必要経費』と割り切って買ってしまいましょう。

あとはデザインスキルと優秀ソフトでガンガン仕事を受注していけば、あっという間にソフト代の元は取れます。

会社にまだAdobe製品が入っていないなら、『業務の品質・効率アップ』を訴えれば、経費で導入できるかも知れません。

業種がデザイン関連ではなくても、Adobe製品はビジネス資料やプレゼンボード、PDFの編集等に大いに役立ちます。個人事業の場合でも、経費として申告できる(10万以上のソフトウェアは減価償却扱い)ので、ハードルは下がってきます。

Adobe Creative Suite 6 Design Standard

■まだ学生なら?アドビの学生割引を利用しよう!

定価で購入すると非常に高いアドビ製品ですが、学生の間はアドビ製品を『学割価格』として購入できます。
(購入時にはアドビに在学書や学生証明書の提出が必要。)

学生時に購入したアドビのグラフィックソフトは、卒業後も一生使えます。もしもデザイン系の仕事に進むなら、学生のうちにアカデミック版(学割版)を買っておいて損はありません。

アカデミック版の購入は公式アドビストアや各取り扱い店で可能です。

アドビ公式案内: 学生・教職員向けCreative Suite 6製品
Amazon:学生・教職員個人版 Adobe Creative Suite 6 Design Standard Windows版 (要シリアル番号申請)
楽天:Adobe Win Creative Suite 6 Design Standard CS6 日本語 学生版

(自分は学生時代に購入しませんでした・・・。その後会社でCS Design & Web Premiumパッケージ使用+個人利用目的のため家用にCS Design Standard導入。)

■もう学生じゃないけどAdobe製品を個人利用したい!使い方を覚えたい!

既に学校を卒業してしまったけれど、個人的な用途でAdobe製品を使ってみたい・・・。そんな人は、社会人向けの専門スクールや通信講座を受講して『学生』に戻ってみるのも良いかも知れません。

Adobeのソフトに興味があるなら、グラフィック系の通信講座を受講すればスキル向上にもつながり、さらに良いでしょう。Adobeのグラフィックソフトに特化した通信講座も存在します。(各種Adobeソフトのオンライン通信講座)

Adobeが対象とするスクールであれば、在学中にアカデミック版(学生版)の購入も可能です。

個人的にアドビ系グラフィックソフトの優先順位ランキング

最後に、完全に個人的な意見ですが、数あるAdobeグラフィックソフトの中から『覚えたほうが良い順番・使える度・好き度』をランキングしてみました。

簡単にですが、各アドビソフトの役割も紹介してみます。ちんぷんかんぷんな人のみ、チラっと参考にしてみて下さい。

■Photoshop フォトショップ
優先度:★★★★★ 好き度:★★★★ 使える度:★★★★★★

イラストレーターの方が好きですが、フォトショップがないとイラストレーターの性能も充分に引き出せないので、優先度はPhotoShopが1番です。単体で持っていても充分に楽しいソフトです。
デザイン業務だけでなく、ありとあらゆるビジネス・趣味での活用が期待できるので使える度も高い。全てのパソコン・デジタル好きにおススメできるソフト。
 
■Illustrator イラストレーター
優先度:★★★★★ 好き度:★★★★★★★★★★   使える度:★★★★

個人的には一番好きなソフトです。学生の頃にはじめて触れ、ベクターグラフィックの美しさや、繊細で正確なレイアウトの虜になりました。(特に好きだったのはアウトライン表示。)
参考書や実用サンプルを購入し、ひたすらいじっていたらアッという間に使いこなせるようになりました。本当楽しいソフトです。

多少専門性の高いソフトなので使えるシーンや業務は限られてきますが、デザイン畑なら必須のソフトです。フォトショップ単体よりイラストレーターをセットで使えるようにしておくと、仕事や求人の幅が広がると思います。

「好きな人なら、何の苦労もなく楽しく覚えられるソフトだと思います!是非、あなたのクリエイティブのお供にイラストレーターを!」

■Acrobat X Pro アクロバット (高機能なPDF編集ソフト)
優先度:★★★ 好き度:★★★   使える度:★★★★★

ビジネスシーンのありとあらゆる場面で活用されるPDFファイル。デザイン意外の場面での使用頻度も高く、思わぬ所で役立ちます。もってて損はしないソフト。

■InDesign インデザイン
優先度:★★ 好き度:★★   使える度:★★★★ 

元々は雑誌系などの印刷物レイアウトに特化したDTPソフトだったが、最近はデジタル系(電子書籍)などにも対応。
昔は『Illustrator = 1枚ものの印刷物』『InDesign = 雑誌など多数のページにまたがる印刷物』と明確な役割分担があったが、度重なるバージョンアップとともにそれらの役割分担は曖昧になってきている。

(Illustratorが複数ページに対応し、InDesignにイラストレーターの高度な機能が取り込まれていった。)

Illustratorに比べ専門性が高くニーズも限られるので、「雑誌・マガジン系の仕事がしたい」や「入社したor入社したい会社がInDesignを使っている」という場合じゃなければIllustratorだけで充分な気もする。

■Fireworks ファイヤーワークス
優先度: ★★ 好き度:★★★   使える度:★★★ 

Webデザインに特化したグラフィックソフト。ホームページのデザインレイアウトや素材作成が直感的に、とても早くできる。
ただし制作されるデータは印刷には不向きなので、WEB上と印刷物の両方を展開させるプロジェクトでは物足りなくなる(結局イラストレーターが必要になる)。軽くて早くて適当で雑に扱えるイラストレーターって感じで、スピード勝負の単発WEBページ作成とかに結構使えると思います。

■Flash フラッシュ
優先度: ★★ 好き度:★★★★   使える度:★★★ 

数年前はイケイケだったと思うのですが、今からFlashを学ぶのはちょっと「?」であんまりおススメしません。
AppleのiPhoneはFlashをサポートしてない(表示する気なし)ですし、そもそもWEB表示用としてはスマホとの相性があまり良くなく、今後需要が増えるか減るか謎です。
ただし、AndroidアプリはFlashベースでも開発可能らしいので、今からやるならアプリ開発目的で学ぶのはアリかも知れません。開発言語はActionScript。デザインよりも数学とかが好きな人向けのソフト。

■Dreamweaver  ドリームウィーバー
優先度: ★ 好き度:★   使える度:★★

一昔前(大昔?)は、プロ使用のホームページ作成ソフトといえばDreamweaverだったと思うのですが、最近はどうなのでしょう。WordpressやJoomla!など、多機能なCMSに取って代わられてる気がしなくもないです。

これからのニーズを考えると、Dreamweaverやその他のホームページ制作補助ソフトの操作を勉強をするなら、WordpressやPHP、スマホアプリ開発についてのスキルを深めたほうがベターだと感じます。

(サイト運営は最低限のHTML知識と手打ち+PHPが出来れば、シンプルなテキストエディタでも充分可能。)


 ※ソフトランキングは、個人的な使用感をベースに書いてます。ここ数年触っていないソフトやサラっと触れただけのソフトもあるので、勘違いや間違いがあるかも?知れません。あくまで軽~い感想ですのでどうぞ宜しく。一番好きなソフトはIllustratorです。